2014年03月08日

JR総武線船橋駅:「八十郎商店」     裏路地にある隠れ家的なワインバルは大盛況

P3080407-a.JPG

船橋に焼肉を食べに行くと友人に話したら、船橋へ行くのなら、ココへは絶対に行っておけと言われたお店があって…
外食に興味津々な食いしん坊仲間でありますので、皆の意見もそこへ行ってみたいと一致
焼肉をそこそこに抑えて、2軒目のお店へと向かいます



P3080395-1.JPG
船橋駅から歩いて2〜3分と言ったところではあるのですが、道幅1mも無いような路地を入ったところにあるお店でありまして…
ようやく見つけてお店を覗いてみますと、何と満席ではないですか しかも既に4組のお客さまが待っていると言うから驚きであります
時間も21:30近くになっていたのでありますが、30分だけ待ってみようと連絡先を告げ、近くの喫茶店で待つことにいたします


P3080402-1.JPG
ちょうど先客がお帰りになるタイミングでもあったのでしょう
運良く20分ほどで連絡が来てお店へと戻ってみますと、そこはアラフォー女性で溢れているではないですか
色んな事にうるさい大人の女性が集うお店であるなら、ハズレは無いことはもちろん、きっとかなり期待に応えてくれるお店であるに違いないですね


P3080404-1.JPG
最終電車の都合もありますので、それほど多くのモノをいただくことは出来ませんので、お店のお勧め商品をいくつか…
前菜の3種盛りをいただいてみますと、何とお皿には4種の前菜が…
最近この手法を使うお店が増えてきてはいるのですが、まさかここでも…とビックリさせられます
そしてその意外性だけではなくて、一つひとつの料理がしっかりとしたモノでありまして、ゴルゴンゾーラのポテサラやラタトゥイユの美味しさは見事でありましたし、接客をしてくれた女の子がお気に入りだと言う豚のパテ・ド・カンパーニュも中々ですね
最も期待していたのがアヒージョだったのですが、それだけはガーリックの香りが弱くて少し残念なモノでしたが全体的には大満足いくものでありまして…
ココが流行るのも納得であります



調べてみますと築地や御徒町にもあるようですので、次回はそこで、気になっている“イベリコのベジョータ”をいただくことにいたしましょう




【ワインバル 八十郎商店】
千葉県船橋市本町5-3-2
047-481-8062

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東武野田線船橋駅:「小谷流ガーデン」      松阪牛をワインと共にいただくオシャレな焼肉店

P3080379-a.JPG

船橋駅近くに松阪牛を専門に扱う焼肉屋さんが出来たと聞きつけ、早速お邪魔してみることにいたします
ココはオフィスコーヒーなどを提供しているユニマットのグループ会社であるユニマットダイニングが仕掛けたお店でありまして「都内で松阪牛を提供しているお店の半額で提供すること」と「焼き肉に合うワインを提供すること」を二本柱にしたとのことでありまして…
イタリアンレストラン「IL PINOLO」を展開する同社でありますから、そこで培ったワインのノウハウは最大に活かした焼肉店ってことなのでありましょう



P3080363-1.JPG
そんな大企業が展開しようとするお店の一号店がなぜ船橋なのかと不思議に思っていたのですが…
グループの会長が育った場所と聞き納得であります
まだオープンしてひと月も経たないお店であるのですが、今後、自社所有の物件をどんどんレストラン業態に転換していく予定であると記者発表もされていますので、ここ船橋を皮切りに都内や近郊都市でこのお店を見かける日も近いことでしょう


P3080364-1.JPG
ワインを提供することに力を入れているお店でありますから、このようなワインクーラーが店頭にドーンと置かれていまして…
それが店内装飾も兼ねてところがオシャレでありますし、客席はモノトーンでまとめられていますので落ち着いた気分でワインを楽しめそうですね
もちろん1本10,000円を超えるような高級なモノも用意されていますが、手軽にいただけるモノも豊富にそろえられていますので、気楽に利用することが出来るお店でもありますね


P3080378-1.JPG
松阪牛専門と聞いてはいたのですが、それだけではなく厳選された和牛のメニューもありまして…
とは言え折角ここまで来たのですから松阪牛をいただくことにしましょうと“熟成松阪牛3種盛”
“カメノコ”“ウチヒラ”と言った赤身も柔らかく美味しくいただけますし、バラ肉である“ナカバラ”の脂身もくどくなくて…
熟成されることでの特徴を上手く活かした商品でありますね


P3080371-1.JPG
ちょっと硬めであるはずの“カブリ”もしっとりとしていまして… リブらしい旨みがしっかりとしていて美味しくいただけました
一般的にカルビやロースとして提供されるお肉を、ココではさらに細分化して商品化していますので、聞き慣れない名前が連なっているのも愉快であります


P3080376-1.JPG
そしてひと口大にカットされたランプは、塩昆布を乗せていただくことなど面白い提案があるのも楽しさですね
都内価格の半額とは言え松阪牛でありますので、それなりのお値段になるのは仕方ないことなのですが、ココでは少しずつ色んな部位を楽しんでいただけるように“ハーフ”で注文できることもありがたいことですね



牛肉の飼育頭数が減ってきている昨今
そのお肉の標準的ランクであるA3ランクのモノは、その需要に応える中、早熟で出荷していることが多いようで肉質にバラツキがあるのが現状でありまして、これからもそれは加速するようですので、A4であるとかA5であるとかの高級ランクのお肉を扱うお店が増えてくるのかも知れませんね
ココはお肉をガッツリといただくと言うお店では無く、上等なお肉を少しいただきながら美味しいワインを楽しむと言ったデート向けのお店であるようです



【小谷流ガーデン】
千葉県船橋市本町7-10-2 ユニマットガーデンスクエア3F
047-460-3133

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。