2013年09月30日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「ちはら」  大衆ではあるけどもアツアツの揚げたて天ぷらがお腹いっぱいいただけます

P9301072-a.JPG

いやぁ、9月も今日でおしまいですねぇ
ってことは、今年も残すところ3ヶ月になってしまったってことで… 恐ろしいほどに早く過ぎ去る歳月にただただ流されるばかりであります
これじゃいけないと思っていながらも、一つひとつの目標を達成していくってことは難しいことでありますね



P9301068-1.JPG
そんなことを考えながら月末の支払業務を終えてランチといたします
新川の路地裏にある天ぷら屋さんでありまして、営業されている時間は11:00〜13:30だけ しかも土日祝日はお休みでありますし、夏には1ヶ月近くもお休みをされていますので、なかなかお邪魔する機会が無かったお店なのであります
1度12:00過ぎに覗いてみたのですが、さすがに近隣のビジネスマンでいっぱいでありまして… 13;00過ぎに戻ってみたのですが、やはり席待ちのお客さまが3組 噂通りの人気店であるようですね


P9301070-1.JPG
先客がお帰りになるタイミングであったのでしょう
さほど待った感じも無くワタシの順番が回って来まして、「お後の1名様どうぞ」との声掛けに促されて暖簾を潜ってみますと… 肩を寄せ合うほどに窮屈そうなカウンター席が厨房を囲んでいまして、その数は10席ほどでありましょう


P9301071-1.JPG
運よく角の席をいただくことが出来ましたので、それほど窮屈な思いをすることなく食事がスタートいたします
お盆に乗せられたご飯と汁、それに天つゆを注ぐ器と高菜炒めが提供され、カウンターの奥には天ぷらを乗せるであろう白紙が準備されまして…  この時点からワクワク気分が高まりますね 


P9301072-1.JPG
提供される商品は天ぷら定食のみだという情報だったのですが、お隣に座られている先客に提供されていたのは海老の天ぷらが5本
なんだ、エビ天の定食もあるのか… なんても思っていたら、ワタシの前にもドサッとえび天が盛られます
それは揚げ箸で丁寧に盛り付けるなんてものでは無くて、揚げ鍋に溜まった天かすを取り除くときに使う網に乗せてドサッと… あまりにもその姿が豪快過ぎて、思わず笑顔が出てしまいます
揚げたてでありますから熱々でありますし、たっぷりと纏っている衣はサックリとしていまして… それをお塩でいただくのも良いのでしょうが、ポットに用意されている天つゆをたっぷりと染ませていだだくことでご飯がドンドン進みますね


P9301073-1.JPG
続いて、野菜の天ぷら
まだ海老を2尾ほどいただいたばかりと言うタイミングで、かぼちゃが2つに、レンコンや海苔がドサッと提供されます
忙しいお店でありますから、お客さまのタイミングに合わせて… なんてサービスは行わず、スピーディーに商品を提供して、お客さまの回転を高めているってことですね
待っているお客さまがたくさんいらっしゃいますから、これも一つのサービスの形と言うことでありましょう


P9301074-1.JPG
そして最後にキスが3尾提供されます
このキスは着席時に申し出ると穴子天にも変えられると言うとでありますから、次回はそれをいただいて見ることにいたしましょう


壁面に掲げられたメニューには海老・キス・野菜と書かれているだけですので、まさかこれほどのボリュームで提供されるとは夢にも思いませんでしたし、これだけのコスパであれば、先のサービスも苦になりませんね
しかもご飯はお替わりが出来るようでありますので、お腹が空いているときなんかは、待ち時間さえ我慢することで十分に満足が出来るでしょうね



【天ぷら ちはら】
東京都中央区新川2-21-12
03-3551-5962

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





天ぷら ちはら
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0




posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

東京メトロ日比谷線六本木駅:「ベーカーバウンス」  アメリカンサイズの料理がいただけるお気に入りのダイナー

P9291059-a.JPG

食べるお仕事が15:00から控えてるのに… それまで空腹を我慢できないってランチしちゃいました
ミッドタウンにあるカフェで軽く何かをつまむ程度でと思っていたのですが、どこのお店にもピンとくる商品が無くて…
DEAN & DELUCAへと向かったのですが、そこは満席
ってことで、結局お気に入りのダイナーへ



P9291061-1.JPG
先週、あれほどハンバーガーを食べ歩いたのに… しかもココはアメリカンサイズのボリュームがあるお店なのに…
どんだけバーガー好きなの? って感じではあるのですが、好きなモノは好きなんです
とくにこちらのバーガーは直火で焼かれるパティがとっても美味しくて、ファストフードでいただくバーガーとは別物なんですよね


P9291052-1.JPG
お店はかなり混んでいたのですが、運よく一番奥のソファー席が空いたばかり… やっぱりバーガーとは赤い糸で繋がっている? なんて思ったりもしまして…
何だかうれしくなってきますね




P9291057-1.JPG
お隣さんが召し上がっておられたバーガーの姿に惚れ惚れとしながらも、今日はサンドをいただくことにいたします
それも、大好きなコンビーフ テンション上がりますねぇ〜

たっぷりのコンビーフとレタスやトマトが挟まれたホットサンドは食べ応えも抜群でありまして、そのコンビーフの美味しさにビックリであります
多少の臭みを感じることが多いコンビーフなのでありますが、こちらで使われているのは自家製なのでしょうか まったく嫌な香りを感じることが無く、凝縮されたお肉の旨みだけを楽しむことが出来るのであります
お替わりが出来るコーヒーもありがたいですね


お仕事に時間まで少しだけのんびりとさせていただいたあと、腹ごなしも兼ねてテクテクと目的地へと移動して…
さぁ、食べるお仕事を頑張ることにいたしましょう



【Baker Bounce】
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリアD-B113
03-5647-8311

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

東京メトロ有楽町線新富町駅:「新富座」   お昼の定食メニューは炊き立ての艶々ご飯でいただけます

P9281051-a.JPG

お昼にうな丼をいただこうと八丁堀へと出かけたのでありますが…
入ったお店が、お茶を持ってきた後全く気づかいが無い状態でありまして、注文すら聞いてもらえない状況にいら立ちを覚えて退店
その足で新富町へと向かいます



P9281045-1.JPG
目指したお店はココ
中央区役所の近くにオープンしたばかりの「APA HOTEL」の1Fにある「新富座」ってお店であります
以前、ココの前を通りがかった時に“酒飯店”なる馴染みのない単語に反応して、そのメニューボードを眺めてみますと、朝食はホテルレストランらしくオムレツなどを提供し、ランチは定食メニューを、そして夜には居酒屋メニューをと三毛作をやっているんですね


P9281046-1.JPG
週末のこの辺りには人影も少なく、さすがにお店にも先客が一人と言う状況でありまして… ちょっと寂しい雰囲気ではありましたが、居心地が良い落ち着いたお店でありますので、独りでも家族でも、あるいは会社の仲間とでも、気軽に利用できるお店でありますね
この辺りにはこう言ったスッキリとしたお店は少ないですから、希少価値もありそうですし…


P9281050-1.JPG
週末にはホリデーランチを言うモノが用意されていまして、焼き魚の定食なんてモノもあるんですね
久しぶりにそんな定食も良いなぁとも思ったのですが…
昨日いただいたばかりのチキン南蛮に目が行きまして、今日もそれをいただくことにいたします

残念ながらご当地のそれとは異なるものでありましたが、カラッと揚がった竜田揚げが美味しくて…
手作り感抜群の卵がゴロゴロとしたタルタルソースも美味しくて、これはこれでアリって感じですね
何と言っても、艶々のご飯が炊きたてって感じがして、とっても美味しくいただけたのが嬉しくて… 定食屋さんで、ごはんと汁が美味しくないと全てが残念な気になりますからね



【酒飯店 新富座】
東京都中央区新富2-5-10 アパホテル1F
03-6280-4267

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

東急東横線中目黒駅:「居酒屋なかめぐろ」   気取らないお店で気取らない料理と気配りあるサービス

P9271011-a.JPG

岡山から戻った夜、打ち合わせを兼ねた夜ごはんをいただきます
日中はまだまだ暑さを感じる日も多いのですが、夕方からはジャケット無しでは寒さを感じることが増えてきましたね



P9270993-1.JPG
場所は中目黒 駅前の一等地にあるビルの2Fなのでありまして…
そこへ上がるエレベーターは見つけづらく、階段も狭くて急なモノ ちょっとどうしようかなぁとためらいも感じるのでありますが、そこに掲げられたメニューには美味しそうなモノがずらりと並んでいまして、その誘惑に負けて階段を上ります


P9271032-1.JPG
そんな小さな入り口からは想像しなかった広がりがある店内
ゆったりとした大き目のカウンターが厨房を囲み、更にそのカウンターを囲むように配置されたテーブル席でありまして、その総数は40席ほどでありましょう
どこの席も居心地が良さそうな設えになっていますね


P9271010-1.JPG
先ずは、こちらのお店のイチオシである厚切りの牛タン焼きをいただきます
塩で調味された牛タンはミディアムレアな状態に焼かれいますので、何も付けなくてもほんのりとした炭火の香りがを楽しみながらいただけますし、添えられた青唐辛子味噌を付けていただくことでまた異なった味わいを楽しむもの良いですね
白菜の漬物もちょっとした箸休めになって良いですね


P9270996-1.JPG
カレー風味のポテトサラダは、その刺激で食欲を掻き立てられえるモノでありまして、何となくお店側の策略に引っかかったような…(笑)
ってことで、あれこれと注文いたします
スモークサーモンのサラダは、酸味が効いたドレッシングとマヨネーズの相性が良くて、シャキッとした食感のサラダを更に美味しくいただくことができましたし、牛タンのメンチはサクッと揚がった衣が美味しくて…


P9271015-1.JPG
東京でいただくチキン南蛮は、唐揚げや竜田揚げにタルタルソースをかけたような似て非なるモノが多いのですが…
ココで提供されるそれは正に本物なのであります
フワッとした衣のたっぷりと南蛮酢が含まれていて… お口の中でその南蛮酢がジュワっと拡がるのであります
もちろんタルタルも美味しくて… 本場さながらの美味しさに大満足であります


P9271025-1.JPG
さらにあれこれと…
オジサマを意識しているのか、お魚を使った商品も充実していまして、そのお勧めメニューから鯵のタタキをいただきますと、コリッとした食感から、その鯵が新鮮であることが伝わりますし、ネギの風味も活きてますね
ポテトチーズのオムレツや明太うどんなど女性を意識した商品もそろえられていまして…


P9271041-1.JPG
〆は肉巻きおにぎり
宮崎でいただくそれは、ゴロっとした俵型のモノが一般的なのでありますが、こちらでは食べやすさを考えた小さなサイズ 更にそれをカットしてあって…
正に女性を意識しているってことでありましょう



中目黒と言う比較的若い客層の街では、女性のお客さまを取り込むことが生き残りの必須項目でありまして…
こちらではお料理だけでなく、果実酒などの品揃えにまでも気配りがされていますね
更にそんな女性のお客さまに連れて来れられる男性客も満足できるようにと、幅広い商品構成がうれしいですね



【居酒屋なかめぐろ】
東京都目黒区上目黒1-20-12 コミヤビル2F
03-5734-1511

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

JR山陽本線倉敷駅:「ドラゴンレッドリバー」   世界一辛い担々麺で舌がビリビリになる昼

P9260976-a.JPG

ジャケットを脱ぐと寒さを感じるほどに涼しい倉敷
駅前にあるアリオへとやって来ました
ココにはプロデュースさせていただいたお店が2店舗入っていますので、その店舗チェックが今日の目的でありまして…
両店ともに計画した通りの売上と利益を確保しているのですが、それが継続するようにと、提供されている商品とサービスのチェックを怠るわけにはいきませんね



P9260982-1.JPG
2店舗のチェックを終えて、お勉強を兼ねたランチをいただきましょうと、担々麺と大餃子を看板商品とした「龍之紅河」さんへと伺います
店名にもあるレッドからも想像されるように辛い料理が自慢であるお店でありまして、ココの担々麺には“世界一辛い”と豪語するモノまであって…
ならば、ぞれをいただいて見ましょうってことなのであります


P9260970-1.JPG
比較的ゆったりと席が取られた大き目なお店でありまして、中華料理店のイメージと言うよりはアメリカのダイナーのような雰囲気でありますね
ホームページによると「中国生まれのアメリカ育ち」とありますから、上手くそれを表現したお店ってことですね
アメリカで育ったことで、中国育ちのモノと何が違うのか… ちょっとそれは不明であったりもしますが…


P9260977-1.JPG
これが、その“世界で一番辛い担々麺”であります
いわゆる麻辣担々麺でありまして、海老やニンニクなどで味の深みを付けられていますので、ただ辛いだけでは無く、その奥にある旨味を楽しむことが出来るモノなのでありますが…
世界一を名乗るだけあって、さすがに辛いですね いや痛いですね
なんて言いながらも、しっかり完食してしまいまして… 明日がちょっと怖いような…
麺は縮れの中太が使われていまして、その麺の味が辛味を中和するような工夫がされているようですね


P9260979-1.JPG
大餃子
画像では大きさは伝えられていませんが、長さ120mmほどの大きさはインパクトありますね
モチッとした皮に包まれた餡はとってもジューシーでありまして、豚肉の香りをしっかりと感じることが出来るトコロが美味しさでありまして…
かなりお気に入りであります


際コーポレーションさんのお店なのでありまして、多店化されたパッケージなのではありましょうが、各店でキチンと下ごしらえしているであろうところが感じられるステキなお店であります



【龍之紅河】
岡山県倉敷市寿町12-2 アリオ倉敷1F
086-441-6120

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「スタミナ苑」   オシャレなお店でいただく美味しい焼肉で元気を出します

P9250962-a.JPG

季節の変わり目ってこともあるのでしょう ちょっと疲れが抜けなくて…
元気をつけようとお昼にうなぎを予定していたのだけど、午前中にやっていた仕事を営業時間に間に合うように終わらせることが出来ずに断念
それで夜、友人を誘って焼肉といたします



P9250950-1.JPG
向かったのは豊洲
駅前の交差点にあるビルの3F 小さなエレベーターで上ってみますと、そこには想像をしていなかったオシャレな空間が…
ちょっとゴージャスな雰囲気が感じられますね


P9250951-1.JPG
平日の、しかも雨の夜であるにも関わらず、かなりのお客様で賑わっていまして…
仕事帰りのビジネスマンや家族連れ いろんなお客様が利用される地元の人気店であることが覗えます
スタッフの方々も、お店の雰囲気に合うスタリッシュなユニフォームを着こなしていらっしゃいまして、なかなか感じが良い笑顔ですね


P9250953-1.JPG
いつものように、上モノをいただくのではなく、並の商品をいただきます
ここが美味しい焼肉店こそ、力があるお店であると考えていますので…
シャリっとした食感が美味しいハラミ、脂身の甘味が美味しいカルビ その素材の美味しさを引き出すタレで揉まれていますので、そのタレが芳ばしく焼かれる香りとともに美味しくいただくことができるものであります
そして、チョレギサラダとチャプチェをいただいたのですが、このチャプチェの美味しさは絶品でありまして…
コシがあるプチュンとした食感がある韓国春雨にピリッとした香りを添えるブラックペッパーが決め手でありますね


P9250963-1.JPG
そして、上モノから一つ
リブリースの切り落しをいただこうと持ったのですが、残念ながらソレが無いということでお勧めいただいたのがコレ サーロインの切り落としであります
厚めに切られた、差しが美しいサーロイン これは見ただけで美味しいとわかるようなものであります
お肉は塩コショーがされただけでありまして、それをワサビ・おろしポン酢・にんにく醤油から好きなもので召し上がれって指向
それぞれいただいてみましたが、ワタシ的にはワサビを付けたお肉にちょっとにんにく醤油を付けてと言うのが好みでありましたね


久しぶりにいただいた焼肉
初めてのお店でありましたので、ちょっと心配もしたのですがきちんと仕事がされている商品の美味しさに満足
すっきりとしたツケダレの美味しさも魅力であります




【焼肉スタミナ苑】
東京都江東区豊洲4-1-1 トヨスピア21 3F
03-5560-0029

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





スタミナ苑 豊洲店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

豊鉄渥美線三河田原駅:「なごみの郷」    専門店並の美味しさがいただける和風ファミリーレストラン

P9240942-a.JPG

愛知県の田原市という街へ出張であります
女芸人オアシズのお二人、光浦さんと大久保さんの故郷でありますね あつ、はんにゃの金田さんもそうですね
先日の台風が上陸したこともあって、最近何かと話題になる街でもあります



P9240949-1.JPG
そんな街にある和食店でランチをいただくことにいたします
こちらのお店では、おうどんに天ぷら、それにお寿司と言った、和食の定番料理が手軽なお値段でいただくことが出来るってことで、かなり人気のお店のようであります
ゆったりと席が取られた大きなお店でありますが、駐車場も広々としていまして、如何にも車社会の街にあるレストランって感じでありますね


P9240947-1.JPG
そんなお店の店内がとってもステキでありまして…
客席の真ん中に中庭のイメージで作られたスペースがありまして、そこに飾られたお花や提灯がとっても良い雰囲気を作り出しているのです
造花ではありますが、それはキレイに手入れがされていて… こんなお店でいただくお料理はきっと美味しいにモノであるに違いないと思えます


P9240943-1.JPG
海に近い街、いや海に囲まれた街だからでしょうか 陽射しがかなり厳しくて、暑さすら感じるほどの陽気でありましたので、冷たく冷やされたおうどんをいただくことにいたします
“天おろしうどん”
大きな海老の天ぷらが2本 サクッと揚げられた衣で包まれて、おうどんの上に鎮座していますし、麺のボリュームもかなりなモノ
大きな器で提供されますのでご馳走感も十分に感じられるものですね
讃岐のうどんほどではありませんがキュッと締まったコシあって、色は透明感がある乳白色なモノでありまして、その美味しさも納得いくモノであります


実はこう言った、寿司・天ぷら・うどんを組み合わせた商品をウリにする和風ファミリーレストランは、10年ほど前には日本中で見かけることがあったのですが…
最初はその組み合わせが新鮮で多くのお客さまを集めて賑わっていたのですが、10年ほど前から徐々にその姿を見かけ無くなったんですよね
しかし、こちらでは組み合わせの新鮮さだけでなく、そのどれをとっても専門店でいただくモノであるようなレベルを提供しているってことが、今でもお客さまに支持されている要素なのでしょうね



【なごみの郷】
愛知県田原市赤石6-52
0531-23-7116

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

みなとみらい線みなとみらい駅:「めぐみ水産」  10代続くマグロ問屋直営 格段に美味しいマグロがいただけます

P9230925-a.JPG

横浜でのお仕事を終え「MARK IS」の視察へとやって来ます
みなとみらい駅の改札と直結しているこの施設 改札を抜けると自然に施設に吸い込まれるような導線が出来上がっていまして… 改札抜けたら0分で「MARK IS」でありますね
開業から3ヶ月が経ち、随分と落ち着きを見せているのでありましょう  3連休最終日でありましたが、思ったほどの混雑も無くスムーズに施設内を歩き回ることが出来ました

ちょうど夜ごはんのタイミングにもなりましたし、お腹が空いて倒れそうでもありましたので…
4Fのレストランフロアへと向かいます
フードコートには関東初上陸と言う博多の「だるま」であったり、東京有楽町での話題店「ラ・メール・プラール」など、気になるお店が多いのですが地元企業が頑張っている「めぐみ水産」でお寿司をいただくことにいたしましょう



P9230885-1.JPG
夜ごはんの時間と言うこともあって、どこのお店にも席待ちのお客さまが列を作っていまして…
あまりにも長い列にたじろいはしたものの、ココのお寿司が食べたいという気持ちが優って、その一番後ろに着くことにいたします
とは言え、かなり大きなお店でありますし、回転寿司っていうこともあって、10分ほどの時間で席をいただくことが出来ましたね



P9230887-1.JPG
身が柔らかくトロンとした食感が大好きなびん長マグロ 脂がのっているのにコリッとしたかんばち 旬の走りであるさんま そして大好きな生タコ と一気にいただき、ひとまず倒れそうなほどの空腹を落ち着かせます
回転寿司って、好きなモノを好きなだけ、しかも待たずにいただくことが出来るという、ありがたいシステムだと思います


P9230902-1.JPG
キビキビとした動作とハキハキとした口調が感じ良いスタッフの方々
とくに大声を張り上げているわけではないのですが、しっかりと活気を感じ取ることが出来るお店でありますね
飲食店と言うモノ スタッフのやる気とお客さまの笑顔のボリュームで、良い店にもダメなお店にも変わってしまう生き物のようなものなんです


P9230910-1.JPG
そんな雰囲気の中でいただくお寿司は美味しくて… 次から次へといただきます
コリコリとした食感と脂の美味しさが決め手のエンガワやプチプチが美味しいイクラ そしてお寿司の醍醐味であるマグロを鉄火巻で…
ひと肌のシャリと冷たいネタ そしてお口の中で解けるような柔らかな握り これを回転寿司で実現させるのは難しいことなのでありますが、ココでいただくお寿司は見事にコレを実現させていますね


P9230894-1.JPG
10代続くマグロ問屋を親会社に持つ、こちらのお店で提供されるマグロは絶品であります
“大トロのひっかき”と名付けられたコレ 見た目にもビックリでありますね
あばらの部分の骨に残ったトロ身をひっかいた剥き身でありまして、山になった剥き身からは脂が溶け出しているのがわかります
それほど脂がのったモノですので、たっぷりと乗せられた山葵も鼻に来ることも無く程よい香りでいただくことが出来るのであります


P9230901-1.JPG
そして中トロ
しっとりとした滑らかな舌触りと脂が解けるモノでありまして… どれだけでもいただくことが出来そうな美味しさでありますね
コレだけのモノが回転寿司でいただけるなんて… 
やはり、問屋だからこそできることなのでありましょうね


マグロの解体ショーが行われていますので子供連れで伺っても楽しむことが出来ますし、大人だけで行っても本格的なお寿司をいただくことが出来るってことで人気のお店なのでありましょう
横浜ワールドポーターズや渋谷ヒカリエなどにも支店がありますので、お寿司が食べたくなったらココへ伺うことにいたしましょう
お気に入りであります



【まぐろ問屋 めぐみ水産】
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK ISみなとみらい4F
045-319-6250

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅:「極美」   カリッと焼かれたひと口餃子をいただきながら出世を夢見る夜

P9220874-a.JPG

先日出会った方がスカイツリーのふもとで居酒屋をやっていると言うことだったので早速お邪魔させていただくことにします
最寄り駅である本所吾妻橋の駅からすぐ近くだと聞いていたのですが、これまでワタシがこの駅を使っていた出口とは異なるところでありまして…
同じ交差点なのではありますが、その通りが変わるだけで、街並みの雰囲気は大きく異なるものでありますね



P9220862-1.JPG
本所吾妻橋駅A2出口から直ぐ 四ツ目通り沿いにある小さなお店であります
うっかりしていると通り過ぎてしまいそうなお店ではありますが、店頭には“出世餃子”と書かれたノボリ旗や提灯が出ていますのでそれを目印に…
出世餃子って?
何でも、下町であるこの街にスカイツリーが出来たことで、日本中、いや世界中から観光客が訪れる街に出世したように、この餃子を召し上がっていただいたお客さまや、自分たちも出世できればと名付けたそうであります


P9220878-1.JPG
お店はカウンター席が中心でありまして、脇に4人掛けのテーブルが一つと2人掛けのモノが一つあるだけの可愛いお店
そこで提供される商品は、ご主人の出身地である佐賀(九州)や奥さまの出身である徳島(四国)の食材から、美味しいと納得したものだけを使っていると言うこだわりよう
いくつかの定番メニューに加えて、その日の仕入れ状況によって商品が考えられているようであります


P9220869-1.JPG
そんなお店に飾られていた“うりぼう”のはく製
何でも、お取引しているお米屋さん(生産者だったかな?)が自ら獲ったものをはく製にしてプレゼントして下さったのだとか
そんなところからも、ご主人の人柄の良さが伝わってきますね
美味しい料理だけでなく、そんなご主人の笑顔や人懐っこさが魅力のお店でもあるように感じます


P9220872-1.JPG
先ずはすぐに出る簡単おつまみから
山芋のわさび漬けとらっきょうをいただきながら、今日の目的である出世餃子の焼き上がりを待つことにいたします
山芋のシャキッとした食感と、それにほんのりと香るわさびの風味が、今日のようなムシムシした日には絶好のご馳走であります
もっとツーンとわさびが効いた漬物だと思っていたのですが、実に優しい味わいでありまして、山芋の浅漬けわさび風味とでもいった感じのモノでありまして、とっても美味しくいただけました


P9220873-1.JPG
出世餃子がやって来ます
九州で良く見かけるひと口餃子でありますね
それに、鬼卸しでおろされたザクッとした大根を乗せて… さらにお味噌を付けていただくのがお店お勧めのいただき方なんだとか
ザクッとした大根の食感と風味でサッパリとした味わいを楽しみ、そこに加わるお味噌の深い味わい
もちろん皮に包まれた餡にも味付けがされていますので、ひと口で色んな楽しさがある餃子でありますね


P9220877-1.JPG
ブリのお刺身なのでありますが、こちらで使われてるのは“すだちぶり”であります
と言っても巣立ちの香りがするわけでは無く、徳島の名産である巣立ちをエサに育てられたぶりってことなのですがね
通常の飼料で育てたブリよりもビタミンEなど栄養分が豊富な上に、生臭さが少ないすっきりとした味わいが特長ってことで、美味しいだけでなく栄養価が高いってことが嬉しいですね
同じように、愛媛ではみかんを使った“みかん鯛”なんてものもあるようですよ




地元の方に、独りでも気軽に利用していただけるようにと定食メニューがいつくか用意されていまして…
それがとってもリーズナブルなお値段でありますから、1週間に何度でも利用することが出来るお店でもありますね
今日も小学生くらいのお子さまを連れた、常連らしいお客さまが来店されていてご主人と楽しそうに話していらっしゃいましたよ
焼鳥丼なんて商品に惹かれているワタシでありますから、きっと近いうちに、また邪魔させていただくことでありましょう




【極美】
東京都墨田区東駒形4-21-2
03-3621-9634

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都営地下鉄大江戸線麻布十番駅:「楽万コロッケ店」   サクッとした薄衣のコロッケは冷めても美味しい

P9220858-a.JPG

世の中は3連休でありますが、ワタシはお仕事に追われる日
今日も六本木へと出かけます
ここ数日はカラッとした陽気で過ごしやすかったのですが、今日はジメジメと湿度が高い日でありまして、歩き回っていますとジワッと汗が滲み出て不快な天気ではありますが、今日で一段落するお仕事を頑張ります



P9220845-1.JPG
昨日のこと 打ち合わせに向かう途中で見つけたコロッケのテイクアウト専門店
小さなお店なのですが、その店構えから、きっとココは美味しいに違いないとワタシのアンテナが反応したのであります
そのキーワードは『羅臼のこんぶ塩で食べるぜいたくコロッケ』でありまして、ソースだとその濃い味に素材の味か消されてしまうことが多いのだけど、塩だとそうはいかない だから選び抜かれた美味しい素材が使われているに違いないってことなのであります


P9220852-1.JPG
店内には10種近いコロッケが並べられていて…
どれもが子供の握り拳くらいの大きさでありまして、その真ん丸な形が愛らしく、どれも美味しそうなモノばかり
“和牛たっぷり”であるとか“とろける豚肉”であるとかの美味しさをイメージさせる言葉が並び、さらには“ずわい蟹”の文字までも
これでは、何をいただけば良いのか決めることが出来ません


P9220859-1.JPG
そんなときに目にしたのが、人気の6個を詰め合わせにしたパック詰商品
贈答用にもラッピングしてくれると言う、その詰め合わせをいただき、近くの公園でいただくことにいたします
そんな場所が近くにないのかとお店の方に尋ねたのでありますが、最高の笑顔で丁寧に教えてくださいまして…
あー なんてステキなお店なのでありましょう

ちょっと歩いたところにある小さな公園でその包みを開けて、早速いただいて見ることにいたします
細かくメッシュされた衣はサクッと軽く揚げられていますし、油の臭みは全く無いものでありまして… これが本当に油で揚げられたモノかと言う驚きが感じられるものであります
その分、具材となる食材が持つ本来の味が失せることなく楽しめますし、こだわりの塩をつかうことで、更にその旨みが引き出されて… 
ほんのりと温かみが残ってはいましたが、これが揚げたての熱々ホクホクであったらどれだけ美味しいモノなのでありましょう

和牛の甘みが美味しモノ、たっぷりのずわい蟹がはいったホワイトソースが美味しいモノ、カレー風味が美味しいモノ、筍が入っていることでその食感が楽しいモノ
どれをいただいてもしっかりと特徴があるものばかりでありましたので、6個を飽きることなくあっと言う間に平らげてしまいました


オープンなどで温め直すことも出来るようですので、次回は持ち帰って熱々をいただいて見ることにいたしましょう



【楽万コロッケ店】
東京都港区麻布十番1-5-26 ストーク麻布十番1F
03-6434-0664

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

東京メトロ千代田線乃木坂駅:「はちはちや」   藁焼きの鰹のタタキと本物の讃岐うどんで〆る夜

P9210827-a.JPG

12:00〜19:00まで拘束されたテレビのお仕事が終わって… その足で、今度はラジオのお仕事へと移動
今日はバタバタとした忙しい一日でありました
長時間拘束されたテレビのお仕事はバラエティーってことで気疲れすることは無かったのでありますが、短時間の収録であるラジオのお仕事は、『河川敷使用許可が規制緩和されたことでの開発が見込まれるウォーターフロントビジネスが飲食店にどのような影響を与えるのか』というテーマについて専門家としてのコメントを求められるというものでありましたので、事前の情報収集なども必要で…



P9210815-1.JPG
そんな長いお仕事が終わってからのお疲れさん会
この1週間、ジャンクなモノを食べ続けていたせいか、どうしても“和”な感じの軽いモノが食べたくて…
どうやら、日本人のDNAに擦り込まれた出汁の旨みを身体が求めているようであります
収録前には、久しぶりに「つるとんたん」のうどんでもいただくことにしましょうと話していたのですが、このお店の構えが何となく美味しそうな気がいたしまして…


P9210824-1.JPG
讃岐のうどんをウリにしていているお店だけあって、一品メニューには四国のお料理が揃えられていまして…
うどんだけを啜るんじゃつまらないからと、いくつかの料理をいただくことにいたします
まずは“沢庵のきんぴら”
古くなった沢庵を美味しくいただくためのお婆ちゃんの知恵というか、昔からこの地方で食べ続けられた郷土料理でありますね
貧しい時代の食べものでありますから、驚くほどおいしいなんてことはありませんが、どことなく懐かしいような気がして癒されるお料理ですね


P9210833-1.JPG
そして鰹のタタキ
“藁焼き”されるタタキが自慢であるようで、メニューの最初に乗せられていますし、そのバリエーションもありまして…
だいだいポン酢でいただくソレを注文いたします
調理されているとき店内に煙が蔓延し、煙たくはあるのですが美味しい料理が出てきそうな期待感もありまして…
先ずは薬味を何も使わず、そのままのお味をいただいて見ますと、芳ばしい香りと舌にまとわるようにしっとりとしたきめ細やかな鰹がとっても美味しくて…
さらにミョウガと一緒にいただきますとサッパリとしたポン酢とよくある苦味がステキでありますし…
更には添えられた柚子胡椒のピリッとした辛味とともに…
いやぁ。これは看板料理に相応しい逸品でありますね


P9210843-1.JPG
〆にはシンプルなぷっかけうどん
滑らかな舌触りと、キュッと噛みしめるコシが楽しめるうどんでありまして、コレは本場さながら
だただた固いだけのうどんを提供して「讃岐」を名乗っているお店も多いのですがココのうどんは本物ですね
味が濃いですからかけ過ぎないでくださいねと提供された“ぶっかけの出汁”
これがジャンクフードに使われた化学調味料で乾燥し切った身体に染み込むようでありまして、そのとっても優しい味が身にも心にも染み渡りますし、ごま・ネギ・しょうが それに大根おろしやレモンと、いろんな薬味が添えられているのもうれしいですね


P9210831-1.JPG
目隠しに使われているすだれ
上部が解放さていることで窮屈感はありませんし、プライベートスペースは確保されていますし…
何より建築のコストがかかっていないにもかかわらず、安っぽさも感じられず、心地よい雰囲気が演出されているのはステキですね


料理も美味しいし、雰囲気もステキだし
気に入ったお店ではあるのですが、サービス面には課題満載でありますね



【四国味遍路 はちはちや】
東京都港区六本木7-4-5 六本木稲垣ビル1F
03-3479-5788

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





四国味遍路 88屋
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「ロッテリア」   肉厚ハンバーグステーキバーガーをいただいて見たのですが…

P9200808-a.JPG

今日は久しぶりに真夏日となったらしいのだけど、空気が乾燥しているお蔭でスカッとした心地良い一日
ちょっとした所用で日本橋へと出かけ、ロッテリアでお昼といたします


P9200804-1.JPG
日本橋高島屋の北別館にあるこちらのお店は創業店舗であるとのことでありまして、この地で40年以上も営業を続けているのであります
もちろん途中で何度かは改装が行われているのでしょうが、いたるところに歴史を感じさせるところがありまして…
使い込まれた温かみを感じることが出来るのであります


P9200806-1.JPG
場所柄と言うことでありましょうか こちらに来られるお客さまの中には高齢な方もいらっしゃいまして…
まだこのお店がピカピカに輝いている頃からの常連さんであったりするとステキなことであったりもするのですがね
ひと言にファストフードと言いましても、お店の違いや場所の違いで、そこに来れるお客さまが異なっているものでありまして、当たり前と言えば当たり前のことなんですが、ちょっと面白かったりもいたします


P9200812-1.JPG
さて、ロッテリアと言えば…
絶品チーズバーガーであったり、創業期から販売されていると言う海老バーガーなど、美味しい商品がいくつかあるのですが…
いま売り出し中である“肉厚ハンバーグステーキバーガー”をいただいて見ることにいたします
だって、お店に掲げられた写真があまりにも美味しそうでありましたので…
目玉焼きが乗っかった“エッグ”も捨てがたいし、ボリューミーな“ダブル”も捨てがたい
ならば、ダブルに目玉焼きは付けられないのかとワガママを言ってみますと、それを快くOKしてくださいまして…
最近のファストフードはお客さまのワガママに応える姿勢を感じることが出来るお店が増えてきましたね

と、そこまでは良かったのですが、提供された商品の包装を開けてみますと…
そこにあるのは、肉厚ではあるものの、その判の大きさがあまりにも小さなモノでありまして、掲げられた商品とは全く別物であるかのように思えます
そんなことで下がり切ってしまったテンションでいただくソレは決して美味しいと感じられるモノでは無くて…


帰る頃にはトレートラッシュ周辺にはゴミが溢れていて…
こう言ったところを徹底的に美しくしているのはマクドナルドが一番ですね



【LOTTERIA】
東京都中央区日本橋2-4-1 北別館1F
03-3275-1158

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「バーガーキング」   直火で焼き上げるパティがお気に入りのバーガーチェーン

P9190798-a.JPG

嫌いな渋谷へ今日もお出かけ
センター街ってトコロはどうしてこんなにもザワザワしているのだろう
若い人から発せられる活気と言うモノとはちょっと違うような…



P9190781-1.JPG
そんなセンター街の真ん中辺りにあるバーガーキング
先日伺ったウェンディーズよりも早い10年以上前に国内撤退をし、その後、ロッテリアを展開するロッテが再上陸させはしたものの、2年ほど前に韓国ロッテリアへ売却されているところを見ると、やはりこちらも苦戦を強いられているでありましょうか…


P9190782-1.JPG
斜め向かいのマックと同じような若い世代のお客さまが中心ではありますが、その賑わいは全く異なるものでありまして、席の確保に苦労することが無いってことがありがたかったりもするのですが…
一番の魅力は最もバーガーらしいバーガーを提供してくれること
直火で焼かれると言う芳ばしいパティが美味しくて、更にワッパーと言うビッグサイズであることもうれしくて…
今国内にあるバーガーチェーンの中では最もお気に入りなのであります


P9190799-1.JPG
スタンダードな“ワッパー”をいただきます
ギュッと赤身の旨みが締まったパティは芳ばしく直火焼きならではの風味を出していますし、トマトやレタスにかけられたドレッシングとの相性やバランスも優れモノでありまして、これがバーガーだよなぁと実感することが出来ます

コレをいただきながら、フッと思ったことなんですが…
どうしてファストフードのバーガーって、包装紙に包まれているんでしょうね? カウンターでは持ち帰りなのか店内でいただくのかを必ず聞かれるのに、提供される形は同じモノなんですよね
出来立ての美味しいバーガーを通気性が無さそうな包装紙で包むってことは、その熱や湿気がこもってしまい、折角の美味しいバーガーの品質を落としていると思うですが…


P9190794-1.JPG
バーガーだけでなく、デザートも美味しいと評判のバーガーキング
中でも“グラノーラサンデー”が素晴らしいと聞きつけましたので、ソレもいただいて見ることにいたします
濃厚な風味のソフトクリームが素晴らしく、専門店でいただくソレに引けを取らないモノ
ワタシはベリーをいただいて見たのですが、そのベリーの酸味が、単調になりがちなソフトクリームを飽きることなくいただくことが出来るモノでありまして…
さらにシリアル系のグラノーラがバランス良く加えられていますね 
これが300円ほどでいただくことが出来るのでありますから、それを片手に時間潰しや気分転換などで、こちらを利用するなんていうのもアリですね



【BURGER KING】
東京都渋谷区宇田川町25-5 センタービル
03-5489-5761

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「フレッシュネスバーガー」  新鮮なレタスとトマトで期待を裏切らないハンバーガー

P9180779-a.JPG

ちょっとした所用があって渋谷へと出かけたのですが、この街はやっぱり苦手であります
狭い道にゾロゾロと人が歩いていますし、その人たちは自分のことしか考えてないような我が物顔でありますから歩きづらいこと極まりないのであります
おまけにショップの方々が大きな声で客引きしていますし、中には拡声器を使っている人がいたりと騒がしくて…


P9180767-1.JPG
そんな一角を抜けた宇田川町
この辺りまで来ますと、少し街の印象が変わって来まして、大人でも通えるお店がちらほらとあるんですよね
ってことで、待ち合わせや、簡単な打ち合わせに使うことが多いのが、こちらフレッシュネスバーガー
渋谷にはいくつかの支店があるのですが、比較的お店が広くて、さほど混み合うことも無いので、静かに過ごすことが出来るってことで、ワタシが使うのはいつもココなのであります


P9180768-1.JPG
ココを利用するお客さまも大人な方が多いですし、感じ良くサービスしてくれるスタッフが多いというのもこちらの魅力でありまして…
ってことで、今日もこちらへお邪魔しております
フレッシュネスと言えばオープンエアであるお店が多くて… これからの季節はそれを楽しむには良い気候でありますね


P9180780-1.JPG
ボリューム感あるパティが魅力で、いつもここでいただくのはクラシックシリーズから
お腹が空いているときだと“WWバーガー”をいただいたりするのですが、今日は“クラシックチーズバーガー”をいただくことにいたします
素材の味を活かすってことで、このクラシックシリーズの調味は塩コショーのみなんですよね
ですから、ちょっとこれだけでは物足りなくて、ケチャップやマスタードを自分好みの適量を使って…
オリジナルクラシカルバーガーを作れるってことも楽しいことですね
サクッと軽い食感と風味のバンズでありますから、パティの風味を邪魔することも無くて…
それに店名にもなっている通り、フレッシュネスでシャキシャキのレタスやトマトとのバランスが良いバーガーでありますね


雰囲気も良く落ち着いた店内でありますので、ファストフードと言うよりは気軽なカフェって感じがステキで、美味しいバーガーまでいただくことが出来る
しかもリーズナブルな価格で… 
好きなチェーン店のひとつであります



【FRESHNESS BURGER】
東京都渋谷区宇田川町36-1 山和渋谷ビル1F
03-5456-6295

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

東急東横線都立大学駅:「モスバーガー」    国民的ごちそう。 モスでハンバーグサンドをいただきます

P9170752-a.JPG

台風一過で清々しい日
朝は涼しいくらいでありましたが、お昼にはそれなりの気温でありまして… とは言え、湿度が高くありませんし、空には雲ひとつありませんので気分はスッキリであります
そんな中、ちょっとした用事で東横線の都立大学前ってトコロへとでお出かけいたします



P9170749-1.JPG
目黒通り沿いにあるモスバーガー
ココは、お店の窓から街路樹を眺めることが出来るステキなロケーションであって、バーガーチェーンと言うよりも、お洒落なカフェと言った雰囲気があるお店であります
そんなこともあってか、ランチに訪れているお客さまのほとんどは女性のお客さまでありまして…
他のバーガーチェーンとはちょっと異なったイメージを感じることが出来ますね


P9170753-1.JPG
モスと言えば…
記憶が正しければ、初めてテリヤキバーガーを世に出したのはココであったと思います
日本人に合うハンバーガーを売ることがテーマでもあるお店らしく、「国民的ごちそう。」と銘打ったハンバーグサンドと言う商品がありまして…
フワッと柔らかいジューシーなハンバーグを期待して、それをいただくことにいたします
が、そのハンバーグからはジューシーさを感じることも無く、アメリカンバーガーのような肉々しさを感じる食感や風味も無くて… 何とも味気ないものでありました
更にそれにかけられたソースの味が濃くて… ソースに使われているミリンなのか、アルコールっぽさが強く感じられる味一色になっていまいます
コレは残念ですね


P9170754-1.JPG
で、気を取り直してホットドック
パリッと弾けるソーセージにフワッと軟らかいパン それにオニオンとケチャップがかけられていて… これで190円と驚かされる美味しさであります
やはりあれこれと創意したものよりも、シンプルである素材の美味しさに勝るものは無いってことでありましょう


P9170761-1.JPG
いつの頃からか看板を緑色に変えて…
野菜が美味しい健康的なハンバーガーと言うイメージを色濃く打ち出し、女性のお客さまを意識しているのか、バーガーのサイズも一回り小さくなったようにも思えるモスバーガー
そんなお店であるならきっとデザートも美味しいだろうと“シューポットシェイク”なるモノをいただいて見たのでありますが…
シューそのものは比較的美味しく出来ているのですが、それに入れられたシェイクがどうにも水っぽくて… コレはいけませんね 何か調理段階でミスがあったのではとも思えるほどに残念なモノでありました



緑モスに恥じることが無い美味しい野菜を提供してくれるお店でありまして、こちらのモス野菜バーガーなんかはとってもお気に入りなのでありますが、女性を意識したお店であるならば、デザートにはしっかりと力を入れておかないと… と思うのであります



【MOS BURGER】
東京都目黒区八雲1-5-1 美春堂ビル1F
03-5701-8617

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

東京メトロ有楽町線月島駅:「上海ダイニング」   最高のロケーションで、ペットと一緒に食事が出来る中華レストラン

P9160740-a.JPG

台風そのものはお昼過ぎには通り抜けたのだけど、交通の状態がどうなっているかわからないし、お店もやっているかどうかはわからないってことで…  予定されていた会食が中止であります
だからと言ってどこかに出かける元気も無くて、近場で夜ごはんを済ませることにいたします



P9160746-1.JPG
中央大橋のふもとにあるパリ広場って公園にある中華料理レストラン
ロケーションもステキだし、お店のデザインもステキだし… 
これからの季節、心地よい風に吹かれながら隅田川の流れを目前に、テラス席でいただくお料理っていうのも良い感じなのでしょうね


P9160731-1.JPG
もちろん店内もスタイリッシュでありますから、カップルで利用することも、会食で利用することも出来たりと、多様な動機にこたえることが出来るお店でありまして…
平日、週末を問わずに多くのお客さまで賑わっているお店でもあるのです
今日も夜ごはんとしては早目である時間であるにもかかわらず、ご近所にお住まいなのであろう家族連れのお客さまが利用されていました


P9160738-1.JPG
スッキリとした味わいの塩系のラーメンがいただきたくて… “芝海老つゆそば”をいただくことにいたします
プリッとした食感があって比較的安価であることから中華料理によく使われる芝海老でありますが、その昔、芝浦辺りで良く獲れたことから、その名前が付いたとの説も… しかし今では獲れないそうですね

さてさて、そのつゆそばのお味はと言いますと…
予想通りにスッキリとしたモノでありまして、ミネラル分が身体に染みわたるような感覚をも味わえる見事な調味であります
が、残念なのはそのスープが熱々では無いことでありまして…
以前いただいたときにもそうでありましたので、何か調理段階での大きな問題があるのかも知れませんね


P9160734-1.JPG
麺だけじゃ寂しいので、“芝海老のピリ辛スパイシー炒め”をいただきます
全ての商品ではありませんが、小皿が用意されているっていうのはありがたいことでありますし、今日はいただきませんでしたが、点心などは2ケから注文できるようですから、いろんな点心を少しずついただけたりするのであります


P9160743-1.JPG
テラス席ではペットも可でありますから、公園を散歩している人たちの利用も多くて…
そんなお客さまのペットを眺めていますと、その可愛さに癒されて… 自分も飼いたくなってしまう気持ちを我慢 我慢


ステキなお店なのでありますから、料理とサービスのレベルが改善されると更に利用する機会も増えるのでしょうが…
ちょっと残念なお店であります



【上海ダイニング】
東京都中央区佃2-1-3 共同通信社・研修交流センター1F
03-5166-0105

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

東京メトロ日比谷線六本木駅:「ウェンディーズ」    再上陸から1年半 ファストカジュアルの行方は…

P9150721-a.JPG

台風が迫っているということで午前中は雨風が激しかったのだけど、午後からは台風はどこへ行ったの?っていうくらい青空が広がりまして…
と言うことで、仕事を一つ片付けましょうと六本木へと出かけます



P9150714-1.JPG
六本木交差点から外苑東通りに1分ほど かなり目立つところにウェンディーズを発見
忘れかけていましたが、2009年12月末の日本撤退からちょうど2年後となる、2011年12月末に日本再上陸していたんですね
5年間で100店舗と言う目標を掲げていたように思いますが、1年半が経った時点で3店舗のみ
ちょっと苦戦されているのでしょうかね?


P9150719-1.JPG
店内はファストカジュアルと言うコンセプトに見合う大人な雰囲気でありますし、ゆったり目に取られたスペースは居心地良くて、嫌いではありませんよ と言うよりむしろ好きかも
居抜きであることやビルの構造的な面で仕方ないのでしょうが、2階に上がる螺旋階段が長くって… お年頃なワタシには息が切れることが唯一の難点でありますが…


P9150724-1.JPG
再上陸当時話題になったフォアグラのバーガーは姿を消したようですが、独特な四角いパティは健在でありますし、“ウェンディーズ・バーガー”“ウェンディーズ・バーガー・ダブル”“ウェンディーズ・バーガー・トリプル”と言った懐かしい商品も健在
ウェンディーズファンとしてはありがたいことであります
ってことで王道である“ウェンディーズ・バーガー”をセットでいただいたのでありますが…

甘味があるバンズにジューシーさを増したように思えるパティ
それぞれは美味しさを感じるのですが、バンズの食感や甘みが強くって、ジューシーさを増した分、肉々しさを失ったパティとのバランスが良くないように思えます
女性的な優しいバーガーになったと言うことでしょうかね? ワタシには昔のバーガーの方が好みに合っていたようですね

しかしポテトからはジャガイモ本来の美味しさが伝わりまして…
塩味や油の味だけでいただくポテトでは無い、ジャガイモ感が良いですね



安さだけでは無い
大人が利用できるハンバーガーチェーンとして早く100店を達成していただき、ワタシの生活圏にも出店していただけることを楽しみにしています



【Wendy's】
東京都港区六本木5-1-7
03-5785-1325

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「銀座ひらい」   煮穴子と蒲焼の穴子 箱めしなる穴子重がいただけます

P9140663-a.JPG

穴子が食べたいって言う友人からランチのお誘いがあって銀座へと出掛けたのですが、台風が迫っている影響なのか、ジメジメとしていて不快指数はマックスであります
でも、この台風が過ぎてからは一気に秋に向かうようですから、最後の我慢だと信じて。。。



P9140656-1.JPG
銀座の中心とも言える4丁目の交差点から歩いて少しのトコロ
晴海通りからちょっと入った場所にある袋小路なのですが、こんなところにこんなレトロな場所があるのかとビックリするほどの一角がありまして…
そこには新旧合いまった魅力的なお店が入っているんですよね
旧はともかく、新しいお店がココを出店場所に選ぶには何か訳でもあるんですかね? ちょっと不思議なのですが…


P9140665-1.JPG
その袋小路の一番奥にあるお店が今日の目的である「銀座ひらい」なのでありまして、「日本橋玉ゐ」の支店でもあるとのこと
そんな情報も無く伺ったのでありますが、到着が開店時間の15分ほど前であったことが幸いして一番乗り
その後、ぞろぞろお客さまが来られて、開店と同時にお店が満席になるほどでありました


P9140662-1.JPG
こちらには“ならび”“いかだ”“かくし”と呼ばれる商品がありまして、それぞれに2本、3本、4本と穴子の本数が選べる箱めし(穴子重)なのであります
と言いましても「めそっこ」と呼ばれる小ぶりな穴子でありますから、それほどボリュームがある訳ではありませんのでご心配なく
もう一つ、こちらの魅力となっているのは、その調理法を選ぶことが出来ることでありまして…
穴子と言えば定番であるのが煮穴子、そしてもう一つ蒲焼の穴子が用意されていまして、それらを好みで選ぶことが出来るのであります
で、ワタシは3本の穴子が使われる“いかだ”を煮穴子1本と蒲焼2本でお願いすることに…

卸し金にはゆずの皮を卸したモノ、そしてすり鉢には白胡麻、他にネギや山葵と言った薬味が添えられ提供されます
もちろん卓上には山椒も用意されていますので、自分の好みに合った薬味が使えるってことも楽しいですね
パリッと芳ばしく焼かれた穴子も美味しいのですが、ワタシ的にはフワッととろけるような煮穴子のほうが好みであるようです



若いスタッフがやっているお店でありますが、キチンと気遣いもしてくださいますし、感じが良いお店でありますので、次回は煮穴子2本と蒲焼1本の“いかだ”をでいただくことにいたしましょう



【あなご屋 銀座ひらい】
東京都中央区銀座5-9-5 長屋104
03-6280-6933

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

京急本線金沢文庫駅:「市場食堂」   魚屋さん直営 新鮮なお魚を使った料理が美味しい定食屋

P9130625-a.JPG

残暑の戻りで真夏日となった今日、訪問コンサルティングのお仕事で横浜市郊外の町へと出かけます
スッキリと晴れ渡っておりまして、湿度がそれほど高くないのでありましょう 気持ちまでもスッキリとする陽気でありますね
こんな日には、たとえそれが仕事であっても、外に出ることが嬉しくなります



P9130617-1.JPG
金沢文庫駅前のすずらん商店街沿いに歩いて2〜3分のところにある、地元でかなり人気の定食屋さん「市場食堂」
何度かお店の前を通り過ぎたことがあり、その度に気になっていたお店でありまして、今日はココでランチをいただくために早目に出掛けて参りました


P9130620-1.JPG
何でも魚屋さんが運営しているお店であるとのことで、新鮮なお魚を使った料理が自慢らしいのですが、そんなメニューが壁を埋め尽くすほどに貼り付けられています
それがなんとも、鮮度感と言いますか、勢いが感じられて良い感じであります
店内には4人掛けのテーブルがいくつか置かれているのですが、そこは相席も当たり前でありまして…
知らない者同士が袖を擦り合うって言うのも悪くはないですね


P9130626-1.JPG
お刺身やお寿司、フライなどと、その調理法もネタも豊富でありまして… その全てが美味しそうでありますから、何をいただけば良いのか迷ってしまうほど
そんな中から、店内の正面に、お店の名前を背負った“市場ちらし丼”なる商品を見つけて、それをいただくことにいたします
マグロの赤身や中トロ、甘海老、鯛、イカ、タコ、ホタテなど盛られたネタは豊富で、まさに宝石箱のような丼が提供された時には、期待を超える美しさにビックリであります
デカ盛りでも無く、激安でも無いのですが、使われているネタがすべて新鮮なモノでありまして… 正攻法で人気を獲得している定食屋さんでありますね


スタッフの方たちのテキパキとした動作や笑顔も感じ良いものでありますし、フライものも人気であるようですから、次回はそれを…
こう言ったお店が近所にあるとホントにありがたいことでありますね



【市場食堂】
神奈川県横浜市金沢区谷津町357
045-785-9901

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





市場食堂
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「がんぎ」     ふのり蕎麦が立ち食いでいただける希少なお店発見

P9120611-a.JPG

昨夜のこと
会食でいただいたお料理があまりにも残念で… それで、美味しい日本蕎麦で締め直したいねなんて言いながら向かったのは担々麺のお店だったのであります
そして今日、その会食と担々麺をご一緒した仲間から、打ち合わせが早く終わったからとランチのお誘いをいただきます



P9120615-1.JPG
待ち合わせた喫茶店でランチは何にしようかと話していて、やっぱりお蕎麦でしょうってことで合意して…
そう言えば気になっていた越後そばのお店があるからそこにしましょうと「がんぎ」
越後十日町と言えば、“ふのり”が練り込まれたお蕎麦が有名でありまして、きっとこちらのお蕎麦もソレであるに違いないだろうと、機会を窺っていたお店なのであります


P9120607-1.JPG
お店に入ってビックリしたのは、そこが立ち食いであったこと
とくに何の根拠も無く勝手に着席の思い込んでいただけのことなんですが、想定外のことに一瞬立ち止まってしまったのであります
立ち食いそばのお店と言いますと年配の方が働いていらっしゃるイメージが強いのでありますが、こちらのスタッフは笑顔がステキな美しい女性が二人でありまして、清潔感ある店内とともに好感度抜群であります


P9120612-1.JPG
入口に置かれた小さな券売機で食券を買おうとしますと、目に飛び込んできたのは“しいたけ五目そば”の文字でありまして… 椎茸好きとしては外すことが出来ない商品であります
薄切りにされた椎茸が入っているのだろうと思っていたのですが、提供された商品には厚みある椎茸がゴロっと4つも… コレはうれしい誤算でありますね
お蕎麦はもちろん期待通りの“ふのり蕎麦”でありまして、ギュッと締まったコシとともに、ふのりの香りが広がるモノであります
コレだけの商品が立ち食いのお店でいただけるなんて… しかもそれがワンコインであるなんて… いやぁ、ビックリでありますね


P9120614-1.JPG
こちらは、ランチにお誘いいただいた仲間が注文した“ざるそば”
画像からは伝えることが出来ませんが、ふのり特有の深い緑色を感じることが出来るお蕎麦でありまして…
コレだけの盛りで400円ってこともうれしいことです


八丁堀という街
ビジネスの方がたくさんいらっしゃる街でありますから、「小諸そば」であるとか「ゆで太郎」であるとかのチェーン系の立ち食いそば屋さんが多くあるのですが、それらとは一線を画するこちらのお店
かなりお気に入りであります



【越後十日町そば がんぎ】
東京都中央区新川2-7-7
03-3551-5054

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





越後十日町そばと地酒の店 がんぎ 新川二丁目店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

都営地下鉄大江戸線六本木駅:「京庵」   旬の素材を楽しむ和会席がお値打ち価格でいただける大人なお店

P9110600-a.JPG

今日はクライアントさまのメニュー写真撮影のお仕事なのでありますが、そのスタート時間は営業が終わった23:00過ぎ
いつもだとそろそろ寝る準備をしている時間からのお仕事でありますので、お昼はのんびりと過ごして体調を整えることにいたします
もちろんプロのカメラマンに撮影はお願いしているのですが、その商品の盛り付けなど細心の注意が必要なお仕事ですから、集中力が疎かになっては困りますから…



P9110577-1.JPG
夜ごはんは予定されていた会食のため六本木 
六本木交差点から150mほどのところにある「ザ・ビー六本木」と言うホテルの地下に、今年5月に開店したばかりのお店へと伺います
ホテルと言うことで広々とした清潔感あるエントランスでありまして、大理石調の柱があったりと、期待感と安心感がありますね
店内は京町屋をイメージしたような造りでありまして、細い通路が迷路のように個室を囲っていますね
そんなお店の屋根裏と言いましょうかロフトと言いましょうか 幅500mmほどの細い階段を上ったところにある席へと案内していただきまして…
そこは、盛り上がっている団体のお客さまがいる階下と空間を別にしていますので、落ち着いて食事を楽しむことが出来る空間でありました


P9110583-1.JPG
大人な会食に相応しいであろう“響コース”をいただくことにいたします
先ずは先付的に提供された三種盛り
にがりを使わずに固める佐賀県の郷土料理である“呉豆腐”や冷製の茶わん蒸し、そしてニシンの甘露煮であります
どれもキチッと調理されたものでありまして、これからいただくお料理への期待感を高めてくれるものでありました
そして、出汁の香りが美味しい“穴子とフカヒレの土瓶蒸し”とお刺身の盛りわせをいただき、このコースのメインとも言える魚介とお野菜の蒸篭蒸しをいただきます
蒸し上がるまで15分ほどの時間を要するのですが、土瓶蒸しやお刺身を美味しくいただきながらでありますので、待ち時間は気になりませんね
程よく食感を残して蒸しあがったお野菜はポン酢でいただくのでありますが、ヘルシーな野菜料理がいただける宴席と言うはありがたいことであります


P9110597-1.JPG
天婦羅をいただいた後に提供されたのは…
提供されたその姿からは一体何であるのか察することが出来なかったコレ マグロのテールであります
ギュッと身が締まった希少な部位でありますが、コレを提供するお店も希少でありますね
〆のごはんは、秋の味覚のテッパンである松茸釜飯であります
艶々に炊きあがったご飯に松茸の香り
あー 幸せを感じるひとときでありますね
最後に甘味の羊羹をいただいて、あっと言う間に楽しく美味しい時間も終演であります


「和」を感じながらのお食事は、優しい出汁の香りあり、旬の素材ありと、心豊かになる時間でありまして…
こう言ったお料理がお値打ちなお値段でいただけるお店ってありがたい存在でありますね



【個室ゆるり 京庵】
東京都港区六本木3-9-8 ザ・ビー六本木B1F-B
03-5786-0522

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

都営地下鉄大江戸線本郷三丁目駅:「洋食屋せんごく」   名物のステーキハンバーグはせんごくバターで更に美味しく

P9100567-a.JPG

先日のこと、春日に用事があって出かけたときに「せんごく」の看板を見てどうしても食べたくなった“ステーキハンバーグ”
以前、そのお店の近くに通っていたことがあって、ちょくちょくと利用していたのですが、すっかりご無沙汰してしまって…



P9100554-1.JPG
伺ったのは春日本店では無くて、本郷三丁目にある支店
移動に使う大江戸線からだと、こちらのお店の方がちょっとだけ便利だったりするんですよね
雑居ビルの2階にあるお店でありまして、交差点で信号待ちをしているときなどの視認は抜群なのでありますが、2Fに上る階段は雑多な看板に埋もれて見過ごしてしまいそうなほどに細いために一見では入りづらく感じるかも知れませんね


P9100556-1.JPG
それほど広いお店ではありませんが、大きな窓があるために閉鎖感を覚えることも無く、開放感すら感じられる心地良いお店でありますね
まだ夜ごはんには早い時間であったために先客はいませんでしたが、18:00を回りますと次々とお客さまが来店され、賑わいを感じさせます そのお客さまは年配の男性や若いカップルなど多彩でありまして、飾り過ぎることが無い落ち着く雰囲気が、いろんなお客さまに支持されているのでありましょう


P9100564-1.JPG
こちらの名物料理であって、今日ワタシがどうしても食べたかったのがコレ“ステーキハンバーグ”
ステーキのようにお肉を噛みしめる食感が楽しめるハンバーグなのでありまして、それにオムライスがコンビネーションされた商品をお願いすることにしたのですが、150gのハンバーグではちょっと物足りないのでは?
だって、それを食べることだけを目的にここまでやって来たのでありますから…
ってことで、ハンバーグの増量は出来ないのかとお店の方に尋ねますと、鉄板に乗らないので別盛りでも良ければ…と快諾してくださいました
こんな臨機応変な対応が地元密着型のお店では必要なことなんですよね

ステーキのような感覚でいただけるハンバーグとは、お肉をミンチするのではなく、包丁で細かく切ったような細切り肉をギュッと圧縮したようなモノなのです
いくつかのソースが選べるようになっているのですが、ワタシはいつも“せんごくバター”と呼ばれているメンテルバターでありまして、それに使われているアンチョビの塩味が抜群に美味しいんですよね


P9100570-1.JPG
そして別盛りされたオムライスは、ふわふわトロトロの卵と濃厚なデミグラスソースで仕上げられたモノでして、メニュー写真のモノよりもはるかに美味しさ感があるものでありました
別盛りにされたことによって熱々の鉄板で提供されたことで、そのように思えるのでありましょうが、これも絶品でありますね
ちょっと得した気分でもあります


数年ぶりにいただいたステーキハンバーグでありますが、変わらぬ美味しさに感動して…
昭和49年創業とのことでありますので、40年もこの味を守り通していらっしゃるのでしょう
また、通いたくなってしまいました



【洋食屋せんごく】
東京都文京区本郷4-2-1 芙蓉堂第二ビル2F
03-3816-5466

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





洋食屋 せんごく 本郷店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

東急東横線都立大学駅:「八雲茶寮」   五感で楽しむ和の文化 素材の旨みを引き出すためだけの調味でいただけます

P9090520-a.JPG

週末の雨模様が嘘のようにスッキリと晴れ上がった今日
日中はパソコンと睨めっこしながら資料をまとめて過ごし、夜には予定されていた会食へと出かけます
日暮れが早くなったことを実感しながら駅までの道を歩いていますと、秋の気配を感じることが出来る爽やかな風が吹いていまして… 随分と過ごしやすくなりましたね
ようやく、あの暑かった夏が終わるのかと思うとホッといたします



P9090547-1.JPG
都立大学駅近く、自由通り沿いにある隠れ家的な和食店
どなたかの邸宅を思わせる立派な庭付きのお店には看板ひとつ出されてはいないのですが、予約制と言うこともありまして、お約束の時間には執事のような井出達のスタッフが門の前で迎えてくださいますので迷うことなくお邪魔することが出来ます
大きな門を潜り、飛び石が置かれたお庭を奥へと進みますと、ようやくこの暖簾へとたどり着くことが出来ます


P9090541-1.JPG
店内に入りますと、そこにはウェイティングルームが…
そしてお部屋へと案内される途中、お店の中央辺りには、まな板の延長がテーブルになっている「シェフズテーブル」というカウンター席
目の前で調理されたものがすぐにその場でいただくことが出来る贅沢を味わうことが出来そうですね
そして個室
天井は抜けるように高く、壁面は白一色であり、その窓からは庭園の緑が見えるというステキな空間
そしてテーブルトップは白木の一枚板でありまして… その美しさに見とれてしまいそうであります


P9090475-1.JPG
今日のコースに使われる食材を紹介していただき、苦手なものは無いかとの確認のあと、料理が純に提供されます
一番に提供されたのは“衣かづき”
大きなお皿に和紙を敷いて、そこにコロンとひとつ置かれたのには笑えましたが、その美味しさに掴みはオーケーって感じですね
表面を香ばしく炙った後に柔らかく煮込まれているようで、アワビの旨みが閉じ込められた美味しさを堪能したあとには、スッキリとした出汁の美味しさに鯛の切り身とネギが浮かべられた椀物と続きます


P9090491-1.JPG
カワハギの刺身を肝醤油で…
シコシコとした食感と淡白な味わい それに肝の濃厚な旨みが重なる美味しさはテッパンですね
そして、焼サバの棒寿司を季節の野菜と一緒に
さらに、タコの炙りと実山椒で煮た枝豆
岩塩で旨みを引き出されるように炙られたタコに柚子胡椒を付けていただくのですが、これがまた絶品でありまして、これまでこれほどに美味しいタコをいただいたことは無いのではと思わせるモノでありました


P9090507-1.JPG
そして目の前で調理してくれる鍋物
鱧の骨でスープを摂って、それに身が厚い鱧や季節の野菜、それに秋を代表する食材である松茸を潜らせてくれます
優しい出汁の味だけでいただきますので、それぞれの食材の風味を味わうことが出来るモノでありまして、舌や頭だけでなく、身体が喜ぶような料理ですね
そしてお肉と椎茸のステーキに銀杏のソースをかけたモノ
上等なお肉は表面をカリッと焼き上げていますし、ビックリするほどに身が厚い椎茸の旨みもしっかりとしたモノであるのですが…
驚かれるのは銀杏を茹でて、それを潰して作ったと言うソースが実に新鮮なモノでありまして…
“和”の神髄を見たような気がいたします


P9090522-1.JPG
料理の〆はいくらと鮭の釜めしでありまして、出汁で炊かれたごはんと、旨みを引き出すためだけに使われた岩塩で焼かれた鮭 それに塩気が抑えられた醤油漬けのいくら
上品に少量ずつ取り分けていただけるのですが、あまりの美味しさにお替りを3杯もしちゃうほどでありました

そして、最後には目の前で作り上げる和菓子は甘みが抑えられた上品なモノでありまして…
抹茶と一緒にいただき、非日常感満載で楽しませていただきました


厳選したであろう食材を活かすために、必要以上の調味をすることをしない
シンプルな味わいでありますが、それがとっても身体に優しい感がして…
お庭の緑や料理の盛り付けを目で楽しみ、そこに流れる空気を肌で感じながら、料理の香りを楽しむことができるステキなお店でありますね



【八雲茶寮】
東京都目黒区八雲3-4-7
03-5731-1630

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「餃子酒場」    わかりやすいコンセプトと女性にも入りやすい店造りが人気の餃子居酒屋

P9080468-a.JPG

雷がゴロゴロと鳴り響き、稲妻もピカピカと光り、バケツを返したような土砂降りの中、夜ごはんをいただこうと豊洲へと出かけます
大きな傘を差してはいたのですが、横弄りの雨や路面からの跳ね返りで、膝下から靴までもがビショビショな状態に…



P9080452-1.JPG
豊洲駅から5分ほど歩いたトコロにある、うなぎの寝床のような建物の1Fと2F
餃子と手羽先をメインとした居酒屋であることが一目できるお店でありまして、〆には刀削麺をウリモノしている様子
ちょっと気になりますので、お邪魔してみることにいたします


P9080456-1.JPG
開店とほぼ同時にお邪魔いたしましたので先客はありませんでしたが、細長いお店を上手くレイアウトされていまして、コレだけを見ますと洋食屋さんのようにも見えるスタイリッシュなデザイン これなら女性のお客さまにも抵抗なく利用していただけそうでありますね


P9080454-1.JPG
小さなお店だけにコンパクトにまとめられた厨房は、開店して半年と言うこともあるのでしょうが、ピカピカであります
そこで働くスタッフはすべて中国の方であるようでして、オーダーを通す掛け声も中国語 何を言っているのか全く分かりませんが、活気だけは感じ取ることが出来ますね
カタコトではありますが、優しい笑顔での接客には好感が持てるものでもありました


P9080467-1.JPG
先ずは、看板メニューである餃子の盛り合わせから
“ジューシー餃子”“海老ニラ餃子”“セロリ餃子”がそれぞれ3つずつ盛られていまして、それは全て手握りであろうモノ
モチッとした皮にたっぷりの餡が詰められていますのでプリップリでもあります
それぞれの素材の香りが活きた餃子の美味しさもさることながら、ラー油の代わりに置かれている麻辣油の山椒の香りが、その美味しさを引き立ててくれるのも良い感じでありますね


P9080471-1.JPG
そして刀削麺
いくつかのメニューの中から選んだのは“タンタン刀削麺”だったのでありますが、モチモチとした特有の食感は美味しいのですが、担々麺から想像するゴマの風味は感じることが出来ず…
味のバランスは悪くないのですが、期待したものとはちょっと異なった商品に、ちょっとガッカリ
次回は他の刀削麺をいただいて見ることにいたしましょう



わかりやすいコンセプト
そして、選びやすいリーズナブルな価格設定と商品構成
なかなか研究されたであろうお店でありますね



【餃子酒場】
東京都江東区豊洲4-8-13
03-6204-2907

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

東京メトロ日比谷線銀座駅:「鳥ぎん」   老舗でありながらもリーズナブルな釜飯と焼鳥

P9070443-a.JPG

ず〜〜〜っと我慢して使ってきた「Office2003」なんだけど、クライアントさまから送られてくるデータのほとんどを開くことが出来ないと言う事態
このままでは仕事に支障があるってことで、新しいソフトに変えると色んな不都合があるに違いないと思いながらも、買い替えることを決意して有楽町のビッグカメラへと出かけます



P9070435-1.JPG
と、その前に老舗焼鳥屋さんでランチといたします
暗い路地裏と言うか、ビルとビルの隙間の奥に入口があるお店でありまして、入り口からはそれほど大きなお店には見えないのですが…
階段を降りた地下の店内はなんと150席近くはあろうかと言う大箱なのです


P9070437-1.JPG
階段を降りてビックリ!!
そこには十数人の待ち客がいまして…
洒落っ気も無い、こんな路地裏の焼鳥屋さんに、ご婦人方の行列があるとは想像すらしていなかったのですが、どうやら少し前にテレビで紹介されたそうですから、その影響かもしれませんね


P9070440-1.JPG
とは言え、大箱でありますから、待つこと10分ほどで席をいただくことが出来まして…
それも焼き場を囲むカウンターと言う一等席 コレはありがたいことであります
コレだけのお店の焼き場がココだけ? お昼時であるとは言え、ひとりでやっているのにもビックリ!
そしてオープンである焼き場なのでありますが、煙が出ない(煙を吸い込む)仕組みになっていることにも驚かされます
老舗でありながらも、ちゃんと新しい仕組みを取り入れているんですね


P9070445-1.JPG
とりあえず… の焼鳥なのでありまして、コレをつまみにお酒でも飲みながら釜飯の炊き上がりを待つと言うのがスタイルなのでありましょうが、お酒を飲まないワタシは…
先ず釜飯を注文し、頃合いを見計らってコレを追加注文することで出来上がりのタイミングを合わせることにいたします
人気の串モノ5本盛りでありまして、芳ばしい焼き目とふっくら焼き上がった素材の美味しさとタレの甘みが見事に調和した美味しさを楽しむことが出来ます


P9070447-1.JPG
そして釜飯
ゴロっとした大ぶりな、鮭やタラコが人気だったりしますが、今日は釜飯の定番中の定番である鶏釜飯をいただくことにいたします
しっかりと旨みが出た出汁で炊かれていて、お米ひと粒ひと粒が立った美味しいご飯でありますので、具材など無くても美味しくいただくことが出来るモノでもあります
それに醤油やみりんの美味しさを纏った鶏そぼろが加わりますと、その味わいは一層深いモノに…


P9070451-1.JPG
釜飯と言えばお焦げ
これが楽しみと言う方が多いとは思うのですが… 中にはそれを苦手とする方もいるのでしょう
釜飯が提供されるなり、器用に下駄のような形をした蓋を下に、逆さにして蒸している強者がいたりして…
人それぞれの味わい方ってあるんですね


老舗店でありながらリーズナブルなお値段でありますし、大箱と言うことで然程待たされることも無く…
気軽に美味しい焼き鳥や釜飯がいただけるお店ってことで人気であるようですね



【鳥ぎん】
東京都中央区銀座5-5-7 ニューギンザビル6号館B1F
03-3571-3333

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





鳥ぎん 銀座本店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅:「アラモアナカフェ」   下町である吾妻橋にパンケーキのお店が生まれました

P9060427-a.JPG

空前のパンケーキブーム
「bills」 「Eggs'n Things」などの海外組に加えて、国内組のパンケーキ店も続々と開店しています
それは原宿のみに止まらず、今や都内全域に拡がる勢いでありまして…
で、今は原宿に移転していますが「Kaila」が初出店した吾妻橋に、新しい国内組のパンケーキ店がオープンしたと言うので覗いてみることにいたします



P9060433-1.JPG
「Kaila」がオープンした時には、どうしてこんなところにお店を作ったんだろうと思う程度で、それほど関心を持たずに見過ごしていたのですが、原宿に移転してからは数時間待たないとは入れないほどの人気店になってしまって… 
それで、今回オープンした「Ala Moana Cafe」には、人気爆発しないうちに… とお邪魔して参りました


P9060422-1.JPG
下町らしく過剰な演出をしてないシンプルな店内でありますが、壁面に飾られたパネルや小物、それにスタッフの方がきているアロハで、ほんのりとハワイの風を感じることが出来ます
20人ほどでいっぱいになりそうな小さなお店でありますが、そこはビッシリと女性のお客さまで埋め尽くされて… オジサンがひとりで入るにはかなり勇気がいりましたよ


P9060425-1.JPG
いただいたのはシンプルかつ定番である“チョコバナナパンケーキ”
直径100oほどで厚みが10mmほどと言う、ちょっと小ぶりなパンケーキが3枚 それにたっぷりなバナナとホイップクリームが…
ひと口大に切り分けたパンケーキにたっぷりのホイップを塗り、そこにバナナを乗せてパクっとやりますと、そのバランスがとっても良い感じでありまして、サクッとふんわり 甘みを抑えたパンケーキがとっても美味しくいただけました
小さなお店でありますから厨房もそれほど広くはないのでありましょう
それほど多くのメニューはありませんが、定番をキチンと押さえた商品は、生地の美味しさを楽しむことが出来るモノであります


P9060434-1.JPG
日中は混んでいるに違いないと、夕方に伺ったのですが…
何とかタイミング良くワタシは待つことなく席をいただくことが出来ましたが、そのすぐあとのお客さまからはお店の外に置かれたベンチでお待ちになられていたようですね
今日のような天気だと夕涼み的な感じで待ち時間を過ごすことが出来るのでしょうが、ちょっと前のような暑い日だと大変なことですね


こちらのお店もいつのタイミングで、原宿や表参道など移転、もしくは出店されるのでしょうかね
海外組だけでなく、国内組のお店にも頑張っていただきたいものであります
それにしても、パンケーキと言う商品がココまでの集客力を持っているとは… 恐るべしパンケーキであります



【Ala Moana Cafe】
東京都墨田区吾妻橋3-6-15 サンサーラ吾妻橋1F
03-6658-5850

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

JR山手線有楽町駅:「シクスバイオリエンタルホテル」  ホテルのメンダイが有楽町の駅前に… お茶にランチにディナーにと使い勝手抜群です

P9050417-a.JPG

業界関係者が集まり、情報交換を兼ねた食事会をいたします
集まりやすく、わかりやすい そして何より美味しい料理がいただけるお店ってことで選んでいただいたのがコチラ「6th by ORIENTAL HOTEL」
ホテルと名が付いていますが宿泊施設があるわけでも無く、老舗ホテルの雰囲気を楽しむイタリアンレストランであるようです



P9050419-1.JPG
駅前の雑沓ではありますがオープンテラスが備えられ、異国情緒を感じることが出来るステキな雰囲気であります
店内はカフェとダイニングに分けられていて… 夜にはバースペースも
広々とした大箱なお店でありますので、多様な利用動機に対応するレストランでありますね


P9050415-1.JPG
カフェスペースでは人気のパンケーキやワッフルなどがいただけるようでありますが、今回はダイニングでの利用をさせていただくことにいたします
ホテルのダイニングであるかのような雰囲気が漂う中、ランチ時と言うこともあって、Over30thである大人なお客さまで賑わっていますね


P9050418-1.JPG
メニューはパスタランチをメインとしているようですが、いくつかのセコンドも用意されていますし、コースをいただくことも…
ってことで、ワタシはセコンドから
厚切りのサーモンを香ばしくグリルしてあって、皮目はパリパリなのでありますが、身はしっとりとシュージーでふっくら
それにケッパーソースがかけられているのですが、その心地良い塩味がサーモンの美味しさを引き出しているような…
添えられたキャベツも甘みがあるもので、シンプルながらに美味しいモノでありましたし、先のソースがあまりにも美味しいので、パンはオリーブオイルでは無く、そのソースでいただきました


P9050414-1.JPG
先に提供されたサラダもなかなかしっかりとしたモノでありまして…
シャキッとしたロメインレタスをメインにツナや玉子などが添えられた、馴染み深いサラダをちょっとオシャレに感じさてくれるシーザー風のモノ
最近では訳が分からない葉っぱを盛り付けるお店が多いのですが、やっぱりわかりやすいってことは大切なことだと思います


サービスはもう少し頑張っていただきたいと思いますが、気軽な美味しい料理がこの雰囲気でいただけるのであれば、利用の価値は高いモノ
かなりお気に入りであります



【6th by ORIENTAL HOTEL】
東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル1F
03-6212-6066

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

東京メトロ有楽町線月島駅:「マクドナルド」    秋の定番“月見バーガー”でスタートする一日

P9050412-a.JPG

雷が ゴロゴロ ピカピカ な朝
こんな時間に雷雨なんてちょっと珍しいのではないでしょうか?
今日は東武東上線の若葉と言う街にある厨房機器のメーカーさんの工場兼テストキッチンへ伺う予定がありましたので、そんな不穏な天気に心配しながらも、朝の準備をいたします




P9050407-1.JPG
電車はちゃんと動いているのか? と心配で、ちょっと早めに駅へと向かうことにいたします
お蔭さまで豪雨に打たれることも無く、電車も正常に動いているようでしたので駅前のマックへ
それなりの駅前には必ずと言って良いくらいにお店がありますから、時間調整や小腹を満たすには、本当に便利なチェーン店であります


P9050410-1.JPG
秋の定番“月見バーガー”をいただきます
ワタシの仕事でもヒット商品を生み出すってことは難しいことであるのですが、これほどのチェーン店でもそれは同じことなのでありましょう
これまでたくさんの新商品を開発されたなかで、定番的に発売されるのはこの月見バーガーくらいでありますからね
実は、いろんな創意工夫をした商品よりも、このようにパティに目玉焼きを乗せただけのシンプルなモノほどお客さま受けが良いのかも知れませんね
ワタシも毎年のようにこの季節になりますとこの商品をいただいているのですが、使われているオーロラソースがバンズ・パティ・目玉焼きを上手くまとめている美味しさが恋しくなるんですよね


マクドナルドと言うお店
あまりに日常的になり過ぎてしまっていて美味しさに驚くなんてことは無くなってしまいましたが、実はココのバーガーはキチンとした美味しさがあるんですよね



【McDonald's】
東京都中央区月島1-3-1 IKMビル1F
03-5548-2631

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「餃子屋台」   ゴマのコクが美味しい芝麻担々麺と辛さが癖になる麻辣担々麺

P9030402-a.JPG

お仕事で渋谷
久しぶりに美味しい担々麺が食べたいと選んだお店はココ
地下鉄からだと3番出口に直結しているので、暑い日でも楽々と伺うことが出来るのも魅力のひとつであったりして…


P9030397-1.JPG
たまたまエレベーターに乗り合わせた、如何にもシブヤな女の子ふたり
見た目だけでなくその会話の口調もシブヤでありますが、6階で良いですか?と声をかけてくれたり、ボタンを押したままワタシを先に出してくれたりと、意外にも丁寧で親切な子でありました
どうやら近所のショップに勤める子であるようで、ココにはランチ目的に来た様子 で、6階なら餃子か茶の間だねとの会話をしていまして…
ココ餃子屋台は女性にも支持される中華料理店であるようですね


P9030395-1.JPG
店内はかなり個性的でありまして…
規則正しくレイアウトされたチェーン店のようなモノでは無く、丸テーブルあり、大テーブルあり、角テーブルありと様々なテーブルが並べられていますし、ラクダのオブジェがあったり、ひょうたんの照明があったりと、それだけでも楽しめそうなトコロであります


P9030401-1.JPG
芝麻担々麺
ゴマの甘みとコクを堪能できる担々麺でありまして、ピリッと辛味が効いているのも刺激的であります
粉の旨みを残した加水が少ない細麺を啜りますと、このスープが上手く絡まりお口に連れて来られまして…
スープに仕込まれた網海老の芳ばしい旨味が特徴的であります


P9030403-1.JPG
辛いが旨い!
正にそんな感じの麻辣担々麺
芝麻担々麺を売るお店は多くあるのだけど、この麻辣を売るお店は少なく、しかもこの完成度はかなりのレベルであります
「麻辣」 
その字の如く、山椒のビリビリと痺れるような辛味と、辛味の中にも旨みがあるラー油の辛味が見事に調和していまして…
辛い!! と言いながらも自然と箸が伸びる そして、この辛さが癖になってリピートするお客さまも多いことでありましょう


お手軽なお値段で、ひとりでも気軽に入れる雰囲気の中華料理店って意外に少ないんですよね
ラーメン屋であれば別ですけど…
そんなお店が渋谷の一等地にあるなんて、便利でありがたいことであります



【餃子屋台】
東京都渋谷区宇田川町23-3 渋谷第一勧銀共同ビル6F
03-3770-4567

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

東京メトロ千代田線乃木坂駅:「かどや霞邸」   東京でいただく宇和島料理 名物の鯛めしは必食です

IMG00265-a.jpg

プロフィール画像用のスチール撮影
慣れないポーズと取ったり、自然な笑顔という難しいリクエストがあったりで、10数カットを撮っただけなのですが、体中の筋肉が固まってしまったようです
そんな緊張の後、美味しいモノを食べましょうと、西麻布に開店したばかりの宇和島料理のお店へと伺います



P9020348-1.JPG
四国宇和島に本店を構える郷土料理のお店が、7月の初めに東京初出店したと言うのですが…
宇和島の郷土料理と言われましても、それが果たしてどんな料理なのか 今ひとつ、ピンとこないままにお邪魔して参りました
西麻布にあるちょっと大人の雰囲気がする隠れ家的な佇まいでありますので、地図片手でありながらも、こっちで良いのか?と疑心暗鬼しながら歩いてようやく到着
郷土料理と言いますから郷土色があるお店かと思っていたのですが、ちょっとスタイリッシュな店構えでありますね


P9020387-1.JPG
1Fはパーテーションを移動することにより個室感覚で寛ぐことが出来るように工夫れされていますし、2Fにはカウンター席、そして3Fが個室になっているようでありまして…
これなら落ち着いて食事を楽しむことも出来ますし、ちょっとした接待にも使えそうなお店であります
スタイリッシュなお店でありますから、女性をエスコートするにも良いお店かもしれませんね


P9020353-1.JPG
郷土料理と言うことで、これまで見たことも聞いたことも無い料理をいくつかいただくことにいたします
“チャンバラ貝”と呼ばれる巻貝と“亀の手”なるモノ 
どちらも塩茹でされて提供されまして、チャンバラ貝は楊枝で引き出すように、亀の手は蟹爪の様に両手で折るようにしていただくのですが、ビールのおつまみなどに合う珍味でありますね
そして、テッパンである“じゃこ天”と“せんざんき”
じゃりっと小骨の歯触りがあるじゃこ天にはちょっとビックリですね そしてニンニクや生姜の香りが強いざんぎと呼ばれる唐揚げはとってもジューシーでありまして、とっても美味しくいただくことが出来ます


P9020367-1.JPG
そして美味しいお刺身の盛り合わせ
彩りも美しいのですが、四国らしく鰹・マトウ鯛・真鯛などが盛られていまして、その身が締まったプリッとした食感には鮮度を感じられるものでありますね
関東では必需品かのように思われるマグロが盛られていないことには潔さを感じます


P9020379-1.JPG
ふっくらとした身に、上品な薄味で煮付けられたマナガツオ
こう言った料理をいただきますと、料理人の技を感じることが出来て、そのお店のレベルを察することが出来ますね

P9020389-1.JPG
そして鯛兜の塩焼き
これまた見事な塩加減でありまして、今日いただいた料理の中で最も美味しくいただきました
少々提供までの時間はかかりましたが、コレだけ美味しいモノがいただけるのであれば、そんなことは苦になりませんね


P9020380-1.JPG
そしてまたいくつかの郷土料理を…
チラシ寿司のように見えるのが“福麺”と呼ばれるモノで、味付けされたコンニャクを覆うようにでんぶや陣皮が盛られています
福麺と言う名前は、"細かく切る"ことを"ふくめ"ということから福麺と呼ばれるようになったとか、コンニャクが見えなくなるほど覆面することから、この名前が付いたとも言われているようですね
“丸すし”
初めて聞く名前に興味を感じて頼んでみてビックリ
これ、シャリでは無くてオカラなんですね しかもそのオカラには酢が混ぜられていて… 素朴な料理なんですね
更にさらに…
鯛味噌がたっぷりと塗られた焼きおにぎりと、削り蒲鉾を塗されたおにぎりをいただいたのですが、この鯛味噌があれば、ご飯が何杯でもいただけそうなほどの激ウマですね
そして乾燥させた蒲鉾を薄く削った削り蒲鉾 保存のために乾燥させた蒲鉾を削って食べたことが始まりなんだそうでありまして…
想像が付く何ということない味わいなのですが、その素朴さが癖になると言うか、贅沢すぎる現代人には新鮮な料理ですね


IMG00267-1.jpg
〆の〆の〆は“鯛めし”でありましょう
と言いましても、ワタシが思い描いていた、土鍋で尾頭付きの鯛をご飯と一緒に炊き上げる鯛めしとは別モノでありまして…
出汁に卵の黄身を解き、それにお刺身にされた鯛を合わせて、ご飯にかけると言うのが宇和島の鯛めしなのだとか
漁師飯のような味わいは、忙しいときにガガガッと啜るようにいただけるシンプルなモノでありますね



ワタシには新鮮なモノばかりでありましたが、ご一緒した松山出身の方は懐かしさに慕っているようでありまして…
そんないろんなお客さまを迎えることが出来るステキなお店でありますね




【かどや霞邸】
東京都港区西麻布1-5-18
03-6447-2100

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

東京メトロ有楽町線月島駅:「ポンテチェントロ」     いつも賑やかな人気店でピッツァをいただきます

P9010322-a.JPG

今日は朝からちょこちょこと所用があって…
ゆっくりとランチに出掛ける時間が無かったもので、ご近所のお店で済ませることにいたします
と言っても、なかなか本格的なピッツァを提供してくれるお店でありますから、美味しいランチではあるのですけどね



P9010314-1.JPG
イタリアンを名乗る多くのお店が夜の集客に苦労している中、こちらのお店は何故だかいつもお客さまで賑わっているんですよね 
平日のランチはビジネスパーソンや近隣のご婦人方で列を成していますし、夜にはカップルがオジサマたちも…
ファミレスよりもちょっとお高くはあるのですが、専門店の雰囲気があるってことが魅力なのかもしれませんね


P9010315-1.JPG
ビルに入るお店でありますから薪窯と言うわけにはいかないのでしょうが、ピッツァ専用の石窯が置かれるピッツェリアでありまして、そこで焼かれるのは、生地を薄く延ばしたローマピッツァなのであります
都内にある多くのピッツェリアはナポリピッツァが主流ありまして、こちらのようにローマピッツァを提供するお店は希少なのであります


P9010318-1.JPG
週末とはいえ14:00を過ぎた時間でもほぼ満席の状態でありまして…
ワタシはタイミング良く先客が帰られたばかりのテーブルをいただくことが出来たのでありますが、次に来られたお客さまはしばらく席が空くのを待っておられましたね
ご婦人のグループあり、ファミリーのお客さまありと様々ではありますが、皆楽しそうな笑顔に溢れているのであります


P9010325-1.JPG
平日のランチでありますと、ピッツァランチやパスタランチと称して、サラダやスープが付いたセットメニューが用意されていたりするのですが、週末である今日はそのようなモノが無くて…
パスタやピッツァだけをいただくのはあまりにも寂し食事となりますし、サラダは取り分けサイズだったりしますので、ひとりで利用するのはちょっと難しいんですよね
で、散々悩んだ挙句、ピッツァの定番中の定番“マルゲリータ”とこれまたサラダの定番である“シーザーサラダ”をいただくことにいたします

薄焼きでありますのでサクッとした食感でいただけるのですが、生地の水分全てが飛ばされたパリパリでは無くて…
程よい水分が残されていますからモチッと感も楽しむことが出来る、素晴らしい出来栄えであります
ローマピッツァを、このレベルでい供されるお店はそれほど多くないと思いますよ


P9010320-1.JPG
「サラダはかなりボリュームがありますから、特別にハーフサイズでお作りましょうか?」と優しく声をかけていただけたのでありますが、野菜(8.31)の日である昨日に野菜をあまり食べていませんでしたのでフルサイズのままをいただくことに…
シーザーサラダと言いましてもロメインレタスが使われているわけでも無く、サニーレタスに粉チーズをたっぷりと振りかけたサラダではありましたが、酸味が効いた美味しいドレッシングでキチンと混ぜ合わせられていましたので、しっかりと完食させていただきました


イタリア料理店でいただくパスタには少々飽きたような気がしているのですが、このような美味しいピッツァをいただきたくなったら、またお邪魔することでありましょう
雰囲気も良いお店でありますので、ちょっとした方との会食なんかにも使えそうですしね



【PIZZERIA PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM−SQUARE 1F
03-5547-3030

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。