2012年10月31日

東京メトロ副都心線東新宿駅:「九州ラーメン博多っこ」     スープも麺も本場さながらの美味しいちゃんぽんです

L1050110-a.JPG

今日は東新宿で打ち合わせ
お昼過ぎのアポイントだったのでありますが、午前中にやっていたまとめモノに手こずってしまい、ランチを逃してしまったのであります
東新宿の駅に着いたのがお約束時間20分前ってことで、タリーズでベジピッツァとコーヒーでとりあえず空腹を抑えて…



L1050103-1.JPG
打ち合わせを終え、テクテクと歌舞伎町方面へ
そこで見つけたのがこちらのお店 勘がココは美味しいよと教えてくれたのであります
“長崎ちゃんぽん”と大きく書かれていますが、その屋号は「九州ラーメン博多っこ」なのでありまして・・・
その雰囲気は、長崎ちゃんぽんや博多ラーメンなどもいただける中華料理屋さんと言ったかんじであります


L1050115-1.JPG
ちょっと前から美味しいちゃんぽんが食べたいって想いがありましたので、迷うことなくちゃんぽんを注文いたしまして・・・
それだけでは、ちょっと物足りないかも。。。 と追加注文したのが、この半チャーハン
作り置きされたものを改めて炒め直したってモノでありますから、それほど美味しいというものではありませんでしたし、想像以上にボリュームがあるちゃんぽんが提供されましたので、コレは必要ありませんでしたね
とは言え、ちゃんと完食しましたよ


L1050109-1.JPG
で、これがちゃんぽん
先ずスープをひとくちいただきますと「コレは旨い!」と声を上げそうになるほどのモノ
コレこそ、本場でいただくちゃんぽんのスープなのであります

程よく炒めらた野菜に胡椒を振って、ずずずっと太目の麺を啜ります
この麺も本場のものに等しく、コシが無く柔らかいもの
コレが、先ほどの美味しいスープを上手く連れてきてくれるのコトに大満足 本当に美味しいちゃんぽんでありますね


L1050107-1.JPG
伺った時間がまだ17:00を少し回ったくらいってことで先客はいらっしゃいませんでしたので、入るにはちょっと勇気が必要でしたが、自分の勘を信じて大正解
ちゃんぽんも美味しかったのですが、接客をしてくれたお兄さんの感じがとっても良いこと
大きなガタイであるにもかかわらず、ラーメン丼を両手で提供してくれたりと、とっても繊細な身のこなしでありまして・・・
コレにも大満足 早速お気に入りに登録ですね


こちらのお店は24時間営業ってことでありますから、きっと深夜の時間には歌舞伎町で遊んだ後のお客さまで混み合っているのでしょうね
そんな気がするステキなお店でありました



【味一番! 九州ラーメン博多っこ】
東京都新宿区歌舞伎町2-8-3 浅岡ビル1F
03-3205-2985

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





味一番!九州ラーメン 博多っ子 新宿店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0





posted by koutagawa at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

JR山手線新宿駅:「永坂更科」    改札から100m クイックコーナーが重宝するお蕎麦屋さん

L1050097-a.JPG

午後の打ち合わせに間に合うように、いつもより1本早いバスに乗ります
さすがにこの時間のバスは乗車率が高いようでほぼ満席状態ではありますが、今日は“ひとりだけシート”ってサービスを1000円で買いましたので、二人分のシートを独り占めして、ゆったりとひと眠りできそうであります


L1050098-1.JPG
バスが予定時刻よりも15分ほど早く到着しましたので、諦めていたランチをいただくことにいたします
と言っても、立ち食いそばをお急ぎで手繰ることくらいしか出来ませんが・・・

メトロ食堂街
地下鉄はもちろんのこと、JRの改札にも程近いところにある飲食店街でありまして、ココがとってもユニークなのです
きっと場所柄から今日のワタシのように時間に余裕がないお客さまが多いのでありましょう
多くのお店に、テーブルに座ってゆっくりと食事を楽しめる客席とは別に、クイックサービスのコーナーが併設されているのです
パイコーカレーがお気に入りの「万世」のクイックコーナーは改装され、以前よりも多くのお客さまが利用できるようになっていましたし・・・


L1050096-1.JPG
春菊天そば
30mmほどあろうかという厚みの春菊天 もちろんクリックサービスでありますから揚げ置きされたものなのですが、思いのほかにサクッとしていて美味しくいただくことが出来ました
とは言え、立ち食いで680円とはちょっと高いな やっぱり場所代だね なんて思っていたのですが、そんな分厚いかき揚げの中には海老が・・・
その意外さに、お値段にも納得であります


飯田から新宿まで4時間
そして新宿から横浜へ移動して打ち合わせの後、再び渋谷へ移動しての打ち合わせ
そしてようやく自宅である横浜へ
今日はホントに移動に継ぐ移動の慌しい一日でありました




【永坂更科】
東京都新宿区西新宿1丁目1-2 メトロ食堂街
03-3344-0497

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





永坂更科 布屋太兵衛 新宿地下鉄ビル店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

JR飯田線鼎駅:「もとやま」   牛さがり発祥 庶民的な雰囲気で美味しい焼肉がいただけるお店

L1050087-a.JPG

新宿から高速バスで4時間の旅、南信州の地へと向かいます
お店の改装と、それに伴いメニューも新しくしましょうってプロジェクトの最終回
11月1日のリニューアルオープンを前にした最終チェックであります
外観にこそ大きな変化はありませんが、店内はお客さまが過ごしやすい雰囲気の演出と、スタッフが働きやすい導線との2点をポイントに改装を行いまして・・・
多少は予算の都合で妥協した店もありますが、総じてステキなお店に仕上がっていますので、スタッフの気持ちも新たに、更なる繁盛店になっていただけるモノと確信いたします



L1050081-1.JPG
で、オープンを前にした前祝といいましょうか、プロジェクトの終了の打ち上げといいましょうか
クライアントの社長さまと一緒に焼肉をいただくことにいたします
この辺りの焼肉店で提供されるタレは、ドロッとした濃度で塩分が高いモノが一般的なのでありまして・・・
ワタシとしてはあまりそれを好まないのですが、ココ「もとやま」さんのモノは比較的サラッとしていますのでお気に入り
さらに、牛さがり発祥という謳い文句にも惹かれるではありませんか・・・


L1050083-1.JPG
定番の“牛タン”から始まり、もちろん“牛さがり”や“カルビ”をいただきます
一般的にはハラミとして総称される横隔膜の一部であるさがりは、脂身が少なくサッパリしていますので、ヘルシーな部位としても人気が高いモノ
とは言え、焼肉が今ほどのブームになる前は、タンと同様に、それほど食されることがなく捨てられることも多かったところなんですよね
今となってはもったいないと言いますか、逆にそれほど多く取れるところでもないので、希少部位ってことでこれをウリにするお店も増えているほどですね

さて、コチラでいただくさがりは・・・
発祥と謳うに相応しく、厚めにスライスされたさがりをキチンとタレで揉み込み、ジューシーな味わいと、シャキッとしたような独特の食感を愉しませてくれるモノでありますね

ワタシが焼肉を食べるとき、上モノのカルビをいただくことは滅多にありません
もちろんサシが入った高級なお肉に塩を少々振っていただくものが美味しいことは知っていますが、焼肉と言う料理は、それほど上等で無いお肉でも、ニンニクをすり込んだしょうゆベースのタレで調味することにより、美味しく食べさせることこそが本来の姿であり、それこそが焼肉店の技術であると信じているからでありまして・・・
で、こちらでいただいたのも並カルビ
スライスは薄めでありましたが、まさにワタシの想い通りの焼肉でありまして、その美味しさに大満足であります


試食の後の焼肉でありましたが、美味しいモノだとちゃんとお腹に入ってしまうのですよね
しっかりとお肉をいただいた後は、冷麺で〆をして・・・
リニューアルの成功を願った打ち上げに幕を下ろします
また新しいプロジェクトで、この地を訪れ、ここで焼肉をいただく日が来ますように・・・



【焼肉 もとやま】
長野県飯田市鼎一色403-1
0265-24-2237

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





もとやま焼肉店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

みなとみらい線馬車道駅:「木曽路」   “てっさ”を箸で豪快にすくっていただく贅沢感を堪能いたします

L1050044-a.JPG

日曜日のルーティンである掃除・洗濯を午前中に終わらせ、午後からはお買い物へと出掛けます
と言ってもそんな大物の買い物ではなく、へたった靴を買い換える程度のことでありますが・・・
買い物って楽しいものであります

そして夜
ポツポツと雨が降り始める中、クライアントさまとの会食へ向かいます



L1050031-1.JPG
馬車道通りにある木曽路
ビルの地下にあるのでその存在はさほど目立たないのだけど、お昼はご婦人方の食事会として、夜は宴会などで使われている繁盛店であるあるようで・・・
こちらのメイン料理である“しゃぶしゃぶ”に加え、冬宴会の華として“ふぐ”の販売が始まったようですね


L1050045-1.JPG
ふぐ料理の醍醐味と言えば、やっぱり“てっさ”を箸ですくうように、薄く切られたふぐ刺を豪快にいただくことですよね
ネギなどの薬味をふぐで巻いて、ポン酢をちょっと付けて・・・
身が締まったふぐの食感とポン酢の酸味でいただく贅沢感 コレは堪りませんね

そして、骨までもをしゃぶりたくなる唐揚げと、出汁の香りが美味しい茶碗蒸し
パリッと上がった衣と、出汁に浮かぶトロトロの卵が堪りません
茶碗蒸しって、なんとなく幸せな気分になる大好物でなのであります

そして焼きふぐ
身は淡白な味でありますのでほとんど食感だけを楽しむようなモノでありますが、皮はパリッと焼くことで芳ばしさがあって・・・


L1050054-1.JPG
〆には“ふぐとトロのにぎり”をいただきます
どちらも贅沢な食材でありますし、紅白ってことろも縁起が良く思えますね
脂が乗ったトロと淡白なふぐ
このふたつのまったく異なる味わいを交互にいただくってもの面白いですね



チェーン店でありながら、各店にふぐ調理の免許を持つ職人さんを配置してまで、ふぐ料理への取り組みを・・・
やはり、ふぐってそれだけ人気がある商品なのですかね
今年の忘年会はふぐで・・・ なんて方も多いのでしょうね



【しゃぶしゃぶ・日本料理 木曽路】
神奈川県横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビルB1F
045-664-2961

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





木曽路 馬車道店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

JR根岸線石川町駅:「かばのおうどん」    こだわりのおうどんをつけ麺スタイルで提供するお店

L1050020-a.JPG

今日はちょっと良い天気
お散歩を兼ねて、ランチへと出掛けます
横浜公園から、首都高沿いにテクテクと歩いて元町方面へ 土曜日ってコトもありまして、中華街にはかなりの人出ありましたね



L1050016-1.JPG
「かばのおうどん」ってお店
お店の名前も可愛いのですが、外観からはうどん屋さんだと思う人はいないのでは?
ちょっとしたカフェのような雰囲気が漂うトコロでありまして・・・
そこで提供されるおうどんは、つけ麺スタイルのモノがメインでありまして、色んなおうどんがいただけるトコロも魅力なのであります



L1050017-1.JPG
13:00を過ぎた時間でもお客さまで一杯
カウンターの真ん中の席がひとつ空いていたのですが、そこはちょっと窮屈な感じってことで、しばらく待つことにいたします
程なく先客のお2人さまがお帰りになり、ゆっくりとなったカウンターの席をいただきます
若くて元気なスタッフが一生懸命に頑張ってる姿もステキです


L1050023-1.JPG
夏の商品として販売していた“塩だれおうどん”
あまりの人気に「そして再び夏を食べる。もう秋だけど・・・」とタイトルを打っての再登場メニューであります
それほどの人気メニューなら美味しいに違いないだろうと、それを注文
大振りな豚の角煮がゴロゴロと3片 それがとっても柔らかくってホロホロ 箸で簡単に切れちゃうんですね
それは、人気を頷かされる美味しさであります


L1050026-1.JPG
そしてもう一品
“タルタルソース×サーモンステーキ”と名付けられた、サーモンの天ぷらをいただくことにいたします
ステーキのように身が厚いサーモンを天ぷらにしてタルタルソースでいただくモノだとのことですが・・・
それほどの身の厚さも感じませんし、それほどに美味しさを感じることのないタルタルソース
自家製のタルタルであることはわかるのですが、これで680円 
まぁワタシの期待が高すぎたってこともあるのでしょうが、ちょっと残念でありました



最近、コンビニなんかもそうなのですが、おつりを手渡そうとするお店が増えていますね
それ自体は、丁寧な感じもしますし、感謝の気持ちも伝えられることだし、悪いことだとは思わないのですが・・・
先にお札を渡され、それを財布にしまっている間、ずっと硬貨を持って待っていることに抵抗感を持ってしまうのであります
なんだか、急かされているような気がして・・・
出来れば、お札を仕舞うのを待って、硬貨を手渡しして欲しいものですね

サービスとは形ではなく、気持ちであること
もっと形のトレーニングではなく、気持ちの教育をして欲しいものです



【かばのおうどん】
神奈川県横浜市中区山下町276-2
045-651-5480

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





posted by koutagawa at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

みなとみらい線元町・中華街駅:「霧笛楼」    ご婦人方で賑わう元町ランチの代表店は五感に美味しいお店でありました

L1040978-a.JPG

今日は帰りが夜になりそうってことで上着を羽織って出掛けたのですが日中は暑いくらいでしたね
まずは元町
友人に臨時収入が入ったとのことで、その恩恵を受けましょうと霧笛楼でランチをご馳走になります



L1040965-1.JPG
元町のメイン通りではなくその1本裏の仲通りのあるお店でありまして創業は1981年のこと
印象からしますと明治時代からある老舗店だと思っていたのですが、意外と新しいお店なのですね
とは言え、そのイメージはどこか懐かしい古き良き横浜でありまして、ノスタルジックな雰囲気がステキですね


L1040975-1.JPG
平日のお昼と言うのに、お店はちょっとオシャレをした奥さま方で満席の状態でありまして人気のほどが伺えますね
お料理は3500円のコースが最もお手軽なモノでありますが、コレにサービス料が加算されますので、決してお安いとは言いがたいのですが・・・


L1040967-1.JPG
席に案内されますと、そこにはステキな器がセットされていまして、これから始まる美味しいお料理への期待感を高めてくれますね
やはりお料理というモノ その美味しさだけでなく、お店の雰囲気や使われる器によって、その美味しさに差を感じてしまうものなのですよね


L1040972-1.JPG
こちらがコースのお料理
いずれもステキな器に盛り付けられたものでありますし、提供されたときに漂う香りがとっても美味しくって・・・  視覚、臭覚、味覚を中心とした五感で美味しさを伝えてくれるものばかりであります

そんな中でもビスクの香りは素晴しいものであります
甲殻の香りとコクがしっかりとしているのに、全くそのエグミを感じることがないのです
丁寧に何度も濾しながら余分な雑味を取り除いているのでしょうね

そしてビーフシチュー
コレもホロホロになるまで煮込まれた素晴しいモノでありまして、ナイフなど使うこと無く、フォークの背で押すだけで崩れてしまうほどに柔らかいモノでありましたね
煮込まれたデミグラスソースも赤ワインのコクが感じられる絶品でありますね


L1040985-1.JPG L1040986-1.JPG
デザートにも手を抜くことがなく・・・
そのボリュームもしっかりとしていて、女性の別腹をも満足させるに十分なモノでありますね
そして珈琲カップも素敵なモノで、オリジナルであるようですね



パンのお替りも、声を掛けなくともタイミングよく提供されますし、コースの流れも早すぎることもなく、待たされることも無い
サービスの方々が食事の進み具合などを良く見ているのでしょうし、調理場の方々との連携もキチンと取れているのでしょうね
横浜を代表するフレンチのお店として恥ずかしくないお店でありますね



【横濱元町 霧笛楼】
神奈川県横浜市中区元町2-96
045-681-2926

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





横濱元町 霧笛楼
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

京急本線日ノ出町駅:「山賊」   パリッと焼かれた羽付きの餃子が美味しいお店

L1040954-a.JPG

今日一日、事務仕事に集中した日
ランチも簡単に済ませて、パソコンと睨めっこでありました
ランチを軽く済ませたことで、頭の回転が鈍ることなく予定していた作業をほぼ終了することが出来、充実した一日でもありました



L1040949-1.JPG
で夜、美味しい餃子が食べたくなったので、日ノ出町にある「山賊」さんへ伺うことにいたします
こちらの特徴は入り口にある麺打ち場で打たれる麺で作られるラーメンでありまして、そんな中でも名物的な存在であるのが土鍋で煮込まれて提供される“山賊麺”と、韓国式のジャージャー麺なのであります


L1040956-1.JPG
が、ワタシがお気に入りなのはチャーハンでありまして・・・
シャキッとした食感を残した甘みが出る前の玉ねぎの香りが美味しい焼き飯的なところが大好きだったのですが、今日いただいたモノは卵の水分が飛ばされてなくってべチャットした食感でしたね
コレにはちょっとガッカリ やっぱり麺にしておけば良かったかなぁ


L1040959-1.JPG
羽付きの餃子
小ぶりな餃子ではありますが、焼かれた皮目はパリッとしていますし反面はモチッとした皮の食感がありまして・・・  コレは期待を裏切らないモノに大満足
6個のモノをいただいたのですが、やっぱり10個にすれば良かったかな


L1040962-1.JPG
野菜もいただきたいってことで、肉野菜炒めを追加いたします
注文すると間もなく鍋を振る音と、その鍋で炒めやられる野菜の音が聞こえてきまして・・・
小さなお店ならではの臨場感でありますね
肉炒めって言うほどお肉が入ってなかったし、野菜炒めといいながらほとんどモヤシだったりでありますが、そのしっかりとした味付けに、これまた満足であります


L1040951-1.JPG
久しぶりにお伺いして見ますと、お店がずいぶんとキレイになっていまして、ガタガタと安定しなかったテーブルも立派なモノに交換されていますね
聞いてみますと6月にちょっとした改装をされたようで、そのタイミングでかメニューも少々変わっていますね
以前は日本語よりも韓国語や中国語が散乱していたメニューですが、それらは姿を消して、日本語メニューが壁面にキチッと貼られています
その内容もずいぶんと商品数が整理され、大盛りがメインだったお料理も普通サイズに変更され、お値段も手頃感あるモノになっています
コレなら、一人出来ても楽しむことが出来そうですね



【山賊】
神奈川県横浜市中区長者町8-125
045-251-3322

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

みなとみらい線馬車道駅:「亀田」    佐島で揚がった美味しい地サバの甘みを堪能いたしました

L1040946-a.JPG

今日は遅くならないからと上着を着ずにお出かけ
ちょっと肌寒さを感じてしまうときもあるのですが、上着を着るほどでもない・・・
何とも微妙なお天気でありまして、洋服をたくさん持たないワタシには悩ましい季節であります



L1040943-1.JPG
打ち合わせ前のランチを「亀田」さんで・・・
佐島で獲れた新鮮なお魚のお刺身が評判のお店で、お昼どきには近隣のビジネスマンで一杯なのであります
新鮮なお刺身が提供されるのは当然このこと、そのたっぷりとしたボリュームと、好きなお魚を組み合わせることが出来るってコトも魅力なのでありましょう


L1040944-1.JPG
店頭にはその日仕入れられたお勧めのお刺身が書かれたメニューが出されていますので、それを眺めていますと、佐島の地サバが目に入ります
それをいただこうと決め勇んでお店に入りますと、「地サバは組み合わせで1食だけね」と、大将が仲居さんに声を掛けているではないですか・・・
ならば急いで注文しなければ・・・ と気持ちは焦るのですが、その相方を何にするかを決めかねてしまいますが、戻り鰹が美味しい季節でもありますので、それに決定であります


L1040947-1.JPG
身を厚く切り分けた鰹にはたっぷりのネギが乗せられ、その香りと共に美味しくいただきます
ねとっと舌にまとわる食感 コレこそが鰹の大気味なんですよね
生姜醤油の香りも、その美味しさを引き立てますね


L1040945-1.JPG
そしてお目当ての地サバ
新鮮だからこそ酢で〆ることをせず、サバが持つ本来の甘みを楽しむことが出来るのですね
お隣のお客さまがこのサバ一人前の定食を召し上がってらっしゃいましたが、それはヒラメの薄作りのようにお皿に花びらの如くキレイに広げられたモノでありまして・・・
豪快にそれを箸ですくうようにいただいてみたかったですね

残念なことにランチの時間には薬味は生姜か山葵のどちらか一つしかいただくことが出来ないとのことでありまして・・・
山葵の辛味で甘みを更に引き出したサバの美味しさを楽しめなかったことが唯一残念なことでありました


たっぷりのあら汁も美味しくて、炊きたての熱々ご飯もうれしいお店
新鮮なお魚はもちろん、キチンと脇役も良い仕事をしていますね



【和茶房 亀田】
神奈川県横浜市中区相生町5-86 第2ホームベースビル1F
045-212-0506

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

豊鉄渥美線南栄駅:「チーロ」    ナポリピッツァ協会認定のピッツェリアで焼きたての熱々をいただきます

L1040935-a.JPG

豊橋へ出張いたします
今日は荒れ模様の天候で、予定通りに移動できるのか心配だったのでありますが、特に大きな問題もなくスムーズに移動することが出来ひと安心



L1040940-1.JPG
美味しいピッツァを提供すると評判のお店があると聞き、ランチにそこを訪ねてみることにいたします
かなり人気があるお店であるということで、「50分ほど待たされた」と言う話も聞きいていたので、どれほど並んでいることだろうと恐る恐るお店へ向かったのですが・・・
満席の状態ではありましたが、タイミング良く先客がお帰りになるところでありまして、その後を片付けるとすぐに案内していただくことが出来ました


L1040929-1.JPG
お店はカウンターが中心で、ちょっと離れたトコロに個室風のテーブルがひとつあるだけの20席ほどのお店であります
とは言え、ゆったりとしたレイアウトでありますから窮屈な感じは全くなくて・・・
ピッツァが目の前で焼かれる光景を見ながら、落ち着いて食事と楽しむことが出来るお店でありますね


L1040930-1.JPG
ピッツァと一緒にサラダを注文したのだけど、それが提供されてビックリ
獲れたてのような葉っぱが山のように盛られてやってくるではないですか・・・
それに生ハムやミニ大根などが添えてあるのですが、中でも美味しかったのはさつまいも
ほんのりと甘くって焼き芋を食べているような感じでありました


L1040933-1.JPG
ランチのピッツァはドリンク付きで、3段階くらいの価格設定で用意されています
同じ価格のモノであればハーフ&ハーフでいただくことも出来るようですから、その組み合わせで飽きること無く楽しむことが出来そうですね

先ずはピッツァの基本ともいえるマルゲリータ
20mmはあろうかというコルニチョーネの中で、トマトソースがグツグツと言いながら提供され、それをすかさずお店の方が切り分けてくれるのです
その熱々ぶりはと言いますと、とっても手で持つことが出来ないほどでありまして・・・
そんな熱さも美味しさのひとつでありますね


L1040937-1.JPG
そしてポルチーノのピッツァ
フンギと呼ばれるきのこのピッツァのように、今が旬である高級きのこのポルチーニがピッツァの上で焼かれて提供されるのかと思いきや、ポルチーニのペーストが使われたピッツァでありました
そのペーストには独特の香りがありまして、コレはちょっと好き嫌いがハッキリしそうなモノでありましたね


L1040932-1.JPG
そしてこちら、ナポリピッツァの協会に認定されたお店ってことでありますから、生地の作り方や焼き方など、本場ナポリと同じモノがいただけるってことでしょうね
サクッとした生地の食感がとっても美味しいモノでありました



熱々のピッツァを取り分けながら食べて欲しいってことでありましょう
こちらでは人数分のピッツァを同時に提供することはせず、一枚ずつ食べ終わるタイミングを見計らい提供していただけます
20席ほどのお店だからこそ出来るサービスでもありますが、こちらのオーナーこだわりの高さを感じることが出来るお店でありますね



【PIZZERIA CIRO】
愛知県豊橋市西幸町字浜池205-3
0532-21-8599

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





PIZZERIA CIRO
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

JR根岸線関内駅:「舎利膳」   贅沢感ある雰囲気ですがランチはかなりお手頃に使えますね

L1040922-a.JPG

今日は打ち合わせ3件と慌しく動き回る日
先ず午前中に1件の打ち合わせを終えたのが12:00をちょっと回った時
次の打ち合わせまではちょっと余裕があるってことで、美味しいモノを落ち着いていただけるお店は・・・ と、ちょっと思案いたします



L1040917-1.JPG
関内の街をぶらぶらとしながら思いついたのがココ「舎利膳」ってお店
マンションの2Fにあるテナントってことで、外からは中の雰囲気を察することが出来ないお店でありまして・・・
どことなく漂う高級感にコレまでちょっと遠慮していたのですが、美味しいモノがいただけそうな雰囲気に惹かれ、今日は思い切って暖簾を潜ることにいたします


L1040918-1.JPG
「お昼の利用はこちらからお入り下さい」的な張り紙に従い扉を空けますと、ピシッと白衣を纏った職人さんたちの視線が刺さります
さすがにコレには、ちょっと怯んでしまいそうですね
とは言いながらも、笑顔がステキな仲居さんの笑顔に救われ、カウンターの一番奥の席をいただくことにいたします
カウンターの背にはすだれで仕切られたいくつかのテーブル席もあって、接待っぽいお客さまが食事を愉しんでいらっしゃいましたね


L1040924-1.JPG
階段下に出されたメニューを見て、コレをいただこうと決めていた「二段ちらし」
一つのお重には、ツヤツヤとした新鮮そうなお刺身がギッシリと並べられています
ネタの数は9種ほど トロやカニ棒などの姿もあり、色鮮やかでありますし、高級感もありますね
そんな中でも、子持ち昆布のプチプチッと感が良い感じでしたね


L1040926-1.JPG
もう一段にはシャリが敷き詰められ、そこにはいくらが・・・
ガリや漬物などが刻まれたものも添えられていて、シャリを残すことなく楽しむことが出来ますね
1段をギッシリとネタで埋め尽くすって言うのもボリューム感があって良いのですが、このように2段に分けることで上品に提供するって言うもの良い感じでありますし、コチラのお店の雰囲気に合ってますね


ランチのメニューは1000円から用意されていますし、1500円から2000円くらいで楽しめる商品が揃えられていますので、ちょっと時間に余裕があるランチには最適でありますね
別室には宴会場もありまして、忘年会にはふぐ鍋などが提供されるのだとか・・・
コレもちょっと魅力的ですね



【鮨懐石 関内 舎利膳】
神奈川県横浜市中区常盤町2-11-2 アリエスヨコハマ2F
045-662-5944

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





舎利膳
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「リンガーハット」    チャンポンに柚子胡椒を溶かしていただくのがお気に入り

L1040914-a.JPG

朝寝坊した日曜日
お掃除と洗濯を済ませて、急に食べたくなった料理を目的に出掛けることにいたします
今日はボカボカとした陽射しが心地よく、ご近所のお店へ遠回りして・・・
たまにはこんな散歩も良いものですね



L1040909-1.JPG
リンガーハット
“野菜たっぷりチャンポン”って商品が発売されて以来、野菜が食べたくなったときに、時折り利用させていただいているお店なのでありますが、今日は野菜と言うより、チャンポンが食べたくなったのであります
それも、他のお店のもではなく、ココのチャンポンが食べたくなったのであります



L1040911-1.JPG
麺の増量は無料ってことでありますから、1.5倍でいただくことにいたします
そう言えば久しくご無沙汰している間に麺が変わったようですね
色んな口コミを見てますと以前の麺にはかなり多くの悪評があったのですが、ワタシとしてはそれほど違和感がなかったんですよね
どちらかと言うと、コレはこれで美味しいじゃんなんて思っていたんですけど・・・


L1040915-1.JPG
そしていつの頃から始まったのか、餃子を頼むと柚子胡椒が添えられるようになりまして・・・
その柚子胡椒をちゃんぽんに溶かしていただくのがお気に入りなのであります
ですから、わざわざ餃子セットでいただきます

餃子も以前のモノとはちょっと変わったようですね
焼の状態が悪いためにそう思ってしまったのかもしれませんが、パリッとした焼き上がりでもなく、焼き機に前に焼いた餃子のカーボンが残っていたのでありましょう そんなカーボン塗れの餃子がやって来てガッカリ
いくら忙しい時間でも、コレはないでしょって感じですね



【リンガーハット】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-8-7 ハマ楽器ビル1F
045-250-0186

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

みなとみらい線馬車道駅:「福久」    とってもお手頃なお料理がいただける馬車道の老舗割烹店

L1040907-a.JPG

土曜日ではありますが、今日はお仕事なのであります
ジッと待っていてもお客さまが来てくれるとは限らない時代 今年は忘年会とおせち料理の販促をしましょうってことで、そのチラシ制作に向けた写真撮りに立ち会うことにいたします
この業務、本来ならばひと月ほどまでに行うべきものなのですが、今月からお付き合いを始めたクライアントさんでありますから致し方ありませんね
ちょっとタイトな日程ではありますが、折角やるのですからキチンと成果が出来るように、集中して良いものを作り上げましょう



L1040898-1.JPG
と、その前にお気に入りのお店でランチをいただくことにいたします
馬車道駅からすぐのところにある「福久」ってお店 3代続く老舗割烹店でありまして、オフィス街である関内では接待で使うお店として知られているトコロなのであります
接待で使われるであろう個室や宴会が出来る広間は地下にあるのですが、1Fではお手軽な料理をいただくことが出来るのであります


L1040906-1.JPG
そんなお気軽料理の中で、最もお気に入りなのがコレ “海鮮重”であります
色とりどりで見た目にも美しいお重でありますし、それほど大きなお重に二つ折りにされたネタがギッシリと詰まっているのです
1,575円でいただくことが出来るモノなのですが、使われるネタはそのお値段に見合わないような立派なモノなのでありまして・・・
マグロは冷凍などされたものではない生の本マグロ、海老は丸のまま茹でられたムチッとした食感がおいしい車えびと言ったものでありまして、ウン千円やウン万円もする接待や宴会料理に使われる食材をお値打ちにいただけるのですから、お徳感満載でありますね


こちらのお店、馬車道通りからちょっと入ったところにありますし、それほど積極的な販売促進活動もされていないようでありますから、このようなお得な商品をいただくことが出来るお店であることが知られていないようですね
もっと多くの方にこのお徳感を味わっていただきたいような、自分だけが知っている隠れ家のようなお店としてひっそりと営業していただきたいような・・・
ちょっと複雑な気持ちでありますね 


 
【割烹 福久】
神奈川県横浜市中区南仲通4-49
045-201-2636

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「大戸屋」    まだちょっと時期が早いのでしょうが、カキフライが食べたくて仕方ないので・・・

L1040892-a.JPG

三枝さんがやってるお弁当屋さんのCM
それを見ていて、どうしてもカキフライが食べたくなって・・・
お気に入りのとんかつ屋さんではまだカキフライをやっておらず、どこかでカキフライをやってないかなぁと歩き回ります



L1040886-1.JPG
ちょうど大戸屋さんの前を通り過ぎようとしたとき、そこに置かれた看板に“カキフライ”の文字を発見いたします
お昼の時間をとっくに過ぎていますので、チェーンのお店以外は大半が夜の営業に向けての準備中でありますから、今日はこちらでランとをいただくことにいたしましょう


L1040889-1.JPG
さすがにお店はガラガラでありまして・・・
早い夜ごはんをいただいているのでしょうか? 早寝してしまいそうな高齢のオジサンが3人ほどいらっしゃるだけでしたね
女性にも人気の定食屋さんらしく、お店の照明は明るく、テーブルの間隔もゆったりしていて・・・
居心地が良いお店であります


L1040893-1.JPG
小ぶりではありますが牡蠣が6つ 
4つのモノもあるようですが、それでワタシのおなかが満たされるはずもなく、迷うこと無く6つの定食をお願いいたします

ガリッとした食感のパン粉 これは冷凍されたモノであるようですね
とは言え、こう言ったチェーン形のお店で生の牡蠣を扱うということには大きな危険を伴うことでもありまして・・・
安全のためには多少の美味しさは犠牲にせざるを得ないってことでありましょう

冷凍と言いましても、最近の技術は恐るべきものでありまして、かつての冷凍食品とは比べ物にならないほどの美味しく出来ているものですね
身はミディアムレアとはいきませんが、ジューシーさを失わないほどの揚げ加減でありまして・・・
なかなか美味しくいただくことが出来ました


L1040895-1.JPG
そしてコレ
レジの後ろにあるインフォメーションボードに貼られていたのですが、先日のお願い!ランキングGOLDで放映された専門レストラン総選挙での結果でありますね
そして、その総選挙で1位を獲得した“鶏と野菜の黒酢あん定食” ワタシもいただいたことがありますが、ホントに美味しいんですよ


チェーンでありながら、この美味しさのレベル
確かにメニューは限られますが、納得の美味しさを提供してくれることで、お気に入りの仲間入りでありますね



【大戸屋】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-8-7 ハマ楽器ビルB1F
045-250-0876

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「不二家レストラン」   洋食スペシャル〜第10弾〜 開催中です

L1040879-a.JPG

今日は夕方から試食のお仕事
忘年会メニューの試食でありますから、その量はかなりのものになるかと・・・
で、ランチは軽く済ませようと、お気に入りの喫茶店でサンドウィッチでもいただこうと出かけたのでありますが、スタバの前にて、久しぶりにココのサンドでも良いかなって気にもなり、更にちょっと歩いたところで、“ハンバーグステーキ 20%増量中”って看板を見つけてしまい、ハンバーグ好きのワタシの気持ちはコチラに傾いてしまったのであります



L1040864-1.JPG
「不二家」
ケーキ屋さんのイメージが高くレストランとしての認知は少ないかも知れませんが、結構昔から、真面目にレストランをやってまして、そこで提供されるお料理は洋食の基本といいましょうか、王道を守り続けているトコロなんですよね
ですから当然、ハンバーグのレベルも高く、以前からずっとお気に入りなのであります


L1040875-1.JPG
席に案内されますと、係りの方が優しい口調で、そのハンバーグのお勧めをしてくださいます
こう言ったところもしっかりとしてますね

それに惹かれて入店したのですから、迷うことなくそれを注文いたします
ふっくらと膨らんだハンバーグにデミグラスソースと目玉焼き 昔ながらのハンバーグの基本形でありますね
ハンバーグにナイフを入れますと、その断面からは滲み出す肉汁
それがデミグラスと一体になって更なる旨みとコクが・・・ 半熟の卵黄もとろーりとまろやかさを加えてくれます
ちょっとハンバーグに塩味が少ないようで、いつものようにピンとした美味しさを感じることはありませんでしたが、十分に許容範囲でありまして満足させていただきました


L1040883-1.JPG
お店には「ペコルーム」と称される一角があり、そこの壁面にはペコちゃんの大きな顔が・・・
お子さま連れのお客さまの優先席って感じですね
美味しいお料理で大人のお客さまを惹きつけるだけでなく、お子さまに夢を提供することも忘れないレストラン
帰りには美味しいケーキもあるし・・・



【不二家レストラン】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
045-251-2105

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「ステーキくに」   「美味しいステーキを楽しく食べる夕べ」に大満足

L1040854-a.JPG

雨の赤坂
2ヶ月ぶりの「美味しいステーキを楽しき食べる夕べ」であります
この会は毎月行われているのですが、8月9月と業務と重なり参加することが出来なかったのです
もちろん会の名前にもあるように美味しいステーキをいただくことがメインなのではありますが、知らない人と同じテーブルを囲み、ちょっとした交流会のような雰囲気で楽しく食事をすることも魅力のひとつでありまして・・・
一人でお邪魔しても十分に楽しめるってことがステキなことですね



L1040834-1.JPG
赤坂見附駅の目の前という一等地にありながら手頃なお値段でステーキがいただけると評判のお店でありまして、お昼の時間には300gもあるステーキやハンバーグが1000円ほどでいただけるとで行列でありますし、夜にはお手軽価格のワインと一緒に美味しいステーキを楽しむお客さまで満席になるほどなのです


L1040845-1.JPG
会のお食事はコース仕立てになっていまして、思考を凝らした前菜からのお料理を楽しむことが出来ます
特にお肉を使った料理が得意分野ってことでありましょう サラダに乗せられたローストビーフはしっとりとしていて柔らかくって・・・ 
会の主催者でありこちらのお店のオーナーでもある一瀬氏が、各テーブルを回りながらブロックのお肉を切り分けてくれるサービスもオーナーとお客さまを結びつけるイベントでありステキなことだと思います


L1040858-1.JPG
メインのステーキが焼きあがりました
炭火で焼き上げてありますから、お肉の表面はかりっと焼かれ、それによって肉汁が閉じ込められた美味しいステーキ
特にステーキは厚みがないと美味しくないというオーナーのこだわりから、こちらでは独特なカットで提供されますが、お肉の王様であるロースであることには間違いありません
お店自慢のソースと、わさび醤油とお塩が用意されていますので、サシがとってもキレイなお肉はわさび醤油やお塩でいただき、赤身のコクが美味しいお肉は特製ソースでいただき大満足であります


L1040851-1.JPG
会を盛り上げるもう一つのイベントが、水季可奈さんのライブでありまして・・・
このライブを目的にやって来るファンの方もいらっしゃるようです
毎回色んな選曲で愉しませてくれるこのライブ ワタシも楽しみにしているんですよ


19:00にスタートするこの会
美味しく楽しい時間というのはあっという間に過ぎるものでありまして・・・
ふっと気が付くと22:00を回っていました
余韻を残しながら、帰路に着くことにいたしましょう 今日も本当にご馳走さまでした



【炭焼ステーキくに】
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル1F
03-3519-5529

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

JR飯田線船町駅:「福島屋」   朝獲れ・朝絞めの美味しさが楽しめる歴史ある大衆居酒屋です

L1040819-a.JPG

研修会を終え、豊橋へ戻ったのが19:00近く
もちろんこだまで帰るって手もあるのだけど、次のひかりまで2時間弱の時間がある
ならば、久しくご無沙汰しているあのお店へ行ってみようか・・・
いつも混んでいるお店だけに、ふらっと訪ねて満席だとちょっと困ってしまうってことで、先ずは電話確認をいたします
すると、「今日は暇ですよ テーブルが3つも空いてますから・・・」とのこと
駅からタクシーで10分ほど、速攻でお店へ向かいます



L1040816-1.JPG
住宅街の一角
とってもこんなところに居酒屋があるとは想像しないところに、ぼんやりとお店の看板が光ります
居酒屋さんでありますから車で来られるお客さまも少ないのでしょうが、どこからやって来るのかいつも満席の繁盛店なんですよね

扉を開けますと・・・
な、な、なんと、そこには久しぶりに会う懐かしい顔が・・・
なんと言う偶然でありましょう 予期しない事態に戸惑いながらも、彼らのテーブルに同席させていただき、楽しいひとときを過ごさせていただきました


L1040819-1.JPG
湯豆腐が始まったって聞きつけたことが、今日ココへ足を運ぶ気になったそもそもなのでありまして・・・
その湯豆腐がコレ
多分多くの方が想像する湯豆腐とは異なるのですが、コレがこちらの看板料理の一つでもあるのです

まぁ、ひと言で言ってしまえば、一般的な昆布出しでお豆腐を温めるスタイルの上に大和芋のとろろが掛かっているというモノなのですが、このとろろが抜群に美味しいのであります
注文が入ってから丁寧に大和芋を下ろし始めまして、それをすり鉢で泡立てる
まるで、大和芋のメレンゲのようなふわっとした食感が堪らないのであります


L1040826-1.JPG
そして、キスフライ
コレがまた素晴らしいものでありまして・・・
細かいパン粉をまとっていてサックサクでありますし、その身はホックホク 当然の如くアッツアツでもありますし・・・
いやぁ、これは素晴らしいのひと言に尽きます


L1040821-1.JPG
せせり焼き
鶏肉のせせりと呼ばれるところでありますが、コレがとってもジューシーで・・・
コレまでいただいたせせりとは別格でありますね

他にもお刺身などあれこれといただきましたが、どれも新鮮そのものの立派なモノ
朝獲れ、朝絞めの新鮮な食材にこだわるお店でありますし、それをお手軽なお値段で提供してくれるのでありますから、タクシー代を払ってでもお得に感じるものばかりですね



実はこちらのお店
豊橋の三大居酒屋の一つ称されるお店でありまして・・・
多分3代目となる若大将に世代が交代されたのでありましょう それを期にか、お店もキレイに改装されていまして、コレまでの常連でなくとも気軽に利用できるお店になりましたね
もちろん、昔の良さもしっかりと残したお店に仕上がってますから、そんな情緒も味わうことが出来ます



【福島屋】
愛知県豊橋市北島町44
0532-52-7439

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東海道線豊橋駅:「天源」   プリップリの海老と甘ーいホタテをサックサクのかき揚げで

L1040813-a.JPG

今日は社員研修会のお仕事であります
研修会は2部構成で、1部は店長候補生向けの講義を1時間、2部は店長様向けで2時間
途中30分の休憩があるというものの、3時間もしゃべり続けることは楽ではありませんね
そんな研修会の会場へは豊橋駅で乗り換えとなりますので、先ずは駅前でランチをいただくことにいたしましょう



L1040801-1.JPG
豊橋となれば行きたくなるお店がココ
駅前のロータリーを渡って細い路地に入ったところにある、間口1軒ほどの階段を下ったところにある小さな天ぷら専門店であります
一見さんにとってはちょっと入りづらい店構えであるのですが、12:15に伺った時点でカウンター席は満席であります
2つあるテーブル席は空いていたのですが、そこを一人で陣取るには申し訳ないってことで、カウンターが空くのを待つころにいたします


L1040804-1.JPG
5分も待たない内に男性5人のグループがお帰りになり、L字になったカウンターの特等席をいただくことが出来ました
ココはかなり永く営業されているお店でありまして、昔は年配のお客さまが中心だったように思うのですが、最近は若い女性のお客さまも増えてきているようでして・・・ 今日はお一人でお越しなられているの女性のお客さまもいらっしゃいましたね
そういった若いお客さまが増えるってことは、こちらはこの先も安泰ってことでありましょう


L1040806-1.JPG
いつもながらの“海老とホタテのかき揚げ定食”をいただくことにいたします
先の5人組は、それほど時間に余裕がなかったのか、皆さん天丼を召し上がられたようですが、こちらの一番人気は“海老とホタテのかき揚げ定食”であるようで・・・
他のお客さまの注文はみんなコレでありましたね

サクッとした衣に包まれたプリップリの海老 それも大きめのかき揚げでありますからゴロゴロと海老が入っていまして・・・
そんな海老の旨みを引き出しながらいただきましょうってことでお塩を付けていただきましょう

そして、ホタテのかき揚げと一緒に出されたのがかぼちゃの天ぷら
多くのお店のように薄くスライスされたかぼちゃではなく、コチラでは煮物にするようなカットの仕方でありますから、かぼちゃのホクホク勘と甘みをしっかりと堪能することが出来ました

この定食には、お塩と天つゆのほかに、天丼ようのタレを出していただけますので、ホタテのかき揚げは天丼スタイルでいただきます
甘みたっぷりのホタテとこの丼タレの相性がとっても良くって、熱々の炊き立てご飯をドンドンいただくことが出来ますね
もちろんご飯のお替りもできますよ


目の前で揚げてくれる熱々の天ぷらには、程よく季節の食材を取り入れていただけますので、その時々によって色んな味わいを愉しませてくれます
お店を切り盛りするご夫婦もステキで、緊張することなく気軽にランチをいただくことが出来るってことも魅力ですね
駅前にこんなステキなお店があって・・・ とっても重宝しています



【天ぷら専門店 天源】
愛知県豊橋市広小路1-42
0532-54-9002

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

JR根岸線関内駅:「野毛おでん」    今日から月曜日の営業が再開されていました 

L1040788-a.JPG

友人からランチのお誘いをいただきます
彼は天ぷらが食べたいようだったのだけど、明日美味しい天ぷらを食べる予定があるので、それはお断りさせていただきまして・・・
近くの和食店へと向かったのですが、生憎の月曜定休であります
そう言えば、以前も彼とこちらへ伺おうとしたときもお休みであったような・・・



L1040791-1.JPG
「野毛おでん」
明治に創業した老舗のおでん屋さん 当然その店主もそれなりのお歳でありまして・・・
ここ数年、店主(3代目)の体調上の都合ってことで、日・月と連休をしていたらしいのだけど、なんと今日から月曜日の営業を再開されたようであります
そんな日に偶然とは言え、こちらを訪れることが出来た幸せを満喫することにいたしましょう


L1040784-1.JPG
伝統のおでんを見守る3代目(?)と年配の仲居さん
永年の経験に裏付けられた目で、丁寧に一つひとつの種をチェックしながら、お客さまに提供する種を見極めています
ですから、こちらでいただくおでんはいつも同じが守られているのです


L1040786-1.JPG
お昼の時間には、看板料理のおでんをメインとした“おでん定食”のほか、子持ちカレイの煮付けやお刺身の定食、それに松花堂といた商品が提供されます
お昼の時間にはお好みでおでんをいただくことは出来ないようですが、全ての定食には全て“おでん”が添えられていますのでご心配なく・・・
どうやら、定食に添える“おでん”だけで手一杯であるようですね

ワタシがいただいた松花堂には、お刺身と煮物が少々と“おでん”が詰められていまして、そのおでん種は大根と厚揚げの2種
その姿は、コンビニエンスのおでんが一般的になった昨今では、違和感を感じるほど野に真っ黒でありまして・・・
見た目ほどに味は濃くなく美味しくいただけはするのですが、なんとなく出汁の風味が香る関西風のモノのほうが、ワタシ的には好みでありますね



L1040795-1.JPG
ランチの後は、文明堂さんのカフェでまったりと過ごします
文明堂といえばカステラ 
そのカステラもこちらでいただくことが出来るのですが、ちょっとあんこの甘さに惹かれまして・・・
雰囲気もステキでありますので、伊勢ブラ(完全なる死語でありますね)の休憩は最適なお店と言えましょう
しかし、売店の奥にカフェの入り口がありますから、それほど多くの方に知られることもなく、お隣の上島珈琲店が満席でもこちらではゆっくりと過ごすことができますね
ちょっとした隠れ家的な存在もステキですね




【野毛おでん】
神奈川県横浜市中区吉田町2-6
045-251-3234

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「ふくろう」   天ぷらが美味しいお蕎麦屋さんが始めた天丼なのですが・・・

L1040780-a.JPG

寒っ!!
傘が要るような要らないような そんな小雨交じりの日曜日
外に一歩出た瞬間に、そんな言葉が出ちゃいました
そんな天気でもありますし、今週使う資料を作らなくてはならなくて・・・



L1040775-1.JPG
ご近所の立ち食い蕎麦屋さん「ふくろう」
揚げたての天ぷらと、立ち食いとは思えないほどの美味しいつゆを提供してくれるってことでお気に入り
そこが、なんと天丼をはじめたと言うので、早速お邪魔してみることにいたします
コレまで数回、ココの天ぷらをいただいたことがありまして、そのサクッとした衣の食感に満足をしていたものですから、天丼を始めたと聞くと期待が高まってしまいますね


L1040782-1.JPG
こちらは食券制でありますから、先ずは天丼のボタンを押して、一緒にお蕎麦もいただくことにいただこうと思うのだけど・・・
お蕎麦と言えば、“もり”か“ざる”でいただくのが、ワタシのデフォルトなのでありますが、今日のよな日には、やっぱり温かいものがいただきたくって、たぬきそばのボタンをポチッと

種は大きなエビフライとキス、それにかぼちゃに茄子と竹輪といった野菜でありまして、かなり見た目にボリューム感があって美味しそうだったのですが・・・
あまりにも期待が高すぎたのか・・・ この天丼はいただけませんねぇ
ご飯はベチャっとしていますし、天ぷらの衣が厚すぎることで、まるでご飯に揚げ玉を混ぜていただいているような感じなのです



やはりこう言ったお店がメニューを増やすってことは問題が多いようですね
同じように天ぷらを揚げて、それをお蕎麦と共に提供するのか、ご飯の上に乗せて提供するだけの違いだから問題無いようにも思われるのでしょうが、そう単純なモノではないんですよね



【天ぷらそば ふくろう】
神奈川県横浜市中区長者町7-112
045-260-3123

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

みなとみらい線馬車道駅:「丸和」    肉厚なカツから溢れる肉汁が絶品 一度食べると病みつきに・・・

L1040740-a.JPG

友人からランチの誘いを受けたのだけど、行きたいお店って言うのが先週伺ったばかりのお店でありまして・・・
どうしようかとも思いましたが、2日続けても嫌ではないほどにお気に入りの1軒でありますから、そのお誘い受けることにいたしましょう



L1040735-1.JPG
馬車道の裏通りにある「丸和」って言うとんかつのお店
すぐ近くに有名な「勝烈庵」がありまして多くの方はそちらへ足を運んでいるようですが、通の方のみがこちらへ足を向けているとも言えるのでは?
ココのロースかつの肉厚さとシューシーさは、一度食べたら病み付きですよ


L1040742-1.JPG
ってことで、1週間ぶりの“ロースかつ”であります
こちらのロースかつは、注文が入ってからブロックのお肉を切り分けますので、その判の大きさで多少大きさが異なるのでありますが・・・
今日は大当たりであったのでしょう いつもより大きなカツがやって来ました

その断面は、もちろん薄ピンク色
それがだんだんと余熱で白色に変わっていくのですが、この見事な揚げ加減のおかげでとっても柔らかいカツがいただけるのです
いつも通りに、半分はピンク塩で、そして残りの半分にソースとからしを付けて・・・


L1040737-1.JPG
土曜日のお昼
このあたりの会社はほとんどがお休みでありますから、それほど混んではいないだろうと思っていたのですが・・・
いやいや、何とか席をいただくことは出来ましたが、平日とは異なる客層でいっぱいでありました



L1040756-1.JPG
しっかりとお腹を満たした後はお散歩
テクテクと野毛山動物園まで歩くことにいたします
20分ほど歩いた後の山登り ちょっと厳しいお散歩ではありましたが、この子達に癒されました
到着したときには木の上で休憩していたのですが、帰る頃には元気に駆け回っていましたよ
ホント可愛いですね



【とんかつ 丸和】
神奈川県横浜市中区住吉町5-61
045-641-0640

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

京急本線日ノ出町駅:「イタリーノ」   イタリーノでいただくスパゲッティとビザは懐かしさ溢れるモノでした

L1040733-a.JPG

ランチの後にとアポイントを入れていたのですが、午前中にやっていたまとめ物に手間取りまして、ふっと気付くともうお昼過ぎ ランチをしていては待ち合わせ時間に遅れそうってことで・・・
打ち合わせを終えた、お昼と言うよりは早い夜ごはんって感じの時間にランチをいただくことにいたします



L1040723-1.JPG
福富町にある「イタリーノ」
かなり古くからあるお店でありまして、看板にはイタリア料理と書かれていますが…
実は肉系のソテーやフライをてんこ盛りでいただくことが出来るトコロなのであります
熱々の鉄板からはみ出るほどの料理と、普通に頼んでも大盛りで提供されるご飯が有名ってことですから、訪れるお客さまは、ワタシと同じく体脂肪率を語ることが出来ないような人が多いんですよね
その割りに、喫茶店のような小さめなテーブルで、窮屈に相席なんてコトもあるのがちょっと… でありますが…


L1040724-1.JPG
そしてもうひとつの名物(?)がココの若旦那さんでありまして、そのお姿が「まいう〜〜〜」の石ちゃんそっくりなのであります
どことなく人懐っこそうな雰囲気も激似なんですよ


L1040725-1.JPG
そんなお店で、今日はイタリアンをいただくことにいたしましょうってことで「ミートボール」
ミートソースのスパゲッティにミートボールがゴロゴロッと乗せられたモノであります
太めのスパゲッティと言うよりもソフト麺のようなモノでありまして、それをクタクタに茹でられていますから、フォークで巻き取ろうとするとプチプチと切れてしまうんですよね
でも、それがとっても懐かしくって…


L1040729-1.JPG
そしてピザ
焼き上げるのに時間が掛かるらしく、忙しいお昼が終わった15:00からの販売であります
生地を丸く延ばしたものではなくて、四角いパイ皿に乗せられて焼かれたモノでありまして・・・ そんなピザを提供するお店も少なくなりましたね
生まれて初めてピザを食べたのは、ワタシがまだ小学生のときでありますから、もう40年ほど前のことでありまして・・・ そのピザを思い出させるようなものであります
たっぷりとチーズが乗せられていまして、生地の美味しさを楽しむと言うよりは、チーズをいただくことが目的のピザでありますね


ランチタイムはワンコインほどでボリュームたっぷりの日替わりランチが提供されるってコトもあって、先のようなお客さまで埋め尽くされますので、その時間帯を避けての訪問をお勧めいたします



【イタリーノ】
神奈川県横浜市中区福富町仲通3-4-403
045-261-6721

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

JR根岸線関内駅:「まなめ」  限定20食のランチのみ カウンター12席の小さなお店は女性客でいっぱい

L1040711-a.JPG

午前中に美容院へ行って、午後からの打ち合わせを前にランチへと向かったのですが、それなりに魅力があるお店はどこも満席の状態でありまして・・・
このままではランチの食べ逃してしまうと、焦りながらも関内の街を歩き回ります


L1040720-1.JPG
何度も通ったことがあるところなんだけど・・・
このお店の存在には気付いていませんでしたねぇ それなりに気を配って歩いていたはずなのに・・・
中を覗くことができない木製の扉、タイミングよく先客がお帰りになるところで店内を覗きみますと、驚くほどにほとんどのお客さまが女性なのであります
これはちょっと期待が持てそうですね


L1040710-1.JPG
店内は厨房を囲むカウンター席12席のみという小さなお店をオーナー一人で切り盛りされています
ですから、あれやこれやと言う注文には対応出来ないってことでありましょう 潔く日替わりのランチメニュー一品だけで勝負されています
そのランチも、その日のよって異なるようではありますが限定数があって、それが売り切れるとおしまいになるようですね
12:30を回ったタイミング 店内を覗きますと、既に1回転目のお客さまで埋め尽くされている状態でありましたので、今日はもう終わってしまったかな? と恐る恐る入店してみますと、まだ大丈夫な様子 助かりました


L1040713-1.JPG L1040715-1.JPG
今日のランチはサーモンフライとミニハラミステーキ
メインとなるおかず2種が提供されると言うこちらのランチ、ちょっと魅力的であります

12席とは言え、一人で調理と接客をこなすのは至難の業であるはずなのですが・・・
こちらの料理、作り置きされることなく、お客さまの顔を見てから作り始めているようですね
ですから、フライもステーキも熱々でありました
それぞれは特別に素晴らしく美味しいというものではありませんが、出来たてをいただけるってことが料理の美味しさをグッと引き立てていますね

お隣の先客にご飯が提供されたとき、フワッと拡がるご飯の甘い香り
これには驚きましたねぇ その香りは正に炊きあがったお釜を開けたときに拡がるものと同じでありまして・・・
これは間違いないと思っていたのですが、実際に提供されたものは、その期待を上回るほどに美味しいモノでありましたし、味噌汁も熱々で味噌の香りもしっかり
しかもそのボリュームも満点 女の子がご飯は少なめで・・・ と言っていた理由も納得であります


こちらのランチは800円
ワンコインランチが横行する関内の街では決して安いとはいえない価格でありますが、その内容と美味しさでお客さまを惹きつけているのでありましょう
利用されるお客さまの予算を超えない範囲で、いかに満足するものを提供するかと言うことが大切なことでありまして、決して安く売ることだけが繁盛への道ではない
そんな見本のようなお店でありました



【和食屋 まなめ】
神奈川県横浜市中区常盤町2-15
045-681-5559

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



和食屋 まなめ
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

JR根岸線関内駅:「山田ホームレストラン」     残しておきたい歴史的洋食店でいただくしょうが焼き定食

L1040706-a.JPG

ランチの前に書類と届けようと伺った先で、急に打ち合わせになって… ランチを食べ逃してしまいます
それで、その打ち合わせが終わるとまっすぐにご飯をいただくトコロを探します
17:00にちょっと前、まだ空いているお店も少なくて、しかもひとりで食事をいただけるお店となると限られてしまうし…



L1040701-1.JPG
山田ホームレストラン
古くからある洋食屋さんと言うか、洋風定食屋さんというか…
「ポニー」って同じようなレストランが廃業してしまいましたので、関内ではこの手のお店は残すところ、こちらと「梅香亭」と「ぷらむ」だけになってしまいましたね
ちょっと勿体無いようにも思いますが、時の流れってことなのでしょうね


L1040702-1.JPG
山田ホームレストランって変わった名前なのですが、家庭のように気軽なレストランという意味があったりするのでしょうかね?
厨房には80歳近くに見える男の人と、その奥さまと思えるご婦人が接客を担当していまして、確かにそのような雰囲気を感じることが出来るお店であります


L1040707-1.JPG
ホークソテーって商品があって、それにもかなり惹かれたのですが、今日はしょうが焼をいただくことにいたします
そのしょうが焼きですが、このようなレトロなお店でありますから、玉ねぎなどの野菜と一緒に炒められた昔ながらのモノを想像していたのですが…
提供されたものは、5mmほどの厚みがあるロース肉を一口大に切り分けたものが炒められ、ジンジャーソースと絡められています
そのお肉がこれまた想像以上に柔らかくて上質なモノであります
コレにはちょっと驚かされましたし、シャキッとしたみずみずしいレタスとキャベツの千切りが添えられていまして、この品質の高さにもビックリでありました

コレだけのお肉を使っているのなら、きっとポークソテーも美味しいはず
次はそれをいただくことにしようと、そっと心の中で決めました


L1040703-1.JPG
ポテトサラダ
ディッシャーですくわれているため、てっきり既製のモノかと思ったのですが…
シャキッとしたキュウリや人参が混ぜ込まれていますし、ゴロッとしたポテトの食感も美味しい
更にはマヨネーズの風味が活きていて… これはただの既製品ではありませんね
すべたが自家製がどうかは判りませんが、ちゃんとお店で手を入れているモノであることに間違いないでしょうね


L1040709-1.JPG
昔懐かしいスタイルに置かれたテーブルナフキンとそれ立てられたコカコーラのロゴが入ったスタンド
いやぁ コレは懐かしいですねぇ
子供の頃、ちょっと洒落たレストランに連れて行ってもらったとき、スタンドはステンレス製だったりもしましたが、ナフキンはどこもこうでしたし、このナフキンでシルバーを巻いているところも多かったですね
そして市販のドレッシングと、料理とともに持ってきてくれたマヨネーズ
何とも微笑ましい、家庭的なお店でありますね


世代交代が進む中、このようなあったかな雰囲気のレストランが廃業してしまう時代
何とか残す手立てはないものでしょうかね
ポニーのように、1軒1軒と無くなっていくなんて勿体無いものです



【山田ホームレストラン】
神奈川県横浜市中区相生町3-60
045-681-1094

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





山田ホームレストラン
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

みなとみらい線日本大通り駅:「紋亭」    お昼の名物料理「せいろ飯」をいただきます

L1040698-a.JPG

15:00から打ち合わせ予定があるため、それまでに済ませておきたい仕事をバタバタと・・・
まずは資料の仕上げを午前中に終わらせて、それをキンコーズさんでプリントアウトして、そしてお昼ごはんであります
なんとか、ビジネスの街 関内の短いお昼の営業に間に合うことが出来ましたに


L1040694-1.JPG
通りに面したビルの1Fではあるのですが、入り口がちょっと奥まっているために目に付かないお店であります
しかもその入り口は1軒と言う狭い間口でありますから、なかなか入りづらかったりするんですよね
そんな場所でも、かなり永く頑張っているこのお店 しっかりとした名物料理があるからなのでしょうね


L1040697-1.JPG
と言う名物は「せいろ飯」でありまして、この辺りではコチラでしかいただくことが出来ない料理でありましょう
そんなせいろ飯には、鮭 イカ、鶏、山菜などのバリエーションがありまして、その日の気分で具材を選ぶことが出来るのです
と言いましてもメインとなるのは、キチンと味付けされたご飯でありまして、これが蒸篭で蒸されることで熱々でいただけることはもちろん、しっかりと舌を楽しませてくれるのであります

どれも美味しそうではあるのですが、秋ってこともあって鮭のせいろ飯をいただいたのですが、ほんのりと塩味が効いた鮭も良い味を出していまして、薄味ごはんとの相性がバッチリでした
ボリュームもありますから、男性でも満足できるモノですね



L1040699-1.JPG
それほど大きなお店ではありませんが女性だけで頑張ってらっしゃるお店でありまして、なんだかお袋のお店に来たような・・・ そんなホッとした雰囲気を醸しだしているトコロがステキですね
夜には、山形料理を提供する居酒屋になるようですが、このホッとする雰囲気に惹かれて会社帰りに1杯なんてお客さまも多いことでありましょう


ひじきとお豆に煮付けなど、3品ほどの小鉢が添えられていまして、それらの味付けはちょっと濃い目ではありますが、優しい味のせいろ飯との組み合わせですから、それで良いのかもしれませんね
しっかりと、心とお腹を満たして時計を見ると、まだちょっと打合わせまで時間の余裕が・・・
スタバで珈琲でもして時間調整をいたしましょう



【紋亭】
神奈川県横浜市中区太田町1-11-3
045-201-6168

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





紋亭
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「助六寿司」   職人が握る回転寿司 ネタは小さめだけど本物

L1040689-a.JPG

昨日のんびり過ごした分、今日は溜まってしまったお仕事を頑張る日
体育の日ってコトでもあり、スッキリと晴れ渡った日でもあり、外に出掛けたい気持ちを抑えてパソコンに向かいます

夜、肉食が続いていたので、夜はお寿司をいただくことにしようってコトで「助六寿司」へ伺います
助六と言っても稲荷寿司と巻き寿司との折り詰めではなく回転寿司のお店であります



L1040684-1.JPG
この店のお寿司
年季が入った職人さんらしい人が握ってくれる本格的なお寿司がいただけるお店でありまして、最近のデカネタブームから見ますと小ぶりな握りではありますが、お口の中でパラッと解けるシャリと、新鮮なネタが素晴しいのであります


L1040693-1.JPG
幾度もの回転寿司ブームを乗り越えてきたであろう伊勢佐木町の老舗回転寿司でありまして、20人ほどで埋まってしまいそうな小さなカウンターのお店なのですが、ネタの数は豊富ですからついついあれこれと楽しんでいるうちに食べ過ぎちゃうんですよね
回っているお寿司にプラスチックのカバーが掛けられている姿からも歴史を感じたりもしますが、そのお寿司は決して乾燥したようなモノではありませんのでご安心を…


L1040687-1.JPG
早速あれこれといただくことにいたします
甘みが美味しい中トロは舌に纏わり付くようにしっとりとしていますし、赤貝のコリコリとした食感もステキですし…
小さなレーンの中には2人の職人さんがいますので、小さな声でも声を掛けるときチンの気付いていただけますから、注文するのにも抵抗がありませんし…
コレは調子に乗っていくらでも食べちゃいそうですね



見た目ではデカネタ寿司ほどのインパクトはありませんが、お寿司にはほど良い大きさがあるってことを教えてくれるお店でもあるようですね
お口の中でシャリが解けてなくなるタイミングでネタもなくなっている このバランスが素晴しいんですよ



【助六寿司】
神奈川県横浜市中区長者町7-114
045-261-3854

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「杜記」     昼夜にいただけるお値打ち定食が魅力の中華料理屋さん

L1040677-a.JPG

夏の疲れか、ちょっと体調が優れない今日
一日のんびりと休養をとることにしようと午前中に掃除や洗濯を済ませ、簡単にランチ済ませた後は、ちょっと仮眠を・・・
ほんのちょっとのつもりが、気付くと外はもう真っ暗
秋の日はつるべ落としなんて言いますが、17:00を過ぎると、あっという間に真っ暗になるんですね



L1040682-1.JPG
近くで簡単に夜ごはんをしようと「杜記」へ伺います
かなりマニアックな中華料理が揃えられているお店でありますが、お手軽にいただくことが出来る定食メニューが用意されていたりもするのです
この定食メニューがかなり魅力的なのであることがお気に入りの理由なのです


L1040671-1.JPG
日曜日の夜
ほぼ満席の状態でありまして、そのお客さまのほとんどが中国の方
働く人もお客さまも中国の方でありますから、飛び交う言葉ももちろん中国語でありまして・・・
日本人は肩身が狭い感じであります


L1040678-1.JPG
お値打ち定食メニューの中から“豚肉とピーマンの炒めもの”をチョイス
ちょっと混んでいたこともあって少々提供までにいつも以上の時間を要したのですが、熱々で湯気を立てながら提供されます
塩味で炒められているため、ほんのりとごま油が香る もうそれだけで美味しそうであります

こちらのお店の魅力は中華料理店とは思えないほどに美味しく炊き上げられたご飯であるのですが・・・
今日はどうしたことでしょう いつもとは全く異なる嫌な臭いがするものであり、かなりガッカリ
こんな日もあるんですね


L1040675-1.JPG
もう一皿、ピータンをいただきます
お店によっては発酵臭を感じるものだったりするのですが、ここのモノはまったくそんな嫌な感じはありませんし、サイド商品としては手頃なお値段でありましたので、卵ひとつ分くらいの少量であろうと思っていたのですがこのボリューム
コレはお値打ちでありますね



【杜記 海鮮火鍋菜館】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 21:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

JR根岸線桜木町駅:「あぶら屋」   油屋さん直営 お昼だけの営業ですが、お値打ちに美味しい天ぷらがいただけます

L1040668-a.JPG

グルメ親父からのお誘いでランチへ出かけます
実は数日前に気になるお店があるからとお誘いを頂戴したのですが、生憎その日は時間が取れなくて・・・
で、その親父は別の仲間を誘ってそのお店へ行ったらしいのですが、かなりお気に召したようでありまして、再び今日、ワタシをお誘いいただけたようであります


L1040664-1.JPG
桜木町駅近くの音楽通り その入り口にある「あぶら屋」と言う天ぷらの専門店
と言っても高価なお店ではなくて、1000円ほどで楽しむことが出来るお店であります
「あぶら屋」の名の通り油屋さんが経営しているお店であるようでして、その本業が忙しくないお昼の2時間ほどだけ営業されているそうであります


L1040666-1.JPG
以前にテレビで紹介されたこともあり、今日からの3連休は野毛のフェスティバルが開催されているってこともあり、13:00近い時間でも満席の状態でありました
お誘いいただいた親父が、待ち合わせに遅刻したため、暫くお店の前で待っていたのですが、その間に数組のお客さまがお店から出てこられ、親父が到着と同時に席に着くことが出来ました


L1040667-1.JPG
メニューは定食と丼 それぞれに3種ほどの基本形があるようで、それをベースにお好みをトッピングすることが出来るようですね
カリッと揚がった穴子がいただきたくなったため、大海老の天丼に穴子トッピングでいただくことにいたします

サクッと揚げられた薄衣の天ぷら それに江戸前のちょっと甘辛いタレ
見るからに美味しそうでありますし、実際にいただいて見ますと油切れが良くスッキリとしています
さすが油屋さん 上質な油を使っていらっしゃるのでしょうね
これなら、ボリュームある天ぷらをいただいても胸焼けすることも無さそうです

最近のツユダクブームの影響でしょうか
ちょっと多めのタレがかけられていまして、丼の底にはタレの海が・・・
そのタレが濃い目でありますから、最後の方いただくご飯はちょっと味が濃過ぎちゃいますね
ですが、そのタレの量も事前に申し出ることで加減していただけるようでありますから、何度か通う内に自分好みのモノをいただくことが出来るようになりそうですね


お店はカウンターだけの10席ちょっとのお店でありますし、かなりお値打ちにいただくことが出来ますので、席待ちは必至であるようです
とは言え、お客さまの回転も早そうですから、10分ほどの待ち時間を覚悟するだけで美味しい天ぷらがいただけるのでありますから、ココはブックマークすべきお店ですね



【天婦羅 あぶら屋】
神奈川県横浜市中区花咲町2-63
045-231-4590

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





天婦羅 あぶら屋
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

みなとみらい線馬車道駅:「丸和」    売り切れ間際でいただけた一番人気の分厚いロースかつは激旨

DSC_5821-a.JPG

午前中の打ち合わせを終えて、ランチをいただくことにいたします
打ち合わせでは関内駅前にあるルノアールって喫茶店を使うことが多くって・・・ そのすぐ近くにある市役所職員ご用達のグルメ街を覗いてみたのですが、スゴイ行列でありまして店内ぎゅうぎゅうですから、ココはパスすることにいたします
こちらにはかなりコストパフォーマンスが優れたお店が軒を連ねてますから、こんな時間には仕方ないことですね



DSC_5814-1.JPG
お気に入りのとんかつ店「丸和」
先代の頃から通っているお店なのでありますが、若き2代目もお店の顔として認知され始めているようですね
先日、コンビニで買い物をしているときにワタシの肩を叩く人が・・・
驚いて振り向きますと、その大将が微笑んでいるではないですか  永く通っているとは言いながらもその頻度はそれほど多くはないワタシを覚えていただけているなんてうれしいことであります


DSC_5819-1.JPG
さすがにランチタイム 
運良く先客がお帰りになられたカウンターの端っこの席をいただくことができましたが、小さなお店はギッシリとお客さまで埋まっています
全ての注文を頭なのかに入れテキパキとお肉を切り分け揚げ続けていますし、接客の方も忙しく動き回っております
が、お客さまをもてなす気持ちをなくすこと無く、常に笑顔で目配りをしながら・・・


DSC_5821-1.JPG
メニューはシンプルでありまして、とんかつとヒレかつ、それにロースかつとエビフライ、そしてそれらの盛合わせと言う基本メニューに、大根おろしを添えたものも用意されています
そんな中で一番人気は“ロースかつ”であるようでして毎日売切れになるほど  今日もワタシの注文が最後の1枚だったようです
一本のロースから最も美味しいところを分厚くカットして提供されるものでありますから、それほどたくさん提供出来るわけではないってことなんですね

提供されたかつの断面は・・・
ほんのりとピンク色を残していまして、ぷっくりと膨らんでおります  これは肉汁が吹き出ようとしているってことなのでしょうね

ソースでいただくのはもちろん、お塩でいただくのもこのロースかつの美味しい食べ方でありまして、お塩の塩味がお肉の旨みを引き出してくれるのであります
ワタシは先ず半分をお塩でいただくことでお肉の旨みを堪能し、残り半分にソースをかけてご飯のお供としていただいています
ソースでいただくときにからしを添えますと、また一層美味しくいただけますね




【とんかつ 丸和】
神奈川県横浜市中区住吉町5-61
045-641-0640

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

JR山手線渋谷駅:「はなこ」   期待を超える美味しさと楽しさを体験いたしました

L1040651-a.JPG

秋葉原でのランチミーティングの後、赤坂に移動して打ち合わせ
その後、渋谷へ移動し会食であります
ある会合で知り合った外食産業の広報担当の方との会食でありまして、どんな話になるのやらと、この日が来るのを楽しみにしていたのであります


L1040634-1.JPG
「はなこ」って居酒屋
数年間から元気良く出店を重ねるお店であるのですが、セクシーコスチュームのお姉さんが接客してくれるお店って評判ばかりが耳に入り、そんなキャバクラみたいな居酒屋で美味しい料理がいただけるわけないと勝手に思い込んでいたんですね
それがちょっとした縁がありまして、こちらのお店で会食をすることなり、初めての「はなこ」体験であります


L1040639-1.JPG
お店の前に着きますと、店内からは元気が良い発声が聞こえる朝礼の真っ只中
おー、意外と(失礼・・・)ちゃんとしてるじゃないの 何て思いながら17:00に入店
当然一番乗りでありますから他にお客さまはいらっしゃらないのですが、店内はこんな感じで明るく健康的
他に居酒屋チェーンよりも明るめで開放的な店内でありますね


L1040635-1.JPG
先ずお通しということで提供されたのが、この枝豆でありまして・・・
何とこの枝豆、お替り自由だって言うじゃないですか
ならばきっと冷凍の美味しくないモノに違いない なんて思ったのも大間違いでありまして、大粒の枝豆でありますし、何よりお豆の甘みがしっかりと感じられるのであります しかも、茹で塩の加減もバッチリだし・・・


L1040638-1.JPG
漁師味噌というお魚の解し身を混ぜ込んだお味噌でいただく新鮮野菜からいただきます
ちょっと塩味がきついお味噌ですからたくさん付けていただくことは出来ませんが、この独特なお味噌と、瑞々しい新鮮やお野菜との相性は良い感じですね
お味噌が香ばしく焼かれているトコロも美味しさであります

そして、北海道厳選素材を謳っているだけあって、かなり豪華なお刺身の盛り合わせであります
中でも、プリップリのボタン海老の存在感が際立ってますね
北海道らしく、厚みがあるホタテや、大粒のウニなども惜しむことなく盛り付けられているのが良いですね

北海道の名物のひとつ“あげいも”
ホックホクのじゃがいもを、ちょっと甘いドーナッツのような生地で包んで揚げたモノ
お料理としてももちろんのこと、もともとおやつとして食べられるものでしょうから、デザート感覚でいただくのも良いかも知れませんね

高級魚でもあるつぼ鯛の開き
それを程よい塩味で焼き上げてあるのですが、なんと言っても脂が乗ったとろけるような美味しさが魅力ですね
熱々の炊き立てご飯と一緒にいただきたくなる一品ですね


L1040660-1.JPG
〆にと勧められたのが“ウニボナーラ”なるモノ
おうどんをカルボナーラ風に仕上げたモノでありまして、女性に大人気だというのでいただくことにいたします
石焼の器にうどんが入れられ、そこにホワイトソースとウニを混ぜ込むというモノでありまして、接客の方が客席で仕上げてくれるのですが、そのときの会話もコチラの魅力の一つでありますね



聞くところによりますと、こちらのお店はフーターズの和風版を目指していらっしゃるとのこと
フーターズといえば、赤坂に開店した当時にはその接客のフレンドリーさに感動したものでありますが、最近はキャバクラ化してしまいましたね
コチラはそうならないように期待したいものであります
更に全く期待していなかった料理群なのですが、期待以上と言うより、その辺のチェーン居酒屋とは比較にならない美味しさに驚かれました
大して美味しくない料理をマニュアルに定められた定型のサービスで淡々とこなすお店が多い中、こちらのお店は料理も美味しいし、サービスもステキだし・・・
そのユニフォームの奇抜さから、勝手にお色気居酒屋だと思い込んでいた自分に反省であります
もっと早くこんなチャンスがあれば良かった。。。



【居酒屋 はなこ】
東京都渋谷区道玄坂1-6-2 渋谷ファイブビル2F
03-3476-0875

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京メトロ銀座線末広町駅:「牛かつ 壱弐参」    新橋の名店をリスペクトしてアキバに牛かつのお店がオープンしました

L1040623-a.JPG

お仕事仲間とランチをしながら情報交換を・・・
ってことで、秋葉原で待ちあせます
秋葉原の電気街口 久しぶりのこちら側へ出てみますと、駅前の広場にはAKB48Cafeってモノが出来ていたりと、ずいぶんと印象が異なりましたね



L1040619-1.JPG
駅から歩いて5分ほど
その間、たくさんのメイド姿のおねぇさんがチラシを配ってらっしゃいまして・・・
アキバらしさを見ることが出来ました

路面にある暖簾を潜りますと地下に降りる細い階段ありまして、そこを下りたところにお店があるのです
12:00開店ということで、ほぼその時間にお店へ着いたのでありますが既に満席の状態でありました
きっとこの方たちは開店前から並んでいたのでしょうね それほどしてまで食べたい牛かつとは・・・ 期待が高まりますね


L1040620-1.JPG
厨房を囲むように作られたカウンター席が中心のお店でありまして、手際良くカツを上げる姿を眺めながら食事をいただくことが出来ますね
メニューが潔く“牛かつ”だけ
それが大小とあって、それぞれにトロロが付くか否かの合わせて4種のみ
今日は何かの都合なのでしょうか、小さいサイズのモノは売切れであるとのことでした


L1040621-1.JPG
並んでいる間に注文を取られますので、席に着いた途端に料理が提供されると言うシステム
小さなお店ですから、出来るだけ待ち時間を無くしてお客さまに回転していただかなければ売上が作れないってことでありますね

高温の油でいっきに衣をカリッと揚げる
だから、お肉は見事なミディアムレアな状態に仕上がっていまして・・・
わさびを付けて醤油ダレでいただきますと、その風味が立って素晴しく美味しくいただくことが出来ますね
レアな状態でありますから、お肉はとっても柔らかく、カリッとした食感の衣とが見事な調和でもあります


“牛かつ”と言えば・・・
新橋駅前のニュー新橋ビルの地下にある「おか田」って名店がありまして、ココはそのお店を見事にリスペクトしていますね
ファイブグループって会社の子会社であるB級グルメ研究所って言う、渋谷にあるナポリタンのお店「パンチョ」などを経営している会社がやっているお店であるようですね



【牛かつ 壱弐参】
東京都千代田区外神田3-8-17 渡辺ビル B1F
TELは非公開

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

JR根岸線関内駅:「ファーストキッチン」    サクッとした食感が美味しい海老かつもバンズの風味に海老の香りが負けて・・・

L1040618-a.JPG

雨がしとしと水曜日
こんな雨の日にはテンションが下がっていまい、ランチに出かけるのも億劫になるのモノでありまして・・・



L1040605-1.JPG
行き先も決めずに伊勢佐木モールをテクテクと歩いていまして、ファーストキッチンの前を通りがかかりますと、得!セット500円の文字が目に飛び込んできます
先日のフレッシュネスバーガー同様、こちらのお店でも日替わりのバーガーをお値打ちに提供しているのですね
ファストフード店で最もニーズが高いのがランチタイムでありまして、その時間に更にたくさんのお客さまを集めましょうってことなのでありましょう
各社とも色んな努力をされているのですね


L1040617-1.JPG
そのバナーを眺めてみますと、水曜日の得!セットは海老かつサンドとあるではないですか
運良くワタシが大好きな海老かつがお得にいただけるとなれば、それをいただかない理由はどこにもありません 早速カウンターに並びます

この海老かつサンド
衣がカラッと揚がっていますから、お口に入れますとサクッという音がこぼれているのではと思うほどであります
プリッとした海老が入っていまして、これは美味しいかつなのですが・・・
美味しい商品を作ろうと、かつやビーフパティだけでなく、バンスの開発にも力を入れているのでありましょうが、それが仇になったとでも言いましょうか
バンズの味が強すぎることで、折角の海老の風味を消してしまっているんですよね
これはちょっと残念であります


L1040613-1.JPG
そしてコレ
パスタにもかなり力を入れているようで、その主力商品であろうモノが“本ずわい蟹と海老のトマトクリーム”
そのネーミングに惹かれそれも合わせていただくことにいたします

先ずソースだけを少々いただいて見ますと、海老の旨みを閉じ込めたアメリケーヌの風味が美味しいモノでありました
かなりの期待で、麺を絡めていただきますと・・・
全く麺に塩味がなくて、ソースとの絡みもよろしくありませんし、なんと言っても缶詰のもが使われているずわい蟹が水っぽくて、決して美味しいと言えるものではありませんね
ふた口三口と食べ進めますと、その味が乗らない麺に飽き飽きしてきまして・・・ 断念してしまいました



【First Kitchen】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-2-5 宇田川ビル
045-232-7876

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

東京メトロ丸の内線淡路町駅:「神田まつや」   老舗の香りを残しながらも大衆的なお蕎麦屋さんであります

L1040598-a.JPG

神田という町
古くから栄えているところでありますから、老舗と呼ばれるお店もたくさんあるところでありまして・・・
「やぶそば」さんでのお蕎麦を“もり”1枚に抑えて、2軒目のお蕎麦屋さんへと移動いたします



L1040596-1.JPG
「やぶそば」さんから歩いて2分ほど
大通りに面したところにあるのが「まつや」さんでありまして、創業は明治17年とのこと
「やぶそば」さんに遅れること4年でありますから、まぁその違いなんて誤差のようなものですね
ご近所同士でお互いに130年ほどの歴史を持つお店ですが、その方向性には主張を感じることが出来ますね


L1040597-1.JPG
歴史を感じる店構えではありますが、お客さまはご近所のサラリーマンが中心でありまして・・・
お昼時の忙しいときには相席も当たり前でありまして、敷居の高さを感じること無く利用することが出来るトコロでありますね
お店にはふたつの扉があるのですが、ソレが入口と出口に分けられた一方通行となっているところはユニークでしたね


L1040599-1.JPG
もりそばをいただきます
価格もリーズナブルでありますし、メニューの数も豊富で、そのボリュームもしっかりとしたモノでありまして・・・
おつゆもたっぷりと提供されますから、遠慮なくお蕎麦を浸けていただくことができますね
が、お蕎麦の香りを大切に食べていただきたいってコトからでしょうか? もりそばにはわさびが添えられていないんですね
ほんのちょっぴり、老舗のこだわりを感じちゃいました


L1040602-1.JPG
こちらのお店には丼ものも用意されていまして・・・
そんなところもサラリーマンの方々に支持されている要因のひとつなのでありましょう
蕎麦屋でいただく親子丼は自慢の美味しい出汁で作られるってこともあって、かなり期待が出来るものなんですよね
鶏肉は想像ほど入ってはいませんが変わりに椎茸なんかが入っていまして、その出汁も良く出ていますから美味しくいただくことが出来ましたし、たっぷりのおつゆがご飯に染みているところもうれしいですね


L1040604-1.JPG
親子丼に添えられたお吸い物
コレもなかなかしっかりとしたモノでありまして、添え物だからと手抜きされた感じはまったくありませんね
具として入れられている玉子豆腐がとってもお気に入りであります



老舗の風情を残しながらも、大衆に喜んでいただけるお蕎麦屋さん
ワタシは好きですよ


【神田まつや】
東京都千代田区神田須田町1-13
03-3251-1556

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





神田まつや
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京メトロ丸の内線淡路町駅:「やぶそば」    符丁が耳に心地良い風情溢れる老舗の蕎麦屋

L1040591-a.JPG

お仕事の仲間と一緒にランチをいたします
その目的地へ向かうために東京駅での乗り換えようとしたところ、昨日完全オープンした東京駅を見ようって人で溢れていまして・・・
いつも以上の混みようでしたね


L1040594-1.JPG
御茶ノ水駅と神田駅、そして淡路町の駅に囲まれた真ん中辺りにある「かんだやぶそば」さん
近代的なビルに囲まれた中にひっそりと佇む一軒家でありまして、門塀に囲まれた姿はテレビの時代劇にでも出てくるような武家屋敷のようであります
そんな門を潜りますと、とっても美しく情緒を感じる庭園がありまして・・・
店内からもその庭園を眺めることもでき、時が止まったようなひと時を過ごすことができますね


L1040593-1.JPG
かなり人気高いお店でありまして、開店時間ともなりますと、続々とお客さまがお越しになって80席ほどの店内はあっという間に満席になってしまいましたね
そんなお客さまを見ておりますと、老舗の話題店ってことで遠くからわざわざってお客さまだけでなく、地元のお客さまからもしっかりと支持されているようであります
この辺りは古い町でありますから、お昼の時間を気にすることを必要としない旦那衆も多くいらっしゃるようですね


L1040592-1.JPG
いただきましたのは“せいろうそば”
“せいろ”としてもりそばの別名ともなっているモノで、その語源は古くは、切りを湯通ししないで「せいろ」で蒸して出す“蒸しそば切り”だとのことであります

そのお蕎麦は、とっても濃い、辛目の出汁でいただくものでありまして、手繰ったお蕎麦の半分ほどをおつゆに浸けて一気に啜っていただきます
この粋な姿はまるで落語のようでありますね


食事の間中、耳に聞こえて来るのはスタッフが奏でる“符丁”でありまして、コレが何とも心地良いコト
そんな風情が老舗ならでは・・・ ってことでありますね



【かんだやぶそば】
東京都千代田区神田淡路町2-10
03-3251-0287

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





かんだやぶそば
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「フレッシュネスバーガー」    グルメバーガーとは言わないが美味しいバーガーをいただけるカフェって感じが好き

L1040573-a.JPG

だんだんと秋の風になってきましたが、まだまだ日中の陽射しは強くて・・・
特に今日は台風一過ということもあってか、その陽射しは眩しいほどでありました
そして今日は10月1日ということで、今年も残すところ3ヶ月
年が過ぎるのは早いものです



L1040570-1.JPG
仕事に出掛ける前のお昼をフレッシュネスバーガーに行きます
それほどお店の数が多いとはいえないチェーンではありますが、我が家の近所には2軒ものお店がありまして・・・
そのどちらもお気に入りなのではありますが、お店の雰囲気としましてはコチラの方が好きなんですよね
トータル的なイメージはそれほど違わないのですが、テーブルの配置って面で、コチラの方が落ち着くんですよ


L1040586-1.JPG
ココはハンバーガーショップと言うよりは、ハンバーガーカフェって言う感じでお気に入り
何と言っても店内で食事をしていて落ち着くところが良いんですよね
他のバーガーチェーンと比べるとちょっとお値段はお高目ではあるのですが、この雰囲気でお食事させていただくのですから致し方ないってトコロでありましょう
従ってこちらに来られるお客さまは、素早く気軽に食事をするためということではなく、ココでゆっくりとおしゃべりや読書をしましょうって人が多いようで、今日も女性のお客さまが中心でしたね


L1040578-1.JPG
バーガーは日によって異なるようですが、ランチセットというお得な商品がありまして・・・
今日は“サルサバーガー”とのことであります
こちらのお店ではクラッシックバーガーをいただくことが多いのですが、それにドリンクなどをつけますと1,000円ほどになってしまうところが、このセットだと640円でいただけるというので迷うことなくソレに決定

アメリカからの輸入チェーンであるマクドナルドやバーガーキングなどのは、ギシッとお肉を噛みしめるパティであるのに対して、モスバーガーやこちらのような国内発のチェーンはふっくらとしたジューシーなパティなんですよね
柔らかいってことやジューシーであることを好む、日本人にあわせパティってことなのでしょうね
まぁ、そのどちらを好むかは個人の問題として、それぞれに美味しさはありますからね

ポテトは皮付きのふっくらホクホクタイプ
塩の加減もバッチリで、とってもおいしくいただくことが出来ました



【FRESHNESS BURGER】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-104
045-250-5272

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。