2014年05月18日

東京メトロ有楽町線月島駅:「月島スペインクラブ」    月島にいながらスペインを感じることが出来るステキなお店

P5180958-a.JPG

焼肉屋さんを経営する会社の幹部さんからランチのお誘いを受けて…
となれば焼肉かと思っていたのですが、指定されたお店はスペイン料理
やはり繁盛するお店の幹部さんともなりますと、同業種のお店だけでなく幅広く外食を勉強されているのですね
さすがであります



P5180951-1.JPG
そんなお店はココ
もんじゃの街月島にある老舗的スペイン料理のお店でありまして、今年が開業から20周年なのだそうです
月島駅から佃大橋の袂へと向かった隅田川沿いにある倉庫を改装したお店でありまして、青く塗られた鉄扉にその面影を感じますね


P5180964-1.JPG
広々とした店内には180席を有しているようで…
ウエイティングバーとしても使えるようなバーカウンターをお店の中央に構え、フラメンコショーなどのイベントが行えるステージや、天井高を活かしてロフトのような中2階席があったりと、ステキな雰囲気なお店でありますね
ってことでか、フジテレビ系のドラマ『続・最後から二番目の恋』でも使われたようですね


P5180953-1.JPG
日曜日ではありますが、お昼の時間に伺ったと言うことで、出されたメニューはパエリアとスープがセットになったようなランチメニューでありまして…
もちろんそれもいただきたいのですが、それだけではつまらないってことでアラカルトは出来ないのかとお願いしてみますと、限られたのもしか出せませんが… とアラカルトメニューを出していただけました
ってことで先ずは"タコとジャガイモのアリオリ和え"
ホクホクとしたじゃがいもと細かく刻まれたタコをアリオリソースで和えられたものでありまして、にんにく風味のマヨネーズで作ったポテトサラダと思っていたけると良いですね


P5180959-1.JPG
スペイン料理と言えば…
アヒージョを外すことは出来ないでしょう
いまではあちらこちらのバルでいただくことが出来るようになった商品でありますが、老舗が提供するアヒージョってことになると期待は増しますね
殻付海老のものか、マッシュルームか 二つのアヒージョが用意されていましたので、今日はマッシュルームでいただきます
ちょっとニンニクの風味が物足りなくも思いますが、たっぷりのフレッシュマッシュルームが使われておりまして、その食感をしっかりと楽しませていただきました


P5180963-1.JPG
"イベリコセクレトのシンプルグリル"
上等なイベリコはシンプルに調理するのが一番ってことで、岩塩で調味されただけのグリルであります
焼き加減も良い感じでありますし、塩味とイベリコの脂身が持つ甘みとのバランスが見事でありまして、200gはあろうかと言うボリュームも飽きること無くいただくことが出来ました


P5180957-1.JPG
〆にはもちろんパエリアをいただきます
ココで提供されるパエリアは、直径が800mmはありそうな大きなパエリアパンで炊かれたモノを小分けして提供すると言うスタイルでありまして…
炊き立ての熱々感こそありませんが、大量に炊いたからこそ味わえる旨みがしっかりとしていますので、とっても美味しくいただくことが出来ますね


次回は、楽しい仲間と集まって、フラメンコショーを見ながらのディナーをいただくことにいたしましょう
きっと楽しい時間が過ごせる予感がいたします



【月島スペインクラブ】
東京都中央区月島1-14-7
03-3533-5381

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



【関連する記事】
posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。