2012年04月30日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「杜記」    肉汁が飛び散る餃子とモッチモチの刀削麺で夜ごはん

L1020265-a.JPG

世は連休に浮かれているときではあるのだけど、パソコン仕事に追われるワタシ
どうしても連休中に片付けたくって・・・
さすがに、一日中パソコンに向かってますと、目と肩が疲れてしまいますね




L1020263-1.JPG
夜を久しぶりの「杜記」でいただきます
お手軽価格で、美味しい中華定食をいただくことが出来るお店とあって、今日は家族連れのお客さまで賑わっておりました
入店したらば、そんなお客さまで満卓状態
ならば他のお店を探すしかないと諦めかけたとき、タイミングよくひと組のお客さまが退店されましたので、その席をいただくことにいたします


L1020264-1.JPG
今日は定食ではなく担々麺
こちらでは刀削麺が自慢でありまして、中華街にはその専門店があるほど・・・
これまでに何度もこちらの刀削麺をいただいたことはあるのですが、その美味しさが記憶に甦ってきたのが今日こちらを選んだ決め手でなのであります

モチッとした麺の食感
これは普通のラーメンでは味わうことが出来ないモノ
塊の麺体を削りだして作るだけにその表面はざらざらとした仕上がりなのでありまして、そのざらざらがスープを良く連れて来てくれるのであります
スープは胡麻風味と言うよりは、コクがある辛味と坦々肉から出る旨みが活きているモノ
辛いもの好きには癖になる商品でありますね


L1020269-1.JPG
一緒にいただいた餃子
これが驚くほどに良く出来たものでありまして・・・
小籠包の真っ青ってほどに肉汁をたっぷりと含んだものなのであります
ですから、注意していただかないとテーブルや洋服に肉汁を飛ばしてしまうことになるのです
と言うワタシも、しっかりとシャツの袖を汚してしまいました・・・


さぁ、明日はクライアントさんのお店をスーパーバイジングするお仕事
そろそろ寝ることにいたしましょう
おやすみなさい




【杜記 海鮮火鍋菜館】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ






posted by koutagawa at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

京浜急行本線日ノ出町駅:「角丸(?)」      今月開店したばかりの立食い蕎麦屋さんは、ザ・関東風のお店でありました   

L1020257-a.JPG

伊勢佐木モールから日ノ出町駅へ向かう大通り
カニ道楽の向かいのブティックが改装をしていたのかと思いきや、そこが立

食いそばのお店として生まれ変わったのであります
工事中から気に掛かっていたのですが、それが開店したのかそうでないのか・・・
なかなか暖簾が掛かっている姿を見ることがかなったのでありますが、今日は店頭に黒板メニューも出ているし、暖簾も掛かっている
ならば、お邪魔してみることにいたしましょう



L1020254-1.JPG
食券を買うスタイルでありましたので、レシートはありませんし、わざわざ領収をもらうほどのことでもないし・・・
ってことで、正確な店名はわからないですが、角という字を丸でかこんでありますので、「角丸」とでも読むのでしょうか?


L1020260-1.JPG
店内のカウンターには、一人用の囲いがありまして・・・ 立食いそば界の「一蘭」といったとこでしょうかね
それほどまでに麺を啜っている姿を人に見られることっていやなことなのでしょうかね? ワタシにはりかいできないトコロであります

1杯260円と言う低価格であるにも拘らず、無料サービスも天かすに止まらず、キムチまでも・・・
太っ腹でありますが、経営のほうが心配になったりもいたしますね 
若いスタッフでやっているようですので、何とか永く頑張っていただきたいものでありますから・・・


L1020257-1.JPG
イカ天のうどんを頼んだのでありますが、残念ながら品切れであるとのこと
同価格の海老天を勧めていただきましたが、美味しい海老天は期待できないであろうと、ちくわ天に変更していただきました

関西風のうどん店が主流である昨今、こちらのお店はザ・関東風でありますね
かなりみりんの甘みが効いたお出汁でありますし、濃い口醤油を使うだけあって真っ黒でもあります
最近ではこの見た目にも味にもなれましたが、西から出てきたワタシにとって最初にこれと出会ったときにはかなりのショックを感じたものであります

お味はと言いますと、お値段なりというところでありましょう
駅そばなどと比較をしますと、出汁はこちらのほうが香り豊かで美味しいものであり、麺は互角といったところであります


L1020258-1.JPG
ミニカレー丼
うどんだけではちょっと物足りないだろうと、カレー丼を一緒にいただくことにいたします
まぁ、主力の商品ではありませんので、それほど期待もしなかったために失望感も大きなものではなく済みました
決して美味しくないわけではなく、既成感バッチリであったことだけが残念なことでしたね


営業時間や連絡先などの告知はどこにもなく詳しいことは全くわかりませんが、お腹が空いたタイミングと、こちらの営業時間とのタイミングがあったときには、またお邪魔してみましょうかね



【立ち食いそば・うどん 角丸(?)】
神奈川県横浜市中区長者町8-123 第三伊勢ビル1F


今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

京浜急行本線黄金町駅:「やよい軒」   彩りだけでなく、その美味しさ驚きであります

L1020250-a.JPG

ゴールデンウィーク初日
真夏日のような気温になったそうでありますが、ワタシは部屋で事務仕事に励んでおりました
この連休中にまとめておきたい仕事が少々あるモノですから・・・



L1020247-1.JPG
夜、少々早い時間ではありますが「やよい軒」へ伺います
お手軽な価格で定食がいただける便利なお店でありまして、けっこうお気に入りのチェーン店であったりするのです
ステーキなどの肉系から、サバ味噌といった和食系まで
商品も充実していますし、そのお味も悪くない 一時ブームになったセルフスタイルの定食チェーンとは比にならないモノです


L1020249-1.JPG
いただきましたのは「彩定食」
以前はこんな商品はなかったように思いますので、こんなに手間が掛かる商品までもを販売するようになったんですね
ポテトサラダ、豚の角煮、インゲンの胡麻和え、かぼちゃと挽肉の煮物、さばの塩焼き、お豆が入ったコロッケと6つものおかずを盛り合わせた、栄養バランスがよさそうなモノでありまして、これなら女性や年配者にも支持されること間違いなしでありましょう
ごはんの変わり自由を武器に、ガツンと系の男性だけでなく、女性が年配者など新しい顧客を掘り起こそうってことなのでしょうかね?

驚くべきことは、既成感バリバリのポテトサラダ以外は、そのどれもが下手な和食屋さんよりも美味しいこと
かぼちゃの煮物なんてビックリでしたよ
チェーン店でありながら、こういった商品を人品一品、キチンと手作りしているのでしょうか?
ありえないことだと思いながらも、その美味しさに舌鼓を打ちながら、ご飯のお替りをいただきます


L1020251-1.JPG L1020252-1.JPG
こちらは別注した“玉子焼き”
雑な巻き方ではありますが、キチンとお店で焼き上げられた玉子焼きでありまして・・・
程よくレアな卵の状態には驚かされます


やよい軒
以前から、お値段以上の美味しさを提供する定食チェーンであると認識していたのですが、これほどまでにレベルアップしているとは・・・
お客さまとして利用するにはうれしいことでありますが、業界の人間としては脅威であります



【ごはん処 やよい軒】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-125 登美屋第5ビル1F
045-253-3975

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

東急東横線渋谷駅:「ラ ロブロス」    渋谷ヒカリエにオープンしたカフェ オシャレな空間でいただくフレンチトースト

L1020233-a.JPG

変貌を遂げる東京駅を視察した後、渋谷へ移動
昨日オープンしたばかりの「ヒカリエ」へと向かいます
開店直後でありますから、かなりの人出ですごいことになっているのでは・・・ と予想していたのですが、意外とスムーズに視察することが出来ました
ゴールデンウィーク直前、しかも雨であったことが功を奏したのかもしれませんね



L1020241-1.JPG
大人女性をターゲットにしたと言うだけあって、そこにはセレブを感じさせる女性が集まっていましたね
地下3階から地上8階までをじっくりと視察しましたが、そのコンセプト通りオジサンには無縁の場所って感じでありまして・・・ 大人女性のエスコートを除いて、こちらへお邪魔することは稀になることでありましょう

さてさて、そんな視察にも疲れ、7Fのカフェで休憩することにいたします
厨房で焼き上げるパンと、有機野菜をコンセプトにしたと言うこちらのお店、焼きたてのパンをビュッフェスタイルでいただくことが出来るってのも魅力ですね


L1020234-1.JPG
そんなお店でいただいたのは「ダブルフレンチトースト」
フレンチトーストでサンドされた、異なるソースの2種類が一皿でいただけるという魅力に惹かれてオーダーいたします
サクッと焼き上げられているのですが、しっとりとカスタードを含んでいましてとっても柔らかいモノ
これは美味しいですね

同行者がいただいた「パンプティング」を少しいただいてみたのですが、これも濃厚な味わいがステキなモノでありますね


パスタなどの食事メニューも充実していますので、軽くお茶をするにも、しっかりと食事をするにも使えるこちらのお店
なかなか雰囲気も良く、ちょっとお気に入り
ヒカリエでのショッピングには無縁でありますが、こちらのお店を目的に伺うってことはありかも・・・



【PAN TABLE CAFE La LOBROS】
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ7F
03-3486-8401

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東海道線東京駅:「リーゾカノビエッタ」     まさかエキナカにリゾット専門店があるとは・・・  

L1020231-a.JPG

久しぶりの東京駅
ずっと長い間、改装工事が行われているのだけど、徐々にその姿を現し始めているとの情報を得て、ちょっと視察であります



L1020232-1.JPG
駅の地下、銀の鈴広場から八重洲地下中央口改札へ向かったところにある1軒のレストラン
とてもレストランがあるとは思えないようなところに、ポツンとあるのがこちらのお店
しかも、それがリゾットの専門店と言うから驚きであります
改札の中でありますから、乗換えをする人がわざわざここまで来るとも思いがたいですし、改札の外にいる人は当然利用することが出来ない
そんな不思議なレストランへ突入いたします


L1020225-1.JPG
リゾット
女性ターゲットの商品でありますから、お店のデザインはシャープで清潔感があるモノ、そしてそこで働く人の多くはターゲットするお客さまと同世代の女性でありまして・・・
これなら、ひとりの女性客も入りやすいこと間違いなしでありましょう


L1020228-1.JPG
電磁気で調理するために開発したのでしょうか?
そこが平らになったステンレスのパエリアパンで提供されたリゾット
メニューではネギやチキンがキレイに盛り付けられていたのですが、実際のモノは・・・
鶏肉やネギも一緒に煮込む調理法であるようで、このような形になったのでしょう

ライスはアルデンテと言うよりは、硬めに炊き上げたごはんって感じでありまして・・・
それにはちょっと残念でありましたが、チーズのコクが良く効いていてなかなかのお味にまとまっています
ちょっと味が単調だなと思われる方は、ブラックペッパーを少々振り掛けますと、味が引き締まった感じでより美味しくいただけますね


L1020230-1.JPG
一緒いいただいたメンチカツ
トマトソースとチーズが意外にも良く合いまして、リゾットだけじゃ物足りないって時にはいただきたい商品でありますね


マーケットがそれほど大きくないリゾットの専門店でありますが、かなりシステムが出来上がっているようですので、投資額や人件費などが抑えることが出来ているようですので多店化も可能なように思われます
ココ東京駅のみならず、いろんなところでこの店と出会えることが出来る日が来ると良いですね


【RISO CANOVIETTA】
東京都千代田区丸ノ内1-9-1 GRANSTA
03-5220-2374

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





RISO CANOVIETTA
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

横浜市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅:「八舟」     少し値上げされたようではありますが、安くて、うまい 鰻屋さんであります

L1020221-a.JPG

この1週間、鰻を食べたいと思うことがしばしばありまして、身体が疲れているのかな? なんて思っていたのでありますが・・・
そう言えば今は春の土用だったのでありますね
夏の土用の丑の日に鰻を食べることはイベント化されていますが、春だって季節の変わり目に体調と整えるためにもスタミナを補給しなさいと身体から指令が出ていたのかもしれませんね



L1020222-1.JPG
そんなことで、鰻をいただきましょうと「よこはまばし商店街」へと足を向けます
この商店街、横浜市民の台所とも呼ばれるように、食品を扱うお店が軒を連ねてまして、ココ「八舟」さんは、その阪東橋側の入り口から近いところにあります
当然、お店の前には焼き上げた鰻を外販するコーナーがありまして… というより、こちらがメインで飲食できるスペースが併設されていると言った方が良いかも知れませんね


L1020220-1.JPG
鰻の高騰が騒がれる昨今、鰻屋さんは大変なことでありましょう
そんなことが影響してか、以前とメニューが少々変わっていました
単純に値上げをするのは忍びないってことなのでしょうか、これまでの、並、上、特上に加えて、並ダブルと言った商品が登場していましたが、全体的に500円ほど値上げされたようですね
「安い、うまい、本格炭火焼のうなぎ蒲焼」が謳い文句であったのですが・・・ と言っても街中の鰻屋さんと比べると十分にお値打ちなのですがね・・・

さて、いただきましたのは“並ダブル”であります
その名の通り、鰻をたくさん食べたい人に・・・ ってことで、並みの鰻がダブルで入っているモノであります。
ご飯とご飯の間に一人前、そして、ご飯の上にも一人前 これだけ鰻が入ってますと、「あー、今日は鰻を食べたなぁ」って満足感に浸ることが出来ますね

吸い物はちゃんと肝吸いでありますから、元気の補給もバッチリ
ゴールデンウィークは元気に乗り切れることでありましょう


土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の直前約18日間のことを言い、その間にある丑の日を土用の丑の日というのであります

従って今年の土用の丑の日は、
春:4月22日、5月4日
夏:7月27日
秋:10月31日
冬:1月29日
ってことですね
ゴールデンウィークの後半、その疲れを取るためにも、また鰻を食べなきゃですね


【うなぎ蒲焼 八舟】
神奈川県横浜市南区真金町2-18
045-251-5270

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

JR根岸線関内駅:「カフェ レジェンド」    カウンターに並んでいただくパスタはボリュームたっぷり

L1020215-a.JPG

お昼 今日は何を食べようかなぁ〜
中華は昨日食べたし、お肉の気分ではないし・・・
なんて考えながらブラブラとしていましたら、レジェンドの看板を見かけてパスタに決定



L1020205-1.JPG
メニューを見ますと、今週の週替わりランチはハンバーグとのことでありまして・・・
お肉の気分ではないってことで、こちらを選んだはずなのに、そのハンバーグに惹かれるワタシ
やっぱり肉食なんですね
そして和牛薄切りステーキなんて商品もあって・・・ もう気持ちはグラグラであります


L1020213-1.JPG
とは言え、やっぱり今日はパスタをいただくことにいたしましょう
いくつかのパスタメニューが用意されていますが、久しぶりにカルボナーラを・・・

こちらのカルボナーラ
かなり濃厚なチーズの香りとコクが楽しめるものであります
程よいアルデンテに茹で上げられた麺にベーコンの塩味がが加わり、この濃厚なソースとの相性が抜群なのです
ワタシの苦手な生クリームぽさを感じることが無い見事なカルボナーラ
ワタシの好きなタイプのモノであります


L1020210-1.JPG
一緒に提供されるサラダとピクルス
たっぷりのサラダには酸味が強いドレッシングが掛けられてますので、とってもサッパリとした食感であります
また、ピクルスにはセロリが入っていまして、その爽やかな香りも美味しいですね
子供の頃には苦手だったセロリの香りが、今ではこんなに好きになるなんて・・・


L1020206-1.JPG
こちらのお店はカウンター席だけの10席ほど
小さなお店ではありますがホテルで修行したシェフがひとりでやっているお店でありますから、いつでも変わらぬ美味しさを楽しむことが出来るのです
混み合ったときには少々待たされることのありますが、美味しいものをいただくためには少々の我慢も必要ってことで・・・

パスタだけでなく肉料理もありますし、そのボリュームもしっかりとしてますので、男性でも十分に満足できるお店でありますね



【CAFE LEGEND】
神奈川県横浜市中区常盤町4-52 松むらビル1F
045-641-7399

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

JR根岸線関内駅:「鳥清」    回りはカリッと、中はふっくら 美味しい焼き鳥屋さん

L1020191-a.JPG

ランチの後、1時間ほど上島珈琲店で時間を潰し、次の打ち合わせであります
長く飲食店での勤務をしていた人が、独立をして飲食店の開業をしようということで相談をいただいたのであります
どんなお店を作りたいのか 
彼の頭の中には、しっかりとした方向性が決まってますので、それを一つひとつ丁寧に具体化していきましょうってことであります




L1020185-1.JPG
初回の打ち合わせを終え、食事を共にいたします
「鳥清」
去年の8月にランチで伺いお気に入りになったお店なのですが、それ以来なかなかチャンスが無くて・・・
焼き鳥は好きなのですが、お酒を飲まないワタシには縁遠いお店なんですよね

大和駅前に本店を構え、東神奈川や関内へ店舗網を拡大している人気店でありまして、その歴史は、屋台時代を含めると50年なのだとか
それだけの長い期間、お客さまに支持されるだけの美味しさを楽しみに伺うことにいたします


L1020187-1.JPG
ポテトサラダにもつ煮、それから焼き鳥や焼豚など数品をいただきます

ゴロゴロと形を残したままのポテトサラダは、マヨネーズだらけでもなく身体に優しそうな味付けでありまして、お酒をいただく人にはちょっと物足りないかも・・・ でも、ワタシにはちょうど良い味付けでありますね

名物のモモ焼き
豪快にかぶり付きますと、ジュースが滴るほどのモノ
カリッと焼かれた皮目に、程よい塩味 身はふわふわでジューシー
これは、名物の名に恥じない商品でありますね


L1020197-1.JPG
入店したときの先客はひとりだったのですが、だんだんとお客さまで賑わってきまして、お店を出るときにはほぼ満卓状態でありました

美味しい焼き鳥をいただくには程よい規模のお店でありますし、それほど造り込まれてない気軽な雰囲気の店内も良いのでしょう
大和だけでなく、関内のお店も大人気のようですね




【鳥清】
神奈川県横浜市中区常盤町2-11
045-228-8020

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「生香園」   美味しい中華を友人とシェアしていただく

L1020180-a.JPG

今日は暑い
なんでも夏日であるようで、ジャケットを羽織っていたのでは汗が流れてしまうほどでありました
友人が手作りのアップルパイをプレゼントをくれると言うので、馬車道のジョナサン前で待ちあわせといたします




L1020183-1.JPG
ちょうどお昼時でもありましたので、先ずはランチをいただきましょうと「生香園」
言わずと知れた周シェフのお店でありますね
本館と新館 それが同じ通りの一角だけ離れたトコロにありまして、その両店を行き来する周シェフの姿を見かけることもしばしばであります


L1020178-1.JPG
新館にはビジネス向けのランチメニューなどがあるのですが、こちら本店ではそれらは用意されてないようでありまして・・・
ならば、お勧めの商品からいくつかをチョイスして、2人でシェアすることにいたしましょう

前菜として棒棒鶏をいただき、しっとりと柔らかな蒸し鶏に、コクがある胡麻ダレのおいしさを楽しんだ後は麻婆茄子
たっぷりの挽肉と一緒にラー油や豆板醤で茄子が炒められたモノでありまして、挽肉から出る旨み美味しくいただけますね


L1020182-1.JPG
そして、〆には海鮮炒麺
分厚いホタテやプリプリの海老にアワビまで入った豪華なものでありまして、たっぷり野菜とともにいただくことが出来ます
オーソドックスな醤油ベースの味付けでありまして、これが麺との相性も良く、なるほど人気メニューであることがわかります
タラッとお酢を垂らしていただいても美味しいですね


L1020201-1.JPG
そしてお土産でいただいた“アップルパイ”
丸いパイ生地の上にりんごが並べられたものを想像していたのですが、全く異なるスタイルが新鮮であります
パイ生地に包まれたりんごは、甘く煮込まれているのにシャキッとした食感を残していて・・・
シナモンなどの香りに頼ること無く、りんご本来の甘みでおいしくいただけるモノでしたよ

って書いていますと、この友人は女性のように思われる方もいるでしょうが、この友人は今流行のイケメンスィーツ男子だったんですね




【生香園 本館】
神奈川県横浜市中区相生町5-80
045-651-5152

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

JR相模線厚木駅:「たいざん」   海老名SAで海老油が美味しく香るラーメンをいただく

L1020176-a.JPG

お仕事で海老名サービスエリア
新東名の開通で混んでいるのかと思いきや、GW前の平日、しかも雨の日 そんなことが影響したのでしょうか?
閑散としていて拍子抜けであります




L1020172-1.JPG
フードコートもガラガラでして、一番人気の「たいざん」さんも並ぶこと無く商品を買うことが出来ました
前回は深夜にお邪魔しまして、深夜帯限定の商品である“紅富士大麺豚W”なる特盛をいただいてみたのですが・・・
やっぱりこの手の商品は若者限定ですね 必至で完食はしたものの二度と食べることは止めようと誓ったのであります


L1020174-1.JPG
で、今回は最もノーマルなというか、こちらの一番商品であろう“えびしお”をいただくことにいたします
カウンターで商品をいただき、テーブルまで運ぶ間にも、香ってくるのが海老の芳ばしい香り
これがホントに良い香りなんですよ
スープをいただいても、麺を啜っても、この美味しい香りが鼻を抜けまして・・・
食欲を掻き立ててくれるんですよね

スープは塩味
ほんのりと塩が持つ甘みを感じることが出来るスープですから、岩塩とかミネラル分をたっぷりと含んだお塩が使われているのでしょうね
身体に優しい感じがいたします

ちょっと茹で湯の温度が低かったのか、今日の麺はボソボソとしたものでありましたが、そんなマイナスを吹き飛ばすくらいに美味しいスープであります


本店は静岡県の富士市なのですが、川崎にも支店があって・・・
これまでに何度か、その川崎のお店でいただいたことがあるのですが、ココはフードコートってことで、何かが違うのでしょうね
美味しくいただけはするものの、川崎の店のそれとはちょっと違う・・・ 
そんな感じがするのが残念ですね



【らーめん たいざん】
神奈川県海老名市大谷南5-1-1 海老名サービスエリア(上り線)EXPASA2F
046−244−5300

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





posted by koutagawa at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

京浜急行本線黄金町駅:「とんがらし」   オモニ手作りの本格純豆腐 辛目ではありますがアサリの出汁と生卵でまろやかに

L1020158-a.JPG

寒い・・・
久しぶりにそう感じる日でありまして、なんだか温かいモノをいただきたい気分になります
先日、「家の近所に、オモニ手作りで自信満々の“スンドゥブ”を売っているお店があるんだよ」なんて話をしていたことも手伝ったのか、どうしてもグツグツと沸騰した“スンドゥブ”が食べたくなったので・・・



L1020154-1.JPG
黄金町駅側から伊勢佐木商店街に入って数軒目、黄色いテントが目印のお店であります
料理自慢のオモニがやっているお店でありまして、色んな韓国料理がいただくことが出来るところがお気に入りなのでありまして・・・
ごはんセットを頼むといただくことが出来る、パンチャン(おかず類)のどれもが美味しいことも魅力でありますね


L1020159-1.JPG
そんな中でも、一番の自信作が“スンドゥブ”
アサリの出汁をしっかりととったスープが格別なのであります
けっこう辛味が強いのですが、豆腐の甘みや、この出汁の旨みで、それほど辛いとは感じること無くいただくことが出来るのです
生卵も割られていますので、それと解していただくと辛味が苦手な方でも美味しくいただくことが出来るのではないでしょうか


L1020166-1.JPG
キムチは基より、ニンニク風味の塩ダレで調味されたボイルブロッコリーやヒジキなどが提供されまして・・・
もちろんこれらも美味しいのですが、驚いたのはこの緑色した葉っぱのサラダであります
じつはこの葉っぱ、“たんぽぽ”なのであります
野草でありますから、もっと癖が強いのかと思いきや、苦味も無く自然にいただけますね

タンポポには消化を助ける作用があるとも言われてますし、春の先取りって感じもして・・・
まさかココでいただけると思わなかっただけに感動でありました


初見では、ちょっと入り辛さを感じてしまうかもしれませんが、気さくなオモニがもてなして下さいますので、すぐに雰囲気に解けこめると思いますよ



【とんがらし】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町6-146-5
045-252-3744

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

JR山手線上野駅:「日鶏〆」   朝引きの鶏肉にこだわる焼き鳥が見事な居酒屋であります

L1020146-a.JPG

ほぼ定例化してきました「こちら飲食店開業準備室」のサークルミーティングですが、参加者もだんだんと増えてきまして・・・
遠方は山梨県からの参加者もいたりして、時間とコストを掛けて参加していただいているので、一つでも多くのヒントを持ち帰っていただかなきゃ・・・ と主催者ともども気合が入ります


L1020153-1.JPG
今回の会場は上野駅前にある「日鶏〆」なるお店
その名は、“その日の朝に〆た鶏肉を使う”ことからきているとのことでありますが、他にも“独り占め”の意であるとか、“太陽の光を浴びて育った鶏”であるとかの意もあるとのこと
なんとなく美味しそうな鶏肉料理がいただけそうな予感がいたします


L1020145-1.JPG
ゆったりと席が取られていますし、カウンターも奥行きがあり居心地が良いお店であります
そんな店内の雰囲気もそうですが、「朝引き地鶏とこだわり野菜」との冠の通り、女性を意識した商品が用意されていますね
いただきました“本日の国産多品目野菜盛り合わせ”はバーニャガウダー的なものでありまして、シャキッとみずみずしい野菜を美味しくいただくことが出来ました
そんなコンセプトがお客さまにキチンと伝わっているのでありましょう 女性一人のお客さまがカウンターで焼き鳥をつまみにワインを飲んでいる姿も・・・
なんだか格好良いですね

いくつかの商品をいただいたのですが、“焼き鳥”の美味しさは感動モノ
表面は香ばしく、中はしっとりとフワッと柔らかく焼き上げられていまして、焼手の技術を察することが出来ますね

L1020150-1.JPG
居酒屋の定番メニューである“唐揚げ”
かなりしっかりと味が付けれられたものでありまして・・・ お酒を飲まないワタシにはちょっと濃すぎる感もありますが、鶏の新鮮さとフワッと揚げられた食感は見事なモノであります

素材にこだわるだけでなく、その調理にもしっかりとした技術とこだわりを持つ、かなりレベルが高い居酒屋だと感じます



お店を後にしてわかったことですが、こちらのお店は「横浜天下鳥」の支店であるようですね
ならば、焼き鳥の美味しさが素晴しいことも納得なのでありまして・・・
今は無くなりましたが、関内にあった本店には良く足を運んだものであります
そんな懐かしいお店と、上野の街で偶然に出会うとは・・・
何かに引き寄せられたのかもしれませんね



【朝引き地鶏とこだわり野菜 日鶏〆】
東京都台東区上野7-2-20 ニュー上野ビル1F
03-3845-3773

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相模鉄道本線横浜駅:「勝烈庵」    甘みたっぷりのソースと柔らかいヒレカツが自慢の横浜を代表するとんかつ屋さん

L1020138-a.JPG

友人とのランチのために横浜へ
胃を取り去ってひと月、だんだんと食べることが出来るものが増えてきたらしく、今日は久しぶりにとんかつが食べたいのだと言うのだ
塊のお肉はダメ、生野菜もダメ そんな生活だった彼が、油っぽいカツや、キャベツの千切りを食べられるようになったとは喜ばしいことであります



L1020142-1.JPG 
それで、ジョイナスのレストラン街にある「勝烈庵」
彼は、最もこのお店のカツが好きなのでそうで、以前は月に2回〜3回ほど使っていたらしいのであります
甘みたっぷりのソースが特にお気に入りであるようでして、それをたっぷりとカツにつけ、これまたたっぷりのからしと一緒に・・・
ゆっくりではありますが、一人前をペロリと、満面の笑顔でいただく彼を観ていると、なんだかワタシまで幸せに思えてきますね


L1020135-1.JPG
“ふじ定食”
4月1日〜30日までの期間限定商品 と言いましても、期間限定なのは、その内容でありまして・・・
今月のふじ定食は、ヒレかつ・小えびと新グリーンピース、チーズのメンチかつ・鶏むね肉の三色巻(モロッコいんげん、パプリカ赤、黄)・ペコロスの豚バラ巻であるとのことです

常連である彼の言葉を借りますと、こちらを訪れる女性のお客さまは、ほとんどがこれを注文しているとのことであります
実際、今日もたくさんのお客さまが注文していらっしゃいましたね
野菜を使った揚げ物でありますから、ヘルシー感があるのでしょうかね
鶏の胸肉って言うトコロにも惹かれるのでありましょう

とは言え、こちらの看板商品であるヒレカツも盛りあわされていますし、お腹を満たすには十分なボリュームもあり、男性であるワタシも満足できるものでありましたよ


L1020133-1.JPG
お店はオープンな調理場でありまして、カウンターの席をいただきますと、調理する姿を見ることができます
ブロックのお肉を切り分ける姿、そのお肉に一枚ずつ丁寧にパン粉を付ける姿、そして、それらを寸胴のようなお鍋で揚げる姿も見ることができる
これも一つのエンターテインメントでありますね


創業期から変わらぬソースの味
はっきり言って、ワタシには物足りなく、ボケた感じすらするソースなのでありますが・・・
万人に好まれようとするのではなく、このソースを好んでくれるお客さまを大切に育てながら、お店の繁盛を継続する
老舗店らしい経営の方針でありますね



【勝烈庵】
神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナスB1F
045-311-2165

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





勝烈庵 相鉄ジョイナス店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

京浜急行本線大津駅:「にぎり一丁」   “とんがらし”とも呼ばれる珍しい赤えびのお寿司をいただきます

L1020123-a.JPG

久しぶりの横須賀
と言っても、3ヶ月ぶりほどのことなのですが、以前、毎月のように訪ねていた街でありますので、かなり久しぶりのように思えてしまうのですかね




L1020131-1.JPG
カニ料理のお店、ハンバーグのお店、焼肉のお店、そして回転寿司のお店が集まった広場がありまして、その全てが地元のお客さまに高い支持を受けている繁盛店なのであります

今日の気分は・・・
やっぱり回転寿司でしょうかね 
「お店を作るなら繁盛店の近くに作れ」と言う言葉があるように、つい最近「かっぱ寿司」が出店したようですね


L1020124-1.JPG
かっぱ寿司の前にも、「スシロー」や「はま寿司」などが出店していまして、それらのお店と差別化をするために、こちらでは圧倒的な白身の品揃えをすることと、佐島で獲れた新鮮なお魚に力を入れているようであります
その品々は、立ちのお店でいただくモノに負けないほどにしっかりしていますし、ピッチピチのネタであります
お寿司ではちょっと珍しい“太刀魚”
皮目が焼かれていますから、その香ばしさもあって、とっても美味しくいただくことが出来ました

そして、地元佐島ではありませんが、沼津から取り寄せたと言う“とんがらし”とも呼ばれる赤えび
関東に市場に出ることも珍しく、まして生でいただくってことも珍しいエビであるようです
スタイルは甘エビのようでありますが、エビには珍しく脂がのったモノでありました


L1020121-1.JPG
そして、こちらは長崎から取り寄せたと言うサバ
その鮮度自信があるから、酢〆せずに生で提供していただくことが出来ます
この時期ですから、それほど脂がのっているモノではありませんが全く臭みが無く美味しくいただけました


美味しいことはもちろんのこと
立ちのお店ではなかなか食べられない珍しいネタがいただけるところが魅力でありまして、ついつい足が向いてしまうお店であります


【にぎり一丁】
神奈川県横須賀市三春町4-8
046-822-6566

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅:「かつき亭」    サクッと揚がった衣の中にはプリップリの海老 ツヤツヤごはんとともに

DSC_5038-a.JPG

お仕事で吾妻橋へと出掛けます
話題のスカイツリーのお膝元でありまして、本所吾妻橋の駅を出ますと正面にその姿がそびえています
あまりにも大きくて、足元を見ますと頂上が見えないし、頂上を見上げると足元が見えない
灯台下暗しではありませんが、近すぎるってのも、ちょっと・・・ でありますね



DSC_5030-1.JPG
さて、せっかく吾妻橋へ来たのでありますから、ココのエビフライを食べない手はないでしょう
ってことで「かつき亭」
スカイツリー人気にあやかった“とんかツリー”なる商品も面白そうなのですが、残念ながら3〜4人前ということなので・・・


DSC_5033-1.JPG
16:00過ぎ
夕食にはまだ早い時間ではありますが、こちらのお店には休憩時間がないとのことで、打ち合わせ終わりにお邪魔することにいたします
最近、ちょっと改装と言うか手直しをしたようで、すっきりとした美しさがありますね


DSC_5036-1.JPG
エビフライ定食
こちらにはジャンボエビフライなる商品もあるのですが、大きなものは大味になりがちってこともありまして、ノーマルなモノをいただくことにいたします
2本の定食と3本の定食が用意されていまして、お腹の具合によって選ぶことが出来るなんて気遣いもありまして・・・ お客さまに優しいお店であるようですね

3本の定食を選びます
決してお腹が空いていたわけではないのですが、3本のほうが絵になりそうでしたので・・・

サクッとした衣に包まれた、プリッとした海老
多くのお店のように海老を伸ばすようなことをしていないから、ギシッと詰まった身がプリップリでありまして・・・
海老を食べてる〜 って実感できるエビフライに仕上がっていますね


料理の美味しさもさることながら、こちらのお店で提供されるご飯が、また素晴しいものでありまして・・・
ツヤツヤ そしてひと粒ひと粒がしっかりとしたモノ
こういった基本に忠実な姿勢が、長く繁盛を続ける秘訣なのでしょうね




【こだわりとんかつ かつき亭】
東京都墨田区吾妻橋3-6-15 サンサーラ吾妻橋1F
03-3625-9211

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「ステーキくに」   美味しいステーキを楽しく食べる夕べ in赤坂 

L1020113-a.JPG

今月もやって来ました 「美味しいステーキを楽しく食べる夕べ」
美味しいステーキはもちろんのこと、いろんな人との出会いが楽しくって、都合が許す限りお邪魔することにしているのであります
いつもほぼ満席になるほどの参加者がいらっしゃいますから、グループで行かない限り相席での食事となりますから、ひとりで伺っても、同席した方とゆっくりとお話を楽しむことが出来るんですよね

今回はどうしたことか、同じテーブルを囲んだのはステキな女性でありまして、4人掛けのテーブルに男一人
こんな天国のような時間に、終始デレデレだったワタシであります



DSC_5028-1.JPG
毎月第3水曜日の夜、60席ほどのお店を貸切にして行われる会でありまして、こちらのオーナーシェフである一瀬氏が主催のモノであります
その一瀬氏が、各テーブルを回りながら、参加者の目の前でブロックのお肉を切り分けてくれるサービス付き
親しみやすい人柄のオーナーでありますから、こんなコミュニケーションも楽しいひと時であったりもします


L1020097-1.JPG
会はコース仕立てでありまして、オードブルからスープ、そしてメインのお肉と続いていきます
そんな中でも、特にお気に入りでありましたのが“ウニのアメリケーヌ”
濃厚なアメリケーヌに、これまた濃厚なウニ
このコラボレーションが何とも言えず、美味しくいただくことが出来ました


L1020117-1.JPG
メインのお肉
上等な米沢牛のステーキと、日本人の嗜好に合うように生産されたと言うオーストラリア産の鳴尾ビーフ
その両方をガッツリといただくことが出来るのです

ステーキは厚切りであることが美味しさの秘訣
そう語るオーナーの工夫で、サーロインをこんなにも分厚くカットしていただけます
そして、そんなお肉を炭火で焼き上げるのですから、表面はカリッと焼かれ、中はミディアムレア
赤身の旨みを楽しめる鳴尾ビーフと、お口の中でとろけそうなほどの米沢牛を堪能させていただきました


L1020109-1.JPG
そんな会をステキな歌声で盛り上げてくれる「水季 可奈」さん
抜群の可愛さで、参加者のオジサマを鷲掴みって感じですね
会の後に2人でゆっくりとお話することが出来たんですよ こんな幸せがあって良いのでしょうかね?


L1020119-1.JPG
コーヒーとともに〆のデザートをいただき、お腹も大満足
コッテリとした甘みの抹茶ティラミスと酸味が効いたベリー、それに和の美味しさであるバニラアイスクリームと小倉餡 
メロンまで付けちゃって、これでもかってほど色んな味で楽しませようとする、旺盛なサービス心がありがたいですね



【炭焼きステーキくに】
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル1F
03-3519-5529

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅:「廣翔記」    コテコテ、トロトロ 濃厚豚骨スープの豚角煮麺

DSC_5014-a.JPG

お腹が空いたお昼
ガツンとお腹に溜まるような中華が食べたい そんな気分でお店を探します
周さんのお店で“海鮮焼きそば”をいただくか、それとも、最近気になっている味雅の“しいたけそば”をいただくか、それともどこか新規開拓をするのか・・・



DSC_5026-1.JPG
迷った挙句、伺ったのは「廣翔記」
中華街に本店を構えるフカヒレの専門店であります
とは言えワタシが伺ったのは関内にあるお店でありまして、この支店が出来たのは1年ほど前のこと
そろそろ、町に馴染んできたって感じでしょうかね


DSC_5012-1.JPG
数あるランチメニューの中から“豚角煮麺+ミニ麻婆豆腐丼”をいただくことにいたします
フカヒレ専門店ってことでフカヒレを使ったランチメニューも用意されているのですが、これまでに数回こちらのフカヒレ料理はいただいたことがありますので・・・

この角煮麺 提供されてビックリしたのは豚骨スープであったこと
それも、コテコテ、トロトロの濃厚なモノでありまして、街場にある豚骨ラーメンのお店並み、いやそれ以上かもしれませんね
豚角煮と言うことでの、豚つながりなのでしょうかね?
もしそうだとすると、この商品だけのために豚骨スープを・・・ 例えそれが濃縮スープであったとしてもスゴイことですね

八角の香りとともに煮込まれた豚の角煮
ちょっと硬めではありましたが、本格的な中華の香りで美味しくいただけますね


DSC_5019-1.JPG
そして、ミニ麻婆豆腐丼
これもまた、花山椒とラー油が効いた、かなり本格的なモノ
お茶碗に3分の1位の可愛いものでありますが、こってりとした豚骨スープと一緒でありますから、十分にお腹を満たしてくれました


DSC_5020-1.JPG
忙しい時間が終わったのを見計らいお邪魔いたしましたので、先客は一組
ゆっくりとしたランチを楽しむにはこんな時間にお邪魔するのがベストかもしれませんね
せっかく時間が自由になる仕事をしているのですから・・・



同じように忙しい時間をずらしてやって来たのでしょうか?
コース料理を楽しんでいた先客に提供されたチャーハン 
これが何らかのミスでか味がのっていなかったようで作り直していただくことになったのですが、一度失った信頼を取り戻すことは難しいようで・・・

作り直しを待っている間、「さっきのやつに調味して持ってくるんじゃない?」とか、提供されたものを見ても、「さっきのよりも器が小さくない? 量を多く見せようとしてるんじゃない?」などなどとの会話で盛り上がっておられましたね
お客さまの怖さを見たような気がして、なぜかドキドキでしたよ



【廣翔記】
神奈川県横浜市中区常盤町3-24 廣翔記ビル
0120-660-168

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「海南亭グリル」    目の前で焼き上げてくれるステーキを丼でいただきます

L1020092-a.JPG

お肉が食べたい
そんなことが頭を過ぎり、離れようとしないのです
焼肉屋さんに行こうかとも思ったのだけど、どうもソレとは違うような気がして・・・



L1020077-1.JPG
久しぶりに“とん漬け”をいただくことにしようと「みなと亭」へ伺ったのでありますが・・・
その2Fにある「海南亭グリル」のランチメニューにあった“ステーキ丼”の文字に心変わりであります
お肉=牛肉であるワタシにとって、この誘惑には勝てないんですよね


L1020082-1.JPG
狭く小さい螺旋階段をトントンと上ったところに入り口がありまして・・・
外からは全くお店の雰囲気を覗くことが出来ないお店 これってちょっと緊張しちゃうんですよね

スナックのような扉を開けますと、その両サイドに客席が広がりまして、左手には鉄板を囲むカウンター、そして右手にはテーブル席が並んでいますね
窓か少ないお店でありますから、店内は証明による明かりだけでありまして・・・
ソレが、ちょっとした高級感と、心地良い雰囲気を作り出していますね


L1020086-1.JPG
注文を聞いた後に、ブロックのお肉を切り分けてステーキを焼き始めていただけます

きれいに磨かれたグリドル 
そこに切り分けられたお肉が乗せられると、ジューと美味しい音を立てながら肉汁が滲みます
そのタイミングでお肉をターンして・・・
間もなくそのお肉を、丼へ


L1020090-1.JPG
ミディアムレアに焼き上げられたステーキは、程よくお肉の歯応えを感じながらも柔らかいお肉でありまして、ランチ価格の割にコストパフォーマンスが高く感じられました

残念なのはソース
もちろん美味しくないってワケではないのですが・・・
「和風ステーキと小皿料理」と銘打っているお店でありながら、このソースは韓国的なモノでありまして・・・
コチュジャンのような、甘みと辛味があるソース これが、ワタシの口にはちょっと合わなかったのです
出来ればニンニク醤油のようなソースや、わさび醤油のようなソースだったら、もっと美味しくいただくことが出来ただろうに・・・ なんて思っちゃったんですよね

とは言え、サラダや味噌汁はしっかりとしたものでありまして、こちらのお店は真面目に調理した商品を提供していただけるお店であるってことはしっかりと伝わりましたよ



【海南亭グリル】
神奈川県横浜市中区相生町4-65 高岡ビル2F
045-651-5240

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





海南亭グリル
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「チャンパー」     いつから始まっていたのか? お昼だけのビュッフェはかなりお値打ちです

L1020067-a.JPG

昨日の深夜番組でタイのメディアやグルメが紹介されていて・・・
それを観ていたら、どうにもタイ料理が食べたくなったんですよね
それで、今日のランチはタイ料理


L1020059-1.JPG
どこのお店にしようかと歩いていたら、タイ料理のビュッフェをやっているとの看板を発見
いつもとおっているお店の前なのですが、こちらでランチビュッフェを始めただなんて、まったく知りませんでしたよ
グリーンカレーやレッドカレーもあるようですから、今日はこちらに決定といたしましょう


L1020063-1.JPG
先ずは前菜的な料理をあれこれといただくことにいたします
野菜不足でもありますから、こういった機会にこそ、たくさんの野菜をいただかないと・・・

このビュッフェ
お肉系の料理は少ないのですが、タイ独特の香りたっぷりの料理がズラリ
この香りが癖になるんですよね〜

最もノーマルなグリーンサラダ
シャキッとしたレタスが実に美味しくって・・・
このシャキシャキは家庭ではなかなか出来ないんですよね


L1020068-1.JPG
そしてグリーンカレー
こちらにもたっぷりのナスや筍が入っていまして、とってもヘルシーでありながら、かなり香辛料が効いた辛口
パラパラに炊きあがったタイ米も美味しいです


L1020071-1.JPG
そしてレッドカレー
タイを代表するカレーを一度に2種類もいただけるなんて・・・
これも、ビュッフェならではの楽しみであります
こちらのカレーにもブロッコリーやカリフラワーなど野菜がたっぷり

どちらのカレーの美味しさは本格的なモノですね


最後にフルーツ
タイ旅行をした際に泊まったホテルでの朝食
そこでいただいたフルーツがとっても美味しかったことを思い出して、メロンとパインなどをいただいたのですが・・・
ちょっとまだ若くて甘みが少ないものでしたね ちょっと残念・・・


お昼の時間だけのビュッフェ
お値段もお手頃に設定されて、その価値は十分ですね



【THAI DINING CHANPHA】
神奈川県横浜市中区住吉町5-59 リッチモンドホテル横浜馬車道1F
045-680-1415

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

京浜急行本線黄金町駅:「じゃのめや」    いつも美味しさと、いつもの笑顔に迎えられて“小口ステーキ”

L1020056-a.JPG

雨がしとしと日曜日
昨日と打って変わって寒い日であります
こんな日はお出掛けする気にもなれず、ご近所でランチをいただきます


L1020050-1.JPG
「じゃのめや」
ホームページを見ますと、今日のランチに、あの“小口ステーキ”が登場するではないですか
ならば売り切れないうちに・・・
ってことで、あわててお店へと出掛けます

開店から30分過ぎた時間
既にたくさんのお客さまがいらっしゃいましたが、運良く“小口ステーキ”は、まだ残っているとのこと
この雨で、お客さまの出足が悪かったことが功を奏したようですね


L1020053-1.JPG
やってきました“小口ステーキ”
いつもにもましてツヤツヤとした輝きを放ちながら・・・

程よく脂身がかんだ上質なお肉 それの表面をカリッと焼き上げに肉汁を閉じ込めてある
だから、サクッとした歯ざわりに、プニュッとした舌触り
そして、お口の中に肉汁が広がります

メンテルバターの塩味にも良く合いますし、添えられているニンニク醤油との相性も最高
何度いただいても、この美味しさには感動でありますね



忙しく動き回りながらも、お客様のことを良く見ている仲居さん
牛鍋をしているお客さまには「上手くいってますか?」と声を掛けたり、ワタシには「ご飯、足りてますか?」と声を掛けたり・・・
こんなちょっとした気遣いがうれしくって、料理もさることながら、こちらのお店に足を運んでしまうんですよね


【じゃのめや】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
045-251-0832

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

JR根岸線関内駅:「りこう」    ステキな雰囲気でいただくお昼の松花堂は、目をも楽しませるおごちそう!

L1020045-a.JPG

春のポカポカ陽気 
レザージャケットでお出かけしたのですが、じんわりと汗ばむほどに暖かな日であります
とは言え、夜にはちょっと肌寒さを感じることもあって・・・
お洋服には気を使いますね



L1020038-1.JPG
雑居ビルの2F
目立たない小さな階段を上ったところにある「りこう」ってお店
なかなかお邪魔する機会に恵まれず、今日までお預けになっていたのであります
ランチが終わるギリギリの時間ではありましたが、今日のこの機会にと飛び込んできました


L1020041-1.JPG
カウンターのお席をいただきます
奥行きあるゆったりとしたカウンター席でありますから、まったく嫌な気がしないというか、特等席のような気さえいたします
一枚板が使われた高級感もステキな雰囲気を演出していますね


L1020043-1.JPG
お昼のメニューは、“お昼のコース”と“松花堂弁当”2つだけ
ひとりでお邪魔したので、当然、松花堂の弁当をいただくことにいたします

6つに仕切られた松花堂には、生桜海老がちりばめられたサラダと鰹のお造り、焼さばにメンチカツ、それに鶏肉の煮物と茶碗蒸しと、キレイに盛り付けられています
注文を受けた後に、一つひとつを丁寧に盛り付けてくださいますから、提供まではちょっとだけ時間が掛かりますが、彩りもキレイですから、先ずは目で楽しむことが出来るお弁当でありますね

ごはんは五穀米
身体に優しいってこともうれしいことでありますね

もちろん、どのお料理も美味しくいただけるものでありまして・・・
その中で特に美味しかったのが茶碗蒸し
クリームソース茶椀蒸しと名づけられたものでありまして、ベシャメルと卵を混ぜ合わせたような茶碗蒸しなのであります
濃厚で、トロッとしていて・・・ コクがある
これだけをわざわざ食べに来ても良いほどの満足感 素晴しい一品との出会いでありました


ステキな空間でいただく、目にも美味しいおごちそう
小さなお店でありますので、一つひとつのお料理に繊細な心遣いが出来るのでありましょう
ちょっとした接待に利用しても恥ずかしくないお店でありますね
お気に入りであります


【日本料理 りこう】
神奈川県横浜市中区常盤町3-27-3 ラパンビル2F
045-263-8676

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





日本料理 りこう
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「ネオジパング」   お手軽価格でスパゲッティをお腹いっぱいにいただけるお店が開店しました

L1020034-a.JPG

先月末に開店したばかりのお店へ伺うことにいたします
ひと月ほどの短期間の工事期間でありましたが、その工事期間中に店内を覗きますと、牛丼屋さんのようなカウンターを造っておりまして・・・
お隣に松屋さんがあるのに? なんて思ったりしていたのですが、なんとスパゲッティ屋さんだったのですね



L1020027-1.JPG
こちらのお店、「つぼ八」さんの新業態でありまして、ココ伊勢佐木のお店が1号店であるようですね
「金の蔵」などでお馴染みの三光マーケティングフーズさんがやってる「東京スパゲッチ」に倣っての出店でありましょうかね?


L1020033-1.JPG
券売機で食券を買うシステムでありまして、そのスパゲッティのメニューは10種ほどでありまして、並盛りか大盛り、それにニンニクを増量するかしないかを選ぶことが出来ます

こちらのスパゲッティは全て生パスタが使われていまして、その生パスタはモチモチとした食感を出すために2日間も熟成させたモノであるとのことでありますから、その食感が楽しみですね
どうやら一押しは“ビンゴレビアンコ”であるようですが、そのモチモチを最も美味しくいただくことが出来る商品は“ミートソース”であろうと、それをチョイスいたします

牛肉100%のミートソースであるとのことですが、ちょっとコクが足りないようで水っぽい感じだったのが残念に思えましたね
しかし、麺のモチモチは、そのこだわり通りでありまして、美味しくいただくことが出来ますね

次回はお勧めの“ビンゴレビアンコ”にニンニク増量でいただくことにいたしましょう



業界の中でも最も厳しい環境にある居酒屋
それをメインに展開していた会社は生き残りを掛けて、ドンドンとこの手の業態を展開していくことになるのでしょうね
もしそうだとすると、お酒をいただかないワタシにとっては、ちょっと楽しみなことであります



【生パスタ工房 ネオジパング】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-78 スミビル1F
045-260-9109

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅:「ランチャン アヴェニュー」     ジューシーなカツサンドを期待していたのですが・・・

DSC_5006-a.JPG

雨粒が落ち始めはしたものの、まだ傘を差す必要はないほど
これから、雨風が強くなるとの予報ではあるが、お仕事先へ向かっての移動であります
といっても、今日はご近所でのお仕事
美味しいランチをいただいた後、出発といたしましょう



DSC_4999-1.JPG
「ランチャン アヴェニュー」
かなり前からあるお店なのですが、お邪魔するのは今日が初めてのこと
場所も一等地だし、オシャレな雰囲気だし、入店を阻むものは何も無いのだけど、お邪魔するきっかけが無かっただけなんですよね
多くのお店にはこのように潜在客と呼ばれる、未だにお店を使ったことが無いお客さまが存在するんですよね
この潜在客をどう掘り起こすのか? これの一つの経営課題なのでありましょう


DSC_5001-1.JPG
天井が高い店内や重厚な佇まいはヨーロッパにある歴史あるカフェのような雰囲気でありまして、なかなか心地よい居心地であります
オシャレな大人なお客さまで賑わうこのお店、そのお客さまが、お店の雰囲気を更にステキなモノに演出しているようですね


DSC_5008-1.JPG
いただいたのはランチのメニューから“サンドウィッチランチ”
このサンドウィッチは日替わりであるようでして、今日はカツサンド
これはボリュームもありそうだし、ジューシーなカツにソースが染みた、あのカツサンド これは美味しそうです

そんな期待が高すぎたのか・・・ 提供されたカツサンドはちょっと残念なモノでありました・・・
サクッとした食感を高めたかったのか、強めにトーストされたパン それにカリッと揚げられたカツ
これが裏目に出たのでありましょう 全くジューシー感が無く、お口の中の水分を全て奪われるようでありました


更に、これだけオシャレな雰囲気なお見せでありながら、そこで働いているスタッフのユニフォームの着こなしが残念であります
小柄な女性スタッフは、自分に合うサイズのモノを与えてもらえなかったのでしょうか?
かなり大きなサイズのモノを着ていまして、オシャレとは縁遠いモノ
他には、しわしわのユニフォームを着ている人など・・・

そんな状態でありますから、全く活気を感じることが無い、機械的な空気が淀んでますね
ロイヤルホストと同じロイヤル系のお店なのですが、これが社風ってことなのでしょうか?
とっても残念でありました


【CAFE&GRILL LUNCHAN AVENUE】
神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター1F
045-641-2666

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ランチャン アヴェニュー
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

JR東海道新幹線豊橋駅:「天源」    夫婦で営む小さな天ぷら専門店 飾り気は無いけど、最高のコストパフォーマンス

L1020018-a.JPG

豊橋出張2日目
今日は、社員研修のお仕事2本立てであります
定型のサービスを卒業し、各々の個性を活かした会話重視のサービスへの転換をテーマにお話させていただく予定であります



L1020003-1.JPG
先ずは、お気に入りのお店「天源」でのランチへ
駅前にあるローソンの右脇にある路地を入って数軒目 狭い間口でありますし、地下のお店と言うこともあり、初めての方には見つけにくいし、入りづらいお店かもしれませんね

息が合ったご夫婦でやられている16席ほどの小さなお店でありまして、ご主人が目の前で揚げ天ぷらをカウンターでいただくといった“粋”を楽しめるお店なのです


L1020006-1.JPG
いつもの“海老と帆立のかき揚げ定食”をいただくことにいたしましょう

サラダと一緒に食事の準備をしていただけます
それほど酸味が強くない和風のドレッシングが掛けられた大根のサラダ
すっきりとした味わいで、これからの食事を邪魔することがありませんね


L1020019-1.JPG
海老のかき揚げからスタートであります
サクッと揚がったかき揚げは海老の香ばしさが楽しめるモノ プリッとした海老がゴロゴロと入ってるところが海老好きには堪りません

そして、ヤングコーンやナスなどの野菜ものと続きまして・・・
ふたつ目のメインであるホタテのかき揚げが登場
見事なレア状態に揚げられたホタテの甘味を堪能いたします
先ずは、お塩でひと口、そして、天つゆでひと口、さらに半分ほど残したものをご飯に乗せて、サービスで提供しくれる丼タレをかけて、プチ天丼の出来上がり
これが、この商品の醍醐味でありまして、ひと粒ひと粒が立つように炊き上げられたご飯とタレが抜群の美味しさなのです

甘みがあるサツマイモの天ぷらをデザート代わりに、〆でいただき大満足
今日も揚げたて天ぷらを満喫させていただきました


さあ、これからひと仕事 頑張って参ります


【天ぷら専門店 天源】
愛知県豊橋市広小路1-42
0532-54-9002

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

豊橋鉄道東田本線豊橋公園前:「オクトパス☆ガーデン」     住宅街の中にあるハンバーグの専門店

L1010995-a.JPG

豊橋に出張
先ずは、ハンバーグが美味しいお店との評判高い「オクトパス☆ガーデン」さんへ伺います
こちらは若いオーナー夫妻が頑張るハンバーグの専門店でありまして、ご主人が作るハンバーグと、奥さんの笑顔がステキな接客でお客さまをお迎えしているとのことであります

残念ながら、奥様は出産のためにしばらくお休みされているとのことでありまして、今日は若い男の子が接客を担当していましたね 


L1010991-1.JPG
住宅街の細い路地にあるビルの2F
しかも細い階段が入り口でありますから、かなり気をつけてないと見過ごしてしまいそうなお店であります
小さめのモノではありますが、メニューが書かれた、A看板が置かれてますので、それを目印にすると良いかもしれませんね


L1010992-1.JPG
ランチのセットにはサラダとスープ、更にジュースまでもが付いて参ります
このジュース、パプリカのジュースということでありまして、初めていただく珍しいモノ
ちょっとパプリカの癖を感じるのですが、それが身体に良さそうな気がいたしますね


L1010997-1.JPG
こちらのハンバーグには、合挽きのモノと牛100%のモノがありますし、ソースもオニオンやプルコギなど数種のモノが用意されていますから、その日の気分で何を選ぶのか? なんて楽しみ方も出来そうですね

今日のワタシは合挽きハンバーグをデミソースで、更に目玉焼きをトッピングいたします
ハンバーグはふっくら焼きあがったジューシーなモノ それにトロッと卵がとろけまして、デミソースと絡まり、コクがあるソースに・・・
ハンバーグも、ソースもそれほど濃い味になっておらず、お肉の味を楽しめるものでありますから、女性からの支持が高いのモノであるように思えます


L1010998-1.JPG
20人ほどでいっぱいになってしまう小さなお店でありまして、オーナーひとりで焼き上げるハンバーグを提供するには程よい規模
美味しいハンバーグをいただきたいのなら、多少待つことも覚悟が必要ってことでありましょう
オーナーのセンスでありましょうか
オシャレな小物が並べられていまして、なかなか良い雰囲気ですね


お客さまの美味しく召し上がっていただきたい
そんな真面目な気持ちで作ったことが伝わるようなハンバーグ
特別に何が凄い!ってことは無いのですが、基本に忠実なハンバーグ 近くに来たときには立ち寄ってみたいお店であります



【ハンバーグKitchen オクトパス☆ガーデン】
愛知県豊橋市中世古町41-2 2F
0532-53-4455

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





オクトパス・ガーデン
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0




posted by koutagawa at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「sun-mi 高松」    友人の退院を祝い、花見&会食を楽しみます

DSC_4993-a.JPG

スッキリと晴れた日曜日
友人の退院を祝う会を行いましょうって予定があって、天候が気になっていたのですが、桜も満開となるタイミングとなりまして・・・


DSC_4984-1.JPG
先ずは野毛山を散策し桜を楽しみ、会食の会場へ
その途中、大岡川沿いの桜をパチリ
野毛山も多くの人でありましたし、ココ大岡川沿いにも多くの露店が並び、賑やかでありました
去年の自粛の影響でしょう 今年はどちらの会場にも多くの人出であるようですね


DSC_4997-1.JPG
胃を取った友人にでも食べられるもの
そう考えると会場選びは大変だったのですが、ココならハンバーグもあるしお刺身もあるし・・・
更に、こちらには個室も用意されていますので、今回のような集まりにはピッタリのお店
ってことで、こちらに決定


DSC_4987-1.JPG
ワタシは以前から気になっていた“すきやき”をチョイス
なんと、異が無い友人も“すきやき”をいただくというではないですか・・・ 
そこまで回復しているとは、何ともうれしいことでありまして、彼との食事会の回数も増えることでありましょう

さて、その“すきやき”
黒毛和牛のすきやきと言いながらも、今回はお手軽なモモ肉のモノにいたしましたので、それほど大きな期待をしていた訳ではないのですが・・・
凍ったお肉には、ちょっとガッカリ ちょっとテンションが下がっちゃいましたね

しかし、その割下の美味しさは納得のモノでありますし、お肉だって味はそれほど悪くない
まぁ、お値段と相談しますと、納得ってことでしょうかね


個室をいただいたってこともあり、お酒をいただく仲間もいたりってことで、おっさん6人の食事会であるにもかかわらず話が盛り上がり、あっという間の2時間が過ぎちゃいました
今ではそれぞれの道を歩いているとは言え、かつて一緒の職場で働いた仲間 今回は静岡から出てきた仲間もいて・・・ 
積もる話も山々 楽しい食事会でありました



【SUN-mi 高松】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-96 横浜にっかつ会館B1F
045-261-0765

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

JR飯田線元善光寺駅:「松乃本店」   料亭のような佇まいの和食店で鰻 今年の夏は高くなりそうですね

L1010980-a.JPG

飯田のホテルで目覚めますと、なんと雪が舞っているではないですか 
もう4月でありますし、東京では桜が満開になったと言うこのタイミングで・・・
チェックアウトしますと、春の装いであったワタシにはちょっと肌寒さもありますが、ピーンと張った空気が心地良い感じでありました



L1010977-1.JPG
ランチに伺ったのは「松乃本店」
元善光寺近くにあります、お寿司を中心とした和食店なのであります
料亭のような佇まいに、ちょっと敷居が高いようにも思えますが、意外にもお手頃なお値段で利用することが出来るんですね


L1010981-1.JPG
いただいたのは鰻
毎年のように値上がりが話題になる鰻でありまして、今年の夏にはかなりの高額になるであろうと言われているモノ
ならば、今のうちにいただいておきましょうってことで・・・

蒲焼とごはんが別々に盛られた「うな重」
身が厚いうなぎをふっくらと蒸し上げられていますし、それを香ばしくカリッと焼き上げられてもいます
ごちそう感たっぷりでありますし、その期待を裏切らない鰻
落ち着いた雰囲気のお店でいただきますと、その美味しさも倍増でありますね

もちろんごはんもツヤツヤの炊きたて
鰻をごはんに乗せていただきますと、そのタレがひと粒ひと粒のごはんをキレイにコーティングして・・・
大満足であります


久しぶりに訪ねた飯田の町
古い仲間とも顔合わせして、懐かしい話を楽しんだ一泊二日の出張を楽しませていただき、4時間の帰路に着きましょう




【鮨ごちそうや 松乃本店】
長野県飯田市座光寺3948-2
0265-52-5559

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

JR飯田線伊那八幡駅:「ソットオーリオ」   薪釜で焼き上げるピッツァと手軽な価格でいただける美味しい料理

L1010963-a.JPG

久しぶりの飯田へ出張であります
新宿から高速バスで約4時間 
札幌や鹿児島などでも飛行機だと2時間ほどで行ける時代にあって、ココへ行くには4時間の旅なのであります

L1010964-1.JPG
飯田市郊外にある、薪釜で焼き上げるピッツァが自慢のピッツェリア「ソットオーリオ」
都内あるカフェのようなオシャレな雰囲気が漂う外観がステキでありまして、女の子が喜びそうなお店ですね

今日は、中学校の入学式だったらしく、その帰りのお客さまでありましょう
オシャレ着を装ったお母さんと、新品のセーラー服を着た女の子たちで賑わっていますね


L1010967-1.JPG
あれこれと料理を頼みます

客席で大きな塊のチーズを削ってくれるサラダは、シャキッとした食感が生きているモノ
品質の管理が難しいサラダを美味しく提供しているお店って、他の料理にも期待が高まりますね

そしてローストビーフ
今日いただいたのは、大根おろしを使ったソースが掛けれている和風のモノ
そのお味もさることながら、きれいな色をしたお肉が、とっても柔らかくって美味しいものでありました

更にお肉料理をってことで、豚ロースのグリル
塩と胡椒で調味されたお肉に、トマトのコンカッセをトッピングされていますね
その焼き上がりは、表面がカリッと焼き固められ中心部は見事な薄ピンク
ですから、肉汁がしっかりと保たれていまして、柔らかくいただくことが出来ますね

そして最後に、絶望のアラビアータ
絶望のスパゲティーはデスペラートとも呼ばれ、絶望的に具材が入っていないからだとか、絶望のあまり死を考えた人が最後の食事にと、このスパゲッティを食べて、あまりもの美味しさに生きることを決めたからだとも言われていますね

多くのお店ではペペロンチーノで提供されるのですが、こちらではトマトソース
辛味はピッカンテオイルとチョリソからの出る辛味で作られているようですね
なかなかしっかりとした辛味が出ていますので、辛いものが好きな人には、はまりそうなひと品ですね


L1010966-1.JPG
こちらのお店
商品もしっかりとしていて楽しめるのですが、サービスもなかなかのモノ
チーズを削ってくれた女の子も優しい笑顔たっぷりで感じが良い子でしたよ


地方の町にありながら、これほどのピッツェリアがあるとは・・・
なかなか来ることが無い町ではありますが、立ち寄ったときには是非ともお邪魔したいお店のひとつですね



【sott olio】
長野県飯田市鼎名古熊2581-2
0265-52-6885

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

都営地下鉄大江戸線新宿西口駅:「アカシア」  緊張のひと時を終えて、美味しいロールキャベツ

DSC_4977-a.JPG

フジテレビ「笑っていいとも」に出演いたしました
15分ほどの「私立 その道のプロ高校」ってコーナーでありまして、出演者である鶴瓶さんや、ザキヤマさんにいじっていただけ、とっても楽しい時間でありました
実はこの番組への出演で、最も楽しみにしていたのがベッキーちゃんに会えることでありまして、本番の中、彼女と目が合うたびに、その優しい瞳に癒されました
やっぱりペッキーは可愛い それも見た目だけでなく、内面から溢れる優しさにすっかりメロメロであります


DSC_4980-1.JPG
番組終わり、アルタのご近所でランチを済ませようと「アカシア」さんへ伺います

が、かなりの緊張の直後でありましたので、それほど食欲も無く、と言うか、食べ物が喉を通るような状況ではなく・・・
とは言いながらも、ここでランチをしておかないと、その後食べる時間も取れそうに無いので・・・


DSC_4976-1.JPG
アカシアと言えば“ロールキャベツ”であります

お昼のメニューに、その名物のロールキャベツとチキンカレーがコンビネーションされた商品がありましたので、迷うこと無くそれを注文
カレーなら、喉を通るっていうか、流し込めるような気がして・・・
このカレー
かなり本格的なモノでありまして、けっこう辛口 これがワタシの口にピッタリなものでありました

そして、ロールキャベツ
キャベツがトロッと柔らかくなるほど、ブイヨンで煮込まれています
ですから、キャベツに包まれたミンチと一緒にバランス良くいただくことが出来るんですね


さて、これから一度、横浜へ戻り簡単な打ち合わせ
その後再び赤坂へと、ちょっとあわただしい一日でありますが、頑張りましょう


【アカシア】
東京都新宿区新宿3-22-10
03-3354-7511

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



アカシア 新宿本店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0







posted by koutagawa at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「ロイヤルホスト」   こだわりの黒×黒ハンバーグと伝説のオニグラを一度に楽しむ

DSC_4969-a.JPG

夜もファミレスのお勉強
この時期、多くのチェーン店で新しいメニューが導入されたり、春のイベントが行われていたりで、新しい商品が目白押し
ならば、それらを視察研究しなければ・・・ ってことでありますね



DSC_4972-1.JPG
彩り鮮やかな盛り付けと時流を先取りするデザートの開発で、女性の集客を狙うデニーズ
そして、お気軽な価格をウリに、若者を集めるガスト
と、視察を終え、最後に伺うのは、洋食屋の伝統を守る商品へのこだわりで大人のお客さまの集客を狙うロイヤルホストであります


DSC_4968-1.JPG
どこファミレスもハンバーグに力を入れているようでありまして、こちらロイヤルホストでも「黒×黒ハンバーグ王国」と銘打ったイベントが行われていますね
好きなものとは言え、毎日のようにハンバーグをいただくことは楽なことではないのですが、これもお仕事の一環でありますから頑張っていただきましょう

“黒×黒ハンバーグステーキ オニオングラタン”
黒毛和牛と黒豚の合挽きハンバーグに力を入れているロイヤルホストが今回のイベントであたらく提案しているのがこの商品
マリリンモンローが来日した際に3日連続食べたと言われるロイヤルのオニオングラタンスープ
そんな伝説のオニグラとこだわりの黒×黒ハンバーグを一緒にいただけるとなると、その期待も大でありますね

表面を焼き固めることで肉汁を閉じ込めたハンバーグ、それをキャセロールでオニオンスープと一緒に焼き上げまして、程よくスープが煮詰まったタイミングでゴーダチーズを乗せて更に焼き上げる
こんな手間がかかることをやろうとするのがロイヤルホストなんですよね

オニオンスープのコクがある甘み、それにハンバーグから出る肉汁の旨み、さらにはチーズのコクが一体となることで、一度に二度、三度美味しいハンバーグが出来上がってます
チーズが添えられたポテトにもかけられていて、これもちょっとしたポテトグラタンのようでありまして、かなり完成度が高い商品でありました
ってことで、この春、ロイヤルホストに行ったら、これをいただくことをお勧めいたします


【ロイヤルホスト】
神奈川県横浜市中区尾上町5-78
045-651-9657

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「ジョナサン」    フォンデュソースでいただくハンバーグは格別ですね

DSC_4964-a.JPG

今日もお昼に仲間を誘い出して、ファミレスのお勉強
ジョナサンに伺います
お手軽価格を打ち出しているすかいらーくグループでありながら、1000円ほどの単価を狙うチェーン店であります

DSC_4957-1.JPG
「チーズフォンデュソースのたっぷり野菜ハンバーグ」
タスマニアビーフのハンバーグを打ち出しているお店でありながら、こちらの商品は合挽きのモノでありまして、こだわりはこのフォンデュ
ハンバーグや添えられている茹で野菜を、このソースに浸けていただくスタイルを提案しているのであります

濃厚なチェダーチーズ
これがかなり良く出来でありまして、ハンバーグや野菜にトローっと絡む姿は見るからに美味しそう・・・
それに、スッキリとした酸味のトマトソースの相性が抜群でありまして、チーズ大好きな女性にも好まれそうですし、ガツンといきたい男性にも喜ばれる
思考が異なる男女の心を鷲づかみする、魔法のような逸品ですね

セットには、コーンスープか生ハムサラダのどちらかを選ぶことが出来まして、ワタシはサラダを選ばせていただきます
シャキッとした食感のレタスが冷たく冷やされていて・・・
ファミレスでいただくサラダって、本当にクォリティーが高いですね


DSC_4962-1.JPG
こちらは、相方がいただいた“若鶏の照り焼き丼と小うどん”
元々、洋食用に作れた厨房で作る和食メニューって、これまで外れることが多かったのですが・・・

フワッと柔らかくてジューシーな鶏肉、それに濃すぎない照り焼きのタレ
見た目も素晴しいのですが、お口に入れてまたビックリ
ファミレスでいただく和食メニューとしては最高峰かもしれませんね

お昼だけの商品ですから気をつけて・・・


【ジョナサン】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-5 亀楽ビル2F
045-250-1209

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

京浜急行本線日ノ出町駅:「Cafeレストラン ガスト」   女性に人気のアボカドを乗っけたハンバーグでランチ

DSC_4951-a.JPG

今日もファミレスのお勉強であります
ファミレスと一口に言っても、それぞれに特徴がありまして・・・
洋食屋としての料理にこだわりを持つロイヤルホスト、そして、時流に敏感に反応することで女性の囲い込みにこだわるデニーズ、お手軽価格で気軽に利用していただくことに努めるガスト
その時の気分に合わせて使い分けるってことも楽しみの一つかもしれませんね


DSC_4943-1.JPG
今日はガスト
一言にガストと言っても、これまた色んなブランドがありまして・・・  今日は「Cafeレストラン ガスト」へお邪魔することにいたします
特にその理由は無く、打ち合わせに向かう移動途中に、ココがあったから・・・
その程度の理由なのですけどね

DSC_4944-1.JPG
13:00過ぎの時間でありましたが、ココまで空いているとは・・・
この辺はお昼の需要も少なくないと思うのですけどねぇ

先ず、第一印象
汚れているってほどではないのですが、アイロンが掛かってないユニフォーム
ちょっとだらしない感じがして・・・ 
そして愛想ない対応 これは想定内ではありますが・・・


DSC_4950-1.JPG
「春バーグ祭」から“フレッシュアボカドハンバーグ わさマヨソース”
フェアのBセットを注文すると、サラダかグラタンが付いてくるとのこと そもそも商品にサラダが付いていますので、グラタンをいただくことにいたします

アボカド人気は今も健在であるようで、先日のデニーズでも取り入れられていましたが、こちらのハンバーグにも半分のアボカドが・・・
柔らかい食感と、ほんのりとした甘みが女性に喜ばれるのでしょうかね?

こちらのハンバーグは、ふっくらジューシータイプではなく、ハンバーガーのパティのような薄く平らなモノ
スピーディーに提供するためのテクニックなのでしょうかね?
お肉の美味しさと味わうと言うよりは、香辛料が工夫された、調味された味がしっかりしていて、ごはんが進むハンバーグですね


DSC_4953-1.JPG
添えられたグラタン
これはいささか残念なモノであります

ハンバーグとグラタンを同時に提供しようと言うのですから、早々簡単に出来ることではないのでしょう
事前に調理してあったグラタンを焼きなおして提供しているのでは? そう感じてしまうモノであります
ってことで、わざわざセットでいただくことも無いですね


今日はドリンクバーをいただかなかったのですが、こちらのお店ではお冷も自分でそこから取ってこなきゃいけないんですね
お手軽価格で売るためにサービスを薄くしてしまうことって、どうなのかと思ったりもしますがね・・・
まぁ、サービスにお金を払う習慣がない日本ならではの商売の仕方かもしれませんね


【Cafeレストラン ガスト】
神奈川県横浜市中区宮川町2-59-6
045-260-7150

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

posted by koutagawa at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

東京メトロ日比谷線東銀座駅:「まる伊」    シャリの中からゴロゴロとネタが出てくる“づけあなちらし”

DSC_4935-a.JPG

銀座にお出かけ
美味しいものを食べようってことで、仲間が集まります
毎月行っている行事でありまして、今回はとってもお値打ちにいただける銀座のお寿司屋さんへ伺います


DSC_4922-1.JPG
このお店、11:30に開店なのでありますが、人気店だということで11:15に待ち合わせ
ってことで、その10分ほど前に到着であります
この時点では一番乗りだったのですが、二人目の仲間がやってきて、話に花を咲かせている好きに他のお客さまがやってきまして、待ち席の一番最初に座られてしまいましたwww


DSC_4931-1.JPG
ランチ限定の看板メニューである“づけあなちらし”をワタシはいただいたのですが、他のお客さまの注文は、もう一つのお勧めである“特選にぎり”に集中しているようですね

この“づけあなちらし”
見た目は、穴子とづけまぐろだけに見えるのですが・・・
じつはシャリの中に、いくら、イカ、タコ、海老、鮭、玉子焼き、とび子が仕込まれているのです
食べ進むに連れて、色んな具材が出てくる楽しいちらし
こんなの初めてであります

シャリは、ちょっと酢が強い感じがいたしましたが、これも何かのバランスを考えてのことなのでしょうかね?
もちろん漬けまぐろが美味しいのですが、この穴子が素晴しいものでありして・・・
フワッとした柔らかい身に、薄味の煮切り このバランスがとっても良いのです
これほど美味しい穴子は久しぶりでありました

づけまぐろに鶉卵を塗しますと、トロッとした卵で、とってもまろやかにいただくことが出来ます


DSC_4932-1.JPG
こちらは仲間の一人がいただいた“特選にぎり”
多くのお客さまが注文するのも納得のボリュームであります
なんと一人前16貫
握りを少々小さめにして、色んなネタを楽しめるように工夫されているのでしょうね


DSC_4937-1.JPG
1Fと2F 合わせて50席ほどあるお店なのですが、12:00を前にしてほぼ満席の状態に
さすが人気店ですね

やはり、お寿司屋さんというイメージが高級感を醸し出しているのか、スーツ姿のちょっと役職者であろうお客さまが多いようですね
人気店であるが故に、待ち客が出るのは当然のこと 比較的時間に余裕があるお客さまじゃないと、お昼の時間に利用するのが難しいってことかもしれませんね





【銀座鮨処 まる伊】
東京都中央区銀座3-8-15 APA銀座中央ビル1F・2F
03-3564-8601

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





銀座寿司処 まる伊 総本店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「デニーズ」   ファミレスにもこんなステキなサービスをしてくれるところがあるんですね

DSC_4920-a.JPG

晴れ渡った日曜日のお昼
ファミリーレストランへ行ってみることにいたします
ホームページに載せられている春メニューの写真がとってもキレイで、美味しそう
ならば、実際に行って食べてみましょうってことで・・・


DSC_4895-1.JPG
デニーズ長者町店
ファミリーレストランならではの駐車場の確保を第一に考えた、ピロティーと呼ばれる狭い敷地を有効に活用する店舗のスタイルでありますから、階段をトントンと上って店内へと入ります

さすがに日曜日
満席ではありませんでしたが、家族連れのお客さまで賑わっていますね
家族連れで楽しく外食を楽しむレストラン こそこそが、ファミリーレストランの姿でありますね


DSC_4907-1.JPG
このお方 こちらのお店の店長さんなのであります
まるでアメリカ人かドイツ人のように見えるのでありますが、生粋の日本人なのだと、接客していただいたパートさんに教えていただきました
生粋の・・・ そう聞かされましても、とっても信じられないほどに日本人離れした容姿であります
アメリカの本社を持つデニーズ こういった方の姿がとっても似合うレストランでありますね


DSC_4900-1.JPG
気になっていました春メニューをメインにいくつかの商品をいただきます

ファミリーレストラン
その売上はどのチェーンも苦戦しているようでありまして・・・
その奪回策として、全盛期の鉄板メニューであったハンバーグに力を入れてますね
ロイヤルホストの黒×黒ハンバーグ
ジョナサンのタスマニアビーフ100%のハンバーグなどなど
数年前から、牛肉100%のハンバーグが主力になっていましたが、ココのところ、各チェーンで特徴を出し始めているようであります

「四元豚ハンバーグ」
美味しい豚肉を作り出すため、4種の豚を掛け合わせ、それぞれの優れた部分を引き出した豚肉だけで作ったハンバーグであります
豚肉は牛肉に比べ、淡白な味わいでありますから、その調味が難しかったりするのですが・・・
なかなか旨く調味されていますね 
しっかりと練り込まれていまして、ねっとりした下舌触りも美味しいものです


DSC_4919-1.JPG
“春浪漫 桜花ろ〜る”
こちらもここ数年ブームになっているロールケーキでありまして、桜の香りたっぷりのモノであります
ブームと言いますと、コンビニスィーツの人気も高く、コンビニチェーン各社も全力でその開発に力を入れているようですね

ご存知の通り、デニーズと言いますと、セブンイレブンと同じグループ会社でありまして・・・
そのセブンイレブンでの商品開発ノウハウや販売データを活用しているのでしょうか?
とっても、ふんわりとしたロールケーキでありました



ファミレスと言えば、マニュアルに支配された機械のような接客
そういうイメージを強く持っていたのでありますが、このチェーン、いや、このお店は違いますね
一人ひとりが自分の言葉で商品のお勧めや、接客をしていただけるのです

最も驚いたのは、ドリンクのサービス
ファミレス=ドリンクバー これも今では当たり前のようになっていまして、こちらのお店もドリンクバーが設置されています
ソレを注文しますと、「最初の1杯は何を飲まれますか?」と尋ねていただけ、注文したドリンクをテーブルまで持ってきていただけるのです
そして、そのサービスはそれだけで終わらず、2杯目、3杯目も、「何か飲み物のお替りをお持ちしましょうか?」と声を掛けていただき、ソレを持ってきてくれるのです
もちろん、自分で取りにいくこともできるのですが、ここまでしてくれるファミレスって他には無いでしょね

商品だけでなく、サービスまでもを徹底して改善していくことで、低迷する業績を回復させようと努力している姿に感動すら覚えました
そして、「デニーズっていつから、こんなにサービスがよくなったの?」なんて尋ねてみますと、「昔からですよ!」と笑顔で答えてくれました
一本取られましたね



【デニーズ】
神奈川県横浜市中区山田町6-2
045-231-0366

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。