2013年02月28日

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:「金丸」     銀座でひとり、ラーメンを啜る夜

L1070180-a.JPG

打ち合わせを済ませた夜、銀座でひとり飯とあいなります
ひとりでの夜ご飯となりますとその選択肢はかなり絞られるものでありまして、このまま家に帰ってコンビニ弁当で済ませようかもとも思ったのですが…
やっぱりそれじゃ寂しすぎると、少し探してみることにいたします


L1070177-1.JPG
テクテクと歩き回っていて偶然に見つけたこのお店 なかなか美味しそうな店構えではないですか
更にそこが久留米らーめんのお店とあらば試さざるを得ないでしょうってことで暖簾を潜ります
久留米と言えばとんこつラーメン発祥とも言われているところでありまして、その濃厚でこってりな豚骨が特徴なんですよね


L1070178-1.JPG
カウンター席だけの10席ほどのお店ですが、そこには女性のひとり客が…
何だか、こういったお店で一人でラーメンを啜る女性って格好よく見えてしまいます
厨房を囲むカウンター席でありますから、茹であがった麺の湯切をする姿などを見ることが出来、臨場感満載なところもステキなお店であります


L1070179-1.JPG
初めてもお店でもありますし、こちらの基本メニューであるシンプルな“ラーメン”をいただくことにいたしたのですが、やっぱりコレだけじゃ、ちょっと物足りないような気もして…
チャーシューをトッピングすることにいたします
それが1枚100円と言う頼みやすいシステムでありましたので、2枚をいただくことにしました

豚骨をキレイに洗って煮込んでいるのでしょう まったく臭みを感じることがないスープは、豚骨が苦手と言う人にも食べていただけるモノではないでしょうか
そんなスープだからこそ、先のおひとり様である女性のお客さまが来られたりするのでしょうね

麺は博多ラーメンよりも少し太め
そんな麺の茹で加減も選ぶことが出来るようですね 本場である久留米にはそんな文化はなかったと思うのですが、これも今の時代には必要なことなのもかも知れませんね
同様に、積極的ではないようですが替え玉のシステムもあるようでして… それだけ長浜のラーメン文化が全国区になっているってことですかね


濃厚なスープを頭に描いていただけに、ちょっと物足りない感じであったのですが、卓上の置かれた辛子高菜をスープに入れて…
とっても美味しくいただくことが出来ました



【久留米らーめん 金丸】
東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル1F
03-5524-5901

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





久留米らーめん 金丸
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

都営地下鉄大江戸線麻布十番駅:「ラム東京」   本場熊本の老舗馬肉料理店の味を東京でいただけるオシャレなお店

L1070156-a.JPG

馬肉料理の本場である熊本に本店を構えるお店が麻布十番にあると聞き、会食の場をそこに決定いたします
昨日も九州料理と言うことで馬刺しをいただいたのでありますが、サッパリとした馬肉ですから、連日であっても苦にならないのです



L1070137-1.JPG
麻布十番駅を出て、3分ほど歩いたところにあるビルの7F ピーコックのお向かいのビルでありますから比較的わかりやすい場所ではあるのですが、ビルの階下に販促物を出すようなこともなく、ビルの壁面に埋め込まれたシンプルな看板だけが頼りですから、初めてだとちょっと見つけづらさや入りづらさがありますね
30席ほどのそれほど大きなお店ではありませんから、自信ある商品を提供することで、リピーターを獲得されているお店であるようです


L1070141-1.JPG
メニューは4,500円から8,500円ほどのラインナップがなされたコース中心でありまして、そのメインは馬肉の焼肉としゃぶしゃぶ
今日はお手軽な焼肉のコースをいただくことにいたします

牛肉のそれほど甘味やコクは強くありませんが、その分サッパリとした旨みを大根と一緒に楽しめるスジの煮込みをいただいたあとに馬刺しをいただきます
九州醤油の甘みとニンニクやしょうがの薬味がお肉の旨みを引き立ててくれますね
牛刺しをいただくことが困難になった今、生肉の美味しさを楽しめるってことが嬉しいですね
そして、こちらのお店が商標を持っているという「さくら納豆」
納豆と細かく切られたお肉をよく混ぜて、それを海苔に乗せていただくのですが、これがこれが癖になるほどの美味しさにビックリでありました


L1070160-1.JPG
焼肉はクラシタと呼ばれる、乗馬する際に鞍を乗せるトコロのにあたるお肉であります
サッパリといただける赤身と、旨みたっぷりの脂がいただけるモノ
そのお肉の美味しさはもちろんなのですが、これを調味している塩ダレが驚くほどに美味しくて、バラヒモと呼ばれるお肉も追加して楽しみました

〆として馬スジを煮込んだカレーをいただくことにしたのですが、お店の方から“とろ桜フレークご飯”との両方を楽しめる小さなサイズの組み合わせを勧めていただき、そんな贅沢な楽しみ方が出来るのならと、迷うことなくそれをいただくことにいたします
熱々のご飯でトロ身の脂がとろけて、玉子の黄身と一体となってご飯粒をコーティングしてくれ、これを一気に搔き込みますとお口の中が幸せいっぱいになります

でこぽんのシャーベットをいただいてお口もサッパリ
美味しい余韻を残して六本木の夜へと移動いたします

ハイセンスなお店で元CAだったいう美人女将の接遇を受けながらの食事
これは接待やデートに使えそうですね
お気に入りです


【Ramu Tokyo】
東京都港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番7F
03-6809-4123

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「九州」    味の九州一周旅行を楽しめる魅力的な居酒屋

L1070129-a.JPG

原宿でパンケーキのお店を運営する若き経営者との顔合わせ
その方のお店は、2時間近くもの行列を作る大人気店でありまして、近々2号店を出店する計画があるのだとか…
それも100席にも及ぶ大型店であるとのことですから、またまた話題を総ざらいしそうですね



L1070118-1.JPG
そんな元気がある経営者から力をもらえるような楽しい打ち合わせのあとは、宇田川町にある「九州」って居酒屋で盛り上がります
以前銀座にあったこちらの系列店へ数回伺ったことがありまして、ココでいただく馬刺しや鉄鍋餃子、さらにはちゃんぽんの美味しさに魅了されているのです


L1070120-1.JPG
地下へと降りる細い階段を下りますと、そこには昭和な雰囲気満載の客席が広がっていまして、冴えないオヤジが似合いそうなお店であります
そんな佇まいではありますが、ピークの時間ともなりますと女性のお客さまの楽しそうな笑い声に包まれています
もつ鍋と囲む宴でコラーゲンを補給しましょうってことでしょうかね


L1070124-1.JPG
そんなもつ鍋も良いのですが、ワタシかこちらで一押しするのが馬刺しでありまして…
脂身が多い部位や、サッパリとした馬肉に甘みが楽しめる赤身、そしてコラーゲン質そのままの“こうね”と呼ばれるたてがみ部分の脂身
それらを九州の甘みがあるお醤油で さらに添えられる生姜やニンニクでいただきますと、もう至極の幸せを感じるのであります


L1070126-1.JPG
鹿児島のさつま揚げや熊本のからしレンコン、福岡の明太などなど、九州の美味しいモノが盛り合わせされている5点盛りも捨てがたいですし、宮崎のチキン南蛮も必須ですね
店名の通り、こちらのお店に来ると、九州一周旅行をしたように九州を丸ごといただくことが出来るってことが魅力なのです


L1070130-1.JPG
鉄鍋餃子
いろんなお店で同様な商品は提供されていますが、こちらのモノはレベルが違いますね
鉄鍋に引かれた油で嫌な思いをすることもありませんし、熱々の鉄鍋で焼かれるあまりにバリバリに焦げてしまった餃子をいただくこともありませんし…
その出来栄えには、さすがと言う言葉しか思い当りません


L1070135-1.JPG
〆はもちろんちゃんぽん
濃厚でクリーミーなスープにたっぷりの野菜から出た旨みが溶け込んでいまして…  ムチッとした食感の麺との相性が抜群であります

このちゃんぽん
お昼の時間に提供していただけたらコレだけを目的に伺いたいモノなのですが、残念ながらこちらのお店は夜だけの営業なんですよね  あ〜〜〜 残念。。。



【九州】
東京都渋谷区宇田川町17-2 伸工ビルB1F
03-3463-0442

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





郷土の酒と味 九州
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

名鉄名古屋本線男川駅:「ステーキ宮」   お値打ちリブロースとワンポンドハンバーグでお腹いっぱい

L1070108-a.JPG

3月1日開店を迎えるラーメン店の最終チェックへと、愛知県の武豊って町に向かいます
名古屋市の南部に位置する知多半島にある町なのですが、周辺の人口を加味すると10万人以上の商圏が期待できるところでありまして、先日行われたレセプションには多くのお客さまに来店していただくことが出来たようです

三河開化亭 武豊店
愛知県知多郡武豊町平井7-186



L1070103-1.JPG
その帰り道、遅くなったランチをいただくことにしましょうと、岡崎市にある「ステーキ宮」に立ち寄ることにいたします
ココは以前「えちぜん」って和食のファミリーレストランがあったところでありまして、かつてはかなりの人気店であったのですが、いつの間にか新しいお店に変わってしまったのですね

お昼と言うにはあまりにも遅い時間でありまして、こんな時間にステーキなんぞを食べる人はいないだろうけど、チェーン店だからクローズしていることはないだろう程度の気持ちで伺ったのですが…
つい先ほどまで、多くのお客さまがいらっしゃたであろう痕跡があちらこちらのテーブルに残っています
やはり、この場所はお客さまを集めることが出来るトコロなのでありますね


L1070107-1.JPG
タイミングよくイベントやっていまして、それがこのリブロース
リブロース好きのワタシは迷うことなくそれをいただくことにいたします
150gで1500円ほどと、比較的お手頃な価格でありますので、きっと人気の商品であることでしょう
4人で伺いましたので、4種のソースをいただきいろんな味わいも試すことにいたしましょうと…
甘口ソースの捨てがたいですが、やはりオニオンたっぷりでご飯に良く合う“宮のタレ”が一番ですかね


L1070109-1.JPG
メニューを眺めていますとワンポンドのハンバーグを見つけてしまいまして…
ボリュームが多くなったからって味に変わりが出るものでもないのでしょうが、そのボリュームを目で確かめたくって、それを4人でシェアすることにいたします
人数がいるってことは、楽しい会話で食事できるだけでなく、いろんなモノをいただくことが出来るってことも魅力ですね


愛知県には名古屋を中心に展開する「ブロンコビリー」ってお店もありますので、お互いに切磋琢磨していただき、我々消費者に美味しくお手頃なモノを提供していただけるようになれば良いですね
楽しみであります



【ステーキ宮】
愛知県岡崎市欠町字地蔵前25-1
0564-26-3750

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

JR東海道線川崎駅:「ビストロ ポチ」   こだわりの素材の鉄板焼きでワインを美味しくいただけるビストロ  

L1070090-a.JPG

今週末には3月になろうというのになんという寒さでありましょう
頬が痛くなるほどに冷たい風がビューっと吹くたびに凍えてしまいそうであります
そんな中、仲間と一緒に川崎にある鉄板焼きのお店 さいか屋の裏辺りという地図で見た記憶だけを基に伺ったのでありますが、結構簡単に見つけることが出来ました



L1070085-1.JPG
「ビストロ ポチ」
ポチと言う名前の可愛さが印象的で、一度聞いたら忘れることが出来ないお店の正体は、鉄板焼きをつまみに美味しいワインを楽しみ、お好み焼きで〆るという珍しいスタイルのお店でありますね
そんなお好み焼きのソースは、香川県にある「ふみや」っていう老舗お好み焼きの門外不出のオリジナルなのだとか…
かなり期待が高まります


L1070086-1.JPG
おとなのの週末』や『東京カレンダー』に取材されたというから、かなり本格的な大人のお店であろうと想像していたのですが、お店の扉を開けますと、若いスタッフの方に迎えられまして…
そのギャップにビックリしながらも、案内されるがままに2階にある客席へと階段を上ります
結構小さなお店でありまして、並べられたテーブルの間隔が狭く、そこをサービスするスタッフの方は大変そうですね


L1070087-1.JPG
他のテーブルの方々も注文していた骨付きソーセージや、こだわりを感じるミノやホルモンからいただくことにいたします
商品の提供に時間を要したことが残念ではありますが、ミノのコリコリとした食感や脂がたっぷりとのったホルモンの美味しさで、このマイナス点はしっかりと補われましたね
そしてイチボステーキ
一頭の牛から少量しか取れない希少なモノでありまして、しかもそれがA5ランクのお肉から切り出されたモノというから、その美味しさも納得であります
それほどボリュームはありませんが、高価なお肉が手が届くお値段でいただけるってことが嬉しいですね


L1070097-1.JPG
こちらは“ネギ焼き”
たっぷりのネギを粉で解いて、それを薄く焼き上げたのに出汁醤油を塗って… そんなものを想像していたのですが、提供されたものはちょっと異なったものでありまして… お好み焼きのネギトッピングといったスタイルではありましたが、さすがに自慢のソースであります
コクや風味が美味しいモノでありました


L1070100-1.JPG
小さいサイズがありますので、先のネギ焼きに加えて、海老・イカなどの魚介と豚肉のミックスである“ポチMIX”をいただくことにいたします
基本的にはテーブルに備えられた鉄板で自分たちで焼くのでしょうが、お願いすれば焼いて提供していただくことも出来るようで…
自分たちで焼く楽しさもあるのでしょうが、ふっくらと焼かれた生地の美味しさを味わうにはプロが焼いていただくのが一番ですね
見た目にも美しいお好みでありました



大人の雰囲気のお店を期待して行ったワタシにとって、とっても残念だったのは後ろのテーブルで盛り上がっていたグループ客が騒々しかったこと
楽しく酔って盛り上がるのは良いのですが、周りのお客さまに迷惑をかけるような飲み方はして欲しくないですね
そしてお店側にも、こういったお客さまにきちんと注意していただけるお店に成長していただきたいモノであります



【ビストロ ポチ】
神奈川県川崎市川崎区小川町2-1 美須ビル1F.2F
044-244-5552

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

JR山手線新宿駅:「ごだいご」  しっかりとした調理人の存在を感じる居酒屋

L1070077-a.JPG

新宿で夜
品川から山手線に乗ったのだけど、これが朝のピーク時間と変わらないほどの混雑ぶりでありまして、乗り切れない人が出るほどでありました
新宿で降りても、駅は人人人で溢れていまして、そんな人に酔いそうなほど
いったい何があったのでしょう???


L1070059-1.JPG
そんな新宿駅の中央東口に直結する武蔵野ビルの5階
IFにある看板を見た時には「アジアンキッチンごだいご」かと思ったのですが、実際には「アジアンキッチン」というお店と「ごだいご」って2軒のお店が5Fにあるのですね
美味しいつくね焼があるお店だと聞いていたので、アレッっと思ったんですよね


L1070063-1.JPG
お通しとして出された大根とうずらの煮物
これが、実に美味しくて… 
本来お通しとは、うちのお店の味を試してくださいね 的なモノであるべきと思っているワタシとしては、これだけしっかりとしたお通しをいただけば、これから始まる宴が満足なモノになることが間違いないと確信するのであります
その後いただいた“セロリの浅漬け”なんかも素晴らしいモノでありました


L1070072-1.JPG
お勧めにある“のれそれ”に“〆サバ”をいただいたのですが、これまた素晴らしいモノでありまして…
特にその〆サバは軽く酢に潜らせたもので、生サバが持つ旨みを引き出すためだけに〆られたもの
これだけのものが出せるなんて、よほど仕入に自信がある証ですね
そして、“和牛ロースとアボカドのたたき”
和牛が持つ脂の甘みがを閉じ込めたたたきでありまして、調理のレベルの高さを窺わせます


L1070078-1.JPG
これが名物のつくね焼
粗挽きのブラックペッパーや一味、ゆず皮にねぎと大根おろしがトッピングされていまして、いろんな風味がいただけるのが良いですね
つくねにはたっぷりの軟骨が入っていまして、そのコリコリとした食感も楽しいひと品であります

〆にと“焼きそばオムレツ”と“鮭チャーハン”をいただいてお腹も大満足
駅近というより駅直結でありながらも、あまり積極的に看板などを出していない隠れ家的な雰囲気もありまして…
ココはちょっとブックマークしておきましょう



【ごだいご】
東京都新宿区新宿3-27-10 新宿武蔵野ビル5F
03-3350-8501

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

JR京浜東北線蒲田駅:「ばんざい」   期待を裏切らないワンポンドのハラミステーキに満悦

L1070040-a.JPG

横浜での仕事を終え、蒲田へと移動いたします
滅多に来ることがない街なのでありますが、美味しいお肉がいただける居酒屋があると聞きつけ、仲間を誘ってやってそんなお肉をいただきましょうってこと
一昨日にもお肉をがっつりいただいたというのに、どれだけ肉食なのでしょう。。。



L1070045-1.JPG
JR蒲田駅からダッシュで1分ほどのトコロ
細い路地を入ったところにある、何とも入りづらいビルの4Fにあるこのお店 エレベーターを降りると、お店の扉を開けることもなく店内へ
そこは、お客さまの笑顔があふれるお店でありました


L1070030-1.JPG
お肉メインのお店かと思いきや、本日のお勧めと言うことで鳴門で揚がった新鮮なお刺身メニューがありまして…
身を厚く切られたお刺身はコリコリとした食感が楽しめる素晴らしいモノでありまして、瀬戸内海の荒波で締まった身の美味しさを堪能させていただくことが出来ました


L1070042-1.JPG
コレですよ! コレ!
お肉料理を得意とするお店が自信を持って勧めているハラミステーキ
しかもそれはワンポンドもある豪快さでありまして、ひとりでいただくにはちょっと… でありますが、仲間とこれをシェアしていただきましょう
一塊のお肉が提供されるものだと勝手に思い込んでいたのですが、食べやすいようにカットされていまして…
想像したほど、見た目の豪快さはありませんが食べ応えがあるモノでありました


L1070043-1.JPG
そして、ステーキと言えばガーリックライス
ニンニクの香りたっぷりで、ほんのりと効いた塩味が食欲をそそります
その中には牛スジが入っていまして、その甘みと旨みが味を引き立てますので、最後のお米ひと粒まで残すことなくいただきました


初めて入るには勇気が必要なお店ではありますが、一度このお肉をいただいたならば、きっとまた足を向けてしまう
そんなお店でありますね
ランチをやっていないのが残念なくらいです



【和洋創作ビストロ ばんざい】
東京都大田区西蒲田7-5-6 FDI蒲田西口駅前ビル4F
03-3735-5770

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:「備長」  カリッと芳ばしいひつまぶし専門店でランチ

L1070018-a.JPG

ちょっと忙しい日々が続いていましてお疲れ気味なワタシ ちょっと元気を付けましょうと鰻をいただくことにいたします
ひつまぶしの本元である名古屋に本店を構える「備長」ってお店 ひつまぶしの専門店へと伺います
昨年開業したスカイツリーにも出店しているようで、今が正に旬と言った会社でありましょう



L1070001-1.JPG
銀座マロニエゲートの12階 壁面一面に“ひつまぶし”と書かれた専門店らしい店構え
入り口の横では鰻を焼く姿を見ることも出来まして、美味しさ感が伝わるお店であります
12:00過ごし前に伺うことが出来ましたので席を待つことなく入店できましたが、壁沿いには席待ちのお客さまのために置かれた椅子がズラリと並んでいるところから、週末ともなればココにたくさんの人が並んでいるのでしょうね


L1070008-1.JPG
暖簾を潜りますと、お店の中央に大きなテーブルがありまして、それを囲むように4人掛けや6人掛けのテーブルが並んでいます
一人で伺ったワタシは真ん中の大テーブルに案内されたのですが、そこにはキレイなお花が飾られていましてとっても良い感じでありました
お客さまはスーツ姿の接待とも思える方やご婦人方などなど 皆さん笑顔でひつまぶしを召し上がっておられますね


L1070017-1.JPG
もちろんワタシもひつまぶしをいただくことにいたします
最初に骨せんべいにサラダとうざくが提供されまして、それをいただきながら鰻の焼き上がりを待つことにいたします
15分ほどでメインでありますひつまぶしがやって参ります
こちらの鰻は蒸すことをしない直焼きという焼かたでありまして、カリッと芳ばしい鰻をいただくことが出来るのです


L1070014-1.JPG
「美味しい召し上がり方」と書かれたPOPがテーブルに置かれていますので、それに従いいただくことにいたしましょう
お櫃のご飯を4等分して、一膳目はカリッと焼かれた鰻とタレが染みたつやつやなご飯をそのままいただき、二膳目はそれに薬味を添えてわさびの辛味やねぎの風味を加えて楽しみます
三膳目はさらに出汁をかけてお茶漬けとして…
それぞれに美味しい味わいがありまして、どれが一番とはいいがたいものなのでありますが、最後の一膳はもっともお気に入りのいただき方で〆ましょうってことで、シンプルないただき方である一膳目にわさびだけを加えていただきました
鰻と山椒 この相性も美味しいのですが、ワタシは鰻とわさびっていうのも好きなんですよね

最後にはゆず風味のシャーベットまで提供されて後味もスッキリ
たまの贅沢を満喫いたしました



【ひつまぶし 備長】
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート12F
03-5159-0231

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ひつまぶし名古屋 備長 銀座店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「ステーキくに」     毎月第3水曜日は美味しいステーキをいただく日であります

L1060987-a.JPG

『美味しいステーキを楽しく食べる夕べ』
毎月1回 第3水曜日の夜に行われているイベントへ参加させていただきました
そのタイトルの通り肉好きには堪らないイベントでありまして、毎月この日が来るのが楽しみなのであります
ちょっと業務と重なったりして今回は3か月ぶりの参加でありますから、そのワクワクは天にも届きそうなほどであったりします



L1060973-1.JPG
会場となるのは赤坂見附駅前にある「炭焼ステーキくに」
赤坂の一等地にありながら、お手頃なお値段で美味しいステーキを提供してくれる大人気店が催すイベントでありますから、その参加者も大勢でありまして…
一人で参加しても同じテーブルになった方々との出会いや会話を楽しむことが出来る有意義な会でもあるのです
今日同じテーブルを囲んだのはステキなご婦人方でありまして… いつもにも増して楽しい時間が流れていきました


L1060980-1.JPG
美味しいステーキだけでなく、それを彩る様々な前菜が提供されるコース
サーモンアボカドや蟹のスープなどの他に、今回はハンバーグまでもが提供されるとのことで肉好きが喜ぶ、肉尽くしのコースでありました
60人近くのお客さまが集まった会であるにもかかわらず、ちゃんと炭火で焼き上げたものを提供してくださいます


L1060986-1.JPG
熱々の鉄板で運ばれて来まして、それにソースを掛けますと、このシズル感
その香りに刺激され脳がお肉モードに切り替わります
俵型のハンバーグをテーブルで切り分けてくださいまして、テーブルを囲んだ4人でシェアしていただくのですが、あまりの美味しさに1個そのままを食べてしまいたい衝動に駆られます


L1060993-1.JPG
もちろんいつも通りのステーキもたっぷりと!
オーナー自らが客席を回りながら、好みの厚さにカットしてくださるのもこの会の魅力の一つでありまして、気さくな人柄のオーナーと交流も楽しむことが出来ます
サシの脂身が美味しい和牛と、赤身が美味しいモノ それを相盛りしてくださいますから、そのボリュームたるや…
しかしその美味しさから、「こんなに食べられない」なんて言っていた女性の方々もペロッと食べてしまわれていましたよ


来月は第3水曜日が祭日にあたるってことで1日前倒しの19日火曜日に実施とのこと
スケジュールを空けて肉まみれになる日といたしましょう



【炭焼ステーキくに】
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル1F
03-3519-5529

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

JR東海道線東京駅:「頂上麺」  東京駅八重洲北口改札を抜けて熱々のフカヒレ麺をいただきます

L1060919-a.JPG

今日は寒いです 雪が舞ってます
そんな日には、グツグツと熱々なモノが恋しくなるものでありまして、東京駅のキッチンストリートにある、あのお店へ伺うことにいたしましょう



L1060927-1.JPG
お店に着いたのがまだ12:00まであったってことで待つことなく入店することが出来たのですが、お店を出た時には席待ちのお客さまの列が…
東京駅構内と便利な場所にあるってこともありますが、2000円ほどの予算を必要とするお店であるにもかかわらず、平日のお昼から列を作るなんて…
やはり単純に値段が安いお店だけでなく、支払う代金以上の価値を感じることが出来るところにはお客さまが集まってくるのですね


L1060921-1.JPG
フカヒレ飯をいただこうかと思ってこちらへ伺ったのですが、フカヒレ麺とエビマヨがセットになっている商品の魅力に負けまして、それをいただくことにいたします
このセットメニューの麺は基本的はハーフサイズなのだそうですが、300円をプラスすることでフルサイズに変更することが出来るとのことでありましたので迷うことなくフルサイズで…
混んでいる時間帯ではありますが、ほとんどのお客さまがフカヒレ麺を注文しているってことで調理の効率も良いのでしょう 待たされることなく商品が提供されました


L1060922-1.JPG
プリプッリな海老が3個も乗ったエビマヨであります
最近、こういった海老本来のプリプリ感を提供してくれるお店が少なくなっていることを残念に思っているところでありましたので、余計にその美味しさを堪能させていただけました


L1060923-1.JPG
添えられていたご飯に麺をいただいた後のスープをかけてフカヒレ飯の出来上がり
簡易的ではありますが、念願だったフカヒレ飯までいただくことが出来まして“ひと粒で2度美味しい”までも堪能いたします

〆にはプルンプルンの杏仁豆腐までもをいただいて、身体の芯からポカポカ、心も温まりましたし、当然お腹も大満足
ご馳走さまでした



【頂上麺 筑紫楼ふかひれ麺専門店】
東京都千代田区丸の内1-9-1
03-5224-6080

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

JR山手線有楽町駅:「ジャポネ」    極太麺をフライパンで炒めるオジサンでも飽きないスパゲッティがいただけます

L1060916-a.JPG

空にはどんよりと重たそうな雲が広がっていまして、小雨が降ったり止んだりでありまして、スッキリしない天気であります
ちょうどお昼時でありまして、駅近くで簡単にランチを済ませることにいたします



L1060913-1.JPG
ロメスパの王者「ジャポネ」
銀座インズ3にあるお店は、店舗と通路を壁で仕切ることもないカウンター席だけの15席ほどの小さなお店ではありますが、王者の名にふさわしく今日もしっかりと行列しておりました
忙しいときには、その列がマクドナルドに沿ってぐるりと50人ほどのお客さまが並ぶことも…


L1060915-1.JPG
いただいたのは、屋号を名付けた“ジャポネ”
こちらの商品にはレギュラーと呼ばれる並盛とジャンボと呼ばれる大盛、さらに横綱と呼ばれている超大盛がありまして… 今日は横綱に初挑戦してみることにいたします
「ジャポネを横綱で」と注文しますと、周りに座っていたお客さまの視線を一気に浴びてしまいましてちょっと恥ずかしい思いをいたしました
事前に茹でておいた太麺を、ガシッと鷲掴みして中華鍋のようなフライパンに投入しまして,ジャガジャカと炒めていきます その姿があまりにも豪快でありまして、ついつい見とれてしまうほどであります
麺がほどよく炒まってきますと醤油を垂らして風味づけ、ほとんどの商品に小松菜が使われていることも、イタリアンで言うところのパスタとは全く異なる、こちらのならではの特徴的なモノなのであります
この味が癖になると言うか、オジサンでも抵抗なくいただくことが出来るスパゲッティでありますね



【ジャポネ】
東京都中央区銀座西2-2先 銀座インズ3 1F
03-3567-4749

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ジャポネ
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

JR鹿児島本線博多駅:「たんや」   博多駅地下街で気軽に牛タン麦とろ定食がいただけます

L1060908-a.JPG

分厚い牛タン焼と麦とろご飯をいただけるというヘルシー志向から、ちょっとしたブームになっている仙台牛タンのお店
実はそれを何とか1000円以内で提供することは出来ないかというプロジェクトを進行中でありまして、牛タンの仕入先やその加工先などを構築している最中なのであります 


L1060912-1.JPG
そんな時、偶然に見つけたこちらのお店
“牛タン麦とろろ定食”が980円、“牛タンカレー”が680円と、まさにプロジェクトの狙い通りのコンセプトなのであります
ならば、試食をせざるを得ないでしょうと、席待ちのお客さまの後ろに並ぶことにいたします


L1060904-1.JPG
オープンになった厨房を囲むカウンター席と4名掛けのテーブルがいくつかある、それほど大きなお店ではありませんがなかなか繁盛しているようであります
今日のこのタイミングでは比較的男性の割合が多いようでありますが年配の方や女性の方の姿も見られますので、狙い通りのお客さまが来店されていると言ったところでありましょう


L1060906-1.JPG
カウンター席をいただくことが出来ましたので、厨房の真ん中でどんどん牛タンを焼き上げる姿を眺めることが出来、そんな臨場感でよだれが出てきそうです
テキパキと動く調理スタッフ、忙しいながらも笑顔を絶やさない接客スタッフ いずれもきちんと訓練されているようで、心地よい雰囲気の中で食事をいただくことが出来そうであります


L1060910-1.JPG
お腹が空いていたってこともあって“牛タン麦とろろ定食(L)”をいただくことにいたします
(L)の名に恥じないたっぷりと盛られた牛タン 薄めにスライスされたものではありますが、10枚以上が盛られていますので食べ応えは十分
巧い具合にお塩のミネラル分が引き出された牛タンはホントに美味しいですね

麦ごはんの麦は少な目で、とろろも薄め
この辺りは売価との絡みもあるのでしょうが、いささか物足りなさが…
我々のプロジェクトでは、この辺りもしっかりと価値があるものを提供できるよう課題といたしましょう



【たんや HAKATA】
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティB1F
092-415-1114

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

西鉄天神大牟田線大橋駅:「ロイヤルホスト」    ケイジャンの刺激を思い出し止むに止まれずジャンバラヤ

L1060898-a.JPG

今回の福岡滞在は主たる目的であった法要を無事に終えることが出来ました
高齢となった母を連れての法要でありましたので寒さが心配だったのですが、今日は比較的暖かな陽気でありまして母も寒がることもなく助かりました



L1060902-1.JPG
ロイヤルホスト
デニーズやジョナサンなどと比べて然程サービスや商品に差がないのに、お値段がちょっと高いお店と感じてしまうファミレスチェーンなのでありますが…
本社のお膝元だからってことでしょうか ここ福岡のお店は関東にあるお店とは比べ物にならないほどにスタッフが素晴らしく、これならこのお値段を払っても惜しくないと感じさせてくれるのであります


L1060896-1.JPG
ちょっとお茶でもしましょうって気分で訪ねたのでありますが、“アンガス☆アメリカ料理サジェッション”なるイベントをやっている最中でありまして、それがあまりにも魅力的でありましたのでついつい…

TEX MEXなる、こちらの人気メニューであるハンバーグとフランクフルトにグリルチキンが盛り合わせされたミックスグリルにチリビーンズをたっぷりと乗せた商品に目が留まります
ミックスグリルだけでも魅力的なのに、豆の甘みとスパイシーさがマッチしたチリビーズとなると、もう我慢なりません
ふっくらと焼きあがったジュースーなハンバーグ、プチッと弾けるようなフランクフルトに皮目をカリッと焼き上げた、これまたジューシーなチキン これは見事な調理であります


L1060899-1.JPG
そして“ニューオリンズジャンバラヤ”をライス代わりにいただきます
こんなに食べられるのか? なんて自問しながらも、ケイジャンの刺激を思い出すと、もう頼まない訳にはいきません
こちらにもカリッと焼かれたチキンが入っていまして、鶏肉とケイジャンの相性の良さをつくづくと感じさせてくれます
他にもホタテやエビなどの魚介が入っていまして、なかなか贅沢なジャンバラヤでありました


それほどお腹が空いていなくても、美味しいモノならペロッと平らげてしまうワタシ
ちょっと自分でも怖くなりましたが、しっかりとケイジャン料理の魅力を堪能させていただきました



【ロイヤルホスト】
福岡県福岡市南区塩原2-10-17
092-541-9361

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

福岡市営地下鉄空港線祇園駅:「英二楼」   居酒屋感覚で気軽に使えるとらふぐ料理のお店

L1060872-a.JPG

お仕事仲間との会食をいたします
せっかく福岡に来ているのでありますし、福岡らしい美味しいものをいただきましょうと選んだのは“ふぐ”
もちろん下関のふぐが全国的には有名でありますが、関門海峡を挟んだ隣県の福岡にも数多くのふぐ料理店が軒を並べています
天然の高級なふぐを扱う老舗から、比較的気軽なお値段で洋食のふぐを扱うお店まで それも接待や宴会としてだけでなく、居酒屋的に普段使いできるところもありまして・・・
やはりふぐを日常的にいただく文化がある街ってことでありましょう



L1060857-1.JPG
博多と天神の中間辺り キャナルシティーの近くにある1軒のふぐ料理屋さん
グルメ誌に乗るような有名なお店でもありませんし、何年も続く老舗のお店でもないところではありますが、良心的な価格で美味しいふぐ料理を提供してくれるところだと言うことで仲間が予約を入れてくれたのであります
お店の外観も気軽な居酒屋のような造りでありまして、これなら2人や3人でも抵抗なく、居酒屋感覚で利用することができますね


L1060887-1.JPG
調理場に面したカウンター席と、その背後にある小上がりの座敷席
予約をしていたのですから座敷へと案内されるのかと思いきや、両サイドにもお客さまがいらっしゃるカウンターの席へと案内されます
「えっ!?」って感じではありましたが、結果的にはこれが正解でありまして、若き29歳だという大将ともお話することができ楽しい食事の時間を過ごすことができました
29歳という若さで独立し一国一城の主となっているわけでありますから、その顔は凛々しく自信にも満ちた素敵な表情である大将
その一生懸命な姿に、これは応援しなくちゃって気持ちも湧いて参ります


L1060867-1.JPG
ふぐを使った居酒屋的な単品料理もずらりと並んでいますが、そんな料理をコースとして提供してくれる会席コースをいただくことにいたします
小鉢としてふぐ皮の煮凝りと博多らしく筑前煮から始まりまして、ふぐ刺しが提供されます
高級会席店のようにどこまでも薄くスライスされたものではなく、しっかりとしたふぐの噛み応えを感じることができるようにと、ちょっと厚めのスライスであります
ですから、身の甘味をも楽しむことができます
こちらのメニューには天然モノと養殖モノとが明確にわけれれていまして、養殖には養殖ならではの身の甘さ、天然物には天然だからこそ身の締まり それぞれを自信を持って提供されているってことが伝わってきます
今回ワタシがいただいたのは養殖モノでありますので、その身の甘さを堪能させていただきましたよ
焼き物として提供されたのが“味噌漬け焼き”というものでありまして、ほんのりの味噌の風味が漂う焼きふぐも美味しいものですね


L1060881-1.JPG
ふぐの唐揚げのあとに出されたのが、ふぐの煮付けでありまして・・・
それほど多くのふぐ料理を経験しているわけではないワタシには高級なとらふぐを煮付けてしまうなんてという思いもありますが、日常的にふぐをいただいている街だからこその料理なのでしょうかね
淡白な身にしっかりと甘みがある煮汁が染み込んでいて、これまでいただいてきたふぐとは別物のような味わいであります
そんな煮汁がお豆腐にも良く染みていまして、こういう料理ってホッとするんですよね

〆めに提供されるのが炊き込みご飯
雑炊などはどこでもいただくことができるのですが、炊き込みご飯となると手間がかかる分、これを提供するお店は少ないのです
ですからある意味、この炊き込みご飯をいただくために、このコースを注文したといっても良いかもしれません
薄口の醤油味で炊き込まれたご飯に、ふぐの身が解し入れられていまして・・・ 雑炊も良いのですが、これもまた美味しいものでありますね
添えられた味噌汁ですが、これが実はふぐのあら汁でありまして・・・
それほどふぐの出汁が出ているとは感じませんが、ゴロっとしたあらが入っていますとテンションも高まりますね


L1060878-1.JPG
単品で追加注文させていただいた白子豆腐
これも手間をかけてお店で仕込んでいるものらしく、プルンそしてツルンとしたなめらかな食感の中に白子の濃厚な風味を感じることができまして、これもまた贅沢ないただき方でありました
淡白なお魚でありますからコースでいただくと単調な味わいになってしまう感じもあるのですが、こちらのような工夫がされていますといろんな味わいを楽しむことができ、楽しいコースをいただくことができますね
良いお勉強をさせていただきました




【博多・ふぐづくし 英二楼】
福岡県福岡市博多区祇園町6-35
092-281-2917

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

西鉄天神大牟田線西鉄天神駅:「平和楼」    旬の牡蠣がゴロゴロとしたちゃんぽんでランチ

L1060846-a.JPG

羽田空港からビューンと福岡へやって来ます
クラスJってシート プラス1000円でゆったりと座れる席がいただけるってことで、いつもビッシリと埋まっているのですが、今日は珍しくお隣に人がおらずゆったりと座らせていただいました
2時間ほどのフライトを1000円でゆったりと座れるシートがいただけるのですから、それは有意義なお金の使い方なのかも知れませんね



L1060848-1.JPG
福岡についたのは14:00過ぎ お腹がギュッーと鳴いて・・・ 天神に移動してすぐにランチをいただくことにいたします
新天町って商店街の脇にある中華料理のお店「平和楼」
福岡では老舗的な存在で60余年続くところなのであります
入口にお勧めのメニューが置かれていまして、それには旬の牡蠣を使った美味しそうな料理がズラリと並んでいます
そんな中の“カキチャンポン”に惹かれてお店の扉を開きます


L1060843-1.JPG
1Fにはフロントがありまして、エレベーターで上った2Fが一般の客席であります
そこは広々としていまして、ゆったりとした大きめのテーブルが並べられていますし、風格があるとでも言いましょうか落ち着いた雰囲気であります
そんなフロアの奥にあるコーナーの席をいただきます


L1060845-1.JPG
カキチャンポン
白濁したスープではなく、味噌の風味があるスープにたっぷりの野菜と大粒の牡蠣がゴロゴロと6つほど・・・
麺は太麺でモチモチ かなりの食感とともに麺自身の旨味をも感じることができるものでありました
スープには生姜が加えられているのでしょうかね ほんのりとした辛味が効いていて、ちょっとお気に入りであります


美味しいものをいただいて気分良く帰ろうとしたときのこと、ホール担当の女性に会計はどこですれば良いのかを尋ねてレジへと向かったのでありますが、そこには誰もおらず、少々待っても誰も来る気配すらない状況にイライラというより飽きれた感じで・・・
折角の美味しい料理も残念なものになりますね




【平和楼】
福岡県福岡市中央区天神2-6-42
092-771-4141

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





平和楼 天神本店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

みなとみらい線馬車道駅:「江戸徳」    明治創業の老舗でいただく日替わりランチは海鮮丼でありました

L1060831-a.JPG

今日は打ち合わせが建て込んでいて東横線沿線を転々と移動をする日でありました
先ずは馬車道で1件、続いて新丸子で2件、そして渋谷で1件 
ですから、各停を使っての移動となったのですが、たまには各停でのんびりっていうのも良いものですね
ゆたっと座ることも出来ますし、いつもはビュンと通り過ぎてしまう景色も見ることが出来るし… そんなことで気分の切り替えもできました



L1060827-1.JPG
いつもはお店が混み合う時間を避けた13:00過ぎにいただくランチでありますが、そんなことで今日はお店の開店直後を狙いランチをいただくことにいたします
夜ごはんは中華をいただくことになりそうだし、先週はいっぱいお肉をいただいたし… と何を食べるか迷いながら歩いていますと「日替わり定食 海鮮丼」と書かれた看板を目にしてココに決定であります


L1060828-1.JPG
開店からそれほど時間がたっていないというのに、ほぼ満席に近い先客がいらっしゃっていまして…
ワタシと同じように海鮮丼の魅力に惹かれたお客さまがたまたま集まったのか、いつもこのように混雑しているのかは分かりませんが、年配のお客さま中心に人気があるお店であるようですね

そういえばこちらのお店、1年ほど前にも伺ったことがあるところでありまして、その時は美味しいお魚メニューが食べたいと思って伺ったのでありますが、その日の日替わりはミックスフライでありまして… ならばとお弁当をいただいたならばそこには唐揚げとエビフライが… なんて苦い経験をしたことを思い出しました


L1060832-1.JPG
しかし今日の日替わりは海鮮丼
日替わりでいただくものですから、それほどの期待はしていなかったのですが… ボリュームこそそれほどではありませんが、使われているネタは悪くありませんね 
板わさに玉子焼き、茹でタコとイカ、それにマグロのブツや剥き身が乗っていますし、そのマグロのブツは漬けにされた赤身と中トロと立派なモノでありました

熱々の味噌汁に、出汁が効いた茶わん蒸し
何れも手を抜かない立派なモノでありまして、十分に満足できるランチでありました



実はこのお店 明治に創業された歴史あるところなのですが、格式ばったところもなく、普段使いできる雰囲気が人気なのかもしれませんね
鰻が看板商品でもあるようですから、次回は鰻を…
なんて思いながら、仕事へと向かいます



【鮨・割烹 江戸徳】
神奈川県横浜市中区太田町5-63
045-681-7123

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

みなとみらい線日本大通り駅:「オリンピア」   ギリシャを代表する料理 ムサカをいただくランチ

L1060824-a.JPG

馬車道でのお仕事
夜から雪になるかもしれないと予報されておりますので、寒さ対策は万全にしてお出かけいたします
多分そんな大雪にはならないだろうとは思ってはいるのですが、先月の大雪のこともありますので、遅くならないうちに帰らなければ…


L1060819-1.JPG
午後からのお仕事に備えてランチにと伺ったのは「オリンピア」
中華街には本店である「アテネ」やバー業態の「ゾルバ」を構えるギリシャ料理の草分け的なお店であります
ギリシャ料理と聞くと馴染みが薄く、どんな料理を提供してくれるのかと心配になる方も多いかもしれませんが、イタリアンの基礎にもなっている料理でありますから、日本人の口にも合うモノなのであります


L1060820-1.JPG
こちらにはバーとしても楽しめるカウンター席がありますから、フラッと独りで訪ねてギリシャを楽しみながらグラスを傾けなんてこともできる気楽なお店であります
スタッフの方も気さくな方ですから、楽しい時間が過ごせること間違いなしでありましょう

お昼でもありますし食事目的ではありましたが、今日は一人でありますから、そんなカウンター席をいただき、大好きなムサカでランチといたしましょう


L1060821-1.JPG
先ずはスープとサラダ
ブイヨンで野菜を煮込んだスープでありまして、野菜の旨みたっぷりですから身体にも優しい感じがいたしますし、何より今日のような寒い日には身体を温めてくれることがうれしいですね


L1060823-1.JPG
これがムサカ
ジャガイモやナスをミルフィーユのように重ねて、その合間にミートソースとベシャメルソースを挟み込んで焼き上げたものであります
こちらのお店のミートソースに使われる香辛料がとっても良い味を出していまして、ベシャメルとの相性も最高ですし、ジャガイモに良いアクセントをつけてくれるのです
イタリアンのラザニアをイメージしていただけると良いかもしれませんね

サックサクに焼かれたパンと一緒にいただき、お腹も満足
のんびりとコーヒーをいただきながら食後のひと時を過ごしていますと、あっという間に時間が過ぎていましてお仕事の約束時間の10分前
あわてて会計をお願いし、お店を後にいたします



【ギリシャ料理&バー OLYMPIA】
神奈川県横浜市中区太田町2-30 みどりビル1F
045-662-9115

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

西武新宿線西武新宿駅:「ENZAN」   白ワインで育ったという豚肉をしゃぶしゃぶする歌舞伎町の隠れ家

L1060808-a.JPG

大先輩から教えられた「感受性は生まれ持ったものだが、完成は経験によって磨かれるもの」という言葉に従い、テーブルウェアフェスティバルへと出かけます
会場となった東京ドームいっぱいの出展数は圧巻でありますし、そこへ来場されている方の多さにもビックリ! 一般の方がこうやって勉強しているのですがら、我々業界の人間もそれ以上に勉強しないとお客さまに感動を与えるような食の場を提供することなんて出来なくなると危機感すら感じるフェスティバルでありました



L1060792-1.JPG
場所を新宿歌舞伎町へと移し、ワインを飲ませることで柔らかい肉質に育て上げた豚肉をいただけるお店があるというのでやってきました
雑多な印象を受けるこの街 多種多様な看板が所狭しと並んでいまして、目的のお店を見つけるのにちょっとひと苦労しました 注意深く左右を見ながら歩いていたはずなのに、お店の前の通りを通っていたにもかかわらず、そこを通り過ぎてしまっていたほどでありますから…
間口が狭い地下のお店の課題でありますね


L1060793-1.JPG
これまた狭い階段をぐるりと回りながら下ったところにあるお店は照明を落とし落ち着いた雰囲気を演出したものでありまして、案内された席はこれまた細い通路を階段を上った中2階の席でありました
この中2階には個室もあるようですから、ちょっとしたお忍びにも使えそうですし、周りのお客さまを気にすることなく料理や会話を楽しむことが出来そうなところであります


L1060796-1.JPG
メニューを眺めていますと、こちらのお店では先の豚肉をしゃぶじゃぶのコースで食べていただきたいという思いが伝わって参ります
どのコースも4か所の部位をしゃぶじゃぶで楽しむことが出来るようになっていまして、そのしゃぶしゃぶ以外の料理の品数でお値段に差があるようです
ワイン豚のしゃぶしゃぶを目的に来たのだからとシンプルなコースをいただくことにしたのですが、それに付いているメンチカツがなかなかのものでありまして…
お肉の食感を楽しめるようにと、それほど細かいメッシュにしたミンチではなく、どちらかと言えばミルフィーユカツのように薄くスライスされたお肉を重ね揚げさらたようなものであります ですからそこからはジュワッと旨みたっぷりの肉汁が滲み出します 
サラダも一見ツナサラダかと思いましたが、豚しゃぶサラダでありまして…  自慢の豚肉をたっぷりと楽しんでいただこうというお店の思考でありますね


L1060806-1.JPG
いよいよしゃぶしゃぶの時間となりまして、ますはロースとモモ肉から 
長ネギや水菜をたっぷりと入れた昆布出汁でしゃぶしゃぶいたします ほんのりとピンク色になったところで、しゃぶしゃぶしたお肉で野菜を巻き込むようにして一緒にいただきます
ポン酢とゴマダレ それにオシャレな器に盛られた6種の薬味とラー油を好みで使いながらしゃぶしゃぶを堪能いたします
野菜メインに紅葉卸を加えたポン酢でいただくのも良いですし、ゴマダレの濃厚な甘みでお肉を楽しむも良し
更にはそのゴマダレにラー油を垂らして担々スースのような味わいでいただくのも良いですね


L1060810-1.JPG
続いてバラ肉と肩ロース
ワイン豚ってすっきりした味わいの豚肉なんだなぁ なんて思っていたところでこの肩ロース
これが旨みとコクがあるパンチがあるお肉でありまして…
肩でありますから、少々固い部位ではありますのがそのコク深い美味しさに、思わず追加してしまいましたよ

これだけお肉をしゃぶしゃぶしても灰汁が出ることもなく、雑味がないスッキリとした豚肉をたっぷりの野菜と一緒にいただくことが出来るのでありますから、ヘルシー志向の女の子にもお勧めですね


L1060817-1.JPG
〆の雑炊もスタッフの方が丁寧に作っていただけましたし、ラーメンも選べるとのことでしたので先のゴマダレにラー油を垂らし担々麺風にいただくのも良さそうですね

安さばかりをウリにするお店が多い中、こちらのように素材の美味しさにこだわったお店があるとホッとしますね 



【ワイン豚ダイニング ENZAN】
東京都新宿区歌舞伎町1-17-7 リカム3ビルB1
03-6273-9440

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「天壇」   東銀座でビュッフェが魅力の焼肉ランチ

L1060757-a.JPG

三連休の中日
友人からのチョコレートのお店に併設されているカフェに行きたいというお誘いであります
ならば、そこへ行く前にランチをいたしましょうと東銀座で待ち合わせ焼肉をいただくことにいたします



L1060766-1.JPG
リニューアルオープン間際の歌舞伎座近くにある焼肉屋さん「天壇」
京都では老舗の焼肉店として有名なところでがあるのですが、東京ではそれほどの知名度でもなく、ビルの10Fにありますからそれほど目立つお店でもないのですが…
口コミサイトには200件を超える書き込みがある話題店でなのであります


L1060760-1.JPG
こちらのお店のロース肉が美味しいことは知っていたのだけど、カルビも食べてみたいって気持ちがフツフツと湧いてきます
とは言え、やはりロースも捨てることができずに、その両方がいただけるロース・カルビランチをいただくことにいたします
こちらのお店の焼肉の特徴といえば、焼かれたブラックペッパーが入ったモミダレと、ツケダレがさっぱりとした出汁であることでしょう
香ばしいブラックペッパーが印象的でありますし、出汁に浸けていただくことで脂がのったお肉もサッパリといただくことできるものでありまして、他ではいただくことができない焼肉のスタイルなのです


L1060762-1.JPG
そしてお昼の時間の魅力はビュッフェ台が用意されていることでありまして、週末ともなりますと開店時間を待つお客さまがエレベーターホールから溢れるほどなのです
11:30に東銀座駅で待ち合わせをしてお店へと向かったのですが、エレベーターの扉が10Fで開いてもそこから出られないほどの状態であるほどにお客さまがいらっしゃいまして、銀座らしいマダムや、若いカップルからファミリーまで幅広い客層であります


L1060751-1.JPG
そんなビュッフェ台からあれこれといただきます
カリッと焼かれたチヂミに柔らかくなるまでじっくりと煮込まれたタンチム、それにナムルなど
それに大好きなチャプチェは別皿にたっぷりと…

きちんと調理された商品が提供されていることも然ることながら、いつでも美味しい状態でいただくことができるように、これらを少量ずつ出来立てを並べて下さるほどの力の入れようでありまして、その価値観が素晴らしいですね



【天壇】
東京都中央区銀座5-13-19 DUPLEX GINZA TOWER 5/13 10F
03-5551-1129

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

京急本線日ノ出町駅:「花門」   ジンジャーソースの甘みと絡みがご飯のおかずに最高です

L1060745-a.JPG

遅れ遅れになっていた今週末が提出期限の書類をなんとか午前中にまとめて、いざランチへと思うのですが、この辺りの飲食店は週末にお休みをされているところが多くて、毎度のことながら、どこへ伺へば良いのかと悩んでしまいます
あれこれと考えていましてようやく思い付いた1軒のお店 そこが週末のランチをやっているかは定かではないのですがが、他に思い当たるところもなく、とりあえず向かってみることにいたします



L1060738-1.JPG
「旬を彩る魚と旨い酒」と書かれている通り美味しいお魚料理を提供してくれる居酒屋さんなのでありますが、ココでいただくある商品がとってもお値打ちで美味しいのであります
常連だけが知っている裏メニューなんて言いたいところではありますが、実は店内に堂々とお勧めとして張り紙がありまして… それで常連でもないワタシもそれを知ることになったのであります


L1060742-1.JPG
そんなお店があるのは夜の街 福富町
平日でもお昼は閑散としている町ですから、週末ともなれば尚更のことでありまして… お店もこのような状態でありました
兄弟とも思えるお兄さん二人でやっていて、その風貌はちょっと強面だったりもしますが、実はとっても優しく親切な方たちでありまして、そのギャップを楽しむことが出来たりもするお店なのです


L1060744-1.JPG
いただきましたのは“ハーブ豚厚切りロース生姜焼き”であります
魚メインのお店でありながら何故? なんて思ったりもしますが、お店がお勧めする商品だけあって、それはそれは満足がいくひと品なのであります
厚切りって言葉で期待するほどの厚みはありませんが、しょうが焼きとしては立派な厚みがあるこのロース肉がとっても柔らかいですし、そのお肉に絡められたジンジャーソースがまた素晴らしいのです
ほんのりと感じる豚肉の甘みと生姜の辛味が見事に調和していて、ご飯を何杯でもいただけてしまいそうなほど
この商品を知ってしまって以来、これをいただくことがこちらへ伺う目的となっているのであります


【居酒屋 花門】
神奈川県横浜市中区福富町仲通4-1
045-252-7990

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

JR根岸線関内駅:「築地銀だこハイボール酒場」   たこ焼き屋さんでいただく380円のカツカレーランチ

L1060736-a.JPG

寒い!!
ここのところ、小春日和とも思えるような暖かい日があったかと思うと、身体の芯から冷え込むような寒い日があったり…
それが交互にやってくるものだから、着るものの選択や体調の管理が難しいのであります
インフルエンザなども流行っているようでありますが、それに関してはウィルスブロッカーなるものを上着のポケットに忍ばせていますので、ある程度それは予防できるものだと信じていますが…



L1060727-1.JPG
お昼を簡単に済ませようと、銀だこバルへとやってきます
たこ焼きをメインに簡単なおつまみをいくつか用意して、それらをつまみに角ハイを飲んでいただきましょうってトコロ
関内ってビジネス街の一角にありますから、夜はそこそこお客さまがいるのですが昼間はさっぱり
それでなんとか… ってことでちょっと前から、お昼の時間だけカレーライスを提供するようになっていましたので、それをいただきましょうと…


L1060735-1.JPG
これがそのカツカレー
なんと380円でいただけるのであります
もちろん冷凍のカツを揚げているのでしょうから特別な美味しさはありませんが、お値段のことを考えますと、しっかりとしたボリュームもありますし必要十分でありますね

ちょっとビックリしたのが、揚がったカツを切る工程でありまして…
茹で卵を10枚ほどに薄くスライスする機会と同じような仕組みのカッターが用意されていまして、誰が切っても均等な幅になっていますし、包丁を使い慣れないアルバイトさんたちでも怪我をすることがないようにとシステム化されているのであります
お昼の集客のためにと安直な考えでカレーを導入したのかと思いきや、結構本気で取り組んでいるようでありますね


L1060737-1.JPG
せっかく銀だこへ来たのだからと、たこ焼きも一緒にいただくことにいたします
そんなワタシのような欲張りさんのためにというか、夜のバル営業からの流れでありましょう たこ焼き4個という、お手軽にいただける商品があるのです
カリッと揚げ焼きされた食感、そして大粒のタコ 久しぶりに銀だこにご満悦なワタシであります


L1060732-1.JPG
スタンド式でありますの、サクッと食べて飲んで…
お昼のお客さまもそのシステムに準じていまして、15分ほどの滞在でお店を後にされているようですね
お昼でありながら、ビジネスマン風のネクタイをした二人組が、たこ焼きと一緒にハイボールを1杯飲んでサクッと出ていったのにはビックリでありました


が、ひとつ気になることがありまして…
ワタシが注文した商品を作っている最中に新規のお客さまが来店されまして、その会計をした手を洗うことなく、その手でカツを触っていたのであります
お金を扱った手を洗うことなく料理を作るなんて、衛生的に問題ありですね
そのアルバイトの子には苦言を申し伝えはしましたが、変わることはないかもしれませんね


【築地銀だこ ハイボール酒場】
神奈川県横浜市中区常盤町3-24 サンビル1F
045-680-6577

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

京急本線弘明寺駅:「いなせ」   回転寿司価格でいただける本格的なお寿司のコストパフォーマンスに驚き

L1060693-a.JPG

先日に続き仲間の縄張りである町に招待をいただき、彼の行きつけであるという寿司屋へと向かいます
弘明寺という駅周辺に数店舗を構えているといいますから、地元のお客さまに支持されているところであるようです
昨日は寒さのためにテンションが下がってしまったのですが、お寿司が食べたいって気持ちではありましたので、このお誘いは願ったり叶ったりのことであります



L1060703-1.JPG
お寿司屋さんらしく外からは店内の雰囲気を察することができない作りなのではありますが、店頭に持ち帰り用の注文窓口があったりしますので、比較的入りやすさを感じることができます
その外回りはスッキリとしていて清潔感をも感じることができるところにも好感が持てまして…


L1060688-1.JPG
10数人が座れるカウンター1本だけのそれほど広くはないお店であるのですが、そこには若い握り手さんが4人ほどいらっしゃいますし、その奥の厨房にも数人のスタッフが…
若いスタッフでありますから活気も感じられますし、これだけのスタッフがいるってことはかなりの繁盛店であることも覗えます


L1060690-1.JPG
明朗会計と言いましょうか
提供されるお寿司は、傍線が引かれた下駄に乗せられていまして、会計の際にはその下駄の種類で計算される回転寿司のようなシステムにビックリであります
そのお値段も120円から500円ほどまでとほぼ回転寿司と同じような価格帯なのでありますが、その商品のレベルはと言いますと、まさに立ち寿司のモノでありまして、それも上等なお寿司屋さんのレベルといっても良いほどでありまして…
500円でいただく本マグロのしっとりとした甘さには感動であります


L1060699-1.JPG
玉子焼きだって当然手作りでありまして…
甘く焼き上げられた卵に紅葉おろしを添えていただきますと、ピリッとした辛味の中にほんのりとした甘みが広がって、不思議な美味しさであります


食事中も多くの持ち帰りのお客さまが来店されているところから、地元密着を覗うことができる繁盛店であります
それは回転寿司価格でいただける本格的な握り寿司がいただけるというコストパフォーマンスの高さと、感じ良い接客がもたらしているのでしょうね



【すし処 いなせ】
神奈川県横浜市南区六ツ川1-99-1
045-715-5943

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





いなせ寿司 六ツ川店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

JR根岸線関内駅:「丸亀製麺」   ツルツルシコシコ 寒い日なので熱々の釜揚げをいただきます 

L1060683-a.JPG

目覚めると雪が積もっている
そう思っていたのに、気温がそこまで下がらなかったとのことでみぞれ混じりの雨
雪が積もらなかったことはありがたいことではありますが、この寒さは敵いませんね



L1060684-1.JPG
久しぶりにお寿司でもいただこうかと出かけたのだけど、外の寒さにその気持ちが段々と下がってしまって…
それで、先日の「お願いランキングGOLD」って番組で見た、釜揚げうどんが食べたくなって丸亀製麺へと向かいます
実は日曜日にもこちらを覗いてみたのですが、その時にはお店の外まで行列が伸びていていたのであります
もしや今日も? そんな不安を抱きながらお店についたら、それほど混んでもおらず…


L1060682-1.JPG
で、念願の釜揚げうどんであります
茹でたてのうどんを茹で湯とともに提供するシンプルなものだけに、そのうどんの美味しさこそが決め手であり、何の隠しようもない商品でありますから、よほどの自信がないと提供することができないものでありましょう

そのうどんの美味しさも然ることながら、こちらのお店の出汁がまた美味しくて…
ちょっと多めにに生姜を入れていただきます
熱々のおうどんに、熱々の出汁
こんな寒い日にはピッタリでありまして、身体の芯から温まりますね


【丸亀製麺】
神奈川県横浜市中区吉田町1-1 永興ビル1F
045-251-1914

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

JR山手線恵比寿駅:「大豊記」    具だくさんのプリプリ餃子が名物であります

L1060673-a.JPG

打ち合わせを終え、以前から行ってみたかったお店で会食といたします
恵比寿駅から歩いても3分ほどという好立地 
名物餃子を目指してテクテクと歩いて伺います


L1060666-1.JPG
恵比寿で数店舗を展開している坦々麺と餃子を売り物としている中華居酒屋でありまして、その餃子が特徴的だというのであります
なかなか作りこまれたデザインのお店でありまして、外観からも美味しさが伝わる演出でありますし、店内の雰囲気を感じることができることから入りやすくもあるお店であります


L1060668-1.JPG
人気店であるとの噂通りに店内は賑わっておりまして、若いカップルから熟年のサラリーマンまで幅広いお客さまがいらっしゃいます
8人ほど座れる大きなテーブルが中心で、そのテーブルを2組のお客さまがシェアするといった使い方でも違和感がない、多様なお客さまの人数に対応できるレイアウトになっておりますし、その椅子には収納も備えれているといった考えられた設計がなされたお店であります


L1060669-1.JPG
ピータンから始まり、腸詰、チャーシュー、ハツの唐揚げなどを前菜としていただき、会食のスタートといたします
ひと皿のボリュームは抑えれており、お値段もお手頃ですからあれこれといろんな料理をいただくことができるってことが居酒屋らしい商品でありますね


L1060678-1.JPG
名物である餃子でありますが、まずは見た目に驚かされます
画像では伝わりづらいでしょうが、他店の2〜3つ分くらいの大きさなのであります
そんな大きな餃子ですから焼き上げることも簡単なことではないでしょうが、キッチリと表面はぱりっと香ばしく、具は熱々でジューシーに仕上げられているのです
形や大きさだけでなく、この出来栄えで提供してこそ“名物”を名乗るにふさわしいモノでありますね


恵比寿には美味しい餃子のお店がいくつかありまして…
そんな激戦が、それぞれのお店のレベルを高めているのかもしれませんね



【恵比寿餃子 大豊記 弐號房】
東京都渋谷区恵比寿1-22-23 ヴェラハイツ恵比寿1F
03-3444-7557

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





恵比寿餃子 大豊記 恵比寿弐號房
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京急本線上大岡駅:「味楽」   お昼には行列必至 おばあちゃんも並ぶ地元NO1の中華料理店

L1060647-a.JPG

ちょくちょくとランチをご一緒している仲間から、今日もお誘いをいただきます
いつもは関内や横浜で会っているのですが、今回は縄張りである上大岡へご招待 初の上大岡グルメにワクワクで伺います
彼がセレクトしたくれたのは、ステーキ屋さんととんかつ屋さん それに中華料理屋さんの3軒でありまして…
野菜が食べたい気分であったワタシは中華のお店をチョイスいたします



L1060644-1.JPG
12:00前に伺ったのでありますが、お店の前には席待ちのお客さまの列
定食をメインとして扱う大衆的な中華料理店に、あまり行列することはないであろう年配の女性たち この組み合わせに違和感を覚えるのはワタシだけでありましょうか?
それほどまでに地元の人気店であれば、さぞかし料理が美味しいのでありましょうと期待に胸を膨らませるワタシでありました


L1060649-1.JPG
「野菜炒めのボリュームが凄いんだよね」とそれを注文する友人に対抗するかのように、ワタシは肉野菜炒めをいただくことにいたします
まず先に提供された友人のソレに負けず劣らないボリュームで提供された肉野菜炒めは言葉通りの“山盛り”でありました
甘味を引き出したキャベツに、シャキシャキ感を残したもやしがたっぷりでありまして、ご飯のおかずに最適であるように調味された醤油ベースの味わい
これは、なるほどと唸りたくなるような仕上がりでありますね


L1060645-1.JPG
そして最近ハマっている皿うどんを二人でシェアしましょうと注文いたします
旨みを引き出すアサリの身が入っていますし、パリパリの食感が嬉しい揚げ麺も良い感じでありまして…
並んでも食べたい そんな気持ちを理解できる商品でありますね


L1060652-1.JPG
そして唐揚げ
いつも頼みたいと思う商品なのでありますが、そのボリュームの多さに諦めることが多いのですが…
こちらのお店では唐揚げ2つをいただくことができるSサイズという、お客さま目線の商品がありましたので迷うことなくそれをいただくことにいたします
鶏肉自体はそれほど上質なものでは無さそうですが、カリッと揚げられていながらも身はジューシーでありまして…
にんにく醤油の香りが美味しい唐揚げでありました


町場にある小さな中華定食のお店なのでありますが、ピカピカに磨き上げられた厨房と感じ良い接客サービス
入口のガラスまでもが磨き上げられた素晴らしいお店でありました
やはりお客さまはそんなお店に集まるのでしょうね
飲食店の基本をきちっと守った繁盛店であります



【味楽】
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-18-5 ミオカ1F
045-842-8113

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





味楽
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

みなとみらい線日本大通り駅:「リアン サンドウィッチカフェ」    自分好みのパンでサンドを作ってくれるサンドイッチカフェ

L1060641-a.JPG

陽気が良い日
待ち合わせまでの時間つぶしを兼ねて、のんびりランチをいただくことにいたします
居心地がよくて美味しいカフェをと頭を巡らせたところ、思い当たった一軒のカフェへと伺います



L1060635-1.JPG
「リアン サンドウィッチカフェ」
以前は「リナス・サンドウィッチカフェ」って名前だったのですが、いつの頃にか名前が変わっていまして、新しくなってからは初めてお邪魔いたします
道幅が広く欅並木がキレイな日本大通りに面していればもっと雰囲気が良いだろうに… と思うところもありますが、それなりに雰囲気が良いお店であります


L1060638-1.JPG
とくに改装されることもなく、前のままの良い雰囲気を残している店内には女性のお客さまがいっぱいでありまして…
店内の奥には8人ほどのグループでも相席でも使えるような大テーブルがありまして、今日はそちらをいただくことにいたします


L1060640-1.JPG
ランチのメニューとして、12種のサンドイッチが用意されていまして、そのどれもが魅力的であるのですが、数量限定と書かれたローストビーフのサンドイッチをいただきます
こちらでは3種のパンが用意されていますので、その中から自分好みのパンを選んでサンドを作ってくれるのです 
で、ワタシが選んだのは“ホワイトブレッド”
最もシンプルなものではありますが、しっとりとした生地には小麦の甘い香りがあってお気に入り
サクッと焼かれたパンに挟まれた、ギュッとお肉を噛み締める食感が楽しいローストビーフ それにほどよく野菜が挟まれていてシャキシャキとした食感も…
スープも付いているのでボリュームもバッチリでありますね

以前は彩り美しくいろんな野菜のピクルスが添えられていて、その酸味の強さが好きだったりもしたのですが…
今日いただいたものにはしば漬けにも見える赤一色のキャベツのピクルスが添えれられていまして、そのお味もイマイチ これだけが、ちょっと残念でしたね


こういったお店で提供されるコーヒーには期待が持てないのですが、こちらではキッチリとドリップしたしたものをポットでたっぷりと2杯分が提供されますので、ゆっくりと過ごしたい人には嬉しいことですね




【Lien SANDWICHES CAFE】
神奈川県横浜市中区弁天通1-1 東京電力ビル1F
045-222-7055

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

JR根岸線関内駅:「濱新」    冬のご馳走“ふぐ”を雑炊でいただく日曜日の昼下がり

L1060631-a.JPG

昨日と変わり今日はかなり冷え込むとの予報ではありましたが、それほどに寒くもならず…
雲ひとつ無いほどにスッキリと晴れ渡っています
たまたまリンガーハットの前を通りがかったら、その入口からお客さまが溢れ出しているではないですか 
これはもしや昨日の『お願いランキングGOLD』の影響かも… と丸亀製麺へも伺ってみますと、そこにはお店を囲むほどにお客さまが…
テレビ効果って大きいですね



L1060621-1.JPG
そんな光景を見ながら「濱新」さんへと伺ってみますと、店頭に置かれたメニュー版に“ふぐ雑炊”の文字を見つけます
寒い日に熱々の雑炊、しかも旬真っ盛りのふぐでありますから、これを見過ごす手はないでしょうってことで入店をしたのですが…


L1060623-1.JPG
老舗店の驕りとでも言いましょうか 
「いらっしゃいませ」とのお迎えの言葉もなく、勝手に席に座っておりますと、これまた無言でお茶とおしぼりを置いていかれました
この対応に、このままお店を出ようかとも思いましたが、他に行く当てもありませんし、頭の中はすっかりとふぐモードでありましたので、我慢といたします


L1060627-1.JPG
待つことしばし
それほど長い時間を待つこともなく提供されました“ふぐ雑炊”
これは土鍋でグツグツと煮込まれたものでありまして、お茶碗に取り分けましても熱々でありまして…
フーフーと冷ましながらいただいてはいたのですが、お口の中を少し火傷しちゃうほどであります
それほど期待していなかったのですが、雑炊の中にはふぐのアラがふたつと、切り身がふたつ
一人前の小さな土鍋としては十分な量といっても良いでありましょう

ギュッと締まった身には弾力があって、そのコリコリとした食感はふぐをいただいている満足感を与えてくれるには十分なものであるのですが、ちょっと出汁が薄いようでしたね
お好みでお使いくださいと添えられていたポン酢を垂らすことで美味しくいただくことができましたが、もう少し塩味を効かせていただけると味も決まっていたでしょう 
ちょっと残念ですね



L1060632-1.JPG
そして今日は節分でありますから、いたるところで恵方巻が売られていまして…
ワタシも1本いただいて帰ろうとお店を覗いてみますと、そこには“恵方巻”と書かれたものと“海鮮巻”と書かれた2種類が用意されているのです
どちらにしようかと迷っていますと、2種がセットになって1000円という文字を見つけます
これはお得だと、ついそれを買ってしまったのですがひとり暮らしのワタシには食べきれそうにありませんね



【ふぐ・うなぎの店 濱新】
神奈川県横浜市中区吉田町3-1
045-251-0039

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「東秀」   スッキリ醤油系のチャーシュー麺がいただきたくて

L1060612-a.JPG

今日は小春日和というよりも初夏という言葉が合うほどの暖かさ
都内では20℃にもなったとのことですから、ダウンなどを着ている場合ではないですね
土曜日ではありますが、今日はちょっと予定が詰まってますので、ご近所で手軽にランチをいただくことにいたします



L1060610-1.JPG
ひと月ほど前にオープンしたばかりの「東秀」ってお店へ伺います
惣菜やお弁当のテイクアウト店である「オリジン弁当」を運営している会社がやっている中華料理のチェーン店でありまして、ワタシがまだ若い頃、勤務先の近くにあったってことで良く通ったお店なのでありますから、その懐かしさもあって…


L1060613-1.JPG
先日来、醤油味のスッキリしたスープのラーメンに気が惹かれてまして…
それにトロッとしたチャーシューも食べたいってことで、チャーシュー麺をいただこうと思ったのですが、それにはセットメニューが無いのですね
じっくりとメニューを眺めていますと、トッピングメニューの中にチャーシューがあることを発見 それで醤油ラーメンとミニチャーハンがセットになったメニューにチャーシューをトッピングすることでお好みのメニューを完成させることに成功いたします
醤油ラーメンを単品でいただきますと390円ととってもお手軽なのでありますが、それをセットにすることで670円 さらにチャーシューをトッピングすることで870円と上手く客単価を取れるメニューに仕上がっていますね


L1060614-1.JPG
ラーメンと言えば、その相棒としてどうしてもいただきたくなるのが餃子でありまして…
この餃子、190円というお値段でありながらも、丁寧に焼かれているモノでありまして、パリッと焼かれた皮とジューシーな具のバランスがとっても良いですね
5分ほどで提供された餃子がこれほどの出来栄えであるとは… どのように焼かれているのでしょうかね?
チェーン店というところ、いろんなシステムを開発して、商品の提供時間やその均一性には力を入れていますね


L1060616-1.JPG
そしてこちらのお店は『チャイ菜de野菜』と謳っているだけあって、そのメニューにも野菜がたっぷりであります
中華=油っぽい
そんなイメージや男性的であることを拭い去ろうってことでありましょう
そんな定食メニューもワンコインほどでいただけるところも魅力的でありますね



【中華 東秀】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町4-112
045-325-7137

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

JR根岸線関内駅:「カフェ レジェンド」   季節限定“明太カルボナーラ”でお腹も心も大満足

L1060605-a.JPG

コンサルティングの仕事に向かう途中、ランチをいただくことにいたします
お肉でもお魚でもない今日の気分
何をいただこうかと迷っていたところで、ふっと思い出したのが「レジェンド」ってお店
久しぶりに大盛りのパスタをいただくことにいたしましょう



L1060595-1.JPG
関内駅から歩いても5分とかからない場所に有りながら、その場所が路地裏という特性上、隠れ家的レストランとも言える小さなお店であります
最初にこちらへ伺った時には、地図を片手でありながらも、しっかりと迷ってしまいましたから…


L1060603-1.JPG
カウンター席だけの12席
そんな小さなお店を寡黙なマスターが一人で調理から接客までをこなしているのですが、これがなんとも手際が良いのであります
しっかりとお客さまのことを見ていてくださいますのでタイミング良いサービスが受けることができますし、調理の傍らでの洗い物やテーブルの片付けなどなど…
それを見ているだけでも楽しめるお店だったりもするのです


L1060606-1.JPG
期間限定パスタとして“明太カルボナーラ”なる商品を発見 これは面白そうと、それをいただくことにいたします
寸胴に沸かされたお湯の中にパスタをいれ、キレイに磨き上げられたアルミパンにオリーブオイルとベーコンを投入 じっくりとベーコンの旨みをオイルに移します
麺の茹で上りのタイミングで、その鍋に事前に合わせられていた明太やチーズ・生クリームを入れ、ほどよく煮詰めておき、それに麺を入れたら手早くソースと絡めお皿に盛り付けます

ビックリしたのはその盛付けられたパスタの周りにこんがりと焼かれたパン粉をちらしたこと
これがソースとほどよく馴染んで、ちょっと経験したことがないトロミと風味を作り上げています


L1060602-1.JPG
先に提供されたサラダ
ふんわりと葉っぱが盛られた姿は、まさに山盛り
少々食べづらさはありますが、これだけのサラダを提供してくれるお店はそうはありませんよね
しかも卓上には、自家製のピクルスが置かれていて、それを好きなだけいただくことができるってこともありがたいことであります


L1060608-1.JPG
食後には、これまた自家製と思われる杏仁豆腐が提供され、そのほのかな香りが後口をスッキリとさせてくれます

それにしてもこのボリュームはいつ伺っても満足させていただけるものですが、周りの女性客もこれをぺろっと平らげているから驚きでありまして…
それだけ美味しいってこともあるのでしょうが、多くの女性は男性の前では猫を被っているってことかもしれませんね(笑)




【CAFE LEGEND】
神奈川県横浜市中区常盤町4-52 松むらビル1F
045-641-7399

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。