2014年04月30日

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅:「極美」     名物の出世餃子と焼鳥丼で軽く夜ごはん

P4300633-a.JPG

いま最もメディアに露出しているであろう「いきなり!ステーキ」
銀座に2店舗と吾妻橋に1店舗と、昨年12月に1号店を出店して以来好調に出店を進めていて、その全てのお店が行列になっている繁盛店なのですが、そこが年内に30店舗を目指すとの方針発表会を行うとのことで…
同社が毎月定例で行っている「美味しいステーキを楽しく食べる夕べ」と言うイベントに参加していたワタシは開業前からそのお話を聞いていましたので、その全てのお店のオープン直後にお邪魔していたのであります
そんなご縁で、いきなり!ステーキの応援団として、お店の魅力についてお話をさせていただきました



P4300620-1.JPG
ちょっと時間は早いのですが、せっかく吾妻橋へ来ているのだからと知人のお店へ立ち寄ることにいたします
一度お仕事をご一緒したフードアナリストさんのご主人が経営されるお店で、出世餃子なるものを看板料理にした居酒屋であります
カウンターを中心とした小さなお店でありますが、スタッフとのコミュニケーションを楽しめる地域密着型のお店でありますね


P4300636-1.JPG
お店に着いたのは開店の15分ほど前でありまして、どこか喫茶店で時間潰しをするほどの時間でも無いってことで、お店の前ブラブラとして開店を待ちます
当然一番乗りでありますし、続いて入って来られるお客さんもおらず…
気さくで話好きのスタッフを独り占めして、世間話を楽しみました


P4300626-1.JPG
これが看板料理である“出世餃子”
ひと口大の博多餃子のような形でありますが、その食べ方が独特でありまして…
添えられるのは醤油ダレでは無く、お味噌と大根おろし
餃子にお味噌を付けておろしと一緒に頬張ると言うのだけど、これがとってもサッパリといただくことが出来るモノでありまして…
大根おろしも鬼おろしという、大根の食感を残したモノでありますから、その食感も楽しいですね


P4300631-1.JPG
こちらは居酒屋であるのですが、夜でもいただくことが出来る食事メニューも充実していて…
先の餃子をおかずにいただく餃子定食なんてモノもあるのですが、それじゃちょっとつまんないってことで、焼鳥丼をいただきます
ちょっと大振りにカットされた鶏肉でありますので、表面はカリッと芳ばしく、身はフワッと軟らかくてジューシーに焼き上げられています
タレも甘すぎること無く、ご飯に程よくかかっていますので、最後まで美味しくいただくことが出来ました
小ぶりに見える丼でありまして居酒屋利用の〆にいただくハーフサイズほどのモノかと思っていたのですが、いざいただいてみますと結構なボリュームがありまして、しっかりとお腹を満たしてくれました


残念ながらオーナー夫妻は不在でありましたが、美味しい料理とスタッフさんとの楽しい会話に満足させていただきました



【出世餃子 極美】
東京都墨田区東駒形4-21-2 1F
03-3621-9634

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

京浜急行本線安針塚駅:「一酵や」   鰹節と煮干し 和食に使われるような優しい出汁の香りが活きるラーメン店

P4290607-a.JPG

葉山に美味しいラーメン屋さんが開店したらしいとのことで、友人から一緒に行かないかとのお誘い
なんでも東神奈川や西横浜で大人気である「イツワ製麺所食堂」を手掛ける樋田氏がプロデュースしているとのこと
ならば、わざわざではありますが、自宅から2時間かけて行って参りました



P4290599-1.JPG
場所は電車やバスでは用意に行けるところではありませんで…
誘ってくれた知人が車を出してくださいまして無事お店へ
そこは、国道でも県道でも無い、決して主要とは言い難い通りでありますし、しかもその通りからも「葉山インターサイドゴルフパーク」へと向かう道に入ったトコロという、ゴルフ客だけをターゲットにするかのような場所でありました
以前はお蕎麦屋さんであったようで、その名残なのでありましょうが、とっても雰囲気がある入り口でありまして…
どこかの邸宅にでも入るような緊張感や、ワクワクする期待感を持ちながらの入店であります


P4290615-1.JPG
やはり、話題店のオーナーがプロデュースしただけのことはあって、この辺りでも知る人ぞ知るお店になっているのでありましょう
開店から間もないタイミングで満席に近い状況になってしまうほどの盛況ぶりでありまして…
そのお客さまを見ていますと、ゴルフとは関係なく、わざわざココを目指して来られている方であるようですね


P4290604-1.JPG
ワタシたちはカウンターの席をいただいたのでありますが、そこから見える庭園の緑が鮮やかで…
こんな景色を眺めながらいただけるラーメン店なんて他にはないのでは?と思えるものであります
そんな雰囲気のお店を活かすためか、“つけ麺”をメインとしている「イツワ製麺所食堂」とは異なる商品構成になっていますね


P4290608-1.JPG
それは“つけ麺”を得意としないワタシにとってありがたいことでありまして… ワタシは一番人気だと言う“豚醤油らーめん”をいただくことにいたします
海鮮系のスープであるらしいと道々友人から聞いていて、それが最近よく見かける節粉をたっぷりと使ったモノで無ければ良いが… との思いが通じたのか、こちらのスープは和食などで良く使われる鰹節と煮干しでとられたモノ
その甘味があるスープと、こだわりの醤油で作られていると言うカエシが見事に調和していまして…
コレは実に身体に優しいと感じるラーメンでありますね


P4290611-1.JPG
コレは知人がいただいた“鶏塩らーめん”
ベースとなるスープはワタシがいただいたモノと同じなのでありますが、ミネラルをたっぷりと含んだ岩塩が使われているために、その塩味の中にも旨味と甘味がありまして…
醤油よりも優しい感じに仕上がっているようですね


何れもつけ麺に使われるような、しっかりと麺の旨みがを感じられる、太目な麺が使われているために、優しい塩味のスープだと麺に負けてしまっているような気がいたしますね
近く細麺も登場するとのことでありますから、そうなれば、この塩もより美味しくいただけるようになることでしょう



ここ数年はコテコテや濃厚なんてスープが人気ではありましたが、これからはこちらのようなスッキリとした優しい味わいのスープが来るとワタシは思っているのですが…
きっとこちらも同じようなことを感じているのでしょう
これからますますの繁盛が楽しみであります



【一酵や葉山】
神奈川県三浦郡葉山町木古庭236-4
046-878-6863

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

JR山手線渋谷駅:「魚がし日本一」   ひと肌のシャリが美味しい立ち食い寿司は外国人観光客に占領されていました

P4280580-a.JPG

今日は午後から渋谷でお仕事
ならばと午前中に始めた作業が思ったよりも時間が掛かってしまって、渋谷に着いたのがアポイントの30分前
お店を探す時間もないし、ゆっくりとランチを楽しむことも出来ない中途半端なタイミングでありまして…



P4280574-1.JPG
軽く蕎麦でも啜ることにしようとセンター街を歩いていて見つけたのがこちらのお店でありまして、ココなら時間をかけること無く美味しいモノがいただけるでしょうと迷うことなく入店
タイミング良く外人さん3人組が退店したばかりでありまして、いつもは窮屈なほどに混み合っているであろうカウンターでゆっくりと板さんとお話をしながらお寿司をいただくことが出来ました


P4280585-1.JPG
真っ先に目についたのが“こぼれネギトロ”
想像を超えるくらいにたっぷりに剥き身が乗せられていまして、普通のお店の4倍くらいはあったのではないでしょうか
脂がしっかりと乗った剥き身でありますので、添えれらたわさびをたっぷりとつけてもツーンと鼻に来ることも無く、しっとりとした舌触りを楽しむことが出来ました


P4280579-1.JPG
そしてあれこれといただくことにいたします
先ずはお勧めメニューにもあった、今の時期が最も美味しいであろう金目鯛
サッと皮目だけを湯通ししてありまして、その色の美しさに惚れ惚れいたしますね
そして、聞いてもいないのに板さんが勧めてくれたハマチ
腹の部分なのですが、とっても身が締まっていて歯応えがあるもので… この歯応えは今日だけしか味わうことが出来ず、明日になると柔らかくなってしまうのだとか
ネタの美味しさもさることながら、ひと肌であるシャリの美味しさがすばらしく、これだったらいくらでも食べられそうな美味しさでありました


P4280588-1.JPG
コレを見ると頼まずにはいられないほどに大好きなネタがコレ
“生さば”であります
こだわりの酢で〆たサバも嫌いではないのですが、やはり生の美味しさに敵うものはなくて…
甘みがあるしっとりとした美味しさは生でこそ味わえるものですね


P4280590-1.JPG
外国人が観光する場所として最も人気があるのが渋谷であるそうで…
そこで、日本の食文化を楽しもうってことなのか、こちらのお店にはそのようなお客さまが多いとのことでありまして、今日のこの時間、ワタシともう一人のオジサンを覗くと全てイタリアの方だったようですね


どうやらこのイタリア人
ミラノから観光できている人であるようで、英語ではありましたが板さんとお客さまが、ACミランに属する本田の話題で盛り上がっていましたね



【魚がし日本一】
東京都渋谷区宇田川町25-6
03-5728-5451

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



魚がし日本一 立喰寿司 渋谷センター街店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「ウーピーゴールドバーガー」    ワタシの中では5本の指に入る絶品バーガーのお店です

P4270570-a.JPG

午前中に横須賀
知人が主宰している『三浦半島大収穫祭』ってイベントがあって…
そこには、春キャベツや新玉ねぎなどの野菜が売られていたり、横須賀ビーフのローストビーフがあったりと、美味しそうなモノがいっぱいあったのですが、ワタシは「走水の美味しい海苔 山形の美味しいお米 味付けは塩… それだけで最高なご馳走!」と書かれたPOPに惹かれておにぎりをいただきます
いやぁ、磯の香りがとご飯の甘み それを引き立てる塩と、正に最高なご馳走でしたね
“のりだんだん弁当”なるものにも興味があったのですが、今日はパス
次回の楽しみとしておきましょう


 
P4270567-1.JPG
そして渋谷へと移動
ちょっとした勉強会に参加させていただくのですが、その前に腹ごしらえをと「ウーピーゴールドバーガー」へ
横須賀のどぶ板通りで、立ち並ぶハンバーガーショップを見たからでしょうか ギュッと締まったパティの美味しさを思い出したのであります
久しぶりにお邪魔するこのお店、都内で、いや国内で美味しいハンバーガーショップの5本の指に入るのでは? とワタシが勝手に思っているお店だったりするのです

そこはちょっと分かりづらいトコロにある小さなお店でありまして…
それほど目立った看板も無いお店なのでありますが、いつも多くのお客さまで賑わっている話題店でありますね
入り口前に置かれたテーブルにもお客さまがいらっしゃいましたので、てっきり満席なのだ等と諦めかけたのですが、なんと1席だけ空いているではないですか
ちょっと窮屈な席ではありますが、このタイミングを逃しては… と飛び込みます


P4270568-1.JPG
きっとワタシが座った席は、出来ることなら空けておきたかったであろう席でありまして…
カニ足でしか歩けないカウンター席の後ろは料理を持って歩くには窮屈すぎますし、ワタシの肩越しに会計作業を行わざるを得なかったりと、かなり大変そうでありました
が、ワタシにとってはお店全体を眺めることが出来る特等席
お店の方には申し訳ないとは思いますが、そんな光景を楽しませていただきました


P4270571-1.JPG
ほどなくして、ワタシが注文した“ウーピーゴールドバーガー”が到着
店名を背負ったこの商品がこちらのお店の基本となるモノでありまして… これにアポカドが加わったりダブルパティであったりと商品が構成されているのであります
サクッと焼かれたバンズはパティの味わいを邪魔することが煮ないシンプルなモノ そしてシャキシャキのレタスとトマト
なによりもお肉の食感が活きているパティに濃厚なチーズと、やはりこれは何度いただいても絶品でありまして、しっかりと、お肉を噛みしめる感覚が美味しいバーガーを楽しませていただくことが出来ました
卓上にケチャップやマスタードが置かれていますが、バーガーにはしっかりと調味がされていますので、それを使うのは添えられているポテトくらいでしょうかね



【w_p_gold_burger】
東京都渋谷区渋谷1-9-4 トーカンキャステール渋谷1F
03-3407-0232

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]


posted by koutagawa at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

東京メトロ銀座線三越前駅:「金子半之助」   あの天丼の名店が、13席の小さな天ぷらめしの専門店を開店

P4260548-a.JPG

今日は夏日になるとの予報
レザージャケットを脱ぎ捨て、綿のサマージャケットで出かけたのでありますが、それでも暑いくらいでしたね
コレド室町
開業してからひと月ほど経っているので多少の落ち着きみせている頃かと訪ねてみたのですが…
ゴールデンウイーク初日ってこともあってかかなりの賑わいでありましたね



P4260542-1.JPG
そんなコレドの開業を狙っているのか、2週間ほど前にオープンした「日本橋天ぷらめし 金子半之助」
直ぐご近所に天丼の専門店として大行列を作る「金子半之助」が、“天ぷらめし”の専門店としてオープンさせたのであります
コレドからは歩いてすぐのところなのでありますが、大きな通りに面することも無く、ひっそりとしたお店と言う印象がありますね


P4260562-1.JPG
ゆったり目に作られたカウンターだけのお店でありまして、その白木の美しさが上品さを感じさせてくれますし、目の前で揚げてくださる天ぷらをいただくことが出来ます
商品は至ってシンプルで…
天ぷらめし…980円を基本に、穴子好きな方や海老好きの方のために用意された、穴子の天ぷらめし…1380円と海老の天ぷらめし…1380円の3種のみ
この雰囲気にしてはお手軽なお値段でありますね


P4260547-1.JPG
卓上にはお好みでいただくことが出来る漬物が用意されていまして…
白菜の浅漬けにきんぴら、それと柚子イカ
腸を使っていないと言う柚子イカはとっても爽やかな香りがしまして、いくらでも食べられそうですね
これらもすべて手作りだと言いますからビックリですね


P4260550-1.JPG
ワタシがいただいたのは“穴子の天ぷらめし”
天ぷらめしとききますと、それは一体どんなものなのかと興味をそそるところでありますが、世でいう天ぷら定食のことでありまして…
定食と言ってしまうと大衆的に感じてしまう商品も、そのネーミング次第で上品に聞こえてしまいますから不思議ですね
提供されたソレは、穴子の天ぷらめしと言う名に恥じることがない1本そのままが揚げられた穴子がドーンと…
これがとってもサクッと揚がっていまして、全く臭みを感じないモノ
もちろん油臭さもありません


P4260556-1.JPG
最近では良く目にするようになった半熟卵の天ぷらでありますが…
ココではそれをご飯の上で崩して、お醤油を垂らしていただくのがお勧めだと言います
トロリととろける濃厚な黄身に醤油の塩味が加わって、何とも言えぬ懐かしさを感じてとっても美味しくいただくことが出来ますね


P4260560-1.JPG
揚げたてのモノを2回に分けて提供して下さるのがこちらのスタイルであるようで…
次に出てきたのは海老とイカのかき揚げ
このくらいのお値段で天ぷらを提供するお店では加水された海老が使われていることが多いのですが、こちらの海老は違います
プリッとした自然な海老の食感と、海老本来の風味が感じられるものでありまして、お値段以上の価値を感じることが出来ますね
この時点で天つゆを交換してくれるサービスは、これまで体験したことが無いことでありまして…
こんなことまでしてくれるのかと驚かされます


お昼過ぎに伺った時には、あまりの行列に断念したのでありますが…
用事を済ませた後、夜に覗いてみますと待ち客どころか、席もガラガラでありましたので、このチャンスを逃しては… と入店
しかし、美味しく天ぷらをいただいている最中にはワタシの後ろには席待ちのお客さまが列を作りはじめまして、お店を出ることには外にも列が出来ていましたね



【日本橋天ぷらめし 金子半之助】
東京都中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋1F
03-6262-3734

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「新八」    鯵と鰯のたたきにネギトロを加えた3色丼が絶品

P4250517-a.JPG

そう言えば、ひと月ほどお寿司を食べてないような…
そう思い立って、気になっていたお寿司屋さんの暖簾を潜ることにいたします
と言っても今日の目的は“にぎり”では無くて… もちろんどこにでもあるような海鮮丼でもありません
ココでしかいただけない というか、ココでしか味わえないであろう3色丼を目的にテクテクと…



P4250514-1.JPG
場所は茅場町
住所表示は新川ではありますが、茅場町駅から徒歩3分という場所にありまして…
ヴィラフォンテーヌ茅場町ってホテルの裏辺りにあります
裏でありますから表通りからは目立つお店ではありませんが、お昼時にはぎゅうぎゅうなほどにお客さまが入っているようであります


P4250516-1.JPG
店内に入りますと、先ずは白木のカウンターがお出迎え
そこにいかにも職人さんって雰囲気の大将がいらっしゃいまして… 恐る恐るではありますが、その大将の前の席を陣取ります
が、その大将 意外にも話好きな方であるようで、お客さまへ気さくに話しかけていらっしゃいますね
壁面に「すし屋の勘八」店長一同からと書かれた飾り物がありましたので、この大将は勘八出身の方なのかもしれませんね


P4250517-1.JPG
そんな光景にひと安心して、周りのお客さま総てが召し上がっていらっしゃる“3色丼”をいただきます
鯵と鰯のたたきとネギトロが盛られていまして、色合い的には2色なのですが3色丼
その味と鰯は注文が入ってからトントンと叩かれたモノでありますから、見た目からもその鮮度を感じることが出来るモノでありました
それには味が付けてあるから、ネギトロにだけ醤油を付けて召し上がりくださいとのことでありまして…
まず、そのたたきをいただいてみますと、ほんのりと香るごま油の香りと、とってもスッキリとした生姜の香り
鮮度の良さもあるのでしょうが、それらの香りで全く臭みを感じること無くいただくことが出来るんですね
そしてネギトロはたっぷりのわさびを付けてもツーンとくることが無いほどに脂がのったモノでありまして…
これまた、とっても美味しくいただくことが出来るモノでありました


多くのお客さまを集める寿司屋のランチと言えば…
原価を無視したようにたっぷりの鮪を乗せた鉄火丼を売るお店が多かったりするのですが、こちらではちょっとした味付けにこだわることで、しっかりと儲けを出すことが出来る商品でお客さまを集めていらっしゃるのですね
しっかりとお勉強させていただきました



【すし屋の新八】
東京都中央区新川1-7-2 今井ビル1F
03-3553-7521

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



すし屋の新八
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



"
posted by koutagawa at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「おらぶさる」     出汁が香る美味しい讃岐うどんでお手軽ランチ

P4240501-a.JPG

ポカポカ陽気の中、テクテク歩いて…
この時期、お散歩はとっても心地よいですね
ってことで、茅場町近くへと出掛けてランチといたします


P4240494-1.JPG
毎日のようにうどんを食べている知人がいて、そのアップされる画像を見るたびにうどん好きの血が騒ぎ始めたのであります
それで今日はツルツルっと、軽くランチを済ませることにいたしましょう
お店の前には大きなうどん釜が置かれる演出
お店って、このように入る前から美味しさが伝わるような工夫が必要なんですよね


P4240497-1.JPG
で、店内はスッキリとした清潔感あるイメージ
こちらはセルフスタイルのお店でありますから上等な調度品が使われることは無いのですが、決して安普請な印象を受けることも無く、心地よく食事をいただける環境が整っています
こちらは讃岐のうどんを全国に広めようと都内数か所に出店している「麺通団」の運営もしているようで、水道橋や吉祥寺のお店はこちらの直営店であるとのこと
ならば、そのお味にも信頼が持てますね


P4240500-1.JPG
これが“あつかけ”
今日のような暖かい日には“ざる”って選択肢もあるのでしょうが、お蕎麦は“ざる”、うどんは“かけ”と言うのがワタシのこだわりでありまして…
こちらでは、お出汁を好きなだけセルフでいただくことが出来るのでありまして、そのタンクから注いでいる際に広がる香りが、これからいただくものが美味しいモノであるってことを伝えてくれますね
麺通団では讃岐から取り寄せいている麺が使われているようですが、ココではお店で打ったモノが使われているとのことでありまして…
その美味しさに期待を膨らませたのですが、今日の出来は今ひとつであったようで、ちょっと残念でありました


P4240504-1.JPG
うどんと言えば天ぷら
あれこれと天ぷらが用意されていますが、ワタシがいただくのはいつもコレ
かしわ天とちくわ天ですね
玉子があればそれもいただくところであるのですが、今日はタイミング悪かったのか並べられていませんでしたね
“かしわ”とは鶏肉のこと
ソテーではモモを、唐揚げやてんぷらなどはムネをというのがワタシのこだわりでありまして…
ココで提供されるかしわ天は、そんなワタシの好み通りのムネが使われているモノでありますから大満足でありますね


P4240507-1.JPG
そしてコレ
本日のお勧めとして150円で提供されていた“肉たまご丼”
これが無くてもお腹を満たすには十分な商品をいただいていたのですが、どうしてもそれに興味があって…
暫くはテーブルで格闘したのでありますが、とうとう追加注文のためにカウンターへ
牛丼に卵の黄身が落とされた姿を想像していたのですが、お肉がたっぷりと残ったすき焼きを卵でとじたようなモノがご飯に乗せられていて…
ちょっとそのお味は濃いめであるように感じましたが、美味しくいただけましたよ
当然お腹はパンパンになりましたが…



それにしても気になるのが「ORABSAL」と言う、カフェのような店名でありまして…
こちらでは自分たちのことを「さる軍団」と称しているようで、その猿がおらぶ(叫ぶ)から「おらぶ・さる」なんだそうですね
ちょっと楽しい店名のうどんやさん
朝からお昼過ぎまでしかやっていませんが美味しいお店です



【ORABSAL】
東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー1F
03-6280-3619

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「パリカリ」    新川の路地裏にあるオシャレカフェでランチ

P4230487-a.JPG

今日はとっても良い天気
どこかに出掛けたい気分にもなりますが、お仕事の予定もあって…
でもランチだけはオシャレにしてみたいって気持ちになって素敵カフェへ


P4230476-1.JPG
新川と言うビジネスパーソンが多いエリアではありますが、路地を入ったところにあるこちらは、無意識に歩いていては見逃してしまいそうお店であります
天井から足元までの大きなガラス扉が開放感を出していますし、軒先にはいくつかのテーブルが出されていますので、今日のような日のランチはココでいただくのも心地良さそうですね


P4230493-1.JPG
店内は調理する姿を眺めながら一人でも気軽に食事が楽しめるカウンター席、お店の中央にはひとりでも大人数でも利用できる大テーブルが…
もちろん、ゆっくりと座ることが出来るテーブル席もありまして、いろんなシチュエーションで利用できそうですね
壁面の鏡に描かれた煙のような絵が何とも不思議で…
これも話のネタになりそうですし、何と言ってもスタッフの方が優しくてステキなお店であります


P4230490-1.JPG
いただいたお料理はコレ
たまたまではありますが、今日のパスタが“わたり蟹のトマトクリームソース”であるとのことで、それはワタシの大好物なのであります
しかも、しかも、それを生パスタであるフェットチーネに替えることも出来るとのことでありまして、益々テンションが高まります
それがテーブルに運ばれて来ようとしているとき、蟹の旨みが詰まっているであろう香りが先に届きまして…
商品を手にする前に、それが美味しいモノであることを察することが出来ました

旨みが詰まったソースをしっかりと煮詰めていますのでその濃厚な香りと味わいは見事でありますし、麺はモッチリとしたアルデンテ
が、ちょっと茹でる際のお塩が少なかったのでしょう 折角の麺の旨みを引き出すには至っていませんでしたね
なんて言いながらも満足するには値する商品でありまして、しっかりと美味しくいただきましたよ


ココは創作料理のカフェであるとのことですから、パスタ以外にもガパオなんて商品もあって…
ご近所の方にを飽きさせないお店であるようですね



【CAFEDINING PaliKari】
東京都中央区新川1-6-12 AIビル茅場町1F
03-3537-6663

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



cafe dining Palikari
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「新川デリー」     鼻の頭に汗をかくほどの辛さを楽しむカシミールカレーでランチ

P4220473-a.JPG

午前中は暖かさを感じるほどの陽射しがあったのだけど、お昼を過ぎたあたりからどんよりとしてきて気温も急降下
ちょっと肌寒さを感じながらも、傘を持ってランチへと出掛けます



P4220469-1.JPG
外観から美味しさが伝わってくるようなお店では無いのだけど、「大人の週末」や「dancyu」なんてグルメ本にも掲載されたことがある有名店でありまして、その名からもわかるように、銀座、上野に店を構える超有名店「デリー」からの暖簾分け店であります
デリーで修行をされていた方々がお店を出していく中で、唯一のデリーから暖簾分けを許されたお店だとのことでありますから、ちょっとお邪魔してみることにいたしましょう


P4220470-1.JPG
それほど大きくは見えなかったお店でありますが、想像以上に奥が深い店舗でありまして…
入り口近くには3つほどのテーブル席があり、その奥に厨房とそれに面したカウンター席がありますね
お隣にはテイクアウトの専門店を構えるほどに、お昼の時間は近隣事業所からのお客さまで列が出来ている光景を見ていましたので、今日はちょっと時間をずらして…


P4220474-1.JPG
いただいたのは“カシミールカレー”
一切ルーを使わない、野菜と香辛料だけで作ったカシミールは辛いことで有名なモノなのですが…
こちらメニューを眺めていますと、“ストロングカシミールカレー”や“ハバネロカシミールカレー”なんて商品があるではないですか
辛いもの好きとしましては惹かれるところではありますが、一応お店の方に「どのくらい辛いですか?」と尋ねてみますと、通常のカシミールの3倍くらいとの返答でありましたので、先ずはカシミールを食べてみないとその辛さは想像できないってことですね
で、通常のカシミールを注文したのでありますが、「普通よりもちょっと辛くしたホットも出来ますよ」とのことでありまして、それをお願いいたします

提供されたソレは、想像通りに黒光りしたサラサラのカレーでありまして、その色艶からも辛さが伝わってくるものであります
一口いただいてみますと、ジワッとお口の中に辛さが広がりまして…
だんだんとその辛さが実感されるモノではありますが、その中に香辛料の香りを楽しむことが出来るくらいに程よいモノでありますね
ジワッと鼻の頭に汗をかくほどの辛味はありますが、頭皮から汗が噴き出すほどではありませんので、次回はストロング? なんて挑戦の気持ちも沸いてきました


そしてこちらには玉葱ベースのとろみとコクのあるコルマカレーなる二本柱の商品もあるようですので、次はそれにしてみましょうかね
何れにしても本格的なインドカレーがいただけるお店であるようですので、今後も贔屓にさせていただきましょう



【新川デリー】
東京都中央区新川1-28-35 鳴門ビル1F
03-3297-8922

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



デリー
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

JR東海道本線三河大塚駅:「かつさと」     天候まで考慮した日替わりうどんとのセットでお腹も心も大満足

P4210453-a.JPG

豊橋出張二日目は雨
それもしっかりと降る雨に気持ちも下がるところではありますが、そんな気持ちを立て直して、お仕事へと出かけます
今日の業務は…
スーパーバイジングの手法を伝達することがテーマでありますから、若手有望株の社員さまと同行し、チェックポイントと、その見るべき視点を伝授いたします



P4210450-1.JPG
臨店の途中、ラグーナ蒲郡近くにある「かつさと」さんでランチをいただきます
かつ丼をメインとしたファストフード的なお店でありまして、そのスタイルは牛丼屋さんのような馬蹄形のカウンターが中心でありますから、気軽に素早くかつ丼がいただけます
そんなスタイルでありますし、メインとする商品が男飯の代表格でもあるようなかつ丼でありますから、当然男性客ばかりだと思っていたのですが…
意外にもこちらではご婦人の方の利用も多いようですね


P4210456-1.JPG
いくつかのバリエーションのかつ丼メニューもありましたが、保守的なワタシは定番である普通のかつ丼をいただきます
ランチの時間でありますと、ハーフサイズのうどんをセットにしても600円でありますから、そのコストパフォーマンスの高さに驚かされますね
かつ丼がお手軽価格でいただけるお店が増えてはいますが、ココほどにしっかりとしたかつが乗っているお店は他には無いのではないでしょうかね
ってことでワタシも常連化していまして…
こちらの看板を見つけてしまいますと、ついついお邪魔してしまうんですよね
かつはいつもながらに満足できるものでありますし、日替わりで提供されるうどんは“かき玉子うどん”
玉子スープのように、うどん出汁に溶き玉子をかき入れ、それを餡とじにしたうどんはいつまでも熱々で…
今日のような肌寒い日にはピッタリでありますね


優しい出汁の味が効いたうどんに心落ち着き、ボリュームあるかつ丼でお腹も満足して…
さて、午後のお仕事も頑張りましょう



【かつさと】
愛知県蒲郡市大塚町十能43-1
0533-75-6846

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

JR飯田線豊川駅:「モルカフェ」     しっとりとしたフレンチトーストとこだわりの自家焙煎珈琲

P4200448‐a.JPG

日曜日ではありますが、豊橋への一泊出張であります
もう20年以上毎月のように通っている慣れ親しんだ街でありますので、その変化に驚くことはないのですが…
そのお隣の町である豊川へと足を伸ばすことは極希なことでありますから、久しぶりに訪ねてみますと以前は繁盛していお店が貸物件になっていたり、その建物さえもが無くなっていたりと新旧の入れ替わりにビックリしますね



P4200449‐1.JPG
ココ「モルカフェ」もその一つ
ラーメン屋さんであったり、居酒屋さんであったりと、入れ替わりが激しい物件ではありましたが、今日通りかかりますとカフェに変わってるではないですか
ならば、ちょっとお茶でもしていきましょうと、お邪魔してみることにいたします
オープンしたのは去年の9月だとのことで、まだまだフレッシュさを残しているような印象を受けまして…



P4200444‐1.JPG
店内はアイボリーと木調のコントラストがありまして、ウッド感満載のテーブルもその雰囲気に合っているように思えますね
17:00近くでありましたが、ガラガラということでもなく、混み合っているということもなく…
ほどよく人の気配を感じながらも、自分の空間を確保することができる居心地良い雰囲気でありました


P4200446‐1.JPG
メニューを眺めますとフレンチトーストに力を入れていらっしゃるようで…
と、それを頼んでみますと想像以上に素早く提供されます
バケットにはしっかりとカスタードが染みていますので、どうやら事前に準備されているのかもしれませんね
ですが、それでベチャベチャになることはなく、程よい感じの柔らかさになっています
好み的には断面をもう少ししっかりと焼いていただいて、パリッとした食感が楽しめるくらいだと嬉しいのですが…


一番のこだわりはコーヒーにあるようでして…
ネパールの農園で無農薬で育てられた豆を、お店で焙煎しているとのことであります
入口のところに置かれた焙煎機は、そのこだわりをお客さまに伝えるには余りあるものですね




【Molcafe】
愛知県豊川市東豊町5-22
0533-65-8653

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]
posted by koutagawa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「はし本」    1947年創業 老舗の鰻はふっくらと焼き上げた関東風でした

P4190433-a.JPG

今日はスッキリと晴れ渡った心地良い日 こんな日はランチに出掛けるのも楽しみになるものでありまして…
日本橋? それとも銀座? なんてワクワクしていた時に始まったテレ朝の『相棒まつり』
もう何回も見た再放送なのに…
これが始まるとテレビの前から離れられなくなってしまうのはどうして?
ってことで、あっという間に14:00近くになりまして…



P4190442-1.JPG
慌てて出かけてのは日本橋
週末であること、そして時間も時間であることで、やっているお店も少ない場所ではありますが…
桜通りにも、仲通りにも面していない路地裏にある老舗うなぎ料理店に暖簾がかかっているではないですか
そう言えば最近鰻とはご無沙汰しているなぁなんて思って、迷うこと無くこちらにお邪魔してみますと、お昼の営業時間間際であるにも関わらず先客の方々がいらっしゃいまして、お店の奥にある小上がり席をいただきます


P4190434-1.JPG
お昼には鰻丼や鰻鳥丼、鰻玉丼などお手軽な商品も揃っているのですが、年に何回もいただくお料理では無いってことで鰻重を選択
それは松竹梅ならぬ「いろは」とランク分けされていたのですが、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで1.5匹が乗せられた“ろ”をいただきます
提供されたソレは、お重一面に鰻か敷き詰められていまして… その姿は圧巻であります
これまでいくつかの鰻重をいただいてきましたが、ここまでの姿を見るのは初めてかも知れませんね
そんな鰻重に箸を入れてみますと…
ふっくらと柔らかく焼き上がった鰻に技術力を感じることが出来、皮が薄い鰻であることからこだわりの上質なモノを使っていることを察することが出来…
と鰻にはしっかりと満足させていただいたのですが、唯一残念だったことが…
それはご飯に掛かるタレが多すぎたこと
最近では「つゆだく」とかがもてはやされているのかも知れませんが、折角の美味しいご飯がつゆでベチャベチャになってしまって…


P4190441-1.JPG
鰻と言えば奈良漬
奈良漬を付ける際に使われる酒粕 それには鰻の脂分をほどよく抑えてくれるペプチドなどの成分があるそうで…
しかも、鰻に含まれているビタミンやミネラルの吸収を助けてくれる働きもあるらしく…
更には、ほのかな香りが鰻の生臭みを抑えてくれたりもして…
だから、奈良漬は鰻の口直しにピッタリなのだそうですね
ここでは、奈良漬のほかにきゅうりのぬか漬けなども添えれていまして彩りもキレイですね


ちょっと疲れ気味であるワタシでありますが、鰻パワーで精力を付けて…
明日からのお仕事頑張ります



【はし本】
東京都中央区八重洲1-5-10
03-3271-8888

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



はし本
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

JR京浜東北線東神奈川駅:「ニュータンタンメン本舗」   たっぷりの唐辛子とニンニク それが癖になる一品がココにあります

P4180427-a.JPG

今日は寒の戻りってことで…
昨日との温度差10℃以上だったのではないでしょうか 霧雨模様の空には重たくどんよりとした雲がかかっていまして、まるで真冬の空のようでありました
そんな中、横浜そごうで開催されている『神奈川・横浜グルメまつり』へ
今回は知人のお店が数店舗出店しているってことで、その陣中見舞いであります
会場である8Fにエレベーターで上がってみますと、その正面には鎧塚さんのロールケーキ店が、そして会場の奥の方には脇屋シェフの“Wakiya流 辣香担々麺”までもが出店していまして…
多くのお客さまで賑わっていましたね



P4180432-1.JPG
その後ひと仕事終えた帰り道、久しぶりに京浜東北線に乗ったのだけど…
次は東神奈川駅だと言うアナウンスを聞いて、アレがどうしても食べたくなって途中下車をいたします
それは、駅を出て国道1号線を渡ったところにあるお店でいただけるモノでありまして、病みつきになるほどに特徴的で、かつ、このチェーン店でしたかいただくことが出来ないモノなのであります
そんなことでか、いつも席待ちの列が出来ているほどの人気店でありまして…
とは言え、待つことなく席をいただくことが出来たってことは、近所にオープンした餃子の王将の影響かと思ったのですが、お店を出る頃にはしっかりと列が出来ていましたので、偶々タイミングが良かっただけってことでしょうね


P4180431-1.JPG
こちらのメインであるアレはかなりニンニクが効いているモノでありまして、オジサンであるワタシでも帰りの電車でのことが気になるほどなのでありますが…
女性のお客さまもそれを目的にやって来れられていまして、メニューも見ずに注文している姿から常連であることが窺えます
「ニンニクを効かせ過ぎるとお客さまが減る」なんて仰る方もいらっしゃいますが、それが臭いだけでなくちゃんとした旨みになっていれば、それにハマったお客さまが集まって来るってことですよね


P4180430-1.JPG
先ずは餃子
ココの餃子はかなりのレベルでありまして…
ジューシーな餡はもちろんのこと、その皮のモッチリ感が素晴らしいのであります
もちろん焼目はパリッとしていていますので、その食感の違いを楽しむことが出来ます


P4180428-1.JPG
そして、ココへ来る目的の商品がコレ
ニラ入りタンタンメンの大辛であります
それは多くの中華料理店で提供される担々麺とは異なるものでありまして…
中華鍋の中で炒められた、たっぷりの挽肉とたっぷりのニンニク
それに、これまたたっぷりの唐辛子を辛味ダレを加えて、最後に溶き玉子を加えて仕上げたと言うモノ
辛味を増すと、その辛味だけが際立ってしまって美味しくいただけないなんてお店も多いのですが、ここではその増した辛味もしっかりと一体感を作ってくれますので、辛くすればするほど美味しくなるのでは… とワタシは思っているのです
麺は平打ちタイプの太麺でありまして、その姿はリングイネのような感じ
そのモチモチ感がとっても良い感じでありますし、スープとの絡みも抜群でありまして、これが癖になるポイントなのでありましょう



鶴見を中心として約30店ほどあるお店
中には焼肉を提供するお店もあったりと、そのお店だけでいただける商品もありますので、ワタシの行きつけはココ
なんて贔屓店を持つのも楽しそうですね



【ニュータンタンメン本舗イソゲン】
神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-1-7
045-322-5229

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「無愛想」     野菜たっぷりで具だくさん 濃厚スープが美味しいちゃんぽん 

P4170409-a.JPG

日中は出歩くことも無くデスクワークに専念して、それが一段落した夕方、ちょっと早めに夜ごはんへと出かけます
ひとりでいただく夜ごはんと言うのはかなり選択肢が狭く、いつも何をいただこうかと迷うところなのでありますが…
食べたいモノが決まっている今日は、それをどこでいただくかが悩みどころであります



P4170403-1.JPG
先日、友人がアップしていた皿うどんの画像を見て、どうしても食べたくなったのが“ちゃんぽん”
揚げられた細麺が、トロリと野菜の餡かけが乗せられることで、パリパリからしんなりと変化していく皿うどんも嫌いではないのだけど… やっぱりワタシは太麺のモッチリ感が美味しいちゃんぽんが好きなのであります
八丁堀周辺には九州料理を提供するお店が意外に多くて、その多くの店がちゃんぽんを扱っていますし、ちゃんぽんをメインにしたお店もあって…
そんな中から選んだお店がココ「無愛想」


P4170405-1.JPG
店名通り無愛想であることがコンセプトなのでしょうか
ひとりで調理と接客をこなしている大将から笑顔を見ることは少ないのでありますが、卓上に置かれた調味料はキレイに磨かれていますし、お冷などにもキチンと気遣いしてくれる感じ良いお店でしたよ
そんな中で最も惹かれるのかがコレ 「金蝶ソース」でありまして、長崎の中華料理店には当たり前のように置かれているモノ
残念ながら、今日注文した料理でこれの出番はありませんので、次回は皿うどんをいただかないと…



P4170412-1.JPG
先ずは餃子
“博多ひと口餃子”を頼んだつもりだったんだけど、提供されたのは普通の餃子
アレっと思ってメニューを見直すと、餃子にもいくつかのバリエーションがあって… きちんとひと口餃子ってお願いしなければならなかったようですね
とは言え、この餃子 小ぶりではありますが具がみっちりと詰まっていますし、皮がパリッと焼かれていますので、ちゃんと美味しくいただくことが出来ましたよ


P4170408-1.JPG
そして“ちゃんぽん”
山のように盛られた野菜のボリュームが嬉しいひと品であります
スープは唇にトロンと纏わるほどにコラーゲン質がたっぷりの濃厚なモノでありますし、麺は太麺のモッチリタイプ
コレは食べ応えありますね
野菜だって炒めすぎること無くシャキッとした食感を残していますし、アサリや豚肉、それにエビだってゴロゴロと入っていますのでご馳走感もバッチリですね



【無愛想】
東京都中央区八丁堀3-14-4
TEL:非公開

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

東京メトロ有楽町線飯田橋駅:「エビ殻荘」    洒落た雰囲気の中、活オマールをメインとした海老尽くしが楽しめます

P4160372-a.JPG

3月中旬からバタバタしていて休みも思うように取れない日が続いていたのだけど、ようやくそれも一段落して今日の日中はのんびりすることができました
が、身体中の色んなところが痛くって…
一度しっかりとマッサージしていただかないとって感じですね
さて、夜に友人との食事の予定がありまして…
ならば、オープンしてひと月ほどの新しいお店へ行ってみましょうってことで神楽坂
その昔、ココには100を超える置屋さんと600人を超える芸妓さんがいたと言う情緒ある街でありまして…
路地には、そのステキな雰囲気が残っていますね



P4160366-1.JPG
「エビ殻荘」
その名の通り海老料理をメインにしたお店でありまして、エビストロなんてビストロをもじったサブタイトルも愉快なお店であります
勝手なイメージではありますがその店名からチープな店造りで気軽さを出しているお店だと思っていたのですが、店内に入りますと上質な空気が流れていますね
1Fにはゆったり座れるボックス席が並んでいまして…  ちょっと急な階段を上った2Fには炭焼場を囲んだカウンター席が…
今日のワタシは目の前の調理人さんとのコミュニケーションを楽しむことにしようとその席をいただいたのですが、なんと「STAFF ONLY」と書かれた扉を開けて更に3Fへと上りますと10数人で利用できる個室も…
更にさらに、カップル限定とのことでありましたがテラス席も用意されていますので、いろんなシチュエーションで楽しむことが出来るようですね


P4160373-1.JPG
カウンター席と言え、お隣のお客さまと袖擦り合うような窮屈なモノでは無くて…
カップルや女性同士でも、周りを気にすることなく楽しいおしゃべりや美味しい料理に舌鼓を打つことが出来ますね
そして何と言ってもこのフロアの特徴は、ココの看板料理でもある“オマールの炭火焼”を調理する際に出る何とも言えぬ美味しさ感がある芳ばしい香りを楽しむことが出来るところでありますね
とは言え、換気はしっかりとしていますので、洋服に臭いが付くなんて心配な無用ですよ


P4160369-1.JPG
ひと皿目は“海老と魚介の冷製スペシャリテ”
ボタンエビや赤海老、そしてタコやホタテのカルパッチョ
それらには細かく刻まれた黄ピーマンなどの野菜とジュレになったソースが掛けられていまして、プリッとした身の食感と共に美味しくいただくことが出来ます
更には桜海老が使われたクロスティーニも添えられていて… いろんな味わいを一度に楽しむことが出来ますね
添えられている野菜も新鮮でおいしいモノでしたし…
エビの頭は2次加工として焼いてもいただけますので、しゃぶっても良し!焼いても良し!
ワタシは焼いていただくことを選択し、殻ごとバリバリといただきましたよ


P4160376-1.JPG
そしてお料理物をいくつか
“春キャベツのファゴッティーニ”
簡単に言いますとロールキャベツのようなお料理でありますが、キャベツに包まれたエビとホタテのパティが良い風味を出していますし、敷かれたポテトやポロネギもしっかりとしていますね
続いて“ポテトサラダ”
もっとシンプルなモノを想像していたのですが、提供されたそれのオシャレな姿にビックリ
細かなパン粉のようなモノが塗されていますので、しっとりとした食感にサクッとした歯触りが加わって… イクラのプチッと感もステキですね
“あみ海老と帆立貝のフリット”
見事にレアに揚がったホタテでは、サクッとした衣の中にあるしっとりとした甘みを堪能させていただけました
ビストロと言う立ち位置だとは言っていますが、ココまで来るともう立派なレストランですね
というか、それ以上かも…


P4160390-1.JPG
いよいよ、こちらの名物である“オマールの炭火焼”であります
「今からこちらのオマールを焼かせていただきます」と大きな宝石箱のような立派な箱に入れられたオマールを見せていただけまして…
もちろんそれは元気に活きていましたよ
そしてそれを目の前て手際良く捌いて炭火の上に… 漂う香りだけでも満足できそうなお料理ですね
提供されたソレは…
当然のように身がプリッと締まっていまして、その芳ばしい香りとともに味わう食感は忘れ難いモノであります
シンプルな調理であるが故に素材の美味しさが光る いや、素材に自信があるからこそシンプルな調理で提供することにこだわっているのでしょう
味噌を付けていただきますと濃厚な味わいも加わりまして、更に美味しくいただくことが出来ますね


P4160394-1.JPG
〆にいただいたお料理は“リングイネ”
もちろん、オマール海老のトマトソースであります
殻を潰してその旨みが… なんてほどに濃厚なソースではありませんでしたが、キチンと身も乗せられていますので、十分にご馳走感を感じさせてくれました


P4160398-1.JPG
そしてデザートの盛り合わせ
今や定番となったティラミスや、“ボネ”と呼ばれるイタリアのココアプリンとリコッダチーズを焼き上げた“ピパセネール”
そのどれもが美味しく、正に「終わり良ければ総て良し!」でありまして…
あっ、途中が決して悪かったと言うことではありませんよ


ステキな雰囲気での食事が楽しめるお店でありますので、海老好きなステキ女子をお連れするには最適なお店ですね



【エビストロ エビ殻荘】
東京都新宿区神楽坂3-2-50 大宗第5ビル
03-6228-1513

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

東京メトロ半蔵門線永田町駅:「C&C」   都内に20軒 人気あるカレーショップもトッピング無料券

P4150360-a.JPG

今日は午後から食べるお仕事
石垣牛と沖縄や宮崎の美味しいお料理と提供するお店をプロデュースしているのですが、今日はその商品試作と試食の日であります
ゴールデンウイーク明けに開店を予定ていますので、試作を繰り返しながら、味やボリュームはもちろん、それを提供する器などの詰めを行います



P4150359-1.JPG
でありますから、移動途中である「Echikafit永田町」で軽くランチをいただくことにいたします
暖かい日でありますからツルツルっとお蕎麦でも… とも思いましたが、漂う美味しそうな香りに惹かれてカレーショップ「C&C」へ
都内のあちらこちらで見かけるカレーショップでありますからたくさんの支店をお持ちなのだと思っていたのですが、実は20店舗ほどしか無いんですね
ちょっと意外であります
お昼タイムってこともあるのでしょうが、何と言ってもとっても便利なトコロ
ワタシと同様、移動途中に軽くランチを済ませようって方が多いのでしょうね
お客さまが次々と入れ替わっていますね


P4150361-1.JPG
ワタシはシンプルにビーフカレーをいただいたのですが、周りにいるお客さまのほとんどは何等かのトッピングをされていまして…
カレーそのものはよそうだけの簡単なモノなのでしょうが、そのトッピングを調理することに手間取っているようで、カウンター内のスタッフはバタバタとしていますね
さて、いただいたカレー
ごはんもソースも熱々で… それはとっても美味しくいただくことが出来たのですが、メニュー写真にあったゴロゴロとしたお肉が随分とイメージと違いますね
まぁ、あくまでも写真はイメージってことでもありましょうし、ワンコインほどのお店で、それほどの期待をしてはいけないってことなのでしょうね


P4150364-1.JPG
どうしてみんなトッピングしているのだろうと思ったら…
実はこんなものが配られていたのですね
トッピングの無料券と数枚を貯めたらトッピングが無料になるチケット
本体を安売りすること無く、トッピングを無料にすることでの集客を狙う戦略は本来いただくべき粗利をきちんと確保したモノでありまして…
単価が低い商売での薄利多売戦略は、牛丼チェーンやハンバーガーチェーンのように、成功の確率は小さいですからね



【curry shop C&C】
東京都千代田区永田町1-11-28 Echikafit永田町内
03-5510-2505

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

JR山手線品川駅:「牡蠣入レ時」    焼牡蠣の凝縮した旨みと、焼雲丹のリゾットの完成度に大満足

P4140320-a.JPG

プロデュースしたコリアンバルがオープンして1週間
状況確認へと向かいます
既存の韓国料理店からのリニューアルでありまして、低コストでどこまでイメージが変えられるかとの点が課題であったのですが、デザイナーさんのお力もあって、イメージ通りに仕上がっています
まだまだ新しいお客さまへの告知は出来ていないのですが、これから新しいお客さまが増えていくこと間違いなし!
楽しみであります



P4140321-1.JPG
夜は会食の予定があって品川の港南口へ
以前は何もないトコロだったのだけど、マンションやオフィスビルなどが進んだことで、飲食店の新規出店も目覚ましく…
そんな中、駅から徒歩1分と言う好立地に、中目黒や茅場町にもある「牡蠣入レ時」もひと月ほど前に開店したとのことでお邪魔することにいたします
そこは新築ビルの9F
エレベータを出ますとそこはいきなり店内でありまして…
3畳ほどの小さな厨房を囲むカウンター席と、いくつかのテーブル席と言う小さなお店がお出迎え
シャープでスタイリッシュなお店ではありますが、美味しいものいただけそうな… そんな予感がいたします
そんなお店の特等席であるカウンターをいただきまして、料理長さんとコミュニケーションをとりながらお勧めな料理をいただくことにいたします



P4140320-1.JPG
牡蠣をメインとしたお店でありますから、先ずは生牡蠣から
今日の生牡蠣は身がしっかりとしている室津産がお勧めだと言うことでありまして…
提供されたソレは見るからにプルンとしていて、大きな身は食べる前からその美味しさが伝わってきます
ツルンと頬張りますと、磯の香りがお口の中いっぱいに広がりまして…
レモンの酸味とともに美味しくいただくことが出来ました


P4140323-1.JPG
そして、是非とも食べて欲しいと勧められたのがコレ
広島産の牡蠣を丁寧に焼き上げたモノでありまして… 
生とは異なる凝縮した旨みと、芳ばしい香りが美味しさを引き立てます
同じ牡蠣でありながらもその調理法でいろんな味わいを楽しめるなんて… しかもその調理法によって使う牡蠣を選んでいるなんて…
これなら幾らでもいただくことが出来そうですね


P4140314-1.JPG
もちろん牡蠣以外の料理も揃えられていまして…
これまた身が締まった大きな北寄貝が入っているとのことで、その雲丹焼をいただきます
コリッとした北寄貝の食感は基より、それから出た旨みたっぷりの出汁の美味しさに悩殺されそうです
出汁巻き玉子もたっぷりと出汁を含んでいまして…
イクラや大根とともにとっても美味しくいただけるモノでした
更には…
牡蠣フライをいただいたのですが、衣に負けることに無いしっかりとした牡蠣の味わいに大満足であります
水分が多い牡蠣を揚げると油が跳ねるってことで、冷凍モノが使われるケースが多いのですが、ココではちゃんとお店で衣をつけた新鮮な牡蠣であるってことも美味しさのポイントですね


P4140333-1.JPG
ココまでも十分に満足させていただいたのですが、〆は是非これで…
と勧められたのが“焼き雲丹のリゾット”
こう言った和を中心とした料理を提供するお店でリゾット?
創作的あることは解るのだけど、それほど期待することも無くそれをいただいてみますと…
ひと口食べてビックリ
芳ばしく濃厚な雲丹の香りやチーズの香りがお口いっぱいに広がりますし、クリームだって全く乳臭さを感じることがないモノ
ほんのりと生海苔の香りも良い感じなのであります
もちろんごはんはアルデンテでありますし、多分これまでいただいたリゾットの中で一番美味しいのではないかと思わせるほどに立派なモノでありました
次回はこのリゾットを目的に… と言いたくなるほどですね



ビルの途中階にガールズバーが入っているようで、エントランス付近でその呼び込みをしているのがちょっと入りづらさを感じたちもしますが…
大きな窓から眺める品川の景色を楽しむことも出来たりしますので、デートなんかで使うのも良さそうなお店です



【品川 牡蠣入レ時】
東京都港区港南2-2-2 新富士ビル9F
03-5781-3531

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

9.
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「三十間」     ゆっくりと流れる時間をコーヒーの香りと共に

P4130313-a.JPG

東京の話題店を視察しましょうってことで銀座
いきなりですが今日の視察はステーキから始めましょうと目的のお店へと伺いますと、そこには開店30分前であるにもかかわらず、すでに10人ほどの列が出来ていまして…
なんとこのお店は20坪ほどの小さなお店で30,000千円/月ほどを売り上げ、7,000千円/月ほどの利益を出すのだと言うから驚きであります



P4130307-1.JPG
立ち食い500gのステーキを喰らったあと、次のお店へと向かう前にコーヒーをいただきながらひと休み
ココの前を通る度に気になっていたお店ではありますが、お邪魔するのは今日が初めてのこと
店頭に置かれた看板などからちょっとオシャレで落ち着いた雰囲気のお店であろうことは想像できるのですが、期待と不安が混ざった気持ちで階段を下ります


P4130309-1.JPG
店内に入りますと…
想像通りでもあり、期待通りでもある落ち着いた雰囲気
スタンドライトの明かりがメインでありますので、脳がリラックスするようでもありまして、ココ過ごす時間はまったりとした気分になれますね
たまたまだったのかも知れませんが、それほど多くのお客さまがいらっしゃらないもの雰囲気の一つですね


P4130311-1.JPG
いただいたコーヒーにもこだわりが強いようでありまして…
農園指定や産地指定をしたコーヒーから、その日に一番美味しくいただけるモノをお勧めしてくださるのであります
カップはちょっと小さ目ですが、約2杯分くらいの量をポットで提供して下さいます
その温度はちょっと温めにも感じられますが、これもきっと、コーヒーの香りや味わいを最も感じられるようにということなのでありましょう


それだけのこだわりを持ったお店でありますので、当然のことではありましょうが、1杯ずつ丁寧にドリップしていただけるコーヒーはスッキリとした味わいでありまして、ほんのりと感じる苦味と酸味を楽しむことが出来ました
銀座の真ん中辺りにあるお店ですので、お買いものに疲れたときなど、ココでひと休みするなんて言うのもステキな時間の使い方ですね
ステキなお店発見であります



【珈琲専門店 三十間】
東京都中央区銀座3-8-12 大広朝日ビルB1F
03-3564-8096

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

東京メトロ有楽町線月島駅:「わらしべ」     もんじゃ屋さんでいただく甘味も美味しくいただきました

P4120291-a.JPG

フレッシュな新人さんのエネルギーを分けてもらった新入社員研修の2日間を終えて東京へと戻ります
お手伝いいただいた講師の方の宿を予約する際に、何が影響していたのか東京のホテルはどこも満室で… 
もちろん1泊うん万円もする高級ホテルには空きがあるようでしたが、程よいモデラートクラスを探してようやく見つけたのは東京の端っこである潮見って駅の近く
ならばと、夜ごはんを月島もんじゃにしようと、お気に入りのお店へ伺うことにいたします



P4120280-1.JPG
お連れした研修講師は、もんじゃ初体験であるとのことでありまして、先ずは、もんじゃ焼きのお店が軒を連ねる「もんじゃストリート」に驚いていただいて…
最初に食べたモノが好き嫌いを分けてしまうってこともありますからと、慎重に選んだのはこちらのお店
ココはそれほどもんじゃが好きではなかったワタシを、もんじゃ好きへと変えてくれたお店でありますから、きっと彼女ももんじゃ好きになってくれるに違いないと信じて…
土曜日ってこともありまして、もんじゃストリートには多くのお客さまで溢れていまして…
当然、こちらのお店にも席待ちのお客さまが並んではいましたが、その列の最後尾に並ぶことにいたします


P4120284-1.JPG
待つことしばし
窮屈な階段を登った2階の席へと案内されます
いただきましたのは、月島もんじゃの代表格である“明太もちチーズ”
自分で焼く楽しみ方もあるのでしょうが、焼き方次第で美味しさに差が出ると確信しているワタシは、迷うことなく店長に焼いていただくことにいたします
美味しく焼き上げるポイントを語りながら手際よく焼き上げたもんじゃは見ているだけでも美味しそうであります
コレを右に左にとスライドさせながら、パリッと焼けた“せんべい”もちろんいただきますよ
これが、もんじゃの美味しさだと確信してますから…


P4120294-1.JPG
そして“やきそば”
焼きそばはミックスに限るとの店長のお言葉に従い、それをこれまた店長に焼いていただきます
これまた手際の良さがカッコ良くて…
そこで語るうんちくがお客さまとのコミュニケーションにもなっていて…
只々美味しいだけでは無くて、こう言ったことがお客さまを引き付けるのでしょうね
もんじゃのお店が並ぶなかでも、こちらはいつも多くのお客さまで溢れています


P4120282-1.JPG
そして漬物
こう言ったサッパリとしたモノが欲しいとのお客さまからの要望で、築地を歩き回り見つけた漬物の中から美味しいと思うモノを選んだのだと言いながら提供していただきます
確かに、箸休めに最適でありますし、自らの足で捜し歩き、美味しいと思ったモノだけを厳選したというこだわりが感じられますし、こう言った1品にまでこだわる姿勢にも感心させれました


P4120297-1.JPG
そしてそして、食べ終わって満足しているときに店長から「もんじゃのお店ならではのデザートがありますけど如何ですか?」と勧められたのが“あんこを巻き巻き”
クレープのような生地を鉄板で焼き、そこに餡子を乗せてクルクルっと巻いたら出来上がり
餡子はそれほど甘味が強いモノでは無くて、生地の甘みで美味しくいただけるモノでありました



追加注文を取るために必要な魔法の言葉
なかなか難しい課題ではありますが、この巻き巻きのように、もんじゃのお店ならでは… なんて言われちゃいますとつい頼んでしまいますよね


【月島もんじゃ わらしべ】
東京都中央区月島1-20-5
03-3534-2929

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

京急本線汐入駅:「ハニービー」    日本にいながらアメリカを感じられるお店でネイビーバーガー

P4110279-a.JPG

横須賀での新入社員研修
外食産業の現状と課題」「その課題を乗り越えるためにやらなければならないこと」の二つをテーマに2日間の研修を担当させていただきます
受講生の皆さんは、1週間ほどみっちりと一般的なビジネスマナー研修受けたばかりでありますから、研修を受ける態度やお辞儀の仕方などがとてもキッチリとしていまして…
とても気持ち良く、そしてスムーズに研修を進めることが出来ました



P4110267-1.JPG
さて1日目を終えて、横須賀を代表するお料理をいただきましょうと「どぶ板通り」へ
スカジャン発祥とも言われるこのエリアは、日本とは思えないような雰囲気を醸し出いているお店がたくさん並んでいまして…
米軍基地の向かいってこともあって、多くの外人さんで賑わっていますね


P4110270-1.JPG
そんな1軒である「ハニービー」
長いカウンター1本のお店で、キャッシュアンドデリバリースタイルのお店かと思ったのですが会計は後で良いようですね
お店は20代であろう女の子ふたりで営業されていて、来店される外人さんと流暢な英語で盛り上がっていますね


P4110273-1.JPG
そんなお店のメニューがコレ
ハンバーガーやホットドッグをメインに色んなアメリカ料理が並んでいまして、そのどれもが美味しそうなモノばかり
とは言え、ココは横須賀ネイビーバーガー発祥でもあるようですから、先ずはそのハンバーガーから…


P4110278-1.JPG
フワッとしたバンズに挟まれるのは、ビーフパティのオニオン・トマト・レタスと言ったシンプルなモノでありまして、卓上に置かれたケチャップとマスタードを使って自分好みに調味いたします
バティは1/2ポンドもあるがっつりとしたモノでありますし、ジューシーとは無縁でありますが、赤身肉のゴツゴツとした食感が楽しめますね
シンプルイズベストとは正にこのことでありましょう


P4110277-1.JPG
そして“チリドッグ”
たっぷりのチリコンカルネが掛けられていまして、そのレッドビーンズの風味を楽しむことが出来ます
ソースを吸ってしまったパンは食べづらくはありますが、プチッと弾けるソーセージの食感はしっかりとしています
ディスイズアメリカンな料理を楽しませていただきました



【HONEY BEE】
神奈川県横須賀市本町2-1
046-825-9096

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



ハニービー
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

JR東海道線横浜駅:「○う商店」    裏路地にありながらも、圧倒的なコスパで予約が取れない繁盛店

P4100238‐a.JPG

明日からの新入社員研修を手伝っていただく仲間と合流して夜ごはん
折角だったら話題になっている繁盛店へ行きたいというリクエストで横浜へ向かいます
今日の日中は24℃ほどにまで暖かくなったようでありますが、日が落ちると一気に涼しくなって…
薄手のコートはまだ手放せませんね



P4100254‐1.JPG
裏横浜と呼ばれるエリアの路地にある繁盛店
なかなか予約が取れないお店でありますので、開店直後を狙って伺ってみますと、予約は入っている19:00までという限られた時間でよければとのことでありまして…
食事をするだけには十分すぎる時間でありますので、お店の端っこの席をいただくことにいたします



P4100245-1.JPG
まだ18:00前というのに続々とお客さまが来店されまして… そのほとんどが予約をされた方々である様子
決して寛げるといった雰囲気のお店ではないのですが、ココがお魚メインのお店であるからでしょうか
比較的年齢が高いお客さまが多いように思われます
そんな大人なお客さまが予約までしていただきたい料理があるというのかと思うと、自ずと期待が高まります


P4100239‐1.JPG
まずはこちらのイチオシ商品である“どっさり盛”
二人でいただくには量が多すぎたようですが、これほど盛り付けられて1980円とは驚ろきのコストパフォーマンスですね
仲買人を介さない仕入れをおこなっているからこそ出来ることでありまして、それに使われるネタは朝獲れのお魚たちなのであります
でありますから、その日の仕入れによってネタは変わるようですが、この価値は変わることなく、多くおお客様に支持されている商品ですね


P4100237‐1.JPG
これは“葉サラダ”名付けられたサラダでありまして、濃い緑色のお野菜が、すり鉢いっぱいに盛られて提供されます
その野菜は苦そうにもっみえますが、実はそんなこともなくて…
ちょっと甘みがあるドレッシングとの相性も抜群ですね
それに、これだけの野菜をいただきますと、毒がたまった身体をリセットしてくれそうな気にもなれます


P4100241‐1.JPG
そして煮付け
なかなか美味しい煮付けを提供してくれるお店は少なくて、魚好きのワタシとしてはとっても残念なことなのですが…
いくつかの煮付けメニューがありましたが、お店の方のおすすめに従ってメジナをいただきます
見た目にはかなり黒くて味が濃そうなのですが、いただいていますと意外にもすっきりとした味わいでありますし、身がふくらとしていて…
これは美味しくいただくことができるモノでありました


P4100247‐1.JPG
〆にといただいたのは、“おまかせ巻き寿司”と“漬け小丼”
いろんなあ魚を漬けにして、お茶碗サイズの丼に
この漬けのタレはかなり甘めなものでありまして、ご飯ととってもよく合う味に仕上げられています
たっぷりとお魚をいただいた後ではありましたが、このように味を変えますと、また美味しくいただくことができますから不思議ですね


P4100252‐1.JPG
そして巻き寿司
すし酢を合わせているから少し時間がかかりますが… と言われていたのですが、さほど待たされることもなく提供された巻き寿司は手巻き寿司スタイルでありました
合わせてってことでもありましょうが、このシャリが実に美味しいモノでありまして…
お腹いっぱいではありますが、残すことなくいただくことができました




【横浜漁酒場 ○う商店】
神奈川県横浜市西区高島2-5-14
045-441-0804

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



横浜漁酒場 まるう商店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「わたなべ」     筍入り親子丼? そんな季節感の出し方もあるのですね

P4090222-a.JPG

内職のような作業を終えて、ちょっと遅めのランチへと出かけます
もう多くお店はお昼の営業を終えた時間でありますから、その選択肢は限られるのですが…
外に出ますとかなりのポカポカ陽気でありまして、お昼の時間だけならジャケットがいらないくらいですね



P4090231-1.JPG
テクテクと歩いていますと、お蕎麦屋の店頭に貼られたタペストリーに“筍入り親子丼”とあるではないですか
それがちょっと面白そうで… こんな季節感の出し方もあるのだと興味津々
更に店頭に置かれたサンプルにある“かき揚げ蕎麦”があまりにも美味しそうで…
今日のランチはココに決定であります


P4090229-1.JPG
セルフスタイルのお蕎麦屋さんですから先ずは食券を買って待つこと数分
あっという間に商品が提供されます
まずは“かき揚げ蕎麦”
それはサンプルとはかなり異なるものでありまして、どこのお店にもあるような揚げ置きされた野菜のかき揚げ
サンプルにあったあの細かい衣から感じるサクサク感はどこへいったのだろうなんて思ったりもしますが、ワンコインほどでいただくことが出来るのでありますから、過剰な期待は禁物ってことですね


P4090225-1.JPG
そして親子丼
筍が入って、その食感が楽しいモノでありますし、トロトロの卵も良い感じなのでありますが…
残念だったのは、ご飯にほとんどつゆが染みていないのであります
お蕎麦屋さんのちょっと濃いめのつゆがたっぷりと染みたモノを期待していただけにかなりショックではありますが、ふんわりと煮あがった鶏肉の美味しさでカバーってことですかね
器が小さ目でありましたので、それほどのボリュームは無いのだろうと思っていたのですが…
何れも結構な量でありまして、親子丼のご飯はそれほどいただかずともお腹を満たすことが出来ました


器が小さいのは、最も原価が掛かるつゆが少なくて済むと言う、安く売るための工夫なのでしょうかね
一度入って商品をいただいたお客さまにはその量感を伝えることが出来るのですが、通りがかりの一見さんには「手軽なお値段だけど量もそれなりだね」なんて敬遠される可能性も…
なかなか難しいところでありますね

今日はかなりの期待を持ってお邪魔しただけに辛口のコメントとなりましたが、食事が終わって下膳しようとしたときに、そのままで良いですよなんて声をかけて下さいまして…
マックやスタバなのでも良くある光景ではありますが、期待していないサービスを笑顔で対応していただけると嬉しいものです




【江戸そば わたなべ】
東京都中央区新川1-13-6 中央精器ビル1F
03-6280-5975

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

京急本線金沢文庫駅:「つけ麺 みなみ」    文庫駅前にある人気店でいただく辛味噌ラーメン

P4080209-a.JPG

金沢文庫にある「みなみ」なる中華料理店
ココの前を通るときに覗いてみるのだけど、いつもいっぱいのお客さまで賑わっているお店でありまして…
何でも創業から40年以上経つお店だと言いますから、地元のお客さまが言う中華定食屋はココなのでありましょう
今日も仕事終わりに寄ってみようかと覗いてみますとやはり満席でありまして、近くの飛高屋さんがガラガラでも、ココだけは混んでいるのであります


P4080217-1.JPG
で、その「みなみ」のすぐ側にある「つけ麺 みなみ」へお邪魔いたします
「みなみ」の支店であるのかはわかりませんが、ココにもそれなりのお客さまがいらっしゃいまして…
とは言え、まだいくつかの空席がありましたので、カウンターの席をいただくことが出来ました


P4080211-1.JPG
つけ麺と看板は出されているだけあって数種類のつけ麺メニューがあるのですが、それだけでは無く、味噌ラーメンであったりサンマー麺であったり、色んなラーメンも用意されていまして、背脂ラーメンなるものに惹かれはしましたが…
ワタシが選んだのは辛味噌ラーメン ちょっと体調も完全ではないのでネギをたっぷりといただきましょうと、ネギ増しでいただきます
見た目にはかなり辛そうなのですが、実はそれほどでも無くて… ちょっと拍子抜けではありますが、これはこれでなかなか美味しいモノであります
麺はモッチリとした中太のストレート麺 これがちょっと特徴的でありまして…
好き嫌いの意見がはっきりと分かれるところでありましょう
ワタシは… 嫌いではないですよ


P4080210-1.JPG
そして、麺だけじゃつまらない だけど、餃子って気分じゃない
ってことで、今日は野菜をたっぷりといただきましょうと“野菜炒め”をいただきます
ほとんど“もやし炒め”ではありますが、その調味はなかなかなものでありまして… ご飯のおかずにぴったりであるような醤油ベースの味付けでありました
火が通りやすいもやしでありますが、そのシャキッとした食感を残した炒め加減も見事でありまして…
なるほど、ココを多くのお客さまが利用されるのも納得ですね


P4080215-1.JPG
そして、料理が美味しいだけでは無く、看板娘の接客がとっても感じ良いのでありまして…
声のトーンもステキでありますし、自然な笑顔で接してくれるのです
特別な教育を受けているわけではないのでしょうが、その自然な接客に好感が持てますね


ちょっとお気に入りの一軒であります


【つけ麺 みなみ】
神奈川県横浜市金沢区谷津町371-2
045-781-4289

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



つけ麺 みなみ
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

JR中央線四ツ谷駅:「嘉賓」    カキの和えソバと海老の炒め揚げ 名物的料理にリピートしてます

P4070188-a.JPG

定例である食事会
今回は不参加を予定していたのだけど、別の予定がキャンセルとなったので急遽参加することにいたします
仲間が集まっての情報交換が目的でありますから、場所はどこでも良いことは良いのですが…



P4070186-1.JPG
今回の会場は四谷にある「嘉賓」って中華料理のお店
ココをよく利用するのには理由があって… それはココでしかいただくことが出来ない、アレとアレがあるからなんですよね
飽和状態である外食産業においては、このココでしかいただけない商品と言うのが生き残りのキーワードではあるのですが、それが言うほどに簡単なモノでは無くて…


P4070187-1.JPG
先ずは前菜を中心にいくつかの料理をいただきます
コリコリの食感と酸味が効いたタレの香りが美味しいクラゲで食欲を掻き立てて…
フワッとジューシーな蒸し鶏には程よい塩味が効いていて、コレをおかずにご飯までもいただけそうであります
たぶんこちらでい餃子をいただくのは初めてかも…
ニラの風味がキチッと効いていますしパリッと焼かれた皮の食感も見事です
先回いただいてファンになったのが、レタス包みでありまして、具材の美味しさもさることながら、シャキッとしているレタスの美味しさが癖になりそうです


P4070189-1.JPG
その後数品のお料理をいただき、アレの一つである“海老の炒め揚げ”の登場であります
関西の中華料理屋さんでこれを見かけることはあるのですが、なぜか関東では滅多にお目に掛かれない料理であります
言ってしまえば海老の天ぷらなのですが、その海老のプリッと感が堪らないのであります
最近では、そのプリッと感を出すために加水された海老が出回っているようですが、それらのモノとは全く異なる海老本来のプリッと感の中には旨みがたっぷりなのです
牛肉を柔らかく美味しくするために牛脂を注入したモノが食材偽装などで目の敵にされていますが、この加水した海老はあまり騒がれないのは何故なんでしょうね???


P4070201-1.JPG
そしてもう一つのアレで〆といたします
こちらの名物商品・看板商品でもある“カキの和えソバ”
細い中華めんを蒸して、油とカキソースを和えただけで、何の具材も入ってないシンプル過ぎる商品なのですが、コレがコレが…
リピーターを続出させる商品でありまして、何度か真似しようとしましたが、この味にはならないんですよね
何らかの隠し味があるのでしょうが、それがわからなくて…


数多くある飲食店の中から自店を選んでいただくためには、そのお店の特徴やこだわり、看板料理などをお客さまに伝えることが大事なことでありまして…
もちろん他の商品も十分に美味しいモノでありますから、ココでの会食は満足いくモノでありますね



【嘉賓】
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿倉ビル2F
03-3358-7912

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

東京メトロ有楽町線月島駅:「さくら亭」    大きな窓から見える桜並木を眺めながらのランチ

P4060184-a.JPG

今日は花冷え
かなり冷え込んでいますし、小雨交じりの天気でもありまして…
そんな天気の中、どこにも出かける気になれずに、ご近所のお店でランチを済ませることにいたします



P4060176-1.JPG
隅田川ウォーターフロントに隣接するマンションの1Fにある「さくら亭」
そこから見える桜並木がキレイであると言うことから、この時期にこちらを訪ねるお客さまも多いことでありましょう
日頃は14:00位から17:00位までは準備中となるお店も、今が書き入れ時とばかりに通し営業をされているようですね


P4060179-1.JPG
窓側の席は限られていますが、大きなガラズ針の窓でありますから、どこにいても桜を眺めながらの食事が出来るってこともあって大盛況である様子
ご近所のご婦人方が中心であるようですが、ゆったりとした席に座って寒さに震えることも無くお花見を楽しんでいらっしゃるようですね


P4060183-1.JPG
そんなお花見用の御膳も用意されていましたが…
鮭の幽庵焼きとスズキのフライ お刺身に唐揚げまでもが付いてお手頃なお値段であったことに惹かれて、通常メニューの中からランチ御膳をいただくことにいたします
幽庵焼きは焼き置きされていたようでそれどの満足は無かったのですが、フライは揚げたてのサックサク
スズキの身もホッコリとしていましてとっても美味しくいただけますね
自家製のタルタルもたっぷりと添えらていますので、遠慮すること無くフライに付けて…

マグロは生でありましょうか
ねっとりとした舌触りがとっても美味しくて… やっぱりマグロの赤身は美味しいものなのだと再認識させていただけます

もちろんご飯も甘みがある美味しいモノでありましたので、今日のランチは満足いくモノでありました


【さくら亭】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-5560-3321

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

東京メトロ有楽町線月島駅:「めし屋」     その名もズバリめし屋 美味しいご飯とお魚料理がいただけます 

P4050170-a.JPG

扁桃腺を腫らしてしまったみたいで熱っぽい
大した熱ではないのだけど、来週には新入社員研修が控えているため、声が出なくては始まらないと病院へと出かけ抗生物質をいただいてきます
毎年1〜2回ほどは扁桃腺を腫らしてしまうのだけど、こればかりは市販の風邪薬では治らないもので…


P4050165-1.JPG
で、その帰り
病院の向かいにあった定食屋さんでランチをいただくことにいたします
以前からこの場所にあった定食屋さんが、マンション建設のために仮店舗で営業されていたようですが、ようやく元の場所に戻って来たようです
当然、お店も新しくなって…
昔のお店は知りませんが、居心地が良いお店であります


P4050172-1.JPG
いただいたのは“あじタタキ丼”
本日のおすすめ定食と言うモノがA・Bと2種用意されていまして、もう一方の焼魚にも惹かれましたが、新鮮だからこその1品である“あじタタキ丼”をチョイスした次第であります
漬けにされた鯵に生姜醤油を垂らして…
全く臭味がない鯵はとっても美味しくいただけますね

刻まれた青菜の漬物に塩辛、それに海苔の佃煮などと、テープルにより置かれているモノが異なりますが、3種ほどのモノが置かれているようですね
運悪くワタシがいただいた席には置かれてませんでしたが…
今日のワタシは丼物をいただきましたのでそれを使う必要はありませんでしたが、定食ものをいただくときにはそれらがとってもありがたい存在ですね



日祝日が定休であるってことは残念でありますが、ご近所に美味しい定食屋さんがあるってことはとってもありがたいことでありまして…
ココへの再訪も間違いなさそうです



【ひもの定食・酒家 めし屋】
東京都中央区月島1-5-2
03-3534-0486

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

東京メトロ銀座線京橋駅:「948」   串屋? 夜は串揚げ居酒屋ですが、お昼には手軽なうどんがいただけます 

P4030146-a.JPG

昨日の雨と打って変り、今日はスッキリと晴れ渡った天気であるものの、花冷えとでも言いましょうか
ちょっと肌寒さを感じる日
そんなこともあってか、何か温かいものが食べたくなってきまして…



P4030139-1.JPG
八重洲地下街にある「948」
夜には串揚げを、そしてお昼にはうどんを提供するスタンディングのみのお店にお邪魔いたします
女性をターゲットとしたテナントが多い地下街ではありますが、日本橋側から入ったすぐのところにあると言う場所柄もありまして、いずれの時間も近隣のビジネスパーソンで賑わっているのであります


P4030141-1.JPG
お店の前を通りがかりますとお出汁の良い香りがしていまして、ずっと気になっていたのでありまして…
で、今日は打合せへと向かう前に、ココのおうどんでランチといたします
先ずは先に会計を済ませて、カウンターの空いているスペースへを陣取りまして、提供される商品を待るのですが、この間も良い香りに包まれていまして、お腹が鳴きそうなるのを我慢であります


P4030145-1.JPG
透き通った出汁と鶏天があることから、ココが提供するのは西のうどんであることがわかります
もちろん鶏天はワタシがチョイスしたモノでありますが…
想像通りにスープは出汁が効いているものでありまして、天ぷらとの相性が抜群であります
麺は冷凍モノが使われているようですが、最近の冷凍めんはレベルも高く、下手にお店で打ったモノするよりも美味しくいただけたりするんですよね
ってことで、ココで提供されるうどんもモチッとしていて、ツルツルっといただける納得のモノでありました


P4030142-1.JPG
そしてコレがすじ煮丼でありまして、トロっとなるまでじっくりと煮込まれたアキレスが美味しくいただけますね
味噌を加えて煮込まれたソレは、ごはんとの相性も抜群ですから、おうどんとの組泡でかなりのボリュームになるのですが、ペロッといただけちゃいますね


しかもこれだけいただいても750円と言うお値段でありますから、連日の賑わいも納得でありますね
16:00位まではこのうどんを提供するランチタイムであるようですから、遅いランチやちょっと小腹が空いたときなどに最適でありますね
まいどおおきに食堂でお馴染のフジオフードシステムが運営するお店であるようで、串家物語で培った串揚げのノウハウと、つるまる饂飩で培ったうどんのノウハウを合体させた新業態
この手のお店の展開も視野においているのでしょうかね?



【948 串と饂飩】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街
03-3548-1948

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

JR東海道線横浜駅:「めぐみ水産」    ポルタ地下街にある立ち食いのお寿司屋さんで夜ごはん

P4030149-a.JPG

一日中降り続いた雨 
結構強く降るときもあったりしましたので、美しく咲き誇っている桜が散らないと良いのですが…



P4030162-1.JPG
横浜で2件の打ち合わせを終えて、夜ごはんをポルタ内にある立ち食いのお寿司屋さん「めぐみ水産」へ
立ち食いスタイルのお店でありますから、ひとりでも気軽には入れますし、何と言ってもお手頃にお寿司がいただけるところが魅力でありまして…


P4030148-1.JPG
横浜駅の東口は開発が進んでいるエリア
多くの企業が入るオフィスビルも増えているのですが、まだまだ西口ほどの飲食の施設がある訳でも無くて…
そんなことでか、この時間には、会社帰りに1杯なんてお客さまが中心でありまして、男性のお客さまを中心に賑わっていますね
日中にはそごうやポルタでお買いものをされるご婦人が中心であるお店でありますから、昼と夜では全く異なるお客さまの利用動機に対応されているようですね


P4030152-1.JPG
ってことで、お刺身は当然のことながら揚げ物や煮物など、お寿司以外にも多くのつまみメニューが用意されていまして…
お魚ばかりじゃ飽きるでしょうと提供されている牛肉の煮込みなのですが、キチンとお店で煮込んでとのことでありますから、先ずはそれをいただいてみることにいたします
どて煮とは異なりスッキリとした醤油味で煮込まれたモノで、その牛肉が柔らかいこと
多くのお客さまにご注文頂いてますよと言う接客の女の子が言っていたもの頷けます
そして、マグロの角煮やお刺身の盛りわせをいただいてみますと、お刺身の盛り合わせには鮑までもが乗せられていまして…
立ち飲みでありながらも、ちょっとしたプチ贅沢を感じましたね


P4030150-1.JPG
そして、この“まぐろぶつ”が一番人気なのだとか
赤身のほかにトロまでもが山盛りにされているにもかかわらず、これが290円だと言うのですから驚きですね
チェーン店で同様の商品をいただきますとマグロが水っぽかったりするのですが、ココはマグロの卸し問屋さんが展開するお店でありますから、見た目のインパクトだけでなくそのお味にも満足できるモノでした
甘みがあるマグロにわさびはとっても良く合いますね


P4030160-1.JPG
〆はお寿司
小ぶりなお寿司ではありますが、キチンと熟練の職人さんが握ってくれるものですから納得いくモノですね
鯵やカンパチ、トロなどをいただき、もちろん大好物である鉄火巻きも…


軽く夜ごはんをいただこうと立ち寄ったお店でありましたが、しっかりとお腹を満たしてしまい…
美味しいお料理ってつい食べ過ぎてしまいますね



【三浦三崎港めぐみ水産】
神奈川県横浜市西区高島2-16 横浜駅東口地下街ポルタ内
045-620-5188

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]


posted by koutagawa at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「カフェハウス」    駅から5分 ステキな空間で打ち合わせをいたします

P4020137-a.JPG

今日から3日間、東京ビッグサイトにて開催される『FABEX2014』
食肉の産業展や麺の産業展、ワイン&グルメ、スイーツ&ベーカリーなど食に関わる様々な情報が集まるイベントへ
旬である食材や料理など時流を学ぶ機会として、積極的に参加しているイベントなのですが、今回も多くの情報をいただくことが出来ました


P4020129-1.JPG
豊洲へと移動して、人気のカフェで打ち合わせをいたします
店舗デザインだけでなく、その環境までもをデザインした言うがステキなお店でありまして、これからの季節はテラス席で過ごすひとときも心地良いものになることでありましょう


P4020132-1.JPG
近隣のタワーマンションに住む奥さま方や、ららぽーとへお買いもの来た奥さま方など、小さなお子さまを連れているお客さまやグループでのお客さまで賑わうお店
広々とゆったりとしていますので、周りのお客さまをさほど気にすることが無いってところがワタシもお気に入りなのであります


P4020136-1.JPG
今日はサンドイッチをいただいてみようかと思っていたのですが、それはバケットが使われているのだと聞き、やっぱりバーガーをいただきます
ココのバーガーはギュッと締まった肉々しいパテが使われているところがお気に入りで、ちょっと甘みがあるバンズにも負けない主張をしているのであります
ボリュームのしっかりとしていまして、提供される姿は高さ150mm以上ありそうなほど
それをギュッと押しつぶして頬張りますと…
先のパティから溢れる肉汁がお口の中に広がります
シャキッとしたレタスの食感もステキでありますし、厚めにスライスされたトマトの甘みと酸味が良いアクセントになっています


ステキな空間で過ごす時間と言うのは心地良いもので…
ひとりで読書をしたり、パソコンを開けたりと各々の時間を楽しむのも良いですし、仲間とのおしゃべりや打ち合わせなど、いろんなシチュエーションに対応できますね
更には、ココではバーベキュー設備もありまして… 
遠くまで出かけること無く、身近でバーベキューを楽しみなんてのも良さそうですね



【CAFE;HAUS】
東京都江東区豊洲2-1-9
03-5534-8025

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

東京メトロ有楽町線永田町駅:「日の陣」    移動途中にEchika fit永田町でいただいた親子丼

P4010120-a.JPG

午前中から三軒茶屋へと出かけます
元々打ち合わせの予定があった三軒茶屋なのですが、昨日ホームページを見て問い合わせをしていただけた方も三軒茶屋とのことで、当初のアポイントの前にお会いすることにいたします
こんなタイミングの良さでありますから、これも何かの縁ですねって、打ち合わせも上手く進みまして…



P4010113-1.JPG
2件の打ち合わせを終えると15:00近い時間になっていまして…
折角だから三茶でランチをいただこうと思ったのですが、美味しそうな雰囲気がするお店は既にお昼の営業を終えていますね
それで、パンケーキのお店で… とも思ったのですが、女の子ばかりが列を作っていましたので、そこにオジサンひとりで並ぶ勇気も無く三茶を後にいたします
次の打ち合わせに向かう途中の乗換駅
それほど時間に余裕もありませんので、そこにある「Echika fit」へと立ち寄ります


P4010127-1.JPG
選んだお店は「日の陣」ってお店
“こく旨肉そば”なる商品がウリであるようではありますが、店頭に置かれたランチのメニューボードにある親子丼がとっても美味しそうだったので…


P4010121-1.JPG
それとお蕎麦のセットメニューをいただくことにいたします
トロトロの卵が美しい丼はつゆもたっぷりでありますし、何よりお蕎麦屋さんで使われる上等なお出汁でありますから、それがとっても美味しいこと
お蕎麦はかなり固めに締められたモノでありまして歯応えある食感を楽しめましたよ


フードコートと言いながらもココは高級感ある設えでありまして、客席はかなり寛げるものになっていますので、移動途中のちょっとした休憩にも使えそうですね




【こく旨肉そば 日の陣】
東京都千代田区永田町1-11-28先 東京メトロ永田町駅構内B3F エチカフィット
03-5510-3077

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。