2010年11月09日

名鉄岐阜駅:「丸デブ」     大正6年開店 老舗中華そば屋はふるさとの味?

DSC_9258-a.JPG

岐阜柳ヶ瀬近くに、面白い中華そばのお店があるらしい
そう聞けばどうしても行きたくなるのが性でありまして・・・

大きな荷物をホテルに残し、カメラ片手に名古屋〜岐阜間の小旅行であります


DSC_9266-1.JPG
岐阜に着くと織田信長像が迎えてくれます
噴水を囲むようにベンチが置かれ、ちょっと癒される空間でもある駅前広場
そこに、まるで岐阜市民を見守るように立っています


DSC_9250-1.JPG
駅から北へずっと伸びるアーケード
そして、東西に走る岐阜柳ヶ瀬日ノ出町商店街
かつての栄華を懐古することができますね

そんな街をテクテクと約1km歩いて、高島屋さんのお向かいに、目的である「丸デブ」って言うお店であります


DSC_9252-1.JPG
開店して15分ほどのタイミングで店へ伺ったのですが、すでにこの状態
かなり、繁盛している様子であります

コチラでは合席は当たり前であるようで、ワタシは入り口近くの6人掛けのテーブルで合席させていただきました



DSC_9256-1.JPG
コチラのお店のメニューは、中華そばとワンタンの2種のみ

周りのテーブルを見てると、大半のお客さまが中華そばを召し上がっておられまして、2〜3人組のテーブルには、それぞれの前に中華そば そして、その真ん中にワンタンが置かれています
自らの中華そばプラス、みんなでシェアするワンタン
皆さん常連らしく、楽しい食べ方を知っているのですね

で、中華そばなんですが、何と言ったら良いのでしょう
とっても不思議なモノなんです

もちろん、中華料理店のラーメンでなければ、ラーメン店のラーメンでもない
中華そばと言うのですから、鶏がらを沸騰しないように炊き込んた、済んだ中華スープに細いストレートの麺を想像していたのですけど、ソレとも違う

鶏がらのスープに日本そば屋の“かえし”を加えたようなスープ、それに日本そばと中華そばの中間のような麺
初めて味わう不思議なモノなのでありました


DSC_9254-1.JPG
ワンタンって言うと皮で具を包んだものを想像していたのですが、コチラでは皮だけなんですね
でも、ソレが丼一杯に入っていまして、プニュプニュでプルンプルンしていて・・・
なかなか美味しい食感であります


具材はいずれも、ネギとチャーシューのみ
チャーシューはモモ肉を使っているのでしょう
脂身が無くちょっと硬くはあるけども、旨みがしっかりしている上モノ
大変美味しくありました



コチラの中華そばが美味しいのかどうか?
なんとも微妙であります って言うか比較するものが無いのです
少なくともワタシの記憶の中にはコレに類するものは無いんです

とにかく不思議な、しかし、昔からここの中華そばを食べている人には懐かしい
そんなモノなのでありましょう
ふるさとの味見たいなものでしょうね



【丸デブ】
岐阜県岐阜市日ノ出町3-1
058-262-9573

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





丸デブ 本店
総合:3.0

サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0




posted by koutagawa at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。