2014年05月20日

JR山手線新宿駅:「ほおらず」   "ほおるものをほおらず" 新宿に誕生した新しいホルモン焼きのお店

P5200992-a.JPG

渋谷での打ち合わせを終えて新宿へ
先週開店したばかりのホルモン屋さんで夜ごはんをいただくことにいたします
歌舞伎町や三丁目と新宿に2店を構える「ブラックホール」って焼肉屋さんがプロデュースしたという、鉄板焼きのホルモン屋さんであります



P5200977-1.JPG
新宿駅の東南口から歩いて2分ほど セントラルホテル東京向かい側であり、1Fには牛丼の松屋さんが入っているビルの5Fにあるこのお店
それほど大きな看板がある訳でも無く、階下に出されているメニューボードなども、同ビルに入っている他店の看板やメニューボードに埋もれていまして…
通りすがりに「おっ、何か美味しそうなお店があるぞ」とはなりませんね


P5200979-1.JPG
奥まったところにあるエレベーターに乗って5Fへとあかりますと、そこは店内全体を見渡せる明るいお店がお出迎え
階下で感じたちょっとした不安も吹っ飛びますね
ワタシが入店したときには、お店の中央に10数名のグループ客と、ふた組ほどのお客さまがいらっしゃるだけでありましたが、その後次々に女性の二人連れが来店されまして…
いまや死語になってしまった「ホルモンヌ」はまだまだ存在するんですね


P5200980-1.JPG
メインであるホルモンをいただく前に…
お店の屋号を背負った“ほおらずサラダ”や"牛スジポン酢"をいただきます
これがどちらも結構いけるモノでありまして、緑野菜のほろ苦いサラダが妙に気に入ってしまいました
大阪で食べ始められたとも言われるホルモンでありますから、大阪らしく"かすうどん"なんてものもあったりとサイドのお料理が充実しているのもうれしいところでありますね


P5200985-1.JPG
で、メインの鉄板ホルモン
2人前からの注文となるのですが、"ネギ塩ダレ"と"濃厚黒ダレ"とふた種類が用意されたモノをそれぞれ1人前ずついただくことも出来るとのことでありますので、お言葉に甘えて…
色んな味を楽しみたいってお客さまも少ないはずですから、こう言ったサービスがあるってことはありがたいことですね
ってことで、まずは"ネギ塩ダレ"から
思ったよりも優しい味付けでありまして、ちょっと物足りないようにも感じますが、そのようなお客さまのためにとタレを一緒に提供してくれますので、あとはお好みで… ってことのようであります
脂がのったホルモンや、コリッとした軟骨など色んな食感を楽しめる面白い商品ですね


P5200991-1.JPG
そして"濃厚黒ダレ"
それに牛ハラミを追加して…
どうやらこれには八丁味噌が使われているようでありまして、濃厚な甘みが好き嫌いを分けるところではないでしょうか?
ワタシ的には、ミリンやお酒などでもう少し伸ばしたほうがどて煮のような味わいで万人受けするのではないかと思うのでありますが…


タレによって入っているホルモンは異なるようでありますし、その日の仕入れによっても異なるとのことでありますから、いろんな味わいや食感を楽しむことが出来るこの鉄板ホルモン
昔流行ったちりとり鍋の進化形って感じでありまして、なかなか面白いモノ
ちょっとしたブームを引き起こすのでしょうか?
ちょっと見守ってみることにいたしましょう



【鉄板ホルモン ほおらず】
東京都新宿区新宿3-36-15 新宿内野ビル5F
03-6273-1735

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]




【関連する記事】
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。