2014年03月25日

京浜急行本線追浜駅:「うれしたのし屋」    三浦半島丸かじり!! 地モノの美味しいお魚をいただきます

P3250745‐a.JPG

横須賀での打ち合わせがあって、今日もまたずっと訪ねてみたかったお店へと向かいます
「三浦半島丸かじり!!」をテーマに、生産者さんや漁師さんから直に食材を仕入れることで、新鮮で美味しいことはもちろんのこと、中間業者を省くことで、お客さまにお値打ちな価格で商品を提供していると評判の居酒屋さんなのでありあす
本当ならば夜に伺って、その真髄を見たいところではありますが、なかなかその時間取ることができず…
仮にワタシの時間が取れても、お店側がお客さまでいっぱいでは入れなかったりもするですけどね


P3250730‐1.JPG
追浜駅前とは言えども、そこは各駅しか止まらない駅でありますし、駅前の通りから車一台がようやく通れるほどの細い路地の奥にあるお店ですから、通りがかりにふらっと立ち寄るようなお客さまは皆無と言っても良いかと思われます
そんなお店に、開店と同時に伺ったのですが…


P3250747-1.JPG
ほとんどの席が既に予約で埋まっていまして、残り少ない空き席を何とかいただくことが出来ましたが、予約のお客さまが続々と来店されまして、あっという間に満席状態になってしまいました
お客さまはご近所のご婦人方がほとんどで、ご婦人というよりもお母さま方と言ったほうが似合っているかもしれませんね


P3250736‐1.JPG
今日は地アジが勧めだということで、そのフライをいただくことにいたします
細かなパン粉を丁寧に付けたフライは、とってもサクっと揚がっていまして身はふっくらとしているです
もちろん揚げ油にも気を使われているのでありましょう スッキリと軽い揚げ上がりでもありますから、これなら胸焼けをするなんてことは無さそうですね



P3250743‐1.JPG
そして、プラス100円でお刺身を付けることが出来るというので、さほど期待することも無くそれをいただいたのですが…
まずはコレが100円? と声が出そうなほどの見栄えにビックリ
続いて、そのお刺身の鮮度の良さにビックリなのです
一番手前にある鯛にも見えるお刺身は、脂坊主とも呼ばれるタラの仲間であるお魚であるそうで、水深300m以上のところで生息していることから、それを網で捕ることが出来ず、市場にも出回らないことから幻の高級魚とも言われているのだとか…
脂がたっぷりとのっているので、食べ過ぎるとお腹を壊すとも言われているようですが、蕩けるような舌触りは格別でありますね


お昼のお勧めとは言え、これだけのものが締めて980円でいただけるとあれば、お昼から予約を入れるお客様でお店が溢れるのも納得でありますね
今度は絶対に夜に伺おうと心に決めて、お店を後にいたします



【うれしたのし屋】
神奈川県横須賀市追浜町3-38
046-865-6641

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



うれしたのし屋
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0





【関連する記事】
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。