2014年02月13日

JR東海道線川崎駅:「クアットロ クオーリ」   “日本一おいしいミートソース”をいただくためにラゾーナ川崎へ

P2131549-a.JPG

川崎に“日本一おいしいミートソース”を売るお店があると聞き、近いうちに必ず伺おうと思っていたのですが…
お昼の打ち合わせが意外にも早めに終わって、ちょっと間が空いたので川崎までひとっ跳び
ラゾーナへと向かいます



P2131531-1.JPG
「ダイニング・セレクション」と呼ばれるフードコート
ココはちょっと他のフードコートとは異なっていて、全てではありませんが客席を併設するお店がありまして、
回転寿司まであることにかなりビックリ
昔はたこ焼きやうどんのようなファストフード店があるくらいだったのですが、最近ではかなり高単価なお店までもが並ぶようになり…
一言にフードコートと言っても、そこはどんどん進化しているのですね


P2131535-1.JPG
目的である「クアットロ クオーリ」にも5席ほどのカウンター席がありまして…
カウンターで注文と会計を済ませたあと呼び出しベルをもらったあと、そのカウンター席をいただきます
そこは調理している姿を目前にすることが出来る特等席でありまして、ここに座っているとココがフードコートであることを忘れてしまいそうであります
周りのお店にそれほど多くのお酒が置かれていないってこともあるのでしょうが、このお店のアルコール占有比は同社のお店の中でも高い方だと言うから、これまた驚きでありますね


P2131541-1.JPG
先ずはナポリピッツァから、クワットロフォルマッジをいただきます
それはフードコートでありながらも、生地はキチンと手のばしされていますし、ピッツァ専用のオーブンで焼かれているのです
生地にはかなりこだわりがあるようで、その手のばしもそうですが、キチンと粉の味わいがあり、ほどよい塩味を含んだ本物でありますね
ワタシに提供されたモノは残念ながら少し焼きが浅いものでありましたが、他のお客さまに提供されるモノを見ていますと、コルニチョーネに気泡上の焦げが出来た見るからに美味しそうなモノが提供されていましたよ


P2131550-1.JPG
そして、日本一おいしいミートソースであります
見るからに濃厚なソースに使われるミンチは、しっかりと焼目を付けて と言うか少し焦がすくらいにまで焼かれているのでしょう
芳ばしい香りが美味しさを誘いますし、ゴロっとした肉片が含まれていますので、お肉の旨みが閉じ込められたご馳走感と食べ応えがあるようにと工夫がされているんですね
たっぷりのワインで煮込まれてもいるのでしょう コクと旨みが両立したミートソースでありますね


P2131544-1.JPG
多くのお客さまから「ココのミートソースは日本一美味しいよ」と声を掛けられことが多かったことから、それをそのまま商品の名前にしたと言うからスゴイことですね
材料と手間 そして時間をかけてしっかりと作られているからこそ、そのようなお言葉を頂戴できるソースに仕上がっているのでしょうね



実は、なかなかパスタが出てこないなぁ なんて思っていて、ちょっとしびれを切らしてお店の方に尋ねてみますと…
ピッツァを一緒に頼まれていたので一度に提供しては困るだろうと気を使ってくださっていたようですね
「料理の提供時間は10分以内」なんてマニュアルに縛られているお店が多い中、こちらではお客さまが美味しく楽しく食事が出来るように、いろんな気遣いがされているのですね
調理を担当されていた若いお兄さんはとても感じが良い方だったのですが、会計をしてくれた女の子は表情が暗く元気も無くて… それだけがちょっと残念なことでした

なんでも、ココで提供されるジェノベーゼは契約農家で作られるこだわりのバジルから作られるとのことですから、次回はそれをいただきに参りましょう




【生パスタ&ナポリピッツァ クアットロ クオーリ】
神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎1Fダイニング・セレクション内
044-874-8397

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




【関連する記事】
posted by koutagawa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。