2014年05月21日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「RON−TAN」  コースの最初から最後まで、美味しいねぇってって言葉か絶えません

P5211029-a.JPG

ステキ女子との会食で銀座
ちょっと早めに着いたので歌舞伎座で時間を潰したあとお店へと向かいます
知人に紹介されたお店ではありますが、こちらへ伺うのは初めてでありますから、ちょっとした不安も持ちながら…



P5211015-1.JPG
地下にあるお店なのですが通りに面した1F部分にしっかりとお店の顔造りが出来ていますので、そこがどんな雰囲気なのか、どんな料理を提供しているのか などなど色んな情報を知ることが出来て、安心して階段を降りることが出来ますね 
歌舞伎座や新橋演舞場からほど近いトコロにあるお店でありますから、きっとそこへ来られたご婦人方の利用も多いのではないでしょうかね


P5211020-1.JPG
最も人気があると言う、フカヒレのコースをいただきます
それは"四川よだれ鶏"や"焼きたて炙りチャーシュー"と言った前菜から始まるのですが、これが実に良く出来たモノでありまして…
毎朝焼き上げると言うチャーシューを提供前に炙ってますので脂身がとろけるように柔らかく仕上がっていますし、3種のマスタードソースがその美味しさを引き立ててくれますね


P5211027-1.JPG
続いて提供されたのがメインであるフカヒレ
小さめのモノではありますが、1枚をひとりでいただける贅沢気分をあじわうことができますね
トロンととろけるほどに煮込まれたフカヒレの美味しさは基より、それを煮込んでいるソースがとっても美味しいモノでありまして…
お店の方々もそれに自信を持っているのでしょう 残さずソースを食べて欲しいってことで、ご飯を添えて下さいます
それがまた、とっても美味しくて… ご飯のお替りをお願いしたくなるほどでありましたが、これからいただくお料理が美味しくいただけなっては元も子もないってことで我慢であります


P5211036-1.JPG
完熟のトマトとロブスターの頭を潰したと言うアメリケーヌソースなどで仕上げたと言う海老チリも素晴らしいモノでありましたが、この黒酢で調味された酢豚も立派なモノでありまして…
箸で押すことで崩れてしまうほどに柔らかく煮込まれた豚肉にとろっと濃度が付けられた黒酢が良く絡むのであります
添えられた万頭で挟んでいただき、残ったソースもそれですくうように…
全てを残すことがもったいないと思える料理の数々ですね

P5211039-1.JPG
〆に提供される麺は光麺
中国広州の言葉では「無・素麺」を意味するらしいのですが、余計なモノを入れること無くとも美味しくいただくことが出来るようにしっかりしたスープで提供されるモノであります
この輝くようなスープにはほんのりとした獣臭があって… それに少し甘みがある醤油ダレが見事なバランスでありまして、最後の最後まで満足させていただきました


P5211041-1.JPG
アイスクリームにマンゴーソースが掛けられ、タピオカまでが添えられたデザート
いやぁ、提供されるお料理一つひとつに美味しいねぇと繰り返したことなど、それほど多くは無いのですが…
ホントに総てが満足いくモノであります


シェフでもあるオーナーが、フカヒレのコラーゲンは青梗菜と一緒に食べることで吸収されやすくなるなど、いろんなことを教えてくださいますし、商品の説明はそれを美味しくさせるような巧みな言葉でありますし…
料理だけでなくサービスまでもが、お客さまの心に残るものでありますね



【銀座ダイニング RON−TAN】
東京都中央区銀座6-16-9 ビルネット1B1F
03-6226-6115

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



【関連する記事】
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。