2014年06月04日

福岡地下鉄空港線赤坂駅:「マリコ食堂」    マリコさんの手料理を笑顔と会話とともに

P6041252-a.JPG

東京での仕事仲間が偶然にも福岡に来ているとのことで…
しかも福岡にはまだ2回しか来たことが無い言いますので、ちょっと案内して差し上げましょうってことで、夜ごはんにお誘いいたします
と言ったものの福岡らしさを経験してもらうためにはどこへ行けば良いのかと迷うところであります



P6041246-1.JPG
マリコの部屋へ〜 電話をかけて〜♪
ではありませんが、ホテルの近くで見つけた「マリコ食堂」さんで夜ごはんをいただくことにします
福岡らしい料理もさることながら、ココなら福岡人の心優しい人柄を体験していただけるのでは… ってことで


P6041248-1.JPG
カウンター席を中心にマリコさん一人でやってる居酒屋さんでありまして…
そのカウンター席には常連と思わるお客さまがいらっしゃっていまして、気さくな感じがするマリコさんと楽しそうにお話をしていますね
仕事帰りにふらっと立ち寄って、美味しいお料理と一緒に楽しい時間を過ごすことができるお店であるようです


P6041257-1.JPG
鉢皿に盛られた、いくつかの手作り惣菜がありまして… そんな中から肉じゃがをいただきます
その姿は想像していたものをは異なりまして、肉厚のお肉とゴロゴロっとしたジャガイモがきれいに並べらています
そのじゃがいもは芯まで味が染みていますしほっこりとした食感は見事なものでありまして、優しい味付けがうれしいですね



P6041253-1.JPG
ココはおでんをメインとしているようで、大きなおでん鍋を臨むことができますね
暑い日が続いてはいますが、それが看板メニューであるとするならば外すわけにはいかないでしょうと、おまかせでいただきます
そこにはコンビニのおでんの影響で全国区になろうとしているぎょうざも入れられていまして…
福岡では、屋台を中心に昔からいただいているおでんネタなんですよね
出汁もしっかりとしていますし、大根を見てわかるようにしっかりと味も染みていまして、これははまりそうですね


P6041250-1.JPG
串ホルモン
おでん鍋の隣でコトコトと煮込まれていまして…
プリっぷりに脂がのったホルモンは、お口に入れた瞬間にその脂が溶けてなくなるような感じでありますし、こりっとした皮の食感も楽しめます
当然これに合わせる薬味は柚子胡椒ですね



料理上手なお母さんが作る手料理を気軽な雰囲気でいただくことができるこちらのようなお店
自宅お近くにあると嬉しいことでもあるのですが…
福岡に来た時にはまたマリコさんに会いにお邪魔するっていうのも楽しそうですね



【マリコ食堂】
福岡県福岡市中央区舞鶴2-1-21 加藤ビル1F
092-215-2965

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡地下鉄空港線天神駅:「ふきや」    博多っ子のソウルフードは特製マヨネーズをたっぷりと付けて

P6041243-a.JPG

福岡滞在二日目のお昼はココ
ワタシが学生だった頃には、支店が天神ショッパーズにもあって…
そこでいただく分厚いお好み焼きが懐かしくって、何十年ぶりかにお邪魔してみることにいたします



P6041238-1.JPG
人気は相変らずであるようで…
12:30くらいには席待ちのお客さまが店頭に並んでいますね
多くのお好み焼のお店は、鉄板焼きなどのメニューを揃えることで、居酒屋的に使われるようなのですが、ココではソフトドリンクさえも飲んでいるお客さまはほとんどおらず、お水片手にお好みを食していますね
お店側もドリンクを売る気は全く無いようで… これも土地柄なのでしょうかね?


P6041239-1.JPG
お昼の限られた時間でいただくには時間が掛かり過ぎるように思われるのですが、ココでは並んでいる間に注文を聞いていただけますので、席に着いたらほどなくそれが提供されます
そんなことでか、同ビル内の事業所にお勤めの方々にも支持されているようでありまして…
スーツ姿の男性客や、OLさんと思われる方たちが中心に賑わっていますね


P6041242-1.JPG
これがそのお好み焼き
真っ黒に見えるのは焦げているのではなく、ドロッとするほどに濃度が濃いソースが掛けられているからでありまして…
昔はもっと分厚かったようにも思えたりもしますが、記憶というものはオーバーラップしてしまうのもでありますから、きっとそのせいでありましょう
変わらないのはこのマヨネーズでありまして…
酸味が抑えられ、ほんのりと甘みが加わった特製マヨをたっぷりとかけていただくのがこちら流でありましょう
お好みをいただいている間、「ミックス女性」であるとか、「肉玉大きめ」とかの言葉が交わされていまして…
それがとっても気になって聞いてみますと、女性のお客さまにはちょっとだけ小さめに、そして大盛り的な大き目は無料でサービスしているのだとか
今度お邪魔する際には大きめとお願いしてみることにいたしましょう


粉塗れのお好みにドロッと濃厚なソース そしてマヨネーズとB級グルメを代表するような、こちらのお好みは博多っ子のソールフードとも言えるものでありまして…
老若男女に愛されるお店でありますね


【ふきや】
福岡県福岡市中央区天神1-11-17 福岡ビルB1F
092-713-0743

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

福岡地下鉄七隈線薬院大通駅:「かがみ」    話題の黒毛和牛タワー鍋はインパクト抜群 美味しさも抜群

P2270155-a.JPG

熊本から福岡へ
新幹線を使うと30分ほどで移動できちゃうんですね 本当に便利になったものです
福岡での所用を済ませ、以前にテレビ番組で紹介されていて気になっていたお店へと向かいます
“黒毛和牛タワー鍋”なる商品で、そのインパクトと美しいサシが美味しそうで…



P2270181-1.JPG
地下鉄の薬院大通って駅を出てすぐと言うベストな立地にあるお店でありまして、ローストビーフとワインをメインとしているお店なのですが、今ではこのタワー鍋に注目が集まっているようですね
冬にはこのタワー鍋、そして鍋の出数が減る夏にはローストビーフと、理に適った2本立ての名物料理でありまして、お肉とワインと言う組み合わせも納得ですね


P2270170-1.JPG
週の中日でもある今日、10数卓あるお店はカウンター席以外は全て予約が入っていまして…
その全てのお客さまがタワー鍋コースの予約だというから驚きでありますし、3500円という手頃な価格でもあり、そのお客さまは30代が中心と言った方々であるようです
スタッフもお客さまも若くて元気がもらえたました


P2270152-1.JPG
で、これが和牛タワー
大判のリブロースで筒を作ったタワーは見ごたえがありますし、鍋に敷かれた水菜との色合いも美してくて、その美味しさが伝わってくるようであります
チルド保管されたブロックのお肉を提供の直前にスライスして、その丸まった形を活かして作られるこのタワー
サシが美しいお肉の断面を見せるわけですから、もうこの状態でヨダレが。。。


P2270153-1.JPG
その筒の中に、お肉にも書けるように熱々のスープが掛けられまして…
そびえたつタワーも圧巻ですが、スープの熱でタワーが崩れ落ちる光景も見ごたえありますね
鍋の中には野菜のほかに豚肉や鶏肉も入っていますのでまさに肉鍋
バランスよく色んなお肉を食べて、お野菜もたっぷりといただくことが出来ます


P2270177-1.JPG
〆は皿うどん
コースでいただきましたので、前菜やサラダをいただいた後タワー鍋をいただき、そのスープに片栗粉を溶かしてとろみを付けてパリパリ麺の上に
お肉の旨みを最後の最後まで残さずにいただくことが出来るなんて幸せメニューでありますね



柚子シャーベットを最後にいただき、お口の中もサッパリ
これはこれは。。。
お店の名物として相応しい一品でありました



【ローストビーフと自然派ワイン かがみ】
福岡県福岡市中央区薬院2-3-6 Mビル1F
092-739-7232

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

福岡地下鉄空港線天神駅:「井手ちゃんぽん」  たっぷりと野菜がいただけるちゃんぽんは麺もスープも美味でありました

L1110350-a.JPG

井手ちゃんぽん
メディアなどにも取り上げられる“ちゃんぽん”の名声店でありまして、たっぷり野菜が特徴的なお店であります
佐賀県の武雄市と言うトコロに本店を構えているのですが、偶然にも常宿としているホテルの近くに支店があるとの情報を得まして、早速お邪魔して参りました



L1110337-1.JPG
ほぼ天神のど真ん中と言うトコロではありますが、大通りに面することなく路地にひっそりとあるって感じでありまして…
しかもお店の入口はセットバックされていますので、大通りからこの路地を覗いたとしても目にすることはなく、なるほどココならこれまで気付かなかったことにも納得であります


L1110356-1.JPG
11:00の開店とほぼ同時に伺いましたのでワタシが今日の一番乗りであったのですが、ほどなくポツポツとお客さまが来店されまして…
きっとお昼には近隣のオフィスからたくさんのお客さまがやって来られるのでしょうね
それで、まだお昼には早い時間でありながらも、ある程度時間が自由になる人たちがこうやって早目に来店されているのでありましょう
また、シャープなお洒落感が漂うお店でありますから女性の方でも入りやすい雰囲気でしょうし、たっぷりの野菜と言うのも女性には魅力的なことでしょうから、きっと女性のお客さまにも人気があるのではないかと思われます


L1110355-1.JPG
ちゃんぽんと言えばスープで煮込まれた野菜と言うのが一般的なのでありましょうが、こちらのモノはしっかりと炒められたモノでありまして、まるで野菜炒めをいただいているかのようであります
しかもそのボリュームは丸ごと野菜炒め一人前ではと思えるものでありまして、野菜不足になりがちなワタシにとってとてもありがたいモノであります

実は野菜をたっぷりといただきたいと言うことで、野菜の大盛りなんてモノが無いのかと訪ねてみたのですが、通常のものと麺も野菜も大盛りになったものしかないとのことでありまして… 麺は残しても仕方ないなと大盛りを注文していたのであります
そんな野菜を一生懸命に食べ進み、ようやく麺へとたどり着きまして…
それをいただいて見ますと、コレが素晴らしく美味しいモノでありましてたので、麺を残すことなく完食いたしました
こってりとしていてトロミさえも感じるスープでありますが、意外にもこれがスッキリとした飲み口でありまして…


たっぷりとした野菜がうれしく、麺もスープも美味しいちゃんぽん
これは人気であることも頷けますね
福岡出張の楽しみがまた一つ増えました



【井手ちゃんぽん
福岡県福岡市中央区天神2-13-18 天神ホワイトビル1F
092-724-8989

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

福岡地下鉄空港線祇園駅:「男厨」   雰囲気が良い店内と感じか良い接客が心地良い居酒屋がオープン

L1110315-a.JPG

日中には所要があってバタバタとしていたのですが、あまりの暑さにぐったりとなってホテルでひと休み
エアコンを強めにしてクールダウンして元気を取り戻したあと、夜を仲間と過ごします
天神で待ち合わせをして博多へと移動
先月開店したばかりと言う、新しいお店へ伺うことにいたします




L1110307-1.JPG
博多駅から5分ほど歩いたところ
ちょっとセットバックしたビルでありまして、そのマイナス点を補うように置かれた釜戸のオブジェが美味しいご飯をいただけそうな雰囲気を出していますし、その空間が落ち着いた高級店のような佇まいに演出されていてステキなお店であります


L1110330-1.JPG
外から見たほど多いなお店ではなく30席ほどの小さなお店なのでありますが、厨房を望むことができるカウンター席と、気軽に利用することができるテーブル席、そして個室があって…
いろんなシチュエーションで使うことが出来そうですね
これくらいのお店が美味しい料理を提供するにはちょうどよい大きさでもありますし…


L1110312-1.JPG
お通しとして提供された3点盛に加えられた“おきゅうと”は福岡の郷土料理でありますね
シンプルな味わいのおきゅうとに明太子を乗せてインパクトをつけてありますね 
そして、福岡に来たら食べておきたいモノの一つである「呼子のイカ」
お隣の県である佐賀の呼子漁港で水揚げされた活イカを丸ごと一杯お刺身にして…
足はピクピクと動いてますし。身は透き通るほどに透明でありまして、新鮮であるから故の甘みを楽しむことができます
もちろん下足やエンペラーは2次加工していただけますので、一度に2度美味しいお値打ち商品でもあります


L1110320-1.JPG
そして福岡はお魚が美味しい街でありますからお刺身の盛り合わせをいただくことにいたします
2人前からの注文とあったのですが、いろんなモノがいただきたいからとわがままをお願いしますと、1人前をふたりでいただけるようにとネタを小さめに切り分けてくださいました
こんな臨機応変な対応をしていただけますとファンになってしまいますね
さて、そのお刺身
鯨の赤身であったり、大分佐賀関で獲れたイサキなど、滅多にいただくことが出来ないものを含めて11種が盛られていまして… 豪華絢爛であります
そして、フォアグラの茶碗蒸しには濃厚なウニソースがかけれていまして、これが絶品でありますこと
久しぶりに美味しさに感動できるモノでありました


L1110335-1.JPG
美味しいお料理だけでなく接客も感じ良いものでありまして…
若女将の可愛い笑顔と、細かなところにまでの気配りが素晴らしく、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました


L1110332-1.JPG
そんな楽しい夜ごはんの〆にと、こちらの名物でもあろうと思われる「土鍋めし」
この土鍋めしには、“スズキといくら”と“やりいかと明太子”の2種が用意されていまして、そのどちらも魅力的ではありますが“スズキといくら”をお願いすることにいたします
注文が入ってから炊き始めますので20分近くの時間を要しますが、それは待つに値するものでありまして…
ふっくらとしたスズキの身と、出汁の旨みたっぷりのご飯、それにいくらのプチっとした食感が楽しいですし、お焦げも美味しくいただくことが出来るものであります
添えられた味噌汁もしっかとしたものでありますから、次回もこちらへお邪魔することがありましたら、またこれで〆ることにいたしましょう



【博多メシ 男厨】
福岡県福岡市博多区博多駅前2-12-12 第5グリーンビル1F
092-292-0357

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

西鉄天神大牟田線西鉄福岡天神駅:「天ぷらのひらお」    揚げたて天ぷらがお手軽にいただける福岡の名店

L1110303-a.JPG

福岡へ移動
お盆の帰省ラッシュというタイミングですから羽田空港はかなり混雑しているのだろうと覚悟していたのですが、なんと拍子抜けするほどに空いていまして、すべての手続きをスムーズに済ませることができました
が、満席の機内には小さなお子さまを連れたファミリーがいっぱいで・・・
その子供の奇声に悩まされながらのフライトでありました



L1110292-1.JPG
福岡に着いたのは18:30
まず夜ご飯をいただくことにしましょうと「天ぷらのひらお」
空港の近くに本店があるのですが、今日は天神店  新天町の脇にあるビルの中にあるお店であります
1Fではありますが路面からその存在を知ることができない場所にあるのですが、さすがに人気店
しっかりと席待ちのお客さまが並んでいらっしゃいますね


L1110294-1.JPG
カウンター席のみの店内には、ファミリーやカップル、そして女の子二人連れなんて方々で賑わってますね
揚げあがった天ぷらはひと皿に盛られることなく、ひとつふたつづつを次々と提供していただけますので、熱々のものがいただけまして… これがココの最大の魅力であります



L1110295-1.JPG
真っ黒に見える天つゆはかなり塩っぱそうに見えるのですが、全くのそのようなことはなくて、ご飯のおかずとしてちょうど良い味でありまして、たっぷりの大根おろしでさっぱりといただくことができるモノであります
まずはエビ
しっかりと食感と甘味を感じることが出来るモノでありまして、多くのチェーン店で使われるような加水たっぷりのぷりぷり海老とは異なりますね
そして、豚肉を揚げた天ぷらなど珍しいモノもありまして…
薄切りにされた豚肉がとってもサクッとしていまして、これまた美味しくいただくことができました


L1110297-1.JPG
ご飯のお供でも良し、お酒のツマミでも良し
柚子の香りが美味しい塩辛、ビリっとした味付けがされたもやし、おでんのように煮込まれた大根、そして福岡といえば高菜漬け
テーブルに用意されているそれらが美味しくて…
ご飯のお替りが欲しくなるほどでありました


本店はちょっと郊外にあるため、車がないと行きづらいのですが、ココ天神店は駅からも近いしとっても便利であります
決してご当地グルメではないのですが、福岡に来たなら立ち寄りたいお店の一つですね



【天ぷらのひらお】
福岡県福岡市中央区天神2-6-27 天神東宝ビル1F
092-752-7900

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





天ぷらのひらお 天神店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

福岡地下鉄空港線天神駅:「寿司虎」   宮崎に本店を構える寿司虎の美味しさを福岡でいただけるとは…

L1080669-a.JPG

今日の福岡も暑い日
しかし、昨日のような湿度はなくて、暑くはあっても過ごしやすいことに救われます
午前中に所用を済ませて、目的とするお店でランチをいただくことにいたしましょう



L1080674-1.JPG
昨日、偶然に見つけた「寿司虎」さん
以前、宮崎に主張する機会が多かった頃に良く利用させていただていたお店でありまして、福岡に支店を作ったとの噂は聞いていたのですが、まさかこんなところに…
ココのお寿司は回転寿司のレベルを超えたと言うか、その辺の寿司屋さんよりも間違いなく美味しいお寿司を提供してくれるてことでとってもお気に入りだったのであります
ですから、見つけた時にはうれしくて!うれしくて!


L1080661-1.JPG
昨日は食事を済ませた後でしたので立ち寄れませんでしたので、今日はココのお寿司をいただくことを目的にやって来ます
パルコの地下に飲食街 ほとんどソラリアステージとの境界あたりにお店がありまして、暖簾で区切られただけという気軽な雰囲気であります
このお店の名物的存在でもあるのが炙り寿司
炙りと言うとガスバーナーで炙るお店がほとんどなのですが、こちらではキチンとガスレンジで炙っているから、その美味しさは段違いなのです
炙りさんまをいただきましたが、芳ばしい香りと塩のバランスが見事でありますね


L1080669-1.JPG
そしてもう一つの特徴がレモン塩でいただくお寿司
虎むらさきと称される出汁醤油であるとか、九州特有の甘みがある醬油でいただくお寿司ももちろん美味しいのですが、このレモン塩でいただくモノも素晴らしいのです
今日は、イカと鯛をレモン塩で…
お土産にも用意されている「炙りサーモンの押し寿司」
今、このお店がイチオシしているように思えるこの商品をいただいてみたのですが、炙られることで旨みを凝縮したサーモンと、トッピングされた青唐辛子が絶妙な組み合わせでありました


甘みがある人肌のシャリ、それに冷たすぎないネタとツーンと香わさび
これは、掌が作り出す芸術でありますね
数ある回転寿司の中で、五本の指に入るのではと思うこちらのお店 福岡に来た時には、また立ち寄らせていただきたいと思います




【寿司虎】
福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコB1F
092-235-7123

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





寿司虎 福岡パルコ本店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

JR篠栗線原町駅:「満福家」 九重連山の麓 自然の中で育った赤鶏を溶岩焼きでいただきます

L1080648-a.JPG

福岡は暑い!!
湿度の影響からか、気温以上の暑さを感じて、汗ダラダラな一日でありましたが、なんとかひと通りの所要を済ませ、福岡の仕事仲間との会食へと向かいます



L1080642-1.JPG
今回は空港から程近いところにある志免という町にオープンしたばかりの「満福家」というお店
なんでも、九重連山の裾野で自然の中で育てられたという赤鶏をメインにいたお店であるようでして、それを溶岩石で焼き上げるというのですから、食指も動こうというもの
空港からタクシーを飛ばして伺うことにいたします


L1080646-1.JPG
新鮮な赤鶏のモモとムネ その異なる食感を楽しむことにいたしましょう
溶岩石には油が引かれることなく、自ら出る脂だけでジワっと焼きあがる赤鶏は遠赤外線効果もあってふっくらとやわらかく・・・
コクがある赤鶏ならではの旨みをポン酢で楽しませていただきました


L1080654-1.JPG
そしてこちらは国産牛のカルビとロースでありまして・・・ これもなかなか上質なお肉ですね
軽く表面を焼き上げたら、こちらは専用のタレでいただきます
甘みがあるタレがお肉の旨みを引き出してくれて、美味しくいただくことが出来ましたね


L1080650-1.JPG
こちらはお店の調理場で焼き上げられた赤鶏の黒胡椒焼き
新鮮なお肉だけに程よく赤身が残る程度に焼かれた赤鶏は、皮目がパリッと焼かれていながらも、身はふっくらと柔らかでありまして、柚子胡椒を薬味にいただきます
もちろんそのままでも美味しくいただけるのですが、柚子胡椒好きのワタシの場合、それを付けていただくだけですべての料理でも美味しく感じてしまったりもするのですがね…


L1080655-1.JPG
お肉ばかりでは… とサラダをいただきますと…
完熟ではありませんがグニュッとした食感が楽しめるアボカドが添えられていたりして、ヘルシーな赤鶏をメイン料理として、女性の集客を狙っているお店らしい商品でありますね


L1080657-1.JPG
〆にいただいたかしわ飯
福岡で炊き込みご飯と言えば、ほぼ間違いなくコレを指していることでありましょう
うどん店に行っても、居酒屋に行っても、このおにぎりがほとんどのお店でいただくことが出来るほどに、県民に愛されている料理なのですね
九州特有のちょっと甘みがあるお醤油の香りが美味しさの秘訣でしょうかね


まだまだまとまったお店ではありませんが、赤鶏の美味しさに惚れ込んだオーナーが、その美味しさを多くの人に伝えたいと開店したお店でありますから、なんとかその志のためにも繁盛して欲しいものであります



【赤鶏溶岩焼 博多 満福家】
福岡県糟屋郡志免町南里6-14-2
092-936-1699

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

JR鹿児島本線博多駅:「たんや」   博多駅地下街で気軽に牛タン麦とろ定食がいただけます

L1060908-a.JPG

分厚い牛タン焼と麦とろご飯をいただけるというヘルシー志向から、ちょっとしたブームになっている仙台牛タンのお店
実はそれを何とか1000円以内で提供することは出来ないかというプロジェクトを進行中でありまして、牛タンの仕入先やその加工先などを構築している最中なのであります 


L1060912-1.JPG
そんな時、偶然に見つけたこちらのお店
“牛タン麦とろろ定食”が980円、“牛タンカレー”が680円と、まさにプロジェクトの狙い通りのコンセプトなのであります
ならば、試食をせざるを得ないでしょうと、席待ちのお客さまの後ろに並ぶことにいたします


L1060904-1.JPG
オープンになった厨房を囲むカウンター席と4名掛けのテーブルがいくつかある、それほど大きなお店ではありませんがなかなか繁盛しているようであります
今日のこのタイミングでは比較的男性の割合が多いようでありますが年配の方や女性の方の姿も見られますので、狙い通りのお客さまが来店されていると言ったところでありましょう


L1060906-1.JPG
カウンター席をいただくことが出来ましたので、厨房の真ん中でどんどん牛タンを焼き上げる姿を眺めることが出来、そんな臨場感でよだれが出てきそうです
テキパキと動く調理スタッフ、忙しいながらも笑顔を絶やさない接客スタッフ いずれもきちんと訓練されているようで、心地よい雰囲気の中で食事をいただくことが出来そうであります


L1060910-1.JPG
お腹が空いていたってこともあって“牛タン麦とろろ定食(L)”をいただくことにいたします
(L)の名に恥じないたっぷりと盛られた牛タン 薄めにスライスされたものではありますが、10枚以上が盛られていますので食べ応えは十分
巧い具合にお塩のミネラル分が引き出された牛タンはホントに美味しいですね

麦ごはんの麦は少な目で、とろろも薄め
この辺りは売価との絡みもあるのでしょうが、いささか物足りなさが…
我々のプロジェクトでは、この辺りもしっかりと価値があるものを提供できるよう課題といたしましょう



【たんや HAKATA】
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティB1F
092-415-1114

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

福岡市営地下鉄空港線祇園駅:「英二楼」   居酒屋感覚で気軽に使えるとらふぐ料理のお店

L1060872-a.JPG

お仕事仲間との会食をいたします
せっかく福岡に来ているのでありますし、福岡らしい美味しいものをいただきましょうと選んだのは“ふぐ”
もちろん下関のふぐが全国的には有名でありますが、関門海峡を挟んだ隣県の福岡にも数多くのふぐ料理店が軒を並べています
天然の高級なふぐを扱う老舗から、比較的気軽なお値段で洋食のふぐを扱うお店まで それも接待や宴会としてだけでなく、居酒屋的に普段使いできるところもありまして・・・
やはりふぐを日常的にいただく文化がある街ってことでありましょう



L1060857-1.JPG
博多と天神の中間辺り キャナルシティーの近くにある1軒のふぐ料理屋さん
グルメ誌に乗るような有名なお店でもありませんし、何年も続く老舗のお店でもないところではありますが、良心的な価格で美味しいふぐ料理を提供してくれるところだと言うことで仲間が予約を入れてくれたのであります
お店の外観も気軽な居酒屋のような造りでありまして、これなら2人や3人でも抵抗なく、居酒屋感覚で利用することができますね


L1060887-1.JPG
調理場に面したカウンター席と、その背後にある小上がりの座敷席
予約をしていたのですから座敷へと案内されるのかと思いきや、両サイドにもお客さまがいらっしゃるカウンターの席へと案内されます
「えっ!?」って感じではありましたが、結果的にはこれが正解でありまして、若き29歳だという大将ともお話することができ楽しい食事の時間を過ごすことができました
29歳という若さで独立し一国一城の主となっているわけでありますから、その顔は凛々しく自信にも満ちた素敵な表情である大将
その一生懸命な姿に、これは応援しなくちゃって気持ちも湧いて参ります


L1060867-1.JPG
ふぐを使った居酒屋的な単品料理もずらりと並んでいますが、そんな料理をコースとして提供してくれる会席コースをいただくことにいたします
小鉢としてふぐ皮の煮凝りと博多らしく筑前煮から始まりまして、ふぐ刺しが提供されます
高級会席店のようにどこまでも薄くスライスされたものではなく、しっかりとしたふぐの噛み応えを感じることができるようにと、ちょっと厚めのスライスであります
ですから、身の甘味をも楽しむことができます
こちらのメニューには天然モノと養殖モノとが明確にわけれれていまして、養殖には養殖ならではの身の甘さ、天然物には天然だからこそ身の締まり それぞれを自信を持って提供されているってことが伝わってきます
今回ワタシがいただいたのは養殖モノでありますので、その身の甘さを堪能させていただきましたよ
焼き物として提供されたのが“味噌漬け焼き”というものでありまして、ほんのりの味噌の風味が漂う焼きふぐも美味しいものですね


L1060881-1.JPG
ふぐの唐揚げのあとに出されたのが、ふぐの煮付けでありまして・・・
それほど多くのふぐ料理を経験しているわけではないワタシには高級なとらふぐを煮付けてしまうなんてという思いもありますが、日常的にふぐをいただいている街だからこその料理なのでしょうかね
淡白な身にしっかりと甘みがある煮汁が染み込んでいて、これまでいただいてきたふぐとは別物のような味わいであります
そんな煮汁がお豆腐にも良く染みていまして、こういう料理ってホッとするんですよね

〆めに提供されるのが炊き込みご飯
雑炊などはどこでもいただくことができるのですが、炊き込みご飯となると手間がかかる分、これを提供するお店は少ないのです
ですからある意味、この炊き込みご飯をいただくために、このコースを注文したといっても良いかもしれません
薄口の醤油味で炊き込まれたご飯に、ふぐの身が解し入れられていまして・・・ 雑炊も良いのですが、これもまた美味しいものでありますね
添えられた味噌汁ですが、これが実はふぐのあら汁でありまして・・・
それほどふぐの出汁が出ているとは感じませんが、ゴロっとしたあらが入っていますとテンションも高まりますね


L1060878-1.JPG
単品で追加注文させていただいた白子豆腐
これも手間をかけてお店で仕込んでいるものらしく、プルンそしてツルンとしたなめらかな食感の中に白子の濃厚な風味を感じることができまして、これもまた贅沢ないただき方でありました
淡白なお魚でありますからコースでいただくと単調な味わいになってしまう感じもあるのですが、こちらのような工夫がされていますといろんな味わいを楽しむことができ、楽しいコースをいただくことができますね
良いお勉強をさせていただきました




【博多・ふぐづくし 英二楼】
福岡県福岡市博多区祇園町6-35
092-281-2917

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

西鉄天神大牟田線西鉄天神駅:「平和楼」    旬の牡蠣がゴロゴロとしたちゃんぽんでランチ

L1060846-a.JPG

羽田空港からビューンと福岡へやって来ます
クラスJってシート プラス1000円でゆったりと座れる席がいただけるってことで、いつもビッシリと埋まっているのですが、今日は珍しくお隣に人がおらずゆったりと座らせていただいました
2時間ほどのフライトを1000円でゆったりと座れるシートがいただけるのですから、それは有意義なお金の使い方なのかも知れませんね



L1060848-1.JPG
福岡についたのは14:00過ぎ お腹がギュッーと鳴いて・・・ 天神に移動してすぐにランチをいただくことにいたします
新天町って商店街の脇にある中華料理のお店「平和楼」
福岡では老舗的な存在で60余年続くところなのであります
入口にお勧めのメニューが置かれていまして、それには旬の牡蠣を使った美味しそうな料理がズラリと並んでいます
そんな中の“カキチャンポン”に惹かれてお店の扉を開きます


L1060843-1.JPG
1Fにはフロントがありまして、エレベーターで上った2Fが一般の客席であります
そこは広々としていまして、ゆったりとした大きめのテーブルが並べられていますし、風格があるとでも言いましょうか落ち着いた雰囲気であります
そんなフロアの奥にあるコーナーの席をいただきます


L1060845-1.JPG
カキチャンポン
白濁したスープではなく、味噌の風味があるスープにたっぷりの野菜と大粒の牡蠣がゴロゴロと6つほど・・・
麺は太麺でモチモチ かなりの食感とともに麺自身の旨味をも感じることができるものでありました
スープには生姜が加えられているのでしょうかね ほんのりとした辛味が効いていて、ちょっとお気に入りであります


美味しいものをいただいて気分良く帰ろうとしたときのこと、ホール担当の女性に会計はどこですれば良いのかを尋ねてレジへと向かったのでありますが、そこには誰もおらず、少々待っても誰も来る気配すらない状況にイライラというより飽きれた感じで・・・
折角の美味しい料理も残念なものになりますね




【平和楼】
福岡県福岡市中央区天神2-6-42
092-771-4141

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





平和楼 天神本店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

西鉄天神大牟田線西鉄福岡天神駅:「福新楼」    博多皿うどん発祥の中華料理店ということで皿うどんをいただきます

L1060256-a.JPG

半月以上にわたった福岡滞在中、長浜ラーメンや博多うどんなど、いろんな美味しいモノをいただいていたのですが、それはお手頃なお値段で美味しいモノがいただけるだけでなく、そこで働くスタッフの方の優しさ溢れるサービスを体験することができた有意義な時間でもありました



L1060239-1.JPG
空港に向かう途中に立ち寄ったこちらのお店
1Fは中国茶とデザートメニューがいただけるカフェスペースでありまして、2Fが1ダイニングホール 3〜4Fには個室と宴会場と、多種多様な利用動機に対応した老舗中華料理店であります


L1060245-1.JPG
気軽な雰囲気のセルフスタイルのカフェを抜けエレベーターで2Fに上がりますと、そこは1Fとは全く異なる重厚な雰囲気でありまして、広々としたフロアにゆったりと配置された客席が広がります
これなら落ち着いて食事を楽しむことができそうですね



L1060257-1.JPG
博多皿うどんはこちらのお店から始まったとのこと
そのこだわりから提供には少々時間がかかるようではありますが、発祥となればコレをいただかずに帰る訳にはいきません
ってことで、迷うことなくそれをいただくことにいたします


L1060254-1.JPG
待つこと15分ほど
長崎のモノとは異なるスタイルの皿うどんがやってきました
太麺をソース味で炒めたものであるのですが、それは見た目と異なる薄味でありまして野菜の旨みもたっぷりで優しさを感じるモノであります
香辛料が効いたソースというよりは福岡らしい甘味を感じる味付けでありまして、モチッとした太麺の食感と、シャキっとした野菜の食感のバランスが楽しいものでありますし、野菜のカットが麺とよく絡むように細切りにされていますので、麺と具材とをバランス良くいただくことができるのも工夫が感じられます


繁華街から近い便利な場所にありますので、1Fのカフェで待ち合わせするもよし、2Fのダイニングで会食するもよし、さらには宴会や接待にも対応していますので使い勝手も抜群であります
これは、これからお邪魔する機会も多そうですね



【福新楼】
福岡県福岡市中央区天神2-3-33
092-771-3141

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





福新楼
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

福岡市営地下鉄七隈線薬院大通駅:「七山」   昔懐かしい焼肉屋さんはマスターも美味しさも健在でした

L1060230-a.JPG

福岡滞在の最終日
まだまだやり残したお役所仕事もあるのだけど、いつまでもこちらに居るわけにもいかず、やり残したことは来月に繰り越すことにいたします
それで最後の夜は、仕事仲間を呼び出し会食といたします


L1060223-1.JPG
「七山」というお店
30年ほど前に先輩に連れられ良く通った焼肉屋さんでありまして、ワタシの焼肉好きはココから始まったと言っても良いトコロなのです
当時は焼肉のお店であったように記憶しているのですが、今では焼肉ともつ鍋を2本柱とするお店になっているようですね
30数年ぶりにこの店を見つけたとき余りの懐かしさにお邪魔したくなったのですが、さすがに一人ではちょっとってことで仕事終わりの仲間を呼び出し伺って参りました


L1060227-1.JPG
開店直後に伺いましたのでワタシたちが一番乗りであったのですが、ほどなく3組のお客さまが来店されまして…
焼肉のテーブルあり、もつ鍋のテーブルありと、どちらの商品も人気であるようですね


L1060230-1.JPG
まずは焼肉
定番であります上カルビをいただいたのですが、これがあまりに見事なカルビでありまして…
軽く炙る程度で頂きますと、その美しいサシがお口の中でとろけるようであります
なんとこのカルビ、伊万里牛の5番を使ったものでありながら880円というお値打ち価格 これは驚きであります

そして上ハラミ
ワタシの好みとしてはもう少し厚めに切って欲しいところではありますが、全く臭みがないモノでありまして… 新鮮さを感じるモノであります

そんな美味しい焼肉に満足しながらも、せっかくですからもつ鍋もいただきましょうってことで…
こちらもプリっぷりのホルモンが甘くて美味しいこと
輪切りの鷹の爪を加えて煮込みますと、その辛味がスープに溶け込んで更なる美味しさに変化いたして、これははまってしまいそうです



これだけの素晴らしいお肉を提供しながらもリーズナブルなお値段でありますから、福岡での焼肉はココに決定でありますね
さすがに40年以上続く繁盛店であります


【炭火焼肉・もつ鍋 七山】
福岡県福岡市中央区薬院4-1-9 七山ビル3F
092-521-0009

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





焼肉もつ鍋 七山
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

JR鹿児島本線博多駅:「ナイル」  昔懐かしカレーをいただきたくてわざわざ訪ねてしまいました

L1060203-a.JPG

年末に阪急を訪ねた際、そのB1Fの食品売り場で見つけた1軒のカレー屋さん
エスカレーターで1Fへ上がろうとしたとき、なんとも美味しそうな香辛料の香りに振り返ってみますと、一角にあるイートインスペースに昔懐かしいお店を見つけたのであります
このカレー屋さん
昭和36年の創業以来、福岡市民に親しまれるお店でありまして、ワタシもよく利用させていただいたお店であります
それで今日は、そんな懐かしい味をいただきましょうってことで、こちらを目的に出かけることにいたします



L1060199-1.JPG
台下冷蔵庫の上に置かれたカレーソースと温めるための湯煎と炊飯ジャーや卓上用のフライヤー程度のシンプルな厨房設備を囲むように10席ほどのカウンター席があるだけの、店舗というよりはコーナーといった雰囲気ではありますが、買い物途中に小腹が空いたお客さまが利用するには程よい気軽さであります
また、オープンであるがゆえにカレーの香りが拡がり、その香りがお客さまを誘引しているようでもありますね


L1060205-1.JPG
メニューには“ナイル復刻カレー”なるものがあり、それをいただこうかと思ったのですが、残念なことにそのカレーは甘口であるとのこと
それで、辛口と書かれた“黒カレー”にソーセージをトッピングしていただくことにいたします
油で揚げられたソーセージはちょっと揚げ過ぎでありまして残念なものでしたが、カレーはしっかりとした辛味でありまして、大人のカレーと書かれた商品説明に偽りはありませんね


L1060207-1.JPG
卓上には福神漬けだけでなくらっきょうまで置かれていますし、カレーの辛さを増すことができるスパイスやカツカレーに使うのでありましょう
揚げ物によく合うと書かれたソースも置かれていました
らっきょうが置かれいるカレー屋さんというのは意外と少なくトコロによっては有料だったりする中、こちらのお店では好きなだけいただくことができるってことで嬉しさを感じます



駅に隣接した阪急の中にあるお店ですから、空港に向かう途中に立ち寄ることも可能でありまして…
これからもまた、福岡滞在の際には立ち寄らせていただくことでありましょう
ご馳走までした




【ナイル】
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多阪急 B1F
092-473-3989

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

西鉄天神大牟田線福岡駅:「一香軒」    福岡にいながら本場長崎のちゃんぽんがいただけるお店

L1060186-a.JPG

九州に滞在しているうちに食べておきたもの
そのひとつにちゃんぽんがあるのだけど、福岡には著名なお店がなくて…
諦めようと思っていたところで、東京の仲間がちゃんぽんを食べたとのブログをアップしているではないですか
これは折角本場に近いところにいるのだから、美味しいちゃんぽんを見つけて食べて帰りなさいというメッセージではないかと思い直します



L1060178-1.JPG
それで先日通りがかった、天神西通りにほど近い国体道路沿いという賑やかなところにある一軒のお店へ伺うことにいたします
博多ラーメンと長崎ちゃんぽんを2本柱とするお店であるのですが、お客さまの多くはちゃんぽんを召し上がっておられるとのこと噂ですから、ちょっと期待が持てますね


L1060181-1.JPG
西通り近くということでか、14:00過ぎではありますが若いお客さまで7割ほどが埋まっています
男性の方はラーメンを召し上がっているようで替え玉をされていましたが、女性のお客さまはちゃんぽんを召し上がっておられるようです
替え玉でお腹を満たす男性客、野菜を摂ることでの美容効果を満たす女性客 そのどちらもの願いを満たす素敵な組み合わせかも知れませんね


L1060184-1.JPG
ワタシの目的はあくまでもちゃんぽんでありまして…
大盛り(麺2玉)にも惹かれましたが、普通サイズでいただくことにいたします
スープは鶏ガラでありますが、濃厚な味わいにミルキーな舌触りでありまして、かなり本格的であると思っていたら…
このお店は長崎に本店を構えるお店であるようで、納得であります
そのちゃんぽんは野菜がたっぷりでありますし、その野菜の旨みがスープに出ていますので、身体に優しい感じがいたしますね
そして麺は長崎から直送される唐灰汁麺であるとのこと
これもモッチリとした食感でありまして本物を感じることができますね


L1060188-1.JPG
一緒に餃子
これは博多の一口餃子でありまして、パリッと焼かれた皮が良い感じですね
ひとつではちょっと物足りないのでふたつまとめて一口でいただいますど、包まれたあんのジューシーさも楽しめるモノでありました



福岡にいて本場長崎の味をいただけるなんて…
これはありがたいことでありますし、帰り際にスタッフの方が賄いで食べていた皿うどんも美味しそうでありまして、次回の福岡滞在では皿うどんと目的にお邪魔することにいたしましょう



【ちゃんぽん・らーめん・皿うどん 一香軒】
福岡県福岡市中央区天神2-3-10
092-716-9229

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

西鉄天神大牟田線平尾駅:「中田中」    炊き立てご飯が美味しいスタイリッシュな定食屋さん

L1060174-a.JPG

三が日を終え徐々に平常の装いに戻りつつあるようでもありますが、明日明後日と再び休みになるために、月曜日から始業というところも多く完全に平常に戻るのはそれからなのでしょうね
とはいえ銀行やお役所などは今日から稼働していますので、支払いやお役所周りをいたします
さすがにどちらとも混んでいたまして、かなり待たされながらの業務となりまして思うように進まず時間ばかりが…


L1060164-1.JPG
それで食事の時間も思うように取れず、17:00近くになってようやくランチをいただくことに
天神か博多に出ようかとも思いましたが、年末にも伺った「中田中」さんへ伺うことにいたします
気軽にいただける定食屋さんでありまして、おかずとなる料理の美味しさもさることながら、炊き立ての美味しいご飯がいただけるってことが一番の魅力でありまして…
しかも、そのごはんがお替りまで出来るときてますから魅力も倍増でありますね


L1060167-1.JPG
定食屋と言うと洒落っ気のないお店を想像しがちでありますが、こちらのお店はスタイリッシュであるということもあってか、働く方もお客さまも女性の方が多いようですね
そして、こんな中途半端な時間でありながらも、お客さまが途切れることがない人気店であります


L1060172-1.JPG
いただきましたのは「銀ダラみりんとチキン定食」
銀だらは、みりん干しのようではありますが、それほど水分を失うことが無いモノでありますから、箸で崩れるような柔らかい状態であります
このみりん風味がとってもご飯に合うモノでありまして、これは美味しいですね

そしてチキン こちらは南蛮か唐揚げを選ぶことができるとのことですから、迷うことなく南蛮をチョイスいたします
ふっくらと揚げられた鶏肉に南蛮酢の甘みと酸味、それにタルタルソースがかけられていまして…
宮崎でいただくソレとは少々異なりますが、これまたご飯のおかずには最高でありますね


こちらのグループ店である「わっぱ定食堂」「ボン田中」へも伺ったことがありますが、どちらも接客も感じ良いものでありますし料理もしっかりとしているのです
更に清潔感あるお店でありますから、女性のお客さまにもしっかりと指示されているトコロばかりですね
美味しい食事をいただきながらも、勉強になるグループであります



【キッチン 中田中】
福岡県福岡市南区那の川2-4-32
092-533-1313

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:「長浜家」     長浜屋 長浜家 など強豪がひしめく激戦地で長浜ラーメン

L1060099-a.JPG

今日も雨、本当に雨が多い年の瀬でありますこと
雨が降りますと出かける気分を根っこから削がれるのでありますが、部屋に籠っていても何があるわけでもなく…
小雨になるのを見計らって、ランチへと出かけます


L1060100-1.JPG
今日はラーメンをいただくことにしましょうってことで目的地は長浜
長浜とはその名の通り、長浜ラーメン発祥の地なのであります
この地には魚市場があって、そこで働く忙しい人のために茹で時間を少しでも短くしようとしたのが細麺の始まり
そして、体力仕事である彼らの空腹を満たすために始まったのが替え玉のシステムであるとのことでありますね

伺ったのは「長浜家」
ホントは「長浜屋」が目的だったのでありますが、明日からのお正月休みの備えて今日は売り切れ御免とのことで、残念ながらそれに間に合わず…
それにしても、この一角は長浜ラーメンの激戦でありますね
この2軒だけでなく、「長浜ナンバーワン」というお店や「長浜屋台」などが軒を連ねているのです


L1060097-1.JPG
「長浜屋」が閉店していたってこともあるのでしょうか
お店はかなり混んでいますね そのお客さまは観光で来られた方たちなのでしょうか 
ちょっとオシャレをしたカップルやグループのお客さまで、女性の方が多かったことが印象的でありました
今や長浜ラーメンは市場で働く人たちのモノではなく、福岡を代表する観光名所ってことなのでありましょうかね


L1060098-1.JPG
商品はラーメン一本
替え玉や替え肉というシステムがありますから、大盛りやチャーシューメンなどの商品もありません
ですから、入店したら麺の硬さを聞かれるだけで、待たされることなく商品が提供されます
豚骨といえばこってり そう思っている人も多いのでしょうが、長浜の豚骨はすっきり味なのであります
ですから、きっと観光で来られた女性の方にも抵抗なく召し上がっていただけるのではないでしょうか
それでも匂いが気になるようでしたら、紅しょうがをトッピングしていただくなんてことも出来ますし…



【元祖ラーメン 長浜家】
福岡県福岡市中央区港1-1-16 鶴一ビル1F
092-731-0589

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

JR鹿児島本線博多駅:「柳川屋」   国内産のウナギにこだわる専門店でいただくお手軽ランチ

L1060089-a.JPG

博多駅前
この辺りには多くのオフィスがあるため、そこで働く人をターゲットとした飲食店も数多くあるトコロである
ならばきっと美味しいお店があるに違いないとちょっと散策してみることに…



L1060068-1.JPG
大通りにはチェーン店ばかりが立ち並んでいるため裏通りを歩いていると、どこからか美味しそうな蒲焼の香りがしてくることを発見
その香りの元はこちらのうなぎ店であります
長年ウナギを焼き続けたことで炭火の煤や焼かれたタレの芳ばしい香りがしみ込んだような、歴史を感じる店構えが商品の美味しさを教えてくれているように感じます
で店頭に置かれた看板を見ていますと、とっても気軽にいただくことができるランチのメニューが用意されていますので、今日はココでランチをいただくことに決定であります


L1060087-1.JPG
お手頃なお値段で美味しいウナギをたっぷりといただくことは無理なことでなのでありますが、ウナギはやっぱりいただいてみたい
そんな我儘なお客さまの気持ちを察したような商品が揃えられています
そんな中から“3色炙り丼”をいただくことにいたします
3色とは豚肉と鶏肉、それにウナギでありまして、それぞれを芳ばしく焼き上げたものが丼の上に乗せられているのです
しかも、半熟に仕上げられたポーチドエッグが添えられていまして、このとろりとした黄身がご飯と絡んで、とっても美味しくただくことができますね


L1060091-1.JPG
ランチでいただくお手軽な商品であるにもかかわらず、お吸い物には肝が入っているとは驚きであります
きっちりと出汁が出ているモノでありまして、これまた美味しくいただきました
やっぱり、本物を提供するお店は細部にもこだわりがあるのですね



「本日は宮崎産ウナギを使用」と書かれた看板が出されていることから、こちらが使うウナギは国産にこだわり、その時々で最も良いモノを厳選していて入荷されいるのでしょうね
今日いただいた丼には4分の1尾ほどしか使われていませんが、その美味しさは十分に堪能させていただくことができました



【うなぎ処 柳川屋】
福岡県福岡市博多区博多駅前3-10-14
092-451-7105

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





うなぎ処 柳川屋 博多駅前店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:「かほうや」   優しいお味のお出汁が身体に染み込むようなおうどん屋さん

L1060066-a.JPG

今日も雨
福岡ってこんなに雨が多いところでしたっけ?
なんて愚痴をこぼしたところで晴れ間が出るわけでもなく、傘を片手にお出かけであります
バス停までテクテクと15分ほどの山下り 行きはヨイヨイ帰りは… 



L1060061-1.JPG
先日から気になっていた「かほうや」さん
歴史あるおうどん店ではありませんが、どことなく美味しさ感が漂う雰囲気に惹かれていたのであります
老舗感や本物感を感じさせてくれる大きな暖簾 それに程よい解放感から入り易さも感じます
お店って、そんな雰囲気作りがとっても大切なことなんですよね


L1060063-1.JPG
店内はすっきりとしたデザインでありまして、ココなら女性一人でも抵抗なくは理想でありますね
事実、ご近所にお勤めの方でありましょうか、おひとりさまの女性客も数人いらっしゃっていますね
お昼の忙しい時間は過ぎているのですが、お客さまが絶えることない人気店であるようです


L1060067-1.JPG
メニューを眺めますと、そのTOPにあるのが“かほう天”なる、これまで耳にしたことが無いモノ
聞いてみますと、ごぼう天であるとのことではありますが、通常のスティック状にされたごぼうの天ぷらではなく、薄くスライスしたごぼうをかき揚げのようにあげたコチラのオリジナルであるとこと
ならば、それを乗っけたおうどんをいただくことにいたしましょう
もちろん定番である鶏天も乗せて…


L1060065-1.JPG
美味しいお出汁であります
昆布とカツオのダブル合わせ出汁 これがとってもスッキリとしていまして…
その優しさが身体に染みるようでありますね

コチラのおうどんは自家製の手打ち麺であります
博多うどんというよりは讃岐うどんを博多の人に好まれるように柔らかめに茹でたようでありまして、それほどのコシはありませんが、しっかりとした粉の美味しさを感じることができるものであります


なんと、そんなこだわりの麺を3玉までなら追加料金なしでいただけるそうでありまして… 
これはありがたいことだと、ふた玉でお願いした上に稲荷までいただいてしまいましたのでもうお腹一杯
雰囲気良し、味良し、ボリューム良し
これは近所にあったら通ってしまいそうなお店であります
ごちそうさまでした





【匠家の麺づくし かほうや】
福岡県福岡市中央区赤坂1-6-21
092-741-3313

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:「泰元食堂」    一頭買いをウリにする焼肉屋さんがやってるお肉食堂

L1060052-a.JPG

今日もお気に入りの街である警固へとランチへ出かけます
良い天気なのではありますが気温はそれほど上がらずちょっと肌寒さを感じますので温かいおうどんにしようかとも思いましたが、お肉の魅力も捨てがたく…



L1060050-1.JPG
こちらは一頭買いをウリにしている焼肉屋さんがやっているお肉料理の定食屋さんでありまして、美味しいお肉が手頃なお値段でいただけると人気のお店であります
13:30過ぎに伺ったのでありますが、まだまだ満席に近い状況であります
それで、1席空いていたカウンター席を勧められたのですが、その隙間にワタシの体が入るような気がしなかったってことで、お店の一番奥にある2名掛けの小さなテーブル席をいただきます

お客さまは近隣のサラリーマングループやOLさん、それにカップルの方もいらっしゃっているようですね
年齢的にも幅広く、いろんなお客さまに支持されているようでありますね
メニューは以前に伺ったときよりもメニューが絞り込まれているようで、日替わりランチと呼ばれるものと、日替わりで提供されるステーキ定食、定番であるハンバーグ定食とミックスグリル的な泰元定食の4種類
ハンバーグは焼きあがるまでに15分程を要するようですが、そのほかの商品はメニューを絞り込んだことでスピーディーな提供が実現しているようですね
選ぶ楽しさこそ失われますが、料理が早く提供されることでお客さまの回転が速くなり、お客さまにとってもお店にとっても良いこと尽くめってことであります


L1060054-1.JPG
いただきましたのはステーキ定食
本日のステーキは“カメノコ”“ヒウチ”“ウチモモ”の3種が用意されていたようですが、霜降りのモモ肉である“ヒウチ”は既に売り切れであるとのこと
ならば“シンタマ”とも呼ばれる“カメノコ”をいただくことにいたしましょう
脂はそれほどありませんが、お肉の身質は柔らかく、旨みがあるものですから、ワサビ醤油でいただきます

ボリューム的には120〜150ほどでありましょう 
ワタシにはちょっと物足りなさもありましたので、お肉の大盛りなんてものがあると嬉しかったりもするのですがね


安く売ることでお客さまを集めようとするお店も多くありますが、こちらのように決して安くはないお値段であっても、そのお値段以上の美味しさを提供することができれば、しっかりとお客さまを集めることができるのですね




【泰元食堂】
福岡県福岡市中央区赤坂1-1-5 鶴田けやきビル1F
092-752-5589

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





泰元食堂
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。