2014年03月31日

東京メトロ日比谷線六本木駅:「あんど」    水炊きと馬刺し 感じ良い接客に大満足

P3310101-a.JPG

21年ぶりに会同僚と楽しむランチ
スカイツリーで待ち合わせをしたのだけど、春休みってことでか激混みでありまして、ココではゆっくり食事をいただくことは出来ないと場所を移動して話題のお店へと向かいます
同じ釜の飯を食った同僚だけに、永くご無沙汰していたとは思えないほどに親近感があり、一緒に働いていた頃の思い出や近況報告など話は尽きること無く、あっという間に4時間ほどが過ぎて…



P3310077-1.JPG
夜の西麻布
ちょっと隠れ家的な雰囲気がある「あんど」ってお店で会食であります
水炊きと馬刺しをメインとしているお店であるのですが、スタイリッシュに水炊きをいただけるお店ってことで、そんな演出だけに力が入れられていて、本来のお料理には期待が出来ないのでは? なんて思いもありながら伺ったのですが…


P3310083-1.JPG
お通しに提供される酢モツが苦手だと伝えると、嫌な顔一つなく「明太子はお好きですか?」と対応していただけた上に、炙らないでとのリクエストにも笑顔で応えて下さる臨機応変な対応に感心いたします
そんな好印象で始まった会食はお鍋の前にいくつかのお料理をいただくことにいたします
生のえのきがトッピングされた“生えのきサラダ”
きのこは自体の菌が自己発生を起こすことから生食できる期間は採取後2〜3日程度 そんな希少な生えのきはシャキッとしていてフルーティーな香りがして…
あまり見かけることが無い“明太子の天ぷら”なる商品
サクッとした衣に覆われ中はまだ生のまま 炙りとはまた異なる味わいがちょっとお気に入り
熊本を代表する料理の一つであるからしレンコンは、これまでいただいたモノとはその姿が異なり、食べやすい一口サイズに調理されていますね


P3310093-1.JPG
そしてこちらのウリである商品の馬刺し
なんと、コウネやロースにバラなど5種が2貫ずつ盛られて1人前と言うことで、かなりリーズナブルな価格設定がされていますね
これなら、予算をさほど気にすることなく注文できますね
もちろん九州の甘みがあるお醤油が添えれていまして、その甘味が馬刺しの美味しさを倍増させてくれますね
低カロリーで高タンパク
牛肉の生食が禁止されたこともあって、最近ではちょっとしたブームにもなっているようです


P3310100-1.JPG
水炊きです
美味しいスープが取れてるでしょ? と言わんばかりに濃厚なスープをいただくことから始まります
唇にまとわるようなとろみと、程よい獣臭 良い感じでありますね
そんなスープにたっぷりの野菜を入れて… キャベツかしんなりとして甘みが出てきた頃がいただき時であります
ホロホロになるほどに煮込まれた鶏肉は、こだわりのありた鶏
地鶏ならではの歯応えある食感と、そこから滲み出る旨みはお替りしたくなるほどですね
〆はもちろんちゃんぽん麺
ラーメンや雑炊も用意されているのですが、そこはやっぱりちゃんぽんでしょ!
モチッとした食感と、野菜の旨みも足されたスープが上手く絡み合い… 柚子胡椒で調味しても良し、ポン酢を少し垂らしても良し 
明日目覚めたら、お肌がプルンプルンですね


P3310105-1.JPG
色んなデザートが用意されているとのことですから、それを一つずついただきます
ヘーゼルナッツのアイスクリームや柚子シャーベット それにフォンダンショコラやプリンなど手が込んだものまで…
どれも美味しいモノでありましたが、わたしはヘーゼルナッツアイスクリームが一番お気に入りです


実はココのオーナーは、ジローラモさんでありまして、知ってはいましたが、お店の方にさり気なく聞いてみますと口を濁していましたので、あまりそれをオープンにしていないようですね
芸能人のお店ってことで集客をするのではなく、美味しいお料理を目的として来ていただけるお客さまを大切にしようってことなのでしょう
ってことで、いただいたお料理のクオリティもしっかりとしていますし、何よりも接客が素晴らしいのです
お客さまを緊張させるような丁寧すぎるものでなく、気軽に話しかけることが出来るようなフレンドリーなトークと元気で笑顔ある対応に引き込まれてしまいました
夜の雰囲気もステキですが、お昼には博多うどんを提供されているようですので、次回はそれをいただきに伺いましょう



【水炊き・馬刺 あんど】
東京都港区西麻布1-8-21 エメロード西麻布ガーデンB1F
03-3470-7730

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

東京メトロ銀座線銀座駅:「わだ家」    こだわりに出汁でいただくしゃぶしゃぶと土鍋ごはん

P3300044-a.JPG

桜の見ごろである今週末ですが、昨日の好天から一転して今日は生憎の雨
強く吹き荒れる風で花が散らなければ良いのですが…
そんな中、ワタシはと言いますと、代官山にあるカフェでお茶を楽しんだあと、銀座へと移動をして、和田アキ子さんのお店「わだ家」へと向かいます



P3300018-1.JPG
場所は銀座西6丁目交差点の近く
上階にはクラブなど入るテナントビルの地下1Fでありまして…
お店は認知をしていただくことが難しいとされる地下店舗ではありますが、内照式の大きな看板が付けられていたりと、目立ちやすく、そして入りやすくする努力がされていますね


P3300050-1.JPG
天井高が低い店舗なのですが、天井に鏡が張られていていることでその圧迫感が拭われていますし、目線化したに向くようにとアッコさんの足型?が浮きがっていますし…
と、かなりデザインに力が入れられたお店でありますね
落ち着いた雰囲気ですし個室も用意されているようですから、接待に使うことも出来ますし、家族や仲間でもちょっと上質な食事を楽しみたいときなど、いろんなシチュエーションで使うことが出来る便利なお店であります


P3300020-1.JPG
銀座のお店、更には地下のお店ってことで、ちょっと緊張してしまう面もあるお店なのですが…
冷アッコと名付けられた冷奴では、アッコさん本人がお店に来た時にスタッフが緊張して手が震えることを演出した不安定な器が使われていたりと、お客さまとのコミュニケーションのネタが用意されていて…
かしこまらないフレンドリーな接客のお陰で、お客さまの緊張を解していますね
季節感ある先付や、ジャガイモのゴロゴロ感を残したポテトサラダなど、料理のレベルも高いモノでありまして、自然とお客さまにも笑顔が出てきますね


P3300028-1.JPG
アッコさんの足の大きさ?
かなり大きなわらじコロッケはサクッと揚がっていますし、使われているジャガイモの甘さが際立つってことで、辛子ソースが添えられて提供されます
ココでは話題性だけでは無くて、全ての商品に美味しさが追及されているようですね
たかが出汁巻ではありますが、こだわりの卵が使われていまして、見た目にも他とは違う濃い黄色でありますし、その味も濃厚であります
トロサバの燻製では、燻された香りがとても印象的で後を引きますね


P3300037-1.JPG
そして、しゃぶしゃぶ
豚肉にこだわると言うことで、信州雪豚や上富良野豚など、4種の豚肉が用意されていまして、ワタシは茨城県産の美豚を選びます
もちろん関西出身のアッコさんは出汁にもこだわりがあって、甘みがある関西出汁に“あぶらかす”が浮かべられています
コラーゲン質のあぶらかすでありますから、女性のお客さまに喜ばれるでしょうね


P3300056-1.JPG
土鍋ごはん
重たい木蓋で密閉されて炊き上げられるご飯は艶々で…
それだけでいただいても十分に美味しいものなのですが、それにはこだわりのお供が添えられています
駒川あづまやのちりめん山椒、まつば汐ふき昆布などアッコさんお気に入りのお店から取り寄せているようですね


【お菜屋 わだ家】
東京都中央区銀座6-6-11 第4ポールスタービルB1F
03-3569-0410

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



お菜屋 わだ家 銀座店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

東急世田谷線三軒茶屋駅:「大三」    はるな愛ちゃんの鉄板焼き屋さん お好み焼きのふわふわ感が半端ないです

P3290874-a.JPG

日中に経営者セミナー
銀行の方からは融資対象となる企業とはってことで講演をいただき、税理士さんからは経営計画書の策定についてお話しいただき…
友人でもある社労士からは助成金について学びました
久しぶりに受講生となりましたが、内容あるセミナーに刺激を受けて参りました



P3290851-1.JPG
頭を使った後はお腹を使ったお仕事で…
三軒茶屋にある「大三」ってお店へ伺います
JRA近くではありますが、路地を入ったところにあるお店でありますから、それほど目立ってはいないのですが通りからは大きな提灯に書かれた店名と、窓からこぼれる温かい明かりから雰囲気あるお店であることが窺えます
ココははるな愛ちゃんの鉄板焼き屋さんでありまして、彼女?は料理上手な方だと聞いていますし、一度お邪魔してみたいと思っていたお店なのであります


P3290856-1.JPG
そんな外観に見惚れていますと…
お店の方が出てこられまして、ご予約の方ですか? と声を掛けて下さいました
店内にいるお客さまだけでなく外にまで気を配ることが出来るお店であれば、これから始まる宴も楽しいものになることでしょう
照度が落とされた店内はオープンキッチンになっていまして、そんなキッチンを眺めることが出来る特等席とも言えるカウンター席も…
そんな洒落た雰囲気からか、お客さまは女性の方が多いようでありますね


P3290857-1.JPG
春を感じる若竹煮はとっても優しい味付けでありまして、出汁の香りとほんの少しの醤油味 振られた鰹節の旨みと若竹の食感 いやぁ、これは美味しかった。。。
そして、細切りされたオニオンのフライが乗せられたポテトサラダでは、そのオニオンのサクサク感との相性が良いですね
美味しさだけでなく、食感までもに気を使われた商品は女性受けしそうですね
厚切りハムカツでは、想像した厚みを超える10mmほどの厚みに驚かされまして…


P3290863-1.JPG
信玄鶏のこんがり焼き
皮目がカリッと焼かれ、辛子マヨネーズ?がお皿に敷かれていて…
見事なまでに決まった塩味も手伝い、ジューシーな鶏肉はとても美味しくいただくことができました


P3290865-1.JPG
薄切りされた豚バラがカリッとか焼かれ、それをフワフワの卵で包んだとんぺい焼き
お好みソースとマヨネーズが玉子ととっても良く合っていて、女性以上に女性らしい愛ちゃんらしい、女性受けしそうな商品に仕上がってますね
青のりの風味も良いアクセントになっています


P3290871-1.JPG
こちらで提供されるお好み焼きには、長芋が使われた“なにわ焼き”と、山芋が使われた“どろろ焼”とが用意されていますので、その両方を食べ比べてみることに…
先ずはどろろ焼
いくつかあるどろろ焼の中からはるなスペシャルをいただいたのですが、提供されたその姿は厚み30mmほどありそうなモノでありまして、かなりボリューミーに見えたのですが、それが実はフワフワなものでありますので、ペロッと1枚食べてしまえそうですね
チーズがとろけて焦げた風味や、おもちのモチモチ感が楽しめるのですが、ちょっとキムチのタレが多かったのか、全体的にキムチ味一色になってしまっていることが少し残念に感じます
なにわ焼きではフワッとした中にもモッチリ感があり、どろろ焼よりも生地が締まっている感じ
ミックス焼きをいただきましたが、大き目のにカットされた海老やイカなどが入っていて贅沢感も味わえます

何れもフワッとした食感にこだわっているようで、女性受けしそうな商品ではあるのですが、春キャベツってことからでしょうか? キャベツの甘みや旨みがあまり感じれなかったことがもったいないですね


P3290878-1.JPG
十分に満足して寛いでいますと、料理長さんが「お味は如何でしたか?」と席まで来てくださって…
「ロール寿司にも自信がありますので、次回はぜひそれも召し上がってみてください」と仰いますので、それもお願いしちゃいました
厚切りのサーモンが炙られレアな状態 それをアスパラやアポカドを巻いたお寿司の上に乗せられて、更にわさび味のトビッコで彩りと香りを添えて提供されました
そのままお召し上がりくださいとのことではありましたが、ちょっとだけ醤油を付けたほうが美味しくいただけますね


雰囲気が良いお店でありますし、お料理もしっかりとしたモノですから、デートや仲間内での食事会などに使うにはピッタリのお店でありますね
愛ちゃんに会えなかったことは残念でありますが、またの機会に期待することにいたしましょう



【鉄板焼き・和食 大三】
東京都世田谷区三軒茶屋2-16-16
03-3414-5151

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

JR山手線渋谷駅:「塚田農場」    接客が楽しい サプライズが楽しみ 人気の秘密を勉強いたします

P3280798-a.JPG

新業態開発業務で渋谷へ通い詰めた数日
希少であり、その美味しさが話題になっている石垣牛と沖縄料理と宮崎料理を提供するお店でありまして、ココでしかいただくことが出来ないであろう商品の数々が出来上がりました
話題性もある商品が用意されていますので、皆様にお披露目できる日が楽しみであります



P3280809-1.JPG
で、その打ち上げを塚田農場で
実はワタシ、その前身とでも言える「じどっこ」へお邪魔したことはあるものの、恥ずかしながら「塚田農場」は初体験なのです
塚田農場はココから始まった… 
そんな一号店がココ道玄坂下のお店でありまして、本店と位置付けられた存在であるようですね


P3280806-1.JPG
まだ開店して間もない時間でありましたのでお客さまの姿は多くありませんが、予約がいっぱい入っているようで…
なんとか、その予約時間の前までってことで、お店の真ん中にあるテーブル席をいただくことが出来ましたが、フリーでは入ることが困難なほどに予約が入っているようです
今日は週末ってことで特別なのかもしれませんが、多くのお店が呼び込みに必死な中、お客さまからの予約だけで席が埋まってしまうお店ってそうそうあるものではありませんから、こちらの人気のほどが窺えますね


P3280794-1.JPG
お通しとして提供されたきゅうりとキャベツ
最近はこういったお通しを提供するお店が増えてきたように思いますが、ココのきゅうりの鮮度には驚かされまして、油味噌を付けてパキっと頬張りますと、そのみずみずしい甘みがお口いっぱいに広がってくるほどなのです
サツマイモのフライは、ジャガイモのそれとは異なる甘みがありますし、ホクッとした食感は焼き芋をいただいているかのような印象を受けますね その甘味を活かしてデザート感覚でも召し上がって下さいとかわいい絵が描かれたホイップクリームが提供されるサプライズもあって…
こういったサプライズがどのお客さまにも提供されるモノでは無くて、ココを利用する度に異なったサプライズに驚かされるってことがリピーターの多さの秘訣だったりするですよね


P3280799-1.JPG
「お願いランキング」ってテレビ番組で満点を獲得したと言う“チキン南蛮”
ってことは、チキン南蛮の本場である宮崎出身の川越シェフも満点を出したってことですから、その期待値は頂点でありまして…
その期待値が高すぎたせいか、もちろん美味しくはあるのですが、それほど感動することも無く…
ワタシ的には、南蛮酢の甘みとコクがもう少しあったほうが良かったかな


P3280804-1.JPG
そして肉巻きおにぎり
この商品には力を入れているようで、オリジナルのバリエーションも揃えられていまして、そのどれをいただこうかと迷いましたが、やはりもっともオーソドックスなものをいただきます
ココでは牛肉ではなく豚バラが巻かれていますが、それがタレとしっかり馴染んでいまして、とっても美味しくいただきました


ココのスタッフ
決められた作業をこなすような接客では無くて、お客さまと一緒に楽しんでいるような…
色んなサプライズをお客さまに合わせて提供したり、商品の説明はもとよりお店の特徴などを語ってけれたりとお客さまとのコミュニケーションをとることに力を入れてらっしゃるようですね
これまでの多くのチェーン店とは異なる新しいスタイルがお客さまに受けているのでしょう また伺わせていた来たいお店であります



【宮崎県日南市 塚田農場】
東京都渋谷区道玄坂2-6-1 岩崎ビル3F
03-5456-6277

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



塚田農場 道玄坂下店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

JR山手線渋谷駅:「天馬堂」    ゆったりした店内でいただける気軽なカレー屋さん   

P3270788-a.JPG

今日も渋谷での打ち合わせ
途中テレビ局の方との打ち合わせが急に入ったりもして、バタバタとする一日でありました
そんな打ち合わせもようやく終わり、このまま帰っても夜ご飯を食べ損ねてしまいそうで…
それで、渋谷で夜ご飯をいただくことにいたします
とは言え若者で騒々しいお店は嫌だってことで、比較的空いているお店を選んでカレーをいただくっことに相成りました



P3270785-1.JPG
場所はスクランブル交差点を渡った道玄坂の入口
そこにあるグルメタウンなる飲食施設でありまして、6F〜8Fが飲食フロアに10店以上のお店が入っているのですが、そのほとんどが日本レストランシステムって言う、“洋麺屋五右衛門”を展開している会社のお店なのであります
名前は古臭くても渋谷の一等地でありますから、キチンとした儲かるシステムを持つチェーン店でなければ家賃が払えないってことなのでしょう
どこの街に行っても、その中心には見慣れた看板しか無いというのは残念なことなのですが…


P3270786-1.JPG
店頭にあるサンプルにはカレーとシチューの店と書かれ欧風カレーがメインだったように思うのですが、店内に入るとナンを焼き上げるタンドールがお出迎え
アレっと思って聞いてみますと、以前は本格的なインドカレーのお店だったのだとか…
納得であります
が、お客さまはと言いますと…
閉店の時間が迫っている時間だったからでありましょうか ほぼノーゲスト状態でありまして、これで経営が成り立つの?って感じではありますが、静かに食事をいただきたいワタシにはありがたいことであります


P3270787-1.JPG
北海道のスープカレーやタイのグリーンカレーなどもありまして、そのカレーの種類は豊富に揃えられています
スタンダードにビーフカレーの美味しそうですし、ちょっとボリューミーなカツカレーにも惹かれたりしましたが、最終的に選んだのはチキンバターカレー
カレーとチキンの組み合わせは王道ですからね
トマトを煮込んだ優しい味のバターチキンカレーでありますので、本来はそのまろやかさを楽しむべきなのかもしれませんが、辛いもの好きのワタシは10倍と書かれた極辛でいただくことにいたします
チキンはホロホロになるまで煮込まれていまして、スプーンで押さえるだけで身が骨から外れるほど
際だった美味しさとは言えませんが、気軽にいただけるカレー屋さんとしては十分な美味しさでありますね


商品は悪くないのですが、とっても気になるの接客のレベルでありまして…
アルバイトさんはただ決められた作業をこなしているだけって感じでありまして、そこに笑顔やヤル気と言うモノが全く感じられないんですよね
これでは働いている人も楽しくないでしょうし、何よりお客さまにとっても不快なモノでありまして…
ココがガラガラである要因の一つであるように思えますね



【カレーとシチューの店 天馬堂】
東京都渋谷区宇田川町23-3 渋谷第一勧銀ビル7F
03-5459-3398

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

JR東海道線横浜駅:「首里」    オープンして8年ほど 未だに繁盛を続ける沖縄料理居酒屋

P3260769-a.JPG

渋谷での打ち合わせを終えて横浜へと移動
ブームが去った感がある沖縄料理で未だに多くのお客さまを集めていいるお店を視察しましょうってこと
今の時代、同じコンセプトもお店を長く続けることは難しいことでありまして、長くてもの5年、多くは3年ほどで新しいスタイルのお店にお客さまが動いてしまうのであります



P3260780-1.JPG
横浜駅前にある岡田屋モアーズって商業施設の8F
同じフロアには、横浜の方々のソールフードとも言えるようなハンバーグの名店「ハングリータイガー」も出店していて、そこは席待ちのお客さが列をなしていますね
人が集まる商業施設と言えどもココ横浜駅周辺には多くの施設がありまして、その施設間でも集客を狙った改装やテナントの入れ替えを積極的に行われていて。余程の人気店でなければ撤退させられるなんてことも多いようであります



P3260752-1.JPG
お店に入りますと、ほとんどのお客様が女性客でありまして…
女性人気のお店は繁盛するとも言われていますが、反面、新しいものに敏感な部お客さまでもありますので、その人気を保つってことは難しいことでもあるのです
そんな中、10年近く経って今でもお客さまを集めているコチラはかなりの努力をされているのでしょうね


P3260754-1.JPG
店名を背負ったサラダには沖縄素材である、海ぶどうや島らっきょ、それにハンタマなる紫色の野菜も使われていまして、あれこれといろんなものを楽しむことができるモノであります
そして、ゴーヤチャンプルーでは、本当でいただくソレのように優しい味付けではなく、お酒のつまみになるように濃い目の味付けがなされていたりと、工夫もされているようであります
麺好きのワタシが愛する沖縄料理といえば、ソーミンチャンプルーでありまして、こちらでいただくそれにはホワイトペッパーが利かせてあり、ちょっと癖になるような味に仕上げられていますね


P3260770-1.JPG
いろんなお料理を楽しんだあと締めのご飯としてタコライスをいただくことにいたします
沖縄というところ、琉球王朝時代の名残や、アメリカの占領下にあった時代の名残など、いろんな文化が混じっているところでもありまいて、このようなメキシカン的な料理も沖縄に根付いているのでしょうね
ピリッとした辛味と酸味がマッチしたサルサソースと挽肉をご飯と混ぜ合わせていただく料理なのですが、それを石焼として提供するなどのオリジナリティーも加えられていますね
チーズが溶けて石焼きで香ばしく焼かれた香りや、その塩味も食欲をそそります


P3260778-1.JPG
更にもう一品
どうしても食べておきたいのが沖縄のそばでありまして…
ラフティーが乗せられた沖縄そば屋、あばら肉の煮込みが乗ったソーキそばなども良いのですが、最近では沖縄のお店でも見かけるようになった創作料理である“沖縄焼きそば”であります
卵を使っていない、小麦粉だけで作られる沖縄の麺、それを野菜と一緒に焼いたものでありまいて、その味付けはソースではなくて塩
都内でも塩焼きそばをうるお店も増えていますので、その良いとこ取りをした商品でありますね


こちらのお店は中華料理店を展開する会社がやっているってこともあって、島豆腐を使った麻婆豆腐や島唐辛子を使った坦々麺があったりと、自分たちの得意分野を生かした創作メニューがたくさんあって…
そんなお客さまを飽きさせない努力が繁盛の継続になっているのでありましょう



【南国食堂 首里】
神奈川県横浜市西区南幸1-3-1 横浜岡田屋モアーズ8F
045-324-2538

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

京浜急行本線追浜駅:「うれしたのし屋」    三浦半島丸かじり!! 地モノの美味しいお魚をいただきます

P3250745‐a.JPG

横須賀での打ち合わせがあって、今日もまたずっと訪ねてみたかったお店へと向かいます
「三浦半島丸かじり!!」をテーマに、生産者さんや漁師さんから直に食材を仕入れることで、新鮮で美味しいことはもちろんのこと、中間業者を省くことで、お客さまにお値打ちな価格で商品を提供していると評判の居酒屋さんなのでありあす
本当ならば夜に伺って、その真髄を見たいところではありますが、なかなかその時間取ることができず…
仮にワタシの時間が取れても、お店側がお客さまでいっぱいでは入れなかったりもするですけどね


P3250730‐1.JPG
追浜駅前とは言えども、そこは各駅しか止まらない駅でありますし、駅前の通りから車一台がようやく通れるほどの細い路地の奥にあるお店ですから、通りがかりにふらっと立ち寄るようなお客さまは皆無と言っても良いかと思われます
そんなお店に、開店と同時に伺ったのですが…


P3250747-1.JPG
ほとんどの席が既に予約で埋まっていまして、残り少ない空き席を何とかいただくことが出来ましたが、予約のお客さまが続々と来店されまして、あっという間に満席状態になってしまいました
お客さまはご近所のご婦人方がほとんどで、ご婦人というよりもお母さま方と言ったほうが似合っているかもしれませんね


P3250736‐1.JPG
今日は地アジが勧めだということで、そのフライをいただくことにいたします
細かなパン粉を丁寧に付けたフライは、とってもサクっと揚がっていまして身はふっくらとしているです
もちろん揚げ油にも気を使われているのでありましょう スッキリと軽い揚げ上がりでもありますから、これなら胸焼けをするなんてことは無さそうですね



P3250743‐1.JPG
そして、プラス100円でお刺身を付けることが出来るというので、さほど期待することも無くそれをいただいたのですが…
まずはコレが100円? と声が出そうなほどの見栄えにビックリ
続いて、そのお刺身の鮮度の良さにビックリなのです
一番手前にある鯛にも見えるお刺身は、脂坊主とも呼ばれるタラの仲間であるお魚であるそうで、水深300m以上のところで生息していることから、それを網で捕ることが出来ず、市場にも出回らないことから幻の高級魚とも言われているのだとか…
脂がたっぷりとのっているので、食べ過ぎるとお腹を壊すとも言われているようですが、蕩けるような舌触りは格別でありますね


お昼のお勧めとは言え、これだけのものが締めて980円でいただけるとあれば、お昼から予約を入れるお客様でお店が溢れるのも納得でありますね
今度は絶対に夜に伺おうと心に決めて、お店を後にいたします



【うれしたのし屋】
神奈川県横須賀市追浜町3-38
046-865-6641

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]



うれしたのし屋
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

豊橋鉄道東田本線駅前大通駅:「かつさと」     ふわふわ玉子と丼タレの美味しさが光るワンコインかつ丼

P3240725-a.JPG

新幹線までの時間を利用して、駅前にオープンした「かつさと」へ
豊橋に来た時には必ずのようにたり寄りたいお店なのですが、これまでは郊外にしか無くて、それが叶わないことも度々だったのですが、ココがオープンしたくれたおかげで美味しいかつ丼をいただく機会が増えそうであります



P3240719-1.JPG
店頭にはたくさんの商品画像が張られていますので、遠くからでもココが何屋であるかが一目でわかる設えになっています
以前のセルフうどんを改装したお店なのですが、そんな外観が功を奏したのか多くのお客さまが利用されているようです


P3240723-1.JPG
お店に入りますと、かつ丼のお店に相応しい体格をしたお客さまがいらっしゃいまして…
親近感を感じるからでしょうか そんなお客さまがいらっしゃいますとホッとするんですよね
窓の外眺めるカウンター席や馬蹄形のカウンター席など、そのほとんどの席がカウンタースタイルなのですが、奥にはいくつかのテーブルもありましたので、今日はそこをいただくことにいたします


P3240724-1.JPG
かつ丼メインのお店ではありますが、とんかつ定食やカツカレーもありますし、いつもお肉じゃ飽きちゃうよってお客さまのためにイカフライやアジフライなんて商品も…
どれにしようかと迷う楽しみの後で、やっぱりワタシはかつ丼をいただくことにいたします
フワッとした玉子がカツとうまく絡んでいまして、しっかりとした丼タレで煮込まれたカツをまろやかにしてくれていますね
お値段はとってもリーズナブルなのですが、カツはしっかりとしたボリュームがありますので、物足りないなんてことはありませんね


ワンコインでいただけるかつ丼のお店は他にもありますが、これだけの満足度を提供していただけるのはココだけではないかとおもうほどに、コストパフォーマンスが高いお店であります



【かつさと】
愛知県豊橋市広小路1-27 大石広小路ビル1F
0532-57-6638

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

東京メトロ東西線東陽町駅:「さざんか」     美しい器て提供される旬の食材あれこれはとっても優しい調味で大満足

P3230704-a.JPG

ポカポカ陽気の日曜日
ランチをいただきながらの打ち合わせの予定があって、ホテルイースト21へと出かけます
ロビーでの待ち合わせをしていますと、ディズニーランドの袋を持ったファミリーが出入りされていまして…
今日のような日のディズニーランドは過ごしやすかったでしょうね



P3230714-1.JPG
21Fにある「さざんか」なる日本料理店へ
打ち合わせをする方がココの料理長と知り合いであるってことで、間違いなく美味しいお料理がいただけるからと、こちらのお店の個室をいただき、パワーランチといたします
いくつかの案件をどのようにコラボレーションしましょうかという打ち合わせは盛り上がり、とっても楽しいモノでありました


P3230695-1.JPG
で、いただいたお料理は…
ウニとイクラ、それにキャビアが飾られた桜豆腐から始まり、いろんなお料理を少しずつ楽しめる会席スタイルでありまして、そのどれもがしっかりとしたモノでありまして、お碗の結び人参に、このビジネスが成功することの前祝のような気がしてちょっとうれしくなりました


P3230707-1.JPG
炊き合わせは使われている食材だけでなく、見た目にも季節感を感じるものでありまして、これぞ季節を大切にする日本料理だと感心させられますし、一つひとつのお料理に手間暇をかけた調理や盛り付けからは、心からのおもてなしが伝わりますね


P3230708-1.JPG
焼き物として提供されたのは、黄身焼と筍
お料理はもちろんですが、使われる器のセンスの良さが窺えまして…
滅多のこのような食事をいただく機会はありませんが、たまにはこんな食事をして自分のセンスを磨くことも必要ですね


P3230713-1.JPG
〆のご飯にはカニ身がたっぷりと乗せられていまして…
一体このランチだけでどれだけの食材をいただいたのでしょう
優しい味付けと旬の素材の数々に、お値段以上の贅沢を感じることが出来るものでした


こちらの料理長である永濱氏は「なだ万」出身
なんでも「料理の鉄人」中村孝明氏の弟弟子なのだとか
ってことで、その素晴らしいお料理には大変満足させていただきましたがサービスは少し残念な感じでありまして…
若いスタッフでありましたので経験が不足しているってことは致し方ないトコロではありますが、もう少し自然な対応をしていただけるとありがたいですね



【日本料理 さざんか】
東京都江東区東陽6-3-3 ホテルイースト21東京21F
03-5683-5683(代表)

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


[ここに地図が表示されます]

posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

東京メトロ有楽町線月島駅:「麗江」    古き佃の街並みに溶け込む人気の中華料理店

P3220679-a.JPG

打ち合わせを終えて、佃の街を散策したします
今では高層のマンションがにょきにょきと生えたような街になっていますが、その裏手には昔ながらの佇まいも残っていますので、そんな街並みを楽しみながら散歩するのも楽しいトコロなのであります
春の陽気が射し始めましたので、こういったお散歩が心地良い季節にもなりましたね



P3220670-1.JPG
佃小橋と言う赤く小さな橋の袂で見つけた一軒のお店
そのお店はマンションの1Fにありながらも、どことなく美味しさが伝わってくるような、素敵な雰囲気の設えでありまして、店頭に置かれた紹興酒の瓶から、ココが中華料理のお店であることを察することが出来ます


P3220684-1.JPG
マンション群がある大通りに面しているわけでも無く、地下鉄の駅に向かう通りに面しているわけでも無く…
わざわざ訪ねないとココへ来るとはないトコロにありながらも、多くのお客さまを集めているお店
そのお客さまも様々で、年配のご婦人方であったり若いカップルであったり
ならば、ココの料理がかなり魅力的あるの違いないと期待が膨らみます


P3220680-1.JPG
いただいたのは、本日のAランチである野菜入り酢豚
ゴロっとしたお肉も硬すぎること無く、野菜のシャキッと感も残されたモノでありまして、何よりもそれらが炒められている甘酢があまりにも見事なのであります
そんな美味しい甘酢を残すこと無く食べていただきたいってことでありましょうか スプーンが添えられていまして… 
ご飯にそれをかけていただきたくなるほどであります


P3220688-1.JPG
卓上に敷かれたランチョンには小籠包の美味しい食べ方が書かれていますので、きっと自信があるのだろうと、それをお願いしようと思っただのだけど、残念ながらお昼の時間には提供していないのだとか…
ならばと、プラス500円でいただくことが出来る点心セットをいただくことにいたします
シウマイに春巻き、それに海老餃子がそれぞれ1個ずつなのですが、そのどれもがなかなかのものでありまして、シウマイや春巻きは自家製なのかもしれませんね


自宅からは10分もかからないところでありますので、今度は夜に伺ってみることにいたしましょう
きっと美味しい料理でもてなしていただけること間違いなしでありましょうから。。。



【麗江】
東京都中央区佃1-6-7 大栄マンション1F
03-3531-6631

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





麗江
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

京成本線京成上野駅:「ねぎし」    いつもの“白4”をいただく夜ごはん

P3210663-a.JPG

冷たい風が吹き荒れてはいますが、コートが無くても良いくらいの陽気に恵まれた3連休初日である今日
打ち合わせで渋谷へ向かったのでありますが、その車内は家族連れやカップルで一杯で混み合っていましたね



P3210666-1.JPG
渋谷から上野へと移動をして、夜ごはんを「ねぎし」でいただくことにいたします
入店したタイミングではそれほど混み合ってはいなかったのですが、お店を後にする頃には席待ちのお客さまが列を作っていて…
こちらは古くから都内で牛タンのお店を展開しているチェーン店でありますが、ココ最近は本場仙台からも牛タン専門店が進出して来ていまして…
そんな影響を受けているかとも思いますが、実力あるお店はしっかりと繁盛していますね


P3210657-1.JPG
オープンになっている厨房では、髪の毛の混入などが無いように気を使ったユニフォームを着用したスタッフの方がテキパキとタンを焼いてくださっています
食べものを扱っているお店において衛生に気を遣うことは当然のことではあるのですが、飲食店にはスタイリッシュさも大切でありまして…
多くのお店ではこの二つの狭間で悩まれるところも多いのでしょうが、こちらはたくさんのお店を抱えるチェーン店でありますから、衛生のほうに重きを置いているってことなのでしょうね


P3210664-1.JPG
ちょっと前までは牛タン一本であったと思うのですが、こちらのお店では、牛カルビや豚ロース、鶏ももなどの商品が導入されていますね
もちろんメインとなる商品は牛タンでありまして、そのバリエーションも豊富なのですが、ちょっと専門店らしさが失われたような気もして、ちょっと残念な気もしたしますね

赤タンと呼ばれる赤身の部分やサシが入っている白タンの薄切などもあるのですが、ワタシがいつもいただくのは“白4”と呼ばれる、厚切りされた白タン4枚分が盛られたモノ
薄切りのタンも良いのですが、やはり厚切りの方がジューシーですし、歯応えもあってタンを食べてるって気になれますからね



【ねぎし】
東京都台東区上野公園1-57 UENO3153 2F
03-3834-5088

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

JR山手線渋谷駅:「餃子屋台」    炒め油までが美味しいタンメンとこだわりのジューシー餃子でお昼

P3190615-a.JPG

渋谷で仕事があって…
お気に入りのお店でランチをいただくことにいたします
ハチ公前のスクランブル交差点を渡った道玄坂の入り口にある、グルメタウンなる懐かしい響きがするレストランフロアの6F
そこに中華料理居酒屋がありまして、ココでいただく担々麺がお気に入りなのであります



P3190614-1.JPG
気軽にいただける餃子がウリで、渋谷らしい若いお客さまから年配の男性客まで、幅広いお客さまでいつも賑わっているお店であります
店内は、居酒屋らしく凝った造りでありまして、ココにいるだけで何だかワクワクするような気持ちの高ぶりがあるってことも人気のポイントなのかもしれませんね


P3190616-1.JPG
そんなお店のランチでいただいたのがタンメンと餃子のセット
いつもはゴマの甘みとコクが美味しい芝麻担々麺や辛味が癖になる麻辣担々麺をいただくことが多いのですが、今日は気分を変えてタンメンに挑戦であります
このタンメン 想像を超えた野菜のボリュームがありまして、それだけでも十分にお腹を満たしてくれそうなくらいでありまして、日頃の野菜不足解消にはもってこいの商品ですね
そして、油は調味料であるとも思えるほどに、野菜の炒め油が美味しいのであります
それだけ、キレイな油が使われているってことなのでしょうね

そして餃子
ココで提供される餃子にはお肉の旨みや野菜の甘みがしっかりと感じられるものでありまして、タレを付けなくても美味しくいただけるモノなのではありますが…
やはりそこは習慣と言うモノでしょうか 少しだけでもたれを付けていただきたくなるんですよね
酢を多めにすることで、それが野菜の旨みをさらに引き出してくれたりして、更に美味しくいただくことが出来るたりもいたします


多くの中華料理のお店にはコレと言った看板商品が無いことで、安さをウリにすることで集客を狙っていることが多いのですが、こちらのお店にはこだわりの餃子のラインナップがあったり、原価を無視しているのではないかと思うほどにゴマをたっぷりと使った芝麻担々麺があったり、それほど多くのお店で提供されていない麻辣担々麺があったりと、キチンと看板商品を持つことで、それを目的としたお客さまを集めているようですね



【餃子屋台】
東京都渋谷区宇田川町23-3 渋谷第一勧業共同ビル6F
03-3462-8810

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

東京メトロ銀座線銀座駅:「百菜百味」     100の味わいをリーズナブルにいただける美味四川中華

P3190650-a.JPG

新規開店するお店についての打ち合わせを終えて夜ごはんに繰り出したのだけど、目的としたお店は満席で入ることが出来ず…
それで、どこへ行こうかと頭をフル回転させて選んだお店もほぼ満席の状態でありまして、4人で座れる席は無いとのこと
さすがに春休みでもあり3連休の前日でもあるってことで、どこのお店もお客さまが溢れていますね



P3190630-1.JPG
しかし折角ここまで来たのだからとしばし待つことにしたのでありますが、お店の方の気遣いで、ちょっと小さ目の円卓に椅子を集めていただいて、大きなテーブル席が空くまでそこでつまみをいただきながら待つことにいたします
そんなステキな気遣いが出来るお店は、御膳房グループである百菜百味ってお店
高級店で培ったサービスってことでありましょう


P3190628-1.JPG
銀座でありながら、とってもリーズナブルってことが人気なのでありましょう
とは言え、140席近くを有するお店が満席になる姿は圧巻でありまして… お客さまの賑わいや笑顔が、お店の雰囲気を演出しているようですね
女性のグループあり、カップルあり 更には歓送迎会も行われていまして、いろんなシチュエーションで使えるお店でもあります


P3190632-1.JPG
まずは250円均一や580円均一の前菜メニューから数品をいただきます
ナスを辛味ダレで和えただけのシンプルな前菜が想像を超える美味しさであったり、中華風のピクルスが面白かったりして、これだけでもしっかりと楽しめそうなくらいでありますし、よだれ鶏ではラー油の美味しさを堪能して…


P3190644-1.JPG
ちょうどそれらを食べ終わったタイミングでゆっくりと座ることが出来るテーブルへと移動することが出来ましたので、メインとなる料理をいくつかいただくことにいたします
牛スジの煮込みはアキレスが蕩けるほどに煮込まれていまして、そのプルンプルンとした食感と甘みがとっても美味しくて、さらにセロリの風味がアクセントになっていますね
ナスに海老を乗せて衣を付けて朝天唐辛子と一緒に揚げられた“茄子の海老挟み揚げ辛味炒め”
サクッとした衣に、ナスの食感と海老の風味 それに唐辛子の辛味が見事に調和していまして、その美味しさはやみつきでありますね


P3190651-1.JPG
四川醤油チャーハンと言うから辛いのかと思いきや…
これには全く辛味は無くて、どちらかと言えば醤油の旨みが勝っているチャーハンでありますね
そんな刺激のない味に肩透かしをくらったかのようではありましたが、これはこれで美味しくいただけるモノであります


P3190653-1.JPG
更には担々麺までいただいて…
麺はあまり好みではありませんでしたが、スープは美味しくいただくことができました
やっぱり担々麺には細麺が良く合いますね



【新派四川ダイニング 百菜百味】
東京都中央区銀座6-5-15 能楽堂ビル3F
03-5537-6908

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

JR山手線東京駅:「神座飲茶樓」    「どうとんぼり神座」が展開する新しい飲茶スタイルの店でランチ

P3180604-a.JPG

岡山から東京へと戻り、打ち合わせへ向かうまでの時間でランチを済ませることにいたします
週末や平日のお昼時には行列が出来ていてなかなか入ることが出来ない「神座飲茶樓」でありますが、さすがに14:00を過ぎますと、ガラガラの状態でありまして…
昨日の夜、〆にラーメンを… なんて話をしていたせいか、頭にラーメンが貼りついて離れないワタシは、それほどゆっくりする時間も無いのですが、ココに飛び込むことにいたします



P3180598-1.JPG
大阪の道頓堀で発祥した「神座(かむくら)」なるラーメン店
たっぷりと白菜が入ったスープが特徴的で、大阪のみならず東京へも出店をしているチェーン店が、飲茶を加えた新しいスタイルのお店をオープンさせたってことで気になっていたのですが、いつもいっぱいのお客さまで賑わっていますのでなかなか入店するチャンスに恵まれず…
ようやくお邪魔して参りました


P3180601-1.JPG
東京駅八重洲口に開業したグランルーフへの出店でありまして、そのお客さまに合わせるために新業態を開発したという力の入れようでありまして、23席と小さ目ではありますが、女性のお客さまを意識したお洒落なお店に仕上げられていますし、女性に人気の担々麺やスープ春雨などが用意されていますね
そのためかお一人で来店される女性のお客さまもいらっしゃるようで… 
ひとりカウンターに座ってラーメンを啜る女性って粋ですね


P3180605-1.JPG
ワタシがいただいたのはチャーシュー麺と小籠包のセットをお願いしてみますと…
麺やスープが見えないくらいにチャーシューが敷き詰められたその姿にビックリ!
もちろんベースになっているのは、「3回食べたら、もう止められない、くせになる」ってコピーの、あの白菜たっぷりスープのラーメンなのでありますが、以前いただいたソレと比べると、白菜があまり煮込まれていないようで… まだシャキッとした食感が残るものでありました
ワタシの記憶が間違っているのか、ココのお店が新しいスタイルを作っているのか
それは分りませんが、おいしい拉麺であることに変わりは無くて… しっかりと満足させていただきました

そして小籠包
レンゲにとって箸で皮を破りますとたっぷりジュースが溢れてくる優れモノでありまして、赤酢と針生姜で美味しくいただきました
ジュースは熱々ですから、火傷しないように気を付けながら…


スタッフの方も女性がメインであるようで、その明るい声と笑顔でお店に活気を感じることが出来ますから、居心地も良くて…
コレはいつもいっぱいのお客さまで賑わっているのも納得ですね
ワタシは3回以上この拉麺をいただいていますので、コピー通りに癖になっていますので、またここへ伺うこと間違いなしですね




【神座飲茶樓】
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅グランルーフB1F
03-6256-0377

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

岡電東山本線柳川駅:「藤ひろ」     旬の食材としっかりとした技術でもてなす割烹料理店

P3170584-a.JPG

久しぶりの岡山
先ずは業務を終えて、友人との会食へと向かいます
場所は柳川交差点
その周辺には小さくはあるけども料亭のようなお店がいくつかあって… 古くは栄えていたところのようでありますね



P3170576-1.JPG
そんな一角にある割烹料理
なかなか雰囲気のあるお店でありまして、落ち着いて美味しい料理がいただけそうな予感がいたします
期待を向けに暖簾を潜りますと、そこには明るくライトアップされたようなカウンター席がありまして、その真ん中にはオーナーであろう年配の男性が…
その凛とした姿に、ますます期待が膨らみます


P3170582-1.JPG
先ずは突き出しとお刺身の盛り合わせ
このお刺身は予約時に注文して置いたモノで、勝手にみんなでつつき合うような大きな刺し盛りが提供されると思っていたのですが… ココでは個別に提供されるのですね
そしてその予約の際に「とちらかからのお客さまですか?」と確認があったそうで、ワタシが東京からだと伝えてあったからでしょうか 
下津井のタコをはじめとした、平貝や穴子など瀬戸内の美味しいお刺身を用意していただいたようですね
本当にありがたいことであります


P3170586-1.JPG
同色であるために見た目には全くわかりませんが、出汁巻の中には黄ニラが入っていまして…
たっぷりと出汁を含んでプルプルの玉子に、黄ニラの香りとシャキッとした食感が加わったこの出汁巻はホントに素晴らしいモノでありました


P3170588-1.JPG
そして、まだ土の中から姿を見せない筍の柔らかい食感とこごみや蕗の薹のホロ苦い香りを楽しみます
天つゆから香る鰹節の風味は驚くほどでありまして、天ぷらをいただいた後に、行儀が悪いかもしれませんが、そのつゆを飲み干してしまうほどであります


と、料理はどれも素晴らしく感動するレベルなのでありますが、残念なのは接客でありまして…
丁寧に接客していただけるのはありがたいのですが、それが故にアルバイトさんの対応は型にはまったたどたどしいものでありまして、気遣いなどは全くできないものでありますね



【藤ひろ】
岡山県岡山市北区野田屋町1-8-20
086-223-5308

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




藤ひろ
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

東京メトロ日比谷線日比谷駅:「ル パン コティディアン」      ステキな雰囲気のカフェなんだけど…

P3160553-a.JPG

日曜日のブランチをちょっとオシャレに!
そんな気持ちで、今年のお正月に開店したカフェへと出かけてみたのだけど…
場所は日比谷
有楽町の殺到を抜けた帝国ホテルや東京宝塚劇場が並ぶ通りの一角ということで、雰囲気は悪くないところであります



P3160559-1.JPG
渋谷公園通りや表参道に続く、国内5店舗目となるベルギー発祥のベーカリーレストラン「ル パン コティディアン」
その評判も悪くないってことで期待値も上がり、ワクワクな気分でお邪魔したのであります
お店の前にはほんのりとパンの香りが漂っていまして、なかなか美味しそうなパンがいただけそうな予感もバッチリであります


P3160538-1.JPG
1Fにはコーヒースタンドを併設したパン屋さんがありまして、その2Fにはゆったりと落ち着けるイートインスペースが…
その雰囲気はとってもステキで、かなりお気に入りでありまして、美味しいパンと香り高いコーヒーをいただくには最適な空間とも言えるのではないでしょうか
なのですが、そこで接客をしてくださった女の子があまりにも新人さん丸出しでありまして…
そのたどたどしさにストレスが溜まってしまったのであります


P3160554-1.JPG
美味しいサンドイッチを楽しみに伺ったのでありますが、こちらのお店にはその期待に応えてくれる商品は用意されておらず…
タルティーヌと呼ばれるオープンサンドで我慢しようと気を取り直したのでありますが、これまたアポカドが使われた商品が多くてワタシの好みには合いません
ってことで、ローストビーフ&ケイパーマヨネーズなるタルティーヌをいただくことにしたのですが、これがまた食べづらいこと
パンが固い上にお肉が噛み切れなくて… ケッパーの香りも少なく、ワタシの口には合わないのです


P3160556-1.JPG
ポットで提供されるコーヒーは、なかなかステキな器でありまして…
その演出は良いのですが、どうにも薄くって香りも苦味も無い、まるで2番出しのようなモノでありました


ターゲットは女性ってことありましょうから、ワタシの口に合わなくても何ら問題は無いのかも知れませんが…
あまりにも嗜好が異なることばかりでありましたので、長居をすることも無く退店
ココへ来ることはもう無いでしょうね



【Le pain Quotidien】
東京都千代田区有楽町1-2-15 マーカスオービットビル 1F・2F
03-6205-7751

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

東京メトロ千代田線乃木坂駅:「bird酉男man」     六本木の路地裏 看板が無い隠れ家的居酒屋で宮崎料理

P3150532-a.JPG

銀座の立ち食いステーキ店でお肉をいただいた後、六本木に移動して打ち合わせ
せっかく六本木に来ているのだからと、夜ごはんをご一緒することにいたします
そこは六本木交差点からミッドタウン方向へ5分ほど歩いて左折し、さらにその先を右折すると言う、ちょっと入り組んだところなのでありますが、それが逆に功を奏しているようで… 
知る人ぞ知る隠れ家と言った存在が話題なのであります



P3150501-1.JPG
看板らしきものは、扉の脇にある表札程度のものだけでありまして…
まるでどこかの事務所としか思えない外観ですし、店内の雰囲気は全くわからない佇まいが、まさに隠れ家的ってことで人気が出ているようですね
こんなお店に彼女をさり気なくエスコートできる男性って格好良いではないですか?



P3150537-1.JPG
扉を開けますと…
そこには厨房と対面するカウンター席がありまして、その明るい照明とお客さまの笑顔から、とっても温かいお店であることを察することが出来ます
ワンフロアの面積が小さい建物なのですが、地下から3階までの店舗はそれぞれのフロアで雰囲気が異なっているようですから、お気に入りのフロアを予約するも良し、異なる雰囲気を楽しむも良しとワクワクする演出がなされていますね


P3150506-1.JPG
お通しには新鮮野菜が提供されまして、それを沖縄で食される油味噌を付けていただくのですが、これが美味しいこと
シャキッとしたキャベツにはしっかりとした甘みがあって、キュウリはとてもみずみずしくて…
これからいただくお料理への期待が高まりますね


P3150528-1.JPG
ズワイガニのサラダをいただいたのですが、そのカニ身の量が期待を超えるものでありますし、何よりカニみその風味が美味しさを際だててくれますね
カニ身の下にはザクッとした千切りのキャベツが敷かれているのですが、その千切りの厚みがキャベツの旨みを伝えてくれまして…
バランスが良いサラダでありますね


P3150533-1.JPG
そして地鶏のもも焼きであります
そうなんです こちらは鶏肉をメインとした宮崎料理のお店なんですね
妻地鶏というこだわりの鶏肉が使われていますので、このもも焼きだって他所でいただくものとは全く異なる柔らかい食感を楽しませてくれますよ
ギュッと噛みしめることで旨みが染み出るもも焼きも好きですが、ココのように柔らかい食感のモノも悪くないですね


P3150529-1.JPG
そしてチキン南蛮
たっぷりと南蛮酢を含んだ唐揚げはとってもジューシーで、それにこれまたたっぷりのタルタルソースが掛けられていまして…
コレは美味しくない訳がないですね
郷土料理とまでは言えないのかも知れませんが、宮崎では最も定番の料理であるチキン南蛮が、今では全国区になったのも頷けますね


P3150535-1.JPG
そして〆にいただいた辛麺
これも元々は延岡にある焼肉店で販売されていたものが人気となって、専門店までもが出来るようになったモノでありまして…
何よりコンニャク麺を使っていることが特徴でありますね
〆に炭水化物をいただくことに罪悪感を持つ女性の方々でも、これなら遠慮なくいただくことが出来ますね



ステキな雰囲気と、何をいただいてもハズレが無い安定感あるお料理
ワタシも近いうちにステキ女子を連れて… なんて企みをしてみましょうか?
間違いなく再訪決定ですね



【bird酉男man】
東京都港区六本木7-5-7
03-6804-2442

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

東京メトロ有楽町線新富町駅:「キッチンジロー」    スタミナ焼きにチキン南蛮 ご飯のおかずにピッタリです

P3140488-a.JPG

カロリー欠乏症?
今週は和系の食事が多かったせいかカロリー不足を身体が訴えているようで…
今日はしっかりとしたカロリー摂取を目的としたランチをいただくことにしようと、新富町までテクテクと歩きます



P3140479-1.JPG
ココは古くからある、スタミナ焼きと呼ばれる生姜焼きのような料理と揚げ物を中心とした洋風定食屋さんでありまして…
ご近所のサラリーマン御用達のお店でもありますね
水道橋で勤めていた頃には時々利用していたのですが最近はすっかりとご無沙汰してしまっていたのですが、こんな時にはふっと思い出しちゃうんですよね


P3140484-1.JPG
お昼の時間は混み合っているに違いないと、閉店間際にお邪魔してみますと既に先客は全て退店されていまして…
恐る恐る、まだ大丈夫ですか?
と尋ねてみますと、笑顔で「あまりゆっくりしていただくことは出来ませんけど…」と快く迎えてくださいました
多くのチェーン店ではこういったことがなかなか出来ないんですよね


P3140485-1.JPG
いただいたのは、スタミナ焼きとチキン南蛮のコンビにホタテコロッケをトッピング注文した3種盛り
このように好きなモノを好きなように組み合わせていただけるってことがこちらの魅力でもありますよね
多くの方が注文されているからでありましょう スタミナ焼きは作り置きされたモノでありましたが、コロッケは揚げたてのモノでありまして… トロっととろけるように切り口から流れるホワイトソースは熱々でありました
こちらのチキン南蛮は宮崎のモノとは異なり、タルタルソースではなくサウザンドレッシングが掛けられていまして、これはこれで美味しくいただけるモノであります
ご飯を更に美味しくいただけるようにと卓上にはゴマ塩が用意されていまして、そんな気遣いもうれしいお店でありますね



野菜の具がたくさんの豚汁も熱々でありまして…
野菜をなかなかとることが出来ないサラリーマンにとってはありがたいサービスですね
最近はこういったお店が少なくなっていますので、いつまでも頑張っていただきたいお店であります




【キッチン ジロー】
東京都中央区新富1-11-7 ミツヤ第3ビル1F
03-3553-0503

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




Yo-Fu-Izakaya キッチン ジロー 新富町店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

東京メトロ銀座線京橋駅:「秀」      丼から穴子がはみ出る特上天丼はとってもリーズナブル

P3130475-a.JPG

銀座に出掛ける用事があるのですが、夕方からはかなり厳しい雨風になるとの予報
ならばと、早めに予定をこなしてしまおうと出掛けたのですが、あまりの強風に傘を差していると飛ばされそうになる始末でありまして…
霧雨でもありますし、傘を諦めてテクテクと



P3130467-1.JPG
焼鳥丼をいただくつもりだったのですが、目的としたお店の隣に天ぷら屋さんを見つけまして…
その歴史を感じる佇まいに惹かれて暖簾を潜ってみます
創業から50年近くになると言うことでの味がある雰囲気と、本格的な揚げたて天ぷらがリーズナブルにいただけるってことが魅力でありますね


P3130472-1.JPG
店内は…
6人ほどで一杯になってしまうカウンター席が迎えてくれる小さなお店でありまして、2Fにも客席があるようですが、そこも10人ほどで一杯になってしまうようですね
大将がひとりで揚げる天ぷらでありますから、その揚げたてを提供するにはコレが精一杯ってことなのでしょうね


P3130474-1.JPG
特上天丼 1050円也
パッとメニューを見て上天丼を注文したのでありますが、それに100円ほどを増しただけで穴子がプラスされる特上に魅力を感じまして、即変更
提供された商品には1本そのままの穴子が、丼からはみ出るように豪快に乗っていまして…
海老2本にキスと茄子、それにビーマンまでもが乗ってのこのお値段 コレはお値打ちでありますね

つゆに浸けられた江戸前スタイル
見た目は黒っぽく味が濃そうにも思えますが、優しい甘みがあるタレのお陰でご飯までもが美味しくいただけるモノでありまして、最後のひと粒までしっかりといただいちゃいましたよ



カウンターでいただく揚げたて天ぷら
そう聞くと一見敷居が高そうですが、ココはとってもリーズナブルなお値段でいただくことが出来るお店でありますね




【天ぷら 季節料理 秀(ひで)】
東京都 中央区京橋1-5-4
03-3281-8448

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0










posted by koutagawa at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「魚幸」   ふらっと飛び込んだお店ではありますが、しっかりとした料理がいただけそうです

P3120463-a.JPG

4月末に開店するお店での業務が決まり、来週以降のスケジュールがパンパンに埋まってしまいました
うれしい悲鳴ではありますが、そうなるとデスクワークに支障が出てしまいそうで…
かなり焦っているワタシであります
ってことで、今日はそのスケジュールの調整ややっておきたい資料作りに追われてバタバタ


P3120461-1.JPG
何とかランチの時間だけは確保して、ご近所のお店へと出かけます
横浜で行われたナポリタンスタジアムで入賞したと言うナポリタンをいただくか、サッパリとセルフスタイルの讃岐うどんをいただくか… と悩んでいて見つけた大衆割烹と書かれたお店
店頭に置かれた煮魚や焼魚のメニューに惹かれて暖簾を潜ります


P3120462-1.JPG
8席ほどのカウンターと2人掛けのテーブルが一つ
そんな小さなお店でありますから、ココで提供されるお料理は大将が手間暇かけた美味しいモノに違いないと思ったのですが…


P3120464-1.JPG
残念ながら、目的とした金目鯛の粕漬や銀ダラの西京漬などは完売でありまして、残っているのはサバの塩焼きと刺身だけであるとのこと
サバは好きだけど、それじゃちょっとつまんないってことで、お刺身をいただくことにいたしました
盛り付けには豪華さがありませんが、厚めに切られたネタは豪快でありまして…
西で育ったワタシには東の醤油はちょっと辛味が強くて苦手だったりするのですが、ココで使われている醤油が意外にも美味しくてビックリであります
決してたまり醤油ってわけではないのですが、ほんのりと甘みを感じるものでありますから、出汁で割ったりと何かの手を加えていらっしゃるのでしょうかね?
そのおかげもあって、とても美味しくお刺身をいただくことが出来ました

薄味ではありますがしっかりと出汁が効いた味噌汁も美味しいですし、ごはんだって美味しいものでありましたし…
添えられた大根の出汁煮も立派なものでありますから、ココの大将はキチンと出汁を摂る方なのでしょうね
和食の基本である出汁でありますから、ココでいただく料理は他のモノも美味しいに違いないことでしょう
決して飾り気があるお店ではありませんが、普段使いには適しているお店でありますね



【大衆割烹 魚幸】
東京都中央区新川1-6-7 斎藤ビル
03-3551-8659

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



魚幸
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0





posted by koutagawa at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

東京メトロ日比谷線築地駅:「井上」    お店の前には人だかり 築地で話題のラーメン店

P3110437-a.JPG

友人との待ち合わせを築地
築地本願寺で行われる東日本大震災の追悼式に行くというので、その前にランチをしましょうってことで築地であります
平日ではありましたが、多くの人でで賑わう築地
この活気は元気をもらえそうで好きな雰囲気であります



P3110442-1.JPG
築地といえば海鮮 と言いたいところではありますが、前回この友達と築地へ来た際に品切れで食べ損なったラーメンへのリベンジであります
お店の前には列が出てきているというより、人だかりができているといった感じでありあして…
どこが末尾なのかがよくわかない状況ではありましたが、何とかその一番後ろを見つけて並ぶことができました


P3110437-1.JPG
ワタシの前には10人ほどの人が並んでいたのだけど、一度に8食を作りますので、5分も待たずにワタシのラーメンが出来上がりました
が、その作り方があまりにも大雑把でありまして…
洗い上がった丼は十分な水切りがされていませんので丼の底には水が溜まったままの状態でありますし、そこに入れられるタレは柄杓が使われてはいますが、それがすり切りであるってことでも無く、丼にたどり着く前ん溢れようが、勢い余って丼から溢れようがお構いなし
スープの量だって適当な感じだし、麺の茹で時間だって勘に頼られるモノ

かなりサクッとしたストライクゾーンではありますが、ちょっと甘みがあるタレの風味が美味しいラーメンでありまして…
キチッと作るとかなり美味しいラーメンなのでしょうが、この忙しさの中では仕方ないのかもしれませんね



【井上】
東京都中央区築地4-9-16
03-3542-0620

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





井上
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:「大舷」 気さくな大将が看板である気軽なお寿司屋さん

P3100433-a.JPG

所用で銀座
お昼にチャチャっとその予定をこなしてランチをいただこう思っていたのですが、その予定が思いのほか手間取りまして…
毎度のことながら世間でいうお昼の時間はとっくに過ぎてしまいまして、開いているお店を探すのにひと苦労であります



P3100425-1.JPG
和食的なものを身体が欲しているのですが、この時間になるとその手のお店はほとんど閉まってしまっていて、やっているのは洋食系かラーメン店くらいだろうなぁなんて思って諦めていたのですが…
偶然に見つけた一軒のお寿司屋さんの店頭にはまだランチの看板が出ていて、そこにある“関さば丼”なる商品に惹かれて暖簾をくぐります
お店ではしっかりと閉店の準備が進んでいたのですが、そこの大将は気持ちよく迎えてくださいました


P3100429-1.JPG
一見職人気質でちょっと怖さを感じる大将でありますが、実はとっても気さくな方でありまして…
べらんめぇ的な江戸弁からは大将の気っぷの良さを感じることができます
銀座の名店を渡り歩いたという大将と聞けば、お値段も… と心配になるところでありますが、こちらのランチはとってもリーズナブルでありまして、ほとんどの商品は1000円でお釣りがもらえるものばかり
銀座の寿司屋でこのお値段とは嬉しい限りであります


P3100430-1.JPG
残念ながら、今日は関さばの仕入れがないとのことで…
〆たてのさばがあるからそれで作ってあげようか? とも言ってくださったのですが、、もう一つ惹かれていた“活〆穴子丼”をいただくことにいたします
大将の言う通りとってもふっくらとした柔らかなモノでありますし、その煮汁が甘すぎることもなく、とっても程よい感じであります
ワタシ的にはわさびを付けていただきたい感じでありましたが、ココでは山椒が降られていて… それはそれで美味しいものでありましたので、今日は郷に入った気持ちでそのままいただきました


P3100435-1.JPG
その丼に添えられる味噌汁なのですが、これがまた立派なものでありまして…
たっぷりと身が付いたあらであるだけでなく全く臭みがないあら汁は、しっかりと1品として成り立つほどであります


カウンター8席、テーブル2卓8席と小さなお店でありますが、この気さくな大将との会話を楽しみながらお寿司をいただくにはちょうど良い大きさでありまして…
きっとここを訪ねるお客さまはそれを目的としているに違いないと感じることができます



【京橋鮨処 大舷(だいげん)】
東京都中央区京橋3-4-6 中条ビル1F
03-3272-8088

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





大舷
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「なか卯」 昔とは何かが変わったような… 残念な親子丼でありました

P3090422-a.JPG

ここのところの会食続きで胃が疲れているのでしょうか?
お腹は空いていても、これといって食べたいものが頭に浮かんで来ませんし、日曜日ってことで営業しているお店も少ないために、どこでランチをいただくかを決めきれず…
ダラダラと時間を過ごして14:00を過ぎた頃にようやく出掛けたのですが、この時間になるとさらに営業しているお店が少なくなってしまうんですよね



P3090417-1.JPG
疲れたいには出汁の優しさが良いのでは…
ふっとそんな気がして、久しぶりに「なか卯」へとやって来ます
チェーン店でありながらココの親子丼やうどんがかなりしっかりとしていまして、ずいぶん前にはよく利用させていただいたのでありますが、いつの頃からかその美味しさがなくなったような気がして足が遠のいてしまっていたのです


P3090424-1.JPG
お昼の時間をずいぶんと過ぎた時間でもお客さまが途切れることがないようで…
かつ丼を召し上がっているお客さまや、牛すき丼を召し上がっていたりと、いろんな丼メニューがあることが人気なのですかね
牛丼では他チェーンとの価格競争に巻き込まれてしまうってことでが、一旦はそれを止めていたのだけど、最近で牛すき丼を販売し始めたりして… やっぱりこの手のお店には牛肉は外せないのでしょうね


P3090423-1.JPG
奥にあるうどんに焦点が合ってしまって折角の親子丼がボケてしまいましたが、トロトロに仕上げられた卵がとっても良い感じなのですが…
それが妙に不自然で、コンビニで売られている商品のようにレンジで加熱しても固まらない不思議な卵のように思えてしまうのであります
そして、そのお味も…
うどんの出汁もキリっとしたものが無くて、どこかボケているようなモノ
やっぱり昔のなか卯とは違うようですね


作り手によって味のバラツキが出ないようにと工夫されているのでしょうが、化学の力で作られる料理はどこか自然なものとは違うんですよね
またしばらくこちらへお邪魔する機会が遠のいたようです



【なか卯】
東京都中央区新川1-27-8
03-3552-2591

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

JR総武線船橋駅:「八十郎商店」     裏路地にある隠れ家的なワインバルは大盛況

P3080407-a.JPG

船橋に焼肉を食べに行くと友人に話したら、船橋へ行くのなら、ココへは絶対に行っておけと言われたお店があって…
外食に興味津々な食いしん坊仲間でありますので、皆の意見もそこへ行ってみたいと一致
焼肉をそこそこに抑えて、2軒目のお店へと向かいます



P3080395-1.JPG
船橋駅から歩いて2〜3分と言ったところではあるのですが、道幅1mも無いような路地を入ったところにあるお店でありまして…
ようやく見つけてお店を覗いてみますと、何と満席ではないですか しかも既に4組のお客さまが待っていると言うから驚きであります
時間も21:30近くになっていたのでありますが、30分だけ待ってみようと連絡先を告げ、近くの喫茶店で待つことにいたします


P3080402-1.JPG
ちょうど先客がお帰りになるタイミングでもあったのでしょう
運良く20分ほどで連絡が来てお店へと戻ってみますと、そこはアラフォー女性で溢れているではないですか
色んな事にうるさい大人の女性が集うお店であるなら、ハズレは無いことはもちろん、きっとかなり期待に応えてくれるお店であるに違いないですね


P3080404-1.JPG
最終電車の都合もありますので、それほど多くのモノをいただくことは出来ませんので、お店のお勧め商品をいくつか…
前菜の3種盛りをいただいてみますと、何とお皿には4種の前菜が…
最近この手法を使うお店が増えてきてはいるのですが、まさかここでも…とビックリさせられます
そしてその意外性だけではなくて、一つひとつの料理がしっかりとしたモノでありまして、ゴルゴンゾーラのポテサラやラタトゥイユの美味しさは見事でありましたし、接客をしてくれた女の子がお気に入りだと言う豚のパテ・ド・カンパーニュも中々ですね
最も期待していたのがアヒージョだったのですが、それだけはガーリックの香りが弱くて少し残念なモノでしたが全体的には大満足いくものでありまして…
ココが流行るのも納得であります



調べてみますと築地や御徒町にもあるようですので、次回はそこで、気になっている“イベリコのベジョータ”をいただくことにいたしましょう




【ワインバル 八十郎商店】
千葉県船橋市本町5-3-2
047-481-8062

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東武野田線船橋駅:「小谷流ガーデン」      松阪牛をワインと共にいただくオシャレな焼肉店

P3080379-a.JPG

船橋駅近くに松阪牛を専門に扱う焼肉屋さんが出来たと聞きつけ、早速お邪魔してみることにいたします
ココはオフィスコーヒーなどを提供しているユニマットのグループ会社であるユニマットダイニングが仕掛けたお店でありまして「都内で松阪牛を提供しているお店の半額で提供すること」と「焼き肉に合うワインを提供すること」を二本柱にしたとのことでありまして…
イタリアンレストラン「IL PINOLO」を展開する同社でありますから、そこで培ったワインのノウハウは最大に活かした焼肉店ってことなのでありましょう



P3080363-1.JPG
そんな大企業が展開しようとするお店の一号店がなぜ船橋なのかと不思議に思っていたのですが…
グループの会長が育った場所と聞き納得であります
まだオープンしてひと月も経たないお店であるのですが、今後、自社所有の物件をどんどんレストラン業態に転換していく予定であると記者発表もされていますので、ここ船橋を皮切りに都内や近郊都市でこのお店を見かける日も近いことでしょう


P3080364-1.JPG
ワインを提供することに力を入れているお店でありますから、このようなワインクーラーが店頭にドーンと置かれていまして…
それが店内装飾も兼ねてところがオシャレでありますし、客席はモノトーンでまとめられていますので落ち着いた気分でワインを楽しめそうですね
もちろん1本10,000円を超えるような高級なモノも用意されていますが、手軽にいただけるモノも豊富にそろえられていますので、気楽に利用することが出来るお店でもありますね


P3080378-1.JPG
松阪牛専門と聞いてはいたのですが、それだけではなく厳選された和牛のメニューもありまして…
とは言え折角ここまで来たのですから松阪牛をいただくことにしましょうと“熟成松阪牛3種盛”
“カメノコ”“ウチヒラ”と言った赤身も柔らかく美味しくいただけますし、バラ肉である“ナカバラ”の脂身もくどくなくて…
熟成されることでの特徴を上手く活かした商品でありますね


P3080371-1.JPG
ちょっと硬めであるはずの“カブリ”もしっとりとしていまして… リブらしい旨みがしっかりとしていて美味しくいただけました
一般的にカルビやロースとして提供されるお肉を、ココではさらに細分化して商品化していますので、聞き慣れない名前が連なっているのも愉快であります


P3080376-1.JPG
そしてひと口大にカットされたランプは、塩昆布を乗せていただくことなど面白い提案があるのも楽しさですね
都内価格の半額とは言え松阪牛でありますので、それなりのお値段になるのは仕方ないことなのですが、ココでは少しずつ色んな部位を楽しんでいただけるように“ハーフ”で注文できることもありがたいことですね



牛肉の飼育頭数が減ってきている昨今
そのお肉の標準的ランクであるA3ランクのモノは、その需要に応える中、早熟で出荷していることが多いようで肉質にバラツキがあるのが現状でありまして、これからもそれは加速するようですので、A4であるとかA5であるとかの高級ランクのお肉を扱うお店が増えてくるのかも知れませんね
ココはお肉をガッツリといただくと言うお店では無く、上等なお肉を少しいただきながら美味しいワインを楽しむと言ったデート向けのお店であるようです



【小谷流ガーデン】
千葉県船橋市本町7-10-2 ユニマットガーデンスクエア3F
047-460-3133

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「万福食堂」    定食屋としても居酒屋としても使える便利で美味しいお店

P3070354-a.JPG

東京ビッグサイトで開催されていたフランチャイズショー
前回お邪魔したときには介護施設系の出展が多かったのだけど、今回目についたのは学習塾とマッサージの出展
ココへ来るとその時代の流れみたいなものが見えるようで勉強になります
飲食系ではラーメン業態の出店が多く、その数店で試食をして…



P3070347-1.JPG
フランチャイズショーに付き合っていただいた仲間との打ち合わせを施設内にあるカフェでやっていたら…
時が経つのを忘れていて、気が付くともう夜ごはんの時間
それで、お互いの帰り道でもある豊洲へと移動して、食事をご一緒することにいたします
伺ったお店はワタシのお気に入りである「万福食堂」
和洋中と色んなメニューがあるのに何をいただいても美味しいお店なんですよね


P3070348-1.JPG
そんなこともあってか大盛況
暗い色のスーツをまとったサラリーマンで満席状態でありましたし、そんな中に女性のひとり客もいらっしゃいまして…
豊洲駅を利用される方々に愛されているお店なのですね
しかし、お酒を飲むと皆さんテンションが高くなるからなのでしょうかね? そんなに大声で話さなくても… と思うのですが、周りのお客さまの声にかき消されないようにとドンドンとその声の大きさは大きくなっているようです


P3070356-1.JPG
仲間との食事は楽しいものでありまして… あれこれといただくことにいたします
先ずはエビマヨ
材料費が高騰していると言う海老なのですが、ココで使われているのはギュッと身が締まった大振りのモノ
加水などでプリプリ感を出しているモノとは違い、ホンモノの海老の美味しさなのです
そして餃子
これまた大振りでありまして、キチンとお店で包んだものであるようです
ですから、冷凍では味わえない皮のモチモチ感やジューシーな餡がいただけます
酢豚だってゴロゴロとした豚バラが入っていますし、野菜はシャッキシャキ
素材だけでなくて調理の技術もしっかりとしているようですね

〆にはちゃんぽんと皿うどんをいただきまして…
ここのところ不足していた野菜をたっぷりと摂取することにいたします
長崎から取り寄せていると言う本場の麺、何度いただいても美味しいですね


ココでも話は盛り上がって…
ホントに楽しい一日でありました



【万福食堂】
東京都江東区豊洲5-5-1 豊洲シエルタワー1F
03-3536-0129

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「焚火家」    「肉のヒマラヤ」と称される肉塊を豪快に焼いて…

P3060332-a.JPG

バタバタとした一日
業態転換を進めているお店で内装リニューアルの最終打ち合わせをして、別のクライアントさまのお店に移動して春メニューの試食
それぞれのお店にじっくりと滞在する余裕も無く、移動に次ぐ移動であります



P3060310-1.JPG
そして夜、あの肉塊が食べたくなって「焚火家」へお邪魔いたします
昨年末のお昼にお邪魔したときにいただいた肉塊のインパクトに惚れ込んでしまいまして、今日はクライアントさまを誘っての訪問であります
場所は渋谷 宮益坂下交差点の近くでありますから、集合するのも便利なところであります


P3060317-1.JPG
今日は6人でお邪魔しましたので、前回の800gより少し大きめの塊のようでありまして…
それをメインとしたコース料理で楽しむことにいたします
先付の塩キャベツから始まり、キムチ豆腐
そして焼き物は、豚トロ、鴨のせせり、に鶏つくねと少量ずつを…
焼サバや焼き野菜もあったりと、いろんなモノがいただけるってことは楽しいことであります


P3060333-1.JPG
卓上の炭火で表面を焼き固めた肉塊は一度厨房へと持ち帰られて、薄くスライスされた後に再びテーブルへ
見事なタタキに仕上がったお肉は、そのままポン酢を付けていただきますと… しっとりとした食感のお肉の美味しさが堪能できますね
とは言え、生肉を食すことは当局が規制をしておりますので、お店としては再度焼いていただくことを推奨しているようですので、数枚をそのままいただき、そして残りは軽く炙り直す程度で…


P3060339-1.JPG
〆のご飯は、冷麺、ビビンバ、お茶漬けから好きなモノを選ぶことが出来ます
ワタシは冷麺をいただくことにしたのですが、6人の好みが見事に割れまして… その3種を二人ずついただくことになりましたので集合でパチリ
どれも美味しそうでしたよ



前回お邪魔したときに接客してくれた男性も、今日、担当してくれたアルバイトらしき女の子も感じが良い接客で…
目玉となる商品も、こういった接客があるからこそ美味しくいただけるってことですよね
益々お気に入りになりました



【炙り和牛と厳選炭火焼 焚火家】
東京都渋谷区渋谷1-15-19 東口二葉ビル1F
03-5778-3039

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「いちむら」     手軽にお腹が満たせる定食屋さんは夜も大繁盛だったのですが…

P3050299-a.JPG

仕事を終えて夜ごはん
予報では帰宅時間前後にかなり強い雨が降ると言っていたのだけど、ありがたいことに小雨程度ですんで…
それで、友人を誘って豊洲ご飯といたします
お寿司にしようか? いつものお店でちゃんぽんにしようか?  それとも…



P3050308-1.JPG
ってことで、肉屋さん直営の定食屋さんへ伺うことにいたします
以前、ランチで伺った時にメンチカツをいただきその美味しさに満足したお店でありまして、フライものも充実していたように記憶していましたので、今日はそれをいただこうかと…
もうお肉屋さんは閉まっていますが、その2Fにあるお店へと階段を上ります


P3050307-1.JPG
入店した時にはガラガラで…
昼間はサラリーマンでにぎわう定食屋さんも夜はそれほどでもないのね と思っていたのですが、フッと気が付くと満席状態ではないですか
チューハイやビールを飲みながら大声で談笑するオジサマたち… みんな楽しそうですね


P3050305-1.JPG
洋食屋さんのお気に入りメニューの一つである“ホタテフライ”
レアに揚がった分厚いホタテの甘みを… なんて勝手に想像していたのですが、厚みはあるもののその揚げ加減はベリーウエルでありまして、パン粉からは芳ばしい香りが…
揚げ過ぎによる苦味も出ていて、繊細なホタテの旨みが見事に消されていましたね


P3050303-1.JPG
そして定食屋さんのテッパン料理である“生姜焼き”
こちらには“牛生姜焼き”なんて商品もあるのですが、生姜焼きと言えば豚でしょう と…
こちらも残念なことに豚肉に生姜風味のソースが十分に絡んでおらずに残念な感じ
ワタシたちが料理を注文した時にはまだ暇な時間でありまして、厨房の中では作業台に寄りかかりながら雑誌を読んでるスタッフがいる状態でありましたので、調理に気が入ってなかったのかも知れませんね


P3050300-1.JPG
そしてメンチカツ
コレはしっかりとしたモノでありまして、カツを半分に割りますと肉汁が溢れます
看板料理は若いモノに任せず、熟練の方がやっていたりするのでしょうかね??? 
たっぷりのソースが掛けられていまして、それがご飯のお供としてピッタリなお味で…
定食屋さんでありますから、料理はもちろんのこと、ごはんの美味しさが大切なことなのでありまして、こちらのご飯も美味しくいただけるモノでありました




【味処いちむら】
東京都江東区豊洲4-2-2
03-3534-8395

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

東京メトロ有楽町線月島駅:「HAKKAKU」    情緒あるお店でいただく焼鳥は焼加減も塩加減も抜群でありました

P3040286-a.JPG

寒の戻りと言われる今週でありますが、今日は企画書の作成に没頭してましたので、それをさほど感じることも無く…
お昼はコンビニのお弁当で軽く済ませただけでありましたので、夕方にはお腹が空いて…
ココで何かをつまんでしまっては、夜のご飯が美味しくないと我慢をしながら作業を続けます



P3040265-1.JPG
夜は月島で焼鳥
以前は畳屋さんだったのでしょうか? 
「畳屋八角」と書かれた年代物の看板が掛けられたお店なのですが、今ではワインを楽しむことが出来る焼鳥屋さんであります
その佇まいは昭和と言うよりも時代劇に出てくる長屋のようでもありまして… レトロ感満載の雰囲気がオシャレでもあります


P3040271-1.JPG
そんなお店で最初に提供されたのは店名を冠した“HAKKAKUサラダ”と言うモノでありまして、葉っぱの上に乗せられたたっぷりの鶏肉が特徴的であります
醤油系のサッパリとしたドレッシングがそれらとよく絡み合い、食欲を掻き立ててくれるようなモノでありました
ふつうは正肉とモツを合わせて盛り合わせるのだそうですが、モツが苦手なワタシのために正肉だけで作っていただけたと言う優しさに感激でもあります


P3040272-1.JPG
そして焼鳥の数々
備長炭で焼き上げると言うそれは焼き過ぎることも無く、最も難しい塩加減もバシッと決まっていて…
多くのお店では塩を振り過ぎてクレームになることを恐れるあまり控えめになり過ぎているところが多いのですが、ココではそれを恐れることなくしっかりとした塩味を付けてくれていますね
そこに技術の高さを感じながら、ふっくらと焼が上がった焼鳥を美味しくいただくことが出来ました


P3040283-1.JPG
そしてこれ、金針菜とニラの串焼き
中華料理店で見かけることがある金針菜ですが、焼鳥屋さんでこれが使われているとは珍しいですね
それをイカダのように串に刺して軽く塩をしただけで焼き上げたモノなのですが、そのシャキッとした食感がとても新鮮であります
そしてニラも、長いままの根の部分に串を打って、そのまま焼き上げていますのでその見た目が面白くて…
油と塩の相性の良さを感じながら、これまた美味しくいただくことが出来ました


P3040288-1.JPG
一品料理から、この季節の定番である白子のグラタンをいただきます
グラタンのチーズと一緒に焦げ目が付いた白子は、自らの濃厚な味わいにチーズのコクが加わって…
これも見事な相性ですね
あっつ熱をフーフーとしながらいただくこれは必ずリピートしたくなるモノでは無いでしょうか
ワタシはすっかりお気に入りになってしまいました


P3040293-1.JPG
〆のご飯は…
鶏料理のお店での〆と言えばやっぱりコレですよね “親子丼”
こだわりの鶏肉と卵で仕上げられる親子丼は、フワッとした溶き玉子に濃厚な卵黄を添えて… これは魅力的であります
濃厚卵だけでなく鶏肉もゴロゴロと入っていますからコスパも悪くないですね
これまたすっかりお気に入りであります


まだ30代と思われるオーナーやイケメン店員さんのサービスも行き届いていまして、彼らとの会話を楽しみながら美味しいワインとお料理がいただくことが出来る心地良いお店でありました
ってことで、ココを再訪する日も近いでしょうね



【YAKITORI & Wine HAKKAKU】
東京都中央区月島3-9-3
03-3531-1323

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

JR総武線水道橋駅:「太湖飯店」   馴染みのお店で語って食べて… 楽しい会食でありました

P3030240-a.JPG

会食の予定があって水道橋へ
今日はいつもよりも人数が少ないってこともあって、ランプ肉を美味しく食べさせるために開発された「駄敏丁カット」で有名なステーキ屋さんって声も上がったのだけど…
ここのところお肉ばかり食べていたワタシのワガママで、そこはパスさせていただき馴染みのお店で決定いたします



P3030235-1.JPG
もう20年以上も前から事あるごとに利用させていただいているお店でありまして、特に際だって美味しい商品がある訳ではないのだけど、それほど外す商品もありませんし、何よりも年配の奥さまが気さくな感じで、変な気を使わずに済むってことが居心地良いんですよね


P3030237-1.JPG
前菜盛りにある“油揚げの煮込み”なのですが、きつねうどんに乗せられる日本の味付けとはちょっと異なっていて…
中国醤油でしっかりと煮込まれていますので、その甘味が染みた美味しさは癖になりそうなものでありました
白菜が食べやすく細切りにされたクリーム煮
細切りにされることでそれがクリームとよく絡みますので、食べやすいだけでなく、シャキッとした食感と、トロンとしたクリームのバランスも良くて…
ココでは良くいただいている、ワタシたちにとってはテッパンメニューでありますね


P3030243-1.JPG
〆では“しいたけそば”
コレは椎茸好きなワタシのリクエストなのでありますが、皆さんにも気に入っていただけて…
干しシイタケの戻し汁が良い風味を出していて、これが決め手なんですよね
ワタシ的にはもっと椎茸がゴロゴロと入っている方が好きなのですが、ココでは筍スライスも入っていて、その筍の食感が楽しめるもの悪くないですね


最後にはお店からのサービスである杏仁豆腐をいただいて…
今日も語って食べて楽しい時間を過ごすことが出来ました




【太湖飯店】
東京都千代田区三崎町2-10-12 太湖ビル1F・2F
03-3261-5831

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

宅配寿司[柿家鮨]    夜遅くに宅配していただいたサバの炙り寿司

P3020233-a.JPG

4月1日からの増税のため、メニューの変更を余儀なくされる飲食店
ならばこの機会に新しい商品を導入しようってことなのでありましょう お蔭さまでワタシもバタバタでありまして、1月末くらいからはあまり休むことも出来ずに…
今日は朝から新メニューの商品撮影でありまして、それに立ち会うべくクライアントさまのお店で缶詰でありました


P3020224-1.JPG
夜遅くまでかかることを覚悟していたのですが、思いのほかスピーディーに撮影が進み、夕方に終了することが出来ましたので、今後の打ち合わせも泣けてモスバーガー
撮影合間の試食でお腹は空いていないのですが、何故だかこれが食べたくなって…
“スパイシーチリドッグ”
モスのホットドッグは昔からのお気に入りで、フワッとしたパンと、プチュンと弾けるフランクフルトが好きなんですよね
それに、ハラペーニョが乗っかったピリッとした辛味が美味しいチリソースの組み合わせが大人な感じで…


P3020229-1.JPG
家に帰って、ちょっとした作業をしていたら、しっかりと夜ごはんを食べていなかったためにお腹が空いてきて…
それで、宅配のお寿司をいただくことにいたします
寿司盛合せ一人前でも良かったのでしょうが、サバの炙り寿司が美味しそうだったのでつい注文してしまいます
でもそれが大正解 にぎりは宅配でありますのでそれなりのモノであったのですが、サバの方が想像を超える美味しさでありまして…
好きなモノが美味しくいただけるってことはうれしいことですね



増税前のメニュー変更が数件と4月末のオープンを予定しているお店のプロデュースが1件
もうしばらくは忙しく出来そうですね


【柿家鮨】
東京都江東区深川2-11-9 メゾンドール深川1F
03-5620-2100

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

東京メトロ有楽町線有楽町駅:「小洞天」   プチ贅沢なフカヒレ茶わん蒸しとシウマイをいただく夜

P3010218-a.JPG
 
2月中旬からほとんど休みが取れないままでの九州出張 そして今日は久しぶりに休みを取ることが出来まして…
ちょっと休養を取りましょうとのんびりと一日を過ごして、夕方から買い物へ出かけます
買うモノは決まっていたのですが、その手続きに想像以上の時間が掛かってしまいました やはり買い物は平日に限りますね



P3010205-1.JPG
そのついでに夜ごはんを済ませましょうと久しぶりの小洞天
昔は仲間とココのシウマイをいただくためにわざわざ来たものですが、最近では何かのついでに寄ることがあるくらいになりまして…
特に何かの不満がある訳ではないのですが、ひとりで利用するにはちょっと敷居が高いってこと縁遠くなってしまっておりました


P3010206-1.JPG
ホテルの宴会場のような広い店内に置かれたテーブルはその間隔もゆったりとしていますので、周りのお客さまに気を遣うことなく食事を楽しむことが出来るのですが…
BGMも流れない静かな店内は、子供連れには不向きかもしれませんね


P3010217-1.JPG
そんなお店の隅の席をいただき、いただいたのは“フカヒレ茶わん蒸しセット”
こちらの名物料理でもあるシウマイと高級中華の代名詞でもあるフカヒレがセットになっているとなれば、コレを頼まない訳にはいかないでしょう
フカヒレ煮込みが掛けられた熱々でトロトロな茶わん蒸しには想像以上のフカヒレが入っていまして、プチ贅沢感が味わえましたし、ギュッと締まった変わらないシウマイも美味しかったし…


P3010207-1.JPG
セットには白ごはんが付いているのですが、シウマイだけをおかずにそれをいただくのは寂しくて…
海老の塩味炒めを一緒にいただくことにしました
背を開いたプリッとした海老に絡む塩ダレがとっても良い感じでご飯が進みますね
と言いたいのですが…
問題はご飯でありまして、それがいつ炊かれたモノかと疑いたくなるほどのモノなのです
折角美味しい料理を提供してもごはんが美味しくなくては始まりませんし、白ごはんとのセットメニューを売るのなら尚更ですね
ちょっと残念でありました



【小洞天】
東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館B1F
03-3213-0056

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





小洞天 有楽町店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。