2013年12月31日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「長寿庵」    縁起を担いで年越しの蕎麦を老舗蕎麦店でいただきます

PC310325-a.JPG

大晦日ですね
今年はホントに多くの方と交流させていただいた1年でした
多くの方と出会い、多くの方にお世話になり… 感謝に尽きるばかりであります
来年も、ご迷惑をおかけすることでしょうが、よろしくお願いいたします



PC310329-1.JPG
「今年一年の災厄を断ち切る」
そんな縁起担ぎで始まったと言う年越しそばをいただいて年内の外食修めといたします
向かったのは茅場町駅前にある「長寿庵」さん
関東を中心に250店舗以上の支店があるとのことで、蕎麦屋さんのグループとしては“日本一”なんだとか…
その歴史も古く、開業は元禄15年(1702) 
三河の国から出てきた若者が現在の東京駅八重洲口辺りにお店を構えたことから始まっているとのことでありますから300年を超える老舗店だと言うことであります
ココ「茅場町 長寿庵」が開業したのも明治40年のことだと言うのですからスゴイことですね


PC310321-1.JPG
そんなお店は多くのお客さまに支持されていて…
一年の締めくくりはココと決めているような常連さんでいっぱいであります
お店の方も「一年ありがとうございました 来年もよろしくお願いいたしますね」と一人一人のお客さまにあいさつをされていまして、その繋がりの濃さを感じますね


PC310326-1.JPG
メニューはかなり限定されていましたが、蕎麦と言えば天ぷらと思っているワタシにとっては“天せいろ”があれば十分でありまして… 迷うことなくソレをお願いいたします

ツルツルっと喉越しを楽しむにちょうど良い硬さに茹でられた蕎麦 そしてコクがある甘みを感じるそばつゆ
関東でいただくお蕎麦の多くはお醤油の塩味が気になるところが多いのですが、こちらのつゆには丸みがあってかなりお気に入りであります


PC310328-1.JPG
たくさんの天ぷらを揚げなければならないってことでが、今日使われていた海老は殻が向かれた業務用のモノでありましょう
衣の付け方や揚げ方には技術を感じるモノでありますし、これだけの老舗の看板を掲げているお店でありますから、これが日常的に使われているとするならば残念なことでありますが、きっとそんなことは無いと信じています
あっ、今年流行った商品偽称とかではありませんので誤解無いように…



こちらへお邪魔したのは今日が初めてのことでありますが、これから年越しはココに決まりになるのでは… そんな気がいたします



【茅場町 長寿庵】
東京都中央区日本橋茅場町1-9-4 長寿ビルB1F
03-3666-1971

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





長寿庵 かやば町
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

東京メトロ有楽町線月島駅:「ポンテチェントロ」   石窯焼のピッツァだけでなくパスタも美味しいピッツェリア

PC300309-a.JPG

今年も残すところあと1日
本当に一年が経つのは早いものであります
ご近所のスーパーはお客さまで溢れるほどに混み合っていまして… みなさん、お正月を迎える準備で忙しいようでありますね



PC300297-1.JPG
伺ったのは中央大橋の佃側にある「ポンテチェントロ」なるピッツェリア
なかなか雰囲気があるお店でありますし、提供していただける料理もなかなかのものでありますから、大人な方もカップルでも、いろんなお客さまを満足させてくれるトコロであります
もんじゃに占拠されたような月島・佃辺りで、これだけのお店があるってことはありがたいことであります


PC300317-1.JPG
そんなこともあって、いつも混んでいるお店もさすがに今日はガラガラ
ひとりで伺ったにもかかわらずお店の奥にある角席をいただくことが出来まして、贅沢な環境の中ディナーをいただくことにいたします
とは言え、ひとりでいただくにはあまりあれこれと頼むわけにもいかず、何か一つを選ぶってことは難しいことでありますね


PC300315-1.JPG
これまで何度かお邪魔しているお店ではあるのですが、スパゲッティをいただくのは初めてのことかもしれません と言いますのも、こちらのお店の中央には石窯がありまして、そこで焼き上げるナポリピッツァがお気に入りだからなのであります
今日もそれをいただくつもりで伺ったのですが、お勧めメニューに中に、とってもそそられるスパゲッティがありまして…  
“アーティーチョークのスパゲッティアラビアータ”
このアーティーチョークと言う食材が、何故だか好きなんですよね
特に風味がどうであるとか食感がどうであるとか… これと言った特徴は無いのですが、自分でも不思議なくらいに…
そしてアラビアータ
唐辛子のピリッとした辛味が効いたトマトソースが好きなんですよね
トマトの甘みや酸味だけではちょっと物足りないと感じるところに、その辛味が味を引き締めてくれていて…
となれば、これを頼まない訳にはいかないでしょうって訳
で、提供された商品も、期待を裏切らいないものでありましたので十分に満足させていただけました


一緒にシーザーサラダをいただき、2〜3人でシェアするに相応しいボリュームを平らげまして…
コレがチーズがたっぷり振られていますので、最後まで美味しくいただくことが出来るんですよね



【PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM−SQUARE 1F
03-5547-3030

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

JR山手線新橋駅:「魚金」   看板料理である刺盛りとお気に入りである青のり豆腐に大満足

PC290296-a.JPG

愛知県の飲食店オーナーと会食をいたします
このオーナーのお店に初めて伺ったのは2007年9月のことでありますから、6年半のお付き合いってことになりますね
なんて言うほど回数を重ねているわけではないのですが、妙に気が合って…



PC290281-1.JPG
年末の忙しい中わざわざ出て来ていたいたことに感謝をしながら酔っ払いの聖地である新橋駅前での待ち合わせ、新橋の名店「魚金」さんへと伺います
この辺りにある会社も当然御用納めしていることでしょうから、それほど混み合っていることは無いかもと期待してみたのですが、やはり18:00と言う時間では満席でありましたね
「19:00位には席が空くと思いますよ」とのことでしたのでその場で待っていますと… タイミングが良かったのか15分ほどで席をいただくことが出来ました
20:30には予約が入っているとのことですが、2時間以上もありますので全く問題なしであります


PC290282-1.JPG
いただいたのは厨房前のカウンター席
ちょっと窮屈ではありますが、目の前で調理している姿を臨むことが出来る、臨場感溢れる特等席であったのかも知れませんね
料理のことなどを尋ねますと忙しい最中でありながらも丁寧に対応してくださいまして… そんな対応の良さに上機嫌になれました


PC290289-1.JPG
ココへ来たならまず頼まないと始まらないのがコレ
お刺身の盛り合わせでありまして、メニューには“3点盛り”と書かれているにも拘らず、提供されたモノには7点ものお魚が…
この驚きとお値打ち感が話題になって、大人気のお店になったんですよね
最近ではこのやり方を真似しているお店も増えているのですが、やはりココのコストパフォーマンスに敵うお店はありませんね
もちろんボリュームだけでなく、その鮮度もしっかりとしたモノでありまして…
〆サバもほんの少し締めただけで、ほどんど生と言っても良いものでありますね
牡蠣も美味しくいただきましたし、脂がのり切った鯵の甘みも堪能させていただきました


PC290284-1.JPG
そして“毛ガニの甲羅づめ”
活きていた毛ガニの身を食べやすく解してくださったものを甲羅に詰めたモノでありまして、カニ酢も提供されますが、やはり蟹みそを和えていただくことがこの商品の醍醐味でありましょう
たっぷりと詰められている身に大満足ですね


PC290291-1.JPG
そしてこの季節のご馳走と言えば白子でありますね
天ぷらでいただくことが一番好きな食べ方ではありますが、今日は“焼き”でいただきます
濃厚なミルクのような味わいに、芳ばしく焼かれた醤油ベースのタレの風味が相まって… これも絶品でありますね
しかもそれが、480円でいただける言うのですから驚きであります


PC290294-1.JPG
そして寒い日でありましたので、身体を温めようと頼んだのが“青のり豆腐”
たっぷりの青のりに塗れた熱々のお豆腐が実に美味しくて… ワタシの中では刺盛りに並ぶこちらの名物料理だと思っているモノなのです


このお店、10年ほど前に姿を現して、気付けば25店舗にも拡大しているのですね
今年だけでも、本日伺った4号店のリニューアルオープンを含めて4軒の開店させている元気がある企業でありますね
昭和の時代の経営数値では無い 今の時代に合った経営をすることが大切なんですね
今日もしっかりお勉強させていただきました



【魚金】
東京都港区新橋3-18-8 A1ビル
03-5472-6400

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「とんかつ よしの」  高級ではないけど美味しいとんかつがいただけます

PC280275-a.JPG

多くの会社は昨日が御用納めだったようですね
そうなると、人が消えてしまう八丁堀界隈の飲食店も休暇に入ってしまうってことでありまして…
これから約10日間ほどのワタシの食生活はどうなるかと心配であります



PC280270-1.JPG
そんなことで、何の当ても無く歩き回っていて、ようやく見つけたのが「とんかつ よしの」さん
店頭にある色あせたテントの傷み具合いから、この地で長く営業されているお店であることが窺えますね
さらに、入口の脇に掲げられたメニューを見ますと、そのほとんどが1000円未満であるってことからも、この界隈に勤めるビジネスマンの胃袋を掴んで離さないお店であろうと察することが出来ます


PC280276-1.JPG
お店は入口の狭さから感じるほど狭くは無くて…
奥にグッと長いうなぎの寝床のようなお店でありますね 2Fにも客席があるようですから40席ほどはあるのかも知れません
スタッフの方々は飾ることがない素朴な感じがする人たちでありまして、その気さくな感じがステキであります


PC280274-1.JPG
こちらのでは“ロースかつ”“ひれかつ”“メンチカツ”“海老フライ”の4種の商品が揃えられていて、それらの組み合わせメニューも楽しめると言うモノ
ワタシは“エビ・ロース定食”をいただくことにいたします
それほど厚みがあるお肉ではありませんが、それがサクッと揚げられていて… その油切れも良くとても美味しくいただけるモノでありますね
キャベツも手切りされたみずみずしいものでありますし、コレが定食になって900円をはかなりお値打ちであると感じるモノであります


お手軽価格でありますのであまり多くのことを望んではいけないのですが、お肉からパン粉が剥がれていたことだけは残念でありました
とは言え、十分に美味しくいただくことが出来ますので、お腹を満たしたいときには良いお店でありますね



【とんかつ よしの】
東京都中央区新川2-15-2
03-3553-8876

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





とんかつ よしの
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「おらぶさる」   カフェのようなお店でいただく讃岐うどんは本場さながらの美味しさでありました

PC270259-a.JPG

重たい雲に覆われた寒い日
今年の暮れはかなり冷え込むとのことの予報もありまして、名古屋や仙台では大雪になる可能性もあるのだとか…
帰省される方々に大きな不便が生じないことを願います



PC270250-1.JPG
さて、今日のランチ
目的は身体が温まるような料理をいただくことでありまして… となると熱々なスープが張られたモノが頭に浮かびます
ラーメンって選択肢もあったのですが伺ったお店はココ
讃岐うどんを売るお店なのでありますが、その佇まいはカフェであるかのようにオシャレなものでありまして…
手軽な商品を売っているお店であればあるほど、お店が安っぽいと気持ちが下がってしまうモノなのでありますが、ココならそんな気分にならずに楽しめそうですね


PC270256-1.JPG
お店のシステムはセルフスタイルでありますので、先ずは好みのうどんを係の人に伝えて…
それを乗せてくれたお盆を受け取った後に天ぷらを選びます
それほど多くの品揃えが無い天ぷらではありますが、ワタシの好みにあるものはしっかりと用意されていましたので何の問題も無く…
きっと売れ筋をキチンと把握されていて、それを切らすことが無いように努めていらっしゃるのでしょうね


PC270266-1.JPG
うどんは、小(1玉)、中(2玉)、大(3玉)から選ぶことが出来るのですが、今日は「アゲアゲ フライデー」ってことで天ぷら全品が50円でいただけるとのことですので、小サイズのうどんと、天ぷらをあれこれといただくことにいたします
小とは言え、1玉は180gであるそうですから、それなりに十分なボリュームだったりするんですがね

うどん屋さんに並べられる天ぷらにはどうしても外せないモノがありまして… それは“ちくわ”でありますし、もう一つは“半熟玉子”なのであります 
先ずはそれを選んだあと、讃岐うどんのお店が多く出来たことで、東京でも市民権を得たように思える“かしわ天”と手を伸ばし、更には野菜のかき揚げと…
なんてあれこれと欲望に従っていますと取り皿には乗り切らない状況になってしまい、玉子は麺の上に乗せる羽目になってしまいます

こちらのうどん
本場讃岐のうどん店で使われているモノと同じ小麦が使われているとのことで、噛めば噛むほど小麦の甘みや香りを強く感じられますし、“あつかけ”に使われるセルフで注ぐつゆはイリコを主体にとる風味豊かなダシが効いていまして、その相性が抜群に美味しいモノでありました



セルフのお店でありますが、スタッフの方が明るく元気 そしてちょっとした会話の時にステキな笑顔が…
味良し、雰囲気良し、更にはスタッフもステキ
これはリピートしたくなるお店でありますね



【讃岐うどん ORABSAL】
東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー1F
03-6280-3619

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「ZIGEN」  ココのランチメニューはかなり魅力的 リピート間違い無しですね

PC260245-a.JPG

浮かれたクリスマスも終わり、一気に年の瀬を感じる空気へ
多くの企業は今週いっぱいで年内の業務が終わるのでありましょうか 多くのビジネスマンがバタバタと慌ただしく動いているように感じます
斯く言うワタシもオフィシャル的には明日で年内の業務を終了するのでありますが…



PC260248-1.JPG
新川・八丁堀辺りのビジネスマンも、あいさつ回りなどでありましょうか 心なしか足早に歩いているようで…
そんな町の大通りから1角入ったところにある「ZIGEN」ってお店
ワイン食堂と銘打たれていまして、メインとする商品はパスタとハンバーグと言うから興味津々
早速伺って来ました


PC240213-1.JPG
お昼のメニューがコレ
洒落たバルスタイルのお店でありながら、なんとそこで提供されるパスタは、“大人のナポリタン”や“昭和のミートソース”なるモノ
ハンバーグとのコンビネーションもあって、これならオヤジひとりでも入りやすいですね


PC260240-1.JPG
店内はワインを売るお店らしくたくさんのワインボトルが飾られていまして、なかなかおしゃれな雰囲気でありますし、調理場を囲むカウンター席も常連さんには魅力的な席でありましょう
そんなこともあってか、お客さまは女性の方が中心でありまして…
そのほとんどが大人気だと言うパスタとハンバーグのコンビネーションであるワンプレートランチを召し上がっているようですね


PC260246-1.JPG
そんなワンプレートにも興味があったのですが、ワタシの目に留まったのは“スパカツミートソース”なるモノ
如何にもボリューミーであり、男の空腹を満たすに十分であろうことが連想できるネーミングに惹かれて、それをお願いしたのであります
提供された商品は、鉄板からはみ出るほどに盛られた太麺のスパゲッティに結構な大きさのカツがドーンと乗っかっていまして、想像を裏切ることが無いボリュームであり、麺だけも400gあるとのことですから、ソースやカツを加えますと、総重量は800g近くはあろうかと言うモノであります
麺はマーガリンで炒められた柔らかいモノ、それに自家製だと言うミートソースが掛けられているのですが、それがちょっと硬めに仕上げられていますので麺と絡めるにはちょっと水分が足りないようで、ちょっと残念な感じでありました


とは言え、他にも食べてみたい商品が揃っていますので…
次回はナポリタンをいただきことにしましょうかね



【ワイン食堂 ZIGEN】
東京都中央区新川2-6-14 新川2-6ビル1F
03-3553-5833

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「焚火家」  渋谷で肉塊を喰らう昼 赤身のサッパリとした美味を堪能します

PC250221-a.JPG

ご無沙汰していた友人から久しぶりに会いませんかとの連絡があって…
渋谷での打ち合わせが15:00から入っていましたので、その前にランチをご一緒することにいたします
以前は毎月のように顔を合わせていたのですが、お互いの環境が変わったこともあって顔を合わせるのは1年ぶりくらいのことでありましょうか 情報交換したいこともたくさんあってワクワクいたします



PC250234-1.JPG
「お肉が食べたい」というリクエストにお応えして『焚火家』というお店を予約いたします
焼肉と言うスタイルをメインとした肉料理屋さんでありまして、“ヒマラヤ”と名付けられている肉塊と、“和牛すき焼き”を2本柱としているのであります
仲間が集まって夜の忘年会でしたら、この両方をいただくことが出来る、忘新年会限定「とくダネ!」コースなんてところが魅力なのでありましょうが、今日は二人 そこまでは食べ切れそうにありませんので…


PC250221-1.JPG
“昼のヒマラヤランチ”をいただくことにいたします
800gの肉塊を豪快に炭火の上に乗せ適度に転がしながら表面を焼き固めていくのですが、このダイナミックさが圧巻なのであります
メニューには3〜4人分と書かれているのですが、それを肉好きの二人で平らげようと…
1日に30食以上も売れることがあるとのことですから、この魅惑的な商品に惹かれる人はワタシだけではないようですね


PC250225-1.JPG
表面を焼き固めたところで、お店の方が薄くスライスしてくださいまして…
タタキ状に仕上がったお肉がお皿の上で山のように盛り付けられた姿に、じぇじぇじぇ〜〜 と声を挙げたいほどにビックリなのでありますが、お肉の下に敷かれたレタスを見てひと安心
と言えども800gでありますから、結構なボリュームですね


PC250227-1.JPG
そんなお肉をポン酢につけていただくのですが…
ランプやイチボと呼ばれる部位の赤身肉でありますし、ポン酢のサッパリ感も相まって、全くしつこさを感じること無くいただけるのであります
ポン酢の他にもゴマ塩系のタレも用意されていますし焼肉用のタレを付けてもいただけますので、サッパリといただけるだけでなく飽きること無くいただけると言うのもありがたいことですね
そのままレアな状態でいただくも良し、炭火で少し火を加えていただくも良し
なんて言っている間に完食 これならもっと大きな塊でも平らげることが出来そうですね


PC250222-1.JPG
お昼の集客が難しい焼肉店でありますが、こちらのお店はお昼から満席になるんですね
しかも女性3人組なんてお客さまもいらっしゃいまして…
焼肉屋と感じられないオシャレな空間や、とっても感じが良い接客も、お客さまを集める要因なのでしょうね


お肉に敷かれたレタスを美味しくいただくことが出来るようにドレッシングなどの用意があったり、セットにはご飯とキムチ豆腐だけでなく汁の用意があったりしますと、更に美味しく楽しくいただけるのでしょうがね…
なんて言いながらもかなりお気に入りのこのお店
お邪魔する機会が増えそうですね



【炙り和牛と厳選炭火焼 焚火家】
東京都渋谷区渋谷1-15-19 東口二葉ビル1F
03-5778-3039

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





焚火家 渋谷店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「もつよし」   ボリューム満点 味も良し ランチの穴場発見であります

PC240205-a.JPG

Mary Christmas!!
なんて浮かれていたら… 今年も残すところ1週間なんですね
会社の玄関に門松を飾り付けているところを見つけて現実へ引き戻されてしまいました
年内に終わらせておきたい作業もあるし、来年の仕事始めになりそうな新しい仕事の準備もしなくちゃならないし…
慌ただしい年の瀬になりそうです



PC240196-1.JPG
ランチを求めて八丁堀界隈を散策していたら…
オヤジ族がホッピーを片手に会社の愚痴を吐いてる姿が見えてきそうなお店を発見いたします
モツ煮をメインとした大衆的な居酒屋さんでありまして、ココに掲げられたランチの看板を目にすることが無ければ、きっとお邪魔することは無かったであろうところであります


PC240200-1.JPG
そんな居酒屋さんがランチで提供している商品は“豚肉めし”なるモノひとつだけでありまして、小盛り・中盛り・大盛りとあるボリュームや、2種のトッピングを選ぶことが出来るだけなのであります
それぞれに、(豚肉150g めし300g) (豚肉200g めし400g) (豚肉250g めし500g)となっているようでありますので、小盛りでも吉野家さんなんかと比べると結構な量があるんですね


PC240206-1.JPG
そんな1品だけで勝負すると言う潔い姿勢に共感して…  早速お店の引き戸を開けて食券を購入いたします
やっぱり大盛り??? なんて誘惑もあったのですが、さすがに総重量650gには恐れをなして、中盛りでお願いいたします
5mm弱にスライスされた豚バラをひと口大よりもちょっと大きめにカットして、それを甘辛なタレで絡めるように焼き上げたモノがドサッとご飯に乗せられています
以前は牡丹の花のように盛り付けられていたようなのですが、きっと今では忙しすぎて、そのようなことが出来なくなったのでしょうね
ごはんが進む甘辛のタレがちょっと甘めでしたので、適量の七味を振って… 200gものお肉がありますと、もっとたくさんのご飯が食べられそうな気になりますから不思議ですね


PC240198-1.JPG
夜の商品もお値打ちに揃えられているようですし、きっと大将がひと品ひと品を丁寧に調理してくださるのでしょうから美味しいこと間違いないでしょうから、何かの機会がありましたらお邪魔してみましょうかね
決して愛想が良いわけではないのだけど、どこか人懐こさがありそうなおばちゃまが接客をしてくださいますし…


土曜日も営業してらっしゃるようですし、八丁堀界隈で穴場発見って感じであります
ココ、リピート間違いなしでありますね



【もつよし】
東京都中央区新川1-10-11


今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「小町食堂」    料理はレンジで温められますが、その手作り感がご馳走です

PC230189-a.JPG

ようやく年賀状作成が終わりました
この方にはお世話になったなぁ この方とはもっと親しくなりたいなぁ 今年は会えなかったけど来年はきっと…
なんて、一人ひとりのお顔を思い浮かべながら、一年を振り返るってことも良いことですね



PC230186-1.JPG
街はクリスマスモードでありまして、肩を寄せ合うカップルで溢れているのですが…
何だか家庭的な料理がいただきたい気分のワタシは、お気に入りの定食屋さんで夜ごはんをいただくことにいたします
日頃は混み合っているお店なのでありますが、こう言った日にはお客さまが少ないようですね


PC230187-1.JPG
店頭に置かれたサンプルから好きな料理をお盆に乗せて…
チェーン系のお店ではいつも同じような商品が並べられていたりするのですが、こちらのお店では、その日によって、その時間によって、並べらている商品が異なりますので、飽きること無く通うことが出来るんですよね


PC230192-1.JPG
ここでちょっとお気に入りなのがすき焼きでありまして、ここ数回は必ずコレをいただいていますね
そして今回初めて目にしたチキン南蛮
もちろん本場のモノとは異なる“風”ではありますが、コレはこれで美味しくて… タルタルソースではなくマヨネーズってところも面白いですね
そして、寒くなると恋しくなるのがクリームコロッケでありまして… とろっととろける熱々のクリームが身体を温めてくれます


そしてこちらの一番のお勧めが“豚汁”でありまして、たっぷりとした具材の量に驚かされます
汁を飲むと言うより、具を食べると言った豚汁 これも体を温めてくれますね



【新川小町食堂】
東京都中央区新川2-17-14
03-3537-7227

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「万福」   本場から取り寄せる麺が決め手のちゃんぽんがお気に入り

PC220184-a.JPG

一昨日にオープンした『イオンモール幕張新都心』の視察でもしようかと思ったのだけど…
オープン直後の3連休だし、年末の買い出しやクリスマスデートなどで混み合っているだろうと、ソレを見送ることにして、豊洲の『ららぽーと』へと出かけます
何かを買うってことでは無くて、ただブラブラっと…



PC220175-1.JPG
で、ちょっと遅めのランチを、駅前にある「万福」でいただくことにいたします
ココで提供される“ちゃんぽん”がとってもお気に入りで、時折、急にそれが食べたくなるんですよね
中華をメインに和食も提供している定食屋さんなのでありますが、この“ちゃんぽん”や“皿うどん”は麺を長崎から取り寄せているってほどのこだわりで、本場さながらの美味しさを楽しむことが出来るのであります


PC220179-1.JPG
かなりの人気店でありまして、グループで来られるお客さまやファミリーでのお客さまなどでいつも賑わっているのです
今日も、15:00過ぎと言う中途半端な時間ではありましたが、オジサマ方のグループが早々とお酒を飲んで、良い気分になっていらっしゃいました


PC220182-1.JPG
コレがお気に入りのちゃんぽんでありまして、いつも通りに野菜たっぷりであります
しっかりと旨みが詰まったスープが本場の麺が見事に絡み合うだけでなく、本場と同じように浅利も入っていて…
すり身の天ぷらや、プリプリの海老も見事なモノなのです

コレだけでも十分に満足なのでありますが、野菜不足を解消してやろうと、今日も肉野菜炒めを一緒にいただきます
コレだけの野菜を一度にいただくってことはそうそう無いことですが、身体が欲していたと言うことでありましょうか 飽きることも無く、ペロッといただいてしまいました


きっと他にも美味しいモノがあるのでしょうが、このちゃんぽんと皿うどんにハマってしまっていますので、なかなかほかの料理に手を出すことが出来なくて…
勿体無いことをしているのかも知れませんが、まぁこれで満足しているのですから、それはそれで良いでしょう
今日も美味しいちゃんぽんをありがとうございました



【万福】
東京都江東区豊洲5-5-1 豊洲シエルタワー1F
03-3536-0129

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ
posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

東京メトロ有楽町線月島駅:「さくら亭」    ご近所にある雰囲気が良い和食のお店なのですが…

PC210172-a.JPG

「年賀状は25日までにお出しください」
そんな広告に焦って、この3連休をその業務に充てることにいたします
先ずは昨年データのメンテナンスを行い、続いて今年交換した名刺の整理をしながら今後お付き合いがありそうな方を住所録に登録していくのですが…
コレが結構な手間なんですよね
最近は名刺をスキャンするだけでデータにしてくれたり、スマホで名刺を写すだけなんてアプリもあるようですが… アナログ派なワタシにはちょっと…



PC210165-1.JPG
そんな業務に没頭するために、食事は近場のお店で済ませることにいたします
中華のお店は美味しさに欠けるし、イタリアンのお店は混んでるけど食べたい商品が無くて…
それで、いつもの和食のお店にしたのだけど、ここはサービスに難があるんですよね


PC210166-1.JPG
そんなことでか、土曜と言うのにこの有様
いつ来てもガラガラなんですよね
なのに、入店したことに気付いてももらえないし、料理だって注文して30分ほど経って提供されるし…
ホントどうにかなりませんかね


PC210171-1.JPG
ようやく提供された松花堂
松花堂と言えば色んな料理が盛合されてるために、事前に作ってあったモノを盛り付けて提供されることが多いのですが…
待った甲斐があったと言うべきなのか、今日のソレには作り立て感があって美味しくいただくことが出来ましたよ
煮物は仕方ないとしても、揚げ物は熱々だし、焼き魚だって焼きたてのモノで美味しくいただけます
しかし、3000円近くもするお料理に焼サバは止めて欲しいと思いますがね


毒を吐いてしまいましたが、もう少しキチンとやっていただけるとリピーターも増えるのでしょうがね
ちょっと残念なお店であります



【さくら亭】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F 
03-5560-3321

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東急東横線渋谷駅:「しらすくじら」     九州の醤油で煮込まれた美味しいかぶと煮をいただきます

PC200157-a.JPG

予報通りに、昼過ぎにはみぞれ交じりの雨まで降って、かなり冷え込んだ今日
打ち合わせたのめに渋谷へ
いつもだと打合せ前にバタバタと済ませるランチなのですが、今日はお昼前からの打ち合わせでありましたし、次の打ち合わせまで時間の余裕があったためヒカリエへと向かいます
ワタシがここへ来るのはいつも平日だってこともあるのでしょうが、ショッピングフロアはいつもガラガラで…
でも、飲食フロアはお昼の時間を過ぎているにもかかわらず、行列しているお店もあって賑わっているようですね



PC200163-1.JPG
福岡に本店を持つ「しらすくじら」ってお店
それほど多くの支店を構えているわけではないのだけど、京都や大阪にも支店を構えている海鮮料理のお店であります
全てが九州で揚がったお魚って訳ではないのでしょうが、北海道であったり福岡であったりと聞くと美味しく感じてしまうのであります


PC200153-1.JPG
タイミング良く先客がお帰りになれた席をいただくことが出来ましたが、こちらのお店も満席状態でありまして…
お店は居酒屋がメインと言うことで、それほど造り込まれた落ち着いた雰囲気では無く、ざっくりとした気軽な感じに仕上げられているのですが、お客さまのほとんどが女性であるってことが「ヒカリエ」らしさってことでありましょう


PC200156-1.JPG
お昼のメニューからは福岡らしさを感じることも無く…
一度は通り過ぎたのですが、“鯛のかぶと煮”が気になって、それをいただくことにいたします

かなり大ぶりなかぶとに、小鉢の切り干し大根やお刺身までが付いていて、なかなか豪華なないようではありますが、お値段はそれほどでも無くてリーズナブルな印象を受けます
そのかぶと煮、とっても美味しく煮付けらていますし、相性が良いとされるゴボウも柔らかく煮込まれているのですが… 残念なことにウロコの処理が十分ではなかったようですね
お口のあちこちにペタペタとウロコが付いて… 折角の美味しい煮付けも、その美味しさに集中できないことで原点でありますね




【博多漁家磯貝 しらすくじら】
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ7F
03-6434-1466

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

都営地下鉄大江戸線門前仲町駅:「大阪王将」    たっぷりと餃子が食べたくなって大阪王将へ

PC190151-a.JPG

ニュースやワイドショーでは、朝から王将フードサービスの大東社長が亡くなられた事件の報道が引っ切り無しに流れていて…
大東社長自らが餃子を焼いているシーンも何度も見ていると、不謹慎ながらも餃子が食べたくなったのであります



PC190141-1.JPG
社長が亡くなられた「餃子の王将」とは別の会社でありますが、餃子が美味しいお店であることには違いないってことで、門前仲町にある「大阪王将」で夜ごはんといたします
餃子をいただくのであれば豊洲にある「aa」って言う手もあったのですが、やはり同じ王将つながりってことで…


PC190142-1.JPG
第1・3木曜日は餃子の日だと言うことで、通常230円の餃子が160円だというのだから、多くのお客さまが持ち帰りの餃子を買うために続々と来店されていまして… そんなレジ前に並ぶお客さまを掻き分けるように店内へと入ります
30席ほどのお店でありますが、そんな状況でありますので、3人のスタッフはバタバタと走り回るほどの状況でありますね


PC190151-a.JPG
で、いただいたのは餃子とチャーハンがセットになったモノ
どんなに忙しい状況であってもキチッとした焼き色で提供された商品を見て、看板とする商品はこうじゃなくちゃと感心いたします
パリッとこんがりと焼かれた皮に包まれたジューシーなあんこは、いくつでもいただくことが出来るようなサッパリとしたモノでして… ペロッと12個をいただいちゃいました
チャーハンもパラパラとしていますし、一緒にいただいた肉野菜炒めもシャキッとした野菜にほんのりとした醤油味で美味しくいただけるモノでした


コレだけいただいて1280円
美味しい餃子をたっぷりといただいて、しっかりとお腹を満たしたにもかかわらず、そんなに安いの?
とビックリしたあとは、こんなに安くて大丈夫なんでしょうかと心配になるほどですね
恐るべし大阪王将であります


【大阪王将】
東京都江東区門前仲町1-5-7
03-5639-1661

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

JR山手線東京駅:「花まる」    北海道出身の回転寿司でいただく北海道の美味しいネタに満足

PC180113-a.JPG

予定よりも早くに仕事を終えて…
東京へ戻る新幹線の中、どこかで夕食をいただいて帰ろうなんてことを考えていたら、タイミング良く友人から食事のお誘いがありまして…
それで、ちょっと時間を潰したあと、KITTEにある回転寿司で待ち合わせをいたします
北海道の根室に本社を構え札幌を中心に店舗展開をしている「花まる」と言うお店が『KITTE』の開業に合わせて東京へ進出したのが3月のこと
いつも行列が出来ているってことでこれまで敬遠していたのですが、今日はちょうど良い機会っだってことでお邪魔してみることにいたします



PC180103-1.JPG
開店から半年以上が経った平日の夜でありますから、それほどの行列は無いだろうと高を括ていたのですが…
お店の前だけでは行列が収まらないために通路を開けた反対側にも折り返しの列が出来ていまして、1時間以上待つことも当たり前のことであるようですね
待ち合せた友人が予定よりも遅れていたのですが、これまたタイミング良く… ワタシの順番になることを見計らったかのように到着しまして、カウンターの席をいただきます


PC180108-1.JPG
回転寿司でありますからお皿によってお値段が決まっていまして、もっともお手軽な130円と言う商品のラインナップもしっかりとしていますね
中心となるネタモノも250円と320円ほどでありますから、そのコストパフォーマンスは高いお店でありますね
根室の会社らしく… でありましょうか、その根室市にあるの花咲と言う地名から取ったとも言われている“花咲ガニ”を扱った商品が目立ちますね


PC180105-1.JPG
光モノが好きなワタシは、脂がのり切った美味しそうな姿に我慢がならず…
生サバと生さんまをいただきますと、トロンとした甘い旨味がお口に広がりまして、旬の美味しさを堪能いたします
そしてこの季節ならではの魅惑的な商品である“真だち”
真鱈の白子のことでありまして、そのミルキーな甘みが堪りませんね


PC180114-1.JPG
花咲ガニの出汁が効いた汁をいただきながら…
筋子やニシンなど、北海道らしいネタをいただきます
イクラを売るお店は数あれど筋子があるお店って少ないですよね 原木である筋子よりも手が加えられたイクラの方が上品に思われるからでしょうかね?
そして、甘露煮にされたモノがお蕎麦に乗っていることで有名ではありますが、生でいただいた経験がほとんどないニシンは脂がのっていてトロトロでありました


PC180123-1.JPG
そして“青そい” 初めて聞く名前でありまして、興味本位にいただいたモノであります
メバルの1種であるようで、北海道では鯛に代るものとしての人気があるのだとか… なるほど身の締まりが良い食感であります


PC180133-1.JPG
“花咲ガニのふんどし”
前掛けであるとかはかまであるとか呼ばれることもある甲羅の内側にある部分の身であります
プリプリと言うより、弾力があるシコシコと言った食感でありまして、噛めば噛むほどに味が出るところでありますね

東京の回転寿司と言えばレーンには必ずマグロが回されているモノなのですが、こちらのお店のレーンにはマグロが一つも無いんですね
何かいつもと違うって感じていたのはこのせいだったようですね
それで、〆にとトロ鉄火をいただき気持ちが落ち着きました




【回転寿司 根室花まる】
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワーKITTE5F
03-6269-9026

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

豊鉄渥美線小池駅:「つるあん」 ゴロっと丸ごと揚げられた玉ねぎが入ったつけ麺 その美味しさにビックリ

PC170096-a.JPG

美味しい味噌煮込みうどんを提供していた「松倉製麺所」がリニューアルし、店名も新たにオープンしたと聞きつけ早速訪ねてみることにいたします
そのオーナーであった松倉氏が若くして亡くなっても、その店名を残しておこうと有志がお店を継続していたのでありますが・・・
これも時の流れの中では致し方ないことかもしれませんね



PC170089-1.JPG
お店の外観はそのままに、そして名物である味噌煮込みうどんは残しながらも、新しい商品である“玉ねぎつけ麺”を加えてのリニューアルオープンでありますね
「松倉製麺所」は開業当時からお世話になっていましたので、ワタシとしても思い入れがあるお店でありますので屋号が変わるということは寂しい気がするのですが、新しく生まれ変わっても、名物であった“味噌煮込みうどん”が受け継がれるのであれば、それも良いことかもしれませんね


PC170093-1.JPG
味噌煮込みうどんっていうことで、味噌蔵をイメージして造られた、ちょっと重みがある雰囲気だった店内は明るくリニューアルされていまして、以前のお店よりも気軽に入れる、うどん屋さんらしい雰囲気になっていますね
スタッフも総入れ替えされてようで、新しく採用されたアルバイトさんたちの初々しい姿からは一生懸命である様子が伺えます


PC170098-1.JPG
これが新たに加えられた、新名物の“玉ねぎつけ麺”
「天ぷらは蒸し料理」だと言う料理長の技で丸ごと一個の玉ねぎをゴロっとその姿のまま揚げられていまして、そのトロンとした食感や甘味が、つけ汁との相性が抜群なのであります
トッピングされた魚粉の風味も強すぎることなく、その香りを美味しく楽しみことができるものでありまして・・・ これは良くできた商品でありますね
何でも、玉ねぎを名産としている淡路島ではこのような食べ方が存在しているようでありまして、それをしっかりと勉強されたのでありましょう
麺も以前と変わらず、しっかりとしたものでありますので、かなりお気に入りであります


PC170094-1.JPG
そしてこれは“玉ねぎカレーうどん”
こちらは、先の“玉ねぎつけ麺”と比べまして、完成度はまだまだって感じであります
決して美味しくないわけではないのですが、カレーに特徴がないものでインパクトに欠けますね
玉ねぎの甘さを強調する為に、あえてそうされているのかもしれませんが・・・


これからも美味しい商品を開発されて、永くお客さまに愛されるお店であって欲しい
店名が変わっても、創業者である松倉氏の想いを受け継いで欲しい
そんなお店であります



【麺匠 つるあん】
愛知県豊橋市佐藤2-7-1
0532-65-9292

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

JR東海道本線豊橋駅:「かつさと」   ワンコインでいただける丼チェーンは数あれど・・・

PC160085-a.JPG

食べる仕事だった一日
ひたすら試食を繰り返し満腹となった中で伺った6軒目は、カツ丼をメイン商品としたチェーン店であります
牛丼をはじめとしてワンコインでいただける丼チェーンは数あるのですが、そのコストパフォーマンスの高さはココが一番ではないかと感じている「かつさと」へ伺うことにいたします



PC160087-1.JPG
丼のファストフード店でありますから、夜の時間にお客さまが溢れることはないようですが、数人のお客さまが次々と入れ替わるように来店されて・・・ お客さまが途切れることはないようですね
どこにでもある馬蹄形のカウンター席を中心としたお店でありますが、決して窮屈を感じることがないゆったりとした店造りですから、ココなら家族やグループで利用しても心地よく食事できそうです


PC160084-1.JPG
そんなお店で頂いたのはメイン商品である“カツ丼”
同じくカツ丼をメインとしたチェーン店があるのですが、そこと比較してみますと・・・
まずカツの厚みがや大きさが違うのです この厚みがカツの美味しさであり醍醐味でもあるのです
そして、ご飯のボリュームが違うのです どんなに手軽なお値段であっても、それでお腹が満たされなければ意味がないことでありまして・・・ そう言った意味でも、ここのカツ丼なら充分に満足できるのであります
そして最後に、タレが美味しいのです
もともと、蕎麦屋をやっている会社が展開するお店でありますので、その母体である蕎麦屋の美味しい出汁を使って作るカツ丼が美味しくない訳がありませんね


現在は東海圏を中心とした展開でありますが、今後は関東圏への出店も計画されているようですので、近いうちに自宅近くにもできるのでは? と楽しみにしています



【かつさと】
愛知県豊橋市牟呂中村町19-1
0532-31-6639

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



かつさと 牟呂店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

JR山手線東京駅:「玉丁本店」    本場名古屋の味を東京で… そんな思いで作れらた東京発の味噌煮込みうどん

PC150077-a.JPG

日本橋近くの歩道で信号が変わるのを待っていたら…
紳士が乗ったベンツが目の前で止まり「すいません」と車内から声をかけてきた
てっきり道でも聞かれるのだと思っていたら、ジュエリーケースを手にして、「コレ、あげる」と言うではないか
もちろん断ったけど、いったい何だったんだろう????



PC150081-1.JPG
明日からの出張に必要なチケットを東京駅で購入したあと、八重洲地下街でランチをいただくことにいたします
この週末は今季一番の寒気が入っているとのことで… 
実際にはそれほど寒さは感じていないのだけど、寒い日にピッタリなモノをいただきましょうと“味噌煮込みうどん”であります


PC150068-1.JPG
お向かいにはワンコインほどでいただける、お蕎麦屋さんやうどん屋さんがあるのに…
こちらのお店も多くのお客さまで賑わっていますね
お客さまはそのシチュエーションに応じた予算を持っていらっしゃるようで、その時々の利用動機に応じてお店を使い分けているってことでしょうね


PC150073-1.JPG
30分ほど待ってようやく提供された“味噌煮込みうどん”
注文が入ってら煮込み始めるとしても30分近くもかかるとは思えませんので、この商品に注文が集中した時の仕組みが出来ていないのでしょうね
名護派の有名店ではそのようなことはありませんから…


PC150080-1.JPG
その土鍋のふたには特徴がありまして… ふたには湯気抜きの穴が無いんですよね
その秘密は、このように取り皿として使うことが名古屋流ってことでありまして、ワタシもそれに従っていただくことにいたします
実はこれがシャツにシミを付けないたまのベストな方法であったりもしまして…
もちろんエプロンが用意されてはいますが、このスタイルでいただくことが最もベストであるとワタシは感じています
牡蠣が美味しい季節でありますので、一日限定20食だと言う“牡蠣入り”
小粒な牡蠣が5粒ほど入っていまして、それはそれで美味しいのでありますが、やはり本場でいただくモノを比較してしまいますと、ちょっとスープにコクが足りないような気がいたしますね



とは言え、東京に居ながらにして名古屋の味がいただけるってことはありがたいことでありまして…
こちらに二はきしめんもありますし、天むすもありますので、名古屋菜気分を味わいたいときはまたお邪魔させていただこうと思います


【玉丁本店】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街南一番街
03-6225-4831

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

つくばエクスプレス浅草駅:「金楽」    片手にご飯を持っていただきたくなるような下町の焼肉屋さんです

PC140024-a.JPG

2年ほど前のこと、気が合う焼肉好きの仲間が集まって、月に1軒ほどの焼肉屋さんを食べ歩いていたことがあって…
ちょっとした事情で中止していたのだけど、その仲間が久しぶりに会って焼肉をいただきます
このメンバー
特に食に関わっている人の集まりでは無いのですが、だからこその新鮮な意見もありまして… 
出来ることなら、この焼肉会を復活させたいものであります



PC140011-1.JPG
お店は浅草にある「金楽」さん
路地裏に黄色く光る看板が目印である下町焼肉であります
以前にも同じメンバーで来たことがあるお店ですから、待ち合わせはお店で… ってことだったのですが、ひとりが道に迷ったなんてハプニングもありましたが、定刻にスタートすることが出来ました


PC140021-1.JPG
店内は煙黙々でありまして、着席の前に大きなビニール袋を貸していただけますので、臭いが付かないようにその中へ上着やカバンを入れることから始まります
決してサービスが感じ良いなんてことも無いのですが、いつもお客さまで溢れていまして、忘年会で忙しいであろうこの時期に予約が取れたことも奇跡的なことかもしれませんね
事実、今日も多くのお客さまが満席あるために入店でいない状況でありましたので…


PC140014-1.JPG
こちらの名物のひとつである牛タン
この厚みが魅力なのであります サシが美しいタン元でありますので、強火でサッと表面を焼いたくらいがいただき時でありまして…
柔らかい食感の中にあるタン本来の甘みが堪能できるモノであります


PC140019-1.JPG
そしてハラミ&カルビ
何れもぶつ切りにされた形状で提供されるのがこちら流でありまして、卓上に置かれた昔ながらの七輪の上を上手に転がしながら、表面を焦がすことなく焼き固めることが、ジューシーにいただくためのポイントでありましょう
しっかりとタレに付け込まれていますので、かなり濃い下味が付いているのですが、コレがご飯のお供には最高なのでありまして…
上品では無く、煙に巻かれながらご飯片手にいただく焼肉 これぞ下町焼肉の醍醐味でありますね


PC140016-1.JPG
お肉ばかりではなんですから…
野菜をキチンといただきましょうと、サンチュにナムルとキムチをいただきますが、これらは特筆するようなモノでは無くて…
もう少しお肉をってことで、上カルビをいただきます
こちらのメニューでは、上とか並とかいうものは無くて、唯一「上」と書かれているのはカルビだけ
シンプルかる豪快で… 細かいことは考えず美味しいモノをガッツリといただくお店でありますね



【金楽】
東京都台東区浅草1-15-4
03-3844-3357

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





金楽 浅草店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

東京メトロ有楽町線月島駅:「生駒軒」   大衆中華料理店のテッパンメニュー“肉野菜炒め”に大満足

PC130006-a.JPG

午後からの打ち合わせだったのですが、それまでにと取り掛かっていたデスクワークに手間取ってランチをいただく時間が無くなり、コンビニにサンドひとつを移動しながらいただく羽目に…
そのため、打ち合わせが終わった頃にはお腹がギューって鳴るほどの空腹に襲われて…
それで、夜ごはんにはまだ早い時間でありますが、帰り道にある



PC130002-1.JPG
月島のもんじゃストリートと清澄通りとの間にある細い通りにある、昭和な雰囲気そのままの中華料理店へ立ち寄ることにいたします
そんな雰囲気から年配の方がやっていると勝手に思い込んでいたのでありますが、暖簾を潜ってみますと、まだ30代前半のご夫婦が迎えてくれるではないですか
きっと後継者なのでしょうね このお店がこれからまた数十年存在し続けると思うとうれしいことですね


PC130005-1.JPG
肉野菜炒めをいただいて見ますと、想像以上にお肉がたっぷりと使われていまして…
原価率ばかりを意識するチェーン店とは異なるボリュームにビックリであります
これなら野菜不足の解消だけでなく、大好きなお肉もたっぷりといただける幸せ料理ですね
一緒にいただいたチャーハンもしっかりとしたボリュームでしたので、空っぽだったお腹もしっかりと満たされて大満足ですね


PC130007-1.JPG
これほどまでとは思っていませんでしたので餃子もお願いしていまして…
その餃子はモッチリした皮に包まれていまして、とってもジューシーであります
コレが既成のそれほど美味しいモノで無かったならば食べ切ることも出来なかったのでしょうが、その美味しさに次から次へと箸が出まして、しっかりと完食でありました


お腹が満たりますと寒さもそれほど感じることも無く…
若いご夫婦が頑張っている姿で心が満たされたってこともあって、帰り道は心豊かでありました
これからも頑張って欲しいものです



【生駒軒】
東京都中央区月島1-26-10
03-3531-6467

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





生駒軒
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

東京メトロ日比谷線人形町駅:「人形町ピザバル」     ピッツァをメインとしたバルは数あれど…

PC122785-a.JPG

今、最も元気がある業態と言えば… 「バル」ではないかと思います
中華料理であれば「餃子バル」 韓国料理であれば「チヂミバル」 そしてイタリアンであれば「ピザバル」と言ったお店の出店が相次いでいるのです
バル=立ち食い ではなく、バルということで気軽な料理とお酒が楽しめるトコロと言うイメージを与えることでお客さまに支持されているようですね
ってことで、そのお勉強であります



PC122789-1.JPG
人形町にある、その名も「ピザバル」
あまりにも直球なネーミングにビックリしたりもしますが、本格的なピッツァを提供しているってことでメディアでも話題となっているお店であります
経験が浅いアルバイトさんが焼き上げるチェーン系のお店とは異なり、ここではオーナー自らが窯の前に立ち、温度管理が難しいとされる薪窯で焼き上げていると言うのですから自ずとその期待は高まります


PC122776-1.JPG
店内はシンプルな造りではありますが、白と木調が基調になっていますので清潔感も感じることが出来ますし、落ち着いた雰囲気の中にも美味しさが感じられるような工夫が施されていましてなかなか良い感じであります
ハイチェアでありますから、ゆっくりと落ち着いてって言う感じではありませんが、サクッと食べて飲んで席を立つ
そんなバルの利用動機にはピッタリでありますね


PC122772-1.JPG
先ずは前菜をいくつかいただきまして…
茄子のマリネやポテトサラダは素材の旨みが活かされていますし、どこにでもありそうなポテトフライにもほんのりとニンニクの香りが隠されていて… キチンと調理されていることが伝わってきます
鶏レバーのパテを売るお店は多いのでしょうが、ここでは鶏肉のパテ
好みの問題はあるのでしょうが、これなら万人が抵抗なくいただくことが出来ますね


PC122786-1.JPG
人気NO.1であると言う“マルゲリータ”
しっかりとしたコルニチョーネが特徴のナポリピッツァでありまして、熱々で酸味が残るトマトソースとモッツァレラの相性が抜群でありますね
コルニチョーネの焼き色からも、オーナーの技術の高さを窺うことが出来ますね


PC122788-1.JPG
そして“ハニーゴルゴンゾーラ”
トマトソースを使わず、たっぷりのゴルゴンゾーラを乗せて焼き上がたピッツァにはちみつを垂らしていただくと言うもの
ゴルゴンゾーラの塩味とはちみつの相性が良いことから多くのお店で取り入れられているメニューでありますね
ゴルゴンゾーラ特有の臭みが苦手って方でも、これならきっと美味しくいただけるってことで拡がっているのかも知れませんね


生地の食感に違いを感じていたのでありますが、ここでは強力粉の代わりに、フランスパンに使われる小麦が使われているとのことでありますね
そのため、サクッとした歯触りが一層活きているのでしょうね
最近ではピッツァをワンコインで提供するところも増えているようですが、ここのピッツァであれば1000円前後を払っても、その価値は十分に感じられるものであります



【人形町 PIZZA BAL】
東京都中央区日本橋人形町2-6-11 五十番ビル1F
03-6661-2917

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

JR山手線五反田駅:「勇山亭」    今宵の忘年会食は牛じゃぶでありました

PC112758-a.JPG

福岡で活動している仕事仲間が上京してくるってことで忘年会食
銀座・丸の内辺りで気になるお店数件に連絡したのだけど、この時期どこのお店も予約でいっぱいなんですね
そこで、以前お邪魔して料理の美味しさに感動した五反田の和食店へ連絡してみたら… テーブル席だったらと予約を受けていただくことができました
今年の忘年会はかなり動いているようで、業界関係者としてはうれしい悲鳴でありますね



PC112745-1.JPG
五反田駅東口から昭和な佇まいを残す路地を入ったところにある「勇山亭」ってお店
その店構えからも美味しさが伝わってくるような、割烹をイメージさせる雰囲気が大人のお店って感じでステキです


PC112749-1.JPG
そんなお店の引き戸を開けて店内に入りますと…
座敷席には会社の忘年会であろうグループが、そしてテーブルやカウンター席にも熟年のオジサマ方で埋め尽くされている賑わいぶり
やっぱり美味しいお店って皆さんご存知なんですね


PC112748-1.JPG
予約していた時間よりも30分ほど早く伺ったのですが、笑顔で迎えていただき料理がスタートいたします
お刺身の盛り合わせにはこちらの自慢でもある大間の鮪が使われていますし、ナマコポン酢のコリコリとした食感も美味しいですし… 白子のトロっとしたミルキーな天ぷらも絶品でありまして、その一つひとつに舌鼓を打ちながら堪能させていただきます


PC112757-1.JPG
きんきの煮付け
前回は金目の煮つけをいただきましたが、こちらの煮つけはサッパリとしていまして…
お魚の旨みを邪魔しない味付けで、ふっくらと煮つけていあるのであります
添えられているお豆腐にもしっかりと味が染みていて…
しっかりと煮方を学んだ調理師さんがいらっしゃるのでしょうね


PC112761-1.JPG
そしてメインであるお鍋は牛のしゃぶしゃぶ
しっかりと旨みが出て黄金色の出汁に、玉ねぎを加えて… それがしんなりしてきた頃に白菜などほかの野菜を加えて…
えっ、玉ねぎなんて思いもあったのですが、コレが実にお肉とよく合っているのであります
タレもポン酢はゴマダレでは無くてオニオンドレッシングのようなものでしたので、4番クラスだという脂がのった上等なお肉がとってもサッパリといただくことが出来ました
実はお鍋の前に、もうかなりお腹が膨らんでいたのですが、気が付けばぺろりと平らげていましたね


PC112762-1.JPG
コレだけ美味しいお出汁でありますから、雑炊もさぞかし美味しいものでしょうと…
お鍋を一度調理場に戻して、料理長自らが雑炊を作っていただけるのでありますが、それがテーブルに戻ってきたものを見ますと…
フワフワの卵にプロの技を感じさせる美しさでありますね
野菜やお肉の旨みが加わって甘みが出ているお出汁でしたので、ちょっと柚子胡椒でもあれば更に美味しくいただけるのでは… と九州人らしい発言もあって、とても楽しく美味しい会食でありました


PC112767-1.JPG
デザートでいただいたマンゴープリンには懐かしいナタデココなんかも添えられていて…
濃厚な味わいとサッパリとした味わいのコラボがとても良い感じでありますね

気が付くと2時間半ほどの時間が過ぎていまして…
美味しく楽しい時間は過ぎるのが早いものであります



【勇山亭】
東京都品川区東五反田1-16-3
03-6721-9861

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

東京メトロ有楽町線月島駅:「リュクスカフェ」    優雅と言う名のカフェで過ごす贅沢なひととき

PC102743-a.JPG

10日ほど微熱が続いて、どうにも体調がすぐれない
多少の熱には負けないだけの体力があると信じているのだけど、さすがに長引くと辛くなってきて病院へ行くことにいたします
念のためにインフルエンザの検査もしますか? ってことで、鼻の奥に綿棒のようなものを差し込まれます
「痛くしないでね」と言うワタシに、自分もやったことがるんですけど痛いんですよねと脅されたのですが、実はそれほどでも無く、15分ほどのちに陰性であることが判明
ひと安心であります



PC102739-1.JPG
体調が優れなくても食欲がなくなることが無いワタシ
雨が降りそうってこともあり、遠くへ出かけることを控えてご近所にあるカフェでランチをいたします
近くに住んでいる人しか通らないであろう住宅地の中にあるお店でありますが、なかなか雰囲気が良いお店でありまして…
わざわざココへ足を向ける人も多いようでありますね


PC102741-1.JPG
店内はゆったりとしたレイアウトでありますし、通り側は一面ガラス張りと言う開放感
午後のひとときをまったりと過ごすには最適な雰囲気でありますね
本が好きな人はそれを楽しむも良し、ネットで調べ物をするもよし 店名の通りに贅沢なひとときが過ごせるに違いありません


PC102744-1.JPG
そんなお店でいただいたランチがコレ
黒板に書かれた日替わりのメニューから「カキと長ネギの醤油バタースパゲッティ」
旬の牡蠣が美味しそうでありますし、長ネギが風邪に効きそうでもありますし… ってことで、迷うことなくそれをいただくことにしたのであります
小ぶりではありますが牡蠣が5粒ほど入っていますし、炒められた長ネギの甘みがバター醤油とよく合っていますし… とっても美味しくいただくことが出来ました
提供された時にはボリュームが足りないようにも思えたのですが、添えられているサラダやパンをいただいていますとしっかりとお腹も満たれまして、十分に満足できるものでもありました
ドリンクもセットになっていますので、コーヒーをいただきながら少しのんびりと過ごして…


目立たないところにある落ち着いた雰囲気のカフェ
それほど混み合うことも無さそうですので、ゆっくりとした時間を過ごしたいときには最適でありますね



【Luxe Cafe】
東京都中央区佃2-6-9 JS月島ビル1F
03-5560-7712

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





LUXE cafe
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

都営地下鉄大江戸線中野坂上駅:「やさいと、」     お気に入りのお店で楽しい仲間と忘年食事会

PC092726-a.JPG

この時期になりますと、年内にお世話になった方々のとの忘年食事会が増えるもの
今日もそんな仲間との食事会であります
が、その場所をどこにしようかと言うのが最大の悩みでありまして… 
折角ならば美味しい料理をステキな雰囲気のお店でと思うのが人の常 ってことで、先日お邪魔したばかりではありますが、すっかりお気に入りになったお店に予約を入れておいたのであります



PC092707-1.JPG
そこは中野坂上にある「やさいと、」ってお店
野菜をメインとしたお店をやりたいって思い続けたオーナーが、試行錯誤したのだけどなかなかそれが上手くまとまらない
それで、野菜と何かを一緒に召し上がっていただくお店にしようってことで「やさいと、」
まだ30代の若いオーナーの想いが伝わるお店であります


PC092738-1.JPG
中野坂上交差点からすぐのトコロにありながらも路地入ったところにあるために目立たないお店
暖簾を潜って半地下のような店内に入ると、スポットを浴びたような厨房がお出迎え それに向かうようにあるカウンター席で、目の前で調理された料理をいただくなんてことも粋ですよね
いつかはそんなカウンターでと思いながらも、今回も個室をいただくことで仲間との親睦を深めることにいたします


PC092709-1.JPG
いただいたのは先回と同じ、すき焼きのコース
長野県産のこだわり豆腐から始まり、お店自慢の有機野菜を特製の肉味噌でいただきます
その鶏そぼろで作られた肉味噌が実に美味しくて、これを熱々のご飯と一緒にいただくとまた格別なものであろうとの想像を掻き立てられます
そんな肉味噌をたっぷりと野菜に付けていただけるなんて幸せなことですね


PC092717-1.JPG
今日は特別に…
と用意してくれていたのはサシが美しいお肉でありまして、それがしっかりとした厚みでスライスされた贅沢なモノ
オーナーの心遣いに感謝であります


PC092729-1.JPG
すき焼きと言えば、焼き豆腐にシラタキ、それにネギといったところが一般的なのでしょうが、こちらではこだわりの野菜がたっぷりと…
やさいと、美味しいお肉をってことでありますね
この時期に美味しいヘルシーなキノコもたっぷりでありますし、そこで煮られることで色が変わり始めたお肉がとっても美味しそうですね
わざわざオーナーが席を訪ねてくれて、お鍋のお世話をしてくださったことや、楽しいお話をしてくださったことで、お鍋は更に美味しいものに…
これまた感謝であります


PC092737-1.JPG
最後にたっぷりと餡子が入った最中をいただきまして幸せ気分が高まります
中野坂上ってトコロ
大江戸線1本で30分ほどで行けるところなのではありますが、気分的にはちょっと遠いところでありまして…
こんなお店がもっと近くにあるとうれしいことではあるのですが、このお店を目的にわざわざこの町に来るってことも良いことかもしれませんね



【やさいと、】
東京都中野区中央2-2-35 B1F
03-6304-0711

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「荒」   ランチは500円引き 厚切りタンの大盛りをいただきます

PC082698-a.JPG

日曜日
ちょっと買い物でもしようかと日本橋へと出かけます
特に必要なモノがある訳ではないのですが、気に入った靴でもあれば… って程度のことなんですがね



PC082701-1.JPG
あれ!?
ランチ営業は平日だけだと思っていたお店がやっているではないですか
通りがかる度に気になっていたお店でありましたので、今日のランチはココに決定といたしましょう
ここのところ牛タンはいただいていませんでしたしね


PC082700-1.JPG
お店の入り口である引き戸を開けると、ガラス越しにではありますが、牛タンを丁寧に焼いている姿を臨むことが出来る厨房がお出迎え
そして頭を打ちそうな階段を上った2Fに客席があるのですが、そこは結構狭く窮屈に席が並べられていますので、けっして居心地が良いとは言い難いお店でありますね


PC082699-1.JPG
壁面には多数の牛タン料理のメニューが貼られているところから、ココは牛タン定食のお店と言うよりは牛タンをメインに扱う居酒屋であるようですね
もちろん仙台式の牛タン定食も用意されていまして、お昼の時間にはそれが500円引きでいただくことが出来ると言うお値打ちでありました
そんな値引きに気を良くしたワタシがいただいたのは牛タン定食の大
先ずはテールスープで身体を温めて、かなり厚切りにされたタンを頬張りますと… これが結構固くて顎の運動になりそうなモノ
噛みしめることでその旨みが滲み出るのであれば、それも良いのでしょうが… ちょっと焼きすぎだったようで残念な感じでしたね
厚切りであるが故に焼き加減が難しいってことでありましょう
しかし、麦とろご飯や漬物はしっかりしていましたので、まぁ納得と言うとこでしょうかね


牛タン料理で一杯と言うのならココって選択もあるのでしょうが、東京駅には美味しい牛タン定食のお店がありますから次回からはちょっと足を延ばしてそちらで…



【仙台牛たん 荒】
東京都中央区日本橋3-3-18 富士八重洲ビル1F/2F
03-3281-1288

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京メトロ日比谷線恵比寿駅:「nikko2」   たくさん食べていただきたいからヘルシーさを大切に…

PC072685-a.JPG

ちょっとした打合せをランチでもいただきながら… ってことで恵比寿
特別の場を設けない、こう言った気軽なミーティングは大歓迎です
日比谷線で向かっていたのですが、ぼーっとしていたら中目黒まで来てしまいまして… 慌ててひと駅戻ったのですが5分ほどの遅刻
ご迷惑をおかけいたしました



PC072692-1.JPG
恵比寿神社の近くに美味しいカレー屋さんがあると言うので、そこへ伺ってみますと…
なんとそこは、知人やっているバーと同じところではないですか
お昼は「ニッコ・スクウェア」として、夜は「エストレーラカフェバー」として、同じお店をそれぞれのオーナーでシェアしているのですね


PC072688-1.JPG
エレベーターが無い雑居ビルの3F 
集客が難しいと思われる物件ではありますが、店内には小さな子供を連れたファミリーなどが来店されていましてテーブル席はいっぱい カウンター席にもお客さまが座られるほどに賑わっていますね
ワタシが席を立とうとしたタイミングで来店されたお客さまには、カレーがもう1食しか残ってないから… とお断りしてました
お昼しか営業していないし、テーブル4つとカウンター席と言う小さなお店でもありますし… 遅い時間だと売り切れもあるとなると、今日ここでカレーをいただけるワタシはラッキーなのかもしれませんね


PC072682-1.JPG
ココで提供される商品は、“こだわりのチキンカレー”一品のみ
それをセットでいただくのか、単品にするのか そしてそのボリュームをレギュラー、ビッグ、恵比寿盛(超大盛)から選ぶことが出来るだけなのであります
であるにもかかわらず、これだけのお客さまを集めているのですから、さぞ美味しいのだろうと期待が膨らむ中、先ずはセットのスープをいただきます
このスープは日替わりであるようで、今日は鶏スープの旨みがしっかりとした鶏団子のスープでありました
サラダも良いのですが、これからの時期、寒さで冷えた身体をしっかりと温めてくれるスープってうれしいですね


PC072687-1.JPG
いよいよそのカレーが提供されます
五穀米の山にたっぷりのカレーソースがかかっていまして、器からそれがこぼれそうでありますね
ワタシははビッグをいただきましたが、レギュラーでもしっかりとしたボリュームがありますので、それでも十分にお腹が満たせそうですね
水を使わずに、野菜から出る水分と牛乳で仕上げていると言うカレーは、それほど辛味を感じるモノではありませんがスパイスの香りはしっかりとしていまして、硬めに炊き上げられた五穀米との相性もバッチリですね


PC072689-1.JPG
プチデザートとドリンクまでセットになっていて、レギュラーサイズだと1000円でいただける幸せ
おまけにとっても人懐こく優しいオーナーの人柄にも触れることが出来て、美味しいだけでなく楽しい時間を過ごすことも出来るお店なんですね

POPにも書かれていますが、『たくさん食べていただきたいから、ヘルシーさも大切にしています』ってフレーズがどこかお母さんのようでもありまして…
ステキなお店発見であります




【ニッコ・スクウェア】
東京都渋谷区恵比寿西1-13-7-301
03-6416-1890

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「いきなり!ステーキ」   いつも半額!! 立ち食いだけど美味しいステーキがいただけます

PC062671-a.JPG

いつもお邪魔している『ステーキを美味しく食べる夕べ』を開催している「ステーキくに」が新業態を出店したとのことで早速伺ってみることにいたします

“ステーキはお腹が空いているときにいきなり食べるのが美味しい”
“ステーキは厚切りで食べるのが美味しい”
ってことで、今回オープンしたお店は前菜などの気取った商品は無く、お店に入ったら飲み物とステーキをいきなりオーダーすると言うシステムであり、そのステーキは自分の好きなグラム数にカットしてもらうと言うもの
しかもそのお値段が「ステーキくに」の半額だというのだから肉好きには堪らないお店であります



PC062677-1.JPG
お店があるのは東銀座
銀座4丁目交差点を歌舞伎座方向に歩いて、その歌舞伎座がある三原橋交差点の一つ手前の路地を入ったところにあります
テナント賃料が坪当たり10万円近くするような一等地で他店の半額でステーキを提供しようと言うのだから、立ち食いと言うスタイルはやむを得ないことでありましょう
「俺の。。。」ってお店がこのスタイルを定着させた感もありますので、価値がある商品であればお客さまもそれに納得する時代かもしれませんね


PC062666-1.JPG
立ち食いと言いながらも30人ほどでいっぱいになってしまいそうな小さなお店ではありますが、お客さまはステーキをつまみにワインをいただき、粋にサクッと席を立つ
だから、お客さまが並んでいても、それほどの待ち時間は要しなくて済みそうですね
卓上には塩や胡椒に加えて、ステーキソースも置かれていますので、自分の好みに調味していただけるってことも魅力の一つかもしれませんね


PC062661-1.JPG
自分のお腹と相談して、食べたいグラム数をカットしてもらうも良し、お肉を指差してこの位の厚みでとお願いするも良し
ワタシは厚み3cmほどを指示してココで切ってくださいとお願いしてみますと、そのグラム数は460gほどでありまして…
折角だから500g位は食べたいなぁと思っていたワタシにはちょうど良いボリュームでありました


PC062672-1.JPG
ほどなくそのステーキが焼き上がって来ます
熱々に焼かれた鉄板からはみ出そうなほどに大きく分厚いステーキ こう言ったステーキをいただくことが夢だったんですよね
こちらで使われるお肉は、オーストラリアにある鳴尾牧場と言うところで、穀物を与えて育てた日本人の口に合うお肉であるとのことで、まったく嫌な香りはしませんね
柔らかい赤身と甘みがある脂身がバランスよくいただくことが出来るリブロースが使われているってこともポイントが高いところです
最初の注文は300g以上であるとのことですが、変に脂っぽくありませんので、そんなに食べられないなんて言っている女の子も、あまりの美味しさにペロっと平らげてしまうに違いありませんね


PC062676-1.JPG
スーパーで買うよりも安のでは? と思わせる1グラム当たり5円という価格設定でありますが、プロの手で炭火を操りながら焼き上げるステーキでありますし、美味しいソースでいただけると言うのですから、その魅力は計り知れないものでありますね
何と言いましても、ワタシがいただいた460gほどのステーキが2400円くらいでいただけちゃうのでありますから…



原価率30%、人件費率30%なんて言うのは昭和の時代の話
キチッと原価をかけて他店との差別化と、お客さまの満足を勝ち取ることで多くのお客さまに来店していただくこと
その分、過剰なサービスや店舗投資を排除して必要な利益を確保すること
これが、成長を終えて飽和の時代となった飲食店の新しいビジネスモデルでありますね



【いきなり!ステーキ】
東京都中央区銀座4-10-14 ネオパイン銀座410 1F
03-6278-7429

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

JR山手線新宿駅:「路地」     新宿の路地裏に佇むオシャレ感溢れるダイニングバーであります

PC052641-a.JPG

知人との会食予定があって新宿へ
と言ってもざわざわと落ち着かない歌舞伎町方面では無くて、少し大人な感じがする新宿三丁目
靖国通りを隔てたこの二つの街は全く異なる雰囲気でありますね



PC052631-1.JPG
JR新宿駅やメトロの新宿3丁目駅から300mほど 伊勢丹のすぐ近くと言うベスト立地にありながらも、人通りがほとんどない路地
雑踏の中の盲点のような一角にひっそりと佇む正に隠れ家的なお店でありまして、店内を臨むことが出来ない造りは会員制のお店のようにも感じられます


PC052638-1.JPG
お店はB1Fから3Fまでの4層になっていまして、B1Fはバー、1Fはカウンター、2Fはテーブル席、3Fはお座敷になっているとのことでありまして、今日は1Fにある焼き場を囲むように作られたカウンター席をいただきます
そこはホテルの鉄板焼き店にあってもおかしくないような立派なモノで、カウンターの奥行きもありますし、椅子もゆったりと寛げるレザー調のシートで誂えられたモノでありますから、10000円を払うお店の雰囲気でありますね


PC052635-1.JPG
お酒を飲まれる方には二日酔いの予防にもなり、飲まれない方でも胃もたれを防止してくれると言う青汁のようなドリンクが提供されまして… 先ずはそれをグイっとやってスタートであります
お通しとして提供されたのがコレ
数種類のキノコをポン酢で和えたような感じでありまして、コレが結構お気に入りな味付けですので、これからいただくお料理への期待が高まるものであります


PC052636-1.JPG
こちらのお店がメインとして扱う料理は“やきとん”
大衆的なイメージがある“やきとん”を、これほどのお店でいただくなんて… 
そんなミスマッチが面白くて、お店の方のお勧め通りに、こちらの魅力全てを味わい尽くすことにいたします

“バラ焼き三種盛り” 
豚肉と言えばバラ そんなバラの美味しさを、塩・ねぎ塩・スモークといろんな調味で提供していただけるものでありまして、その燻されたスモークの香りがとても良いものでありました
“ホルモン五種盛り”
かしら・しろ・がつの3種を定番に、あと2種はその日のお勧めが盛り合わされているようで…
今日のお勧め2種はタンとハツであったようですね
卓上に置かれた特製味噌を付けていただいたのですが、この味噌が良く合いますね
そして“つくね”を塩とタレで…

それに、“路地のおすすめサラダ”
お店の屋号が付いている上にお勧めとなれば… コレは頼まない訳にはいかないでしょう
ってことでお願いしてみますと、それはフランス産のマグレ鴨のがぜいたくに使われたサラダでありまして、ナッツの食感とともに美味しくいただくことが出来ました


PC052647-1.JPG
炭火で白焼きされたことで芳ばしい香りが残る穴子を餡かけで提供すると言うひと工夫が加えられた料理や、熱々のお豆腐に出汁の香りがしっかりとした基本通りの美味しさをいただくことが出来る“揚げだし豆腐”など、和食系のお料理をいただきまして…


PC052658-1.JPG
わんこそばのように、そば汁が張られたお蕎麦が小さ目なお椀に盛られて… そこにたっぷりの大根おろしが乗せられています
コレを粋にツルツルっと手繰って、今日の〆といたしましょう


ザワザワとした新宿の街では希少な落ち着いた雰囲気のお店でありまして…
そのオシャレ感からかお客さまはアダルトなカップルが多いようでありますし、伊勢丹や紀伊国屋辺りで待ち合わせをした彼女をさり気なくココへ連れてきたなら、彼氏の株価は急上昇しそうなところですね
知っておくと損が無い そんなお店であります



【路地】
東京都新宿区新宿3-17-17 B1F〜3F
03-3352-0080

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

JR山陰本線安来駅:「舶来屋」    創業から40年近く 地元の方に愛される美味しいお店

PC042616-a.JPG

出張2日目
米子のホテルを出たあと、安来へと向かいます
安来節で知られるその町は、日本海につながる中海に面した小さな町でありまして、そんな長閑な雰囲気がステキなところでありますね



PC042606-1.JPG
ランチにやって来たのは、この地で有名なハンバーグを提供するお店「舶来屋」さん
創業当時は喫茶が中心のお店であったとのことでその雰囲気は喫茶店のようでもありますが、美味しい料理を提供することに努力をして、今ではここでしかいただくことが出来ないハンバーグを武器に繁盛を続けているお店であります


PC042612-1.JPG
店内は地元のお客さまでいっぱいであります
伺ったタイミングでは待つことなく席をいただくことが出来ましたが、その後は満席となり、席を待つお客さまが出るほどの賑わいでありますね
比較的年配のお客さまが多いようではありますが、そのほとんどの方がハンバーグを召し上がっているようで…
何度食べても美味しい、だからそれを目的に集まって来る
フレンドリーな接客もステキなお店でありますね


PC042613-1.JPG
俵型に模られたハンバーグは、肉汁をこぼさないようにとその表面をキチッと焼き固められていまして…
まだレアな状態で熱々の鉄板に乗せられたハンバーグはそのまま客席に運ばれ、そこでお店の方がハーフに切り分け、鉄板の余熱でお客さまの好みに仕上げてくださいます
その後ソースをかけてくださるのですが、そのソースがジュワーと弾ける音と香りは食欲に火を点けてくれますね
牛肉だけのミンチでありますので、ワタシはミディアムウエルほどに火が通った頃を見計らっていただくことにいたします ハンバーグに加えられた胡椒の香り、そしてそれに掛けられたデミソースの旨みと幾重にも重なっている美味しさであっという間に完食であります
肉汁溢れるアツアツなハンバーグってホントに美味しいモノですね



【グルメ&コーヒー 舶来屋】
島根県安来市島田町427-1
0854-22-3847

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

JR山陰本線米子駅:「中海の郷」   古民家レストランでいただく山陰の美味しいモノに大満足

PC032587-a.JPG

久しぶりの米子出張
先回はカニを食べようと境港に行った時のことですから2年ぶりってことになるのでしょうが、この町には美味しいモノがいっぱいですから出張も苦になりませんね
羽田からビューんと1時間ちょっとで行けるってことも助かりますし…



PC032576-1.JPG
米子から出雲へと向かう国道9号線沿いにある道の駅「あらエッサ」
そこに松江市に建っていた築120年以上の古民家を移築、再建したという古民家レストランがあるというので、さっさとチェックインを済ませて夜ごはんへと出かけます


PC032579-1.JPG
古民家とは言え、移築の際に使われていた木材はキレイに磨かれていますので、パッと見は新築のようにも見えるのですが…
そこに使われている梁の太さなどは立派なものでありまして、同様のモノを今の時代に作ろうとすると数億円は掛かるそうですね
そんな立派な和建築は味わいがあって、どことなく落ち着く感じがするものですね


PC032580-1.JPG
折角ですから郷土色があるものをいくつかいただきましょうと、“どじょうの唐揚げ”
長さ8cmほどの小さなどじょうでありますし全く臭みなどはありませんから、初めての方でも抵抗なくいただけるのではないでしょうか
サクッと丸ごと一匹を頬張れますよ
どじょうって、鰻の何倍ものカルシウムを含んでいるだけでなくカロリーは3分の1
成人病や滋養強壮にも効果があるとのことですから、風邪をひきやすいこの時期には良いかもしれませんね


PC032584-1.JPG
続いて“どじょうの柳川”
柳川と言えば卵でとじられているモノを想像いたしますが、こちらのモノは卵とじではないようですね
ネギやごぼうの旨みがたっぷりと溶け込んだ甘めの出汁の美味しさは格別でありまして、はふはふとしながら、それをしっかりと堪能させていただきました
このネギ、安来ネギだったりするのでしょうかね?


PC032582-1.JPG
三段の丸い漆器にそばを盛って出される割子そばは出雲の名物でありますね
そしてその食べ方は、そばを汁に浸けるのではなく、その器に汁を入れていただくと言うものでありまして… 日本三大そばのひとつでもありますね
かなり黒みを帯びた田舎そばをツルツルっといただきますと、その喉越しとモチッとした食感を楽しむことが出来ますね
そんなお蕎麦はもちろん美味しいモノであったのですが、サクッと揚がった海老の天ぷらがまた美味しくて…
やっぱりキチンとお店で殻を剥いた海老って美味しいですね


PC032585‐1.JPG
最後にそば汁でいただく豚しゃぶであります
しゃぶしゃぶと言えばポン酢やゴマダレでいただくことが一般的であるのでしょうが、ここではコクがある豚しゃぶをサッパリとしてそば汁でいただくと言うスタイルなのであります
お肉はバラとロースが提供されますし、野菜は白菜とたっぷりネギ お豆腐やつくねも付いていてお値打ち感もバッチリであります
これから寒さが増す山陰の冬 こう言った鍋物は大人気となるのでしょうね


道の駅での食事と言いますと、手軽にサクッといただくモノと言う印象が強いのですが、こちらのお店はその古民家の造りに負けない立派なお料理がいただけますね



【中海の郷】
島根県安来市中海町118-1
0854-23-2501

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ
posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「わたなべ」   ピンとしたハリとコシがあるお蕎麦とボリュームたっぷり丼

PC022560-a.JPG

流行語大賞が決まりましたね
「倍返し」「じぇじぇじぇ」「今でしょ」「お・も・て・な・し」と4つもの大賞が出たのは初めてのことであるそうなのですが…
これも、ドラマやCMが活性された結果からだそうで、好景気を反映しているとのことでありました
この好景気、早く実感あるものになると良いですね



PC022558-1.JPG
今日は寒い日でありましたので、温かいモノをいただきましょうとお蕎麦ランチといたします
八丁堀界隈はビジネスの町でありますから、チェーン系の立ち食いそば店がいくつかあるのですが、ここ「わたなべ」は、きっと個店なのでありましょう
確立したオペレーションがあるチェーン店に対して個店が生き残ることは難しいことなのでありますが、こちらはオープンからほぼ一年
なかなか頑張っているようでありますね


PC022561-1.JPG
店内はチェーン店と同じようなレイアウトであるのですが、メニューにはかなり個性がありまして…
お蕎麦屋さんと言うよりも丼屋さんでは? と思わせるほどにたくさんの丼メニューが並んでいるのであります
そんなメニューを眺めていますと、“大江戸盛り”と称される大盛りメニューに惹かれて「カツ煮カレー」をいただくことにいたします
ごはん350gにカツ120gと書かれていますので、その総量は500g以上となるのでしょうから、かなりのボリュームであるのですが、かつ丼とカツカレーの相盛りのような商品でありますから飽きること無くいただくことが出来ますね
もちろんお蕎麦もいただきましたよ
天ぷらをトッピングしようかとも思いましたが、それは次回の楽しみに残しておいて、今回は汁代わりにシンプルなかけそばを…
注文が入ってから茹で上げられるお蕎麦にはピンとしたハリとコシがありますし、そのおつゆも濃すぎることが無く、しっかりとした風味があってかなりレベルが高いモノでありますね



近くには布海苔が入った新潟そばを売る「がんぎ」と言うお店もありまして、ここ「わたなべ」と同じように非チェーン系で頑張っていますね
一時は大きな看板を掲げたチェーン系のお店が安心である失敗しないってことでもてはやされていたのでしょうが、時代は自ら生計を支えるために一生懸命に働いている個店へと人の流れが出始めているようですね
そんな個店の店主にエールを送りたいと思います



【江戸そば わたなべ】
東京都中央区新川1-13-6 中央精器ビル1F
03-6280-5975

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

東京メトロ銀座線京橋駅:「炉端かば」   境港に代表される山陰の美味しいモノをお手軽にいただけます

PC012547-a.JPG

あー とうとう今年も残すところ31日となってしまいました
月日が経つのが早いのは毎日が充実しているからであろうと前向きに考えてはいますが、大きな成長も無いままに一年が過ぎてしまったかもと不安にもなったりして…
いろいろと考えさせられる年の瀬であります


PC012540-1.JPG
さて、今日のランチは「炉端かば」
どじょうすくいの安来節で有名な島根県安来市に本店をもつ地元で大人気の居酒屋が東京に進出してきて数年
今では都内に9店舗も出店している元気あるお店なのです
進出当時に伺ったきりご無沙汰だったのでありますが、久しぶりにお邪魔してみようと京橋のお店へ
ココ京橋スクエアガーデンと言うトコロ、平日は何とか人を集めているようではありますが、週末にはかなり厳しい状態であるようでして…
多くのお店が店休日としているために、更に寂しい雰囲気を出しているのであります


PC012546-1.JPG
炉端を囲むように作られたコの字型のカウンター席
そこは目の前で焼き物などを調理している姿を臨める特等席でありまして、夜にはその臨場感あふれる演出に見とれることも出来ることでありましょう
お昼のメニューは生ものや揚げものが中心でありましたので、その光景を眺めることは出来ませんでしたが…


PC012544-1.JPG
お願いしていたお刺身定食が提供されてビックリ
直径がゆうに30pを超えるであろうお鉢はインパクト絶大でありまして、そこに盛り付けられたお刺身もお値段以上にボリュームを感じることが出来ます
そこには煮物やサラダもありますので、食のバランスも良い感じですね
そのインパクトに反して、残念だったことがひとつ それは、お刺身が乾燥していたことでありまして…
このようなご商売の場合、ネタを事前に切り分けておくことは一般的なことであるのですが、その管理が不十分だったのでありましょう
伺ったタイミングがお昼営業の終わりがけであったこともあるのでしょうが、これではいけませんね
元気が良い接客が感じ良かっただけに残念に思えました



【炉端かば】
東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1F
03-6225-2260

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。