2013年07月31日

西武新宿線西武新宿駅:「湛山」    厚みがあるフォアグラと最高級の佐賀牛を目前で焼いていただいて…

L1110069-a.JPG

月末。。。
あっと言う間に7月も終わってしまいました
午前中には資料をまとめ、午後には支払業務 夕方に税理士さんと打ち合わせをして…
京橋〜渋谷〜赤坂と炎天の中を歩き回りましたので、もうヘトヘト、いやベタベタであります



L1110053-1.JPG
そして夜、ステキ女子を伴い歌舞伎町のステーキハウスへ
と言っても、同伴ではありませんよ
場所は新宿区役所通りって交差点にあるビルの地下1F 
そのビルの入口はいかにも歌舞伎町って感じでありまして、かなり入りづらさを感じるのでありますが…
勇気を振り絞って階段を降りてみますと…
お店のメニューを紹介している大きなパネルがありまして、そのパネルにある店内画像やメニューの数々からお店の雰囲気を察することが出来てひと安心でありますね


L1110059-1.JPG
扉を開けますと、6mほどのカウンターに迎えられます
そこには、顔が映るほどピカピカに磨き上げられたグリドルと、輝くほどに磨かれた銅製のステーキカバー それにシェフのステキな笑顔がありまして…
ココがワタシを満足させてくれるお店に間違いないと確信をいたします


L1110055-1.JPG
前菜は鴨のローストとホタテのマリネ それにズワイガニのテリーヌと言った3点盛りでありまして、甘みたっぷりのカニ身でつかみはオーケー、ホタテに乗せられたキャビアで高級感も演出していますね
焼き野菜が提供された後はフォアグラ
フランス産だと言うそれの表面を焼き固めることで、旨みを閉じ込めるだけでなく、その食感の美味しさも増す見事な調理 厚みもしっかりとしていますので、その美味しさを余すことなくいただきました
更に…
先ほどまで水槽で泳いでいたオマールをグリルしていただけます
プリとした身の美味しさも然ることながら、新鮮なミソで作ったソースが大人の味わいでありまして、これまた大満足であります


L1110067-1.JPG
口直しのサラダをいただいた後はメインのステーキであります
厚みがあるサーロインは表面をしっかりと焼かれていまして…
多くの調理人が焼き過ぎを恐れるあまり一段階ほど焼が甘くなる傾向があるのですが、これは注文通りの見事なミディアム状態で提供されます
A5ランクの佐賀牛を使っているとのことでありますが、ピンク色にも見える見事なサシが入ったお肉の美味しさを逃すことなく焼かれていますので、溢れる肉汁を楽しむことが出来るモノでありました


美味しい料理の調味料はシェフとの会話
気取ることないフレンドリーなシェフの人柄が、目前で調理されると言う緊張感を解してくださり、とっても楽しく美味しいディナーの時間でありました
場所柄、同伴のお客さまや年配のお客さまが多いお店かと思っておりましたが、そんなシェフの人柄によるものか30代のお客さまにも支持されているようですね



【Steak Dining 湛山(たんざん)】
東京都新宿区歌舞伎町1-2-15 ソシアルビルB1F
03-5155-4552

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ステーキ ダイニング 湛山
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

東京メトロ副都心線明治神宮前駅:「ALA」    雑踏に中にひっそりと佇むオシャレなお店に惚れちゃいました  

L1110047-a.JPG

予定していたセミナーが延期になってしまい、ポカンと空いてしまったスケジュール
それを埋めようと、同じセミナーを予定していた仲間と遅めのランチをすることにいたします
池袋での打ち合わせを済ませ、待ち合わせをした明治神宮前駅への移動は副都心線 新宿以北を利用したのは初めてのことでありまして、西早稲田などほとんど利用することが無い駅名に新鮮さを覚え、短い区間ではありますがちょっとした旅行気分であります



L1110049-1.JPG
明治通り沿いにテクテクと歩き、竹下口交差点辺りから脇道へ入った、ごちゃごちゃとお店が並ぶ通りにあるビルの2F
よほど注意していないと通り過ぎてしまうであろうほどに目立たない「ALA」ってお店が今日の目的地であります


L1110037-1.JPG
入口にはスタンドバーとしても使えるようなカウンターがあり、客席も、ゆったりと座れるテーブル席と、調理を目のあたりに見ることが出来るカウンター席が用意されていて、その時々に使い分けることも出来そうな楽しいレイアウトであります
折角だからと、カウンター席をいただき自分たちが頼んだ商品を調理する姿を楽しむことにいたしましょう


L1110043-1.JPG
ワタシが選んだのはパスタランチをカルボナーラで…
先に提供されたのがコレ
驚くほどのたっぷりと盛り付けられた葉野菜と冷製のスープであります
サラダには酸味が効いたドレッシングが掛けられていて、とっても夏らしいサッパリとしたモノですし、そのボリュームは野菜不足を解消するに十分なモノ
これはありがたいですね


L1110047-a.JPG
そしてメインのパスタが登場
これまた、他店では大盛りで提供されるものほどにたっぷりと盛られていてますので、男性でも十分にお腹を満たすことが出来るほどであります
チーズの香りたっぷりのカルボナーラには上質の生クリームが使われているのでしょう とってもクリーミーで濃厚な味わいを楽しむことが出来ます
暑い厨房で働くコックさんも疲れているのでしょう ちょっとだけ塩味が強かったようにも感じますが…


L1110046-1.JPG
そしてこれは、最近野菜にはまっている仲間が頼んだサラダランチ
ワタシが頼んだパスタランチに添えられたサラダがあのボリュームでありましたので、サラダがメインだとどんなものが出てくるのだろうとワクワクと待っていたのですが、その期待を裏切ることが無いモノがやって来ました
事前に塩で調味したパプリカやヤングコーン、そして何よりなのは、じっくりと焼かれたグリルオニオンでありまして…
少しご相伴にあずかりましたが、その甘味がとっても美味しいですね



かなりお気に入りになったこのお店
今度は夜に伺ってみたいものであります
きっと楽しい料理でもてなしていただけることでありましょう



【ALA(アラ)】
東京都渋谷区神宮前3-26-11 原宿SHビル2F
03-5772-2919

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

京急本線金沢文庫駅:「味真」   お得感ある“切り落としカルビ”と、贅沢な味わい“リブロース一枚焼”

L1110030-a.JPG

夕方から横浜の郊外でお仕事があって…
定期的に伺っているところであるのですが、その前に片づけておきたかった仕事に手間取り、バタバタと焦って出かけます
湿度の高さで流れる汗をフキフキながらも時間通りに到着し、無事に打ち合わせを済ませまることができました



DSC_5827.JPG
金沢文庫駅前にある商店街と並行する通りにある「味真」って言う焼肉店
ビルの4Fにあるお店でありますから、その雰囲気を察することが出来ず、ちょっと入りづらさを感じるお店でありますが、なかなか美味しい焼肉を提供してくれるってことでお気に入りであります


DSC_5841.JPG
4人掛けのテーブル席が3つと同じく4人掛けの座敷席が3つの小さなお店でありまして、人柄の良さが滲み出ているおばちゃんが店長を務めるアットホームな雰囲気が心地良いところであります
開店早々に伺いましたので先客はいらっしゃいませんが、ワタシたちがお店を出ようとした19:00過ぎには、20代のグループ客や、年配のカップル客が来店され、盛り上がっていましたね


L1110031-1.JPG
定番のネギタン塩は、鮮度感あるネギとサシが美しいモノでありまして、特製のレモンダレでいただきます
先回までは使い捨ての焼き網が使われており、お肉が貼りついたりして、少々不満気味であったのですが…
今日伺ってみますと、普通の焼き網に変わっていましたので、とっても先のような不満も無く美味しく焼き上がったお肉をいただくことが出来ました
お店としては使い捨ての方が手間いらずなのでしょうが、やはり普通の網の方が美味しく焼き上げるとが出来ますね


L1110022-1.JPG
“切り落としカルビ”
上モノなどにも使われるお肉の端材でありますから、形は悪くてもその美味しさは上ランク
ちょっと硬いところがあったりもしますが、脂の美味しさを堪能できるお肉がたっぷりと盛られて650円でありますから、とってもお値打ちでありますね
甘めのタレでしっかりともみ込まれてますから、ご飯のお供としても最高であります


L1110028-1.JPG
そして“リブロース一枚焼”
先ずは、リブ芯と呼ばれる中心部の柔らかさが美味しい部分と、それを取り巻くカブリと呼ばれる脂身が美味しい部分とに切り分け、それぞれの美味しさを楽しみます
一枚で二度美味しい これまたお値打ち感ある商品ですね


L1110024-1.JPG
美味しいのはお肉だけではなくて… こちらのお店は料理物もしっかりとしています
塩とゴマ油でも見込まれたチョレギサラダと冷たく冷やされたトマトのサラダ
夏にはこのような商品が美味しく感じられますね
そして、本場韓国の春雨を使っているチャプチェ
これは甘みがあるタレの味をピリッと胡椒が引き締めていて… ココへ来たならまずこれは外したくない商品ですね
〆にはカルビクッパ
コレが嬉しいのは野菜がたっぷりと使われていること
そんな野菜の旨みが出ている殻でありましょう 辛味はマイルドになっていますので、辛味が苦手な方でも大丈夫ですね



【焼肉 味真】
神奈川県横浜市金沢区谷津町352-9 フジビル4F
045-785-0042

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

みなとみらい線馬車道駅:「味雅」   名物の“しいたけそば”で摂る植物繊維でメタボ抑制?

L1110020-a.JPG

クライアントさまへの訪問で横浜へと出かけます
昨日の雨の影響でか、今日は比較的過ごしやすい気温でありまして、それほど汗を流すことなく過ごすことが出来そうです



L1110017-1.JPG
馬車道にある老舗感ある中華料理のお店「味雅」さん
こちらには"しいたけそば"なる名物料理がありまして、ずっと気になっていたソレをいただきましょうと、打ち合わせの前に立ち寄ることにいたします
馬車道通りに面した本館と、すぐ近くではありますが、路地を入ったところにある別館
何れも家庭的な雰囲気が漂うお店でありまして、中華料理店といった雰囲気を感じることはありませんね


L1110018-1.JPG
こちらは本館
節電とは無縁のようにキーンとエアコンが効いている店内には先客がひと組でありまして、それほど繁盛しているような雰囲気はありませんが、ココを愛する顧客に支持されて60年ほど営業されているのであります
それほど多くの商品はありませんが、メインとなる麺類やチャーハンの美味しさが、知る人ぞ知る名店となる所以であるようです


L1110019-1.JPG
そんな麺料理の中でも名物的存在なのがコレ
肉厚の椎茸がゴロゴロと入った餡かけラーメンでありまして、スッキリとした鶏ガラスープに餡の味が加わることで旨みを増した美味しさをいただくことが出来るのです
豚肉と筍、それに小松菜と一緒に餡かけにされているのですが、乾燥椎茸の戻し汁が実に良い風味を付けているだけでなく、その椎茸の存在感が素晴らしいのです
そんな椎茸がなんと6個も入ってまして、椎茸好きのワタシには堪らない逸品ですね


暑い夏に餡かけ
あまり食指が動く商品ではないのですが、ひんやりと冷やされた店内に入りますと外界のことを忘れて…
植物繊維が豊富な椎茸でありますから、メタボの抑制にも役に立ちそうですね



【味雅本館】
神奈川県横浜市中区住吉町5-51
045-641-1270

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「ジョナサン」    こんな時期に牡蠣? なんて思いながらも大好きなので…

L1100935-a.JPG

午後からの打ち合わせがあって…
その前にランチを済ませようと出かけたのでありますが、何故だか予定よりも30分以上早くにメンバーみんなが集まりましたので、そのまま打ち合わせをスタート
ランチのタイミングを逃します



L1100943-1.JPG
で、打ち合わせ終了後にジョナサンへ
八丁堀の交差点周辺には、こちらジョナサンのほか、ロイヤルホストやデニーズがあるファミレス激戦地
道向かいにははなまるうどんもありまして、そこでツルツルっとおうどんでも… って気もしましたが、連日の炭水化物だらけの食事であったことを思い出しジョナサンといたします


L1100934-1.JPG
すっかりお茶の時間になっていましたが、予定されている隅田川花火大会へ向かう前のカップルでありましょうか 浴衣姿のお客さまがチラホラと
ゲリラ雷雨の予報も出ていまして中止になるかもとの話も出ているようでありますが、みんなが楽しみにしていることでありますので、何とか開催できると良いのですが…


L1100936-1.JPG
グランドメニューの他にお勧め商品だと言う別冊のメニューがあるのですが、それが何故だか牡蠣料理でありまして…
思わず、スタッフの方に「どうして、こんな時期に牡蠣なの?」と聞いてみますと、チェーンの中で試験的に先行販売しているんですとのこと
それにしても早くないかと、さらに突っ込みますと… 「多くのお客さまからそのよう声をいただき、ワタシとしてもお勧めしづらいのです」とのこと
ドンドンと季節の先取りが進んでいる昨今ではありますが、あまりにも早いスタートでありますね

なんて言いながらも“広島産かきの味わい膳”をいただくことにいたします
野菜と一緒に包み蒸しされた料理がヘルシーな感じもいたしますし、大好物のカキフライも添えられていますので…
この包み蒸し
牡蠣の旨みが野菜に馴染んでいますし、甘辛の味噌でご飯のお供にピタリの味付けでありますし… これはなかなか良い商品でありますね
ちょっとバターが多かったのかな その香りが強すぎるところが残念ではありましたが…
そして、カキフライ
小ぶりではありますがサクッと揚がっていますし牡蠣はジューシー
冷凍モノであろうことは容易に想像できるのですが、コレだけの味わいであれば冷凍であることに問題はありませんね


安く売ることに力を注いていたように思われるファミレスチェーン
最近は、どこも料理の美味しさに力を入れているようですね
安くなくても程よいお値段であれば、美味しい料理がいただけることがありがたいと思うお客さまが増えてきたってことでしょう
かつてのように美味しい商品がいただけるファミレスの復活を期待しています



【ジョナサン】
東京都中央区八丁堀1-12-8
03-3537-6161

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

JR山陽本線倉敷駅:「洋喜亭」    安くても本格的 コクとスパイスがほど良く美味しいカレーであります

L1100929-a.JPG

昨日に引き続きアリオ倉敷へ
と言ってもショッピングでは無くお仕事であります 
そして時間があってもアウトレットには行きません だって、ついつい買いものしちゃいそうですから…



L1100923-1.JPG
お昼の洋喜亭には次から次へとお客さまが…
ガッツリと大盛りナポのお客さまやトッピングを楽しむ家族連れ、そして小腹を満たす小盛りなど、狙い通りに多様なお客さまが来店されます 
開店から1か月が経っていますので、その商品提供もスムーズでありまして、お客さまを待たせることなく営業できていますね


L1100930-1.JPG
今日はカレーにチーズをトッピングして…
並盛のスタンダードカレーは480円 そんなお手軽価格でありながらも、そのお味は本格的なモノ
オニオンをじっくりとソテーして、お肉野菜を加えてじっくりと煮込んだ、濃厚なコクと旨みが特徴であります
カレーは飲み物
ではありませんが、こちらのカレーにはたっぷりのカレーソースが掛けられていますので、ご飯とのバランスを気にすることなくいただくことが出来るのも嬉しいことなのです
遠慮なくカレーソースを絡めていただく贅沢を味わえますね


L1100924-1.JPG
そしてミートソース
甘味と酸味楽しめるソースでありまして、じっくりと煮込まれたコクと旨みを味わうことが出来ますし、これまた、たっぷりのソースが掛けられていますので、思う存分にスパゲッティに絡めていただくことが出来るモノであります
安く提供しているのだからとケチケチしていないところがありがたいですね



【ナポリタン&カレー 洋喜亭】
岡山県倉敷市寿町12-2 アリオ倉敷2F
086-421-6704

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

JR山陽本線倉敷駅:「洋喜亭」     プニッとしたモチモチの食感が美味しいナポリタン

L1100916-a.JPG

新幹線でびゅーんと岡山出張
と言っても、東京からは3時間半の旅 退屈であります


L1100905-1.JPG
岡山から在来線に乗り換えて30分 倉敷へと移動いたします
駅前には三井系列のアウトレットモールと、ヨーカドー系列のショッピングモールがあって、そこは夏休みってことでかかなり賑わっています
そんなショッピングモールのフードコートに、新しくオープンしたのが「ナポリタン&カレー」と看板を掲げる洋喜亭ってお店であります

ナポリタン… 
誰もが想像できるメジャーな料理でありまして、その名を聞くと頭の中でその味が甦ってくるんですよね
あー 食べたい…


L1100906-1.JPG
そんなナポリタンを“イチオシ”として、ミートソースやカレーなどもあって、それらが小盛りから大盛りまで用意されていますし、更に数種類のトッピングメニューまで
これは、なかなか魅力的ではありませんか?


L1100917-1.JPG
ってことで、イチオシのナポリタンに大好きなソーセージをトッピングして… 更に大盛りをいただくことにいたします
昔懐かしの… とあるように銀皿に盛り付けられたナポリタン
元々のナポリタンにもたっぷりのソーセージが入っていまして、ソーセージ好きにとっては堪らない一皿となりました
プニッとしたモチモチの食感に茹で上げられた太麺がたっぷりのケチャップソースを纏っていまして、濃厚な味わいが楽しめるモノ
これは表示の通り“ぼっけぇ旨い”です



以前、ココはカレー屋さんがあったところでありまして、そのお隣のお店も開業から1年ちょっとで入れ替わっているほどに、10数軒があるフードコートの中では決して良い場所ではないのですが…
魅力的な商品構成とニーズに対応した選択肢で、そんな不利な環境も乗り越えてくれることでありましょう



【ナポリタン&カレー 洋喜亭】
岡山県倉敷市寿町12-2 アリオ倉敷2F
086-421-6704

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅:「永華樓 」     美食同源をよそにスタンダード中華をあれこれと

L1100887-a.JPG

しとしととした雨降りの日
恐ろしく湿度が高くって不快指数200%超の中、横浜をうろちょろとする一日であります
先ずは日本大通り駅へと向かい、開業時にちょっとした関わりを持ったお店へと顔を出し、馬車道までのひと駅を歩いてコンサルティングのお仕事
その後、吉田町から移転した「濱新」さんのお店を見ようと元町へ



L1100899-1.JPG
そして会食が予定されている中華街へ
夏休みに入ったとは言え、雨模様の平日 かなり閑散とした感じでありますね
週末だと人とすれ違うのもひと苦労する中華街大通りにも人が疎らでありまして、甘栗や焼小籠包の売り子さんもやる気が出ないのでありましょう 活気と言うモノがありませんね


L1100894-1.JPG
目的のお店は、そんな中華街大通りに面した「永華楼」ってお店 ビルの1F〜4Fに客席を持つ、大型店であります
中華街も戦国の時代であるようでして…
お店の特徴が無いところは食べ放題という戦略に転じるも看板を下ろしてしまうお店も多く、そのあとには有力店が別館であるとか新館であると言った形で出店をしている姿を見ることが出来ます
そんな中、こちら「永華楼」は、1947年に開業した千福を前身に1961年に開業したのだと言いますから、50余年も続く老舗店であります


L1100873-1.JPG
メインフロアとなる1Fは重厚な雰囲気を感じさせるモノでありますから、落ち着いた食事が出来るお店でありますね
が、街にお客さまがいない今日という日 さすがにこちらにもお客さまは少なくて… 大きの店であるだけに、閑散とした状況では余計に寂しさを感じてしまいます
とは言え、おひとり様やカップルでのお客さまがポツポツと来店されていました


L1100874-1.JPG
こちらのお店では、「医食同源」では無く「美食同源」
アンチエイジングをテーマに、食べて身体の中から美しく、健康になる料理をご提供しているとのことでありますが、オジサンにはそれほど魅力的な商品に思えず、伝統的な中華料理をあれこれといただくことにいたします
冷菜の3種盛りか始まり麻婆豆腐
山椒入りのピリ辛と書かれていますが、四川のソレのように山椒がしびれるような辛さは無く、豆鼓の甘みを感じる食べやすいモノであります
そして、豆腐被りになってしまいましたが、ヘルシー感が溢れる“豆腐と海の幸のカニ肉煮炒め”はとっても優しい味付けでありました


L1100881-1.JPG
やっぱり海老料理は外せないでしょうと“芝エビと彩り野菜のあっさり炒め”
ほんのりと塩味が感じれる、これまたヘルシー感ある料理でありまして、ぷりっぷりの海老とシャキッとした食感を残したアスパラを美味しくいただくことが出来ました 銀杏が入っているのも面白いですね
そして、面白そうだと注文したのが“激辛水餃子”
想像したよりもマイルドでありまして、激辛と言うにはちょっと… ではありますので、それほど辛いモノが得意でない人でも大丈夫なのでは?


L1100886-1.JPG
そしてフカヒレを使った料理を二つ
ひとつは担々麺にフカヒレを浮かべたモノ 思った以上に大きなフカヒレが乗っていますので、その存在感はバッチリ
トロンと煮込まれたフカヒレも美味しいですが、シャキッとした食感を残したモノも美味しいですね
そして、釜飯
先の担々麺と被っちゃうかも… と想いながらも注文してみたのですが、実は麻婆豆腐と被っちゃった感じですかね 
豆板醤で炒められた挽肉の辛味がフカヒレが良く合っていまして、ワタシ好みでありましたね
この手の料理は、それほど多くのお店で扱われていないでしょうから、ココへ来たならコレって一品でもあるでしょう



【永華楼】
神奈川県横浜市中区山下町146
045-681-0885

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





永華樓
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「嶋村」    1850年創業 160年以上の歴史が裏付ける割烹料理店

L1100860-a.JPG

今週の出張分と、お盆のチケットを購入するために日本橋
テクテクと歩いて行こうかとも思ったのですが、あまりの暑さに断念 バスに乗ります
チケットを買うだけのことなのですがコレがいつも結構な時間を要してしまいますので、先ずはランチを済ませることにいたします
特に目的のお店を決めてきたわけではないのですが、日本橋ならピンと来るお店に巡り合えることでありましょう



L1100858-1.JPG
自社ビルであろう鉄骨ビルの1Fなのだけど、ココだけは老舗店の香りが漂う装いでありまして…
そんな雰囲気に惹かれて店頭に掲げられたメニューを覗いてみますと、そんな雰囲気をよそにお手軽価格の商品が並んでいるではないですか
しかも、今日の日替わりは“すき焼き”であるとのこと ならば… と今日のランチはこちらに決定であります


L1100866-1.JPG
暖簾を潜ると、手前にテーブル席がふたつと、奥に5〜6人が掛けられるカウンター席と言った小さなお店でありますが、2階には座敷席があるとのこと
それなら、接待などでの利用にもありがたいですね
ひとりでありましたし、テーブル席は埋まっていましたので、カウンター席の端っこをいただいたのでありますが、そのカウンターは白木で作られたものでして、それが染みひとつないほどに手入れされたもの
こんなところからも160年続く実力を感じることが出来ます


L1100862-1.JPG
すき焼きと言いますから、サシが入った一枚肉を想像していたのですが… 
1,000円に満たない価格で提供されるランチであることを考えますと当然のことですね
しかし、そのお味は本物でありまして、じっくりと煮込まれることで牛脂が溶け出し甘みを出していますし、玉ねぎからも甘みが出ていまして、そのふたつの甘みが見事に馴染んでいるのであります
そして、更に素晴らしいのがご飯でありまして…
やはり料理屋さんはご飯が美味しくなくちゃ始まりませんね


周りのお客さまが召し上がっている商品を見ますと、ほとんどのお客さまが唐揚げのようなものを召し上がっているではないですか
割烹店で唐揚げ? と不思議に思ったのですが、これはこちらの人気メニューでもある“鳥一口カツ”であるとのこと
それだけ人気なのであれば一度は食べてみたい それにこちらの名物である“金ぷら”や“錦丼”も食べてみたい
ココはブックマークするべきお店でありますね



【割烹 嶋村】
東京都中央区八重洲1-8-6 嶋村ビル1F
03-3271-9963

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





割烹 嶋村
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京王井の頭線神泉駅:「スパチー」    熱々で提供される煮込みハンバーグ入りスパゲッティグラタン

L1100852-a.JPG

税理士先生との打ち合わせで渋谷へと出かけます
戻り梅雨の一週間であるらしく、それほど気温も上がらないとのことだったのですが、夕方にはゲリラ雷雨があるかも…
ってことで、用事が済んだら、サッサと帰ることにいたしましょう



L1100847-1.JPG
有楽町線から半蔵門線と乗り継いで到着した渋谷駅
目的のお店が道玄坂にあるってことで、暑い日中に外に出て坂を上ることが憚られるために、ずっと地下を歩いてユニクロまで…
そこからテクテクと外を歩いて、この辺だろうと地図を見ながらキョロキョロしていたら…
なんとお店の前に立っていたのですね それほど間口が狭く目立たないお店でありました


L1100854-1.JPG
随分前から気になっていたのですが、わざわざってほどでも無いでしょうってことで、ずっと後回しになっていたお店であります
「スパチー」
スパゲッティにチーズを乗せてオーブンで焼き上げる料理を“スパチー”と名付け、それをメインにしていることから店名もスパチー
ちょっとかわいらしく覚えやすい名前ですね


L1100851-1.JPG
こちらのお店の商品は、先の“スパチー”と、スパゲッティの代わりに雑穀米が使われた“モアイドリア”の2種を中心に季節メニューがいくつかあるようです
そんなスパチーとモアイドリアは、ハンバーグ ローストチキン シーフードの何れかを選ぶようになっていますので、ワタシは大好きなハンバーグをチョイスいたします

グツグツと音を立てながら、センス良い土鍋で提供された“スパチー”
想像していたモノとはちょっと異なりまして、マカロニグラタンのマカロニがスパゲッティに代った商品でありましたが、デミソースで煮込まれたハンバーグはふわっとしていますし、そのソースがホワイトソースと馴染んでなかなか良い感じでありまして…
30年ほど前、喫茶店が全盛だった頃に、近所の喫茶店で同じような商品をいただいていたことを思い出し、懐かしさも相まって、とても美味しくいただくことが出来ました



夏場に熱々に焼かれた料理ってこともあるのでしょう
12:00ちょっと過ぎでしたので、かなり混み合っているのでは… と心配したのですが、かなりガランとした状況にビックリ
お蔭でゆっくりといただくことが出来ました




【スパチー】
東京都渋谷区道玄坂2-16-3 タカハヤビル1F
03-6277-5508

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「三豊麺」   ラオタ系濃厚スープのラーメンを久しぶりにいただきました

L1100846-a.JPG

お店の前を通る度に気になっている“鶏塩そば”をいただこうと出かけたのですが、残念ながら日曜定休ってことでありまして…
こちらのお店がある八丁堀から茅場町辺りはオフィスの街でありますから多くのお店が日曜日が定休なのであります
日祝となりますとめっきりと人通りが絶えてしまいますから致し方ないところではあるのでしょうが、近隣で生活する者としては不便極まりないことであります



L1100842-1.JPG
ってことで、最近、業績を回復させているという噂の「はなまるうどん」で、ツルツルっと“すだちおろし”でもいただくことにしようかとも思ったのですが、ラーメンモードになっている頭を切り替えることが出来ず迷っていましたら…
お隣にあるラーメン店は珍しく日曜営業をしているではありませんか 滅多にいただくことが無いラオタ系のお店ではありますが、今日はこちらの暖簾を潜ることにいたします



L1100844-1.JPG
折角ラオタ系のお店に入ったのだから… と、濃厚とんこつ醤油にチャーシューと煮玉子をトッピングしてみましたが、つけ麺に至っては900gまでの増量は無料であるとのことです さすがにそれをいただく勇気はありませんが…
スープはかなりトロミがあって味も濃厚なモノ
太麺でありますが、その表面は粗く仕上げられているのでしょう そんな濃厚スープをしっかりとお口に運んでくれるものであります
濃厚と言いましても、最近流行りの魚粉たっぷりのモノとは異なり、スープのバランスは良いものであると感じます が、やはりワタシの年齢になりますとちょっと厳しく、スープまでの完食は避けさせていただきました
ベーコンのようにも見えるチャーシューですが、意外にも柔らかくてジューシーなモノ
たっぷりと4枚トッピングされていますので、コレだけでもお腹を満たしてしまいそうなほど これで200円ほどのプラスでありますから、とてもお値打ちですね



ラーメンと言う商品
かなり指向性が強いモノでありますから、大型店は別として、ある一定のお客さまに強烈な支持をいただける商品の開発をすることが求められるのでありますが…
こちらの商品はそれに適っているように思えますね
どこからともなくやって来るお客さまで、ゲストが絶えることは無いようです




【三豊麺】
東京都中央区日本橋茅場町3-8-5
03-3662-2377

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「喜代川」  箸で軽くほぐれるほどにふっくらと焼き上げられた鰻に感動です

L1100833-a.JPG

今日は土用の入り
丑の日に鰻をいただくことにしようと思っていたのですが、昨日、銀座の「竹葉亭」の前を通った時、開店前から席待ちのお客さまが列を作っている姿を見まして…
それで今日の内に食しておこうってわけ
ちょっと暑さも一休みって感じでありますので、テクテクと歩いて出かけます



L1100840-1.JPG
証券取引所の河向い
近代的なビルが立ち並ぶ中、ココだけがタイムスリップしたかのような風情あふれる佇まいでありまして、これぞ老舗といった風格を感じるお店でありまして…
聞いてみますと、創業は明治7年 そしてこの日本家屋も築80年とのことであります


L1100837-1.JPG
こちらのお店には入口がふたつありまして、それぞれがテーブル席用と座敷席用であります
予約などもせず一人でフラッと向かったお店でありますから、ワタシが開けたのは、当然テーブル席側の扉であります
そこには、ちょっと小さめではありますが4人が掛けることが出来るテーブル席が3つ、それに二人掛けのテーブルがひとつと言う小さなお店でありまして…
先客がふた組、そして予約席が一つ 運良く二人掛けのテーブルが空いていましたので待つことなく席をいただくことが出来ました
接客されている着物姿の方が、五代目女将なのでしょうか? ステキな方でありました


35451_444440365655080_408378630_n.jpg
席について、用意されたのがコレ
鰻を模った箸置きがとっても涼しげだし可愛いし… ちょっとしたアイデアで、食べる前から楽しい気分になりますね
最近、箸置きなどを使わないお店も増えてきているのですが、やっぱりこういったマナーと言いましょうか、伝統と言いましょうか
大切にしたいものですね


L1100835-1.JPG
で、鰻
重箱一面に敷かれた鰻は、芳ばしく焼かれると言うよりは、ふっくらと蒸されたモノ
箸でほぐれるほどにふっくらとしていまして、ホックリとした感じさえありまして… タレの味に頼ることなく、鰻の風味を楽しむことが出来るモノであります
とは言え、ご飯にはしっかりとタレの味が染みていまして、そのバランスの良さにも美味しさを感じることが出来るのです
これほどふわっと軟らかい鰻を焼き上げるにはかなりの熟練が必要なのでしょうね
「串打ち三年、割き五年、焼き一生」との言葉通りに技術を感じるモノでありました


ご存知の通り、今年もうなぎの価格が高騰しているようでありまして…
お店の方にも、お客さまにも、大変なことではありますが、暑い夏を乗り切るための儀式のような、お祭りのような… そんな土用の丑の日に鰻をいただくと言う食習慣
みんなで盛り上げていきましょう



【うなぎ 喜代川】
東京都中央区日本橋小網町10-5
03-3666-3197

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





喜代川
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「グラマシー テーブル」  オープンから間もなく1年 銀座の裏路地にあるビストロでランチ

L1100812-a.JPG

仲間との昼会食
今日は珍しく女の子が混ざっているということで、お洒落ランチを楽しむことにいたします
銀座4丁目と東銀座の間ほど お隣にはキタナシュランに選ばれそうな中華料理店があったりする昭和な銀座の雰囲気が残った路地にこんなにステキなお店があるなんて…



L1100820-1.JPG
開店時間をちょっと待って店内に入りますと、そこは別世界
15坪ほどの小さなお店でありますが、コレが何とも居心地が良い雰囲気でありまして… 瞬間、お気に入りになってしまいました
12人が座ることが出来る大テーブルと、4名掛けのテーブルがふたつ
そこを二人の男性で調理とサービスを提供して下さるのですが、これがまた様になっていまして…


L1100818-1.JPG
ワタシがいただいたのはテリーヌのオープンサンド
見た目に派手さはありませんが、しっかりと旨みが凝縮されたテリーヌですから、サンドになってもソースいらずで美味しくいただくことが出来ます
しっかりとした食感があるパンをひと口大にカットして、大きなお口を開けてガブッと…
オープンでありますから、テリーヌをワインとともにいただきながらパンをいただくなんてことでも美味しそうでありますね


L1100819-1.JPG
こちらは仲間の一人がいただいた、お店の看板メニュー「トリュフのオムライス」をひと口ふた口いただきます
フワッとした食感と見た目の美しさが光る見事なオムレス
それに包まれているのはケチャップライスでは無くトリュフが入ったバターライスでありまして、程よい塩味が美味しさを引き立ててくれます
トッピングされたトリュフが贅沢さも演出してくれる看板に相応しい料理でありました
1日限定5食と言うお値打ち品でありますからお早目に…


小さなお店だからこそできる、一品一品を丁寧に調理した料理は、きっと何をいただいても満足できるものばかりでありましょう
雰囲気良し、サービス良し、そして何より美味しい料理
良いお店に連れて行っていただけました



【GRAMERCY TABLE】
東京都中央区銀座5-9-5
03-6228-5537

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

JR山手線東京駅:「玉丁」    ツルツルっと冷たく絞められたきしめんを啜ろと思ったのだけど・・・

L1100804-a.JPG

午後からの打ち合わせが2本ありまして・・・
ジャケットを羽織って出かけで見たなら、すっごい酷暑 昨日の涼しさに気を許したのが間違いでした
こんな日は冷たいものをツルツルっといただくことに気が向くのであります
どこかにそんな美味しいものを売っているお店はないかなぁ なんて考えていたら・・・
一軒のお店がピーンとひらめいたのであります



L1100801-1.JPG
で、「玉丁」
ココは名古屋料理を提供してくれるお店でありまして、味噌煮込みうどんがメイン
しかし、それだけでは夏場が乗り越えられないってことでか、“きしめん”も扱っているのです
しかも、この時期には冷やしきしめんがおすすめメニューとなっていまして、それが美味しそうなこと
以前から気になっていたんですよ


L1100802-1.JPG
平日のお昼にはお一人客が、週末などには家族連れやカップルのお客さまが増える八重洲地下街
ですから、いくつかの大テーブルが置かれてまして、多人数にも少人数にも対応できるように工夫が成されてますね
そんなテーブルも結構ゆったりと作られていますので、隣のお客さまを気にすることもなく落ち着いていただけるってことが嬉しいお店であります
お向かいに、セルフ式のうどん店がありますが、こちらにはこちらのお客様がいらっしゃるのですね


L1100803-1.JPG
入口に「ただいま、料理の提供意時間がかかっています」との張り紙があって・・・
少々心配をしたのでありますが、注文後5分ほどでやって来ました
あの張り紙はなんだったの? やる気がない証???

早いことはありがたいことでありまして・・・
ひと口いただいてみますと・・・ 硬い!! 辛い!! と声に出しそうでした
きしめんが十分に茹でられておらずに芯が残っているような状態でありましたし、きちんと解けておらず固まりのままのところもありまして・・・
いくら急いでいるからといっても、これじゃダメですね
しかも、濃縮のタレを希釈する分量でも間違えたの?って言いたくなるほどに濃いつゆでありまして・・・
これではツルツルっと啜るわけにはいきませんね


ってことで、今日のランチは残念なことになりました
これからの打ち合わせは残念なことになりませんように・・・



【玉丁本店】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街南一番街
03-6225-4831

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「ステーキくに」    恒例のイベントで美味しいステーキを喰らう夜

L1100795-a.JPG

第3水曜日
お世話になっているステーキ屋さんが主催している『美味しいステーキを楽しく食べる夕べ』に参加させていただきました
美味しいステーキがいただけることもありがたいことなのですが、そこで出会う方々との交流が深まることも更にありがたいこと
オーナーシェフでもある一瀬社長のお人柄にも触れて… 楽しい会であります



L1100777-1.JPG
場所は赤坂
両国のお店でも同様の企画が行われているらしいのだけど、距離的にはそっちの方が近いかもしれないのだけど…
やっぱり華やかな街に気が向いてしまいますね


L1100780-1.JPG
コース仕立てで料理が提供されます
今月から料理長が新しくなったとのことで、これまでとはちょっと変わった趣向が凝らされているのでしょうが、お寿司が出てくるとは思いませんでし、サラダもたっぷりでありまして…
これは良い感じですね


L1100792-1.JPG
オーナーシェフ自らが客席を回り、目の前でお肉を切り分けてくれるパフォーマンスも見どころであります
美しいサシが入った米沢牛を熟練された包丁裁きで見事に切り分ける姿
リップサービスも伴い、とても素敵なオーナーが一段とステキに見えるときであります スーツ姿も良いですが、コックコートを羽織ると顔つきも変わるようですね


L1100796-1.JPG
そんなサシの脂身が甘くておいしい米沢牛と、赤身が美味しいオーストラリア産ビーフのサーロインが盛合せで提供されます
これまた熟練したコックさんが炭火で焼き上げてくださいますので、表面はカリッと、そして中はジューシーでありまして…
お肉はこう焼かなくっちゃというお手本のようです
米沢牛はサッパリとわさび醤油でいただきましと、その甘味が一段と引き立ちますし、とろけるような食感が幸せ気分にしてくれますね


L1100799-1.JPG
デザートもしっかりとしています
どんなに美味しい料理をいただいても〆がイマイチだと、これまでのことが台無しになってしまうところなのですが…
甘みがあるメロンに、自家製の美味しいティラミス
盛り付けも美しいですし、珈琲とともに美味しくいただくことが出来ました


お肉だけでも350g位はありそうなボリュームですから、全てをいただきますと、もう大変
パンパンに膨れ上がったお腹を抱えるように帰路につきます
楽しかった余韻もあって、すぐに寝るわけにはいきませんね



【炭焼ステーキくに】
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル1F
03-3519-5529

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

京王井の頭線神泉駅:「Ue CONA」   一部を除きオール500円 そんなお手軽感が受けています

L1100772-a.JPG

遠くから出てきた友人と楽しい一日を過ごします
先ずは大宮へと出かけ、地元で人気のイタリアンレストランでランチ
数年ぶりに訪ねたお店でありますが、以前と変わらぬ美味しさと楽しさでありました
その後、東京観光でスカイツリーから表参道 その友人の叉友人が開店するという雑貨屋さんを覗いて…



L1100765-1.JPG
渋谷へと移動し、バルで夜ごはんといたします
この辺りに「CONA」と言う屋号で数店舗を展開しているようで、渋谷店から道玄坂を上ったところにあるから「Ue CONA」なのでしょうかね
地下へと下る階段をトントンと降りて… 初めてのお店ですからちょっとだけ緊張しますね


L1100766-1.JPG
照明が落とされ、雰囲気があるお店
渋谷と言う場所柄、若いお客さまばかりかと思いきや意外にも大人なお客さまが多いようでありまして… ホッといたします
姉妹店の中にはオールスタンディングなんてところもあるようですが、こちらのお店は着席タイプ
とは言え、それほどゆったりとって感じではありませんが…


L1100767-1.JPG
素晴らしいのは、こちらの料理とグラスワインのほどんどが500円であること
これなら、お財布を気にすることなく、仲間とワイワイガヤガヤと楽しむことが出来ますね
とは言え、500円で提供できる商品ですから、それなりのモノだろうと思っていたのですが…
生ハムは切り落としが山盛りに提供されますし、チョリソーだってゴロゴロと なんとチーズの盛り合わせやアヒージョまで
ボリュームだけでなく、そのお味だって十分満足できるものでありますから、これはお値打ちですね


L1100774-1.JPG
〆にといただいた、ゴルゴンゾーラのピッツァだって500円
はちみつではなくメイプルシロップが添えられていたことが残念ではありますが、これはこれで美味しくいただくことが出来ます


もちろんコレが500円だと高いね なんてモノもありますが、トータル的に考えるとお得感バッチリでありますし、何といっても一部の商品を除いて“オール500円”というお気軽感が受けているようですね
お料理ではお値打ち感を提供し、ワインでしっかりと儲けさせてもらう そんな組み立てがしっかり出来ているからこそのパッケージですね
とっても良い、お勉強の時間でありました



【Ue CONA 渋谷道玄坂離れ】
東京都渋谷区道玄坂1-17-9 ヴェラハイツ道玄坂B1F
03-6416-3509

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

東京メトロ東西線門前仲町駅:「圭助」   仙台牛タンと博多もつ鍋がコラボした居酒屋

L1100745-a.JPG

三連休も最終日
午前中にデスクワークをこなして、午後からはのんびりと…
そして夜、と言ってもまだ明るい内ではありますが、ちょっと気になっていたお店へと出かけます



L1100733-1.JPG
仙台市から進出してきた『利久』『喜助』などが超繁盛している昨今、昔から都内で展開している『ねぎし』も好調である様子から、きっと牛タンを扱うお店に日の目が当たるに違いないと思ってはいるのですが、果たして仙台式の牛タンだけで良いのだろうか?
そんなことを考えているときに見つけたのがこちらのお店なのであります
仙台炭焼牛タンという看板を掲げながらも、そこにもつ鍋の文字があることが面白そうで…
ホームページを検索してみますと、もつ鍋のお店「木村家」を展開している会社がやっているのですね  ちょっと納得であります


L1100751-1.JPG
店内は総小上がり席
まだ開店して間が無い時間と言うこともありまだまだ空席だらけではありますが、きっと日が落ちた頃からは多くのお客さまで賑わうことでありましょう
メニューを眺めますと、牛タンを定食スタイルで提供するお店と言うよりも、牛タン料理ともつ鍋を二本柱とする居酒屋のようでありますね


L1100743-1.JPG
牛タン焼きとタンシチューがコンビネーションされた定食をいただこうとしたのですが、残念ながらタンシチューが売り切れであるとのこと
開店して間が無いタイミングから売り切れとは如何なものかとは思いますが、何らかの事情があろうと、それを諦め牛タン焼きの1.5人前をいただくことにいたします

厚めにスライスされていて、1.5人前のボリュームは他店よりも多めであるように感じますね
もちろん、そのお味は満足いくものでありまして…
仙台式の牛タン屋には欠かすことが出来ない、南蛮味噌もちゃんと乗っていますね
青唐辛子を味噌漬けにしたこの南蛮の辛味がとっても好きでありまして、コレが無いとちょっと悲しい気持ちになるんですよ


L1100750-1.JPG
テールスープ
ゴロっとしたテールが入っていますし、その出汁もしっかりとしたスープ
ちょっと塩コショーの調味が濃いようにも思えますが、上限ギリギリと言いましょうか、暑さで汗を流している身体にはほど良いのかも知れませんね


L1100748-1.JPG
そして、麦とろ
麦飯はお世辞にも良い状態とは言えませんが、とろろはしっかりとしたものでありまして…
すり下ろされたソレが冷凍になった業務用のモノでは無いようですね


L1100746-1.JPG
これらの商品には満足していたのですが、お通しと称されるモノが提供されまして…
夏らしく鰻とオクラを合わせたものとトウモロコシでありまして、商品的には悪くないのですが、お酒も飲まないのに、無理やり提供されるこのお通しに代金を支払うことはちょっと気分が良いものではありませんね



【仙台炭焼牛タン 圭助】
東京都江東区門前仲町1-4-5 東真ビル1・2F
03-5245-6666

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





地鶏 黒木屋 門前仲町
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

東京メトロ東西線門前仲町駅:「門前茶屋」  オリジナルの“深川あさり蒸籠飯”と穴子の天ぷらで夜ごはん

L1100729-a.JPG

ピカピカ ゴロゴロ
17:30位に大粒の雨が降って…
そんな30分ほどの夕立のあと、夜ごはんへと出かけたのだけど、雨が地熱を取ってくれたのか、ちょっと涼しさを感じます



L1100724-1.JPG
目的は日本五大銘飯のひとつとも言われる深川めし
昔、漁師が食べていたという、葱と生のあさりを味噌で煮込んで、それを熱々のご飯にかける“ぶっかけ” その美味しさをお弁堂に持って行けるようにと考えられた“炊き込みご飯”の2種類が有名ではありますが…
そんな日常食をお店で提供するのは忍びないと、こちら「門前茶屋」の店主が考え出したのが“深川あさり蒸籠飯”なのだとか


L1100730-1.JPG
そんな“深川あさり蒸籠飯”がコレ
生姜の風味とともに煮込まれたあさりをご飯にのせ、それをせいろで蒸し上げたモノであるようでして、その熱々な湯気からも美味しさが感じられます
結構な量のあさりが使われていまして満足度も十分なのですが、それをよそうお茶碗などのサービスが無く、そのままいただくには食べづらさを感じてしまうことだけが残念なこと
身がプリッとした大き目のあさりが使われているのですが、今では深川で獲れるモノは少なく、多くは他県から取り寄せられているモノらしいですね
それは時代でありましょうから、仕方ないことなのでしょうね


L1100731-1.JPG
深川と言えば…
穴子も捨てがたいトコロでありますね
メニューには穴子の蒸籠蒸しもありましたが、今日はあさりメインで伺いましたので、穴子は天ぷらでいただくことにいたします
これまた身が厚い大ぶりな穴子でありまして、カリッとした衣の中にはフワッとした身が…
いやぁ、全く臭みも小骨も無くて、とっても満足いくものでありますね


L1100728-1.JPG
そんなお料理を提供していただけるのは、食事処と言うよりは炉辺メインの居酒屋さんと言った感じのお店でありまして、重厚な造りには歴史を感じることが出来ますし、2Fは総檜造りのお部屋になっているのだとか…
かなり興味津々であります


下町グルメ探訪 
次は歴史ある“ぶっかけ”や“炊き込みご飯”で深川めしを堪能してみたいと思います



【門前茶屋】
東京都江東区富岡1-5-1
03-3641-0660

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





門前茶屋
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:「セントル・ザ・ベーカリー」    VIRONの新業態 食パン専門店がオープンしました

L1100722-a.JPG

「VIRON」がパンドゥミ(食パン)の専門店をオープンさせたとの情報を聞きつけた仲間が、先日ココを訪ねたとのことでかなりの高評価
ならば… と早速、覗いて参りました


L1100702-1.JPG
場所は銀座一丁目の高速道路高架下
どうしてこんなところに? と思ってしまうようなところにあるお店でありまして、昼間は食パン販売とサンドイッチカフェ「セントル・ザ・ベーカリー」、夜はパンやチーズと一緒にワインを楽しむことが出来る「ラ・カンティーヌ サントル」という二毛作でありまして、夜は食パンだけでなくVIRONのパンもいただくことが出来るようであります


L1100706-1.JPG
工場直売と言った感じのパン売り場には美味しい香りが漂っていますね
ココで売られているのは、国産小麦で作られた角食と、北米産小麦が使われた角食とイギリスパンの3種のみでありまして、それぞれ2斤サイズで売られているようですね
そのお値段は800円ほどでありまして… 1斤当たり400円ほどと言ったところですから、スーパーで売られている量販品の3倍くらいという強気なモノであります


L1100705-1.JPG
そんなこだわりのパンをいただくことが出来るカフェコーナー
3種の食パンから2種を選んでいただく“セントルトーストセット”なるメニューがありまして、色んななジャムやクリーム、バターを好きなだけ合わせていただくことが出来るようですね
ユニークなのはその食パンを、テーブルに運んだトーストで自分好みに焼き上げることが出来ること しかもそのトースターは異なった10種類ほどが用意されていますので、これまた自分好みで…
美味しさだけでなく、楽しさまでも提供しているこのスタイル きっと日本初でありますね


L1100723-1.JPG
もちろん、サンドイッチメニューも充実していまして… 10種類ほどの中にはビフカツサンド6,300円なるものもあり、思わず笑っちゃいました
ワタシは、もっともスタンダードであろう“BLTサンド”をチョイスしたのですが、そのベーコンの厚みにビックリいたしました
5mm以上の厚みがあるにもかかわらず、それが固いと感じることがないモノでありまして… シャキッとしたレタスとマヨネーズソースとともに美味しくいただくことが出来ました
パンはモチッとしていて生地に甘みを感じるモノ サクッと芳ばしく焼かれていまして、ワタシ好みのモノであります


L1100714-1.JPG
これはコルクで作られているコースターなのですが、それが食パンの形をしていることに笑みがこぼれます
サービスしてくれるスタッフの方々も笑顔もステキですし、キチンと食パンのことを勉強しているようで…
体験型な要素もあって楽しいカフェって感じがステキなお店ですね


こちらの食パンをわざわざココまで来て買うのかと聞かれれば… ワタシとしては無しと答えちゃうかな
でも、ココの雰囲気とサンドとしての商品力にはお金を払っても良い感じですね
話題になり過ぎて、混み過ぎるお店にならないと嬉しいのですが。。。




【LA CANTINE CENTRE THE BAKERY】
東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル1F
03-3562-1016(セントル・ザ・ベーカリー)
03-3567-3106(ラ・カンティーヌ サントル)

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京メトロ銀座線京橋駅:「伊勢廣」  強火の近火 炭火で焼き上げる焼鳥は期待を裏切らないモノであります

L1100691-a.JPG

世の中、三連休ではあるけれど…
特に大きな予定があるわけでもなく、少々の事務仕事をこなしながらのんびりと過ごすことにいたします
初日、どうしてもココに行きたいという友人と「伊勢廣」
支店には何度か伺ったことがあるのだけど、本店は初めてでありまして… その佇まいに歴史を感じることが出来ます



L1100682-1.JPG
11:30過ぎに伺ってみますと、お店は既に満席
開店時間を待って入店された方たちでいっぱいになったのでありましょう
となると、多少の待ち時間を覚悟しなくては… と思っていたら、店外にある待ち席には「暑い中、ご来店いただき誠にありがとうございます。狭小店舗であるため、お待たせしてしまい申し訳ございません。このボックスの中に冷たい水をご用意いたしました。よろしければご利用ください。」と書かれたクーラーボックスが置かれています
美味しい料理はもとより、こんな気持ちがあるからこその繁盛店になるのでしょうね


L1100685-1.JPG
大正年間の創業とのことでありますが、この建物はその当時のモノなのでしょうか
1Fには、焼き場とそれを囲むカウンターと8人ほど座れる大テーブルが一つあるだけの小さなお店ですが、2Fにも客席があるようですし、お昼の時間は仕込み場となっているようですが、お向かいにもお店があるようですね


L1100687-1.JPG
「12:30から予約が入っているので、それまでの時間となりますが…」と案内された焼台の前の席
ガラスがありますので煙に巻かれることはありませんが、その立ち上がる煙には臨場感たっぷりのベストポジションであります
火力いっぱいの炭火での強火の近火
基本ではあるのですが、これがなかなか大変なことであるようで… 多くのお店はココが出来ていないんですよね


L1100696-1.JPG
いただきましたのは“5本丼”
多くのお客さはま焼鳥4本の丼をいただいているようでしたが、折角なのでと5本のモノをいただくことにいたしました
だって1本くらい多くてもお腹に影響はなさそうなので
肝類が苦手であることを伝えますと、嫌な顔一つせず快くその申し出を受けてくださるサービスもさすがです
歴史あるタレも、焼の技術も素晴らしいのですが、サッパリとしたささみ、ギュッと身が締まった食感のもも肉、そして軟骨の食感も楽しい団子と、それぞれの異なる美味しさを楽しめるってことも美味しさでありますね


ちょっと甘めのタレでありますので、ワタシは七味をかけていたきますが、山椒をかける方もいるのでしょうね
お昼の時間だと丼を召し上がるお客さまが多いようですから、滞席される時間もそれほど長くなくて…
満席の状態であってもそれほど長く待たされることは無いようですね



【伊勢廣】
東京都中央区京橋1-5-4
03-3281-5864

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





伊勢廣 京橋本店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

東京メトロ丸ノ内線赤坂見附駅:「板前寿司」    美味しいマグロがリーズナブルにいただけるお寿司屋さん

L1100672-a.JPG

クライアントさまの年間販促計画を作るためにパソコンの前に張り付いていたので、日中の暑さは回避されたのだけど…
偶々研修で上京していた地方のクライアントさんから夜ごはんのお誘いを受けて出かけてみると、かなり湿度が高いようで、汗ダラダラ
夜になっても気温が下がらないのが東京の夏 何とかならないものですかね



L1100675-1.JPG
出かけたのは赤坂見附
お寿司が食べたいというリクエストに「まる伊」さんや「鮨兆」さんなどを思い浮かべたのだけど、帰りの新幹線の時間が決まっているとのことでありますし、両店とも小さなお店でありますから予約なしに伺っても入れない可能性があるってことで…
最も便利で、それなりに美味しいお寿司がいただけるところってことで「板前寿司」へと伺うことにいたします
そう、新春の初セリで高額の大間マグロを買い付けることで有名なところであります


L1100660-1.JPG
入店時から賑わってはいたのですが、19:00を過ぎた頃には満席となっていましたね
先の話題で、マグロが美味しいお店としてのブランドを身に付けたことや、4,000円ほどで美味しいお寿司がいただけると言うリーズナブルさが受けているのでしょうね
ランチ限定ってことで注文することは出来ませんでしたが、“板前まぐろにぎりセット”なる商品
なんと、中トロ3貫に赤身5貫、それにかまトロ2貫、とろたくやネギトロ巻と、まぐろ尽しのボリュームで980円なのであります
これは真似できませんね


L1100674-1.JPG
“板前超豪華食べつくしセット”なるものを注文いたします
大トロ、中トロ、赤身 それにボタンエビにウニ・いくら 贅沢なネタが10貫が盛り込まれているだけでなく、ビックリするくらいのロース肉で握り(?)が別皿で提供されるではないですか
もちろん、海老の香りたっぷりの味噌汁も添えられています
これで3,000円ほどですから、こちらのコストパフォーマンスは素晴らしいですね
1,000円であるとか1,500円であるとかのように安く売ることでは無くて、お客さまが出すことが出来るお値段の中で、その金額以上の満足を提供することこそが、今の時代には必要なことなんですよね
立派なお店であると思います


L1100662-1.JPG
そしてシェアしてがいただきましょうと“炙りさばの棒寿司”
さば好きのワタシ、この商品を見つけますと食べたくなるのでありますが、青臭さが鼻に付くようなサバが使われていることも多くガッカリとすることも多いのですが、ココのは違いますね


L1100659-1.JPG
店内のPOPに「独り言ブツブツ」と言ったことが書かれていた“タコブツ”
面白そうなのでちょっと頼んでみたのですが…
提供されたソレを見て、佐島のタコってそんなに高価だったけ? 800円ちょっとでコレだけ? などと思わずブツブツと…
なるほど、独り言をブツブツと言いたくなるような商品ですね(笑)


流石にこれだけいただきますとお腹もいっぱい
席を待っているお客さまもいるようですし、ちょっと珈琲でもいただきましょうと、とっても感じが良いサービスをしてくれた店長さんに見送られながらお店を後にいたします



【板前寿司】
東京都港区赤坂3-8-17 パンジャパンビル1・2F
03-6659-7288

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

都営地下鉄浅草線新橋駅:「芝濱」   夜は高級 昼はお値打ち 新橋の雑沓から逃れた空間もステキです

L1100657-a.JPG

今日は3件の打ち合わせがありまして、銀座、横浜、自由が丘と移動いたします
先ずは、美味しいランチをいただきながら… ってことで、待ち合わせ場所である銀座8丁目の博品館に向かいます
ココ、どこの最寄り駅からも5分くらい歩くところでありまして、日頃は苦になるほどではないのですが、ココ数日の猛暑日の中では、それが地獄のようであります



L1100637-1.JPG
新橋の雑沓とは反対側 三井ガーデンホテルの向かいにある雑居ビルの地下1階
多くは事務所が入っているビルの地下でひっそりと営業しているお店でありますから、気を付けていないと見過ごしてしまうほどであります


L1100639-1.JPG
が、階段を下って店内に入りますと… そこは別世界
白木を中心に造られた雰囲気あるお店でありまして、キチッと白衣をまとった職人さんと、凛と背筋が伸びた着物姿の女将に迎えていただけます
開店したばかりのタイミングで伺いまいましたので個室をいただくことが出来、周りを気にすることも無くビジネスの話も出来ますね
ってことで、接待商談にもピッタリなお店であります



L1100641-1.JPG
こちらのお店でいただくことが出来る“おざぶ丼”はお昼の名物商品にもなっているようでありまして、その姿には圧倒されます
ご飯の上に穴子の蒲焼が乗せられ、それを大きな玉子焼きでふたをしているような…
実はこれを目的に伺ったのでありますが、鯛づくしの会席もお勧めですよと先の女将に勧められ… それがとってもお値打ちなお値段でありましたので、ワタシはその誘惑に負けてしまったのであります

豪快なお料理“おざぶ丼”に対し、こちらは繊細な料理でありまして…
お刺身、焼物、蒸し物と鯛づくしの料理が提供されまして、同じ食材でも調理法ひとつでこんなに異なるお味わいが楽しめるのだと改めて感じるモノでありました


L1100656-1.JPG
〆は、こちらのお店を代表する“鯛天茶漬け”
刺身ように切られた鯛に薄衣を付けて、身が締まり過ぎないほどに揚げられた鯛の天ぷら
先ずはそのまま天ぷらで、その天ぷらと薬味を乗せて茶漬けで、そしてこのクルミで作ったというタレをかけた茶漬けでと、何度も異なった味が楽しめるのもステキですね
鯛の骨で取ったという出汁には、ほんのりとした甘みがあって… これはお店を代表するに恥じない料理ですね


これでいて1,800円とは…
10席ほどのカウンターと、4人掛けのテーブルが置かれた個室がふたつの小さなお店でありますので、本当は秘密にしておきたいお店です



【千客万来 芝濱】
東京都中央区銀座8-12-5 峯田ビルB1F
03-6278-0488

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

東京メトロ東西線門前仲町駅:「ゴマ屋」   深煎りされた芳ばしい芝麻醤が特徴の担々麺 辛味の調整できます

L1100636-a.JPG

酷暑日4日目
真夏日であるとされる35℃を超える日がこんなに続くのは、観測史上のタイ記録なのだとか… 
今日はアポイントの予定がなかったために書類の整理に精を出していたのだけど、食事に出かけない訳にもいかず、テクテクと歩いて門前仲町へ向かいますと、タオルハンカチがびっしょりになるほどの汗になりました



L1100632-1.JPG
下町ではあるのだけど、駅周辺には多くの飲食店が軒を連ねていて面白そうなお店も結構あるため、時間があるときにはこのエリアの開拓をしてみようって訳
今日もその1軒である「ゴマ屋」へ伺います
門前仲町の交差点から町の中心となる富岡八幡宮とは反対方向へ歩いて3分ほどのトコロにあるラーメン屋さんでありまして、担々麺を主力商品とするお店であります


L1100633-1.JPG
喫茶店かと思うような外観から店内へと入りますと、そこにはコの字型のカウンターが置かれていまして、その席数15席
うなぎの寝床と言われる奥に細長い店舗でありまして、ラーメン店としては大きめの厨房がお店の半分を占めています
カウンターの上には、何故だかミニカーなどの小物が飾られていまして、これまたラーメン店には似つかわしくなて… 長居してしまいそうなほど良い雰囲気であります


L1100634-1.JPG
メニューは担々麺と酸辣麺をツートップに、普通のラーメンを加えた3本柱
シンプルな商品のほか、それぞれに、ネギ、ザーサイ、大肉〈チャーシュー〉、排骨と4種のトッピング商品がありますから、合計15種の麺メニューでありまして、餃子の販売にも力を入れているようですね 
壁面の洋服掛けには餃子の販促POPが掛けられていますし…
担々麺と酸辣麺、暑い日にはピッタリのお店であります


L1100635-1.JPG
ワタシがいただいたのは排骨担々麺
辛味の加減を選ぶことが出来るとのことでしたので、基本となる辛さの2倍となる“ホット”でお願いします
提供された姿に排骨を見つけることは出来ませんでしたが、飾られた青梗菜をずらしてみますと、その下から排骨が顔を見せてくれました

この排骨 スペアリブではありませんでしたが、豚ロースに擦り込まれたカレー粉の風味が効いていますし、カリッと揚がっていてとっても良く出来たモノ
麺は細麺でありまして、コレがスープと良く絡んでくれますので、ゴマの風味たっぷりのスープを惜しむことなくいただくことが出来ます
そんなスープは、一般的なすりごまの甘みが効いたモノではなくて… 
かなり深煎りされたゴマを使った芝麻醤であるようでして、芳ばしい風味が特徴となっていますね
花椒の香りとともに美味しくいただくことが出来るモノでありました
総じてバランスが良く仕上がっていると感じます


餃子はそれほどこだわっている感じも伝わってこなかったので、今日はパス
手作りの皮であるとか、餡にたいするこだわりであるとか、なんなりの特徴を伝えてくれるような文言があったら買ったかもしれませんが…



【東京担担麺本舗ゴマ屋】
東京都江東区永代2-31-5 内田ビル1F
03-3630-0250

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





東京坦坦麺本舗 ゴマ屋
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

京急本線金沢文庫駅:「味真」   リブロース一枚焼き 赤身ロースの薄切焼 和牛ロースは美味しいです

L1100620-a.JPG

酷暑3日目
今日も地獄のような灼熱の中、クライアントさまのところへと向かいます
バスや電車を待つ数分の間に身体が熱を持ち、省エネや節電と言う名の経費削減の影響で、車内でもその熱を冷やすには及ばない状況が続くのであります
環境に優しいということは、ワタシには優しくないってことのようです



L1100631-1.JPG
取り組んでいたプロジェクトが形になって一区切りついたため、ちょっとしたお疲れさま会と言った感じで焼肉をいただきます
駅からちょっと離れた目立たないビルの4F
6テーブルだけの小さな焼肉店でありますが、ふくよかな女性店主のキャラクターからでありましょうか とってもアットホームな雰囲気でありまして、気取ることなく、美味しいお肉を気軽にいただくことが出来るってことが魅力なお店なのです


L1100605-1.JPG
壁面には数枚のメニュー写真が掲げられ、そのソレがとっても美味しそうなモノばかり
美味しいお肉がいただけると思うと、気持ちがワクワクして参ります
何をいただこうかと迷うことも楽しみのひとつだったりしますね


L1100622-1.JPG
ネギ塩タンからはじめて、お手軽価格の切り落としカルビ
ちょっと厚めに切られているタンは食感がとっても良くて… ネギ塩の旨みとのバランスも抜群ですね
そして、お肉をカットすときに出る端っこの部分を集めた切り落としカルビ
端っこでありますから形は不揃いですが、美味しいお肉であることに変わりは無くて… 650円と言うお手軽価格でいただけることが嬉しいですね


L1100616-1.JPG
壺漬けのカルビや、サシが美しい上カルビもいただいたら、こちらの名物商品のひとつである“リブロース1枚焼き”をいただくことにいたします
焼肉として美味しくいただける“厚み”にこだわっていますので、お肉の判の大きさによってグラム数が異なるため、お値段は100gで1,200円
ちょっと贅沢な感じもしますが、A4ランクの和牛でありますから、そのお味は折り紙付きってことですね
とろけるような脂の美味しさが楽しめました


L1100624-1.JPG
〆にとシェアしたのがカルビうどんと豆腐チゲ
カルビも旨みと甘みが溶け出たカルビスープに麺が良く絡んで… 
そして、辛味が効いた熱々のチゲ鍋もコクがあって… どちらもとっても美味しくいただくことが出来ました


日中の暑さに疲れた身体に焼肉
これぞ夏を乗り切るためのスタミナ源でありますね



【焼肉 味真(みじん)】
神奈川県横浜市金沢区谷津町352-9 フジビル4F
045-785-0042

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

JR山手線品川駅:「大志満」    庭園を眺めながら和会席でのんびりランチ

L1100555-a.JPG

今日も酷暑であります
関東は一昨日に梅雨明けし、その後も続々と各地での梅雨明けが宣言されて…
一気に真夏になったかのような日が続きます
午前中、パソコンに向かっていますと、その陽射しが大きな窓から入り込み、室温も30℃を超えるほど
こうなりますと、カーテンを閉めてもエアコンも効かない状況でありまして仕事になりませんね



L1100584-1.JPG
お昼は会食の予定ありまして…
バタバタとしたランチミーティングでは無く、落ち着いたお店でゆっくりと和会席をいただくことにいたします
選んだのは「SHINAGAWA GOOS」の3Fにある「大志満」 
都内に数店舗を構える加賀料理のお店でありますが、ココは比較的ゆったりとしていまして、ランチ時でありましても、それほど混みあうことも無く…


L1100578-1.JPG
窓から見える庭園の緑に癒されながら優雅な気持ちで美味しい料理をいただくことが出来るところも、こちらのお店の魅力でありますね
気分が和みますと、和の繊細な調味や盛り付けを感じる余裕が出来て、更に美味しさを感じることも出来ようというもの
偶にはこんな時間も必要ですね


L1100546-1.JPG
季節の小懐石ということで“苔清水”なる料理をいただくことにいたします
初夏らしく、鮎を使った先付から始まり、枝豆が使われた吸物、そして氷が敷かれることで涼しさを感じさせてくれる造りへと続きます
そして、加賀名物である治部椀


L1100562-1.JPG
つばめ生姜で飾られたすずきの香味焼き、焼穴子と長芋を桂剥きされた大根で巻いた砧巻
一つひとつの料理に夏の味覚が織り込まれていていますし、その提供も丁寧でありまして…
お食事は炊き込みご飯
この手のお店では珍しく、このご飯はお替わりも出来るのだとか 
お腹も満足していたのですが、その美味しさについお替りまでいただいちゃいました


この会席をいただいている間に、おしぼりを3回も交換してくださるほどの気遣いあるサービス
着物を着ての歩き方や手さばきなどの所作もしっかりとしていまして…
これなら、大切な人を招いての会食にも使えそうですね
すっかりお気に入り



【大志満】
東京都港区高輪3-13-3 SHINAGAWA GOOS 3F
03-3441-8080

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





大志満 高輪店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

東京メトロ東西線門前仲町駅:「才谷屋」  焼鳥の繁盛店がプロデュースしたラーメン店がオープンしました

L1100541-a.JPG

真夏のような日差しが射す日曜日
湿度は低いようで、暑くはありますが不快な気にはならない陽気でしたので、汗になっても良いようなラフな格好で門前仲町までテクテクと歩いて向かいます
途中にある越中島プールが昨日がプール開きだったということもあるのでしょう ココに向かっている多くの子供連れの方とすれ違いました
今日のような日にプールとは、さぞ気持ち良いことでありましょう



L1100534-1.JPG
目的としたのは昨日開店したばかりの「才谷屋」ってお店
新橋や上野にある「ごくう」って焼鳥屋さんが、新しい業態としてオープンさせたラーメン屋さんなのであります
美味しい鶏肉を仕入れる焼鳥屋さんが手掛けるとなると、きっとココのスープもそんな鶏肉でとられているに違いないと期待が高まって… 早速お邪魔してみることにいたします


L1100536-1.JPG
関東のラーメン屋さんにはブラックペッパーが置かれていることが多いのですが、こちらに置かれているのはホワイトペッパーでありまして… ラーメンにはホワイトペッパーでしょ!と思っているワタシにはうれしい限り
しかも、七味では無く、一味が置かれているのもワタシ好みでありまして、完全にツボにはまってしまいそうなお店でありました

開店したばかりには色んなトラブルが起こるものなのですが、こちらでも券売機が紙幣を飲み込まなくなったらしく、その対応に追われてバタバタな状態でありましたね


L1100539-1.JPG
今流行りの煮干し系のつけ麺などもありましたが、やはり鶏がらスープのスッキリした味わいを楽しみたくて“塩”の全部のせをいただくことにいたします
こちらで使われるチャーシューはなんと3種もありまして…
バラ・肩ロース・モモと言ったところでありましょうか その異なる食感と、それぞれに合う調味がされているというこだわりよう
しっかりと堪能させていただきましたよ


L1100543-1.JPG
そして煮玉子
これも程よい半熟に仕上げてありまして、汁に流れることも無く、トロンとした黄身を味わうことが出来ます

麺は細麺でありますから、スッキリとした塩味のスープをしっかりとお口まで連れてきてくれまして… バランスの良い麺とスープの絡みをいただくことが出来ます
特に大々的な広告もしてないようですが、お昼の時間を過ぎたタイミングでも多くお客さまが来店されていました
これは、結構な繁盛店になりそうな気がいたします



【麺処 才谷屋】
東京都江東区富岡1-26-1 中央魚類深川ビル1F
03-3642-6511

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「ロイヤルホスト」    “the”が付くロイヤルホストでハンバーグとカシミールカレー

L1100527-a.JPG

ジメジメと不快な梅雨がようやく明けました
と言っても今年は例年よりも2週間ほど早いようで… と言うことはジリジリとした陽射しに照らされる暑い夏が長くなると言うことになるのでしょうね
そんな今日、日本一暑い街と言われる熊谷市では36℃近くにまでになったとのこと
こんな猛暑日が2カ月近くも続くかと思うと… うんざりであります



L1100516-1.JPG
近所にあるロイヤルホストが改装していたのだけど、オープンしてみますと、なんと“the”と言う冠を付けての登場であります
“the”が付くロイヤルホストと言いますと、一昔前、新宿西口の一等地に全国のロイヤルホストの象徴と位置付ける、商品からサービスが最高峰とするお店があったのだけど…
その再来かと訪ねてみることにいたします


L1100521-1.JPG
以前のお店を利用したことがありませんのでどこがどのように改装されたのかはわかりませんが、お店の方によりますと、ドリンクバーと呼び出しボタンを無くしたことが“the”なのだとか
であれば、今後“the”が付くロイヤルホストが全国に広がるということなのだろうか? であれば“the”の意味がなくなるような気もするのですが…


L1100524-1.JPG
最近商品のレベルが上がったとの評判でもあるので、ハンバーグをいただいて見ることに…
以前からロイヤルホストが力を入れている黒×黒ハンバーグ
黒豚と黒毛和牛のミンチを使っているということに変わりは無く、鉄板で提供されるスタイルにも変わりないのだけど… その鉄板の温度は下げられているようですね
昔はジュージューと音を立てながら提供され、そのシズル感が楽しめたのだけど、その分ハンバーグがどんどんと焼け進むことで肝心のジューシーさを失っていたんですよね
それが、今回は保温する程度に焼かれた鉄板に変わっていまして… 良い感じであります
で、ハンバーグを二つに切り分けますと、その切り口から肉汁が出てくるのですが、肉汁が溢れるというか滴るというかのモノではなくて滲んでくる程度 ちょっと焼きすぎであったのかも知れませんね
とは言え、ハンバーグの調味はさすがと思わせるほどにしっかりとしたものでありまして、ソースを使わずとも美味しくいただくことが出来るモノでありました
ソースの飛び散りを避けるためでありましょう ソースはかけずに付けていただくようにとのサジェッションがあるのですが、これだとトロンととろける卵の黄身とソースが一体化する美味しさを味わうにはちょっと難しさがありますね


L1100530-1.JPG
夏が来ると思いだす… ではありませんが、ロイヤルホストのカレーフェアは今年が31回目なのだとか
その歴代1位の売上であるというのが“カシミールカレー”であるとのことで、昔良くいただいていたソレを一緒にいただくことにいたします
この組み合わせはかなりのボリュームになるのでありますが、サラサラのカシミールカレーなら何とかなるでしょう
サラサラとしたスープカレーのような濃度でありますが、多様な香辛料が使われていることでの刺激と、野菜をたっぷりと煮込んだことでのコクの両方が楽しめるモノであります
以前はビールジョッキなどでお冷をいただきたくなるほど辛かったように思いますが、多少万人向けに辛さを調整されたのでしょうかね? 今日はそれほどの辛さを感じることなくいただけました 
ワタシにとっては、汗をダラダラと流しながらいただく激辛のカレーって言うのが、これの魅力でしたので、ちょっと残念ではありますが…


【Royal Host】
東京都中央区八丁堀1-13-7 ホテルサードニクス東京1F
03-6222-0054

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

JR山手線有楽町駅:「よかよか」  東京でいただける本物の博多うどんはいりこ出汁が美味

L1100499-a.JPG

昨日のこと
交通会館に博多うどんのお店が開店していたとの情報を仲間から教わって…
もう頭の中は、あのいりこ出汁の甘いおつゆに浮かんだブニュッとしたアシのある麺に支配されてしまいました
ってことで、クライアントさまへと伺う途中で、有楽町へと立ち寄ることにいたします



L1100496-1.JPG
交通会館の地下1F
地下鉄からは地上に出ることなく伺えるのでとっても便利なトコロであります
ココには『ザ・博多』なるご当地ショップもありますし、美味しい長崎ちゃんぽんがいただける『桃園』ってお店があったりと、何故だか九州色が強く“リトル九州”といったトコロであったりもするのです
そんなところに、今年4月に開店したという「よかよか」
早速お邪魔いたしました


L1100503-1.JPG
クライアントさまのところでは商品の最終決定に向けた試食が準備されているため、軽くおうどんを一杯だけのつもりで伺ったのですが、何とランチメニューには“かしわ飯”とのセットメニューがあるではないですか…
となればその魅力に勝てるはずも無く“壱”なるセットをいただくことにいたします


L1100502-1.JPG
カウンターで商品を注文と会計を済ませ、商品が出来上がるのをしばし待ちます
その間に、トレーにお冷を乗せて…
博多うどんと言えば、いりこ出汁の甘い香りとブニュッとした食感の麺も特徴でありますが、トッピングにも特徴的なモノがありますね
丸天 ごぼ天(ごぼう天) 鳥天 さて、今日は何をいただきましょうか… と、しばし悩んで丸天
練り物好きのワタシには堪らないのです

歯を押し返して来るような“コシ”ではなくて、どこまでも切れることなく伸びるような“アシ”
あー これこそ本物の博多うどんであります
讃岐のうどんはあちらこちらでいただくことが出来るようになりましたので、次はうどん発祥の地とも言われる博多うどんのお店が広がると良いのですが…


L1100501-1.JPG
“「かしわ」っちゃ鶏肉んことたい”
そう、“かしわ飯”とは、鶏肉とごぼうの炊き込みご飯なのでありまして、博多っ子のソウルフードなのです
コレをおにぎりにしたスタイルのお店もありますが、博多のうどん店では必ずと言って良いほど置かれているほど、うどんとの相性が最高なのです
添えられた高菜の古漬けがまた美味しくて…
もう、ココには通い詰めてしまいたいほどであります


お昼時にはかなり混み合うのでしょうが、立ち食いのようなスタイルでありますから、それほど待つことなく利用することも出来そうですし、お店の雰囲気も悪くなくて… 
立ち食いそばはちょっと… と感じている女性でも大丈夫かもしれませんね



【博多うどん よかよか】
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
070-6660-4594

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

都営地下鉄浅草線三田駅:「跳ね馬」    甘い九州醤油と馬刺し そしてポテサラとブロッコリーがお勧め

L1100489-a.JPG

今夜も会食
以前、同じ会社の同僚として働いていたのだけど、今は食品業界で活躍している友人でありまして、お会いするのはかなり久しぶりのこと 
再会のきっかけはフェイスブックで繋がったことでありまして、ひょっとしたら10年以上ぶりかも知れません
お互いに忙しい立場にありますので、再会の約束をしてから2か月ほどの時間を要してようやく実現することになり田町駅で待ち合わせをいたします



L1100493-1.JPG
10数年ぶりとは言え、多くの人が行きかう駅構内での待ち合わせに事なきを得て…
向かったのは彼が贔屓にいしているお店でありまして、三田の雑沓の中に吸い込まれます
お店は流行りのバルスタイルでありまして、馬肉料理をメイン商品としているようでありますね
馬肉と言いますと、それほどいただく機会が多いモノではありませんが、ヘルシーな赤身と、脂が美味しい“こうね”など、癖が強いお肉ではありませんので刺身で楽しむことが出来るお肉でありますね


L1100484-1.JPG
バルと言うから立ち席なのかと思いきや…
結構ゆったりとしたテーブル席でいただけるお店であるってことでひと安心
立ち席にすることで商品をお安くするお店が話題になったりしていますが、ワタシはそのスタイルは嫌いなんですよね
店頭から見える20席ほどのお店かと思いきや奥にも客席があるようで、ワタシたちのあとに来店されたお客さまが次々にそちらへと流れていきます


L1100489-1.JPG
まず、卓上を飾るのは馬刺しの盛り合わせ
こちらでは普通の醤油に加え、九州の甘口醤油が用意されていまして… やっぱり馬刺しには九州醤油の甘みとコクが合うんですよね ありがたいことです
赤身やこうねをはじめ、サーロインやヒレなど5点を盛り合わせたこの商品が1680円でいただけるってこともうれしいことですね


L1100486-1.JPG
そしてバルらしい商品をいくつか…
“半生かつおのオニオンサラダ”と友人が注文をしていたようなので、カツオのたたきのようなものが提供されるものだと思い込んでいたのですが…
正しくは“半生かつお節かけ流しのオニオンサラダ”と言う商品だったんですね 思わずカツオの刺身を探してしまいましたよ
厚く削られた鰹節 この姿を見て、子供の頃に夕食の支度をする母の手伝いで鉋のようなもので鰹節を削っていたことを思い出しました
そんな鰹節には凝縮された旨みがありまして、実に美味しいモノでありました
そして、笑わせていただいたのが“丸ごと茹でブロッコリー” 
洋食メニューの付け合わせやサラダに乗っているサイズのモノがいくつか盛られているのだろうと想像していたのですが… これはまさに丸ごとでありますね
ちょっとわがままを言い、たっぷりといただいたマヨネーズを惜しむことなく付けていただいちゃいました


L1100481-1.JPG
そして今日の一番のお気に入りがコレ
ポテトサラダなのでありますが、ゴロゴロとしたポテトにオリーブオイルで調味したアンチョビが掛けられていまして…
その塩味でポテトが更に旨みを増してくれるような絶品商品でありまして、これはリピート必至でありますね


接客していただいた女の子も、カタコトではありますが一生懸命に商品の説明をしてくれたり、ドリンクなどのお替りに気遣ってくれたり… 何よりもその笑顔がステキで感じ良いものでありました
その辺のチェーン店で働く、下手な日本人よりもはるかに感じが良い接客が受けられたことにも大満足であります
三田と言うエリア それほど行くことが無いところではありますが、機会がありましたら、またお邪魔したいお店であります



【馬肉バル 跳ね馬】
東京都港区芝5-22-5 原田ビル1F
03-5444-2755

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

東急池上線大崎広小路駅:「はらみ堂」   ハラミ一筋を謳う看板商品“ハラミ”と希少部位が楽しめる焼肉店

L1100461-a.JPG

お昼にオープン間近のラーメン店で試食するお仕事
ラーメンと言うのは嗜好性が高い商品でありますので、塩味のバランスや、ボリュームと価格のバランス、見た目のインパクトなどを中心に試食いたしました
そして夜、約束していた会食へと向かうのですが、販売を予定している4種のラーメンを試食したことで、お腹はパンパンのままなのでありますが…



L1100444-1.JPG
五反田にある焼肉店「はらみ堂」
その名の通りハラミをメインとしたメニューが評判のお店であります
約束の時間よりもちょっと早めに着いたのでお店の前で待っていますと、ゴロゴロとキャリーを引っ張ってやってきた出張族のような4人組の男性がココへ吸い込まれていきまして…
きっとそんな評判を聞きつけてやってきたのでありましょう


L1100454-1.JPG
お腹がパンパンと言いながらも、美味しそうな商品が揃っていますので、あれこれとついつい頼み過ぎてしまいます
お決まりの、キムチの盛り合わせとナムルの盛り合わせ、チャンジャをいただき、更にチョレギサラダを…
そしてお肉のスタートはネギ塩タンから
想像を超えた厚みがあるモノでしたので、これはネギを外して片面を焼き、裏返すタイミングで再びネギをのせて焼き上げるのが良いようですね
厚みがあるのに硬さを感じないものでありますし、ネギの香りや塩味のバランスも良いものでした
そして“ドラゴンカルビ”
店頭に置かれた看板を見ていて、その姿に惚れ込んだ商品であります
30mm×30mm×300mmほどにカットされたカルビが竜の舞のようにうねらせ盛られているのです
あまりにも見事なサシが入っていますので、この姿のまま焼くと火が上がってしまうとのことでしたので、6等分ほどに切り分け焼いたのですが、それもで滴る脂で火が上がってしまいますね
それだけ脂が絡んでますので、いただいて見ますととろけるような甘味でありまして… これはリピートすること間違い無しですね


L1100462-1.JPG
そして、ハラミと上カルビ
厚切りにされたハラミはシャリとしたハラミ特有の食感で、全く臭みを感じさせないモノ
さすが「はらみ堂」でありますね
そして、上カルビは炙る程度で…
お肉ばかりでなくて熱々の豆腐にコクがある辛さが楽しめるスンドゥブを合わせていただくことが、最近のお気に入りでありまして…
子供の頃に良く見た懐かしいお鍋て提供されたのにはビックリしましたが、たっぷりと入ったスープに大満足です
これに、ご飯を加えて〆るのも良いのですが… 最後はスッキリと冷麺
これもシコシコ食感が美味しいモノでありました


L1100480-1.JPG
平日でありながらも20:00近くになりますと、お店はお客さまで溢れ、その後訪れるお客さまをお断りしている状態が続きます
決して安さをウリにしているお店では無いのですが、その商品の魅力からお値打ちを感じるのでありましょう



【じゅう兵衛 はらみ堂】
東京都品川区西五反田1-32-2 ALCOVE1F
03-3491-8938

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「ターBOU」   オーナー自らが調理しサービスする小さな洋食店

L1100418-a.JPG

今日はスッキリと晴れ渡っていて、とても気持ちが良い日
こんな日はお外に出たい気分になるのですが、残念ながらやらなきゃならない仕事もあって…
それで、ちょっとだけランチの時間を長めにとって、隅田川沿いの公園をお散歩したあとランチへ



L1100409-1.JPG
ブラブラと歩いていると、ガレージのようなブルーの塗装がされている建物を発見
一体何なの(?)と近づいてみると、そこは何と「ターBOU」なる洋食店なのでありまして…
どうにも美味しさを感じることが出来ない佇まいに普段なら絶対にパスするところなのでしょうが、ちょっと好奇心と言うモノが騒ぎ始めまして入店してみることにいたします


L1100412-1.JPG
引き戸を潜ってお店に入ってみますと、そこには外観とは全く異なる雰囲気が広がっているではないですか…
カウンター8席と4名掛けのテーブルがふたつの小さなお店でありますが、白とオレンジを基調とした洒落たレストランの雰囲気でありまして、そのカウンターに囲まれた厨房はピカピカに磨かれているのです
そんな厨房に立っているのは真っ白なコックコートにキチンとコック帽を被った年配の男性でありまして、そんな風貌から、真面目に作った料理がいただけることが確信できるものであります


L1100413-1.JPG
メニューを眺めていますと、オーソドックスな洋食メニューが揃えられていまして、どれも食べてみたいものばかりでありまして…
欲張りなワタシは、どれか一つに絞り込むことが出来ずに、ナポリタンとハンバーグが一緒にいただける“ハンバーグ乗せナポリタン”をいただくことにいたします
カウンター席をいただきましたので厨房での作業は丸見えでありまして、テキパキと料理をする姿を楽しむことも出来ますね
ハンバーグは注文を受けた後に、タネを計量し、両手でペタペタと空気抜きをしたあとフライパンへ
その傍らでナポリタンの野菜を炒めて…
その姿や、シズル感ある音、そして香り すべてが美味し料理を提供するための演出になってますね


L1100416-1.JPG
そんな作業を眺めつつ、更にメニューを眺めていて見つけた“カニクリームコロッケ”
サクッとした衣に包まれた、とろーりとしたクリームにカニ身がが入っていて… とそれを想像したらもう堪らず追加注文いたします
それほど大きなものを想像していなかったのですが、提供されたコロッケは女性の拳ほどのものがふたつも…
ナポリタンも結構なボリュームでありましたので、コレは完食は難しいであろうと察します


ほんの少しのデミソースが加えられたナポリタンは濃厚な風味があり、焼きたてのふわふわハンバーグととの相性も抜群
そして、サックサクの衣をまとったコロッケは芯まで熱々で… 添えられたタルタルソースでいただくも良し、卓上の置かれたソースでいただくも良し
ふたつのコロッケをそれぞれの味でいただきました

気さくな雰囲気があるオーナーひとりでやっている小さなお店は、通うほどに良さが増すこと間違いなしでありましょう



【ターBOU】
東京都中央区新川2-5-8
03-5566-7800

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

都営大江戸線勝どき駅:「屋形舟 晴海屋」   納涼! 初めての屋形船で美味しい揚げたて天ぷら宴会

L1100386-a.JPG

友人が行きつけとしている門前仲町の美味しお寿司屋さん「寿司孝
そこへ行こうと友人に誘われ、昨日の予定で予約を入れようとしたのが1週間ほど前のこと
すると、7月1日である今日、お店の常連さまを集めて屋形船を貸切、納涼祭をやる企画があるからそれに参加して欲しいと言われたそうで…
大間の鮪をウリにしているお店であるようですので、そのお寿司がいただけないのはちょっと残念ではありますが、人生初の屋形船を楽しむことにいたします



L1100380-1.JPG
門前仲町駅に集合し、越中島の船乗り場から出航です
先ずはお台場へと移動し、そこでしばらく停泊 十分に夜景を楽しんだあとにスカイツリー方面へと再び墨田川を上ります
そしてまた、スカイツリーを眺めながらの停泊をして… 東京の夜景を十分に楽しむことが出来る楽しい屋形船宴会でありました
船の女将はチャキチャキの江戸っ子と言った感じでありまして、宝塚の男役のようにさえ思える美人さんでありました


L1100390-1.JPG
ズラッと卓上に並べられたお料理の数々に続いて、屋形船のテッパンである江戸前天ぷらが提供されます
江戸前と言えば穴子
身が厚い穴子が揚げたてで提供されますのでホックホクでありまして… コレは素晴らしいですね
そして、やはりふっくらと揚げられたキスやブリンとした食感が美味しい海老、さらには旬を感じるアスパラなどなど
いやぁ、いつもと違う雰囲気の中でいただくってことで、更なる美味しさを感じることが出来ますね


L1100395-1.JPG
ローストビーフも提供されまして…
滅多にいただくことが無いワインをいただいたってこともあるのでしょうか この船に乗り合わせたいろんなお客さまとも会話が弾み…
何だか昔から知っている仲間であるような気すらしてきますから不思議なモノですね


L1100406-1.JPG

L1100407-1.JPG
スペシャルゲストとして歌手の青山ひろしさんも登場され「俺じゃだめかい」「〜Miren〜の街」などの代表曲を披露したあと、お客さまとのデュエットまで…
宴を盛り上げてくださいました
そんな楽しい時間もあっと言う間に過ぎて、〆のご飯とデザートとなります

そんな宴の中で行われたビンゴ大会
ワタシはビンゴすることはありませんでしたが、お誘いいただいた友人がなんと食事券をゲット
ってことで、次回はその食事券で「寿司孝」さんへ伺って参ります



【屋形舟 晴海屋】
東京都中央区晴海3-6-1
03-3644-1344

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



屋形船 晴海屋
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。