2012年06月30日

JR香椎線酒殿駅:「資さんうどん」     ラーメンに並ぶ福岡の名物“うどん” ごぼう天とおでんをお供に・・・

L1030183-a.JPG

福岡と言えばとんこつラーメン 
そんなイメージが強いのですが、福岡には“うどん”と言う文化もありまして、福岡ではうどん派とラーメン派に分かれているようで、ラーメン店に負けないくらいのうどん屋さんがあるのです
日本のうどんの歴史は中国から福岡へ伝わったことから広まったのだと聞けば納得ですね



L1030179-1.JPG
資さんうどん
北九州を拠点に県内に多く支店を構えるうどん店であります
福岡うどんの特徴と言えば、コシよりもアシが強いこと
讃岐で言うような力強いコシは無いのだけど、その分、アシとも呼ばれる滑らかさが味わえます
粉の味を楽しむようの顎を使って食べるな麺ではなくて、ツルツルっと滑らかさを楽しみながらのど越しを楽しむモノなのです


L1030186-1.JPG
そして、そのトッピングとして地元で愛されているのが“ごぼう天”
100mmほどの長さにきった牛蒡を、食べやすく立てに十字に切り、それを下茹ですることもなく衣を付けて揚げたものでありまして、その強い繊維の食感を楽しむモノであります

こんな美味しいものが・・ と思うのですが、九州以外の地域ではあまり見かけることがなくて・・・
コレって勿体無いことだと思っちゃいます


L1030188-1.JPG
そしてコレ
“とろろ”と呼ばている、昆布を薄く削ったモノであります
正しくは“とろろ昆布”と言うべきなのでしょうが、福岡で“とろろ”と言えばコレなのです
もちろん、山芋を下ろしたものも“とろろ”なのですが、そのシチュエーションで“とろろ”と言えば、キチンと通じてしまうんですよ
うどんに“とろろ”
コレも福岡うどんの定番ですね


L1030182-1.JPG
そして更に・・・
福岡のうどん屋さんに付き物なのが“おでん”であります
コンビニでも夏場にはレジ前から消えてしまう“おでん”なのでありますが、こちらでは年中売られていますね
気が短い福岡人
うどんが茹で上がるまでの時間を待つことが出来ないのでしょうか 多くのお客さまがこのおでんをつまみながら、うどんが提供されるのを待つのです


L1030192-1.JPG
このおでんはセルフスタイルでありまして、自分の好みのモノを鍋から選んでいただきます
九州のおでんと言えば“スジ”
アキレスと呼ばれるところをじっくりの煮込んでありまして・・・ そのトロトロが堪らないですね
そして天ぷら
丸天に代表される、練り物の天ぷら
鹿児島のさつま揚げが有名でありますが、九州全域でいただくことが出来るこの天ぷらも外せない一品ですね



【資さんうどん】
福岡県糟屋郡志免町大字南里24-5
092-410-7784

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





posted by koutagawa at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

JR鹿児島本線博多駅:「椒房庵」   自社製の明太子とおくどで炊き上げるごはんがごちそう

L1030129-a.JPG

福岡へやって来ます
バードストライクって言う珍しいトラブルにあいまして、到着は少々遅れはしましたが大勢に影響なし!
ココ数日の南九州の大雨の影響も心配しましたが、今日の福岡は曇り 雨の心配も不要のようですね

まずは、博多駅に新しく出来た商業施設にある、日本最大?っていうレストランフロアの視察へ伺う事にいたします



L1030115-1.JPG
久しぶりの福岡でありますから、美味しい博多料理をいただきたくって・・・

こちらは、100年以上の歴史を持つ醤油蔵が、たらこ本来の味を大切に作ったという自慢の“明太子”とおくどで炊き上げるごはんを主力に、そのごはんに合う料理を提供するお店であります

お店に着いたのは13:30を回っていたかと思いますが、まだ行列が・・・
他のお店はそれほどでもないのに、こちらだけ
平日のこんな時間だからってこともあるのでしょうが、並んでいるのはほぼ100%女性客でありました


L1030123-1.JPG
玉子焼き定食
大きな玉子焼きに、サラダと小鉢、それに高菜漬けと自社製の明太子
一緒に博多名物である“がめ煮”をいただきたかったのですが、お昼の時間には用意がないとのコト 残念でありますが諦めるしかないですね

この玉子焼き
注文が入ってから一つひとつ丁寧に作っていますので、熱々でありますし出汁もたっぷり
それに、伝統の醤油を垂らしたおろし醤油を乗っけて・・・

おくどで炊き上げた銀シャリに、高菜漬けと明太子
美味しいご飯とは、それに合うお供だけで、ご馳走になるんですね  お替りが出来るってことでしたので、しっかりお言葉に甘えちゃいました


L1030118-1.JPG
厨房の前にカウンター席がありまして、目の前にはおくどが・・・ そして、玉子焼きを丁寧に焼いている姿も演出ですね
キチンと磨き上げられた白木のカウンターからは清潔感を感じることが出来ますし、サービスを担当するスタッフの笑顔もステキだし
なかなか良いお店でありました 行列が出来るのも納得でありますね




【ごはん家 椒房庵(しょうぼうあん)】
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F
092-409-6611

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

京浜急行本線日ノ出町駅:「清香楼」    薄く叩いた豚肉をカレー風味でカリッと・・・ このボリュームが魅力です

L1030112-a.JPG

何を食べようかと・・・
いつものコトながら、この悩みは尽きないものです
明日から3日間、福岡へ行きますから、きっとチャンポンやうどん、そして博多ラーメンと麺類の日が続くでしょうから、今日はそれ以外のモノで・・・


L1030107-1.JPG
「清香楼」
伊勢佐木町を終身に4店舗を構える中華料理のお店でありまして、お手軽な価格でお腹一杯に中華料理を食べていただこうってのがこちらのコンセプト
ですから、ほとんどの商品が1000円前後であるとともに、そのボリュームがしっかりしているのであります


L1030111-1.JPG
海老チャーハン、高菜チャーハンなど、いくつかの商品があるのですが、そんな中で目を惹くのがコレ “パイコーチャーハン”をいただくことにいたします

わかりますかねぇ このボリューム
たぶん他所のお店のモノと比べますと、1.5倍いや2倍くらいはあるかもしれませんね
そんな大盛りチャーハンに乗っているパイコー それは、一枚のお肉を叩いて薄く延ばしてあって、それにカレー風味の衣を着せて高温で揚げてあるモノ
カリッとした食感を楽しむことが出来ますし、カレーの風味が食欲を増してくれますので、大盛りのチャーハンだって意外と食べられちゃうんですよ


L1030108-1.JPG
チャーハンだけじゃちょっと味気ないだろうってことで、“玉子とニラの炒め物”
フワッとした玉子でニラを包むように炒められていますね ほんのりと醤油の風味がしてコレまた良い感じなんですよ



決して特別に美味しい料理ではないのだけど、そのボリュームとお手軽な価格で人気があるお店でありまして、いつも多くのお客さまで賑わっているんですよね
時には満席では入れないことさえも・・・
横浜の大衆中華を代表するお店でありますね



【清香楼】
神奈川県横浜市中区福富町仲通4-5
045-261-2999

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「福久」     見事なぎんだらと銀シャリ 美味しい和食がいただけます

L1030104-a.JPG

気がつけば、ココのところ麺類ばかりを食べているような・・・
それで、今日は和食ランとをいただきましょうと、お気に入りの和食店へ
関内の街の中にありながらも比較的人通りが少ないところにあるのですが、ご婦人方はちゃんとこちらの存在を知っているようで、いつも数組のご婦人グループが会食を楽しまれています
人通りが少ないことが逆に、落ち着いて食事を楽しむ場を作り上げているようでもあります


L1030102-1.JPG
「福久」
まだいただいたことはないのですが、ここは鰻も評判が良いお店でありまして、今日はちょっと奮発して、ソレをいただこうかと思ってみたのですが・・・
うな重4100円 うーん 鰻が高騰しているとは言え、このお値段はちょっと・・・
そういう人たちのためにか小さめのモノも用意されていたのですが、コレでは鰻を食べたいって気持ちは満たされないであろうほどに可愛いもの
やっぱり今年は鰻は諦めるしかないですかね


L1030104-a.JPG
で、ランチのメニューから“ぎんだら定食”
寿司ネタのように身が薄くスライスされていることに多少の不満があるものの、その味付けは抜群でありまして、アツアツのご飯と一緒にとっても美味しくいただくことが出来ました

添えられています“炊き合わせ”も見事なものでありましたし、ご飯の炊き上がりも素晴らしいものでありまして、ツヤツヤとした姿は正に銀シャリとの言葉が相応しいモノ
さすが老舗の暖簾を背負う和食店として、その名に恥じないお店であることを感じさせていただけます


夜は接待などでの利用が多い高級割烹でありますが、お昼の時間ですと比較的リーズナブルなお値段で利用できますから、とってもお得であります
美味しい和食がいただきたくなったら、ちょっとした集まりでの会食の予定が入ったら・・・
先ず候補に挙げたいお店の一軒ですね



【割烹 福久(ふくきゅう)】
神奈川県横浜市中区南仲通4-49
045-201-2636

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

JR飯田線豊川駅:「星乃珈琲店」     厚さ30mm以上の分厚いパンケーキはフワッ!サクッ!

L1030096-a.JPG

7月末〜8月上旬の予定で開店の準備が進んでいるクライアントさまの新店舗
今日はそのお店の工程会議ってことでしたので、しばらくの間、同席させていただきました
運良く涼しい日でありましたので助かりましたが、これがギラギラと陽射しが射す日だったら・・・ と思うとゾッとします
しかしそんな現場で一生懸命に作業してくださる方がいるから、お店が出来上がるのでありまして・・・
1軒のお店が出来るまでには、多くの方の協力があるってことを再認識する日でありました



L1030100-1.JPG
その後、コーヒーでも飲みながら打ち合わせをしましょうってことで星乃珈琲店へ

スターバックスを代表とするシアトル系のコーヒーショップが乱立する中、ジワジワと店数を増やしているのが、椿珈琲店や上島珈琲店などのドリップスタイルの珈琲を提供する喫茶店でありまして・・・
シアトル系の珈琲に飽きた人、ゆっくりとした空間で香り高いドリップスタイルの珈琲が飲みたい人と2極化してきているようにも思えますね
そしてこのお店、同社が展開していた「ハンバーグ&ステーキ俵屋」を、ドンドンと業態転換しての出店であるところが多いところをみますと、俵屋は上手くいってなかったのでしょうかね?


L1030095-1.JPG
こちらのお店の名物はコレ!(画像はダブルでありますが…)
スフレパンケーキと呼ばれるものでありまして、1枚でも厚さが30mmほどありますので、かなりインパクトがある商品であります
スフレの名の如く、フワッ、サクッとしていますから、見た目ほどの重たさはなく、ダブルでもすんなりといただいちゃうことが出来ますね

実はこの商品、鎌倉駅前にある昭和23年創業という「イワタコーヒー店」ってところが大昔から販売している名物商品でありまして、そこのモノをリスペクトしたってコトでしょうが中々良く出来ていますね
もちろん、イワタコーヒーのソレのほうが美味しいようには思いますが・・・


L1030097-1.JPG
そしてこちらはスフレ皿で焼き上げられたものでありまして、コレはこちらのオリジナルであるようですね
よりフワフワ感がありますし、バニラの風味が効いていまして、これも中々のモノでありました

コメダ珈琲店であれば“シロノワール”というように、喫茶店でも看板となる商品がお客さまを集めるってことなのでしょうね
時間に余裕があるミドルシニア世代だけでなく、若い世代を取り込むための様々な努力ってことでもあるでしょう
ちょっとこれから、喫茶店の競争が見られるかも・・・ そんな気がいたします



【星乃珈琲店】
愛知県豊川市東名町2-99-1
0533-89-2533

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

名鉄名古屋本線新木曽川駅:「プーリア」    薪釜で焼き上げるローマピッツァと工房での手作りドルチェ

L1030072-a.JPG

夜に会合の予定があって岐阜への出張
ならば、ちょっと寄ってみたいお店がありまして、早めの新幹線のチケットを取ります
この新幹線がかなりの乗車率でありまして、なんと3名掛けの真ん中しか空いてないとのコト グリーンにしようか、次の新幹線にしようか・・・ ちょっと悩みましたが、この事態を諦め真ん中の席で名古屋まで
名古屋で在来線に乗り換え木曽川へ



L1030057-1.JPG
駅からは車で5分強のところに、白く浮かび上がる壁面ととんがりお屋根
それは正にイタリア南部の都市アルベロベッロにある、世界遺産トゥルッリそのものであります
初めてのイタリア旅行とき、とっても長時間のバス旅行でありましたが、バーリやアルベロベッロへ行ったんですよ
で、楽しかった旅行のことを思い出しちゃいました


L1030062-1.JPG
店内はとっても明るくて開放的
そこに、若い奥様方が集っていまして、その姿は、ちょっといつもより念入りに化粧をして、いつもよりちょっとだけオシャレな洋服を着て…
ドレスコードなんて堅苦しいのも困りますが、レストランってこうあるべきトコロなんだよな なんて思います


L1030064-1.JPG
先ずは前菜とスープ
こう行った脇役の商品にまで、全てが手作りであり、手間隙をキチンと掛けたお店
お客さまの姿勢にキチンと応える、お店の姿勢も立派であります

そしてピッツァは、薪釜で焼かれる本格的なローマピッツァであります
最近はナポリピッツァを提供するお店が多いのですが、こちらでは昔からこのスタイルでありまして、生地の配合から熟成まで、しっかりとこだわりを持っていることが伝わってくるモノであります

サクッとした食感とモッチリとした食感
そしてマルゲリータではたっぷりのモッツァレラをいただくことが出来ます


L1030071-1.JPG
そしてパスタ
久しぶりにお邪魔いたしましたので、あれこれといただくことにいたします
季節の商品である冷製のパスタは、たっぷりのサーモンとイクラ、それにホタテまでもが…
シャキッとした水菜も良い感じにまとまっています

シンプルだからこそ、その技量が問われるとされるペペロンチーノ
しっかりとニンニクの風味が出ていますし、唐辛子の辛味もしっかりと効いている
そして、最も難しいのが塩味なのですが… コレも見事でありました

他に大人気のカルボナーラや、自家製の生麺を使ったアラビアータなど、もうお腹がはち切れそうなほどに、美味しいパスタをいただいちゃいました


L1030078-1.JPG
〆のドルチェ
これまた、お店に併設されている工房で作られたモノ
甘みは控えめで、しっとりとしていて… 
フリードリンクでコーヒーをいただきながら過ごす食後のひと時  周りの奥様方も楽しそうな笑顔で、楽しそうな会話に花を咲かせてます


何年か振りにお邪魔したお店でありますが、変わらぬ美味しさに大満足
重たいお腹を抱えて、会合へと向かいます
また機会がありましたら、是非ともお伺いしたいお店であります



【Puglia】
愛知県一宮市木曽川町黒田一ノ通り51-2
0586-84-2588

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





Puglia
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

JR東海道線横浜駅:「アジオ」    美味しい豚肉を使った薪釜焼のポークロースでランチ

L1030050-a.JPG

友人からランチの誘い
日曜日にお誘いは無いだろうと油断をしていたところに電話が入り、15分後に待ち合わせようとのこと
さすがにそれには間に合わうはずもなく、30分ほど時間をいただきルミネの有隣堂で待ち合わせることにいたします



L1030054-1.JPG
「AGIO」ってイタリアンレストラン
なんと銀座の老舗フレンチである三笠会館がやっているんだそうですね
伊勢丹・高島屋といった有名百貨店に出店しているようなのですが、実はワタシ、こちらにお邪魔するのは初めてのことなんです
あの、三笠会館の運営なら・・・  ちょっと期待が高まっちゃいますね



L1030041-1.JPG
まだお昼前って時間ではありますが、お店はかなり賑わっていまして、数組のお客さまが案内を待っています
イタリアンと言う業態、ココ最近ちょっと下火になったと言いますか、繁盛店を見る機会が減ってきているように思えるのですが、ココは違うようですね
それだけレベルが高いと言うことなのでしょうか?  ますます期待が高まるワタシであります


L1030048-1.JPG
定番とも言えるパスタランチやピッツァランチの他に用意されているのが、ハンバーグや白身魚のフリット、それに鶏肉や豚肉のグリルなどの料理もお手頃な価格で用意されています

ココ数日、麺モノばかり食べていましたので、“やまと豚の薪釜焼”のランチをいただくことにいたします
このメニューでは、スープかアンティパストのどちらかをチョイスすることが出来るとのことなので、迷うこと無くアンティパストを選んでみたのですが・・・
なんと、蒸し鶏の黒酢ソース、ラタトゥーユ、鰊のマリネ、海老とアボガドの和え物にキノコのマリネといった、5種ものアンティパストの盛合わせがやって来ました
こらは価値観高いですね 
もちろん見た目だけでなく、美味しいものばかりでした


L1030050-1.JPG
“やまと豚の薪釜焼”
ピッツァを焼き上げる薪釜で焼き上げている豚ロース
この豚がとっても良いものでありまして・・・  身の繊維が細かいモノですから、しっとりとした食感を楽しむことが出来ますね
表面はカリッと焼きあがっているのに、身はしっとりとジューシー
お肉をフォークの背で押さえますと、肉汁が滲んできましたよ

それに、キッチリと塩が振ってありまして、その塩味がバッチリ決まっています
さすが三笠会館と言うところでしょうか?
ハーブの香りも活きていまして、とっても美味しく仕上がってました


L1030052-1.JPG
コレは相方がいただいたピッツァ
ハーフ&ハーフにすることも出来ると言うので、マルゲリータとツナコーン
生地はしっかりとした強力粉の配合が多いタイプですから、お腹を満たすには適してモノであります
残念ながら、コレは感動するほどに美味しいものとは言いがたいものでありまして、またコレをいただくためにワザワザと言うことにはなりそうにありませんね
昔はコレでも十分に美味しいと思うものだったのでしょうが、最近ですと、もっと美味しい専門店が増えてきましたので・・・


L1030046-1.JPG
最も残念なのはサービスでありまして・・・
このパンもお替りがいただけるという割にはそれをお勧めすることもありませんし、他のことでもでファミレスレベルのマニュアル的なものでありますし・・・
これからの飲食店での差別化にはサービスが占める割合は大きいようですね



【AGIO】
神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜店 7F
045-461-6500

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





マーケットレストラン AGIO ルミネ横浜店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅:「ザ・ホフブロウ」    古き横浜を感じる店内でいただく、懐かしい洋食料理

L1030037-a.JPG

不在中に届いた郵便物を受け取るために郵便局へと出掛けます
折角ココまで来たのだから・・・ 
と大盛りのカツカレーでもいただきましょうかと産業貿易センターへと伺ったのですが、残念ながら今日のカレーは売り切れましたとの張り紙
平日は混んでいて、ゆっくりと食事をすることが出来ませんので、土曜日である今日は狙い目だと思ったのですが・・・ 縁が無かったのでしょうね



L1030028-1.JPG
で「ホフブロウ」
ずいぶん前にお邪魔して以来、ご無沙汰でありましたので・・・
創業1951年という、横浜を代表する洋食屋さんでありまして、古き横浜の雰囲気を感じることが出来ます
こちらのお店で提供される商品は気取ること無く、普段使いできるモノが揃えられていますから、このようにふらっと訪ねるにも適したお店であったりするんですよ


L1030030-1.JPG
横浜デートでありましょうか? 横浜本を持ったカップルがランチを楽しんでいたり、どこかでの会合が終わったのでしょうか? 着物姿のご婦人グループがビールを傾けていたり・・・
それぞれの目的で楽しく使うことが出来るレストラン  ステキなお店であります

こちらにはいくつかの魅力的な商品がありまして・・・
そのひとつはジャーマンポテト
ボイルされたジャガイモをスライスして、ベーコンと一緒に炒められたモノで、ワタシの好物のひとつ
コレをいただけるお店って意外と少ないので、是非ココでいただいてみたいのですが、いつもひとりなもので・・・


L1030033-1.JPG
今日もそのジャーマンポテトは諦め“スパピザ”をいただきます
コレも、お店のお勧め料理のひとつでありまして、喫茶店が全盛の頃には、多くのお店でいただくことが出来た、昔懐かしい商品ですね

鉄板にスパゲッティミートソースが敷かれ、それにピザトーストの具のような、ピーマンやマッシュルームとたっぷりのチーズを乗せて、オープンで焼き上げられたモノでありますから、とっても熱々 火傷しないように気を付けながらいただきましょう
熱々のミートソースも美味しいのですが、最も美味しいのは鉄板で焦げた部分のチーズでありまして、カリッとした食感とチーズの塩分 これはツマミにも最高なのでしょうね



他にもカツレツやハヤシライスといった商品が揃っていますから、チョコとチョコとお邪魔しながら順番にいただくことにいたしましょう
美味しい料理と気軽な雰囲気 良いレストランであります



【THE HOF BRAU】
神奈川県横浜市中区山下町25-1 上田ビル1F
045-662-1106

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「ふくろう」    立ち食いであることがビックリするくらいに美味しいおそば

L1030024-a.JPG

伊勢佐木町、オデオンの近くに出来た、立ち食いのおそば屋さん
行こう行こうと思いながらも今日になってしまいました
同じ交差点のはす向かいには、ふた月ほど前に開店したばかりの立ち食いうどん屋やさんがありますから、ちょっとした競合地になってしまいましたね



L1030021-1.JPG
「天ぷらそば ふくろう」
一軒ほどの間口を潜りますと、その両脇に立ち食いのスタンドがあり、一番奥に厨房であります
それほど広くないお店でありますから、10人ほど入りますと一杯ってトコロでしょうか
とは言え、立ち食いでありますから、長居するお客さまも少ないでしょうから、たとえ一杯であってもそれほど待たされることは無いでしょう


L1030022-1.JPG
お店に入ったすぐの左手にある券売機で食券を買い、それを奥の厨房へもって行き注文をいたします
そこには揚げ置きの天ぷらが用意されてはいますが、そこには「非常にお急ぎで、揚げ置きでもいいお客様だけお申し付けください」との張り紙が・・・
ですから、あえてそれを頼まない限り、注文毎に揚げていただけるようですね


L1030023-1.JPG
お店のテントに、“にしんそば”と“鴨そば”と書かれていましたので、それにはかなりの自信があるのだろうと、“鴨そば”をいただくことにいたします

提供されましたときには、まだほんのりとピンク色を残した鴨肉のスライスが乗っています
ほどなく熱々のお汁で火が入っていくのですが、ギッシリと締まって固くなることがありません 柔らかい鴨肉をいただくためのこだわりなのでしょう

そして、おそば
コレがしっかりとコシがあるモノで、その辺の立ち食いではいただくことが出来るものとは異なります
次は絶対に“もり”でいただき、その食感を楽しむことにいたしましょう

おつゆ
鴨の煮汁だったりするのでしょうか その出汁から感じる甘みがとっても良いんですよ
返しにこだわるとの張り紙もありましたので、その甘みの奥深さだったりもするんでしょうね


L1030025-1.JPG
そして、一緒にいただたのは炊き込みご飯
おそばのファストフードでありましょうから、天丼と言ったようなご飯モノは用意されていません
天ぷらにも自信があるようですから、ちょっと残念であるような気もいたしますが・・・



コレだけのおそば、立派な暖簾をかけたところのモノより美味しいかもしれません
次は絶対に“もり”と“天ぷら”をいただくことにいたしましょう
きっと、ココに出来てくれてよかったと思わせていただける存在になるのではないでしょうか
ちょっとうれしいお店のオープンでした



【天ぷらそば ふくろう】
神奈川県横浜市中区長者町7-112
TEL:非公開

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

JR東海道線横浜駅:「匠 Jang」    お昼どきには行列が出来る担々麺と麻婆豆腐の専門店

L1030008-a.JPG

移動途中の横浜駅でランチをいただくことにします
横浜駅には西口、東口とそれぞれに地下街がありまして、そのどちらにも担々麺の専門店があるのです
そして、両店ともが繁盛店でありますから、担々麺の人気を察することが出来ますね


L1030011-1.JPG
地下街の飲食ゾーン
豚骨ラーメンの一風堂さんが行列を作っているのに対し、ガラガラのお店もあったりして・・・
こちらの中でも、勝ち組と負け組みがハッキリとしているようですね
こういう光景を見ていますと、ホントにお客さまはシビアに、価値があるお店を探しているんだなぁ なんて感じることが出来ます

その一風堂の近くで、いつも席待ちを作っているのがコチラ
中華街にある「菜香」ってお店がやってる、麻婆豆腐と担々麺の専門店であります
数ある中華料理の商品の中から、このロケーションで戦える商品に絞り込んでの出店、ウリが明確であることと、お店側としても効率が良いこと 良く考えられています


L1030007-1.JPG
客席のレイアウトも理に適ったものでありまして、この大テーブルがひとり客をドンドン飲み込んでいきますね
その回りには2名席や4名席も配置されていて、とても効率が良いように思えます
担々麺という商品からか、女性のおひとり様の利用も目立ちまして、このロケーションにピッタリのコンセプトでもありますね


L1030009-1.JPG
白胡麻を使った担々麺と麻辣の担々麺の2本柱 それらに色んな具材をトッピングをする楽しみを提案していますから、飽きることなくリピートすることも出来そうですね
で、麻辣担々麺をいただこうとも思ったのですが、今日はとっても湿度が高い日でありますから、そんな辛いものをいただいてしまいますと汗だくになりそうな危険予測をいたしまして・・・

“坦坦冷麺”
冷たいスープでいただく担々麺であります
芝麻醤のドロッと感を無くしたモノでありまして、スッキリと、飲み口を良く仕上がってはいるのですが・・・
芝麻のコクが全く感じられず、ボケボケの味であったことがとっても残念です
お好みで酢を加えて召し上がってください とのことですが、これは酢を加えないと味気なくて味気なくて・・・


L1030010-1.JPG
折角だからと、もう一つの商品である“麻婆豆腐”をミニサイズでいただくことにいたします
こういったミニサイズの商品があるってことはとってもうれしいですね

絹ごしの豆腐が使われていますから、そのトロンとした滑らかな食感を楽しむことが出来ます
辛い料理をウリにしているとすれば四川風の山椒が効いた麻婆豆腐が出てくるのだと思いきや、ココのは違いましたね
トウチの甘みが効いた、どちらかと言えば家庭料理っぽい麻婆豆腐でありまして、絹ごしの豆腐と相性が良いモノでありました

個人的な意見ではありますが・・・
山椒が効いた四川風のものには木綿豆腐、こういった優しいトウチの甘みがあるモノには絹ごしと言った組み合わせが好きなんですよ



なかなか魅力的なお店であるのですが、ちょっとサービスに難があるようでして・・・
お客さまに対する気配りがないんですよね ココ
大きなグラスでお冷を提供していることで安心しているのかお冷のサービスはほとんどありませんし、注文だって、「お決まりのころ伺います」なんて言いながら、呼ぶまで来ないし・・・
折角ステキなコンセプトなのでありますから、もうちょっと頑張って欲しいですね



【麻婆・担担麺 匠 Jang】
神奈川県横浜市西区高島2-16 横浜駅東口地下街ポルタ
045-440-0141

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





麻婆担担麺 匠
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:2.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「炭焼ステーキくに」   恒例の「美味しいステーキを楽しく食べる夕べ」

L1020999-a.JPG

クライアントさんのメニューを変更することになり、今日は終日写真撮影
カメラマンさんは宮内庁の写真を撮ったりしている有名な方なのですが、とっても気さくな方であり、その撮影時の面白話などをしていただき、和んだ雰囲気の中、撮影を終えることが出来ました



L1020971-1.JPG
その後、恒例の「美味しいステーキを楽しく食べる夕べ」へ参加いたします
毎月第3水曜日に行われるこの会 参加を重ねるたびに参加者との親睦が深まり、益々楽しさを増していくんですよね
ホント、会のタイトルの通り、美味しいステーキを楽しく食べる夕べなのであります


L1020982-1.JPG
美味しい料理が次々と提供していただけるのでありますが、今月は、先月の料理をちょっとリメイクしたモノでありましたね
毎月のことでありますから大変なのは良くわかりますが・・・

バケットにチーズとアンチョビを乗せたモノ これ、なかなか美味しいですね
シンプルながら、ワタシは好きな味であります
そして、サラダに添えられた“イチジク”
久しぶりにイチジクをいただき、懐かしい感じがいたしました


L1030001-1.JPG
そして、メインのステーキ
いつもように、米沢牛と鳴尾ビーフのコラボであります

美しいサシが入った米沢牛のリブロース
これはその甘みと柔らかさが、堪らなく美味しいですね  あー、贅沢をしたって実感することが出来ます
そして、鳴尾ビーフのサーロイン
こちらでは赤身の旨みを堪能することが出来ます

そこで思うこと
サシが入った高級肉ばかりが美味しいとされる昨今
これは何か違うのでは? と違和感を感じています  もちろん、それが美味しくないと言うつもりは無いのですが、赤身をもっと美味しくいただくことを考えてもよ良いのではないでしょうか?
手頃なお値段で、美味しい牛肉をいただくメニュー提案していきたいと思います


L1020992-1.JPG
これまたいつもの「水季可奈」ちゃん
彼女とも回を重ねるに連れ、仲良くなっていく感がして・・・ ワタシの一方通行かも知れませんが
いつか彼女と仕事が出来れば・・・ 


L1030006-1.JPG
ライブのあと、美味しいデザートで、皆さんと歓談
可奈ちゃんもテーブルを回りながら、コミュニケーションをとってくれて・・・
本当に楽しい会であります


【炭焼ステーキくに】
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル1F
03-3519-5529

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

JR根岸線関内駅:「野毛おでん」   大きな真子を抱いた子持ちカレイの煮付けでランチ

L1020957-a.JPG

昨日に引き続き、お魚ランチの気分
今日こそは煮魚を・・・ と、思いつくお店を数軒、歩き回ります
かき揚げ天丼で有名なお店や、鰻で有名なお店 ひょっとしたら、そんなお店にもあるのではないかと思ったのだけど・・・


L1020953-1.JPG
と辿り着いたのが、おでんで有名な「野毛おでん」
店頭の看板を見ますと、お目当ての煮魚があるではないですか それも子持ちカレイ 真子のプチプチ感が子供の頃から好きだったんです
となれば、迷うこと無くこちらへ決定  早速、暖簾を潜らせていただきましょう


L1020955-1.JPG
古くからあるお店なのですが、店内はキレイに清掃されていますし、キチンと整えられてもいますから、とても清潔感があります
スタッフは年配の方々ですが、テキパキと動いていらっしゃいまして、これまたとっても感じが良いですね


L1020959-1.JPG
カレイの身よりも真子が大半をしめている子持ちカレイ
ワタシとしては、コレのほうがありがたいことであったのですが、ご飯のおかずとしてはちょっとももの足りない感じが些か・・・
とは言え、大好きなモノがたっぷりとあるってことはコトですね


L1020962-1.JPG
注文した後、ココはおでん屋でありますから、そのおでんも頼むべきだったかなとも思ったのですが・・・
そんな思いのお客さまが多いのでありましょうか ちゃんとおでんも添えられて提供されました
真っ黒なおでん コレがここのおでんでありまして、見た目ほどしょっぱくないのがちょっと不思議だったりするんですよね
多くのお客さまはコレをツマミに1杯やっているのでしょうが、コレが意外とごはんのおかずとしても美味しいんですよね
シジミの出汁が効いた味噌汁とこのおでんのおかけで、ごはんを最後まで美味しくいただくことが出来ました


キチンとお店で調理した料理が提供されるお店
手間隙がかかってでも、美味しいものを提供しようとする姿勢が永年に亘ってお客さまに支持されることなのでありましょう



【野毛おでん】
神奈川県横浜市中区吉田町2-6
045-251-3234

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「亀田」    佐島で揚がった美味しいお魚をお手軽価格でいただくランチ

L1020951-a.JPG

お魚ランチが食べたくって・・・
ここのところお魚が食べたくなるとお寿司と言う選択にはしることが多かったので、今日は煮魚か焼き魚をいただくことにしようと思うのだけど・・・  なかなかそういったお店が無いんですよねぇ
Googleさんに聞いてみても的を得た答えは出してくれないし・・・


L1020948-1.JPG
佐島で揚がる美味しいお魚を提供してくれるお店で、お刺身がとっても新鮮かつお値打ちってことで評判のトコロ
ココに来れば何か思いに適うものがあるのでは・・・ と期待をしてやって来たのでありますが、残念ながら煮魚は「さば味噌」だけでありましたし、焼魚はありませんでしたね


L1020950-1.JPG
とは言えお刺身って気分でもなく、困っていたところで見つけたのがコレ “魚天丼”
天丼って商品もありましたが、それをいただくのであればわざわざココへ来るまでも無かったわけだし ってことで魚天丼をお願いいたします

タレ壷の中に揚がったネタをドボンと浸けこんだ江戸前のスタイル
ふっくらと揚がってホクホクしているお魚に、衣が含んだこのタレが良く馴染んでいます
サクッと揚げる技術も必要ですが、この手の天丼だと、タレの美味しさが命でありますね

単調になりがちな白身の天ぷらですが、えのきの天ぷらや春菊のような青菜の天ぷらが、食感の変化と風味の変化を加えてくれて、最後まで飽きることなくいただくことが出来ました
ただ美味しい天ぷらを揚げるだけでなく、こういった工夫までされていることが人気の秘密だったりもするんでしょうね

大名碗で供される大盛のあら汁
これまた臭みが無い汁でありまして、お味もお腹も、大満足のランチでありました


L1020952-1.JPG
その日に仕入れた新鮮なお魚
それを自分の好みで組み合わせていただくことが出来るこちらのスタイル
ちゃんとお客さま目線で考えられているんですね


12:00を回りますと近所のビジネスマンで混み合いますから、その前か、13:00頃に伺うことをお勧めします
しっかりと美味しいお刺身を味わってくださいね



【和茶房 亀田】
神奈川県横浜市中区相生町5-86 第2ホームベースビル1F
045-212-0506

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅:「エッグスンシングス」     3時間30分の待ち時間でようやくいただけたエッグスベネディクト

L1020935-a.JPG

オープンしたばかりの「エッグスンシングス」
混んでいる事は承知の上で、これも一つのイベントだからと開店から3日目の今日、伺ってみることにいたします
運よく雨も上がり、行列するのに傘を必要としないことは助かります



L1020919-1.JPG
開店時間の15分前に伺ってみますと、既に100mほどの長い行列が・・・ 
ワタシとして頑張って早起きしてきたつもりだったのでありますが、いったいこの人たちは何時からココに並んでいるのでしょう
ざっと、200人以上は並んでいましたね



L1020930-1.JPG
お店には10テーブルほどのテラス席が用意されていまして、そこからは山下公園沿いに走る街路樹を眺めることが出来ますので、季節によっては心地良いオープンエアを楽しむことが出来そうです
また、ペットの散歩ついでなどでも利用も出来ますから、気軽にフラッと立寄るにもステキでオシャレなお店であります


L1020932-1.JPG
原宿店の108席に比べますと少々小さめではありますが、96席の用意があるといいますし、席の間隔もそれほど詰め込まれた感じがありませんから、落ち着いて食事を楽しむことが出来ます
アロハと迎えていただき、マハロと見送っていただけますから ちょっとハワイにいる気分を味わうにも良い感じであります


L1020935-a.JPG
3時間30分ほどの待ち時間のあと、ようやくいたただくことが出来る“エッグスベネディクト”
朝食をいただくつもりで9:00前から並んだのに、しっかりとランチの時間になっちゃいました
途中何度も、お隣にあるマクドナルドで何かを買って、朝ごはんをいただきながら行列しようかと思いましたよ  実際にそうされている方々もいらっしゃいましたし・・・
しかし、それをせずに我慢したからこそ味わえるこの満足感
空腹は最高の調味料なのであります

トロンとレアな状態のポーチドエッグとバターの香りが美味しいオランデーズソースが一体になって、マフィンとベーコンとともにお口の中で美味しさが拡がります
カリフォルニアで食して以来、このベネディクトのファンになったのですが、日本でこれがいただけるお店はかなり少なくて・・・
コチラのお店の展開とともに、このベネディクトも国内で広がれば、ワタシにとってありがたいコトであります


L1020942-1.JPG
これはオムレツ
スパムにほうれん草、それにチェダーチーズを挟み込んだオムレツでありまして・・・
ホテルでいただくそれのようにカタチ良く巻かれたモノではなくて、2枚の薄焼き玉子で挟み込んだようなスタイル  これは簡単でよいですね
ガーリックの風味がするモノ、スパイシーなモノなど3種のスパムが使われていまして、その風味の変化を楽しむことができました 
スパイシーなモノはホントにかなりスパイシーでありまして、キムタクが出演しているカレーのCMのように、スパイシーと火を噴きそうであります


L1020940-1.JPG
ワタシとしては、このお店はオムレツやフライエッグと言った、玉子料理のお店としての認識が高いのですが、日本ではパンケーキのお店として周知されているようですね
まぁ、パンケーキも玉子料理の1種ではあるのでしょうが・・・

ワタシとしてはこれを頼む必要は無かったのですが、折角の機会でありますから、話題の商品も体験しておこうってことで・・・
その特徴はこのホイップクリームの量でありまして、その凄さが話題の火付け役になっているのかもしれませんね


L1020943-1.JPG L1020945-1.JPG
開店して3日目であるのに、スタッフの方の笑顔かとってもステキでしたので、思わず写真を撮らせていただきました
こんな笑顔で迎えられる朝
並ばずに利用できるようになりましたら、チョコチョコと散歩がてらに朝ごはんを頂に来ることが出来のですが・・・ そんな日はいつのことになるのでしょう



来月には江ノ島にオープンするとのこと
こちらも季節的に、大行列になること間違いなしでありますね
日本での展開はハードロックカフェやカリフォルニアピザキッチンなどを展開している「WDI」って会社が行うのですが、どこまで広がるのでしょうか
ちょっと楽しみであります



【Eggs'n Things】神奈川県横浜市中区山下町11 スターホテル横浜1F
045-222-8481

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「杜記」    お気に入りのお店でいただく、お値打ちなフカヒレご飯

L1020909-a.JPG

梅雨の一日らしい今日の天気
お昼間はずっとお部屋でのんびりとしていて・・・
雨がちょっと上がったタイミングで夜ごはんへと出掛けます



L1020907-1.JPG
ご近所にあるお気に入りの中華料理店「杜記」
いつもそれなりに混んでいるお店でありまして、本国の方も利用されるほど、本格的な味が楽しめるトコロなではあるのですが・・・
週末には家族連れといった層のお客さまの利用が目立つようになり、さらに忙しさを増していますね
と言いますのも、バーミヤンと変わらないような価格で、本場中国の料理人が作る料理を提供してくれるのですから当然と言えば当然のことですね


L1020910-1.JPG
“フカヒレご飯”
熱々のご飯に、熱々のフカヒレの姿煮が・・・ 小さくはありますが、2片乗っていますので、それなりの量感を感じることが出来ます

トロンとした舌触りに、プチッと言う歯ざわり 
これこそがフカヒレの醍醐味でありまして、醤油ベースで煮込まれていますので、日本人の口にも良く合いますから、これがキライって人は少ないことでありましょう
特にコラーゲンをたっぷりと含んでいますので、女性の方には大好評なのではないでしょうか?


L1020913-1.JPG
ご飯だけじゃちょっとつまらない ってことで、一緒に八宝菜をお願いします
こちらの繊維質たっぷりの筍が使われていますし、袋茸なんかも入っていましてヘルシーな商品であります
味もコッテリとしたしょうゆベースではなく、比較的スッキリとしていますし、決して油っこさを感じさせないモノ
なかなか良く出来ています


L1020918-1.JPG
こちらは、フカヒレご飯とセットになっているワンタンスープ
プルンとしていて、ツルンといただける
これまたスッキリとした清湯スープでありまして、どれもが濃厚に煮込まれたフカヒレと良く合う料理でありましたね


驚きますのは、このフカヒレご飯にワンタンスープと杏仁豆腐がセットになって1280円であると言うこと
他所のお店に行きますときっと2000円ほどは掛かるでしょうから、半額でいただくことが出来たと言っても過言で無いほどのお値段なのです
もちろん定番メニューの商品ではなく、黒板メニューにある週替わりのお勧め商品
これに当たった時は、とっても運が良いってことですね



【杜記 海鮮火鍋菜館】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

京浜急行本線京急大津駅:「にぎり一丁」       自家製玉子焼と大人の鉄火巻で楽しく美味しい回転寿司

L1020894-a.JPG

お肉続きだったワタシに、タイミング良く、お寿司を食べない? ってお誘い
迷うことなく、そのお誘いの乗っかることにいたしまして、17:00に現地集合のお約束をいたします
前のお仕事を終え、東横線から京急線へと乗り換えて向かうのでありますが、その京急線、たまたま並んでいたのが弱冷車だったのですが、コレが以上に暑い・・・ 途中でガマンならずに通常車両へ移動しますと、ココは肌寒さを感じるほどに涼しいではないですか 天国!天国!
弱冷車と通常車両、こんなに温度差があるモノなのですね



L1020890-1.JPG
余裕を持って到着するつもりだったのですが、乗換えや駅からの移動に時間がかかり、到着したのはお約束ギリギリの時間
先方をちょっと待たせてしまいました・・・


L1020896-1.JPG
繁盛店とは言えまだまだ忙しい時間ではありませんので、レーンに乗ってる商品は少なく、あれこれと注文をして握りたてのお寿司をいただきます
こちらのお店のウリは白身のお魚 毎日、佐島の漁港へ出向き、三浦で獲れた新鮮なお魚を仕入れているとのことであります

午前中バタバタしていてお昼を食べ逃しておりましたので、今日のお寿司の美味しさは格別でありまして・・・
脂が乗った大好きなエンガワ、珍しいミンク鯨、そして、大人の鉄火巻と名付けられた山葵が利いた鉄火巻などなど なんとなんと10皿以上も食べちゃいましたよ


L1020900-1.JPG
この玉子焼
注文をしてから焼き上げてくださいましたので熱々であります 回転寿司でありながらも、キチンとした職人さんがいらっしゃるお店ですから、こういった技が出来るのですね
工場で作ったモノや、業者さんから仕入れたモノとはひと味もふた味も違う玉子焼 美味しいですね


L1020904-1.JPG
お魚ばかりじゃ・・・ ってことで注文した唐揚げ
コレがまた絶品でありまして、その辺の唐揚げ専門店にも勝るモノなのであります
生姜が利いたタレに漬け込まれ、しっかりと味が馴染んだ鶏肉をサッと薄衣で揚げてありまして、熱々でジューシー
手軽なだけでなく、色んなものがいただけるってのも回転寿司の楽しみですよね



お寿司を堪能したあとに、お隣のファミリーガーデンってところで、軽くお茶をいたします
ココは広い敷地に、回転寿司、ファミリーレストラン、カニ料理のお店や焼肉店がありますから、このようにお店をちょっと移動して、食後のひとときを楽しむことが出来たりするのもありがたいコトですね
このファミリーガーデンでは、パテシエが店内で作るケーキが自慢だったりするようですね


【にぎり一丁】
神奈川県横須賀市三春町4-8
046-822-6566

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「フーターズ」   久しぶりにお邪魔したのだけど・・・ ちょっとがっかりでありました

L1020889-a.JPG

打ち合わせが終わり、友人とお茶でもと思いお誘いの電話を掛けたのだけど見事に振られてしまったワタシ
折角だから、ちょっと早めではありますが、夜ごはんを済ませて帰ろうと赤坂見附まで、テクテクと歩きます
とは言え、まだ17:00前でありましたのでやっているお店も少なく・・・
ならば、久しぶりにフーターズにでも寄ってみることにいたしましょう


L1020875-1.JPG
赤坂見附と言いますと、お気に入りの「ステーキくに」もあるのですが、昨日がお肉でありましたし、来週こちらへ伺う予定もありますので、そのお隣のビルにありますフーターズへ
開業当時に2度ほどお邪魔したきりでありますから、もう随分とご無沙汰であります


L1020876-1.JPG
時間が時間ではありますがポツラポツラとお客さまがいらっしゃいます
とは言え、まだまだ席には十分な余裕がありますので、「お好きな席へどうぞ」と案内を受け、ゆったりと4人掛けの席をいただきます
こんな状況ではありますが“人”がウリであるコンセプトでありますから、そのお客さまの組数以上のスタッフの方がいらっしゃいまして、あちらこちらのテーブルでフーターズガールとの会話を楽しむお客さまの笑顔を見ることが出来ます


L1020879-1.JPG
“ウエスタンBBQバーガー”
ハンバーガーとしてはかなり強気なお値段設定でありますが、しっかりとしたボリュームがあるパティにベーコンやオニオンリングにチーズまで
コレは軽食って言うよりしっかりとしたディナーでありますね

牛肉100%だと思われるパティはしっかりと焼かれてまして、お肉を噛みしめる食感と赤身の美味しさが楽しめます
しっかりと調味されていますので、特別ソースやケチャップなどを使わなくても美味しくいただけるモノでありまして・・・
日本で流行の肉汁が溢れるようなパティを使ったバーガーよりも、ワタシはココのバーガーのようなギッシリとしたパティのほうが好きですね


と、商品には満足させていただいたのでありますが・・・
明るく爽やかで健康的なイメージでだったフーターズガール
それが今ではキャバクラかガールズバーかと思うほどにレベルが下がっていまして、コレにはがっかりでありました
銀座に2号店が開いて間が無いタイミングでありますから、優秀なスタッフはそちらのヘルプへ出掛けていたりしたのでしょうか・・・
フレンドリーであることは良いのですが、近くを通り過ぎるたびに香る香水の残り香 それもかなり強烈なヤツ
コレには参りましたよ・・・



【HOOTERS】
東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急プラザ2F
03-6206-1242

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

西武新宿線西武新宿駅:「游玄亭」    上質のお肉に頼ることがない、本物の技術に裏付けされた焼肉の名店であります

L1020863-a.JPG

会合のために新宿へ
新宿と言ってもビジネスの街ではなくて歌舞伎町  
まだ明るい時間なのに、呼び込みのお兄さんがいっぱいいて、なにやら怪しげな声をかけてきます
夜の匂いがするプンプンする街、どうにも馴染めませんね



L1020851-1.JPG
そんな街をずーと奥に入ったところにある焼肉屋「游玄亭」 ココが本日の会場であります
プライベートでは滅多に来ることが無い(正しく表現すれば、来ることが出来ない)お店でありますから、会合本来の目的よりも、ココでいただける美味しい焼肉をいただくことが楽しみだったりして・・・


L1020856-1.JPG
2時間ほど難しい話があったあと、ようやく懇親会が始まります
いつものようにキムチの盛り合わせからスタートするのでありますが、このキムチが本当に美味しいんですよね
辛さよりも甘みや旨みが感じられるものですし、白菜やキュウリなどのシャキッとした食感がキチンと残っているんですよ
出来ることなら、コレだけをいただきにお邪魔しても良いくらいですね


L1020858-1.JPG
そして、色んな前菜が出てまいります
ホタテとアワビをコチュジャンソースでいただく韓国風のお刺身や、ユッケ風にいただく牛肉のたたきであったりと、美味しいモノが続々と・・・
中でもワタシのお気に入りは、チャプチェとサラダでありまして・・・
塩味のドレッシングで揉みこまれているのに、 シャキッとしたレタスの食感を残すチョレギサラダは、他でいただくものとはひと味もふた味も違いますね


L1020862-1.JPG
牛テール
コレを焼肉として提供するお店は少なくて・・・ 骨をしゃぶるようにしていただくお肉には旨みがたっぷりと詰まっていて美味しいのですが、なかなかそれを商品化できないというか、お客さまに買っていただくことが難しいようですね
しかしコレは違います
特選や特上といわれるような、サシがたっぷりと入ったカルビも良いのでしょうが、コレだけを目的にしてきても良いほどに完成度が高いと思います
きっと塩ダレがポイントなのでしょうね しっかりとお勉強させていただきます


L1020864-1.JPG
こちらは“壷漬けカルビ”
游玄亭さんの名物とも言われる商品ですね  たっぷりの野菜や果物と一緒に壷で漬け込まれたモノで、それらの酵素の影響でお肉が柔らかくいただけるって言うモノ
なるほど、旨い!です

牛テールにしても、この壷漬けに使われるカルビにしても、大半のお店では焼肉としては提供しない部位だったりするのですが、それをキチンと魅力ある商品に仕上げる技術力 コレが游玄亭さんの底力なんでしょうね
素晴らしいと思います


L1020866-1.JPG
そしてホルモン
脂が甘くって、身がコリコリしていて・・・ 絶品のタレでも見込まれていて・・・
街場に溢れている、安売りのホルモン屋のモノとは別格でありますから、一皿うん千円もする高価なカルビをいただかなくても、とっても満足な焼肉が楽しめます


L1020870-1.JPG
〆にスープとご飯
こうやっていいただいてますと、こちらのお店は高価なお肉を売るだけではなくて、キッチリと料理が出来るお店なんだなぁと実感いたしますし、そういった技術に裏付けされているからこそ繁盛を継続することが出来ているのでしょうね



上等なお肉を仕入れることばかりに注目している焼肉屋さんに“喝!!”であります
美味しいモノを提供するということはキッチリとした技術を磨くことだと、再認識させていただきました

やっぱり飲食店における勉強とは、難しい理論を学ぶことより、こうやって本物と呼べる美味しいモノを食べ歩いて、その経験を増やすことが、繁盛店への近道であるとワタシは考えます



【游玄亭】
東京都新宿区歌舞伎町1-10-7 叙々苑ビル
03-5285-0089

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

JR東海道線豊橋駅:「天源」   人通りの少ない路地にある、誰にも教えたくないほど美味しい天ぷらの専門店

L1020841-a.JPG

ポツポツ雨の中、豊橋への日帰り出張であります
豊橋へ行くなら・・・  ココへよらないと損! 
なんて勝手に思い込んでいるお店がありまして、そのために1本早い新幹線で向かいます


L1020833-1.JPG
目的のお店はココ
駅前のロータリーを渡り、ローソンとタバコ屋さんの間にある細い路地へ入り込んだトコロ
結構寂れた感がある路地でありますから、ちょっと怪しげな・・・ というか、よほどの目的が無いと通ることが無いであろう場所にある「天源」という天ぷらの専門店であります


L1020848-1.JPG
半間ほどの間口の階段を地下に下ると言うトコロでありながら、店内にはギッシリとお客さまが・・・
お値打ちにいただくことが出来るコチラの天ぷらを目的に、わざわざやって来られた方々なのでありましょう
そんなお客さまの会話が耳に入ってきたのですが・・・
女性に連れてこられた男性からの「どうしてこんなお店を知ってるの?」と言う質問に対して、その女性は「取り引き先の方に食べ歩きをするグルメな人がいて、その人がココは美味しいから一度行ってみて! と勧めてくれたから・・・」と
そんなクチコミで広がるお客さまの輪 キッチリと真面目にやっているお店をお客さまは知っているんですよね


L1020841-1.JPG
ココに来ていつもいただくのはコレ “海老とホタテのかき揚げ定食”
先ずは海老のかき揚げから始まりまして・・・
そのかき揚げを割ってみますと、このようなプリップリの海老
天つゆでいただいても良いのですが、ココはやっぱり海老の甘さを引き出す焼き塩でいただくことにいたしましょう
サクッとした衣とプリッとした海老 ほんのりとごま油の香りが拡がって・・・
あー、至極の美味しさであります


L1020843-1.JPG
そして季節の野菜の天ぷら
いまが旬であるアスパラ 太く大きいアスパラであります
ほっこりとしていて、今の季節だからこそいただける美味しさでありますね


L1020846-1.JPG
そして〆に出されるのが、ホタテのかき揚げ
ご飯をお替りしまして、その上にかき揚げを乗っけて・・・
この定食には“天丼のタレ”を出していただけますので、このようにご飯に乗せて天丼としていただく楽しみもあるのです
お塩や天つゆで天ぷらを楽しんだ後、このように天丼スタイルで〆るのが、ワタシ流なのであります

程よくレアに揚がったホタテだからこそ味わえる素材の旨み
コレに程よい甘味のタレが馴染んで・・・ 熱々のご飯一緒に頬張ることで、これらの味が三位一体となって、ワタシをノックアウトするのです


L1020849-1.JPG
食後に提供されるアイスクリーム
今日はアスパラのアイスクリームだそうで、大将が手作りしたものなんだそうです
アイスクリームが舌で溶けたあと、ほんのりと鼻から抜けるアスパラの香り しっかりと旬を味あわせていただきました


コチラのお店
消費税の変化に伴ってその税率は変わっていますが、基となる商品の価格は、もう何年も変わっていないような気がして・・・  女将さんに聞きますと「ワタシがココに来て17年そのままだから、20年以上変わってないと思いますよ」とのお言葉
やっぱり、お客さまに優しいお店でありますね



【天ぷら専門店 天源】
愛知県豊橋市広小路1-42
0532-54-9002

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

JR東海道線平塚駅:「小林屋」   激安食堂と侮る無かれ! おばちゃん手作りの美味しい食堂であります

L1020825-a.JPG

お仕事で平塚へと出掛けます
梅雨の晴れ間と言うには、ちょっと雲が厚い日ではありますが、今日は雨の心配が無いとのこと
ひと安心であります
いつもの関内にはちょっと目新しいお店が見つからないってこともあって、アポイント前に平塚でランチをいただこうと、ちょっと早めに出かけることにいたします


L1020817-1.JPG
駅から程近いパールロードなる商店街に面したお店でありまして、間口半間ほどの細い階段を上った2階という厳しい物件
頑張って、大きな看板を付けてはいるのですが、所詮は間口半間のお店 思わず通り過ぎてしまいそうになりますから、1階の「日高屋」さんを目印にされた方が迷うことが無いかと思います


L1020818-1.JPG
その日高屋さんの看板の上には・・・
なんと、「激安食堂」と書かれた大きな看板が・・・  上を向いて歩いていれば、これを見落とすことは無いでしょうね
それにしても激安食堂とは、何と大胆な・・・ 安さだけを売り物にするトコロに当たりは無い
いつもならそう思い通り過ぎるところなのですが、今日はちょっと“怖いもの見たさ”ということで・・・


L1020821-1.JPG
客席はこの長いカウンター席だけ といっても20人くらいは座れるのではないでしょうか
先ずは入り口の券売機で食券を買って、好きな席へ座ります 幸いにも角っこが空いてましたので、ワタシはそこを陣取ることにいたします
カウンターの中には、3人のおばちゃんが忙しそうに動いています
ココのウリは、安さだけでなく、このおばちゃんが作る手作りの味でもあるようですね 今どき希少なお店なのでありますから、もっとそこを全面に出してもよいのでしょうに・・・


L1020819-1.JPG
ちょっと最近野菜が欠乏しているようなので、“肉野菜炒め定食”をいただくことにいたします
何度も言うようですがココは激安食堂でありますから、安さを全面に出すために、そのボリュームは控えめなのでは・・・
これから、キッチリと打ち合わせが詰まっていますので、物足りなく終わってしまったら大変ってことで、“鶏南蛮”を単品で追加したのですが、これが大きな失敗であったに気付くのはもう少し後のこととなります

中華鍋を振る音が止み、ワタシの前に“肉野菜炒め定食”がやってきます
なっ、なっ、何と・・・ これはその辺の定食屋さんの1.5倍くらいはあろうかと言うボリュームではないですか・・・  これなら、追加注文なんかしなくても良かった というか、これだけでも食べきれるかどうか不安になってきます
しつこいですが、お値段がお値段でありますので、もやしばかりでお肉なんて大して入ってはいないだとうと高を括っていたのですが・・・ これまた良い意味で裏切られます
作り立てで熱々ですし、野菜はシャキシャキとした歯ざわりを残した絶妙な炒め加減 さらにその塩加減も抜群であります

程なくやって来た“鶏南蛮”
宮崎のチキン南蛮とは別物でありまして、いわゆる“小あじの南蛮漬け”などに良くある、酢・醤油・みりんに唐辛子で辛味を加え、スライスされた玉ねぎが乗せられた、あのスタイルであります
この南蛮酢がとにかく美味しくて、これなら冷やしていただいても美味しいに違いないですね
これから仕事が無ければ、間違いなくお持ち帰りさせていただくところです

ココは定食屋さんでありますから、お客さまのおなかを満たしてこそ、その存在感があろうかと言うもの
お漬物や梅干・生卵などの、ご飯のお供はフリーでいただくことが出来ます
そしてもちろん、ご飯の大盛も無料 驚くのは豚汁までもが大盛無料であるということ
“激安”でありながら、この品質の料理、そして大盛無料、さらにご飯のお供はフリーだなんて・・・
本当にこれで、経営が成り立つのでしょうか?
なんて思いながら店内を見渡していると、そこには・・・
『大変な時代だから儲からなくても良い 長く続けらる店にしたい』との張り紙があるではないですが
この謙虚な気持ちに感動すら覚えましたね



で、これがいくらなのかと申しますと、肉野菜炒めが定食で480円 鶏南蛮は単品ですから350円
確かに激安でありますね
これだけお値打ちでありますから何度も通いたいところでありますが、さすがに平塚までは・・・
また、平塚へ来ることがあったら、きっとお邪魔いたします
どうもごちそうさまでした



【小林屋】
神奈川県平塚市紅谷町4-5 2F
電話番号非公開

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅:「レイハレ」   ハワイアンのB級料理と言えば、コレが定番ですね

L1020812-a.JPG

一日中、パソコン仕事
明後日の研修会で使う資料なんですけど、ソレがこんなにギリギリにならないと手につかないワタシ
悪い癖です

夕方から雨になると言うので、ソレまでに印刷をして来なきゃ ってことで、ハイピッチでどうしてもギリギリになるまで、ソレが手につかないんですよね
夕方から雨が降るというので、それまでにキンコーズでの印刷を済ませようと、モクモクと頑張りました


L1020808-1.JPG
印刷と製本をお願いして、ソレが出来上がるまでの時間を使っての夜ごはんであります
お気に入りの中華料理店「青蓮」さんに伺おうと、そちらへ向かっていたのですが、その道向かいにあるハワイアンのお店を思い出しまして・・・
ココはずっと気になっていたのですが、ビルの地下であり、専用階段はあるモノの、その幅が狭くてどうしても入りづらかったんですよね


L1020815-1.JPG
今日もしばらく悩みましたが、折角の機会だから・・・ と思い切って飛び込んでみることにいたします
トントントンと階段を下りると、そこには小さな扉 ココまで来ていながら躊躇しちゃいます

中に入りますと、ちょっと違和感を感じます
なんでも今日は、ライブが予定されていると言うことで、それを目的に予約をしてこられた常連さんや、演者さんのファンの方が集まっていたのであります
それで今日は遠慮しようかと思っていたところ、お店の方の気遣いで空いている席に座って良いとのコト
ありがたく、お邪魔することにいたしましょう


L1020811-1.JPG
ハワイ料理といえば・・・ 先ずはやっぱり王道とも言える“ロコモコ”でありましょう

お店はレストランと言うよりはアルコールをメインにしたような感じでありましたので、料理にはそれほど期待をしなかったのですが・・・
思った以上にキチンとした商品であります
香辛料が効いたハンバーグ ちょっと焦げたりもしていますが、手作りであることの証と言える程度のこと
カリッと焼けていて、美味しくいただくことが出来ます
そして、グレービーソース
こちらのモノはサラッとしたタイプでありまして、ごはんに良く合う味付けにされているようですね
とっても美味しくいただくことが出来ました


L1020814-1.JPG
一緒いいただいたサラダ
オリジナルサラダを頼んだつもりだったのですが、提供されたのはアボガドサラダ
しかし、その間違いが功を奏したようで、シャキとしたロメインレタスとアボガドの相性が愉快なモノでありまして・・・
結構はまってしまいそうなサラダであります



周りの方々がライブに集中している中、ひとりだけロコモコを食べているワタシ 
どうにもそれが落ち着かず、食べ終わるとライブを見ることもなくお店を後にしちゃいました
今度はゆっくりと、食事をいただきに伺うことにいたしましょう



【Lei Hale】
神奈川県横浜市中区本町1-5 西田ビルB1F
045-651-0180

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





Lei Hale
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「かつ半」     暖簾は老舗だけど、気さくな雰囲気がステキなとんかつ屋

L1020800-a.JPG

入梅が宣言された今日
とっても冷たい雨が降っていまして、シャツ一枚では肌寒さを感じるほどでありました
これからしばらくの間、ジメジメとした蒸し暑い日が続くのかと思うとゾッとしますね

来週の研修会で使う資料を作るために、パソコンに向かい合っていた


L1020796-1.JPG
夜、近所のとんかつ屋さんへ向かいます
「横浜のれん会」に所属するほどに歴史があるお店なのですが、老舗であるにもかかわらず、高価な料理を売ることも無く、お手頃なお値段で美味しいとんかつを提供してくれるってコトでお気に入り
ちょくちょくとお邪魔させていただいているトコロであります


L1020804-1.JPG
もうかれこれ20年ほど前から贔屓にさせていたいているのですが、数年前に改装をされて以来、その利用頻度も高まりました
すっきりとした清潔感があるお店でありまして、作務衣姿のスタッフの気遣いや笑顔もステキなところがお気に入りだったりするのです


L1020801-1.JPG
“しょうが焼”  ココに来たならコレ!であります
もちろん“とんかつ”のお店でありますから、このしょうが焼きは脇役との位置づけなのでしょうが、ココ一番のお気に入り商品でありまして、余程のことが無い限り、こちらではコレをいただいているのです

しょうがの香りが活きているジンジャーソースでありまして、それがコンスターチを塗されたロース肉に良く馴染んでいますから、ごはんにとっても良く合うんですよ
ってコトで、このしょうが焼きも捨てがたいのですが、今日は“かつ丼”をいただいてみたい気分でもありまして・・・

どちらにしようかと迷ったのですが、そんなときには両方いただくことにいたしましょう
こちらでかつ丼をいただくのは初めてのこと どんなモノが出てくるのだろうかと楽しみであります


L1020802-1.JPG
いまや市民権を得たようでもある“つゆだく”
パン粉のサクサク感は無くなっていますが、しっかりとカツに出汁の味が染みこんだ煮カツであります
コレを玉子で閉じて・・・ 熱々のごはんに乗せる
ふたつもの商品を頼んだのですが、あまりにも食が進んで、まだまだ食べれそうな勢いでした


味噌汁はいつものシジミ
定番なのでありますが、しっかりとシジミの出汁が出ていますから、とっても身体に良さそうで・・・
赤味噌がスッキリしていて、後味が良いトコロが大好きなんです



【かつ半】
神奈川県横浜市中区長者町6-94
045-261-4580

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「駒」    ステキな雰囲気で美味しいお寿司 心が豊かになります

L1020794-a.JPG

ちょっと馬車道に用事があって・・・ ならば今日のランチは馬車道でと出掛けては見たのだけど、この辺りには目新しいお店も無くて、どこでランチをいただこうかと迷ってしまう
久しぶりに「虹橋」さんって手もあったのだけど、ランチの看板を見てみると惹かれるメニューがなくて・・・


L1020786-1.JPG
「駒」
路地にあるだけでも入り辛いのに、小さな門扉から高級感が溢れる佇まいが敷居の高さを感じさせ、知る人ぞ知るというか、お客さまを限定しているかのようも思えるところでありまして・・・
夜になると接待のお客さまが中心であるようですね


L1020787-1.JPG
門を潜りますと、細い通路が続きまして、奥にひっそりとお店の暖簾が掛けられています
さすがに関内を代表する高価なお寿司屋さんでありますね
とは言え、ランチの時間ですと比較的リーズナブルなお値段でありますから、ご近所の会社のお偉いさんや、コチラを目指してやってくるご婦人たちで賑わっているんですよね


L1020789-1.JPG
ビシッと白衣を着た握り手さんが3人並んでまして、ちょっとピリッとする緊張感
そして、美しく整理させれたネタケースを見ますと、厳しく躾がされたお店であることが窺えます
高級店の名に相応しい雰囲気ですね


L1020792-1.JPG
お寿司は小ぶり
と言うか、大ネタを売りにするお店が増えすぎただけであって、本来のお寿司とはこういうものなんですがね・・・

お口に含みますと、パラッとシャリが崩れまして、ネタとほぼ同時にお口に中から消えていきます
甘すぎないシャリの風味はネタの味を邪魔することがありませんし、全てが計算されたかのような見事なバランスなのです
回転寿司では甘めのシャリが主流なのですが、それは程よい満腹感を与えるための味付けなのでありまして・・・
コチラで提供されるお寿司とは別物と言っても良いかも知れませんね

どのネタも美味しいのですが、中トロのおいしさにはビックリであります
とろけるような・・・ よく使う単語ではありますが、ソレはこのためにあるのではと思わせるようなモノでありまして・・・ これだけでコチラへ伺った価値があろうかと言うもの
大満足であります

そして玉子
当然お店で焼かれたものなのでしょうが、ちょっと甘めに焼かれてまして・・・
ワタシが最後にいただいたのですが、その余韻を残しながらお店を後にすることが出来ました


たまには美味しいモノを食べて、気持ちを豊かにする
大切なことだと思います


【鮨 割烹 駒】
神奈川県横浜市中区太田町5-68
045-641-9789

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





鮨 割烹 駒
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

JR山手線神田駅:「東京ブッチャーズ」    肉好きには堪らない!! こんなお店を待っていたんです!

L1020774-a.JPG

昨日、先走ってしまった淡路町での打ち合わせ
今日は余裕を持って出掛けまして、神田でランチを済ませることにいたします

神田という街
ビジネスと学生の町でありまして、たくさんのお店が集まっている場所であるのですが、それほど話題になるお店が現れなかったところ
しかし、昨年辺りからちょっとその様子も変わってきたようですね



L1020771-1.JPG
着いてみますと駅から5分も掛からないようなところだったのですが、地図のうろ覚えで向かったものですからかなり遠回りをしたようで・・・ 
実はこのお店、仲間が数回伺っていまして、そのブログを読んでどうしても伺ってみたくて・・・
いつも美味しそうなステーキの画像が載っていまして、肉好きには堪らなかったのです


L1020772-1.JPG
お肉のお店=男性
そんなことを思っていたのですが、先客には女性の方が多くてビックリ
肉食女子がこんなにたくさんいるなんて・・・
木を使ったことで落ち着いたイメージがするお店 居心地が良いところも女性に受けているポイントかもしれませんね


L1020779-1.JPG
入り口を入ったところに厨房を囲むカウンター席があり、その奥にテーブル席が・・・
そして厨房の真ん中に炭火で焼き上げるチャコールが置かれていて、そこで美味しいお肉を焼き上げているんですね
若いスタッフには元気さが溢れていて、お肉だけでなく、こんなスタッフからも元気がもらえそうです


L1020777-1.JPG
限定10食とあったハンバーグエッグプレートって商品に気持ちが揺らいだのですが、ココはいつも画像で見ていた、あのステーキをいただくことにいたしましょう

たっぷりのサラダとポテト、お肉に隠れてはいますがチキンレッグも一緒に盛り合わされた“肉屋のステーキプレート”
店名でもありますブッチャーズとは肉屋で働く人のこと
つまり、肉屋で働く人が勧めるほど魅力的なステーキってことでありましょうってコトも思ったりして・・・

このお肉、赤身の旨みとその歯ごたえを楽しめるモノでありまして、調味されているブラックペッパーの香りとともに美味しくいただくことが出来ました
特別に高級なお肉ではなくても、こうすれば美味しくいただくことが出来るって見本のようなステーキでありました


ランチのセットには「テイクアウトコーヒー」が付いているとのこと
単にコーヒー付なんてお店はどこにでもあるのですが、テイクアウトコーヒーとは良く考えられたものです
多くのお客さまが来店されるお昼どき 食後のコーヒーのために次のお客様へ提供するテーブルが準備できないとなると、そのお客さまに迷惑が掛かってしまう
ならば、コーヒーを持ち帰っていただき、次のお客さまのために席を譲っていただこうってことなんですね

店頭にポットで用意されたコーヒーを、テイクアウト用の紙コップにセルフで注いで持って帰っていただくこのサービス
なかなかステキだと思います



【東京ブッチャーズ】
東京都千代田区内神田3-10-4 富士会館1F
03-6206-9829

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

JR総武線水道橋駅:「向日葵」   今年初の鱧と、懐かしい鯨の竜田揚げ さらに女将の人柄でリピート間違いなし!

L1020761-a.JPG

今日は一日、ドジなワタシでありました
午前中にバタバタしてまして、15:00に淡路町で待ち合わせにギリギリ
ランチを取る時間も惜しんで目的地へと向かったのですが・・・ 待ち人現れず
アポイントのメールを読み返しますと、そこには7日 15:00とあるではないですか・・・
ちょっとうれしいお話になる可能性を含んだ打ち合わせってこともあり、気持ちが先走りしたのでしょう
一日勘違いしていたんですね



L1020757-1.JPG
折角ココまで来たのだから、そのまま帰ってももったいない
それで仕事仲間の会社を訪ね、そこで時間潰しをして、その仲間と一緒に一杯やることにいたします
美味しい刺身を出してくれるお店はないモノか・・・ お互いの気持ちが合致して、そんな雰囲気が漂うお店を探します
そして見つけたのがコチラ
ちょっと敷居が高い店構えのお店でありましたが、思い切って突入してみたところ、なかなか落ち着いた雰囲気で良い感じのお店でありました


L1020761-1.JPG
先ずは目的の品である刺し盛を頼みます
おーーー これは鱧ではないですか〜  ちょっと早いような気もいたしますが、もうそんな季節になったのですねぇ
そんな旬を感じさせてくれるお店、好きですよ


L1020760-1.JPG
そしてあれこれと料理をいただきます
どれもキチンと手作りしている商品でありまして、何をいただいても満足なお味
飛込みではありましたが、ココは当たりでしたね

海老真丈のレンコンはさみ揚げ
この手の料理は大好物でありまして・・・ 挟まれているのが真丈であろうと、タラコであろうと、餃子の具であろうと大好きなのです
レンコンのシャキッとした食感が残っている天ぷらが好きなのだろうと思いますが、それだけではちょっとつまらないので、はさみ揚げを見かけると必ず頼んじゃうんです


L1020768-1.JPG
そして、コレなんだと思います?
昔は庶民の食べ物で給食にも出てくるほどのモノであったのですが、今では高嶺の花となってしまった、あの日本人ならではの食材“くじら”であります
竜田揚げで提供していただけたのですが、コレがとっても柔らかくって・・・
ワタシが子供の頃に食べていた、硬いくじらとは別物のようでありました  何十年振りかにいただく“くじら” とっても懐かしくいただきました



料理の美味しさもさることながら、コチラの看板娘である「あかあさん」がとっても気さくでステキな方でありまして・・・
出身は京都の宇治 東京に出てきて早40年
市ヶ谷でお店をやっていたのだけど、そこが開発のために立ち退きとなってココ水道橋へ
ご主人を10年ほど前に亡くし、このお店は娘さんと、その旦那さんでやっているのだとか
なんて世間話を含めて、いっぱいお話してくださいまして・・・
いっぺんで、こちらのファンになってしまいましたよ

帰りの電車でウトウトしていたら・・・
見慣れぬ景色にびっくり ひと駅乗り過ごしていたのです
ホントに、ドジで間抜けで阿呆なワタシでありました



【酒菜 向日葵】
東京都千代田区三崎町2-12-9 三崎町大信ビル1F
03-3221-4886

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





酒菜 向日葵
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

東京メトロ千代田線湯島駅:「阿吽」    煎られた黒胡麻の薫りと山椒の香り ほどよい辛さが癖になりそうな黒胡麻担々麺

L1020743-a.JPG

池袋での物件視察であります
物件の周辺で人の流れはどうなっているのか? その流れはお店にとってどう影響するのか?
さらに、その人たちの年齢層や男女比は? 出店しようとしているお店のコンセプトの合う人たちなのかを、クライアントさまと一緒に観察いたします



L1020739-1.JPG
お昼の時間をじっくりと観察した後、山手線と千代田線を乗り継ぎ湯島へと移動し、試食を兼ねてとランチをいたします
ココは、担々麺の専門店でありまして、その美味しさが評判のお店でありまして、ずっと伺ってみたくてしかたなかったのであります


L1020741-1.JPG
湯島駅から5分ほど歩いたところではありますが、近くには目立った場所があるわけでもなく・・・
決して優れた場所とはいえないのでありますが、その味で人気を集めているのでしょう 14:00までのお昼営業中、ずっと満席の状態でありました


L1020744-1.JPG
基本となるのが、白胡麻の甘みとコクがたっぷりの阿吽担々麺
なるほど人気店であります、胡麻の甘みとピリッとした坦々肉のバランスが素晴らしいですね
アミ海老の旨みも加えられていまして、ちょっとした隠し味とでも言いましょうか 奥深い味に仕上がっていますね


L1020743-1.JPG
こちらは黒胡麻担々麺
胡麻の甘みと言うより香りが強いモノ そして、その香りと山椒の辛味と香りが素晴らしいですね
こちらのお店での試食の目的は、この黒胡麻担々麺でありまして、その目的を十分に果たすことが出来ました

担々麺をメイン商品とするお店が増えてきまして、普通にそれがメニューにあるだけでは差別化が出来ない時代
このようにしっかりとしたアイテムが必要なんですよね
そしてこちらでは更に、それぞれの商品に標準である3辣に加え、4辣、5辣と辛さが選べるのも楽しいですね


商品はシンプルでありまして、麺のメニューがいくつかあるだけで、餃子などのサイドメニューは一切用意されていないんですね
サイドメニューを加えることで余計な人件費が必要になったり、お客様へのラーメンの提供が疎かになったり…
そんなことを考えてか、麺商品だけで戦おうとする姿勢に潔さを感じてしまいます

夏になると、熱いスープが入ったものよりも、汁なしの麺をいただきたくなるもので・・・
今度は汁なし担々麺を注文してみますかね
ご馳走さまでした




【四川担担麺 阿吽】
東京都文京区湯島3-25-11
03-3835-1796

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





四川担担麺 阿吽
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0



posted by koutagawa at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「魚久」    創業は大正3年、伝統の京粕漬がお手軽価格でいただけます

L1020727-a.JPG

仲間との会食
いくつかの候補があったのだけど、美味しい和食が食べたいってワタシのわがままで・・・

銀座3丁目
と言っても、松屋や三越が並ぶ目抜き通りではなく、そこから通り4本ほど外れたところでありまして、テクテクと汗をかきながら歩いて向かいます


L1020718-1.JPG
1Fには同店の本業とも言える京粕付けを販売するお店があって、その脇の階段を上ったところが「イートインあじみせ」
お昼の限られた時間しかやっていませんし、メニューだって限られたものだけ
なのに、たくさんのお客さまがやって来る人気店であるようですね


L1020720-1.JPG
客席から覗けるガラス張りの厨房
パリッと糊が効いた真っ白なユニフォームで調理するスタッフの姿や、ピカピカに磨き上げられた厨房を見ますと、ココは間違いないってことを直感しますね
職業病とでも言いましょうか この手の鼻は効くんですよ


L1020726-1.JPG
メニューは至ってシンプル
・ぎんだら京粕漬定食
・さけ京粕漬定食
・魚久おすすめ定食
と言った3種が基本であるようなのですが、銀座店のみ「あじみせ定食」と呼ばれる、3種の粕漬けの盛り合わせメニューが用意されているのです
ならば折角だからと、ソレをいただくことにいたします

炭火で焼き上げる、強火の遠火
お魚を焼き上げる際の基本とされている調理法でありまして、こちらのお店ではキッチリとソレに忠実に調理しているようですね
ふっくらと焼きあがった“ぎんだら”には、脂がのっていまして、ソレがお口の中で味噌と絡み合い、何ともいえない至福を味わうことが出来ます

もちろんご飯も完璧な状態で炊き上がってまして、お魚の美味しさに負けることが無いものでしたし、お味噌汁やお新香だって・・・
これだけのモノが、こんなにお手軽価格でいただいて良いの? しかも銀座で・・・



こちら、元はと言いますと、京粕漬けの販売が本業でありまして、その店舗の2階で、商品を試食していただくことも目的に食事処を併設いるようでもありますから、こんなにお値打ちに提供してくださるのでしょうかね
20席ほどのお店ですから、お昼どきには階段の下まで行列が・・・
とは言え、時間に余裕があるときには、絶対に伺う価値があるお店です



【京粕漬 魚久 イートインあじみせ】
東京都中央区銀座3-10-15 東銀ビル2F
03-6226-3395

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





日本料理 魚久 イートイン あじみせ 銀座三丁目店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0



posted by koutagawa at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「杜記」    アラカルトで楽しむ「杜記」もお値打ちです

L1020712-a.JPG

昨日食べるつもりだった中華
今日はそれを目的に、お気に入りのお店へと向かいます
カラッと晴れ渡っていて、風がとても心地良くって・・・ こんな日はどこかに出掛けたい気分になりますね



L1020701-1.JPG
お気に入りのお店でありまして、こちらへ伺うことは度々なのでありますが・・・
こちらにはとってもお値打ちな定食メニューが提供されているので、アラカルトメニューをいただくことが少ないんですよね
で、今日はアラカルトに挑戦してみます と言っても、定食メニューで味の担保は出来ていますので、たいした失敗は無いと安心していられるんですけどね


L1020705-1.JPG
芝海老と野菜の炒め物
とっても良い感じの塩味で炒められているのは、ヤングコーンや筍がメインに木耳やブロッコリー それにフクロダケ
メインとなる食材はもちろんプリップリの海老
この海老、多くのお店が使っているような保水剤を使ったようなモノではなくて、きっとお店で皮を剥いているモノなのでしょう
そのプリップリ感が、全く違うんですよ


L1020711-1.JPG
そして、牛肉の焼刀削麺
上海焼そばとどちらにしようかと迷ったのでありますが、やはりこちらのお店は刀削麺が美味しいトコロですから・・・ とコレをチョイスいたします
ゴロゴロとした牛肉も入ってますし、モチモチした麺が美味しいですし、結果こちらで正解だったのでは・・・
コレ、まじウマウマですよ



メニューを見ますと、最初のほうには内臓モノを使った炒め物や煮物がずらりと並んでいて、ちょっと慣れない商品ばかりが目立ちますが、じっくりと見ていますと、チャーハンもありますし、馴染んだチンジャオルースーなんかもありますから、気軽な普段使いも出来ますよ



【杜記 海鮮火鍋菜館】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「弘流」   2種のチャーシューと、スッキリととした醤油系のスープ

L1020700-a.JPG

今日は終日、パソコンと向かい合うお仕事でありました
お昼を近くのコンビニで買い出して、ソレをいただくのもソコソコに熱中していたら・・・
もう夜ごはんの時間ではないですか・・・
時間というモノが過ぎるのは本当に早いものであります



L1020694-1.JPG
中華でもいただくことにしようと出かけて見ますと、いつの間に出来たのか新しいラーメン店を見つけました
魚粉たっぷりのつけ麺屋でもなく、二郎のリスペクトモノでもない
“白河中華そば”と銘打たれているので、最近のワタシの志向でもある、すっきり系の醤油スープのお店であるようです


L1020696-1.JPG
ならば・・・
と、何の情報もないまま、飛び込んでみることにいたします
店内はすっきりとしていて広々とした感じでありますから、入り易さを感じる造りでありますね
先客の姿は少なくちょっとさびしさも感じではありますが・・・


L1020697-1.JPG
チャーシュー麺
なんと、ココのチャーシュー麺
2種類のチャーシューが盛り付けられているのです ひとつはモモ肉の薄切り、そしてもうひとつはバラ肉を分厚く切ったもの
コレがいわゆる煮豚ではなく、キチンと焼かれたものでありまして、芳ばしい香りが美味しいモノであります

そしてスープ
鶏ガラでありましょう 予想通りにすっきりとしたスープでありまして、かえしの醤油の風味が生きていますね
ワタシが望んでいたスープと、こんな偶然で出会うなんて・・・ 

手打ちと書かれた麺
モッチリとしていてコシがある中太の縮れ麺 コレは確かに美味しい麺であります
が・・・ かなりしっかりとした麺でありまして、コレが災いとでも言いましょうか すっきりとした薄味のスープが、この麺の味の強さに負けて・・・ バランスに掛けるんですよね

美味しいモノと美味しいモノの掛け算が美味しいモノになるとは限らない 料理って難しいモノですね


L1020698-1.JPG
券売機には無く、現金で購入するという“水餃子”
それ自体はそれほど美味しいというモノではなく、極普通のモノなのですが、卓上に置かれたラー油がことのほかに美味しくて・・・ コレも自家製なんでしょうかね?
このラー油を再びいただくために、次回伺ったときにも、この水餃子を頼むのでしょうね



聞いてみますと、まだ開店したばかりで1ヶ月ほどなんだとか
サービスもちょっと不慣れな感じがするのも頷けますね 手際は悪くても気持ちはお客さま本位で優しさが伝わります
頑張って欲しいお店であります 



【白河中華そば 弘流】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町4-109
電話番号は非公開

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:「DG」    お昼はタパスやサンドで軽食 夜は新鮮なお魚料理にワインを傾ける

L1020673-a.JPG

オープニングレセプションにご招待をいただきました
新橋駅からテクテクと歩いた浜離宮のそばでありまして、けっして良い場所とは言い難いトコロであり、さらにビル管理側からの規制も厳しく思うようなデザインが出来ない
そんな難しい物件ではありますが、ようやくオープンの日を迎えるのです
一部、先行オープンをしていますが、正式には6月4日がグランドオープン そして今日は、近隣事業所の方を招待してのレセプションという次第なのであります


L1020662-1.JPG
「DG Fish & Shellfish」
築地市場に歩いていける距離にありながら、築地よりも新鮮なお魚を提供しようと、シェフとの関わりが深い富山からお魚を仕入れると言うこだわり
さらに、自社農園を持っているからこそ可能な、本当に美味しい野菜の数々
そして、ワインだって自然派と呼ばれるものにこだわって・・・
なんだか、本当に美味しい料理がいただけそうなレストランの誕生でありますね


L1020671-1.JPG L1020677-1.JPG
お店は大きくふたつのブロックに分かれていて、片方はランチタイムを中心に、タパスのテイクアウトと、そのイートインスペース
そしてもう片方は、ディナーをメインに魚介や野菜を使ったアンティパストやパスタをワインとともに楽しめるダイニング
とってもお洒落な空間でありますので、女性を中心に喜ばれること間違いなしでありましょう

そんなお店の商品をあれこれと振舞っていただき、ホント楽しいレセプションの時が流れました
なかもで、鯛の石釜グリルに添えられたグリル野菜が甘くて美味しいことにビックリさせられましたし、真っ白なリゾットがなんとトマトを使っていると聞かされ、とっても信じられない感じ
確かに、ほんのりとした酸味からトマトのような風味は感じていましたが・・・
なんと、グレイト・ホワイトと呼ばれる白いトマトを使っているのだそうです  あまり市場で見かけない野菜でありますが、とっても美味しいモノでしたよ

さらには、とても柔らかくしっとりとしたローストビーフ
これはこちらの看板商品と位置付けても良いほどのモノでありました
お肉を焼く際に出る肉汁にワインを加えて仕上げたグレイビーソース それにレホールの香り
うーん 久しぶりに、これほどに美味しいローストビーフをいただきましたね



ひと通りは味見をしようと、あれこれといただいていますとお腹はパンパン
優しい味付けで、素材が持つ美味しさを楽しんでもらおうと言う商品は、身体にも優しくヘルシーな感じでありますね
スタッフの皆さん、いよいよ明後日がグランドオープン
頑張ってくださいね
今日は本当にご馳走さまでした


【DG Fish & Shellfish】
東京都中央区築地5-6-4 浜離宮三井ビルディング1F
03-3547-3820

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。