2014年05月13日

東京メトロ日比谷線六本木駅:「わだ家」    アッコさんのこだわりが随所に感じられるステキなお店で豚しゃぶ

P5130861-a.JPG

仲間から「広島からお客さまが来ているんだけど一緒に食事をしない?」って連絡があって…
これがちょうど横浜での仕事を終えたタイミングでありましたし、ワタシがコンサルタントして駆け出したばかりの頃に大変お世話になった社長のご子息でもあるってことで、返事は「Yes」しかありませんネ

って向かったのは六本木
注目の熟成肉をいただきましょうと「旬熟成」ってお店を目指したのだけど、残念ながら臨時休業のようでありまして…
急遽、ググって見つけた「LB6」ってお店
グローバルダイニングさんが手がけるお店らしく、とっても感じが良いサービスを提供していただいたのですが、カーボンだらけのステーキのガッカリ。。。



P5130848-1.JPG
それで、口直しにと向かったのは「わだ家」
先日銀座のお店にお邪魔して、その質の高さに満足させていただきましたので…
で、お店お勧めの定番料理をいくつかいただきます
アッコさん直伝だという"ポテトサラダ"に、スタッフの手が震えると言う“冷やアッコ” そして、こだわり卵の"出汁巻玉子"とアッコさんの足のサイズと同じ大きさ(?)の"わらじメンチカツ"
どれも、しっかりとしていてホント美味しいですね


P5130858-1.JPG
メインはしゃぶしゃぶ
「松阪ポーク」「美豚」「信州雪豚」 と言うブランド豚の盛り合わせをいただいたのですが、ロースやバラなど、それぞれの特徴が一番良く出る部位を選んでいらっしゃるようで… 
灰汁も全く出ないほどに良いお肉でありますし、水菜と白ねぎを巻いていただくと言うスタイルも良い感じです
何よりも魅力的なのは、カツオと昆布でしっかりととられただしでありまして…
関西で言うところの"かすうどん" に使われるホルモンを揚げたモノも浮かせているのです
それがとっても美味しいモノでありましたので、しゃぶしゃぶし終わった後「お鍋をお下げします」と言うスタッフに、このスープを飲みたいので残しておいてと言ってしまうほどなのです


P5130863-1.JPG
〆は土鍋ごはん
お料理をいただいている間に炊き上げてくださいまして、ご飯の甘みが一番感じられる温度で提供していただけます
炊き立ての熱々をフーフーしながらいただくのも美味しいのでしょうが、粗熱が取れた程度のご飯をいただきますと、その甘味がグッと引き立ちますね


P5130866-1.JPG
ご飯にはお供が添えられていまして、それらはアッコさんのこだわりで京都から取り寄せられているモノ
そんな中でもワタシはちりめん山椒が最もお気に入りでありまして、これさえあればごはん2合はイケそうですね


雰囲気が良いお店、感じが良い接客
そしてなによりも美味しいお料理
かなりお気に入りであります


【わだ家】
東京都港区西麻布3-1-20 Dear西麻布B1F
03-5785-0410

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



【関連する記事】
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。