2013年03月31日

JR山手線新宿駅:「房's」  エキチカで美味しいワインと料理が楽しめるオシャレなダイニングバー           

L1070781-a.JPG

霧雨が降り肌寒さを感じる中、新宿での夜ごはん
東口からほど近いビルの3Fに美味しいワインが楽しめるお店があると勧められましたので、ワイン好き女子を誘って伺うことにいたします
待ち合せた時間は19:00 お店としても書き入れ時ってことで、多くのお店のスタッフが路上での客引きに一生懸命でありますね


L1070773-1.JPG
目的としたのは「房's」というダイニングバー
シャレた雰囲気が漂う店内は、女子会やカップルでの利用にピッタリと言った感じでありまして、チェーン系の居酒屋が乱立するエリアで貴重な存在でもありますね
既に多くのお客さまで賑わっていまして、その中には外人さんのお客さまも目立っています


L1070772-1.JPG
イベリコ豚のジャーキーを前菜代わりにいただき、身体のことも考えて温野菜サラダや鴨のローストなどなど…
どれもしっかりとして料理でありましたが、一口サイズにカットされたガーリックトーストがとってもお気に入りでありまして、お替りまでしちゃいましたよ
たっぷりのガーリックオイルに浸されているってトコロが魅力なんですよね


L1070784-1.JPG
メインとしていただいたスモークサーモンのソテー
これがまた、実に素晴らしいものでありまして… サーモンの塩味が強かったことは残念ではありましたが、ケッパーの香りたっぷりのソースが見事なモノで先のマイナスもカバーして余りあるモノ
クリームのまろやかさや、カリッと焼かれているサーモンの食感も魅力ですね


L1070789-1.JPG
〆にいただいたのが「EDOMAEロール」
イタリアン系の料理が揃うこちらのお店で創作的なお寿司でありますから、ハッキリ言って期待していなかったのですが…
これがコレが見事なバランスでありまして、その辺の回転寿司でいただくソレよりもはるかに美味しいものでありました
EDOMAEの所以は煮穴子が巻かれていることからでありましょう
その穴子の風味が楽しめますし、マヨネーズソースと煮穴子のタレとが良く合っているんですよね


21:00過ぎにお店を出る頃には、140席もある大きなお店に席待ちのお客さまが…
一生懸命に呼び込みをするお店があるかと思えば、こちらのように自然にお客さまが集まってくるお店もあるんですよね
料理の美味しさがサービスの快適さも大切なことではありますが、お店の特徴がお客さまに支持されることが大切なことなんですよね



【Tokyo Cuisine & Wine 房's】
東京都新宿区新宿3-36-12 杉忠ビル3F
03-3355-0050

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





Tokyo Cuisine&Wine 房's 新宿
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0





posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「日本橋ゆかり」   美酒×美食サロンvol.1 美味しい料理と美味しい米焼酎のコラボであります

L1070756-a.JPG

美酒×美食サロンvol.1
『日本橋ゆかりで味わう米焼酎と季節の昼膳〜春〜』なるイベントにお誘いいただきまして、お邪魔して参りました
美酒とあるのですが、ワタシはお酒が飲めないのですが… 
とお誘いいただいた方に相談したところ、飲めそうな顔をしているから大丈夫と、“顔”パスで参加させていただくことを許されたのであります



L1070771-1.JPG
会場は「日本橋 ゆかり」 三代続く、日本橋の名店でありますね
メディアにも取り上げられ続けるる三代目から料理のお話を伺いながら、美味しい米焼酎ともにいただく日本料理の神髄
宴に参加されている30名ほどの方々とともに宴を楽しみましょう


L1070749-1.JPG
スープ代わりと言うところでしょうか? 3層に重ねられた茶わん蒸しのような料理から始まります
冷製のそれは、可愛いグラスに入れられており、涼しさを感じさせるものであり、つるんとした食感が楽しいモノでありました
そして前菜
空豆に緑にサーモンやエビのピンク色 彩り美しく盛り付けられた季節の料理に舌鼓を打ちます

特製の納豆を使ったソースをたっぷりとかけていただく、かつをやイカ、カンパチ、ほたての刺身
たっぷりと乗せられた、大根や大葉のつまと一緒にソースで和えていただくのだそうですが… よほど自信があるソースらしく、それをたっぷりとかけてと強調されますので、添えられていたソースをすべてかけてみますと塩味がきつくて、つまは食べることが出来ませんでした
とは言え、納豆の臭みを消した、魚の胆をソースにしたような風味がするこのソースは面白いものでありましたし、お刺身の旨みを閉じ込めるために表面を軽く炙ってあったりと、きちんとした仕事を感じさせるモノでありました


L1070763-1.JPG
そして、てんぷらや煮物と続きまして〆のご飯
うるち米とのブレンドは、モチッとした食感が楽しい炊き込みご飯でありました
ご飯一緒に供されるお味噌汁の美味しさは、出汁が効いたものでありまして、さすがと唸らせるに十分なモノでありました
そして、今日の宴に相応しく、麹を使ったデザートであります
杏仁の代わりに麹を使ったような流しものに、これまた焼酎を含ませたようなジュレが掛けられていまして…
大人が集う宴にピッタリなモノでありました


老舗と言う暖簾
それを笠に着ることなく守り通していただきたいものでありますが、こちらのお店のサービスは酷いものでありますね
決められた時間の中で料理を提供しないとならないということもわかりますが、食べ終わった器を片っ端から下げていく姿からは、もてなしの気持ちを感じることが出来ませんね
1Fで少人数の食事会であればこのようなことも無いのかも知れませんが、ちょっと残念なことでありました




【日本橋ゆかり】
東京都中央区日本橋3-2-14 KNビル1F
03-3271-3436

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





日本橋ゆかり
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:2.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

JR京浜東北線大森駅:「てん」  手作り料理と笑顔の接客 気軽に利用できる楽しい居酒屋でありました

L1070732-a.JPG

お昼にナポリタンを試食し、無理やり押し込んだTBSでの仕事の後は、大森へと移動いたします
とっても暖かな日でありまして、外ではポカポカ日差しに照らされ、施設内では暖房の熱で、しっかりと汗にまみれてしまいます



L1070730-1.JPG
大森駅北口
もう20年ほど前のことではありますが大森で勤務していたことがあり馴染みがある街だと思っていたのですが、北口周辺には来ることが無かったため新鮮な気分がいたします
駅前のバス停には帰宅のためバスを待つ人の列ができているほど乗降客が多い駅から徒歩1分ほどにあるビルの3F
全ての客席が個室だという居酒屋さんへ伺ってみますと、歓送迎会のようなお客さまで早い時間から賑わってますね


L1070734-1.JPG
お通しとして提供されるサラダをいただいた後、いつくかの商品をいただきます
セロリ嫌いな人でも食べられるという浅漬けや、みずみずしさを残すキュウリの1本漬けをいただいたのでありますが、これらの商品が素晴らしいこと
前菜や先付け的にいただいた商品が美味しいと、これから始まる宴がステキなものになるようでテンションが高まりますね


L1070740-1.JPG
チェダーチーズをとろけさせた出汁巻き卵をいただいた後には、唐揚げや地鶏をにんにく風味で焼き上げたモノ
これらも待たせることなく提供されるだけでなく、ほとんどの商品がワンコイン前後の価格でありますから会計を気にすることなく食べたいモノをドンドンと頼めるってこともうれしいことであります
〆にいただいたおにぎりは、塩昆布と一緒に握られたものをとろろ昆布で包んだ昆布尽くしでありまして、ほんのりと香る醬油の風味と一緒にいただきお腹も大満足


手作りであることが感じられる料理の数々と、笑顔が絶えないフレンドリーな接客が宴に花を添えてくれるステキなお店でありました



【創作居酒屋 てん】
東京都大田区山王2-1-6 キャビックビル3F
03-5743-7255

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ぜんぶ個室な創作居酒屋 てん 大森店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東急東横線中目黒駅:「関谷スパゲティ」   ピーマン・マッシュルーム・ソーセージ 3種の神器が美味しいナポリタン

L1070710-a.JPG

先週のこと 花見をしようとやって来た中目黒で見つけたお店
その日は別のところへ予約を入れていたため立ち寄ることはなかったのだけど、ずっと気になって気になって…
それで今日、ココのスパゲッティをいただくことを目的に、再び中目黒であります



L1070703-1.JPG
先月末に開店したばかりと言うスパゲッティ屋さんでありまして、自家製の生パスタとナポリタンを売り物にするお店なのです
シャレた雰囲気のイタリアンでいただくパスタではなく、日常的にお腹を満たすためにいただくスパゲッティ遠い昔に喫茶店でいただいていたようなスパゲッティがここ最近注目を集めていまして、ナポリタンやミートソースを武器にしたお店の出店に勢いがあるのです
そんなお店の商品を全部食べつくしてやろうと仲間を集め、開店と同時に潜入することにいたします


L1070704-1.JPG
お店の中央に置かれた大きなテーブルと、奥に2名掛けのテーブルが3つ
大テーブルはカウンター席代わりに使われ、ひとりのお客さまをどんどんと飲み込んでいきます
ラーメン屋さんと同じように気軽にスパゲッティをいただき、お腹を満たしたらサッと席を立つ そんなお店でありますから、それほど多くの客席を持つ必要もなく、効率的な商売が期待できそうであります


L1070709-1.JPG
メイン商品であるナポリタンはかなりの出来栄えでありまして、ピーマンと玉ねぎ、それにソーセージと缶詰のマッシュルームという定番の具材にケチャップソース
このオーソドックスなスタイルこそがナポリタンの美味しさであると確信いたします
自家製と言う生パスタでありますが、これはこれで美味しいモノではあるのですが、やっぱり昔ながらの太麺を茹で置いたモノを炒めていただく懐かしさが欲しいとワタシは思うのであります


L1070715-1.JPG
さらにさらに…
肉味噌を使った味噌ミートや、カレー味のカレーミートって商品
これらが実に良い味を出していまして、かなりのお気に入り と言ってもこれがメインではなくて、ナポリタンに飽きたらコレってことにはなりますが…
そして面白いのが、ハラペーニョや赤唐辛子を使ったソースが用意されていること
もちろんこれをどのスパゲッティに使っても良いのですが、塩味で炒められた塩バジリコって商品との相性が最もお気に入りでありまして、この辛さが癖になりそうでもあります



【関谷スパゲティ】
東京都目黒区上目黒3-1-2
03-6451-0840

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

JR根岸線関内駅:「徳川」   年季が入った職人である大将が焼き上げる鰻はふっくらとしていて美味でありました

L1070698-a.JPG

春の陽気が心地良い日
桜の名残を楽しみましょうと、桜通りを歩きます
満開の時期を過ぎ葉の数を増してはいますが、風に乗って飛ぶ桜吹雪を見るのも美しいモノであります


L1070692-1.JPG
関内桜通りに面したビルの地下にある鰻の老舗店「徳川」
地下には2軒のお店があるのですが、細く急な階段を下ることになりますので、ちょっと入りづらさを感じるところでありますし階段上にメニューなども置かれていませんので、ずっと気になりながらも入ることがなかったお店であります
そんなお店がしばらく営業をしている雰囲気がなくて閉店してしまったのかと思っていたのですが、今日はやっている様子
このチャンスを逃してはいけないと、思い切って飛び込んでみました


L1070702-1.JPG
それほど大きなお店ではありませんが、大将一人が焼く鰻を提供するにはほど良い規模であります
カウンター席や一部の席からは厨房を望むことが出来て、そこには鰻を活かしておくための桶が置かれているところから、こちらのお店では活鰻が使われているようですね
年季が入った大将が焼き上げる鰻
少々時間はかかりますが、どれほど美味しいモノがいただけるのかと、ワクワクとしながら待つことが出来ます


L1070699-1.JPG
こちらのうな重は4種類
種類と言うより鰻のボリュームによる4ランクから選ぶことが出来ます
もっともお手頃なモノが梅の3150円 そして最も高額なモノが特上の7350円となっていますので、その間を取って… 竹をいただくことにいたします
こちらのタレはちょっと水飴が多めで濃度があるタイプ しかしそのお味はスッキリとしていまして鰻の旨みを消してしまうような強い甘味はありません 
鰻やごはんに程よく絡む濃度でありますし、しっかりと焼かれてはいるのですが、身は柔らかくフワッとしていまして、値段に負けない美味しいうな重であります


聞くところによりますと大将が体調を壊されたようで、ひと月ほど休んでいたとのことであります
今は元気になられて営業を再開されたそうではありますが、高齢であることに変わりはありませんので、後継の方がいないようであれば、こちらの鰻がいただけるのもそれほど長くはないかもしれません
こう言った本格的なお店には頑張っていただきたいものであります



【うなぎ 徳川】
神奈川県横浜市中区常盤町3-21 関内甘糟ビルB1F
045-651-0328

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

JR山陽本線倉敷駅:「神戸屋」    40年以上続く老舗カレー専門店はお手軽でありながら本物でした

L1070690-a.JPG

出張でやって来た倉敷
小雨日和のためか、ぶるっとする寒さでありました
駅前にあるアウトレットモールとショッピングセンターを視察した後、駅を挟んだ反対側にある商店街の視察へと移動してみると、昭和を感じるレトロな商店街は閑散としていて寂しいものでした



L1070682-1.JPG
そんな商店街の一角にある1軒のカレー屋さん
レトロな喫茶店にも見えるこのお店は、40年以上もこの地で商売を続ける老舗的なカレー専門店であり、多くのお客さまから愛されているお店であるようです
メニューはカレーのバリエーションが20種ほどと、少々のハヤシライスがあるだけ お店の外にまで香辛料の香りが漂っていて、その香りに惹かれるように入店いたします


L1070686-1.JPG
ちょうどお昼の時間でありましたので、席待ちになるまでではありませんが、次から次へとお客さまが訪れる繁盛店
そのお客さまもシニアな女性客から若い男性客までのまさに老若男女でありまして、この商店街を利用しいたであろうお客さまから、わざわざココを目指して来たであろうお客様まで
カウンター席もありますから、ひとりで訪れるお客さまも多いようですね


L1070689-1.JPG
790円でいただくことが出来るポークカツカレー
深さ50oほどの器にたっぷりとカレーソースがソースが掛けれていますので、カツとカレーの両方をいただくのに十分な量であります
多くのお店ではソースが足りなくならないようにバランスを気にしながらいただかなければならいのですが、これなら思い切っていただくことが出来ますし、サクッと揚がったかつも美味しいですね


L1070688-1.JPG
そしてコレ “ぼっけえカレー”と倉敷の言葉で凄いカレーと言う意味のモノ 何が凄いのかと言うと辛さが凄いのです
カラメルで色付けされているのでしょうか かなり黒みを帯びた色が辛さをアピールしてきます
ひと口ふた口ではそれほどの辛さを感じることはないのですが、食べ進むにつれジワッと辛さを感じ始め、食べ終わる頃には頭から汗が滲んでいるほどであります
辛さの中にも旨みがあるモノですので、ちょっと癖になるような… そんなぼっけえカレーでありました


駅から歩いても10分弱
倉敷出張でのランチはココに決定ですね



【カレーハウス神戸屋】
岡山県倉敷市阿知2-7-1
086-422-0298

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





カレーハウス神戸屋
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「フランツィスカーナー バー&グリル」     本格的なドイツ料理がいただけるお店でランチ

L1070657-a.JPG

岡山への出張を前に日本橋ランチ
日祝日にはお休みしているお店も営業していますので、ワクワク気分でお店探しをいたしましましょう



L1070661-1.JPG
高島屋の周りをブラブラとしていて見つけたお店がココ
地下にあるお店でありながら入りづらさを感じさせることがなく、どことなく本物感と美味しさ感があるファザード
それと店頭に出されたメニューボードに惹かれて階段を下りることにいたします


L1070649-1.JPG
店内に入りますと女子会の真っ最中でありまして、ご婦人方の楽しそうな声が響いています
女性火率の高さにちょっと引いてしまう感じもありましたが、スタッフの方に感じよく対応していただき、入口近くのテーブルをいただきます
入口の扉にはガラスがはめ込まれていることで店内の雰囲気を感じることができますし、明るくゆったりとしたレイアウトは開放感をも感じさせる素敵なお店ですね


L1070654-1.JPG
ハンブルグステーキをいただくことにいたします
ミディアムに焼かれるというハンバーグ それにシャリアピンソースがかけられたメニューの画像がとても美味しそうでありましたので・・・

ちょっと小さめのハンバーグではありましたが、雑穀米のご飯が添えられていますので、全体のボリューム感に不満を感じることはなさそうですね
特に女性の方にはちょうど良いボリュームなのでありましょう
ふっくらジューシーと言うほどのものではありませんが、肉の旨味をしっかりと感じることができるモノでありますし、シャリアピンのすっきりとした味わいが美味しさに花を添えていますね


かなり本格的なドイツ料理のお店であるようで、メニューを眺めていてもアイスパインなど興味深いものがズラリと並んでいます
ビールにも力を入れられているようですので、ソーセージと一緒にそれをいただくってのも楽しい使い方のようですね
今度は夜の時間に伺ってみたい そう思わせてくれるお店でありました



【FRANZISKANER BAR & GRILL】
東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビルB1F
03-6225-5485

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





フランツィスカーナー バー&グリル 日本橋店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

豊鉄三河田原駅:「みかわの郷」     「渥美半島どんぶり街道」なるイベント商品“かきあげしらす丼”

L1070644-a.JPG

愛知への出張であります
いつもの出張よりも2時間早い新幹線での出発となりましたので、ちょっとねむねむなワタシ
移動の90分ほどを寝て過ごすことにいたしましょう



L1070647-1.JPG
田原市という小さな町の郊外にある一軒の和風のファミリーレストラン
ココが都心にある大手チェーンのお店と変わらないほどの売上を上げているというからスゴイことであります
しかも開店以来何年も…
ってことで、ランチを兼ねて視察させていただくことにいたしましょう


L1070646-1.JPG
入店したタイミングでは⒓:00前ってこともあり満席ではありませんが、だんだんとお客さまが増えてきまして、14:00近くまで席待ちのお客さまがいらっしゃるほどの繁盛ぶりでありました
落ち着いた店内で、キチンと手を掛けた料理が魅力なのでありましょう
サービスも笑顔溢れる優しいものでありましたし…


L1070645-1.JPG
いただいた料理はコレ
田原市にある飲食店40数軒が参加してる「どんぶり街道」と言った取り組みがあるようで、それぞれのお店が独自のどんぶりメニューを提供しているとのこと
ならば、こちらのお店のどんぶりである、“かきあげしらす丼”をいただいてみることにいたしましょう
どーんと乗っかった野菜のかき揚げの豪快さに驚き、シラスご飯にかけられたタレの美味しさに感動し…
実に良く出来た商品でありますし、出汁をかけて天茶漬けとしてもいただけるというサービスに大満足でありました

こう言った商品を開発する力が、お客さまを飽きさせることなく、永年にわたる繁盛を実現させるのでしょうね
定期的にお店の改装もされているとのことで、20年以上経っているお店とは思えないほどの美しさも保たれていましたし…



【みかわの郷】
愛知県田原市浦町川向136-1
0531-22-6382

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

東京メトロ半蔵門線三越前駅:「三冨魯久汁八」    青森の食材と料理がいただける料理屋でいただく“焼かぜ丼”

L1070615-a.JPG

友人に誘われて日本橋ランチ
高島屋前で待ち合わせをいたします
目的もお店も決めておりませんし、ココ数日のような暑さを感じることもありませんので、ブラブラと三越方面へ散歩しながら、直感に頼ったお店探しをいたします



L1070614-1.JPG
いつも行列を作っている天丼屋さんを横目にしながら路地を歩いていますと、ちょっと気になる店が…
“いちご汁”に代表される、青森の食材や料理を提供する「三冨魯久汁八」
「さぶろくじゅうはち」と読むようですが、これは3×6=18ってことでしょうかね? その意味は分かりませんが、一度覚えてしまうと忘れることがない店名であります

1Fには調理場を囲む8席カウンター席ががあり、2Fにも20席ほどの客席があるようですね
12:00前でありましたが、先客がいらっしゃいましたし、ワタシたちの後にもお客さまが来店されましたので、ハズレではなさそうってことでひと安心であります


L1070616-1.JPG
焼きウニを乗っけた“焼かぜ丼”なる八戸名物と書かれたランチをいただくことにいたします
どうやら八戸辺りではウニのことを“かぜ”と呼ぶようですね

焼かれることで旨みと甘みが凝縮されたウニ
その濃厚な風味が鼻から抜けることで二度美味しい丼でありましたし、手羽の煮込みが乗せられたハーフサイズのおうどんのスープがまた美味しいものでありました


料理に不満はないのですが…
料理人ひとりと接客の女性がひとりと二人でやっていますので忙しいのはわかるのですが、あまりにもそのサービスがよろしくなくて、また伺いたいって気持ちにはなれませんね
残念であります



【日本橋 三冨魯久汁八】
東京都中央区日本橋室町1-11-6
03-6202-3618

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





日本橋 三冨魯久汁八
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:2.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

東急東横線中目黒駅:「ステイゴールド」     洒落たレストランバーと言った雰囲気の隠れ家レストラン発見

L1070595-a.JPG

横浜での仕事を終え中目黒へと移動
馬車道から電車に乗ったのですが、その行く先表示が渋谷ではなく小手指とあって…
直通運転開始後初めてでありましたので、ちょっとした違和感を感じます

さて中目黒
目黒川沿いの桜が満開ってことで、その花見客でごった返していますので、予定までの時間つぶしにお茶でもと思っても空席があるお店なんてありませんね



L1070586-1.JPG
人通りが多い通り沿いではあるのですが、その入り口が路地側にある雑居ビル
その3Fと言う、とってもわかりづらく入りづらい雰囲気なのですが…
店内は照明を控えめにされていまして、レストランと言うよりはバーと言った感じ スポットを浴びたカウンター席がオシャレです

案内されたのは個室風にカーテンで囲まれたソファー席でありまして、その隙間から望むカウンター席をパチリとやってみました
この手のソファー席が3卓あるのですが、ココはムーディーな雰囲気でありまして、若いカップルたちに喜ばれそうですね


L1070591-1.JPG
こちらのお店には500円でいただけるタパスが充実していますから、ちょっとずつ色んなものをいただくにはありがたいことであります
先ずはお通しとして提供されたチーズの味噌漬けから始まります
楊枝でそれをつまみながらワインをチビチビとやりながら、料理の登場を待つといたしましょう

500円タパスから、ホタテ貝柱のミディアムローストとトリッパの煮込みをいただき、興味深かったフレンチフライ アンチョビソースも注文いたします
このフレンチフライ たっぷりと盛られてまして、食べ応え十分ですね


L1070602-1.JPG
そして、チョリソーの鉄板焼き
この太いソーセージは四匠豚という豚肉が使われているらしく、プリッと弾ける皮とギュッと締まったお肉がとっても美味しいモノでありました
メニューにこの豚肉は、ソーセージのための豚とまで紹介されていまして…
本場ドイツの国際コンテストで入賞するほどの銘柄豚らしいですよ


若い人向けのお店って感じがしていて、サービスには期待をしていなかったのですが…
とってもフレンドリーな感じを受けますし、客席への気配りもなかなかのモノ
オジサンが行くにはちょっと… ではありますが、隠れ家的雰囲気もステキでありますから、若い女の子を連れて行くには良いお店ですね



【StayGold】
東京都目黒区上目黒3-7-8 世拡ビル3F 
03-5725-3387

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





Stay Gold
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:「三州屋」    お手頃におふくろの味がいただける大衆割烹で金目鯛の煮つけ

L1070579-a.JPG

今日もポカポカ
それで、サマージャケットを買おうと銀座へ出かけたのだけど…
どこのお店でもシナゾロエガ出来るのは4月になってからだというではないか
早い桜の開花にアタフタしている関係者と同じように、この業界でも異常な暖かさに戸惑っているようですね
それで少ない在庫の中では、あまり良いものもなく、ワタシに合うサイズもなく、結局諦めることにいたしました


L1070576-1.JPG
前面の通りから10mほど奥まったところにある大衆割烹のお店
1mほどしかない隙間の奥にあるのですから“知る人ぞ知る”って言葉がピッタリなお店なのですが、これがとっても繁盛しているのでありまして…


L1070577-1.JPG
壁一面にズラリと貼られた煮魚や焼魚など家庭的な商品と、アラカンを過ぎたお母ちゃん達のマイペースな接客とのイメージがピッタリと合っていまして、おふくろの味を求めるお客さまが足繁く通っているのでありましょう
お昼の時間はとっくに過ぎている13:30過ぎ この時間ならば… と伺ったのでありますが、店内はしっかりとお客さまで埋め尽くされていました
それも、オジサマ専科かと思いきや、若いOLさんのグルーブや一人で訪れる女性客まで…


L1070581-1.JPG
金目鯛の煮つけをいただくことにいたします
身が崩れることも無く、煮つけ過ぎて色が悪くなることも無く… 見た目にも美しく美味しそうな煮つけにテンションが高まります
箸で押さえるだけで身が崩れるほどの柔らかく、しょうゆの風味が食欲を誘い、あー 至極の幸せであります


L1070580-1.JPG
定食でお願いしましたので、当然の如く味噌汁が付いてくるのだと思いきや、なんと、こちらの人気商品であります“鳥豆腐”が添えられているではないですか…
ポン酢が添えられているのですが、それを使うまでもなく旨みたっぷりのスープでありまして、熱々の豆腐をフーフーとしながらいただきます
何と言っても鶏肉の旨みがこの商品の決め手でありますね


驚くほどに商品数が多いお店でありますが、そのほとんどが手作りされたモノ
そんなことをココを訪れるお客さまは知っているのでしょうね
美味しい料理に、自然と笑顔になるお客さまで賑わうこの店 ステキです



【大衆割烹 三州屋】
東京都中央区銀座2-3-4
03-3564-2758

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





大衆割烹 三州屋 銀座店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

JR東海道線東京駅:「けやき」   プリッとした大海老とサクッと揚がった衣が美味しい天丼

L1070554-a.JPG

午前中に1本の打ち合わせを終え、午後からの会合へと向かう途中でランチをいただきます
そんな移動途中の食事に便利なのが駅ナカもしくは駅ビルでありまして…
東京駅にあるキッチンストリートへ向かいます
ココには数軒のお気に入り店があるのですが、今日はちょっと気分を変えて天ぷらのお店にお邪魔いたします



L1070556-1.JPG
「けやき」ってお店
ココへの入店を決めたのは店頭に置かれた1枚のパネルでありまして…
“はみだし大海老天丼”の文字に惹かれてしまったのであります
はみだし 大海老 お腹が空いているワタシにとって、この単語は、これ以上ない魅力的なものであったのです


L1070552-1.JPG
専門店らしく、プロを感じさせる手さばきで次から次へと天ぷらを揚げる職人さんの姿
それを見ているだけで、これからいただく天丼の美味しさが想像できるものであります
汚れのない白衣に、スッキリと刈られた髪の毛、そこに被られた帽子 やっぱり身だしなみって大切なことですね


L1070555-1.JPG
これが“はみだし大海老天丼”
思ったよりもはみ出してはいませんが、サクッと揚がった衣の食感と、プリッとしたミディアムレアに揚げられた海老は、さすがと言わざるを得ない見事なモノ
添えられたレンコンの天ぷらのシャキッと感も素晴らしいモノでありまして、こだわりのタレや食材と言うのも美味しさでありましょうが、やはり最後は揚げ手の技術ってトコロにかかっているのですね


その職人さんの補助を務めている女の子
この子がまた素晴らしくて… 
さっきまで揚げられた天ぷらを盛り付けていたかと思うと、さっと客席へ出て行きテープルを片付けたり、洗い物が溜まってきたならばそれを片付けたりと、誰からも指示されることなく的確に動いているのです
忙しいお店ってこともあるのでしょうが、こう言ったことが自然出来るってことは素晴らしいことですね



【天ぷら けやき】
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅キッチンストリート
03-3217-5421

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「鶴丸饂飩本舗」    とろろ昆布を乗っけてシコシコうどんをいただきます

L1070548-a.JPG

今日もポカポカ
半袖シャツにジャケットを羽織って出かけます
本当はジャケットなんて着たくもなかったのだけど、1件打ち合わせの予定が入っていたために、一応マナーってことで…



L1070536-1.JPG
コンクリートのビルが並ぶ場所にありながらココだけが木を基調にした外観
とっても目立っていていますし、どことなく美味しさを感じる店構えってことで、前を通るたびに気になっていたお店であります
ここ数年、急激に増えているセルフうどんのお店でありまして、ツルツルっとそれを啜ってみましょうと、今日のランチはココに決定


L1070537-1.JPG
「まいどおおきに食堂」を展開しているフジオフードシステムって会社が、これまで展開していた「つるまる饂飩」の進化形としてオープンさせたお店であるとのことです
特徴としては厨房がアイランドスタイルであること このスタイルは丸亀製麺さんが先駆者として大成功している形ですね
製麺、麺茹でなどをオープンで見せることで、本物感や美味しさ感をお客さまに伝えることが出来るってところが臨場感も含めて支持されているのでしょうね


L1070539-1.JPG
いただいたのはコレ “こぶうどん”
とろろ昆布をトッピングしたうどんは、その昆布からでる旨みがスッキリとしたお出汁と重なって美味しくいただくことが出来るんですよね
大和芋をすりおろした“とろろ”を乗せた山かけうどんと紛らわしいってことでのネーミングなのでしょうが、ワタシの中では“とろろうどん”なのですがね


L1070544-1.JPG
これだけ暖かくなってきますと、だんだんと食指が動かなくなるおでん
今シーズン最後かな… と思いながら、大根とごぼう天、それに玉子をいただくことにいたします
分厚く切られた大根に染みこんだ出汁 これがジュワっと大根の甘みととともにお口に広がりまして…
ワタシの中でおでん種の王様と言えば、やっぱりコレですね


一緒に筒形にあげられた野菜のかき揚げをいただき、お腹も大満足となったところで銀座までお散歩しながら打ち合わせへと向かいます
ご馳走さまでした



【鶴丸饂飩本舗】
東京都中央区日本橋3-5-13 三義ビル1F
03-3510-6240

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「小町食堂」    気さくなスタッフに囲まれ家庭の美味しさをいただける食堂ですね

L1070527-a.JPG

3月2度目の夏日
これは観測史上初めてのことなのだとか…
ジャケットを脱ぎ捨てランチへと向かったのでありますが、10分ほど歩いていましたら汗が滲むほどでありました



L1070522-1.JPG
小町食堂
都内に7店あるようで、それぞれのお店にその地名が付けれている様子 で、ココは新川小町食堂ってことであります
気軽に家庭の味が楽しめる食堂と言うのは、ひとり者にとっては貴重な存在でありまして、ご近所にあると嬉しいものでありまして… しかもこちらのお店は24時間営業ときてますから、ワタシの台所になりそうな予感がいたします


L1070523-1.JPG
お店に入りますと、ずらっと並べられたおかずの数々
煮魚あり、焼き魚あり それに中華風の料理や、身体に優しそうな小鉢などなど揃えられていまして、これだけ美味しそうなものが並べられていますと、何をいただけば良いのか迷ってしまいますよ
しかも全てがお手頃価格ときてますから、ついつい…


L1070526-1.JPG
一汁三菜
彼女に作ってもらいたい手料理として不動の人気料理である肉じゃがと、ヘルシー感あふれる豆腐ハンバーグにほうれん草の白和えをいただくことにいたします
薄味の肉じゃがは旨みが詰まった汁がたっぷりでありまして、思わずそれを飲み干したくなるほどでありました


L1070530-1.JPG
汁に豚汁をお願いしますと、驚くほどに具だくさんでありまして…
これはもう、汁って言うよりもゴロゴロとした野菜をいただく料理のようでありました


料理はお店の方がレンジで温めてくださるのですが、「器が熱くなってますから気を付けてくださいね」なんて言いながら素手で卓上に置いて下さるのです
そんな姿に、熱くなさそうじゃん!!なんて突っ込んでみますと、すごく素敵な笑顔で「ワタシたちは慣れてるからね」と…
初めて伺ったおみせでありますが、なんだかずっと昔から通っているような常連のような気分になりまして…
これは通ってしまいそうですね



【小町食堂】
東京都中央区新川2-17-14
03-3537-7227

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





新川小町食堂
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

東京メトロ南北線麻布十番駅:「宮下」   バブルの名残を感じるゴージャスな雰囲気で和会席がいただけます

L1070515-a.JPG

友人から勧められた1軒のお店
麻布十番商店街を六本木方面へテクテクと歩き、その商店街が終わりに近づいたところから、ちょっと脇に入った隠れ家的なお店であります
大きな看板を出すこともせず、地道にお客さまを増やし続けることで繁盛を続ける和会席のお店だというのです



L1070482-1.JPG
まさに暗闇坂 そう思えるようなそれほど人通りが多くない場所にあるビルの地下1階
友人からのお勧めがなければ来ることが無かったであろう場所 そしてこの階段を下ることも無かっただろうお店であります
が、この近くにはいくつかの和食店がありまして、「知る人ぞ知る」隠れ家的お店が存在するエリアなのかもしれませんね


L1070489-1.JPG
階段を降りますと一枚板に彫刻をした分厚い扉がありまして、その扉を開けますと、これまた分厚い一枚板を使ったカウンター席に迎えられまして…
バブルの末期にオープンしたというだけあってその名残を感じさせる雰囲気や、落ち着く照度がオシャレな店内は大人のレストランと言う言葉がピッタリなところでありまして、カウンターの向こう側には優しそうな笑顔がステキな料理長さんの姿
なんとそんな料理長さんの正面のお席をいただくことができ、少々緊張気味なワタシであります


L1070493-1.JPG
先付として供されましたのが、ホタルイカや蒸しアワビに甘海老の塩辛
見た目にも美しくジュレがかけられているのですが、そのホタルイカの美味しさに胃袋をつかまれたって感じであります
この先制攻撃に完全にノックアウトされたワタシは、もうこのお店のファンになること間違いなしでありますね


L1070496-1.JPG
粉からすみと柚子が振られた白魚の蒸し寿司は1貫だけで終わるのがもったいないほどのモノでありますが、もう少し食べたいってくらいがちょど良いのかもしれませんね
そして桜えびのさつま揚げがまた美味しくて…
柚子胡椒がちょこっと乗せられていることによる風味が活きてますね
更にさらに、椀物で鮎の陰に隠れた筍献珍なるもの
お豆腐の中に筍が仕込まれている手の込みようで、その筍の食感が素晴らしいモノでしたね


L1070509-1.JPG
焼物として供された桜鱒の照焼なのでありますが、これまでの会席料理らしいおとなしい味付けとは異なり、しっかりと印象を残す味付けとなっていまして、この味のコントラストが素晴らしいモノ
春キャベツのソースの優しい味わいとともにいただきました
〆のご飯は浅利とうるいのご飯
うるいとは山菜の一種であるらしいのですが、その葉の緑がとっても美味しそうでもあり、美しいですね
浅利の出汁が染みたごはんもお替りしたいくらいでありました


L1070519-1.JPG
デザートは自家製のモノでありまして、それに添えられている小豆とチョコレートを合わせたというソース(?)がとっても美味でありまして…
良くぞこんな組み合わせを思いついたものだと感心いたします


L1070503-1.JPG
料理の味もさることながら、料理長の補佐を務める女の子がとっても無邪気な感じでありまして…
屈託のない笑顔で話しかけられますと、必ずや再訪しますとお約束したくなるほど


ステキな空間と美味しい料理
そこに料理長の話術と、この娘の笑顔が加われば鬼に金棒ってところでしょうかね
オジサンはイチコロでありました
必ずや近いうちにお忍びで使わせていただくことにいたしましょう
かなりお気に入りの1軒であります



【暗闇坂 宮下】
東京都港区元麻布3-12-1 アーベストコートB1F
03-3402-2655

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





暗闇坂 宮下 麻布十番
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「玉ゐ」    老舗感漂うの穴子専門店でいただく“箱めし”は美味でありました

L1070474-a.JPG

今日も日本橋であります
ココは歴史ある街ですから数多くの老舗店が軒を連ね、行ってみたいお店が山ほどある楽しいトコロでありまして…
日本橋らしく、穴子の専門店へ伺ってみることにいたします



L1070458-1.JPG
高島屋の裏辺りにある老舗感漂うお店でありますが…
実は古い酒屋を改装して作ったという、比較的新しいお店なのだとか
まぁそんな歴史観はさておいて、美味しい穴子がいただけるのであればとやって参ります
ちょうどお昼のタイミングとぶつかったってこともあるのでしょうが、お店に着いた時にはすでに席待ちのお客さまの列ができておりまして… 昨日に続く行列に今日は止めておこうかとも思いましたが、せっかくココまで来たのでありますから…


L1070480-1.JPG
待つこと1時間でようやく入店
外観だけでなく内装も老舗を感じさせるものでありまして、美味しい料理がいただけるのだろうとの期待を高めてくれるものでもあります
壁に向かったカウンター席が6席と、テーブル席が7卓ほどの30席足らずお店
実はこのくらいの規模のお店が美味しい料理を提供するにはほど良い規模だったりするんですよね


L1070470-1.JPG
こちらの名物料理は“箱めし”と呼ばれる穴子重のようなモノ
それが、小箱・中箱・大箱とラインナップされてまして、その中箱からは煮穴子と焼穴子の相盛りが出来るのだとか
ならば、ふんわりとした柔らかさが美味しい煮穴子と、芳ばしい風味が美味しい焼穴子の両方をいただきましょうと相盛りをお願いいたします
更にプラス200円でお出汁を添えることが出来ますので、〆にお茶漬けをいただくこと出来ます
一度に何通りもの美味しさを楽しむことが出来るこの商品 人気であるのも頷けますね


L1070478-1.JPG
これがお茶漬け
最初から銅の急須が提供されますが、それには出汁が入っておらず、食事のタイミングで出汁が欲しいときにお店の方へ声をかけることで、熱々のお出汁がいただけるという手間のかけよう
これにはちょっとビックリしましたが、やっぱり温いお出汁では美味しいお茶漬けはできませんからね
ココまでこだわってこそ、行列してまでもいただきたい料理になるのでありましょう


他にも穴子ちらしや穴子の押し寿司なんてものもありますし、うなぎ屋の“う巻”ならぬ“あ巻”なんてものまでありまして、何人かでやってきてメニューを制覇してみたくなるお店でありました
ちょっとお気に入り




【日本橋 玉ゐ】
東京都中央区日本橋2-9-9
03-3272-3227

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





日本橋 玉ゐ
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

東京メトロ銀座線日本橋駅:「つじ半」     待つこと1時間、食べること15分 〆の鯛茶が美味しいぜいたく丼

L1070445-a.JPG

桜の開花宣言が出た今日 ポカポカ陽気であります
来週も暖かい日が続くようですので、例年のような新入社員の方が花見の場所取りをすることが初仕事と言われる4月の花見時期よりも、随分と早い花見になりそうですね



L1070437-1.JPG
そんな陽気の中、お仕事に前にランチをいただきましょうと、日本橋をブラブラと散策していますと行列している1軒のお店を見つけます
何のお店かと覗いてみますと“ぜいたく丼”の文字が… どうやらココは海鮮丼の専門店であるようです
ならば、時間に制約がありながらも、ちょっと並んでみましょうと列の最後尾についてみます


L1070442-1.JPG
待つこと1時間 
ようやく暖簾を潜りますと、そこは高級なお寿司屋さんかと思わせるカウンター12席のお店 小さなお店ではありますが、席の間隔はそれほどに窮屈差を感じることがない落ち着いた雰囲気であります
カウンターの中で調理をする板前さんスポットが当たり、まるでキッチンスタジアムのような演出でオシャレ感もたっぷりのお店であります


L1070444-1.JPG
ココで提供される商品は“ごちそう丼”と呼ばれる海鮮丼でありまして、その基本となるネタにいくらやカニを増やすことで、松・竹・梅と特上とランクアップしていくものだけ
この海鮮丼が特徴的でありまして…
細かく切られたマグロやカンパチなどいくつかのネタを、調味料とともにボールで合わせたあと、丼に盛り付けられます
その姿はちょっとしたタワーのようでありまして、カメラを構えていますとだんだんど傾いて倒れそうになるほどの豪快さなのです
そんな丼にかける醤油にはあらかじめ卵の黄身が合せられていますので、たっぷりとかけてもまろやかな味わい いただくのも豪快に掻き込めそうですし、単調になりがちな食感と風味も、大葉の香りやキュウリの食感のお蔭で最後まで飽きることなくいただけるってトコロにも工夫が感じるモノであります


L1070454-1.JPG
さらにゴマダレで調味された鯛の刺身が添えられていまして、それをそのままいただくのも美味しいのですが、これを少し残しておいて、鯛出汁をいただいて鯛茶漬けとしていただくのがまた美味しくて…
白濁した鯛出汁のコクは癖になりそうですね
薬味として添えられているわさびを上手く使えば、一度に二度三度美味しい丼がいただけるってトコロが人気なのかもしれませんね


このお店、幼馴染だという人気天丼店「日本橋金子半之助」とつけ麺の「つじ田」のオーナーが共同経営するお店らしく、二人が子供の頃によく食べた金子さんの実家である和食店の賄丼を再現したものなのだとか
店舗良し、料理良し しかし、気になるのはカウンターの真ん中に立つ板長らしき調理人の横柄な接客態度でありまして…
この一点だけが残念なお店でありました




【日本橋海鮮丼 つじ半】
東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル1F
03-6262-0823

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

東京メトロ半蔵門線九段下駅:「魚鐡」    30mmほどの切り身の煮つけと豪快なてんこ盛りのお刺身

L1070433-a.JPG

春らしく三寒四温の日が続いていまして、今日はポカポカな陽気
と言っても朝晩はまだまだ冷え込んでいますので、着る服に迷う昨今であります
そんな中、他界した父の用事で九段下へと出かけます お堅いことがとっても苦手なワタシでありますが、ほかに変わってくれる人もおらず仕方なく…



L1070423-1.JPG
せっかく九段下へと出かけましたので「魚鐡」でお魚ランチをいただくことにいたします
ココへ初めて伺ったのは、もう5年位前のことでしょうか あまりの繁盛ぶりに驚いたことを思い出します
とは言え今日はまだ11:30
さすがに席待ちをすることもなく入店することが出来ました


L1070430-1.JPG
一枚板で作れた分厚いカウンターの一番端っこをいただくことにいたします
本来ならば入店した順番に置くから詰めていくところなのですが、ちょっとわがままを言わせていただいて…
そんなワタシに嫌な顔一つしないスタッフの優しい態度に感謝であります

こちらで提供さているのは、旬のお魚を煮付けや焼きで調理した定食メニューでありまして、そのほとんどにお刺身が付いているのです
このお刺身がとっても豪快でありまして… 端材をてんこ盛りにしたようにも見えますが、いろんなタネを食べていただきたいというお店の姿勢で、一つひとつの種を小さく切って盛り付けておられるように思えます


L1070432-1.JPG
今日私がいただいたのは寒ブリの煮つけでありまして、30mmほどの厚みがある切り身の存在感は圧巻であります
その身にはたっぷりと脂がのっていまして、煮汁を弾き飛ばすほど
それもじっくりと絡めながらいただきますと、もうごはんが何杯あっても足りないほどであります

ご近所にはお魚ランチをこちのお店の半分ほどのお値段で提供しているチェーン系の居酒屋があったりするのですが、お客さまが集まっているのはこちらのお店
やはり安ければ良いってことではないようですね
12:00の声を聞きますと、しっかりとお店の外にまで席待ちのお客さまが列を作っていました



【魚鐡】
東京都千代田区九段北1-9-7
03-3261-3438

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気blogランキングへ





魚鐵
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

東京メトロ半蔵門線表参道駅:「カカオサンパカ カフェ」   スペイン王室御用達のチョコレートをオシャレな雰囲気とともに 

L1070418-a.JPG

ランチの後、打ち合わせを兼ねてお茶をしましょうと…
表参道にはオシャレなカフェがたくさんあるのだけど、どこもお客さまでいっぱいでありまして、しばしブラブラとお店探しをいたします



L1070420-1.JPG
そんな時、偶然に見つけたのがヨーロッパ各地だけでなく世界数ヶ国に展開をしているスペイン王室御用達のチョコレート屋さん
その支店が、東京丸の内だけでなく、ココ表参道にもあったのですね
教会らしく蔦が絡まる外観が良い雰囲気を醸し出していまして、印象的でもあります


L1070417-1.JPG
客席もゆったりとしていて、美味しいチョコレートをいただきながらまったりと過ごすにも適したお店でありますから、ひとりでお茶をいただいていたり、数人でアイスを楽しんだり… とそれぞれの時間を過ごしていらっしゃいますね
駅前のコーヒーショップとは流れる時間が違うような気さえしてきます


L1070419-1.JPG
自慢のチョコレートパフェ
お店では“グラシア パフェ”とネーミングされているモノであります
トップには生チョコとそれを囲むホイップクリーム
その下にはカカオのフレークとクランベリー(?)のソース
この生チョコがとってもなめらかでありますし、コクがある甘みもあって… それを軽く仕上げられたホイップクリームが絡むことでまろやかな舌触りでいただくことが出来ます
更にはカカオが芳ばしいフレークにソースの酸味が良く合いまして… 食べ進むにつれていろんな顔を見せるこのパフェ かなりお気に入りであります


ロケーション良し、雰囲気良し、そして味良し
表参道あたりでの打ち合わせはココに決定ですね



【CACAO SAMPAKA CAFE】
東京都港区南青山5-5-24 南青山サンタキアラ教会 敷地内
03-5766-0018

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京メトロ半蔵門線表参道駅:「南青山三丁目キッチン」    3分クッキング50周年記念で期間限定出店

L1070406-a.JPG

仲間から面白いお店があるからと誘われて表参道でランチといたします
表参道の交差点 
もう十数年ほど前のこと、カフェと言う業態が話題になっていた頃にはその視察ってことでちょくちょくと足を運んでいたところなのでありますが最近ではめっきり



L1070414-1.JPG
そんな街に開店したのが、キューピーさん3分クッキング南青山3丁目キッチンってお店
放送開始50周年を記念して、その番組を通じてお届けしていた「愛情手料理」のエッセンスが詰まった料理やスイーツの数々を提供するお店を1年間限定でオープンさせたってトコロ
確かに興味深いお店であります


L1070412-1.JPG
店内にはキャラクターである“おもてなしママキューピー”が置かれ、そのグッズも販売されています
その可愛さからか、グッズはかなり人気のようで売り切れとなっていました
1年間限定でありますから建物は仮設的なものであるのですが、決してチープさを感じさせることもなく、ちょっとしたカフェのような雰囲気を出しているもの
1年間限定と言うのはもったいない感じがいたします


L1070402-1.JPG
仲間と一緒にいただいた数々
1970年代から“2種のミニハンバーグステーキ”ってモノ
パイナップルが乗せられその当時はハワイアンバーグと呼ばれたものと、チーズとトマトを乗せたイタリアンハンバーグの組み合わせがとっても懐かしく思えます
そして、1990年代から“ハンバーグステーキドミグラスソース”
バブル期を過ぎ外食に慣れ親しんだ頃、原点の美味しさに戻ろうと好んだのが本格的なドミグラスソースを使ったハンバーグ
そんなドミグラスソースが缶詰でも売られるうになり、家庭でも本格的なモノがいただけるようになったとのことであります



どれも、レストランで提供するお料理とすると物足りなさを感じるモノではありますが、真心いっぱいのお母さんの愛がこもった美味しさって感じでありますね
なかなかステキであります




【南青山三丁目キッチン】
東京都港区南青山3-13 246COMMON Food Carts&Farmer’s Market内
03-5785-2765

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

JR山手線渋谷駅:「神座」    3回食べたら癖になる? 白菜の旨みが美味しいスープのラーメン店

L1070398-a.JPG

渋谷でのお仕事
その前に気になっていた牛タンのお店でランチをいただこうと出かけたのですが、うろ覚えであったために、そのお店を見つけることが出来ずに道玄坂辺りをウロウロ
20℃を超える陽気の中では、ジワッと汗ばんできますね



L1070399-1.JPG
結局目的のお店を見つけることが出来ないまま時間も迫ってきましたので、随分前に大阪でいただいたことがある「神座」でラーメンをいただくことにいたします
『3回食べたら、もうやめられない、くせになる。』と謳っている白菜がたっぷりと入った優しい味わいのスープが懐かしく思い出されます
ワタシにとっては、やめられないというより、忘れられないといったほうがしっくりと来るような…


L1070394-1.JPG
東京に進出して何年が経つのでしょうか 
相変わらずの人気ぶりであるようで、14:00を過ぎた時間でも満席に近いお客さまであります
頭にタオルを巻いたような男っぽいラーメン屋さんが多い中、こちらのお店ではまるでコックさんのような、染みひとつない白衣をピシッと着ていて清潔感を感じることが出来ますし、その厨房がひとつの舞台のようなお店造りも演出感たっぷりで良い感じですね
ホテルレストランのシェフだったというオーナーらしい発想のお店であります


L1070397-1.JPG
煮玉子ネギラーメン
券売機で食券を購入してお店へ入るシステムでありまして、その券売機前に貼られたメニューで一際ワタシの食指を動かしたのがコレ
大好きな煮玉子と風味が美味しいネギ しかも画像にはたっぷりのネギが乗せられていますので、迷うことなくコレに決定であります

ちょっと提供までに時間を要したことが残念ではありますが、別皿に盛られたたっぷりのネギがみずみずしくて素晴らしいモノ これは美味しそうですね

白菜の旨みと甘みが溶け込んだスープは記憶通りのモノでありまして、シャキッとした食感とともに美味しくいただくことが出来たのですが…
ココの麺って昔からこうだったのでしょうか?
チェーン系のお店でありがちな、ちょっとゴムのような食感を感じる麺にガッカリであります
もちろん個人的な好みの問題かと思いますが…

お店の方にお願いして卓上に置かれていないホワイトペッパーをいただき、更にワタシ好みのスープに仕上げて、とっても美味しくいただくことが出来ました




【どうとんぼり神座】
東京都渋谷区宇田川町29-4
03-6415-3790

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





どうとんぼり神座 渋谷店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

東京メトロ有楽町線月島駅:「スプーンハウス」   感じ良い声と笑顔で迎えてくれるアットホームなカレー屋さん

L1070391-a.JPG

今日は一日、缶詰になる日
やらなければならないことが山のように溜まってしまって、ランチを楽しむ時間もままならず…
それでオフィスの近くで簡単に済ませることにいたします



L1070382-1.JPG
月島路地裏レストラン第2弾とでも言いましょうか、メイン通りにはもんじゃ焼きのお店が軒を連ねる商店街から路地に入ったところにあるカレー屋さんであります
以前はもんじゃをやっていたようでありますが、今では鉄板が付いたテーブルも外されていますね
単なる業態変更なのか、オーナーが変わったのかは知るところではありませんが…


L1070387-1.JPG
お店を覗いていますと、とっても明るく耳に心地よい声で「いらっしゃいませ」と声をかけていただきます
で、その声の主をみますと、素晴らしい笑顔の奥さまが…
和食系のお店でランチをいただこうとお店を探していたはずなのに、吸い込まれるように暖簾を潜りますと、女性オーナーとご近所の主婦の方で運営されているような、とってもアットホームな雰囲気
これははまりそうですね


L1070389-1.JPG
メインとなる商品はカレーなのでありますが、パスタメニューも少しあるようですね
カレーメニューはオーソドックスな欧風カレーにカツや生姜焼きなどをトッピングしたメニューが数種
それに、カシミールカレーといったモノもあって…

汗が噴き出すほどに辛いカシミールを期待してそれを注文いたしてみますと、期待したほどの辛さではありませんが、そういったカレーの専門店と言うよりも、料理上手な奥さまが作った家庭のカシミールカレーと言った感じでお店の雰囲気にもピッタリ
香辛料の香りが豊かなモノでありましてこれはこれで良しって感じですね


お隣の方が食べていたカツカレーもとっても美味しそうで…
ココは通ってしまいそうなお店ですね



【スプーンハウス】
東京都中央区月島3-13-6
03-3531-2815

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





月島もんじゃ スプーンハウス
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

東京メトロ銀座線上野広小路駅:「ごくう」   真面目に焼鳥に取り組む姿勢を感じる専門店でありました

L1070370-a.JPG

横浜での仕事を終え、京浜東北線で御徒町へ
当初新橋にある本店を訪ねようと予定していたのだけど、そこが手狭であるってこともあり、御徒町にある上野店へと場所を変更したいとの連絡が…
予定の時間よりちょっと早く着き、界隈を散策してみようとしたのだけど、そこはキャバクラ系のお店や風俗のお店に混じって飲食店が軒を連ねる不思議な場所でありまして…
呼び込みの激しさに嫌気を指してしまいます



L1070346-1.JPG
路地の向こうには風俗のお店とホテルが並ぶところに目的のお店が…
これにはちょっと驚きはしたものの、老舗感を漂わせる提灯や、美味しさ感をアピールする“朝引き”の文字が目を引くこのお店 ちょっと期待が持てそうではないですか
鳥を極めるってことを意味する「極鳥」って文字、これで「ごくう」と読ませるようであります


L1070352-1.JPG
居酒屋というよりも“焼鳥”の専門店でありますから、厨房は焼台を中心とした小さなもの
その焼台を仕切るのは店長であるとのこと しっかりと経験を持った店長が責任をもって商品を焼き上げるってことでしょう
焼台の前にずっと立ちつくし、焼きあがる鶏肉と真剣に向き合うその姿がとっても男前であります


L1070360-1.JPG
先ずはお通し
これからいただく焼鳥がいかに美味しいモノであるかを伝えるような、ふっくらと柔らかい鶏肉のおろし煮であります
これからたっぷりと鶏肉をいただくのでありますから、お通しは他のモノでも… という意見もあるのでしょうが、そこはしっかりとしたこだわりもをってってことでありましょう
ますます、これから始まる宴が楽しみになります


L1070361-1.JPG
屋号を背負った“ごくうサラダ”は、たっぷりのほうれん草に生ハムを乗せたシンプルなモノでありますが、
柔らかく癖が少ないサラダ用のほうれん草にかけられた醤油ベースの和風味のドレッシングが癖になりそうな逸品であります生ハムでたっぷりとほうれん草を巻き込み、豪快にお口へ運ぶ贅沢
ケチケチしないお店の意気込みに応えるように豪快にいただきましょう


L1070363-1.JPG
鮮度に自信があるからこそ提供できる“たたき”
鳥取県の大山で育った軍鶏を使っているらしく、身がコリコリとした食感がステキなモノであります
ポン酢のような酸味があるタレがかけられているのですが、それから感じるほんのりとした甘味が実に美味しくて… 
聞いてみますと鹿児島の醤油を使っていることがその秘密なのだそうです


L1070364-1.JPG
いただいた焼鳥の数々
淡白なささみ、脂がのったボンジリなど、素材によって塩の加減を調節しているというこだわりの焼鳥は、ふっくらと焼き上がっていましてプロの技を感じますね
女性に人気だという、自家製のハムに乗せられたフルーツトマトの甘みがとっても良い感じでありました


L1070369-1.JPG
軟骨のコリコリ感がアクセントになった“つくね焼” タレの美味しさが光る正肉
焼き過ぎて身が締まることなく、絶妙な焼き加減で提供していただけます

変わり種として、ウズラの串を2種
プリッとした海老の食感とほんのりと香るニンニクと程よい塩味が素晴らしい“エビとウズラ串” これも女性に大人気なのだとか… 頷けますね


L1070373-1.JPG
お店自慢のパテ
あまり得意ではない料理なのですが、やはり鮮度が違うのでしょう
ほとんど臭みを感じることなく、カリッと焼けたパンの食感とともに美味しくいただくことが出来ました

〆にはそぼろ丼と鳥雑炊
どちらも捨てがたい商品でありますので、取り分けていただくことにいたします

「とよんちたまご」というこだわり卵のの王卵はビックリするほどに濃厚で、そぼろにとろ〜んと絡みます 濃厚な味わいに胡麻の風味が良いアクセントになったそぼろ丼であります

そして鳥雑炊
鶏料理屋さんだからこそできる濃厚でありながらもスッキリとしたスープを使われるものですから、美味しくならない訳はないですね
塩味が見事に調味されていまして、最後のひと粒一滴まで残さずいただきたくなるモノですね



30席ほどのお店、そこに10名ほどの宴会が入っていたってこともありますが、続々と来店されるお客さまをお断りしなければならないほどの繁盛店
しかも、そこに訪れるお客さまには若い女性の方も多くて…
狭い・煙い・オジサマだらけっていう焼鳥屋さんのイメージを刷新してくれるお店でありました



【地鶏屋 極鳥(ごくう)】
東京都台東区上野2-4-8 サントリー会館ビル1F
03-5818-1094

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





地鶏屋ごくう 上野店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

東京メトロ千代田線明治神宮前駅:「ザ グレートバーガー」    裏路地にあるハンバーガーカフェは女性に大人気

L1070322-a.JPG

最高気温が25℃を超える夏日となった今日 なんと観測史上最も早い夏日だったのだそうです
さすがにこれだけ暖かいと半そでシャツでも十分なほどですね
そしてお昼過ぎ、一気に暗くなって何事かと思いきや、煙霧という砂嵐だったとのこと
何でも強風のために地表の砂や埃が舞い上がったらしいのだけど、こんなの初めての経験でビックリでありました



L1070317-1.JPG
ランチは原宿
パンケーキで賑わう街でありますが、今日はハンバーガー
友人が、美味しいハンバーガーのお店があるとの情報を聞きつけ誘ってくれたのであります
場所はキャットストリートから路地を入ったわかりづらいトコロで、携帯のナビを頼りにたどり着いたのですが、そこには開店前であるにもかかわらず、先客が開店を待っておらるではないですか
そこまでして… となると自ずと期待が高まります


L1070330-1.JPG
開店して間もなく、注文した商品が提供される頃にはほぼ満卓の状況になるほどの賑わいぶり
原宿と言う場所柄もあるのでしょうが、ネット時代の昨今、情報の広がりがこういった状況を作り出すのですのでしょうね
客層はカップルと女性客中心 こういった話題に飛びつく女性のお客さまに支持されているようで、男性だけのお客さまはいらっしゃいませんでした


L1070324-1.JPG
ダブルチーズバーガーをいただきます
提供された姿は、ボリュームあるパティがダブルってこともあって、タワーが傾き崩れ落ちそうなほどの大きなもの
そのパティは肉汁たっぷりのふっくらとしたものでありまして、お味はシンプルと言うかスッキリとしたものでありまして、ギュッと噛みしめる食感が好きなワタシには物足りないって思いもありますが、濃厚なチーズがそれを補っていて美味しくいただくことが出来ました


L1070335-1.JPG
コンビーフ
この単語を見ると食べずにはいられないってことで、コンビーフサンドもいただいてみることにいたします
クリスピーに焼かれたトーストに挟まれたコンビーフは、ワタシの期待を満たすボリュームでありまして… これはまさにワタシ好みなのであります


商品的には満足なものなのでありますが、ケチャップやマスタードがボトルではなくポーションに分けられたモノであったこと さらにそれらに先客が垂らしたであろうバーガーの肉汁で貼りついたものが置かれていましたし、接客にも不満が残るってことが残念でありました



【THE GREAT BURGER】
東京都渋谷区神宮前6-12-5 1F
03-3406-1215

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





THE GREAT BURGER
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

東京メトロ有楽町線月島駅:「上海ダイニング」   ステキなロケーションなのに残念なお店でありました

FB_IMG_13628101535402893 - a.jpg

土曜日の昼下がり、墨田川沿いの公園をお散歩いたします
陽気が良い日ってこともありまして、ワンちゃんと一緒に散歩する方々や、お子さんとキャッチボールをするお父様がいたりと、ほのぼのとした雰囲気でありました



IMG00088.jpg
そんな公園脇にあるチャイニーズレストランでランチをいただくことにいたします
ガラス張りで開放感がある雰囲気は正にチャイニーズレストランであり、中華料理屋ではありませんね
ワンちゃんと一緒に食事が出来るテラス席がありますし、今日のような陽気が似合うお店でもあります


FB_IMG_13628101709132199.jpg
店内もオシャレで良い雰囲気なのでありますが、サービスのほうがその雰囲気について行ってないって感じでありますね
身だしなみからもだらしない感じが滲み出ていますし、スタッフ同士の会話からやる気ない言葉がどんどん飛び出してきますし…


FB_IMG_13628101535402893.jpg
更にお料理だって…
土・日・祝日限定のランチセットはいくつか用意されたものからふたつの料理を選ぶことが出来るというスタイルでありまして、高菜つゆそばと牛ハラミのXO醤炒めをチョイスいたのですが、高菜つゆそばは熱々ではありませんし、牛ハラミは焼き過ぎでありましたね
何よりがっかりとしたのはご飯でありまして、お米が砕けているため、美味しい甘みが逃げ出してしまっていて、あまりにも残念なモノでありました


ステキなロケーションにあるお店ですし、デザインもステキなお店でありますから、再訪したいお店なのですが、この状態ではちょっと足が向きませんね



【上海ダイニング】
東京都中央区佃2-1-3 共同通信社・研修交流センター1F
03-5166-0105

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





上海ダイニング
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:2.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

JR山手線田町駅:「アリアニコ」    気軽にピッツァとワインを楽しめる明るく楽しいピッツェリアでありました

L1070306-a.JPG

田町で夜といたします
仲間の会社の近くにある「PIZZERIA」の看板を掲げるお店
気にはなっていたのですが、これまでココへ飛び込むチャンスが無くて…
それが偶然にも知人に勧められたお店が、そのお店だったという偶然 これは何かの縁だと早速伺ってみることにいたします



L1070282-1.JPG
田町駅の東口 ベイフロントの高層マンション群がありはするのですが、この先は海ってことで商圏の広がりがあまり無いところだけに商売をするには厳しいエリアであります
しかもメインとなる通りから入り込んだ場所でありますし、専用階段があるとはいえども地下にあるお店でありますからその厳しさも一層のことですね


L1070301-1.JPG
そんな環境にあって、まだ開店して半年にもならないとのことですが、しっかりとファンを付けているようであります
入店した時点での先客は教授のような雰囲気を持ったオジサマたちのグループでありまして、ちょっと驚いていたのですが、その後はピッツェリアらしいお客さまたちが次々と入って来られるという人気ぶりでありました


L1070287-1.JPG
先ずは前菜を…
店頭の冷蔵庫に並べられた大皿から取り分けてくれるお気軽な冷菜から、注文が入ってから調理するしっかりとした温菜まで、数種の前菜が用意されています
タラコを塗したポテトサラダにはゴロっとしたポテトが入っていてワタシ好みでありますし、グリルされたサルシッチャもなかなかのモノ グリーンマスタードが添えられているってトコロがステキではないですか


L1070296-1.JPG
ピッツェリアと看板を出しているお店でありますから、メインとなる料理はもちろんピッツァであります
建物の都合上薪窯を使うことが出来ないことが少々残念ではありますが、きちんと石窯で焼き上げるピッツァを提供していただくことが出来、そのメニューの数も豊富であります
トマトソースでいただくロッソにするか、チーズでいただくビアンコにするか それとも欲張って両方をいただくのか なんて楽しく悩んじゃいます


L1070304-1.JPG
ってことで、結局、3枚ものピッツァをいただいてしまいました
ピッツァの王道であるマルゲリータに、4種のチーズを贅沢にいただけるクワットロフォルマッジや生ハムとサルシッチャがトッピングされたビスマルク
どれも、モチッとした生地とともに美味しくいただくことが出来ました

都内にはココよりも美味しいピッツァを提供するお店は数ありますが、そんなわざわざ行くようなお店では無く、気軽に立ち寄って少々のワインとともにピッツァをつまんでサクッと帰る
スタッフの明るい雰囲気と、気取らないお店の雰囲気がステキなお店でありました
まだ30歳だというこちらのオーナーさん
25歳で商売を始めてからの5年間で5店舗のお店を構えるほどのやり手でなのですが、今でもきちんと現場に立ってらっしゃるほど、お客さまとの交流が大好きな方であります
また近いうちにお邪魔したいお店であります



【AGLIANICO】
東京都港区芝浦3-14-2 藤田ビルB1F
03-3454-6616

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

JR山手線新橋駅:「魚金」   驚きのコスパと確かな調理技術で大人気の居酒屋

L1070271-a.JPG

昨日、今日、明日と、東京ビックサイトでのフランチャイズショーや幕張メッセでのフーデックスというイベントが開催されていまして…
その見学に来られたクライアントさまと新橋で会食といたします


L1070275-1.JPG
待ち合わせをしたのは夕方の5時
この時間だったら、まだ入れるかも… と伺ったのは超人気店であります「魚金」さん
この魚金ってお店、新橋駅界隈の約徒歩5分圏内のところだけでも10店ほどを構えるお店でありまして、美味しいお魚をウリとする居酒屋なのであります


L1070274-1.JPG
パートアルバイトメインで運営するチェーン店とは異なり、職人さんが一品一品を丁寧に調理する商品を、安売りをすることなく、程よい価格でそれ以上の満足感を提供しているのです
オーナー自らが全店分の食材を仕入れることで、そのコストを削減しお客さまに魅力ある商品を提供することが出来る そんなことが大繁盛の秘訣であるようですね


L1070263-1.JPG
お通しだってちゃんと調理された蒸し鶏が提供されますし、どこにである商品であるさつま揚げだって注文が入ってからお店で揚げて提供するというこだわり
更に本日のお勧めとして提供される超目玉とも言える魅力ある商品、今日のお勧めは毛ガニを丸ごといただけるモノでありました
たっぷりのカニ身がいただけ、大満足でありました
更には、しっかりとした調理技術があるからこそ提供できる鯛のかぶと煮でありまして… これも注文が入ってから煮始めますので、少々時間はかかりますが、その美味しさに納得であります


L1070268-1.JPG
そしてこちらの名物のひとつでありまして、ほとんどのテーブルに提供される「青のり豆富」
豆腐一丁をたっぷりの青のりでいただくこの商品 写真を撮るために豆腐を持ち上げましたが、提供された時には青のりに埋まっていてその姿を見ることが出来ないほど
ほんのりとした磯の香りに包まれていて、身体に優しい料理って感じがいたします


L1070270-1.JPG
そしてもうひと品
これもほとんどのお客さまが注文している刺身の盛り合わせでありまして、メニューには3点盛りと6点盛りと書かれているのですが、3点盛りを頼んでも7点もが盛り込まれたモノが提供されるのです
二人でいただくにはたっぷり過ぎるほどのボリュームに驚かされるのですが、その美味しさにいつに間にか食べ切ってしまっている そんな名物商品であります
かつおにカンパチ、マグロや鯵などなど… なかでもカンパチの身が締まったシコシコ感と生でいただくサバの甘みが印象的でありました


お店にいる間、止むことがない電話の呼び出し音
どんどん予約の電話が入ってくるのですが、すでに店内は満席の状態ですので、それをすべて丁寧にお断りする店長の姿を見ていますと、夢で電話の音にうなされるのでは?と心配になるほど
これだけの繁盛店って、そうはありませんよね



【魚金四号店】
東京都港区新橋3-18-8 A1ビル
03-5472-6400

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

JR根岸線関内駅:「関内苑」    横浜で美味し焼肉をいただくならココ 料理モノの美味しさも光ります

L1070256-a.JPG

今日もポカポカ
最高気温が16℃を超える暖かさに気分もウキウキ  そんな陽気でありますからダウンを脱ぎ捨て移動を開始いたします
午前中に船橋へ行って、お昼過ぎには都内へ戻り、夕方には横浜へ
身軽ですと、そんな激しい移動もちょっと軽々とした感じですね



L1070258-1.JPG
打ち合わせを兼ねて関内苑で焼肉をいただきます
お勉強のためにいろんな焼肉屋さんへも行きますが、美味しい焼肉をいただこうと思うとやっぱりココへ来ちゃいますね
駅からも近くて便利でもありますし…


L1070247-1.JPG
ココはかなりの人気店でありまして、レジ横のホワイトボードに書かれた予約表を見ますと、今日も4組20名の予約が入っているようですね
もちろん予約のお客さまだけでなく、フリーで入って来られる方も多くてワイワイガヤガヤ
お客さまの活気で賑わっています


L1070255-1.JPG
上ランクのお肉をいただきますとそれなりのお値段になってしまうのですが、こちらでは並のお肉でも十分に美味しくて…
バブル期の頃からサシが入った上等なお肉を売ることに注目されてきた焼肉業界ではありますが、今の時代、こう言った並肉を美味しく提供できるお店こそが繁盛店になれるんですよね


L1070249-1.JPG
そしてこちらではお肉以外の商品の美味しさも光っていまして… スジの煮込みやチャプチェをいただくことにいたします
しっかりとした調理技術が必要なことですから、老舗店ならではの楽しみ方ですね


L1070257-1.JPG
〆にはいつもの冷麺
コシが強い自家製の麺をスッキリとしたスープでいただくこの冷麺
お肉をいただいた後の脂っぽいお口をスッキリとさせてくれる絶品なのです
シャキッとしたリンゴの味わいもステキです



食べ放題などの焼肉店に人気が集まっているようですが、それはお値段だけの問題ではなく、お肉以外の料理を楽しく食べたいというお客さまの気持ちの表れであろうとワタシは思うのですが…




【関内苑】
神奈川県横浜市中区羽衣町2-5-14
045-261-2040

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

東京メトロ有楽町線月島駅:「ふるさと」     もんじゃの街の路地裏にあるこだわりのハンバーガー

L1070241-a.JPG

久しぶりにノンスケジュールな一日
ポカポカ陽気でもありますから月島界隈の探索といたしましょう
月島と言えば“もんじゃ”なのでしょうが、どうもそれが好きになれないワタシではありますが観光気分も兼ねて…


L1070235-1.JPG
そんなもんじゃ焼きのお店が軒を連ねることから「もんじゃストリート」とも呼ばれる月島西仲通りの二番街から、建物同士の隙間とも思えるような路地を入ったところにある昔ながらの喫茶店
よくぞこんなところに… と言った感じであります
通りがかりでは間違いなく見過ごしてしまうほどに小さな看板が路地の入口に出されているだけですから、知る人ぞのみが利用する隠れ家的お店ですね


L1070239-1.JPG
4人掛けのテーブルが3つとカウンター席と小さなお店
昭和の雰囲気を残す店内にはアメリカンを感じさせるようなグッズが置かれていて… それが妙にマッチしているから不思議な感じがいたします
何十年も夫婦で経営してきた喫茶店 そこに4〜5年ほど前にご子息が戻ってきてハンバーガーを導入したのだとのこと


L1070242-1.JPG
そんなご子息がお店の奥にある厨房で調理するハンバーガーは、ギュッとお肉を噛みしめる食感が美味しいアメリカンバーガーでありまして、どこかのお店できちっと勉強してきたことが窺えます
決してヤッツケではなく、これからここを承継していくに当たってハンバーガー店としてやっていこうという強い想いを感じることが出来るモノですね


接客を担当するお母様と、こだわりのハンバーガー作るご子息 お店には亡くなったであろうご主人の写真も飾られていたりして…
承継者が居らず廃業するお店が多い中、こういったお店には頑張っていただきたいですし、応援したいとも思いますね



【喫茶パーラー ふるさと】
東京都中央区月島1-23-10
03-3531-6916

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





喫茶パーラー ふるさと
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

東京メトロ東西線九段下駅:「三希房」   美味しい丸鶏やオマールをいただいた後は火鍋    

L1070219-a.JPG

昔の仲間が集まっての会食であります
オジサンばかりでありますから華はありませんが、気心知れた仲間でありますから話が尽きることはありませんし、美味しい料理があると宴は盛り上がるモノであります



L1070209-1.JPG
九段下にある「三希房」ってお店 ランチでは伺ったことがありますので、その料理の美味しさに間違いがないことは知っていたのですが、夜に来るのは初めてのことすから、どんなお料理がいただけるのかと、スキップしたいほどにワクワク気分を抑えてお店へと向かいます


L1070214-1.JPG
まずは前菜盛り合わせから
ハチノスをラー油と山椒で煮込んだものは辛味の中にある旨味で美味しくいただくことが出来、蒸し鶏はそんな辛味でヒーヒーハーハーのお口の中を穏やかにしてくれるもの
そして身厚の極上クラゲとコリコリ食感のアワビを堪能して… 最初からテンションマックスであります


L1070216-1.JPG
熱々の油を何度も何度もかけて皮をパリパリに仕上げた鶏の丸揚げ
お塩やソースが添えられてはいますが、それを使わなくても鶏自身の旨みで十分に美味しくいただくことが出来るものでした
ふっくらとした身とパリッとした皮の美味しさもさることながら、それに敷かれている高菜を素揚げしたものが素晴らしく美味しくて… これにはちょっと驚きでありました

そして、オマールエビの豆鼓炒め
食べやすいサイズに割られていますが、その原型はかなり大型のオマールである様子 殻からゴロっとした身を外す感覚に贅沢感を覚えます
しっかりとした味付けは殻までをもチューチューとしゃぶりたくなるモノでありました


L1070221-1.JPG
中華料理宴会の鍋物と言えばコレ“火鍋”でありますね
白濁した鶏ガラスープにはクミンが使われているのか、独特な風味があって、それが癖になりそうなモノ そして見るからに辛そうな赤いスープはニンニクの香りが美味しい麻辣仕立
それらのスープが沸いてきますと、更にその香りが立ってきまして食欲を掻き立ててくれます


L1070227-1.JPG
鍋のスープが素晴らしければ、それを付けていただくタレも素晴らしいモノでありまして…
特にお気に入りになったのが辣香のタレ 辛味とともに感じる酸味とのバランスが絶妙であります


L1070223-1.JPG
たっぷりの野菜に海老・カニ・ホタテなどの魚介もたっぷり さらに、ラム肉・牛肉・豚肉と、ビックリするほどのボリュームであります
お肉の質としてはそれほど高いモノではありませんが、豚ロースは美味しくいただくことができましたし、お野菜や魚介をたっぷりといただけ大満足であります
ココでも先のタレの美味しさが効いていますね


L1070231-1.JPG
お鍋のスープでいただく〆の麺
カニ身を少し残しておいて、それをトッピングして蟹ラーメンの出来上がりです
鶏がらスープに野菜や魚介の旨みが溶け出した濃厚なスープ ちょっと麻辣のスープを垂らして味にインパクトを付けていただきますと、その美味しさも倍増でありました



【中国家郷菜 九段 三希房】
東京都千代田区九段北1-10-5 サンブリッチ九段2F
03-5226-1970

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

お仕事の合間にいただいた本当に美味しい鰻

L1070207-a.JPG

今日はメニュープロデュースのお仕事
今の時代、美味しいモノを提供するだけで繁盛店になることは難しいことでありまして、利用動機に応じた価格帯での商品が揃えられていることが重要なのです
しかし、ありとあらゆるものを取り込もうとすると、何屋であるかが不明確になり美味しさ感や本物感をお客さまに伝えることが出来なくなるのです
そこでまずコンセプトと言われる、どんなお客さまに、どんな利用動機で使っていただくのかを明確に決めなければならないのです



ダウンロード.jpg
そんなこんなの打ち合わせを重ねて、その方向性が決まり、今日はメニューブック制作に向けた写真撮りであります
料理の美味しさを間違いなく伝えることが出来るように、料理写真を生業としていてる専門のカメラマンさんと、飲食店のメニューブックを作り続けて30年と言うスペシャリストの方のお力を借りながら、お客さまに楽しんでいただけるメニューブックを作ります
メニューブックの制作となりますとその写真点数は30点を超えますし、今回のお店は宴会にも力を入れる和食店でありますので、会席料理など器をたくさん使用するメニューなどもありますので、その撮影は10時間を超える長丁場となりますから、料理を作る方もそれを画像に収める方もヘトヘトになるのであります



L1070205-1.JPG
そんな中、お店の方が用意してくださった昼食がこちら
一区切りついたところでの食事でありますからすっかりとお昼の時間は過ぎていましたが、とっても美味しい鰻をいただきます
身が厚く脂がのった鰻を秘伝のタレと熟練の技術で焼き上げてくださった“うな重”は見た目にも美味しいモノ
鰻が高騰していますのでなかなかこれほどのものをいただくことは出来なくなりましたが、やっぱりたまにはこんな美味しいモノをいただきたいものですね

疲れた身体に精を付けて…
さぁ、これから宴会料理の撮影であります もう一頑張りいたしましょう




posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東海道線横浜駅:「ラ・メゾン アンソレイユターブル」    大きなケーキの魅力に惹かれた女子が集まるお店

L1070191-a.JPG

遠方から出てきた友人を横浜で出迎えランチをいただきます
気温はそれほど低くないのですが、冷たい北風が吹き荒れる日でありますから、外に出てどこかのお店を探すなんて気にもならず、駅直結のルミネのレストランフロアへ向かいます



L1070196-1.JPG
人気のお店ではありますが、12:00前ってこともあって、席には若干の余裕があるようです
他のお店のメニューを見て回ろうかとも思いましたが、その間に席が埋まってしまっては… ってことで、友人の意見も聞かずに入店いたします
女の子に絶大な人気を持つお店ですから、きっと友人にも気に入っていただけると思ったんですよね


L1070193-1.JPG
見渡す限り男性客はワタシの他1名だけという、女子率が高いお店でありまして…
どうやらココは、彼氏と来るお店ではなく、女同士で楽しむお店であるようですね
食事を楽しみ、こちら自慢のケーキをいただきながら女子トークで盛り上がる 時間を気にすることもなく…
しかも1000円ほどのプレートメニューでありますから、自分の財布にも優しいですし…


L1070192-1.JPG
多くのお客さまが召し上がっておられるプレート
以前にいただいたモノとは内容が変わっているようですが、ベイクドオニオンはキチンと添えられていましたので、それをいただくことにいたします
たっぷりの野菜と身体に優しそうなスープ ハンバーグとそれに隠れるように一口大のステーキが4枚ほどがひとつのプレートに
ステーキがハンバーグの枕になっている盛り付けにはビックリですね


L1070194-1.JPG
とっても柔らかく、甘みがたっぷりのベイクドオニオン
トロンととろける寸前まで焼かれていますので、その甘さも最高の状態で提供されます
これが美味しいってことは誰もが知っていることなのでしょうが、手間がかかることから多くのレストランでは提供することがない料理なのです
それをここまで丁寧に提供していただけますと、これだけを目的にお邪魔しても良いくらいですね


L1070189-1.JPG
ボロネーゼが食べたくってペンネも一緒に頼みます
ミンチと一緒に煮込んだトマトソースのほんのりとした酸味と、それの香り付けしたローリエなどの香りが食欲を掻き立ててくれるようで、数あるパスタの中で一番好きなのがボロネーゼだったりするんですよ


ただこちらの料理は、お客さまを待たせることなく提供することに注力しているためか、作り置きをされているようで、ステーキもジューシーさを失ってますし、ハンバーグも固く締まってしまったモノなのであります
ココで食事をされるお客さまの多くは時間などを気にする方々ではないと思うのですがね
ちょっと残念であります



【La Maison ensoleille table】
神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜店7F
045-440-5065

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

東京メトロ丸ノ内線東京駅:「自由ヶ丘グリル」    胸膨らませていただいたメンチカツだったのに…

L1070186-a.JPG

3月に入った途端に暖かい日 なんと今日は17℃を超える3月下旬の陽気であったらしい
そんなポカポカ陽気の中、ランチを兼ねた商談へと出かけて参りました
東京駅で待ち合わせをしたのですが、そこは正に観光地と化していまして、駅舎をバックに写真を撮る方々で溢れていますね



L1070187-1.JPG
新丸ビルの7F
ココなら、落ち着いて食事が出来て、更にはお茶をいただきながら商談までもが出来るお店があるであろうとやって来ます
平日ってこともあるのでしょうが、どこのお店にもそれほど多くのお客さまがおらず閑散とした印象すら覚えます かつてはもっと賑わっていたように思うのですが…

電車の釣り広告で『メンチカツ+ハイボール』ってのがあって、それを見て以来、メンチカツが食べたかったのだ
それで、こちら「自由ヶ丘グリル」


L1070183-1.JPG
もちろんいただいたのはメンチカツ
あまりにも期待が大きすぎたのでしょうか 提供されたプレートを見てがっかりであります
キレイに盛り付けられてはいるのですが、そのメインとなるメンチカツの衣がバリバリとしているようで…
いただいてみますと、その見た目の通りやはり揚げ過ぎでありまして、バリバリとした焦げ臭い衣に包まれたメンチからは肉汁がこぼれることもありません
バサバサとまでは言いませんが、これじゃ美味しくいただくことは出来ませんね
とっても残念でありました

ホールスタッフの女性も、何か嫌なことでもあったの? と聞きたくなるように不愛想でやる気を感じることもなく…
〆にいただいたコーヒーもぬるいモノでありまして、今日のこの時間は寂しさだけを感じるものとなりました



【自由ヶ丘グリル】
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング7F
03-5220-2351

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。