2013年10月31日

東京メトロ日比谷線銀座駅:「鳥ばか一代」    焼鳥だけじゃ勿体無い これからの季節は美味しい鶏鍋で…

PA311859-a.JPG

日中に2件の打ち合わせを終えて、夜は友人と楽しくお食事会であります
お互いが集まりやすいと言うことで銀座なのでありますが、気楽な食事でありますので高級店は避けて…
リーズナブルでありながらも、美味しい料理を提供してくれるであろうお店を探します


PA311828-1.JPG
プランタン銀座の裏手にあって、「鳥ばか一代」というユニークな店名とその大きな看板、そして銀座の街並みに同化しない民家風の建物が一際目立っているお店であります
看板には焼鳥とありますが、その佇まいから美味しい鳥料理がいただけるお店であるに違いないと予感して…
一度お邪魔してみたいと思いながらもなかなかその機会が無かったのでありますが、ようやくお邪魔する機会に恵まれました


PA311834-1.JPG
暖簾を潜って、引き戸を開けて…
店内に入りますと、照明を落とした落ち着いた雰囲気であります
調理場と対面するカウンター席では目の前で焼かれる焼き鳥を眺めることが出来るモノでありまして、その臨場感と調理人との会話を楽しむことが出来るようでありますし、通路を挟んだ後ろには個室風に格子で囲まれたテーブル席があって… こちらではちょっとした会食を楽しむことが出来そうですね


PA311844-1.JPG
先ずは焼物を少々いただくことにいたします
水郷赤鳥と特選比内地鶏の朝引きにこだわっているらしく、見た目の大きさだけでなく、その締まった身の美味しい食感が楽しめるモノでありますね
山芋の串焼きではシャキッとした食感が楽しめ、砂肝胡瓜でも新鮮でみずみずしいきゅうりの美味しさを味わうことが出来まして…
これからいただきます、メインのお鍋への期待も高まります


PA311854-1.JPG
と、その前に大好物である出汁巻き玉子
奥久慈卵が使われていると言うことで、濃厚な卵の旨みと、ジュワっとお口に広がる出汁の風味がバランス良くて…
チェーン店のように焼き置きされたモノを温め直して提供されるのではなく、ちゃんと注文が入ってから焼いて下さるってことも美味しさの基本でありますね


PA311841-1.JPG
PA311839-1.JPG
お鍋に火を点けてコトコトとやってますと、濃厚で白濁した鶏がらスープの香りが広がって… もう、その時点で美味しさを確信いたしますね
キャベツがしんなりとして、その甘味を吐き出したころ、他の野菜も加えてもうひと煮立ちさせます
それをこのお鍋のスープでいただくも良し、ポン酢でいただくも良し 
大好きな柚子胡椒が添えられていましたので、ワタシはスープメインでいただきましたよ
鶏肉はタタキ状に皮目が焼かれたモノが提供されていますので、赤身が無くなるくらいに軽く火を加えていただきますと、その弾力ある食感と旨みたっぷりの味わいを楽しむことが出来るモノでありました

〆はもちろん雑炊
お店の方が丁寧に手際よく作ってくださいますから、お店のこだわりなどお話を伺ったりとコミュニケーション出来ることも美味しさのひとつであります
出来上がった雑炊を器によそって、残していた柚子胡椒を加えて…
そうしますと、旨みが詰まった甘いスープにピリッとした刺激が加わり、味が締まった感じがいたしまして、最後まで飽きること無くいただけますね
もちろん大満足であります


PA311862-1.JPG
デザートは濃厚半熟プリンと柚子シャーベット
プリンをいただくことで最後までこだわり卵の濃厚な味わいを楽しむも良し、後口をサッパリとさせてくれる柚子のシャーベットをいただくも良し
それぞれ特徴がある二品でありますから、それぞれの、その時々の気分でいただけますね


今日いただいた鶏がら鍋のほかに、ちょっと珍しい鳥すき焼きという商品がありまして…
それはそれで美味しいに違いないと思わるモノでありますから、次回はそれをいただくことにいたしましょう
これからは鍋の季節でありますので、利用させていただき機会も増えそうですね



【鳥専門個室 鳥ばか一代】
東京都中央区銀座3-3-8
03-5524-3240

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





鳥ばか一代
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東急東横線代官山駅:「ブラッカウズ」    黒毛和牛100%のパテを使ったハンバーガーがいただけます

PA311816-a.JPG

打ち合わせを終えて、どこかでお茶でも…
ランチは済ませていたのですが、少し小腹がすいたような気もしますし、次の打ち合わせまでは時間もあるってことで、開店以来、気になっていながら伺うことが無かったハンバーガーのお店へ伺うことにいたします
恵比寿駅からメインである通りとは異なる生活道路を歩いて5分ほど
そこは坂の下からもその存在がわかるほどの存在感を持つお店でありました



PA311823-1.JPG
「ブラッカウズ」
ご存知の通り、行列が出来るハンバーグのお店として、未だにメディアに取り上げられている「ミート矢澤」の姉妹店であります
3年ほど前にオープンしたお店でありまして、「ミート矢澤」の美味しいハンバーグならば、ハンバーガーでも美味しくいただけるに違いないと話題になっていたのですが、お邪魔するのは初めてのことであります


PA311815-1.JPG
店内はスタイリッシュに造られていまして、調理している姿を望むことが出来るオープンキッチンが特徴的でありまして、ピカピカに輝くキッチンと言うのは本当に美味しいもの
まるでステージを見ているかのようでもあります
でありますから、そこで働くスタッフは演者と言うことでもありますので、常にお客さまに見られているという意識が必要でもありますね


PA311817-1.JPG
シンプルなハンバーガーを… とも思ったのですが、やはりハンバーガーにチーズは外せないでしょってことでベーコンチーズバーガーをいただくことにいたします
こちらのパティはグリドルで焼かれるふっくらとしたタイプでありまして、そのジューシー感を味わうモノでありますね
上質なお肉が使われていると言うことで、その甘味が強いパティではあるのですが、みじん切りに去ら多オニオンのシャキッとした食感と辛味がアクセントになっていまして、なかなか美味しくいただけるモノでありました


PA311818-1.JPG
夜にも会食を控えていましたので軽く済ませるつもりだったのでありますが、折角伺ったのだからとサンドもいただくことにいたします
“ローストビーフたっぷりサンド”
見た目はとってもステキなのでありますが、ホットサンドとのカテゴリーにある商品であるにもかかわらず冷たいモノでありまして…
更にはたっぷりと言う割にはそれほどでもないローストビーフのボリューム
これにはちょっとガッカリではあるのですが、そのお味としては悪くはありませんね


ミシュランガイドで星を獲った焼肉店にお肉を卸しているということで話題になった「ヤザワミート」
「ミート矢澤」の大成功に続いたホルモン焼きの専門店「ホルモン稲田」も大盛況であるようで…
いまや唐揚げの専門店の他、こちらのハンバーガー店など多店舗化に踏み出しているようですね
美味しいお肉をいただくことが出来るお店が増えると言うことはありがたいことではあるのですが、多店化のために効率を追求するようなお店にはなって欲しくはありませんね



【BLACOWS】
東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル1F
03-3477-2914

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





BLACOWS
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「嶋村」   老舗ならではの歴史や技を堪能できる日本橋の名店で“金ぷら重”

PA301811-a.JPG

テレビ番組制作会社より番組制作の監修をしてもらえないかとの依頼を受けまして、その打ち合わせをして参りました
飲食店開業をドキュメントするという番組企画でありまして、その開業にあたり、失敗が予測される点を洗い出し、その改善方法をアドバイスすると言うものでありまして…
今回は特番と言うことでありますが、来春からのレギュラー化を狙っているとのことですので、それが実現すると楽しそうですね



PA301800-1.JPG
そんな打ち合わせの前にランチをいただこうと、日本橋の老舗店「嶋村」へお邪魔いたいたします
今の時代溢れているグルメ本でありますが、実は江戸時代にも同様なモノが存在していたとのことでありまして、そのスタイルは相撲番付のようなモノであったのだとか…
そんな番付にも名前が乗っているこちらのお店は、嘉永3年(1850)の創業と言うことでありますから、老舗中の老舗ってことでありますね


PA301804-1.JPG
伺ったのはお昼の営業時間ギリギリのことでありまして、既に先客は全てお帰りになられてしまったようで、ひとりぽつんと食事をいただくことになりました
このような環境での食事は緊張してしまうモノなのでありますが、そんなタイミングであるにも関わらずスタッフの方が笑顔で迎えてくれたお蔭で、美味しくお料理をいただくことが出来ました
開店直後屋や閉店間際というのは最もお客さまに不快感を与えることが多い時間でありまして、その不快感から徐々にお客さまを減らしてしまうケースが多いのですが、こちらのような対応でありますとその心配はないようですね


PA301808-1.JPG
いただきましたのはこちらの看板料理であります“金ぷら重”
江戸の時代には天ぷらのことを金ぷらと呼んでいたようで、その名残を今の時代にも残していらっしゃるのですね
提供さレた金ぷら重は器から海老の尾がはみ出したものでありまして、上蓋を開けると美しそうな大海老がドーンと2本 その長さは150mmほどでありましょう
サクサクであろうことが見ただけでもわかる天ぷら 食欲をそそる、香り豊かな丼タレを纏った芸術的な姿は、思わずヨダレがこぼれそうなほどであります
特別に高価な海老が使われているわけでは無さそうですが、見た目に負けることのない、しっかりとした食感と旨みを感じることが出来るモノでありました


老舗割烹店でありながらランチメニューが充実していていますし、日替わりも含めて1000円前後が中心の良心的な価格設定でありまして…
そのコストパフォーマンスの高さが嬉しい一店であります




【割烹 嶋村】
東京都中央区八重洲1-8-6
03-3271-9963

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

豊橋鉄道東田本線東八町駅:「モリスパ」  並盛スパゲッティは300g もっちりとした極太麺でお腹も満足

PA291794-a.JPG

10月19日にオープン
昔懐かしいナポリタンとミートソースを気軽にお腹いっぱいいただくことが出来るお店だというので、早速伺ってみることにいたします
女のコとオシャレな雰囲気でいただくイタリアンも良いのですが、ガッツリとお腹を満たすためのスパゲッティと言うのもありがたいことでありまして…
こう言ったお店が近所にあると、かなりヘビーユーズしてしまいそうなお店であります



PA291790-1.JPG
お店の外外壁や駐車場の案内看板に貼られたインパクトある画像がとっても美味しそうでありまして、それを見るだけでお腹がグーッとなりだしそうな… そしてお口にはヨダレが…
いやぁ、見事にお客さまの心を掴む看板でありまして、コレに惹かれて入店されるお客さまも多いことでありましょう


PA291798-1.JPG
店内はカウンター席が中心でありまして、店頭に置かれた券売機で食券を買ってからの着席であります
メニューはナポリタンとミートソースの他にジパングと呼ばれる醤油バターで炒められた和風のスパゲッティと、ハンバーグメニューが3種ほど 今後ステーキの販売も予定されているようですね
スパゲッティメニューは並盛、大盛、メガ盛とサイズが選べるシステムでありまして、並盛でも300gと男性が満足できるボリュームなのでありますが、さらに450g、600gと選ぶことが出来、1kgという裏メニューがあるとの噂も…


PA291794-1.JPG
券売機にも画像が貼られていまして、それがどれも美味しそうな画像でありますので何をいただくのかを迷ってしまいまして…
醤油バターのジパングにかなり惹かれましたが、たっぷりとかけられたミートソースに惹かれて…
コレだけのソースが掛けられていますと、麺とソースとのバランスを考えることなく思い切ってソースと絡めていただくことが出来ますね
って、それでも最後にはミンチが残ってしまうほどにたっぷりでありました もちろんそのミンチも残すことなくいただきましたよ
入口を入ったところにガラス張りの製麺スペースがありまして、そこで作られると言う極太麺は歯応えもあって食べ応え感たっぷりでありますので、並でもかなり満腹感を味わえるものですね


PA291797-1.JPG
そして、ベイシックな和風ソースがかけられたハンバーグもいただいて見ることに…
想像以上に大判のハンバーグはしっかりとした厚みもありまして、そのふわっとした柔らかさとジューシーさが際立ったモノでありますね
ケチャップで炒められたスパゲッティのガロニがたっぷりと添えられていまして、ライスも付くのですがそれが不要なほどにボリューミーなのであります



これだけのモノでありながら、スパゲッティが680円〜 ハンバーグもご飯付きで780円〜 と言うお値段にも大満足でありますし、カウンター席ということで、ひとりでも入りやすいってことがありがたいことであります
三河開化亭ってラーメン屋さんを展開している会社の新業態ってことで、このようなシステムのお店になったのでありましょうが、これまでになかったスパゲティ屋さんと言うことでこれまた繁盛のにおいがするお店でありますね



【生パスタ製麺所&手ごねハンバーグ モリスパ】
愛知県豊橋市前田町2-16-4
0532-35-7391

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

JR飯田線船町駅:「福島屋」   肌寒さを感じ始めたら思い出す湯豆腐と旬の美味しさが味わえる隠れ家であります

PA281780-a.JPG

業界関係者との会食であります
ワタシの都合で20:00という遅い時間のスタートとなってしまいましたが、楽しい話で盛り上がりあっという間に時間が過ぎてしまいました


PA281758-1.JPG
豊橋市街から離れた住宅地の一角 それもこの辺りに住んでいる人しか通らないであろう細い路地を入ったところにある「福島屋」ってお店
ご近所の方に気を使っておられるのか看板に明かりを灯すこともすことも無く、ひっそりと営業をされていますので、たまたまお店の前を通りがかって入るなんてことは皆無に近いようなところなのでありますが、16:00の開店から満席になると言う人気店なのであります


PA281773-1.JPG
2年ほど前に改装されたのですが、これまでの雰囲気を無くすことなく新しいお客さまにも快適に過ごしていただけるようにと苦労されたことでありましょう
そのおかげで、3代続く歴史を感じながらも居心地好く利用することが出来ます
提供される商品は20品ほどとかなり少なめなのですが、大将が毎朝市場へ出かけ自分の目利きで選んだ、その日の美味しいモノだけを仕入れていると言うお刺身が中心でありまして、何をいただいてもそのこだわりを感じることが出来るようなものばかりなのであります


PA281769-1.JPG
角がピンと立った切り口から技術の高さが窺える鰹や秋刀魚にはたっぷりと脂がのっていまして、とろけるような舌触りから旬を味わうことが出来るモノであります
本当に美味しいモノを仕入れているという自信からか、薄造りの食感では無く、ふぐの旨みを堪能して欲しいとあえて厚めに切られたふぐ刺し まだ、小ぶりなんだけど… と提供してくれた茹で牡蠣は旨みが凝縮したモノ
その時期に一番美味しい食材を選び、その美味しさを最高に引き出せる調理を施しお客さまに提供する そんな姿勢を感じることが出来る品々ですね


PA281778-1.JPG
肌寒さを感じるようになってきたら、ココの湯豆腐が食べたくなるのでありまして…
と言っても、こちらのモノは他のお店でいただくようなシンプルなモノでは無くて、たっぷりと大和芋のとろろが掛けれているのであります
注文入ってからすりおろすと言うとろろは、メレンゲのようなフワフワ感があって香り高いモノ もちろんお豆腐やお出汁も美味しいのですが、このとろろが堪らなく美味しくて癖になってしまうほどのモノなのです
こだわりのあまり一日限定10食ほどだと言うことですし、かなりの人気商品でありますから、早い時間で売り切れてしまうこともしばしばでありまして、なかなかコレにあり付けるってことが出来ないと言う幻の逸品なのであります


PA281784-1.JPG
そしてもう一つの看板商品がコレ 豚足であります
豚足と言えば多くのお店が茹でただけのモノを提供しているのでしょうが、ココではそれにもうひと手間が掛けられていまして… ニンニク醤油で焼かれているのです
この芳ばしい香りのおかげで、豚足がそれほど得意ではないワタシにも美味しくいただくことが出来るのであります
美味しさを残すために細かく切り分けることなく、一足そのままの形で提供されるソレにかぶりついていただくことがこちら流なのでありますね



こんなお店を知っているってことは幸せなことでありまして…
今日のように業界の人間を連れて行っても、間違いなく喜んでいただけるのであります
21:00過ぎには閉店してしまうようですので、なかなか伺う時間が取れないのでありますが、また季節の内に湯豆腐をいただくに伺いたいものであります




【福島屋】
愛知県豊橋市北島町44
0532-52-7439

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「築地食堂 源ちゃん」   シャリやわさびなど脇役がしっかりとした海鮮丼

PA271753-a.JPG

スッキリと晴れ渡った心地良い日
散歩がてらに「晴海トリトンスクエア」なる商業施設へやって来たのでありますが…
どうしたことでしょう 日曜日と言うのに閑散としていまして、地方都市にある寂れた商業施設にいるかのような雰囲気であります
まぁ、これと言ったメインとなるようなテナントもありませんので、致し方ないことかもしれませんね



PA271741-1.JPG
20店を超える飲食店には「炭火焼肉トラジ」「かつ工房和幸」「旭鮨総本店」など、名が売れたお店が入っていますので、どこでランチをいただこうかと迷うところでありますが…
気分的に“和”な感じでありますし、“築地食堂”って冠に誘われて、こちらのお店に決定であります


PA271755-1.JPG
どこもガラガラな状態だったのですが、こちらのお店にはそれなりのお客さまがいらっしゃったのですが、150席ほどある大きなお店だけに、それでも寂しく感じてしまいますね
場外食堂をイメージされているとのことで、お店の作りはシンプルなモノなのですが、それが気軽さを演出していることが良いのかも知れませんね


PA271752-1.JPG
煮魚などの商品にも惹かれましたが、今日は店名を背負っている“源ちゃん丼”なる海鮮丼をいただいてみますと…
盛られているのは、マグロの赤身と中トロをはじめに、鯛、鯵、サヨリ、鰹、はまち、それに穴子と豪華なモノではありまして… 大葉の裏には“めかぶ”まで隠れていましたよ
丼からこぼれるような… そんなてんこ盛りではありませんが、新鮮さが感じられる上品に盛り付けられたモノも良い感じであります
もちろん練りわさびではあるのですが、そのツーンと鼻にくる辛味や、ひと肌の暖かさと寿司酢の甘みがあるシャリが、それらのネタを更に美味しいものに感じさせてくれまして、満足いくランチでありました



【築地食堂 源ちゃん】
東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
03-5547-1161

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





築地食堂 源ちゃん 晴海トリトン店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「松乃家」    かつ丼メインへと方向転換をした「松乃家」

PA261731-a.JPG

週明けにはかつ丼の試食と言うお仕事が控えているのに…
しかもランチをいただいた後なのに…
偶然に見つけてしまった、かつ丼のファストフード店へと潜入いたします



PA261724-1.JPG
牛丼の松屋フーズが展開するかつ丼のチェーン店
2年ほど前にも訪ねた時にはとんかつと和食ってコンセプトだったように記憶していますが、かつ丼メインへとシフトしたようですね
コレだけの企業でありながら、看板は以前のままと言うのは些か気になるところではありますが…


PA261734-1.JPG
まずは店頭にある券売機で食券を買い、その隣に置かれた冷水器からお冷を準備して… というセルフスタイル  以前はフルサービスだったのですが、ワンコインほどのかつ丼をメインにしたと言うことでシステムも変更されたようですね
入店時に先客はいなかったのですが、立て続けに3組のお客さまが来店されまして… 食事時では無い時間にも利用されるお客さまも多いようですね


PA261730-1.JPG
かつ丼に味噌汁が付いて590円
この手のお店の先駆者は「かつや」ということになるのでしょうが、最近では同様のお店もちらほらと増え始めていますので、これまでのような独壇場って訳にはいかないでしょうね
お肉は柔らかく、お値段を考えますと十分に納得できるものなのですが… 出汁が少なくご飯が美味しくいただけませんし、玉子か固く固まっていたことも残念であります


PA261729-1.JPG
単品価格120円のポテトサラダなのですが、先の丼とのセット価格で700円
ワタシにはポテトサラダと言うよりも、ギャベツサラダにポテトサラダが添えられているようにしか思えないモノ
ポテサラが既成であることは致し方ないことであるのでしょうが、ワタシ的にはこれがふた山盛られていた方がポテトサラダらしいと思うのでありますが…



責任者らしい男性が在庫チェックをされていたのですが…
サイズが合わないシャツでありますし折り目も付いてないモノ しかもズボンから裾が出ていたりしまして、その身だしなみがだらしなく見えてしまいます
決まり事をキチンと徹底するのがチェーン店の安心感だったりするのですが、こう言った姿を見ますと、調理や清掃も適当にやっているのだろうと思ってしまい、リピートする気にはなりませんね



【松乃家】
東京都中央区勝どき4-11-10
03-6219-5033

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

JR根岸線関内駅:「来々軒」     札幌の美味しさをそのままに 美味しいチャーシューと餃子も侮るなかれ

PA251718-a.JPG

ここのところ雨が降ったりしますとかなり肌寒さを感じる日がありまして、今日もまさにそんな日
そんな時に食べたくなるもののひとつに味噌ラーメンがありまして、ここ数日はそれが頭から離れなくて…
横浜での仕事終わり、日ノ出町駅で途中下車をすることにいたします
目的は… もちろん札幌ラーメンの老舗店「来々軒」で味噌ラーメンをいただくことであります



PA251709-1.JPG
ワタシがこのお店を初めて訪ねたのはもう20年ほど前のこと
小学生の頃にライライマンなるキャラクターをテレビで見たことがありますので、それを考えますと、もう40年近くも営業されているってことなんですね
以前は伊勢佐木町や長者町にも支店があったのですが、今はココだけになってしまいまして… 残念なことであります


PA251714-1.JPG
永い営業期間の中では改装もされているのでしょうが、このピカピカな厨房は仕事に対する真面目な姿勢の表れでありますね
そんなお店でありますから、一品一品が丁寧に調理されていますし、チャーシューや餃子も手作り、麺は札幌の「西山製麺」さんから空輸で取り寄せられているモノでもありまして…
本格的な札幌ラーメンがいただけるお店として、大のお気に入りなのであります


PA251715-1.JPG
味噌チャーシュー麺
中華鍋で丁寧に作られる味噌ラーメンは白味噌ベースでありまして、特有の甘さや旨味が良いんですよね
ですから、いつも一滴残さずスープを飲み干したくなるんですよね
厚切りにされた大判のチャーシューは、身の旨みは強いのですがちょっと硬さが感じられる肩ロースが使われているようなのですが、それがとっても柔らかく煮込まれていまして… 箸で解けるほどですよ
ですから、そのままチャーシューにかぶりつくも良し、崩して麺とともにいただくも良し 何れにしても激ウマであることに間違いはなしであります


PA251720-1.JPG
そして餃子
プリッとしたジューシーな餃子でありまして、その焼き目がパリッと芳ばしいところが素晴らしいですし、餡がたっぷりと入った大振りなモノであるにも関わらず、必要以上の味が加えられていないシンプルなモノでありますから、ココの餃子はお替りしたくなるほどでなんですよね
ですから、コレを2皿、3皿と頼んで餃子定食でいただきたいくらいですよ


PA251713-1.JPG
メニューも面白くって…
この辺りに競馬場はありませんから、きっとオーナーが競馬好きなのでしょうかね?
伊勢佐木辺りには安売りのチェーン店が乱立してきましたので、かなり厳しさもあるのでしょうがこれからも永く頑張っていただきたいお店でありますね



【来々軒】
神奈川県横浜市中区末広町2-3-11
045-252-9495

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「神谷」  美味しい手料理がいただけるお手頃価格の定食屋さん

PA241705-a.JPG

肌寒さを感じる夜
ご近所で夜ごはんを済ませようと新川へと向かいます
ちょくちょくと利用させていただいてるセルフ式の定食屋さんにしようか、それとも一度お邪魔してお気に入りになってしまった中華料理のお店にしようか そう思っていたのですが、その中華料理屋さんの1軒隣りにある「神谷」ってお店が気になって…



PA241699-1.JPG
お店の暖簾に神谷という屋号とお食事処と書かれているだけで、店頭にはメニューのようなものは一切なく、暖簾の隙間から店内を覗いてみても、壁面にはお酒のメニューががいくつか貼られているだけでありまして…
ココは居酒屋なのか料理屋なのか そしてお幾ら位のお店なのか 全く情報が無く入りづらさを感じるのですが、何となく興味が沸いてしまったのであります


PA241703-1.JPG
店内には先客がひと組
店内にはフライものやハンバーグなどのサンプルが置かれていますが、メニューブックのようなものは見当たらず…
どうやら、そのサンプルにある商品から注文をするようでありますね
ってことで、ココが定食屋さんであることを、ようやく理解することが出来ました


PA241704-1.JPG
目玉焼きが乗っかったハンバーグにも惹かれましたが、先ずは定食屋さんの定番である豚ロースのしょうが焼きをいただくことにいたします
10mmとはいきませんが、そこそこの厚みがあるロース肉が2枚 フライパンで丁寧に焼かれたのであろうことが伝わるものでありまして、表面には粗めに卸された生姜が貼りついています
それはとってもご飯に合う調味でありますし、ご飯も甘いお米の味が感じられる美味しいモノでありました


PA241706-1.JPG
それだけではちょっと物足りないような気がして、もうひと品、魚フライをいただいてみたのですが、それはサクッとした衣が美味しいアジフライでありました
卓上に置かれたウスターソースのほかに、わざわざとんかつソースを持ってきていただけたのですが、ワタシは醤油派なんですよね
特に魚のフライには決まって醤油なのでありまして… タラタラっとそれを垂らしていただくことにいたします
折角ですので、持ってきたいただいたとんかつソースをキャベツに掛けて…


サンプルに書かれたお値段は単品のモノだか、定食のモノだかよくわかりませんでしたが、会計していただいた金額から察しますと、その表示は単品価格であって、ご飯とお味噌汁のセットが50円ってことであるようでして…
年配のご夫婦が丁寧に調理した商品をお手頃価格で提供してくれる定食屋さんに感動であります



【神谷】
東京都中央区新川2-12-9
TEL:不明

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

JR山手線東京駅:「竹若」   マグロの剥き身たっぷりの海鮮丼は一度に二度美味しい海鮮丼

PA231692-a.JPG

午後からの仕事の前に、東京駅でランチをいただきます
八重洲口にオープンしたグランルーフで最も目立つ場所にある「竹若」ってお店
1Fはテイクアウトの、そして2Fはイートインすることが出来るお店は、開店以来、気になっていたトコロなのであります



PA231685-1.JPG
厨房を囲むカウンター席と外を眺めるカウンター席だけの小さなお店でありまして、お昼時には行列が出来ていることもしばしばでありまして…
なかなか入ることが出来なかったのですが、今日はタイミング良く席が空いているとのことでお邪魔してみました


PA231686-1.JPG
間口が広く目立つお店なのですが、その奥行きが無くて…
厨房も窮屈でありますから提供されるメニューも限られていてのですが、その商品が魅力的であることから多くのメディアにも取り上げられているようですね
今の時代、あれこれと商品をそろえるお店よりも、こちらのように限られた商品で勝負するお店の方が特徴が明確になって、お客さまにも支持される傾向がありますね


PA231690-1.JPG
そんな商品がコレ
マグロの剥き身がドーンと乗っかっていて、それにウニやアボカド、彩りにはいくらが乗せられた豪華な海鮮丼であります
お昼のメニューはこの海鮮丼“並”と、それに鯛の刺身が付いた“特上”があるだけでして、ほとんどのお客さまは“特上”を召し上がっておられるようですね
この海鮮丼はわさび醤油では無く、ゴマダレでいただくことが推奨されていまして… 
半分ほどをそれでいただいた後は、お決まりのお茶漬けでという最近流行りのスタイルでありますね
トロンとしたマグロの剥き身に、柔らかい食感のアボカド、そしてさらにとろけるようなウニと、滑らかな舌ざわりなモノばかりでありますから歯を使うことが無くいただけそうですし、ゴマの甘みと風味で美味しくいただけますね
添えられたゴマダレの鯛刺しをご飯に乗せていただくお茶漬けも美味しくて…
一度に二度美味しい海鮮丼でありました



駅に隣接していて便利でありますし、お手頃なお値段でもありますから、人気になるのは当たり前のこと
ちょっとピークの時間をずらして伺うことをお勧めいたします



【東京米BARU 竹若】
東京都千代田区丸の内1-9-1 グランルーフ1F/2F
03-6269-9556

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

沖縄都市モノレール牧志駅:「木かげカフェ」   美味しい石垣牛のステーキから気軽な洋食メニューまで 

PA221678-a.JPG

時折強風にあおられる日ではありましたが、心配したほどの台風による影響も無く、仕事だけでなく観光をも楽しむことが出来た沖縄出張も残すところ数時間
沖縄の〆には… やはりステーキでありましょう
那覇市内にはたくさんのステーキハウスがあって、高級なトコロからリーズナブルなところまで様々なのですが、出来ることなら美味しい石垣牛をリーズナブルにいただきたいってことで、地元で人気のお店へと伺うことにいたします



PA221659-1.JPG
国際通りにある三越近く 平和通りなる商店街の入口にあるビルという好立地にあるお店なのですが、雑多な看板に埋もれているために見過ごしてしまいそうでありました
ステーキをメインに売っているお店とは思えない外観に、ココで間違いないんだよな? と少々心配になりましたが…


PA221681-1.JPG
エントランスを入りますと、壁一面に石垣牛の証明書が貼られていまして… 
聞くことろによりますと、県内で石垣牛を一番多く使っているのがこちらのお店であるとのことありますから、コレだけの証明書も納得であります
となりますと、ココでいただくステーキがどれほど美味しいモノなのかと、その期待値はマックスとなりまして、今にもヨダレが落ちてきそうであります


PA221664-1.JPG
店内は落ち着いた雰囲気でありまして、レトロな喫茶店のようでもあります
ステーキがメインではありますが、ステーキハウスとは異なり、ハンバーグやカレー、オムライスなどの洋食メニューも充実していていますから、気軽なランチやカフェ利用もできるアットホームなお店ですね
観光にも疲れたところでありましたし、夜ごはんにはちょっと早いタイミングってことで、しばらくコーヒーで時間を潰させていただき、いよいよ目的であるステーキをいただくことにいたします


PA221679-1.JPG
程よい脂身が美味しいリブロース、赤身のコクが美味しいイチボ、何より柔らかい肉質が堪らないザブトンなどなどのステーキが用意されていまして、どれをいただこうかと迷うのも楽しさのひとつでありまして…
欲張りなワタシは2種ステーキ盛り合わせをいただくことにしたのですが、これまたそれぞれのグラム数を選ぶことが出来ますので、また悩んじゃいました
悩みに並んだ挙句に選んだメニューは“石垣牛リブステーキ75g&石垣牛ザブトンステーキ120g”
75gのリブロースだとペラペラなモノになるのでは… ってことが心配だったのですが、こちらで提供されるリブロースは周りの脂身が外された、いわゆるリブ芯と呼ばれるもっとも柔らかくて美味しい部分だけが使われていますので、その厚みもそこそこにありまして満足できるモノでありました
ソースも3種提供していただけましたので、脂の甘さが美味しいリブロースはわさび醤油で、そしてサッパリとしていて柔らかさが堪らないザブトンはオニオンソースでと、好みに合わせて使い分けられるのもうれしいことですね
さすがに石垣牛でありまして、お肉にコクがありながら、脂身がスッキリしていて… これならいくらでもいただくことが出来そうですね


満足したお腹を抱えて最寄りの牧志駅から那覇空港へ
沖縄の人たちはホスピタリティが豊かで優しい人ばかりでありまして、そんな優しさに触れられたことがうれしくて… また来ようと誓いながら東京へと戻ります
明日からもお仕事を頑張って、また近いうちに、そして今度はゆっくりと観光メインで… できれば島にも行ってみたいと思うワタシであります



【木かげカフェ】
沖縄県那覇市牧志3-2-64 親泊ビル2F
098-988-4703

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





木かげカフェ
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

沖縄都市モノレール県庁前駅:「オーシャングッドテーブル」  蒸気で蒸されれる牡蠣の美味しさに虜になります

PA211610-a.JPG

短い時間ではありましたが、本島の南部をぐるりと回り、アメリカンなピザ屋や、沖縄でしか体験できないハンバーガーチェーンを体験したりと、食べ歩きを楽しみ那覇市街へと戻って参ります
夜ごはんは、沖縄へ行くのなら、絶対にココへ寄って来て! と勧められた「オーシャングッドテーブル」ってお店へ
全国から取り寄せる牡蠣をメインに、栗国島から届けられる新鮮な魚介をイタリアンの調理で提供するダイニングであるらしいのですが、なぜ南国である沖縄に来て牡蠣を食べなきゃならないんだ? そんな気持ちもありながらもお邪魔して参りました



PA211586-1.JPG
お店は国際通りから近い多くの飲食店が軒を連ねる久茂地ってトコロにあって…
沖縄観光のオフシーズンとなった10月の後半、しかも月曜日ってこともあるのでしょうか ほどんどのお店はガラガラであるため必死に呼び込みをしているような状況なのですが、こちらのお店には多くのお客さまが集まっていて満席に近い状態であります
なるほど、コレだけの人気店であるならば、沖縄へ行ったらココへ行けという言葉も頷けますね


PA211621-1.JPG
店頭にはたくさんのワインとグラスが並べられていまして…
何とそれは、アダルトドリンクバーと称される、時間無制限でワインと泡盛が楽しめるドリンクバーなのであります
その姿は圧巻でありますし、いろんなワインを好きなだけいただけるってことはワイン好きの方には堪らない仕掛けでもありますね


PA211616-1.JPG
そして店内の奥には、ワイン庫の一部に遊び心で造ったという、ハンモックに座りながら食事を楽しむテーブル席が…
ゆったりと出来るのかそうでないのか それはちょっと分かりませんが、楽しい思い出になる体験であるには違いないですね
100sくらいまでは大丈夫だとのことですからワタシでもOKですし、カップルのお客さまが座ると絵になるかも…


PA211591-1.JPG
さてさてお料理でありますが、牡蠣をウリモノにしているお店でありますから、まずは生牡蠣からいただくことにいたしましょう
一年を通じて美味しい牡蠣を提供したいと全国の30か所以上の生産地と契約を結び、その時期に最適な産地から仕入をするのだそうで、今日入荷しているのはコレ
それぞれの産地ならでは美味しさを食べ比べて見たくて3種ともいただくことにいたします


PA211595-1.JPG
ミルクのような味わいであったり、濃厚な旨みが凝縮したモノがあったり… レモン汁を垂らしてツルンとした食感とともに生牡蠣を堪能したあとは、カキフライやエビのアヒージョなどをいただき、最近よく見かける玉ねぎのグリルをいただきます
丸ごとの玉ねぎをオーブンで焼くことで、その甘味とトロンとした食感は何度いただいても美味しくいただくことが出来ますね


PA211606-1.JPG
新鮮なモノを新鮮なままに流通する技術が進んでいますので、沖縄であれども美味しい生牡蠣がいただけるってことでありまして…
都内でもこのような美味しい生牡蠣をいただくことも出来るのでありますが、こちらの名物であると言う蒸し牡蠣の美味しさは格別であります
この料理のために開発されたと言う器が使われていまして、その上部からお酒のようなものを注ぎますと…
噴火のような蒸気が上がりまして、その熱気で蒸されると言うモノであります
牡蠣の生産者が一番美味しい牡蠣の食べ方だと勧めるだけのことはあって、コレをいただきますと、凝縮した牡蠣の旨みの虜になってしまいますね
なるほど、コレが沖縄に来てまで牡蠣を食べてこいってことだったのですね


PA211593-1.JPG
真っ先に提供されたシュー皮のようなパンは、そのままいただくも良し、それに料理のソースを付けていただいても良しと面白いモノでありますし、鮮魚のカルパッチョや生ハムも立派なモノ
〆にいただいたスィーツも注文が入って焼き上げられる独特なパンケーキでありまして…
シナモンアップルがとっても美味しいモノでありました



明るくフレンドリーな接客
お客さまを楽しませるいろんな仕掛け
そして何より、ココでしかいただくことが出来ない美味しい料理
地元の方は基より、観光のお客さまも満足させるに違いないお店でありますね
すっかり魅了されたワタシであります



【ocean good table】
沖縄県那覇市久茂地3-12-1 第一久茂地ビル1F
098-869-8212

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「A&W」    国内では沖縄でしか体験できないシステムとルートビア

PA211584-a.JPG

沖縄で是非とも体験して見たかったのが「A&W」
アメリカの中西部を中心に展開しているチェーン店でありますが、日本ではココ沖縄にしかないのでありまして… 
なんでもアメリカので創業はルートビアなるドリンクを売るスタンドであったようですから、ぜひ一度味わってみたいってことなのです



PA211579-1.JPG
折角ならばその日本一号店へお邪魔して見たくて…
1963年開店であるとのことですから、マクドナルドなどのチェーン店よりも20年ほど前にオープンしているってことですね


PA211580-1.JPG
決して繁華街では無い、この場所にどうして?
そんな疑問もあるのですが、このお店はドライブインとして郊外に展開するチェーンでありまして…
駐車スペースすべてに設置されたこのようなインターフォンで車から降りることなく注文をして、その車内で食事をすると言うアメリカンスタイルなんですね まさに車社会ならではのシステムであります


PA211582-1.JPG
ほどなくスタッフの方が商品を運んできてくださいます
この辺りが今で言うところのドライブスルーとは違うんですよね
店内の客席スペースもあるのですが、そこが改装中だと言うとで、駐車スペースのいくつかにテーブルが置かれていましたので、そのシステムを体験しながら、心地良い風を浴びてバーガーをいただくことにいたします


PA211583-1.JPG
バーガーは特に他と異なるような特徴は無いモノでありますが、こう言った雰囲気の中でいただいたってこともあり、とっても美味しくいただくことが出来ました
で、初体験のルートビア
ビアとありますがノンアルコールドリンクなのでありまして… 郊外にあるドライブインスタイルのお店ではビールを提供する訳にもいかず、それに似たドリンクを提供しようと始まった、今で言うところのノンアルコールビールみたいのものかな?なんて思ったりもいたします
そのお味は…
何となく薬品臭いと言いましょうか、不思議な香りがしまして、ワタシの口には合わないモノでしたね
と言いながらも、決して美味しくないわけではありませんね


沖縄にはこう言ったアメリカ文化がかなりありまして…
他の県では味わうことが無い旅行気分を満喫できますね



【A&W】
沖縄県中頭郡北中城村字屋宜原700
098-933-1479

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





A&W 屋宜原店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ピザハウスジュニア」   北谷で見つけたアメリカンなピザハウスは年季が入っていながらもピカピカ

IMG00059-a.jpg

北谷へと参ります
オフシーズンではありますが、今日の気温は30℃近くと言うことで…
残念ながら曇り空でありましたので透けるような海の景色を望むことは出来ませんでしたが、海辺で寝そべっている方たちの姿を見て沖縄気分を味わいます



PA211574-1.JPG
そんな北谷の砂浜の近くにある「ピザハウスジュニア」
島内に数店を展開する「ピザハウス」のファストフード版だというのですが、そのアメリカンな外観に惹かれて、お邪魔してみることにいたします
こちらのチェーンは1958年の創業と言うことでありまして、沖縄の返還前には、多くのアメリカ人に利用されていたのだそうです


PA211573-1.JPG
当時アメリカの衛生基準を満たしているとして、軍から「Aサイン」として認められたお店だということでありまして、今でもその清潔さは維持されているようでありますね
スタッフの方々の身だしなみもキチンとしていますし、その対応も感じが良いもの
こう言ったお店が長く繁盛している姿を見ますとうれしくなってしまいますし、応援したくもなります

ピザハウスってことでありますので、ピザしかないのかと思いましたが、そこにはステーキやハンバーグ、タコライスなどの商品が揃っていますし、スパゲティミートソースなどもありまして…
それらが600円〜700円ほどと、とってもリーズナブルでありますね


IMG00058-1.jpg
いただいたのはピザ
いつくかのピザメニューからソーセージをチョイスして…
ドリンクはフリードリンクも用意されていまして、「いっぱい飲みたいならフリードリンクがお勧めですよ」と笑顔で声掛けされましたので…
本当はフリーでは無く、アメリカンサイズであろうXLサイズのドリンクをいただこうと思っていたのですが、その笑顔に負けてしまいました
が… そのフリードリンクのコーナーに置かれているグラスは、本土のファミレスのあるような小さなモノでは無く、しっかりと300mlは入りそうな大きなもの そんなところにもアメリカンを感じてうれしくなります

ピザも当然アメリカンタイプでありまして、宅配のピザのような厚手の生地がサクッと焼かれたモノ
特別に美味しいと言うモノではありませんが、気軽に小腹を満たすには十分なモノでありますね



【PIZZA HOUSE Jr.】
沖縄県中頭郡北谷町美浜3-5-9
098-936-6767

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ピザハウスジュニア 北谷店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄都市モノレール壺川駅:「鶴小」    地元の方々で賑わう地元のファミリーレストランで「ソーキソバ」

PA211568-a.JPG

沖縄出張であります
沖縄は約20年ほど前に一度来たことがあるだけですので、ワクワクする気持ちを抑えることが出来ず、この日が来るが楽しみでありました
一泊だけと言う短い期間の出張ではありますが、時間が許す限り沖縄を満喫することにいたしましょう



PA211562-1.JPG
沖縄へ上陸したのが14:30
着陸態勢に入りシートベルトサインが出た頃に急病人が出たらしく「お客さまの中にお医者さまか看護師の方はいらっしゃいませんか」とのドラマ張りのワンシーンを初めて聞いて、不謹慎ではありますが興味津々でありました
さて、先ずはお昼ごはんをいただきましょうと、観光客ではなく地元の方が多く利用すると言う「鶴小」ってお店へ伺います
“ちるぐゎー”と読むらしいのですが、絶対に読めませんよね


PA211566-1.JPG
そば家とありますが、沖縄そば以外にもいろんな沖縄料理をいただくことが出来るようでありますし、とんかつなんてメニューもあって沖縄版ファミリーレストランって感じでありますね
お店は郷土色が感じられる雰囲気でありますし、スタッフのユニフォームはエイサー祭りの衣装のようでもあり、沖縄気分満載であります


PA211567-1.JPG
いただいたのはソーキソバ
シンプルな沖縄そばでも良かったのですが、折角ですから、豚のあばら肉、つまりスペアリブの煮込みであるソーキが乗ったモノをいただくことにいたします
こちらのソーキには軟骨がありまして、そのコリコリとした食感と、柔らかく煮込まれたお肉との食感のコラボが楽しいですね
豚肉から取られたスープであるようですが、豚骨スープのようなコッテリ感が無く、スッキリとした味わいが身体に優しい感じでお気に入り
お祝いのときなどにいただく特別なモノでは無くて日常的にいただく料理だからこそ、地元の方だけでなく観光客にも愛されているのでしょうね


さあ、お腹も満足しましたので、北谷の海など沖縄らしさを巡るドライブと参りましょう




【そば家 鶴小】
沖縄県那覇市壺川1-3-7
098-836-3719

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





そば家 鶴小 壺川店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄都市モノレール旭橋駅:「波布食堂」   激盛りが有名になり観光客に占領される地元の定食屋さん

PA221655-a.JPG

沖縄2日目
実は昨日訪ねたのですが店休日であったため「波布食堂」へリベンジであります
地元の方と言うよりも港湾関係で働く方々が利用する定食屋さんなのでありますが、そこが観光客にも大人気なだと言うことで…



PA221643-1.JPG
那覇港のフェリーターミナルにある定食屋さんでありまして、元々は港湾関係で働く人たちのための食事処だったのでありましょうが、そこの料理が激盛りであるってことに火が付いて、観光のお客さまが多く訪れるようになったお店であります
国際通りからはちょっと離れたところにありますし、佇まいは倉庫のようでありまして何の飾り気も無いところなのですが…


PA221645-1.JPG
お店はセルフ方式
と言っても、常連さんがメインのお客さまでありますから、特にコレと言った説明はなく… 初めて伺ったワタシには何をどのようにして良いのやら…
カウンターへと近づき、調理場で働いている方に声を掛けますと、その方に注文をすれば良いのだとか しかし、ファストフード店にあるような札をいただくことも無く席へと戻ります
しばらくして、○○をご注文のお客さま〜と声を掛けられ、カウンターでそれをいただきます
会計は下膳の時で良いとの、お客さまとの信頼で成り立つお店でありますね


PA221654-1.JPG
ワタシがいただいた沖縄そばはそれほど大盛りって訳ではありませんが、先日いただいたモノよりは麺の量が多いようでありますし、ソーキソバではないのですが、しっかりとしたお肉が乗っていまして…
そのお味は、まぁ普通ってトコでありましょう


PA221656-1.JPG
11:30頃に伺いましたので、その時にはそれほど多くのお客さまはいらっしゃらなかったのですが、12:00を回りますと、やはり港湾関係の方たちが続々と来店されまして…
ワタシの目の前に掛けられたお客さまが注文された肉そばのボリュームにビックリ
そのままでは麺が食べられないってことで、取り皿をに野菜を分けていただいていらっしゃいましたね
周りを見渡しますと、明らかに3人前はあるであろうチャーハンを召し上がっておられるお客さまがいたりと…
モノによってではありますが、その激盛りは噂に違わないものでありますね



そんな光景を見ながら、お仕事途中のお客さまの邪魔にならないように…
沖縄そばをさっさと食べて席を空けることにいたします
観光の我和手にとってはとっても話題性があるお店なのでありますが、ココで働かれている人たちにとってはワタシたちがお邪魔することは迷惑なことに違いないでしょうね



【波布食堂】
沖縄県那覇市通堂町4-22
098-861-8343

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





波布食堂
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「万福食堂」    本場さながらの皿うどんとちゃんぽんが名物である中華食堂

PA201559-a.JPG

しとしとと一日降り続いた雨
そのためか、暖房を入れたくなるほどに冷え込んだ日でありまして…
身体が温まるような料理が食べたい 出来ればサッパリしたモノと言うよりはコッテリとしたモノが食べたいって気分でありまして…



PA201548-1.JPG
炭水化物を身体が求めているのか、美味しい味噌ラーメンが頭に浮かんで離れなくなってしまい、豊洲駅前の交差点にある「豊洲ラーメン」を目的に出掛けたのでありますが…
いざお店の前に立ってみますと、ボリューミーな長崎皿うどんに気変わりをしてしまい「万福食堂」へと急遽の予定変更であります
実は先週もお邪魔したお店なのですが、それほどにお気に入りであるお店でありまして、こちらの長崎ちゃんぽんや長崎皿うどんが絶品なのであります
中華料理をメインとした定食屋さんなのでありますが…


PA201550-1.JPG
いつもは混んでいるお店も雨が影響しているのかガラガラでありまして、ひとりで伺ったのにもかかわらずテーブル席をいただくことが出来ました
中国系の女の子が接客をしてくださるのですが、それが元気良くて心地良いのモノでありまして… 美味しい料理とともにお気に入りなのであります


PA201557-1.JPG
野菜がたっぷりと乗せられた長崎皿うどん
九州では天ぷらと呼ばれるさつま揚げにアサリやげそなど、その使われている具材も九州でいただくモノそのものでありまして…
辛子を付けていただく人、酢をかけていただく人、そしてソースをかけていただく人など… つまり自分流の楽しみ方でいただくことが出来る料理ってことでありますね
ワタシは酢をかけていただく派でありまして、ちょっとたっぷり目に掛けていただくのが好みなのであります
極細の麺がカリッと揚げられていて、最初はそのパリパリ感を楽しみ、徐々に餡の熱でしっとりとしてくるのですが、これがまた美味しいモノでありまして、一度に二度美味しい料理ってことでもありますね


PA201551-1.JPG
一緒にエビマヨ
本当はシウマイを添えていただきたいところではあるのですが、残念ながらこちらのお店にはソレが無くて…
餃子ならばあるのですが、皿うどんに添えるモノはそれではないような気がするのであります
とは言え皿うどんだけをいただくのはあまりにも味気ないってことで、選んだのがエビマヨなのであります
サクッと揚がった衣にしっとりとしたマヨネーズが掛けれていまして、そのマヨネーズにはスィートチリが混ぜられているのでしょうか 時折ピリッとする辛味が刺激になって… プリプリの海老がとっても美味しくいただくことが出来るモノでありました


駅近くに2店舗を構え、土曜日は駅前の、そして日曜日には本店を定休としていますので、どちらかのお店は必ずやっていると言うありがたいシステムにも感謝であります


【万福食堂】
東京都江東区豊洲5-5-1 豊洲シエルタワー1F
03-3536-0129

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

JR山手線五反田駅:「勇山亭」  しっかりとした技術と厳選した食材 人に教えたくないお店と出会いました

PA191542-a.JPG

ひょんなところからお誘いを受けて、五反田にある『勇山亭』ってお店に伺うことにいたします
本当はもっと早く伺いたかったのですが、なかなかスケジュールの調整が上手く進まずに… 
涼しいと言うよりも寒さすら感じるほどになった今日という日になったことは、より美味しいお魚がいただける季節になったということだと前向きに捉えることにいたしましょう



PA191516-1.JPG
地図を片手に伺ったのでありますが、そこはちょっと怪しげな裏路地
本当にココを入るの? と不安気にその路地を覗きこんでみますと、暗闇の中にぼんやりと看板を確認することが出来まして…
お隣にある鰻屋さんの大きな看板に明かりが灯るまでは、ホントにひっそりとって感じでありますね


PA191517-1.JPG
街から人が消える週末でありましたので、お店も静かでありまして…
隣の席との間にブラインドを下ろすことで個室感をも味わえる小上がり席をいただき、美味しい料理をいただく心の準備も万端
そこから覗くことが出来る厨房では、お髭の職人さんがテキパキと仕事をされていまして… どんな料理を提供していただけるのかとワクワクしてきます


PA191519-1.JPG
料理屋さんにおけるお通しとはかくあるべき
と言いたくなるようなキチンと仕事がされたお通しが提供されまして、箸で解けるほどに軟かい茄子のお浸しを口にしたときには、もうこれにはテンションが上がりまくりであります
そんなテンションそのままにいただいたのが大間の本マグロでありまして、赤身と中トロが盛合せたその姿とねっとりとした舌触りにテンションも最高潮ですね
牛スジの煮込みは大根やゴボウが合わせられていて…
野菜の旨みが出た出汁や、牛スジの旨みをたっぷりと含んだ大根など、その優しい味付けに大満足であります


PA191527-1.JPG
“かに真蒸椎茸 射込み天ぷら”
大好きな真蒸 しかもそれがカニでありますし、これまた大好きな椎茸に射込まれたとなれば、注文しない訳にはいかないでしょうってことで…
キチンとした技術がある人が作るとこんなに美味しいんだと思い知らされるような真蒸でありまして、そこらの居酒屋で提供されるモノとは別物ですね
そして“米ナスと海老の銀あんかけ”
粉を付けた茄子と海老がサッと揚げてあって… それに銀餡が染みた味わいはもう堪りません
いちいちではありますが、これほど一品一品に満足させていただいたことが少なくて…


PA191528-1.JPG
“きんきの煮付け”
金目の煮つけを提供するお店は多いのですが、これは“きんき”ですよ“きんき”
ちょっと小ぶりではありますが、しっかりと脂がのっていて… コレだけ身が柔らかいお魚をこんなにキレイに煮付けるなんて…
濃すぎず薄すぎず いやぁ、コレはご飯が恋しくなりますねぇ


PA191541-1.JPG
そして、穴子丼
ふっくらと柔らかく煮た穴子の美味しさもさることながら、ご飯に乗せられた大葉やゴマの風味が活きていて…
薄味のタレというか出汁がご飯にもかけられていまして、山葵のツーンとする香りとともに美味しくいただくことが出来ました
夜のメニューには“小さい穴子丼”しかありませんが、ランチなどでこれの一人前サイズを提供していただけたりしたら…
間違いなく通ってしまいそうでありますね 



安さをウリにするお店が多い中、確かな技術で料理した商品を提供する大人のためのお店
五反田と言うトコロにあるのがもったいない 出来ることなら日本橋辺りにあって欲しいお店でありますね



【勇山亭】
東京都品川区東五反田1-16-3
03-6721-9861

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

東京メトロ半蔵門線表参道駅:「サングリア」  バルでは無い本格的なスペイン料理店が表参道にオープンします

PA181506-a.JPG

サングリア青山店 北青山3丁目に…10月21日 オープン!
静岡市を中心にいくつかの店舗を展開しているスペイン料理のお店が、満を持して東京上陸であります
バルという業態でスペイン料理をいただく機会は増えてきたものの、まだまだ本格的なスペイン料理を経験する機会は少なくて…
代表する料理と言われても“パエリア”くらいしか思いつかなかったりするんですよね



PA181478-1.JPG
そんなお店のレセプションパーティーにお誘いいただき、ルンルン気分で表参道へと出かけて参りました
表参道交差点から赤坂方面へ1分ほど歩いたところにあるビルの2Fなのですが、そのエントランスからも美味しさや楽しさが伝わってくるような雰囲気が演出されていまして… なんだか引き込まれてしまいそうな感じがしますね


PA181484-1.JPG
店内もステキ
椅子やテーブルなどの調度品はレトロ調で重厚感あるものが揃えられていまして、まるでスペインにいるかのような気分にさせていただけます
客席の配置もゆったりとしていますので、隣のお客さまを気にすることなく、おしゃべりに花を咲かせることも出来まして、ココで過ごす時間が楽しいものになりそうであります


PA181490-1.JPG
レセプションと言うことでお店側から出される料理をいただくことになるのですが、逆にそれはお店がお勧めする自信ある料理の数々と言うことでありますから、何をいただいても満足いくものばかりでありますね
前菜として提供された盛合せでは、ソフトシェルシュリンプと言う脱皮したての海老を柔らかい殻ごといただきましたし、スペインサラダと称されるニンジンのサラダはとってもお気に入りであります
ニンニクをたっぷりと加えたオリーブオイルで煮込まれたような“ガーリックチキン”はアツアツでありまして、ホックリとしたじゃがいもとともに美味しくいただけますし、サラッとしていてお歯黒になることが無いイカスミの“プルーピートス”も良い感じですね


PA181493-1.JPG
こちらのお店の看板料理でもある“海老のカタラン風”
アメリケーヌソースとも似ている甲殻とそのミソの風味が美味しい濃厚なソース煮込まれた海老はプリッとしていますし、何よりそのソースのコクが堪らなく美味しくて、お皿に残ったソースをパンで拭うようにキレイにいただきましたよ


PA181505-1.JPG
当然〆に提供された料理は“パエリア”でありまして…
たっぷりの魚介の旨みがご飯に染み込んだパエリアは、そのお焦げが美味しい料理でもあるのですが、こちらのモノはカリカリのお焦げと言うよりはしっとりと柔らかいご飯が美味しいモノでありますね
テーブルを囲んだ4人でひと鍋を取り分けるのですが、欲張りなワタシは、それを独り占めしたくなるような衝動に駆られてしまうほどであります


PA181511-1.JPG
食後にはデザートとコーヒーをいただき、別腹までも満たして大満足
コロンとしたさつまいもは自家製のスィートポテトでありまして、甘過ぎることがなくサツマイモの風味を残したモノでありました
特に旨みが凝縮したような、皮の美味しさが際立った力作でありますね



とても利用しやすい場所にありますし、お店の雰囲気も料理もステキであるだけでなく、フラメンコショーなども計画されているようですので、開店しましたら必ずお伺いしようと心に決めて…
あとはその機会を作るだけですね(笑)
今日はお誘いいただきまして、本当にありがとうございました



【Sangria AOYAMA】
東京都港区北青山3-5-14 青山鈴木硝子ビル2F
03-3478-2001

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

東京メトロ有楽町線池袋駅:「宮崎亭」   宮崎牛専門 ふっくらとしたハンバーグは魅力的であります

PA171477-a.JPG

宮崎牛を専門に扱うステーキとハンバーグのお店があるとのことで、夜の会食をそこでいただくことにいたします
長年精肉店をやっていたオーナーが宮崎牛の美味しさにに惚れ込んだ結果、それを専門に扱う飲食店をやりたいってことでココをオープンさせたのだとか
この手のお店だと黒毛種を扱う高級店であることが多いのですが、お肉を知り尽くしたオーナーが黒毛でなくても美味しいお肉があることを知っていただきたいとのことで、こちらはリーズナブルにステーキやハンバーグを提供していただけるお店であります



PA171461-1.JPG
池袋駅の西口から歩いて5分ほどのトコロではあるのですが、ルミネやホテルメトロポリタンの近くということで、繁華街の雑沓とは異なる静かな場所にお店はありまして…
本当にお肉が好きなお客さまやハンバーグが好きなお客さまだけが知る隠れ家的なお店であるようですね
美味しいお肉をいただこうとわざわざ来店されるお店でありますから、リーズナブルなお値段で提供されている割には大人なお客さまが多いようでもありますね



PA171464-1.JPG
レンガ風の壁面が落ち着いた雰囲気を演出していますし、レザー調のチェアにゆったりとしたテーブルが寛ぎを提供してくれますし、アルバイトかと思われるスッタフが自店で提供する商品に対する知識をキチンと持っていたりと、そこらのチェーン店とは異なる安心感がありまして…
美味しいお肉を使ったステーキやハンバーグで、気軽にお腹を満たしていただきたいって思いから作られたお店でしょうから、必要以上のオシャレ感はありませんが、心地良い空間での食事を楽しむことが出来そうですね


PA171465-1.JPG
オーナーがこだわる宮崎牛専門のお店と言うことでお腹を空かせて伺いましたので、注文した料理が提供されるまでの時間をガーリックトーストとソーセージの盛合せでつなぐことにいたします
薄切ではありましたがガーリックオイルの香りが食欲をそそるガーリックトーストでありますし、プチッと弾ける食感が美味しいソーセージと脇役もキチッと固めているようですね
同席者が頼んだ“イチボステーキ”や“サーロインコンボ”も美味しそうで、次回はそれを… って楽しみが湧いてきますね


PA171476-1.JPG
ワタシがいただいたのは“一口ステーキコンボ”
一口ステーキ180gとハンバーグ150gという満腹メニューでありまして、たっぷりとお肉をいただくことが出来るモノであります
一口ステーキはランプだと思われるお肉でありますが、赤身特有の美味しさを感じながらも、硬さを感じることは無く…
淡白な味わいを補うようにソースをちょっと付けていただきますと、コレがご飯を美味しくさせる魔法のようなソースでありまして、お肉一片で何口ものご飯がいただけるようであります

そしてハンバーグ 
コンビと言うことで小ぶりなモノではありますが、ふっくらと膨れ上がった柔らかでジューシーなモノ
とは言えつなぎをたっぷりと使ったモノでは無く、お肉の旨みと食感が感じられるモノでありまして… お塩で食べるハンバーグと説明されたとおりにいただきますと、そのお塩がお肉の旨みをさらに引き出してくれて… コレは美味しいですねぇ
このお塩、風に飛ばされてきた海水が湖となり、それが干上がることでお塩になったと言うこだわりのモノでありまして、“500年前の塩”と呼ばれているようですね

ライスセットに添えられるスープは、牛骨で取ったものであるらしい甘味が感じられるのですが、塩と胡椒での調味がバッチリでありますからスッキリとした味わいを楽しめるモノでありました



それほど池袋に出かける機会もありませんが、そのほとんどは東口でありまして、西口へ出ることは滅多にない上にメトロポリタン側となりますと更にその機会は少なくなるのですが…
美味しいハンバーグをいただきたいときには、こちらへと足を向けることにいたしましょう




【ハンバーグ・ステーキ 宮崎亭】
東京都豊島区西池袋1-4-3 藤巻ビル1F
03-6912-5257

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

東急東横線中目黒駅:「小林精肉店」    提灯で一際明るく目立っている鶏料理屋さんで鶏三昧な夜

PA161431-a.JPG

昨日の深夜から都内を襲った10年に一度と言われた大型台風
今日の仕事に影響が出ないかと心配をしていたのですが、午前中にはピークが過ぎ去ってくれたことで午後から予定されていたクライアントさまの店舗業績検討会は支障なく行うことが出来ました
売上高を高めることに注視するのでは無く利益高を高めるための取り組みをした結果、売上は横ばいであったものの、利益高はプラス600千円となり、努力を形にすることが出来ました
成長の時代はとっくに終わっていますので、必要以上に売り上げを求めるのではなく、規模や業態に応じた適切な売上高を確保しながら、その中で如何に利益高を高めるのかが今の時代には必要なことであり、とくに中小の企業では“率”ではなく“額”にこだわる経営こそが重要なのです



PA161422-1.JPG
そして夜、新業態に向けた業態視察のために中目黒へと移動いたしのですが… 何と目的としたお店が改装中のために休業中
ならばと、初めてのお店でありましたが、駅前で最も目立っている「小林精肉店」なる居酒屋へ入ってみることにいたします
お店の2F・3F部分の壁面に多数の提灯が飾られている姿が特徴的でありまして、ワンフロアはさほど広さは無いのですが、1F・2Fと4F、さらには屋上テラスまであるとのこと


PA161424-1.JPG
ワタシたちは2Fのテーブル席をいただきます
4Fと屋上テラスは予約制であるとのことで、通常は1Fと2Fでの営業であるようですが18:00の開店から30分ほどでほぼ満席状態 開店して半年程とのことでお隣に案内されたお客さまも初めての来店であるようですが、この辺りでは話題のお店であるようですね


PA161430-1.JPG
こちらのコンセプトは鶏肉と野菜であるようして…
ずらりと並んだ鶏料理を眺めていて目に留まったのがコレ “鶏チャーシュー”であります
チャーシューと言えば豚肉でありまして、牛肉で作られたそれも目にすることは無いのでありますが鶏肉のモノも初めて
ならば…
脂身があるもも肉が使われているようですが、と言っても脂が少ない鶏肉でありますので、サッパリと淡白な味わいでありますから、柚子胡椒であるとかの香味を添えていただくと更に美味しそうでありますね


PA161432-1.JPG
そして胸肉の唐揚げ
商品名は香味揚げとなっていましたが、それほど香味を感じることなく…
とは言え、胸肉好きのワタシも納得のサッパリ感がありまして、とっても美味しくいただくことが出来ました


PA161438-1.JPG
〆に頂いた“鶏だし黄金ラーメン”
スッキリとしたと味わいの鶏だしが透き通るような黄金色に輝き、そこに細麺のストレート麺が… 
と、そのネーミングから勝手な商品のイメージをして、注文したのですが、提供されたもののスープは濁っていて残念な感じ
更に麺は即席めんであるようですし、スープは塩味が強すぎて… 申し訳ないのですが、ひと口啜っただけで残してしまいました



〆にいただいた商品がガッカリだと、それまでの美味しかった料理の記憶も失せ、その悪いイメージを持って帰ることになりますから、『終わり良ければ総て良し』ではありませんが、重要な料理でありますね



【小林精肉店】
東京都目黒区上目黒1-19-8 沢田ビル1F〜4F
03-3791-4649

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「やげんぼり」  高級な京料理店でいたたく出汁巻き玉子のランチはウマウマでお手頃

PA151411-a.JPG

お昼を赤坂見附でいただくことにいたします
この街、随分とチェーン化と国際化が進んで来ましたが、かつて料亭街であった名残もあって、美味しい和食を提供してくれてる高級店がいくつかありまして…



PA151395-1.JPG
京都と東京にいくつかの支店を構える京料理のお店「やげんぼり」
夜だとかなり高級なお店なのでありますが、お昼の時間にはお手頃なお料理を提供してくれるってことで人気のお店であります
お手頃な料理と言っても、高い技術で調理していただけるのですから、その味付けは間違いないモノでありまして…


PA151412-1.JPG
そんなお店の名物的な料理がコレ
玉子を3個ほど使われた大きな出汁巻き玉子でありまして、たっぷりと出汁を含んだ優しい味が魅力なのであります
その出汁巻き玉子をメインとした“八坂”という御膳メニューをいただきますと、大き目な器に盛り付けられた漬物のが先ず提供されまして、それをつまみながら料理の提供を待つことになります
ご飯は年季が入ったお櫃で提供されまして、ちょっと硬めに炊き上げられた艶々の銀シャリは、それだけでいただいても甘みを楽しむことが出来て美味しいのですが、添えられている“ちりめん山椒”を乗せていただきますと、更に美味しくいただくことが出来ます


PA151398-1.JPG
コレがその漬物なのでありまして、塩味も強くなく優しい味とシャキッとした食感を残した絶妙な漬け加減を楽しむことが出来ますし、それをケチケチすること無く、十分に提供していただけるってこともうれしいですね
本当に美味しい料理にこだわるお店では漬物や味噌汁を疎かにしたりはしないものなのであります


PA151415-1.JPG
美味しい料理だけでなく、目の前で調理していただける姿も演出のひとつであります
夜の仕込みでありましょうか 桂剥きをされていたのですが、それが見事な技術でありまして… こんな卓越した技術で調理していただいたお料理だと思うだけで、目の前にあるお料理が更に美味しく感じてしまうのであります



雰囲気良し、接客良し、そしてもちろんお料理も…
見事に三拍子そろった、こちらのお店
胃袋だけでなく、心も満たしてくださるお店でありますね



【やげんぼり】
東京都港区赤坂3-19-5
03-3582-2270

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「万福食堂」    本格的なちゃんぽんがいただける豊洲の定食屋さん

PA141387-a.JPG

そう言えば、最近野菜が不足してるような… 
そんなことをフッと思って、今日のランチは野菜をたくさんいただけるモノにしようと頭をひねります
野菜を美味しくたくさんいただける料理と言えば鍋料理なのかもしれませんが、それをひとりでいただくのはあまりにも切ないってことで、ちゃんぽんをいただくことにいたします



PA141383-1.JPG
八丁堀にもちゃんぽんが美味しいお店は数軒あるのですが、祝日にやっているお店があるかが心配になりまして、豊洲へと向かいます
駅近くに本店と駅前店がある「万福食堂」というお店が目的でありまして、こちらではその両店の店休日をずらしてありますので食いっ逸れることは無いのであります


PA141386-1.JPG
中華料理をメインに和定食まで100品ほどの商品を揃えるこちらのお店の名物料理は“皿うどん”でありまして、そのボリュームが話題はよほどお腹が空いてないと一人では食べ切れないほどのモノ
今日もそれをいただこうかと思ったりもしたのですが、前回ココへお邪魔した時に、本場長崎から麺を取り寄せていると言うちゃんぽんがどうにも気になりまして…

ボリュームは皿うどんのようなものではありませんが、さつま揚げやアサリなどの具材が入った本場さながらのモノでありまして… 
スッキリとしたスープに細めのちゃんぽん麺 この相性が抜群でありまして、想像を超える美味しさに大感激でありまして一気にファンになりました


PA141391-1.JPG
一緒にいただいた餃子も立派なモノでありまして…
手作りされているであろうことが伝わりますし、冷凍されることがない新鮮さも感じられる餃子はモチッモチでありまして、肉汁溢れるモノなのであります
ちょっと今日は焼が足りないようでパリパリではありませんでしたが、十分にその美味しさを楽しませていただきました


PA141384-1.JPG
美味しい料理がお手頃なお値段でありますし、お店もキレイに手入れされていまして…
そんなことが人気なのでありましょう 13:00を回った時間でもほぼ満卓の状態であります
中華だけでなく和定食もあるからでありましょうか、年配のお客さまも目立ちますし、宴会のように盛り上がっているお客さまもいらっしゃいます
地元で大人気のお店であるようですね



【万福食堂】
東京都江東区豊洲4-2-4
03-3531-7322

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





万福食堂
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

東京メトロ有楽町線月島駅:「さくら亭」   落ち着いた雰囲気の中、和食&寿司がいただけます

PA131368-a.JPG

三連休ではありますが、特にコレと言った予定も無くて…
ネットサーフィンで情報収集をしてみたり、ボーっとテレビを見てみたりと、まったりとした時間を過ごします
お昼はコンビニで買ってきたお弁当で済ませてしまいましたので、夜はちょっと美味しいモノを…


PA131359-1.JPG
ってことで、伺ったのは「さくら亭」
自宅近くにある便利で美味しいお店なのですが、こちらのお店にはちょっと変わっていることがありまして…
和食とお寿司を提供するお店は数あるのですが、その定休日が異なっているお店は珍しいのではないでしょか?
月曜日はお寿司がお休みで、水曜日は和食がお休みとなっていまして、お店そのものに定休日は無いようですね


PA131365-1.JPG
落ち着いた雰囲気のお店でありまして、ゆったりとした贅沢なスペースをいただくことが出来ますし、そこが混み合い騒々しくなることが無いのもうれしいことであります
人が多く集まる場所でもありませんし、通りから目立つお店でもありませんので、ご近所に住む人たちのためにあるお店と言っても過言では無いでしょうし、その雰囲気から急なお客さまを連れて伺うことも出来る便利なお店なのであります


PA131367-1.JPG
日中に美味しそうな海鮮丼の画像をlineで送ってくれた友人がいて、その画像に刺激されていたこともあって“ばらちらし”をいただくことにいたします
関東でばらちらしを売るお店はそれほど多くないのですが、こちらではちらしとばらちらしを選ぶことが出来るってことなので…
中とろに穴子、それにイカやサーモンなどが散りばめられていまして見た目にも美しいモノでありますし、さらにはウニもたっぷりと使われていますので、そのまったりとした濃厚な甘みとトロンとした食感が楽しむことが出来るモノでもあります
わさび醤油をタラタラっと垂らしますと、その辛味と酢飯の甘みと見事に調和しまして… お箸で上品にと言うよりも、レンゲのようなものですくって豪快にいただきたいって気持ちになるほどのモノでありました



【さくら亭】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエアー1F
03-5560-3321

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「トラットリアコダマ」   生ハムを中心としたビュッフェが楽しい銀座ランチ

PA121349-a.JPG

友人からのランチのお誘いをいただいて銀座へと出かけたのですが、真夏のようにじりじりとする日射しでとにかく暑い
イソップ童話にある北風と太陽ではないのですが、この日射しの中でジャケットは着ていられませんね
ふっと、4丁目交差点のビルにある気温計を見上げると、そこには31℃と表示されているではないですか なるほど暑いわけですね



PA121339-1.JPG
友人が友達に勧められたと言うお店であります
かなりの人気店と言うことでありますので開店時間の前に伺ったのですが、既に先客がひと組いらっしゃいまして… その後も続々と列に並ぶお客さまがいらっしゃいまして、開店と同時に満席になるほどでありました
開店まで20分も前に並ぶなんて… と思っていたのですが、これが大正解だったってことですね


PA121355-1.JPG
そんなお客さまのほとんどは女性でありまして…
女性と言うモノ いくつになってもかしましいモノでありまして、人数が集まれば集まるほどのそのトーンが高くなるようで、その周波数の違いからか耳がキーンとなるようでもあります
まるで女子会の中にひとり男が混じっているような違和感ではありますが、これだけ多くの女性が集まるのであれば、そのランチのバリューも高いのでありましょうとワクワクして参ります


PA121352-1.JPG
お昼のメニューは二つ
デザート付コースかメインディッシュ付コースの何れかを選ぶことになるのですが、メインとデザートが同価値なのかと不思議に思いながらも、欲張りなワタシはメインディッシュ付をいただくことにいたします
どちらのコースも4種ほどのパスタの中から好きなモノを選ぶシステムであるとのこと ワタシはラザニアをいただくことにいたします

と言いましても、こちらのランチはサラダ・オードブル・ドリンクバーのビュッフェがメインなのでありまして、メインや、デザートはあくまでもそれに添えられるモノであるようです
ビュッフェの目玉は… 生ハムでありましょうか 大皿に盛られた生ハムを好きだけいただけるなんて嬉しいことでありますし、サラダやピクルスなど彩り美しく並べられたオードブルには目移りするほどであります

ワタシは大好きなソーセージと生ハムをメインにいただいたのでありますが、そのソーセージにもいろんな種類が用意されていまして…
プレーンはもとより、香草が仕込まれたモノや辛味があるチョリソーなどなど コレは楽しいですねぇ
そして、箸休めにとピクルスを少々をいただきました



メインの料理やパスタはそれほどボリュームがある訳ではありませんので、お腹の加減を気にすることなく、このビュッフェで好きなモノを好きなだけいただけるってトコロが女心をくすぐっているのでしょうかね?
ワタシもその策略にはまってしまいそうなのでありますが…(笑)



【Trattoria Kodama】
東京都中央区銀座3-7-13
03-6228-6269

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

JR東海道線東京駅:「味の浜藤」     仕事帰りにいただいた夜ごはんはとっても美味しいモノでありました

PA111336-a.JPG

プロデュースしている新店のオープンが間近に迫ったということで、その最終チェックへ出張して参りました
昭和の時代にはどこの町にもあった、喫茶店でいただいていたナポリタンやミートソース
それを今の時代に復活させようっていうのをコンセプトにしたお店でありまして… オープンが楽しみであります


PA111327-1.JPG
東京に戻って夜ごはんいただきましょうと東京駅のグランルーフ
開業して半月ほどの施設でありまして、まだまだ訪ねたことが無いお店がたくさんですから、どこへお邪魔しようかと迷うところでありますが、お昼に試食のお仕事でたっぷりの炭水化物をいただいたってこともあって、少しは身体に優しそうなモノがいただきたこうと優し味付けである和食のお店を選びます


PA111333-1.JPG
店内は明るくゆったりとした作り 
それが受けているのか女性のお客さまが多く、おひとり様もいらっしゃいまして… 
なんとなく美味しい料理がいただけるに違いないと直感いたしまして、今日の夜ごはんはココに決定であります
が、メニューを眺めますと1品料理メインでありまして… これではひとりでの食事にはちょっと利用しずらいんですよね


PA111335-1.JPG
「1品料理にご飯とみそ汁を添えて提供することも出来ますよ」
そんな気が利くサジェッションをお店の方にいただいて… メニューには載せられては無いのですが、このようなサービスもあるようですね
ってことで“鯛の兜煮”をメインにご飯とみそ汁を添えていただくことにいたします

提供されるまでには少々時間がかかったのでありますが、お店の方が、お待たせして申し訳ございませんであるとか、間もなく出来上がりますので、と気を使っていただけましたのでさほど待たされた感はありませんし、提供されたモノは実にふっくらと仕上げられていまして、程よく染みた優しい味はホッとするものでありました
煮物を注文したのでありますから、多少の時間がかかることは当たり前のことでありますし、なにより美味しいモノ提供するために丁寧に作ってくださっていると思えば待ち時間なんて気になりませんね

この手のお店でいただくご飯はそれほど美味しく思うことは少ないのですが、ココでいただくご飯や味噌汁は、メインである料理に劣ることが無いほどにしっかりとしたモノでありました


効率やコストを考えすぎることなく、飲食店の原点である美味しい料理を提供するお店って素晴らしい
改めてそれを感じさせてくれる気持ちが良いお店でありましたので、またお邪魔させていただくことにいたしましょう



【味の浜藤 醍醐味】
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅グランルーフ B1F
03-6273-4134

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

JR山手線新橋駅:「串屋横丁」   千葉で猛威を振るう「串屋横丁」が新橋に上陸 嵐を起こしそうであります

PA101270-a.JPG

今日は新橋呑み
滅多にこのエリアで飲むことは無いのですが、新しく串焼きのお店がオープンしたと言うことで、そこで一杯やりましょうってことであります


PA101258-1.JPG
烏森口から線路沿いに歩いた先にある路地裏にあるお店でありまして、この辺りかなぁ なんて歩いていたのですがその路地を通り過ぎていて…
知ってしまうと何ということは無い場所なのですが、地図片手に伺うにはちょっと見つけづらいトコロでありますね
まだオープンしたばかりのお店でありますから、まず一度は入って貰わないと… ってことで大きな声での呼び込みにも力が入っていまして、それがとっても元気良くて気持ちが良いもの
人が財産でもある飲食店でありますから、ココはきっと繁盛するに違いないって直感いたします


PA101260-1.JPG
オープンからひと月も経たないピカピカのお店は気持ち良いものでありまして、木で作られたテーブルにも染みひとつありませんし、裸電球が懐かしいレトロな雰囲気がステキでありますね
そこにはやはり元気で活気あるスタッフがいらっしゃいまして、心地よい掛け声で迎えていただけます
10坪ほどの小さなフロアでありますが、1F〜3Fまで客席があるとのことで約70人ほどは座れるということでありますから、空席の有無を気にすることなく利用できそうですね


PA101263-1.JPG
珍しい“生ベーコン”であったり、実家がお肉屋さんだったとのことで、その当時のレシピを再現したと言うレバカツやハムカツなどお店自慢の料理で、それほど大きくないテーブルは埋め尽くされてしまいます
低温でじっくりと燻したと言う生ベーコンは程よい塩味でありますし、薄衣で揚げられたハムカツや竜田揚げ風のレバカツは昔懐かしいモノでありました
そして、生キャベツにバジルソースを掛けただけと言うシンプルさが良い感じの箸休めになってくれますので、先ずはこれ一品をテーブルに置いてあれこれと料理を楽しむスタイルが良いようですね


PA101274-1.JPG
そんなお料理のお供はコレ ジョッキでいただくハイボールであります
ハイボールを売るお店は数あるでしょうが、それをジョッキで提供するお店はそうあるものではないと思いますが…
ガス圧が1.6倍(?)と言う高炭酸なモノでありますから、ジョッキで提供しても気が抜けて美味しくなくなるってことがないお得な商品でありますね


PA101268-1.JPG
何と美味しい料理を提供したいという思いから、養豚場の経営まで始めてしまったと言うこだわりのオーナーが自信をもって紹介してくれたのが、新鮮な豚モツ料理の数々でありまして…
それほど豚モツが得意でないワタシではありますが、ほとんど臭みを感じさせないモノばかりでありますから、どんどん箸が出てしまいますね
“ちれ”と呼ばれる豚の脾臓を串に打ったモノは、美味しいところを厳選するまり全体の2割ほどしか使わないというこだわりようでありまして、その脂の甘みは間違いない美味しさですね
そして、こちらのお店の看板料理であると言う“スーパーホルモンロール”
これでもかってほどにたっぷりと脂がのったホルモンがピンポン玉を一回り小さくした位の大きさで串焼されていまして、溶けるような脂とトロトロ感が最高ですね
味噌焼きされたホルモンもハラミの炭火焼も… どれも癖になりそうなモノばかりでありまして…


PA101281-1.JPG
季節外れの残暑が厳しい中ではありますが、コレだけ美味しいホルモンを提供してくれるお店でありますから、〆にもつ鍋をいただくことにいたします
スッキリとした出汁にキャベツの甘み、そこにホルモンの旨みと唐辛子の辛味が溶け込んだもつ鍋は、身体の芯からポカポカとあっためてくれる、これからの季節にぴったりの逸品でありますね
もちろん、こちらのお店で提供するもつ鍋にはいくつかのこだわりがあるようでして… 
そんなうんちくを聞きながらいただくのも楽しみのひとつでありまして、きっと次に仲間や後輩を連れて来て、そのうんちくを言いたくなること間違いなしって感じですね


千葉で猛威を振る人気のもつ焼きのお店が、浅草や門仲辺りの下町で実績を積み上げ、満を持して新橋に上陸
焼鳥のお店が乱立する新橋ではありますが、それらとは一線を画す「豚モツ」をメインとした商品で殴り込みであります
ワタシ同様、豚モツはちょっと とお思いの方も多いかと思いますが…
ココで提供される豚モツは、朝、屠畜されたばかりのモノを仕入れて工場で加工、翌日にはお店で売られると言う鮮度高いモノであるとのことでありまして…
一度も冷凍されない鮮度は、これまで経験したモノをは全くの別モノでありますから、一度経験すると癖になること間違いなしでありましょう



【串屋横丁】
東京都港区新橋3-22-7
03-6435-8694

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

東京メトロ銀座線日本橋駅 :「お多幸」  創業1924年 老舗おでん店の名物料理“とうめし”でランチ

PA091250-a.JPG

日本の秋はどこへ行ったの?
とでも言いたくなるほどに、いつまでも暑い日が続いていまして、今日も真夏日を記録したようであります
暑かったり寒かったり、日中と朝晩の気温差が激しかったりと、体調を壊しやすい時期でありまして、ワタシの身体も体温調整に疲れた様子であります



PA091247-1.JPG
日本橋で予定されていた所用を終えたのが13:00前のこと
ならば、久しぶりに“とうめし”をいただくことにしましょうと「お多幸」へと向かいます
日本橋でおでんと聞けばかなり高額なモノを想像されるかもしれませんが、こちらのお店はかなりリースナブルでありまして、お昼の時間ですと1,000円以内、夜でも3,000円ほどで老舗のおでんをいただくことが出来るのであります


PA091249-1.JPG
暑い日におでん? と思われる方もいらっしゃることでしょうが、それを推してでもいただきたくなる逸品がこちらにはあるんですよね
暖簾を潜りますと、まだまだ満席に近い状態でありまして、カウンター席の後ろにある2名掛けの小さなテーブルで相席となります
実は1Fにはほかにもうひとテーブルあるのですが、それほど大きくない厨房だけでは多くのお客さまに対応することが出来ないのでありましょう
お昼の時間はそのテーブルを潰して配膳のスペースとしているんですね
ですから、おひとり様以外は、ほとんどのお客さまが2F席へと案内されているようであります


PA091255-1.JPG
これが“とうめし”でありまして…
ご飯にたっぷりのおでん出汁をかけ、その上にしっかりと味が染みたお豆腐を乗せただけと言うシンプルなモノなのでありますが、それがそれが驚くほどにとっても美味しいのであります
ただ出汁をかけただけ、ただお豆腐を乗せただけ そんなお料理が名物となるにはそれなりの秘密があるに違いないのでありまして…
たとえば、たっぷりのおつゆが掛けられてもベチャベチャにならないように少し硬めに炊き上がられたご飯なんてことも、そのひとつかもしれませんね
木綿ごしのお豆腐ですからたっぷりとおでん出汁を含んでいますし、木綿豆腐でありながらもしっとりと滑らかな食感でもありますし…
運ばれてきたときに、丼の上でプルンプルンと揺れているお豆腐は見ものですよ


PA091253-1.JPG
この“とうめし”と煮物がセットになった“とうめし定食”と言うモノもあるのですが、折角ですから“おでん定食”をいただき、その種のひとつであるお豆腐を使って“とうめし”にしていただくことにいたします
“おでん定食”はお好みでもお任せでも3つの種をいただくモノと、4つの種をいただくモノが用意されていますので、ワタシは4つの種でいただきます
お豆腐のほかに、玉子・はんぺん・大根をいただいたのですが、この大根がまた美味しいこと
出汁がたっぷりと染みていてかなり黒く色づいているのですが全くその辛味が無くて… 大根の甘みをじっかりと楽しむことが出来ましたよ



いやぁ、ちょっとちょっとのこだわりが重なって、コレだけの名物料理になっているのでしょう
お昼に来店されるお客さまのほとんどが、この“とうめし”を召し上がっておられる姿は圧巻ですね
これから寒くなるにつれ、おでんが美味しくいただける季節となりますので、また“とうめし”を楽しみにお邪魔させていただくことにいたしましょう



【お多幸】
東京都中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル
03-3243-8282

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





日本橋 お多幸本店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

東急池上線大崎広小路駅:「きらく苑」   お昼に焼肉 厚めにカットされた上カルビは美味であります

PA081233-a.JPG

10月も中盤に入ろうとしているのに、今日は真夏日になったとかならなかったとか… 汗が滲むほどに暑い日でありました
そんな中、出店を計画中のクライアントさまと一緒に、物件視察のために五反田へと出かけます
これまでも数か所の物件を視察してきましたが、帯に短し襷に長しって感じだったのですが、今回の物件は40坪弱で50席ほど しかも賃料は60万程とのことでありますから、なかなかの好物件でありますね



PA081236-1.JPG
近隣の競業状態やランチ時間帯の人の流れやその層などを暫く視察したあと、ランチをいただくことにいたします
ファストフード店やラーメン店に行列が出来る中、ちょっと単価が高いお店は如何なのモノかと、視察を兼ねて焼肉ランチをいただくことに…


PA081230-1.JPG
店内には白シャツの男性客が数組
お昼のピーク時間が過ぎているってこともあってそれほど賑わっているイメージはありませんが、焼肉店のお昼としては集客できている方ではないでしょうか
100gほどのお肉ではありますが、1000円ほどで焼肉ランチがいただけるってことも魅力なのでしょうね


PA081234-1.JPG
初めてのお店で上モノをいただくことは滅多にないのですが、ランチと言うことで、上モノでもそれほど高価ではないってことで…
上カルビランチをいただくことにいたします
ほどよくサシが入ったカルビは、判はそれほど大きくないものの、一枚一枚が10mmほどの厚みがあるモノであります
薄いお肉をサッと炙っていただく“〇秒焼”なんて商品もそれはそれで良いのですが、厚みがあるお肉の表面を強めに焼くことで肉汁を閉じ込めたお肉の美味しさは王道でありますね
そんなお肉にはスッキリとした味わいのタレが揉み込まれていまして、それが焼かれることでの芳ばしい香りも焼肉の魅力でありまして… その香りで食欲が刺激されたワタシは、お肉のお替りをしたい衝動に駆られましたが、今日は我慢!我慢!
これからもう一軒の物件視察で、2食目のランチをいただくことになりますので…



最近は和食を志向することが多くなってきたのですが、たまにいただくお肉はやっぱり美味しいですね




【きらく苑】
東京都品川区西五反田1-26-4 和晃ビルB1F
03-3779-3637

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

東京メトロ丸ノ内線東京駅:「ねのひ」   美味しいお料理と〆にいただいた鯛めしで大満足した夜

PA071202-a.JPG

情報交換などを楽しむ会食をしましょうと、月に一度ほどの割合で集まっている仲間たち
もちろん強制するものは一つも無くて、それぞれの業務が第一優先、時間がある人だけが集まっているのですが、今日はほぼ全員が集まることが出来た珍しい日であります
人数が集まった会職には中華が適しているってこともあって、それをいただくことが多いのでありますが、今日は美味しい和食をいただくことにしましょうと東京駅



PA071187-1.JPG
オアゾの6Fにある和食ダイニングでありまして、酒蔵が経営していると言う「ねのひ」ってお店に集まります
何でも、ソニーの創業者である盛田氏の実家がやっているらしく、ユニフォームには店名のほかに「盛田」の文字がありますし、「盛田」ってお酒も揃えられていますね
名古屋に本店を構え、都内にも3店舗ほどあるようでして… 優秀な経営者と言うのは「何をやっても成功しちゃうのね」って苦笑いしちゃいそうであります


PA071189-1.JPG
さて、入口を入りますと厨房が望めるカウンター席、お店の中央にはバーカウンターがありまして、ココだけで一体いくらかかっているの?とビックリするような冷蔵ショーケースの中には珍しい日本酒がずらりと並べられています
そのようにお店はスタイリッシュでありまして、丸の内らしい雰囲気であるのですがお料理のコンセプトは「蔵人の賄い」であるようで…
提供される料理は洒落た創作的なモノではなくて、誰もが知っているような家庭料理のようなモノが中心であったりと、気取らない料理がオジサマの心をギュッとつかんでいるようですね


PA071195-1.JPG
それぞれがあれこれと好きなモノを注文しますと収拾がつかないってことでコース料理をいただくことにいたします

先ずはお通しから
10数種類の中から2品を選ぶことが出来ると言うことで、ざるにずらりと並べられた小鉢が運ばれて来ます
ネット販売など、最近では実物を見ることが無く買い物をする機会が増えましたが、やはりこうやって実際の料理を見せていただけますと、そのどれもを食べたような気にもなって… 幸せな気分になりますね

そしてキレイに盛り付けられたお刺身
個々の分が一山になっていて… 四方どの角度から見ても美しく、喧嘩すること無くいただけるようにと気遣いされたモノ
どれも新鮮なお刺身でありまして、その切り口も美しさからは職人さんの技術の高さを感じ取ることが出来ますし、美味しくいただくためにはほど良い大きさがあるのだと再認識いたします

続いて焼物
皮目がカリッとせんべいのように焼かれていながらも、身はしっとりとしていてふっくらな鶏肉 濃すぎることが無い味付けが素材の美味しさを引き立ていますね
コリッとした軟骨が加えられたつくねもなかなかでしたよ

そしてそして…
玉葱のお造りと称されて提供されたコレが素晴らしいの一言なのでありまして…
優しい味わいの出汁で軽く茹でられているのでしょう 出汁の風味の中に玉ねぎの甘みが広がっていますし、シャキッとした食感が残されているところが堪りませんね
シンプルでありながら、これほどに感動を与えてくれる料理ってそうそうお目にかかることはありませんね


PA071213-1.JPG
鯖の味噌煮・大浅利の酒蒸し・豚の特製角煮の3種から選ぶことが出来るとのことですので、その全てをシェアしましょうと…
食べることが大好きで欲張りな仲間が集まりますと、いつもこんな食べ方になってしまうんですよね
どれも素晴らしいお料理でありましたが、ほんのりとした味噌の風味にキャベツの甘みと浅利のエキスが溶け出した酒蒸しは絶品でありますね ほんのりと香るバターの香りがコクを出してくれているところも素晴らしいモノでありました

PA071219-1.JPG
本日のメインディッシュと言いましょうか、〆の逸品として提供されるのが「鯛の祝い飯」
鯛めしが食べたいと言うワタシのリクエストがこちらを選んだきっかけであったとのことでありまして…
大きな土鍋に尾頭付きの鯛がドーンと鎮座している姿は圧巻であります


PA071227-1.JPG
慣れた手つきで身をほぐし、それぞれのお茶碗に給仕してくださって、アツアツの味噌汁とともに提供されます
ホクッとした鯛の優しい味もさることながら、艶々でしっとりとしたごはんがビックリするほどに素晴らしい炊き上がりでありまして…
お焦げの風味に逃げることが無い調理に感心させられます
全員分とは言いませんが、お替りをいただけるほどの量感もケチ臭くなくてよい感じでありますね


PA071228-1.JPG
デザートは豆乳のブラマンジェ
これが豆乳の軽い味わいにきな粉がアクセントになった逸品でありまして…
これまでいただいたお料理の余韻を消すことが無いモノでありますね



おしぼりには薄らと檜の香りが付いていたりと、細かい演出も欠かさないステキなお店
コレだけの料理とサービスでありながらも、程よいお値段でありますし…
ココはブックマークしておくべきお店でありますね かなりお気に入り!



【蔵人厨ねのひ】
東京都千代田区丸の内1-6-4 オアゾ6F
03-5288-1101

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





蔵人厨 ねのひ 丸の内オアゾ
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

JR東海道線東京駅:「海賓亭」    こだわりの鮮魚がいただける和食店ではあるのですが…

PA061186-a.JPG

東京駅八重洲口に「グランルーフ」なる商業施設がオープンして3週間ほど、そろそろ落ち着いた頃かと、それを覗いて見ようとお出かけをいたします
新しくオープンした15店舗中14店舗が飲食店だと言いますから、その関心も倍増でありまして、特にお肉とお魚に分かれているらしい地下1Fの飲食ゾーンは興味津々なのであります
そこには“和”の調理がなされた料理を提供するお店がすらっと並んでいまして、寿司、天ぷら、すき焼きなど美味しそうなモノばかり コレは楽しみですね



PA061170-1.JPG
ココはそんな新しく出来たゾーンでは無いのですが、海鮮が彩りよく盛り付けられた店頭サンプルの数々に惹かれてお邪魔することにいたします
夜はそんな海鮮料理と和食をメインとした居酒屋であるようなのですが、お昼にはそれらをご膳にした商品が揃えられていまして、お手頃なお値段でいただくことが出来るようでもありますね


PA061177-1.JPG
店内は和風のダイニング風でありまして、広々とした空間で落ち着いて食事が出来る雰囲気であります
ちょっとお昼のタイミングをずらしていたからでしょうか、そんな広々とした店内がガラガラでありまして、ちょっと寂しさを感じてしまいましたが…
テーブルにはポットと湯呑が置かれ、お茶はそれからセルフでいただくシステムであるようでありまして、お店の雰囲気とは似つかない、このシステムにちょっと嫌な予感がしたのですが…


PA061182-1.JPG
いただいた商品はコレ“海賓弁当”
お店の屋号も付いていますし、海鮮と天ぷらや煮物と言った和食が両方いただける商品でありますので、きっとこちらのイチオシ商品だと思うのでありますが…
盛り付けも京懐石をイメージさせるようなオシャレなモノであるのですが、盛り置きされていたであろうサラダはラップで潰されて状態そのままで提供されていまして、美味しいモノがいただけるであろうと言う気持ちが一気に下がりました
更には、そこにある煮物がかなり煮詰まっていて、塩味の強さが際立っていますし、脇に添えられたひじきと大豆の小鉢も同様でありまして… 
これでは折角の美味しいお魚を使った海鮮丼も残念なものに思えてしまって、残念なランチとなりました



駅に直結する施設にあるお店でありますし、新しい施設が開業したってことで多くのお客さまが来店されるのでしょうが、あまりにも効率が優先しずぎると、こう言ったことが起こりがちなんですよね
お待たせしないと言うサービスも大切なことではありますが、基本となる美味しさが疎かになるようでは、飲食店としては失格と言わざるを得ないって感じがして…
ちょっと残念ですね



【海賓亭】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街南1号
03-3271-3839

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





海賓亭 八重洲
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

JR山手線品川駅:「常盤軒」    丼からはみ出すほどに大きな海老天は豪快 次回はメガチキン竜田ですね

PA051158-a.JPG

しとしとと雨降る日
夕方には止むかな? なんて様子を見ていたのだけど一向に止む気配が無くて… 
でも、出かけなきゃならない用事もあって…
ってことで、まだ止まぬ雨の中、恵比寿へと出かけます



PA051164-1.JPG
そんな用事を終えた帰り道、本当は恵比寿で見つけた定食屋さんでの夜ごはんを予定していたのだけど、残念ながら予定を済ませた時間には閉店していて… ならば新しくなった東京駅八重洲口のお店で… と山手線に乗ったのですが、その車両がまずかった…
品川駅で止まったとき、目に前にあった駅そばの壁面に貼られた1枚のポスターが目に入ったのであります


PA051162-1.JPG
そんなポスターがコレ
「メガチキン竜田」
竜田揚げの衣にそば汁が染みて… 想像しただけでも美味しそうなのに、それが“メガ”ですよ“メガ”
これに惹かれて… もうこれは途中下車するしかないでしょう
って、扉が閉まる間際に飛び出したのですが…


PA051161-1.JPG
なっ、なっ、なんと、その目的である“メガチキン”が品切れである様子 メガチキンを使った商品に全て×印が付いているではないですか
愕然としながらも券売機を眺めていますと… 次に目に入ったのが“ジャンボ海老”の文字
海老天好きとしてはこれも捨て難いところでありまして、折角途中下車していることですから、これをいただいて見ることにいたしましょう


PA051155-1.JPG
丼からはみ出るほどに大きく、長いだけでなく太さもしっかりとしていて圧巻な顔つきであります
ジャンボ海老が1本のモノもあるのですが、さすがに2本も乗ると豪快そのものですし、650円でいただけるとは素晴らしいコストパフォーマンスを感じることが出来ますね
とは言え、この手のお店でいただく海老天は衣ばかりが厚くて、肝心な海老は細く小さなモノであることが多くガッカリすることもしばしばなのでありまして…


PA051159-1.JPG
こちらのモノも類に漏れず厚い衣に覆われてはいるのですが、使われている海老もそれなりの太さがあるものでありまして…
プリッとした海老ならではの美味しい食感も楽しむことが出来るモノでありますね
分厚く感じる衣も、粉がたっぷりと言うのではなく、卵がたっぷりなモノでありますのでその甘味を感じることも出来るのであります
何より、そば汁を吸って柔らかくなった衣が美味しかったりもするんですよね
そのおかげで、そば汁があっという間になくなってしまうのが残念であったりもするのですが…



地方に出掛けたときに駅のホームにある駅そばを見かけることは多いのですが、まさか山手線に… しかも品川駅には数軒のお店があるとのこと
ちょっと調べてみますと、それ以外の駅にも結構な駅そばのお店があるんですね
これまで、全く気づいていませんでした




【常盤軒】
東京都港区高輪3-26-26 品川駅山手線ホーム
03-3442-2998

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

東京メトロ有楽町線月島駅:「一心」  昭和にタイムスリップして懐かしい中華そばとムッチムチの餃子でランチ

PA041147-a.JPG

昨日とは打って変わって、今にも雨が落ちてきそうな重たい雲に覆われてブルブルッと振るえそうなくらいに寒い日
どこかへランチへ出かける気にもなれず、昨日の築地で気になった節系の和風出汁のラーメンが恋しくて…
きっとあそこなら、それに近いラーメンを提供してくれるに違いないと月島の商店街へと向かいます



PA041141-1.JPG
見るからに昭和な佇まいのお店からは節系出汁の香りとほんのりと醤油の香りが漂っていまして、やはりワタシの予感は的中であります
店頭に置かれたサンプルは少々変色していたりするのですが、妙にその佇まいとマッチしていて嫌な気がしないんですよね
入口の扉にあるガラスから店内を覗いてみますと、ご夫婦らしき年配の方が営まれているお店でありまして、見た目の通り、昭和の時代からココで営業されているのでしょうね


PA041143-1.JPG
そんな歴史を感じるお店ではありますが、厨房内のステンレスや客席はピカピカに磨かれていまして…
商売に対する真摯な姿勢を伺うことが出来ますね
であるからこそ、何年も、いや何十年も地元の方に愛されるお店であり続けられるってことでもあるのでしょう
メニューは豊富でありまして、600円ほどでいただける麺飯の数々や1,500円ほどと言う強気な価格設定である酢豚などの一品料理など、壁面に大きく貼られています


PA041146-1.JPG
そんな中から、目的である最もシンプルなラーメンと餃子をチョイスいたします
そのラーメンの価格はなんと500円 果たしてこのお値段でどれだけの商品が提供されるのかと、ちょっと不安にもなったりもしますが…

かなり醤油の色が前面に出た濃い色のラーメンが提供されます
その色合いから味の濃さを懸念したのでありますが、実際にはそんなことは無く、実にスッキリとした和風の味わいがあるものでありまして… 
鶏がらをスープをベースに節の旨みを加えた、今流にいうところのダブルスープなのでありますが、脂っこいラーメンに罪悪感がある我々世代にはありがたいモノでありますね

築地で惹かれた甘い醤油の香りではありませんでしたが、ココのラーメンも正統派中華そばって感じがありまして、美味しくいただかせていただきました


PA041149-1.JPG
そして餃子
実はこれを頼む必要はなかったのでありますが、やはりラーメンと言えばこれが無いと… 
習慣でありますね
しかし、その習慣が大正解だったのであります
ムチムチッとした餃子の餡は野菜がメインなものでありまして、そのジューシーさが実に美味しいモノでありますね
丁寧に、カリッとした食感に焼き上がられていることも美味しさのポイントでありました



レトロでありながらピッカピカの店内と丁寧な調理で地元密着の中華料理店
継承される方がいるのかどうかはわかりませんが、いつまでもあり続けて欲しいお店でありますね



【中華 一心】
東京都中央区月島3-7-10
03-3533-0755

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





中華 一心
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:「かとう」   新鮮な素材を卓越した技術で… 牡蠣どうふもお気に入り

PA031106-a.JPG

ステキ女子からランチのお誘いを受けて…
やっていたデスクワークをサクッと切り上げ、待ち合わせの場所とした歌舞伎座へと向かいます
何でも築地ランチをしたいと言うのでテクテクと歩いて向かうことにしたのですが、ここ数日の涼しさから一転した真夏日の今日 汗ダラダラでありました



PA031114-1.JPG
せっかく築地に来たのだからと場内へ
場内には40軒ほどのお店があって、ココへ来るたびに行列しているお店が変わっているような… ほぼ観光地化している築地場内 きっとTVや雑誌で紹介されるお店が変わることで、行列するお店も変わるってことなのでありましょう
洋食・とんかつ・お蕎麦などなど… 中にはピッツァのお店もあったりと、様々なお店があるのですが、築地と言えばお魚 お寿司系にするか、和食系にするかが悩みどころでありまして…


PA031110-1.JPG
体調があまりよくないと言う友人を気遣い、和食系のお料理をいただきましょうってことで“銀ダラの西京焼き”
脂がのった銀ダラが大好きなワタシは、コレをいただくと本当に幸せを感じるんですよね
そんな期待を裏切ることなく、ふっくらでホロホロ
ほんのりとした味噌の風味がご飯のお供に最高でありますし、そのご飯が炊きたての艶々のモノ
さらには、添えられたきんぴらや漬物、しじみ汁の全てが美味しくて…
何杯でもごはんがお替りできるような気がいたします


PA031108-1.JPG
こちらは友人がいただいた“地金目鯛の煮付け”
コレをお願いすると、威勢が良くて、これぞ江戸っ子 しかも市場の女って雰囲気のお姉さんから、頭が良いのか身が良いのかと訊ねられまして…
プルンと膨らんだ弾力を感じる美味しそうな金目に、ワタシもそれにすればよかったと、隣の芝生は青く見える状態でありました
煮汁が染みたお豆腐も美味しそうで、我慢できずにそれを一口拝借して…
煮汁の甘みも濃さもちょうど良くって、全く臭みが無いモノでありまして、使われているお魚の鮮度もさることながら、それを調理する技術も立派なものでありました


PA031105-1.JPG
そしてもうひと品
壁面に貼られたメニューを眺めていまして、どうしても食べたくなったものであります
今日のような暑い日にはちょっと… って感じもいたしますが、暑い日には熱いモノで… とも言いますし…
“牡蠣とうふ”をいただきます
昆布出汁に牡蠣のエキスが溶け込んだ何とも優しいお味でありまして、自家製かと思わせる酸味がきつくないポン酢でいただきますと… これもまた絶品でありますね


お腹を満たしたところで、場内から場外へと観光気分で歩き回りまして築地を満喫していたのですが、残念ながら井上のラーメンは売り切れになってしまっていて…
これでまた、築地を訪れる課題を残してしまったって感じですね



【かとう】
東京都中央区築地5-2-1 築地市場 8号館
03-3547-6703

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「如月」   ジメジメと不快な日にはピリッとした刺激が美味しい辛大根せいろ

PA021098-a.JPG

台風の影響でしょうか
朝、目覚めた時からずっとしとしととした雨が降っていまして、視界もほとんどないほどに霞んだ状態でありまして…
夕方から収録の仕事が予定されていましたので、そんな台風の行方を気にしながら、日中はデスクワークをこなすことにいたします



PA021088-1.JPG
そんな雨模様も夕方にはスッキリと晴れまして、こんなにキレイな虹を見せてくれます
クッキリとしていて大きくて… こんな虹を見ることが出来るなんて、これも台風のお陰でありますね
デスクワークもひと段落しお腹も空いてきましたので、そんな虹を楽しみながら、ちょっと早めの夜ごはんをいただいてお仕事へ向かうことにいたします


PA021091-1.JPG
八丁堀駅近くの路地にある一軒のお蕎麦屋さん
その佇まいがとっても美味しいお蕎麦を提供してくれるような気にさせてくれて、ずっと気になっていたのであります
手打ちのお蕎麦をリースナブルなお値段で提供していただけるってことも魅力でありますね


PA021102-1.JPG
カウンターに座り、ざるそばをササっと手繰って席を立つ
そんな粋を楽しませていただくことにいたします
開店して間が無い17:00過ぎ まだ先客がいない時間でありまして、ちょっと暖簾を潜るのには緊張をしたのですが、そこは勇気を振り絞って…
カウンターの中に立つ大将らしき強面の男性の姿に緊張はさらに高まります



PA021100-1.JPG
湿度がとっても高く不快な天気でありましたので、スッキリサッパリとしたモノがいただきたくて、辛味大根でいただくおそばをお願いいたします
お店では“辛大根せいろ”と呼ばれているようですね
キチッと角が立った切り口のお蕎麦をお口に含むと、キリッと冷水で〆られた蕎麦の心地よさ そしてしっかりしたコシ
香りは穏やかでありますが、喉越しの良さが際立つお蕎麦であります


PA021101-1.JPG
何と言っても驚かされたのは、この辛味大根
自分の好きな分だけを擦っていただくことが出来ますので、遠慮なくたっぷりとそれを卸しまして…
ピリッとくる刺激が大人な感じで良いですねぇ
山かけのお蕎麦なんてもの良いですが、今日のような日にはコレが一番でありますね


お昼には海鮮丼とのセットになったお蕎麦もいただけるようでありまして、そのコスパが素晴らしいようでもありますから、次回はランチで…
また楽しみが一つ増えました



【日本蕎麦処 如月】
東京都中央区八丁堀2-22-2
03-5541-5667

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





日本蕎麦処 如月
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「新川たなか」    トロトロ玉子と汁だくな絶品親子丼に舌鼓を打ちます

PA011080-a.JPG

午後からは書類をまとめようと、早めにランチへと出かけます
ならば、いつもは混んでいてなかなかお邪魔することが出来ないところに伺うことにしようと、1軒のお店を選びます


PA011076-1.JPG
新川2丁目の交差点にある「たなか」ってお店
マンションの1Fにありながら、塀で囲まれたような雰囲気が演出されているために、外からはお店の様子が窺えないのでありますが、老舗風の佇まいから美味しいモノがいただけそうな予感がいたします
ビジネスマンが多い新川・八丁堀エリアでありますので、12:00を回りますと、お店の外に席を待つお客さまが並んでいることもしばしばなんですよね


PA011077-1.JPG
ひとりでありましたし時間も早いってことで、カウンターの端っこであるベストポジションをいただくことが出来ました
ココからは手元こそ見えないものの、調理の音などを感じることが出来まして、これからいただく商品への期待が膨らむのであります
4〜5人が座れるカウンター席と20人ちょっとが座れるであろうテーブル席と言った、さほど大きなお店ではありませんが、満席となるお客さまへ提供する商品をひとりで調理されるのは大変なことでありましょう


PA011079-1.JPG
焼鳥が乗せられた“きじ丼”が看板商品ではあるようですが、今日の気分は出汁で煮込まれた鶏肉の美味しさとトロっとした半熟の玉子を味わえる“親子丼”でありまして…
小ぶりな丼で提供されたソレは、ワタシが期待していた通りのモノでありまして、玉子のとろみが最高の状態でありますね
汁だくという表現がぴったりなほどに、たっぷりなだし汁がご飯に掛かっていまして… かと言ってレンゲですくわなければならないほどでは無い絶妙なバランスでありますから、最後のひと粒のご飯にまでだし汁の美味しさを堪能することが出来るのであります


PA011084-1.JPG
鶏料理屋さんと言うことでありまして…
添えられているのは味噌汁では無く鶏スープであります
程よい脂で膜が張られたスープは最後まで熱々でいただけますし、そのスープの旨みもキチッと出ていまして… これも絶品と言う言葉がピッタリなモノであります



専門店が提供するこだわりの親子丼
そう聞けば千数百円と言うお値段であっても納得なのでありますが、ココでは800円で提供して下さっていまして…
そのコストパフォーマンスの高さも魅力でありますね
次はきじ丼をいただきに伺うことにいたし迷う ご馳走さまでした



【とり処 新川たなか】
東京都中央区新川2-11-1
03-3553-0428

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





たなか
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。