2011年07月10日

JR根岸線関内駅:「丸亀製麺」    出汁の旨みと酢橘のフルーティーさが美味しい冷かけうどん

DSC_2213-a.JPG

ある地方都市の特産である海産物を、新鮮なうちに地元で加工し、一次加工品を飲食施設等に卸販売、更には調理済食品として一般家庭への販売する
そんな企画をまとめる一日
外に出ても暑いだけだし、ランチを済ませたあとに頑張ることにいたしましょう


DSC_2209-1.JPG
暑い日が続くと食欲が無くなるもので、ツルツルっといただける麺ものが多くなってしまいますね
で、丸亀製麺
コシがあるおうどんをお手軽にいただくことが出来る、セルフ形式のおうどん屋さんでありますね

最近ではココを真似したようお店がたくさん出来ていますが、やっぱり本家であるこちらはしっかりと讃岐を研究した本物でありますね


DSC_2216-1.JPG
夏の季節商品「冷かけうどん」ってものがありまして、基本なるものに加えて、酢橘おろしや、豚しゃぶが乗っかったものと3種類
ホントに夏らしい、スッキリ、さっぱりのメニューですね

酢橘のスッキリさをいただきたくて「すだちおろし冷かけうどん」
酢橘をたっぷりと搾っていただくと、フルーティーな香りと出汁の旨みが絡まって・・・
コレは美味しいですね


DSC_2217-1.JPG
もう一つの楽しみがコレ
揚げたてとはいきませんが、まだまだ温かさが残る天ぷら
大きなかき揚げがあったり、讃岐らしく竹輪の天ぷらがあったりと、たくさんの種類が用意されてますので、何をいただこうかと迷っちゃいますね

ワタシの一押しがコレ
「かしわの天ぷら」であります かしわとは鶏肉のことでありまして、鶏肉の天ぷらって関東ではあんまり見かけることが無いですよね
西では結構定番でありまして、家庭で作る天ぷらでも良く作られるんですよ


お腹の具合に応じて、うどんの量を加減したり、天ぷらやおにぎりの数を調整したりと、自分の好きなように組み合わせていただくことが出来るってのが、セルフスタイルの醍醐味だったりしますね
今日のワタシはちょっとお腹が空いていたので、おにぎりをひとつ
さっぱりと梅のおにぎりをいただきました


手軽にいただくことが出来るファストフード感覚
そんなことが気に入っていまして、時間に余裕が無いときや、小腹が空いたときなどに、ちょくちょくと利用しちゃうんですよね




【丸亀製麺】
神奈川県横浜市中区吉田町1-1 永興ビル1F
045-251-1914

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




【関連する記事】
posted by koutagawa at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。