2014年06月04日

福岡地下鉄空港線赤坂駅:「マリコ食堂」    マリコさんの手料理を笑顔と会話とともに

P6041252-a.JPG

東京での仕事仲間が偶然にも福岡に来ているとのことで…
しかも福岡にはまだ2回しか来たことが無い言いますので、ちょっと案内して差し上げましょうってことで、夜ごはんにお誘いいたします
と言ったものの福岡らしさを経験してもらうためにはどこへ行けば良いのかと迷うところであります



P6041246-1.JPG
マリコの部屋へ〜 電話をかけて〜♪
ではありませんが、ホテルの近くで見つけた「マリコ食堂」さんで夜ごはんをいただくことにします
福岡らしい料理もさることながら、ココなら福岡人の心優しい人柄を体験していただけるのでは… ってことで


P6041248-1.JPG
カウンター席を中心にマリコさん一人でやってる居酒屋さんでありまして…
そのカウンター席には常連と思わるお客さまがいらっしゃっていまして、気さくな感じがするマリコさんと楽しそうにお話をしていますね
仕事帰りにふらっと立ち寄って、美味しいお料理と一緒に楽しい時間を過ごすことができるお店であるようです


P6041257-1.JPG
鉢皿に盛られた、いくつかの手作り惣菜がありまして… そんな中から肉じゃがをいただきます
その姿は想像していたものをは異なりまして、肉厚のお肉とゴロゴロっとしたジャガイモがきれいに並べらています
そのじゃがいもは芯まで味が染みていますしほっこりとした食感は見事なものでありまして、優しい味付けがうれしいですね



P6041253-1.JPG
ココはおでんをメインとしているようで、大きなおでん鍋を臨むことができますね
暑い日が続いてはいますが、それが看板メニューであるとするならば外すわけにはいかないでしょうと、おまかせでいただきます
そこにはコンビニのおでんの影響で全国区になろうとしているぎょうざも入れられていまして…
福岡では、屋台を中心に昔からいただいているおでんネタなんですよね
出汁もしっかりとしていますし、大根を見てわかるようにしっかりと味も染みていまして、これははまりそうですね


P6041250-1.JPG
串ホルモン
おでん鍋の隣でコトコトと煮込まれていまして…
プリっぷりに脂がのったホルモンは、お口に入れた瞬間にその脂が溶けてなくなるような感じでありますし、こりっとした皮の食感も楽しめます
当然これに合わせる薬味は柚子胡椒ですね



料理上手なお母さんが作る手料理を気軽な雰囲気でいただくことができるこちらのようなお店
自宅お近くにあると嬉しいことでもあるのですが…
福岡に来た時にはまたマリコさんに会いにお邪魔するっていうのも楽しそうですね



【マリコ食堂】
福岡県福岡市中央区舞鶴2-1-21 加藤ビル1F
092-215-2965

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



【関連する記事】
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。