2011年11月30日

横浜高速鉄道みなとみらい駅:「トゥーランドット游仙境」    黄金のオムライスは見た目も美味しいひと品でした

DSC_3740-a.JPG

今日はぽかぽか陽気でしたね
打ち合わせのためにパンパシフィックへ向かったのですが、みなとみらいの施設の中は暖房が効きすぎていて暑いくらいでした

途中、いろんなショップが並んでいるのですが、どこもショーケースには赤い布が掛けられクリスマスのイメージを高めてます
コレも購買意欲を高める手段なのでしょうね


DSC_3730-1.JPG
打ち合わせを終えた14:00
ちょっと遅めのランチをココでいただくことにいたします

「トゥーランドット」
脇屋シェフの“伝統と創造”で作り上げられた、ヌーベルシノワがいただけるお店であります
ホテル内にあるレストランですから、何かの目的を持ってわざわざでないとなかなか行かないトコロでもありますね


DSC_3737-1.JPG
いただいたのは“Wakiya流黄金のオムライス”
中華料理のお店でオムライス? って感じもしますが、それが“創造”なのでありましょう
金の延べ棒とサブタイトルが付いている通り、その姿は美しいものであります
実はこの商品、ずっと前からいただいてみたかったモノなのですが、そんなチャンスもあまり無く・・・

XO醤で味付けられたチャーハンがふんわり玉子で包まれていて、それに黒胡椒の香りが美味しいソースをかけていただきます
そいて、ふんわり玉子にも何かの調味がされているようですね
三位一体となったこの味わい、これは、美味しいですね〜 すっかり虜になっちゃいましたよ


DSC_3731-1.JPG
オムライスだけではちょっとつまらないってコトで“九つの前菜”
こちらも、Wakiyaの看板的な商品でありまして、コレをセットでいただけるってことはうれしいことでありますね

蜂蜜で煮込まれたチャーシューや、巻海老のからしマヨネーズソースかけ、貝柱の燻製などなど
どれも魅力的で美味しいものばかり、それがほんの一口ずつではありますが9種類も・・・
女心を知り尽くした(?)脇屋シェフならではの商品ですね



大きな窓からはコスモワールドが望める明るい店内でいただくランチってステキですね
これから、コチラのお店を利用させていただくチャンスを作って、どきどきお邪魔させていただくことにいたしましょう
お気に入りのお店発見であります




【Turandot 游仙境】
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7 パンパシフィック横浜ベイホテル東急3F
045-682-0361〜2

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





トゥーランドット 横浜店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

相鉄本線海老名駅:「鮪市場」   美味しい鮪を使ったまぐろ丼がお値打ちにいただけます

L1010094-a.JPG

先週はアリオ倉敷のオープニングでありましたが、今日は海老名サービスエリアに出店するお店でのお仕事
オープンまで2週間ほどになり、採用したパートさんやアルバイトさんを集めてのトレーニングが始まったのです
店舗にはまだ入れないため、海老名駅近くに会場を借りてのトレーニングでありますので、実践と言うわけにはいかず、仕事の流れをイメージさせることが今日の目的であります



L1010103-1.JPG
相鉄線の始点である横浜から終点である海老名まで約30分の旅であります
そんな海老名駅の改札を出たところにあるのがコチラ 「鮪市場」であります

夜には、“まぐろのカツ”や“まぐろのブツ”などまぐろメニューと、メンチカツなどの揚げ物が中心で、それらが180円から380円でいただけるという立ち飲みのお店なのですが、お昼の時間は丼メニューがとってもお手軽なお値段でいただけるのであります
ですから、駅蕎麦の感覚で利用されるお客さまでいっぱいでありますね


DSC_2804-1.JPG
コレがそのメニュー
基本メニューである“まぐろ丼”は、なんと490円なのです
と言っても、安かろう悪かろうではなく、ホントに美味しい鮪がいただけますよ
偶に、スジっぽいところもありますが、それは愛嬌と言うことで・・・


L1010097-1.JPG
と言うことで、まぐろ丼をいただきます
丼はちょっとだけ小さめ それに暖かいシャリ飯が250gほどでしょうか
決して少なくは無いシャリの上には、鮪の切り落とし80gほどが山型に盛られてやってきます

普通の醤油と、出汁醤油が用意されてますので、ワタシは出汁醤油で
それに山葵を溶いて丼にかけます 鮪を一枚一枚醤油に浸けたほうがキレイなのでしょうが、ソコは男っぽく豪快に・・・
チラシ寿司であれば別ですが、丼はこうして豪快にいただいたほうが美味しいように思います



わざわざというモノではありませんが、海老名駅を利用するときには、ふらっと寄って丼を掻き込むのも楽しみの一つですね
お隣の駅蕎麦屋さんから香ってくる出汁の香りにも惹かれますが・・・




【鮪市場】
神奈川県海老名市上郷570 小田急マルシェ海老名1F
046-236-1221

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通駅:「小島屋」   いつもと同じBLTサンドなんだけど、ちょっと違う出来栄え

L1010090-a.JPG

夕方からのアポイントが1件あって、それまでの時間潰しであります
チェーン系のコーヒーショップはいっぱいあるのだけど、少しゆったりと過ごせるお店が良くて・・・ それでココ


DSC_0661-1[1].jpg
お昼時には近隣のビジネスパーソンで賑わうお店でありますが、さすがに14:00を過ぎますとそんな混雑も無く、ゆったりと過ごすことができます

珈琲専科という名に相応しく、サイフォンで淹れた薫り高い珈琲がいただけることがお気に入りでありまして・・・
月に一回くらいはお邪魔しているお店なのであります


L1010092-1.JPG
そして、いつものBセットのBLTサンドをいただきます
とんかつ屋のように山盛りに盛られたキャベツの千切り、それにシャキシャキのレタス、瑞々しいトマトと、野菜もたっぷり
サクッと焼かれたトーストもなかなかのモノでありまして、これまた結構なお気に入りなのです

なのですが、今日はちょっと作り手が違っていたのでしょうか?
トーストがいつもよりも水分を失っていて、サクッとしているというより、ガリガリでありまして・・・
ちょっと残念

トースターで焼かれているのでしょうが、そのトースターが暖まる前にパンを入れてしまったのでしょうかね?
ほんのちょっとした手順の違いが、同じ料理でも出来上がりを大きく変えてしまう
簡単なようで難しいのが料理ってものなんですよね




【珈琲専科小島屋】
神奈川県横浜市中区相生町1-26
045-681-4109

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

東京モノレール羽田空港第1ビル駅:「赤坂離宮」  赤坂の名店がお手軽に利用できるのも空港レストランの魅力   

L1010089-a.JPG

楽しかった岡山での業務も終了
心配していたオープニングも、スタッフの方々の頑張りで、予想以上にスムーズに行うことが出来てひと安心
後ろ髪を惹かれること無く、安心して帰宅することが出来ます


L1010082-1.JPG
羽田空港に到着 ココでランチをいただくことにいたします
飲食施設という観点で見れば第二ターミナルのほうが魅力的でなのでありますが、わざわざ移動する気にもなれず手軽なところで・・・
5Fの寿司田さんか、3Fの赤坂離宮さんか このふたつで迷うところでありますが、今日はお腹が空いているし・・・


L1010083-1.JPG
「赤坂離宮」
第二ターミナルのお店と比べこちらは大きな店舗でありますね 入り口を入ったところでは飲茶を作る作業を見るとが出来ますので、席待ちの時間も苦になりませんね

ふた組の先客の後、ワタシが案内されたのは窓側の席
空港の広々とた景色を見ながらのランチというのも良いものですね


L1010086-1.JPG
場所柄、ひとりでも気軽に利用できるようなセットメニューが充実していますね
チャーハンセットにしようか? それもと焼きそばのセット? 
つゆそばや飲茶などのセットメニューなど、いろんなセットメニューがあるのですが、ワタシはこのふたつの選択に迷ってしまいます

やっぱり野菜を食べなきゃ! ってことで、焼きそばに決定
パリッと揚げらた細麺がトロミがある熱々のあんでふやけて柔らかくなって・・・ コレが美味しいんですよね

注文後、驚くべき速さで提供されます
美味しいものを提供する これも、もちろん大事なことではありますが、この手の場所では待たせること無く食事を提供するってことも大事なことでありまして・・・
ある程度は作り置きをしているのでしょうね 
ですから、料理のお味は80点 
美味しさとスピードのバランスを見事に取っているところは、さすが名店ですね


セットに付いていたデザート
パッと見、えっ!? と思うような見栄えだったのですが・・・
透明な汁の中に缶詰のフルーツカクテルが浮かんでいるだけ???
と言うのも、勝手に杏仁豆腐だと思い込んでいたためなんですが・・・

実はそれは大きな間違いでありまして、提供されていたのは“愛玉子”
だから、透明であるためフルーツカクテルしか見えなかったのですね
その愛玉子、なかなかなモノでありまして、焼きそばをいただいた後のお口をスッキリとさせてくれました




【赤坂離宮】
東京都大田区羽田空港3-3-2 東京国際空港第一旅客ターミナルビル3F
03-5757-8839

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





赤坂璃宮 1ビル店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

岡電東山本線西大寺町駅:「まる家」   創業60年余年 女将さんの話術で顧客を惹きつける“おでん”の名店

L1010064-a.JPG

冬になると食べたくなるもののひとつに“おでん”があるのですが、コンビニのそれ以外を食べる機会はあまりにも少なくて・・・
で、岡山の友人との会食を“おでん”と決めて、予約をお願いしたのですけど、「うちは予約を受けてないんだよ」とのこと
しかし、“おでん”の気分は変わらず、とりあえず行ってみましょうと伺ってみたら、タイミング良く先客がお帰りになるところでありまして・・・ 無事に席をいただくことが出来ました


L1010059-1.JPG
岡山の繁華街、表町ってトコロにあるとっても小さなお店であります
扉をガラガラと横にスライドさせ開けると、10人ほど座れるカウンターと、4人で座るにはあまりにも小さなテーブルが一つ
それと壁際に造り付けられた物置のようなカウンター(?)がふたつ
その姿はとってもレトロで昭和の懐かしさが漂っていますね


L1010076-1.JPG
そんなお店を仕切るのが、このご夫婦
寡黙なご主人と、あまりにも対照的に明るい奥さんの名コンビであります
この奥さんの話術がすばらしく、それに乗せられてついついお店のお勧めをいただいちゃうんですよね
おでん鍋の中で、出汁が染みた種 どれも美味しそうですので、何の問題もありませんが・・・


L1010064-1.JPG
これから美味しくなる牡蠣 それがおでん種になるなんて・・・
興味津々で頼んでみたのですが、コレがかなり美味しいんです プリッとした牡蠣の身が弾け、お口の中に牡蠣のエキスと出汁の旨みが拡がりますね

そして、きんちゃく
コレが驚くほど大きくて・・・ 中には玉ねぎとミンチが詰めれた変り種
これまた、たっぷりと含んだ出汁に玉ねぎの甘みがマッチしていてますね

さらに、にし貝
どんな貝なのかわからずにいたら、貝殻を見せてくれました
サザエに似た巻貝なのですが、お値段はとっても庶民的なのだとか
肝の部分に苦味が無くて、とっても濃厚な“あん肝”をいただいているようですね

〆にいただいたおにぎりはおばちゃんの手にぎりでありまして、ちょっと塩っぱかったですけど、懐かしい気がしますね




などなど、どれも美味しくて、ついついおばちゃんさんの口車に乗せられて(笑)、ドンドン頼んじゃいまったのですが、こちらのお店には価格表的なモノが無いため、会計がちょっと怖かったのですが・・・
4人で5750円だったかな 大瓶のビールを2本とウーロン茶3杯を含めてもこのお値段とは・・・
あまりの安さに驚きでした

そんな、おばちゃんのお人柄とお値打ち価格が評判なのでしょう
小さなお店に次から次へとお客さまが来店されて・・・ 「運が良かったら入れる」ほど人気のお店のようです
先代が30年と今のおばちゃんが30年 2代続く岡山の名店であります




【まる家】
岡山県岡山市北区表町2-4-17
086-222-9076

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





○家
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:5.0



posted by koutagawa at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

JR山陽本線倉敷駅:「いちや」   東京下町の中華そばと、新潟のタレカツを思わせるわらじかつ丼

L1010041-a.JPG

岡山3日目
プロデュースさせていただいたお店が入る「アリオ倉敷」のグランドオープンであります
9:00開店であったのですが、流石にそんなに朝早くから・・・ しかも今日は平日でありますから・・・
開店前に並ぶようなことはありませんでしたね
ちょっと期待ハズレではありましたが・・・

11:00を回った頃でしょうか フードコートにぞろぞろとお客さまが流れてきまして、ようやくオープン日らしい雰囲気になってきましたね
思うようにパートアルバイトの方が集まらず、少々心配した開店でありましたが、結果的に少数精鋭が成功したのでしょう 大した問題も無くスムーズに営業が出来ました


L1010033-1.JPG
一段落したところで、競合視察を兼ねてランチであります
「いちや」
『取材拒否のあの名店』をキャッチフレーズに東京下町の中華そばを販売するお店であります

コーナーにあるお店を上手く使い、片面では“中華そば”を、そしてもう一方では“わらじかつ丼”をと窓口を分けて販売してますね


L1010045-1.JPG
画像を見る限り熟成醤油の甘みのある醤油ダレが使われた、スッキリとしたスープの昔懐かしい中華そばがいただけると思ったのですが・・・
魚粉をたっぷりと使ってあって、少々濃厚なモノ 頭の中で描いたものとのギャップに戸惑ってしまうような、私的には残念なモノでありました


L1010038-1.JPG
こちらが、かつ丼のコーナー
近くの席にまでソースの香りが漂っていて、その香りに食欲が刺激されます
その香りにつられて、中華そばと一緒に“わらじかつ丼”もいただくことにいたしましょう


L1010041-a.JPG
薄めにスライスされたロース肉が3枚
とは言え、その総量は150gくらいはあるのではないでしょうか そのボリュームには良い意味で驚かされました
たっぷりとソースに浸けられてますので、カツに噛み付くとタレが溢れ出るほどでありますし、お肉がとっても柔らかで・・・ コレは美味しいですね

ソースはウスターソースがベースになっているようでありまして、その酸味が美味しさにアクセントをつけていますので、全くくどさを感じることが無くいただくことが出来ますね
ご飯に掛かったソースはちょっと合わない気がいたしましたが・・・



そう言えば、1Fには際さんプロデュースの「ドラゴンレッドリバー」ってお店がありまして、一昨日の夜お邪魔したのですが、なかなか良く出来たお店でありました
で今日、際さんがオープンの視察に来られていました 
“生”際さん やっぱり、オーラが感じられますね



【いちや】
岡山県倉敷市寿町12-2 アリオ倉敷内
086-434-1307

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

JR山陽本線倉敷駅:「竹清」    瀬戸大橋を渡らずして本場高松の名店の味がいただける幸せ

L1010027-a.JPG

岡山2日目
今日はお昼過ぎまで岡山市内で打ち合わせをした後、倉敷のアリオへ移動
いよいよ明日にグランドオープンを控えた今日、プロデュースさせていただいたお店の最終的なオペレーションと商品のチェックであります


L1010011-1.JPG
このアリオって施設には高松の名店である「竹清」って言ううどんの名店が入っていまして、たぶん飲食店の中での一番人気でありましょう
ひと通りの業務を終えた20:00くらいに伺ってみたらばこの行列でありまして・・・
高松とは瀬戸大橋でつながっている岡山 その名はこちらにまでも届いていたってことでしょうね


L1010025-1.JPG
こちらは揚げた手の天ぷらがいただけることで名を売っているセルフうどん店でありまして、高松でのセルフスタイル発祥のお店なのだとか・・・

先ずは店頭で、天ぷらを注文いたします
本店と同じように、こちらの天ぷらは“半熟玉子”“ちくわ”“げそ”の3種類だけ
しかしそれを注文が入ってから揚げるってことで、いつも揚げたての熱々なのです


L1010020-1.JPG
その後、うどんのラインに並び、好みの玉数を頼むのですが、目の前で製麺している姿や、グツグツと湯気を上げている茹で釜を見ることができ、その臨場感を楽しむことが出来るのであります

本店では手際よく頼んだうどんを丼に入れていただけるのですが、こちらではまだ慣れていなくて決められた分量を上手く取り分けることが出来ず、何度も何度も量りながら玉に取り分ける姿が初々しいですね


L1010021-1.JPG
丼に茹で上げたうどん玉を入れていただき、自分で湯通しをいたします
丼の中のうどんを籠に移しお湯の中へ   しかしこの時間がどのくらいがベストなのか・・・
いつもココで悩んじゃうんですよね

ショッピングモールと言う施設で、本店と同様のシステムでの出店 しかも、お値段も本店と同じ(たぶん)だとは・・・
勇気ある挑戦でありますね


L1010024-1.JPG
“ぶっかけ”でいただくも良し“かけ”でいただくも良し
折角天ぷらをいただいたのでありますから、今日は“かけ”でいただきましょう

タンクに入れられた出汁を丼に注ぎ天カスやネギなどの薬味を入れて・・・
自分の好きなだけ出汁が入れれるってことが嬉しいですね

昆布が効いた澄んだ出汁、それにコシが強くってうどん粉の香りがする麺
これは、やっぱり美味しいですね



12月1日には隣接するアウトレットモールもオープンしますので、東は大阪、西は広島、島根方面から来られるであろうお客さまが、瀬戸大橋を渡らずして本場高松のうどんを食べることが出来るお店であります
うどん好きな方は是非・・・
並んででもいただく価値はありますよ




【竹清】
岡山県倉敷市寿町12-2 アリオ倉敷内
086-435-3870

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

JR山陽本線倉敷駅:「かつ丼城下町」    さくさくパン粉のかつ丼と、岡山名物デミかつ丼

L1000975-a.JPG

岡山への出張のため羽田空港へ
いつもと搭乗ゲートが違っていたこともあるのでしょうが、いつもの羽田とは違った雰囲気でありまして・・・
少しグレードアップされたような感じがしますね


L1000969-1.JPG
約90分のフライト
飛び立ったことも知らずに、目覚めたのは着陸態勢に入ると言うアナウンスでありました

岡山空港に到着し、一路倉敷へ
アリオ倉敷というヨーカドー系列のショッピングセンターが、今日と明日、プレオープンなのでありまして・・・
そんなショッピングセンター内に、プロデュースをさせていただいた、かつ丼をメイン商品としたのお店が出店するのであります


L1000971-1.JPG
こちらがそのお店 フードコートにある「かつ丼城下町」であります
設計の先生にも知恵を絞っていただき、如何に効率よく、お客さまに喜んでいただける美味しいとんかつが提供できるか そして城下町と名付けれられた店名をイメージさせるお店を作るか・・・
と試行錯誤

もう一方では、美味しいとんかつを提供するための食材選びなどなど・・・ オーナーと一緒に、いろんな人脈を駆使して出来上がったお店が、ようやく産声を上げたのであります


L1000974-1.JPG
こちらがそのメインとなる商品
手前にあるのが、トロトロ玉子が美味しい、自慢の“かつ丼”であり、奥にあるのが岡山の名物であります“デミかつ丼”であります

どちらも、サクサクのパン粉にこだわった自信のふた品
早速いただいてみることにいたします

コレまでいろんなお店で試食させていただいた“デミかつ丼”
県外人のワタシにはどうしてもコレが納得できないモノだったのでありますが、こちらのモノは癖がある甘みが抑えられ、万人が美味しくいただけるモノだと思います

そして、ノーマルなかつ丼
こちらはサクサクの衣が特徴的で、想定通りの美味しさですね


L1000973-1.JPG
ついでに、汁代わりにいただいたのが、お隣のお店のうどん
モチッとした食感が讃岐ではない、岡山ならではのうどんでありますね

最近流行のスタイルで、うどんを注文した後に好みの天ぷらを選ぶシステムでありまして、玉子の天ぷらや竹輪の天ぷらなど美味しそうなものがあったのですが、今日はあくまでも汁代わり
我慢であります


こちらのフードコート
もちろんマクドナルドは入っていますが、多くのお店は地元密着型
ですから、ココもあそこも食べてみたいと言う衝動に駆らるお店ばかりであります
こちらに滞在する4日間がワクワクしますね




【かつ丼城下町】
岡山県倉敷市寿町12-2 アリオ倉敷内
086-434-1300

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ



posted by koutagawa at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「生香園」   奇をてらわないオーソドックスな広東料理をいただくならココ

DSC_3719-a.JPG

午後から、新宿でお仕事
プロデュースしている中華料理店で、メインとする担々麺が改良されたと言うので、その試食をするのが今日のお仕事でありまして、ゴマの香りが豊かな芝麻担々麺と、辛さの中にコクがある辣香坦々麺 その特徴が、どこまで表現できたのかが今日の課題なのであります  


DSC_3721-1.JPG
今日のランチは「生香園」
言わずと知れた、馬車道にある周富輝さんのお店でありまして、ベーシックな広東料理がいただけます
いくつか名物料理的な商品がありまして、今の季節だと“牡蠣の香り揚げ”でありましょう
そして、定番としては“海老マヨ” 
お兄さんである周富徳さんでありますから、当然のように、期待値も上がりますね


DSC_3715-1.JPG
そんなお店の名物の一つ“海鮮焼きそば”
コレがどうしても食べたいという友人がいまして・・・  今日は前もって日にちを決めての訪問であります

この約束をした後に試食のお仕事のスケジュールが入りましたので、今日は中華三昧と相成りました・・・


DSC_3714-1.JPG
12:00を回って入店してみますと、ほぼ満席の状態でありまして・・・
調理場からの出口近くの1席だけが空いてまして、無事に席をいただくことが出ました
最もスタッフの出入りが多い通路のそばの席、多分こちらのお店で最も居心地が悪い席ってコトで最後まで残してあったのでしょう
当たり前のことなのですが、そんな気遣いが出来ないお店も多いんですよね


DSC_3717-1.JPG
名物の海鮮焼きそばは友人のモノを少し分けてもらうとしまして、ワタシは“海老のあんかけご飯”
野菜の色も鮮明な見た目に美しい料理であります
いただいてみますと、薄い塩味で調味してありまして、とっても身体に優しい感じ コレは良いですねぇ
中華というと、どうしてもコッテリしたしょうゆ味ってイメージの料理が多く、女性のお客さまが少なかったりするのですが、コレだったら女性の方にも喜んでいただけるものでありましょう



海鮮焼きそばは、流石に人気メニューであるようでして、多くのお客さまが注文されているようですね
通路そばの席であったことが幸いし、どんな料理が多く運ばれていくのかを見ることができました
ちょっと濃い目のしょうゆ味でありまして、しっかりと麺にもその味が馴染んでいるのですが、それをくどく感じることはありませんね
海鮮への火の通し方も最高の状態でありまして、こちらの技術の高さを知ることが出来るモノであります
同じく、海老のあんかけも、野菜はシャキッと感を残しつつも味がしっかりと乗っていて・・・
コレだけ忙しい中で、この絶妙な火の通し方が出来るなんて、ただただ“凄い”の一言に尽きますね




【生香園】
神奈川県横浜市中区相生町5-80
045-651-5152

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





生香園 本館
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「福久」   老舗割烹料理店でいただく海鮮重は見た目も美しくネタは本物 

DSC_3709-a.JPG

昨日に打って変わって寒い日でありましたが、空は青空 スッキリとした天気だなぁと出掛けたのでありますが・・・
そんな青い空から冷たい雨がポツポツと落ちてきたかと思ったら空は真っ黒、ポツポツだった雨もだんだんと大粒の雨に変わってきました

慌ててコンビニで傘を買いお店に向かったのでありますが、ランチを終えた頃には雨は上がっていて・・・
ホントに「女心と秋の空」とは良く言ったものです



DSC_3700-1.JPG
関内に「福久」という明治26年創業の老舗割烹料亭があり、その名は“ふくきゅう”
夜は、ふぐや鰻を中心とした懐石やコース料理が中心で、接待に使われることがほとんどのお店なのでありますが、お昼には一部比較的リーズナブルな商品が用意されていますので、それを目的に久しぶりに伺ってみました


DSC_3712-1.JPG
それらは、「海鮮重」「天ぷら定食」「ぎんだら定食」であり、以前伺ったときには「ぎんだら定食」をいただいたように記憶しています
で今日は、「海鮮重」をいただくことに・・・


注文して程なく、先付けとでも言いましょうか、ひじきをゴマソースで合えたものとシメジが、小鉢にも満たないほどの小さく可愛い器で提供されます
どちらもほんの一口 ではありすが、これがしっかりと味付けでありましてかなり印象的なものでありました

そして、メイン 海鮮重が赤出汁と引きつれての登場であります
どーんと中央に居座るのは本マグロ これは生なのでありましょう  ねっとりとした舌触りがそう感じさせます
そして、濃い赤身独特の旨みがお口の中に広がり、幸せ気分へと導いてくれるのです

続いてその脇にある海老
これまた、なかなかしっかりとしたものでありまして、蒸し海老がこれほどまで美味しいと感じたのは久しぶりのことでありますね
海老の旨みが凝縮された そんな感じであります

他には、はまちやタコ、イカなどでありまして、自家製の玉子焼きも添えられていて、見た目に美しいだけでなく、一つひとつのネタが本物だと思わせるモノ
リーズナブルに提供するお昼の商品だからと、安い食材を使っているのでは無さそうですね

お昼の時間の終わり際にうかがったのでありますが、シャリも程よく温かく、とって美味しくいただくことが出来ました


あまりに鮪が美味しかったので、次回は“鉄火丼”や“中トロ丼”をいただいて見たくなりましたね
そのふたつを盛り合わせた“赤・中トロ ミックス丼”も魅力的だし・・・



確かにビジネスランチとしてはお高い設定のメニューでありますので、ビジネスパーソンでガヤガヤと賑わうことはありませんが、その価値の高さからか、ご婦人の食事会としての利用が多いお店でありますね
きっちりとターゲットを絞って、そのお客さまに満足していただける商品を提供することが出来れば、安く売らなくても繁盛するってコトなんですよね
 
久しぶりに心の贅沢をいたしました
こちそうさま



【割烹 福久】
神奈川県横浜市中区南仲通4-49
045-201-2636

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





割烹 福久
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「別館 馬車道十番館」   午後のひと時のおしゃべりに最適な喫茶室

DSC_3698-a.JPG

今日は暖かい日でしたねぇ
お昼ごはんを求めて関内の街を歩き回ってましたら、じわっと汗ばむほどでしたからね

こんなに気温差があったんじゃ、身体の調子が悪くなっちゃいそうですよ


DSC_3695-1.JPG
馬車道十番館の別館
フレンチをいただくことが出来る「馬車道十番館」の別館と言うことになるのですが、こちらは洋菓子の売店がメインでありまして、こちらに喫茶室があるとは知りませんでした
さらに、こちらと勝烈庵がグループ会社であるとはビックリであります


DSC_3696-1.JPG
1Fが売店でありまして、脇の階段を上った2Fが喫茶室
システムとしましては、1Fのレジで注文と会計を済ませ、注文カードのようなものが乗ったトレーをいただき2Fへ
そこでカウンターにそれを渡し、出来上がると呼んでくれるというセルフスタイルであります

ゆったりとした店内は落ち着いた雰囲気でありまして、ココでのんびりと午後のひと時を過ごすなんてステキですね


DSC_3697-1.JPG
メニューはいくつかのサンドイッチと飲み物だけではありますが、魅力的なサンドイッチが揃っていまして・・・
サンド好きなワタシとしては、最高の喫茶室でありますね

そんなメニューの中から選んだのは“ホットハムチーズサンドイッチ”
サクッと焼かれたトーストにとろーり蕩けるチーズ これが堪らないんですよね

思ったより薄いトーストではありまして、食事としてはちょっと・・・ でありますが、その分サクッとした食感が楽しめますので、ランチ後の軽い軽食に伺うことが最適でありましょう
何と言っても“喫茶室”でありますから。。。



DSC_3692-1.JPG
伊勢佐木モールの松坂屋跡地
永く建築のために覆われていまいましたが、ようやくベールを脱いで、新しくオープンする「カトレヤプラザ伊勢佐木」が姿を見せましたね
来年2月の開業とのことですから後3ヵ月ちょっと・・・
なんだかワクワクしますね



【別館 馬車道十番館】
神奈川県横浜市中区太田町5-60-1
045-212-1541

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





別館 馬車道十番館
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

JR根岸線関内駅:「キッチン」   大きなトッピングが美味しいカレースタンド

DSC_3691-a.JPG

雨の週末 それもかなり本降りであります
7日サイクルで変わる天気、先週は一日ずれたことで好天だったのだけど、やっぱり今週末は雨
これほど週末の雨が続きますと、観光産業は基より、物販店や飲食店にも大打撃でありましょう


DSC_3686-1.JPG
ランチは近場のカレーハウスで済ませることにいたします
一時はかなり雑誌に取り上げられたりする話題店であったのですが、最近ではそれも落ち着いたようですね
マスコミに取り上げられて集客したことを実力と勘違いし、店舗を展開して失敗するトコロもあったりするのだけど、こちらは地道に頑張っていますね


DSC_3687-1.JPG
もともと料理上手は奥さんが自宅に訪れるお客さまに振舞ったカレーが評判であったことから、お店を出したと言うことですから、一人でやれる程度の小さなお店
カウンターだけの8席ほどでありましょうか

以前はオーナーの方が常にいたのですが、最近は通りがかりにのぞいてもあまり見かけなくなりました


DSC_3688-1.JPG
久しぶりに伺って見ますと、基本となるソースは変わってませんがトッピングの組み合わせメニューが増えていて、かつては無かったメニューブックが出来てますね
で、シンプルなビーフカレーをいただこうと思っていたのですが、それにメンチカツを加えた「メンチ&ビーフカレー」をいただくことにいたします

こちらの特徴は具が大きいこと
それで、このお店の人気に火をつけたのが30種類以上の野菜を乗せた“野菜カレー”
その姿は圧巻ですよ

で、今日いただく“メンチ&ビーフカレー”だって、ビーフがゴロゴロ、メンチはドカーンなのであります
メンチの厚みは30mmほどでありまして肉汁たっぷり 玉ねぎの旨みもたっぷりの手作りメンチであります

ソースはつなぎをそれほど使っていないのでしょう
それほどコッテリしていないため、胸焼けの心配もありませんので安心ですね
さらっとしている割にコクがしっかりある、チェーン店では味わえない美味しさがありますよ



【CURRYHOUSE KITCHEN】
神奈川県横浜市中区末広町2-5-1
045-261-5652

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





カレーハウス・キッチン
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅:「醐杜羽」   たっぷり野菜のタンメンは身体に良さそうな優しい味でした

DSC_3672-a.JPG

11月も半ば過ぎ
だんだんと冬めいた天候になって参りましたし、北海道では積雪の話題も・・・

さて、今日は近々オープンするお店のスタッフを集めての勉強会
採用状況の確認や、開店までにやらなきゃならないことの整理整頓などを話し合う日であります


DSC_3664-1.JPG
「ヌーベルシノワ醐杜羽」
4日程前にプライベートでお邪魔したばかりなのですが、こちらの商品があまりにも良くできているので、そのお店の料理長さんを連れ、腹ごしらえを兼ねたお勉強であります

実は先日お邪魔した時に、近々メニューが変わるんですよ とお店の方から情報をいただいていましたので、それもちょっと楽しみに伺ったのでありますが、残念ながらそれはまだ
来週の火曜日から新しいメニューになるそうです


DSC_3665-1.JPG
本当はピーク前に伺うつもりだったのですが、午前中に片付けたかった仕事でバタバタした上に、出掛ける直前の電話攻撃
仕事ってどうしてこんなに集中するんでしょうかね?

そんなことで、お店に着いたときにはピークの真っ最中でありまして・・・
ちょっと近隣のお店をチェックしながら時間を調整し、伺ったときにはちょうどピークが終わった様子 難なく席に案内していただけました

マネジャー曰く、ホントに良いタイミングでいらっしゃいますね
ほんのちょっと前まで満席で、お待ちいただいたお客さまもいらっしゃったのに・・・ と声を掛けてくださいます


DSC_3675-1.JPG
今日いただいたのは野菜タンメン
それに、チャーシューをトッピングしてみました

たっぷりの野菜と、結構厚めのチャーシュー
このチャーシューがタレで煮込まれたものではなくて、蒸し上げられたようなモノであります
ほんのりとピンク色の状態でありまして、コレがジュワッとジューシー こんなチャーシューは初めてですね

そして、野菜の旨味が溶け込んだスープ 
アミ海老も使われてますので、その旨味も加わって、身体に優しそうな塩味でありました


DSC_3678-1.JPG
もちろん、ミニ丼もいただきます
“山東風 海老丼”
クミンが効いた辛味があるモノ この刺激は癖になりそうですね
海老もプリッとしてますし、半熟の玉子が半分乗ってまして、その黄身がとろけたごはんも美味しいですよ



帰り際に、来週お待ちしてますよ と声をかけるマネジャーらしき人
ホントにこの人、お客さまを惹きつける何かを持ってますね
来週はちょっと忙しくしておりますので、再来週伺いますねと約束しちゃいました
果たしてどんなメニューに変わっているのやら・・・ 楽しみであります


DSC_3668-1.JPG
そして、今日は3人での食事でありましたので、気になっていた唐揚げも注文いたします
10個盛りと18個盛りがありまして、仲間が集まったらコレを一皿頼んで取り分ける
そんな楽しいメニューであります

この唐揚げ、驚くほどにサクッと揚がってまして、全く油っぽさが無いんです
かなり水分を飛ばしているのにパサパサすることも無く・・・ コレならいくつでもいただけそうな感じですね

そして、3種のソースが付いてまして、好みのものでいただくも良し、あれこれと味わうも良し
やっぱり楽しい商品であります



【ヌーベルシノワ醐杜羽】
神奈川県横浜市中区弁天通3-36 関内プリンス会館2F
045-651-4222

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「不二家レストラン」   今の時代、15:00過ぎても満席になるレストランって凄い!

DSC_3659-a.JPG

午前中に始めたパソコン仕事に切が付いたのが14:00になろうと言う時間
これからランチに出掛けようとも思ったのだけど、15:00に友人とお茶の約束をしていたため、ワタシのランチに付き合ってもらうことにしようと、しばし空腹を我慢する


DSC_3661-1.JPG
ランチをしたいワタシと、お茶をしたい友人
このふたりがどちらも満足できるお店と言えばファミレスが最適でありましょう
ならば先日伺って、そのレベルの高さにビックリした「FUJIYA」へ伺うことにいたします

店内はほぼ満席に近い繁盛ぶり
お客様の大半は奥様方で、ケーキセットやあんみつといったデザートをつまみに、おしゃべりに花が咲いていますね


DSC_3657-1.JPG
「お食事なら、こちらがお勧めですよ」と先日いただいたビーフシチューハンバーグを勧められます
101周年記念の今、一番お勧めしたいのが、その記念商品をキチンとお勧めするところなど、流石であります
しかし、流石に先日と同じものでは・・・
と“サーモンと小海老のトマトクリームスパゲティー&ラザニア”

たっぷりのサーモンが入ったスパゲッティは、サーモンも美味しくソースも美味しいのですが・・・
塩味が足りず、ちょっと冷めていて残念でありました
きっとキチンと作られていたら美味しい商品であるのでしょうに・・・

一方ラザニアは熱々
たっぷりのクリームとミートソース これはよく出来てますね
先回のハンバーグと同様、しっかりと料理に力を入れているってことが伝わる料理でありました


DSC_3653-1.JPG
ご一緒したいただいた友人が注文したホットケーキ
これもふっくらと軽く焼きあがったもので、とっても美味しがったもよう
食事を済ませたはずなのに、ぺろりと平らげてました




コンビネーションと言うメニュー
お客さまにとってはとってもうれしいメニューなのでありますが、お店にとってはこれほどに難しいメニューは無いのです
特にこのメニューのように違うセクションで作られる商品の組み合わせは、その出来上がりのタイミングを合わせることがとっても困難で、どちらかが先に出来上がってしますことがしばしば
ですから、このようにどちらかが冷めてしまうって事が起きてしますんですよね

お客さまが喜ぶ商品だけに人気メニューになることが多く、その商品の提供でこのようなことが起きると、不人気に蓄積に繋がってしますことをしっかりと認識した上で、メニューを作ること
それが大切なことなのです




【FUJIYA】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
045-251-2105

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅:「かつき亭」   数あるとんかつ屋の中で、最もエビフライが美味しいお店はここではないでしょうか

DSC_3647-a.JPG

今日は打合わせで吾妻橋
ならば、ランチは「かつき亭」でエビフライを食べなきゃ

数年前はこの地へ仕事で来ることも多かったのですが、最近はすっかりご無沙汰
しかし、ココのエビフライだけは頭から離れなかったのです 
とは言え、横浜拠点のワタシ そのためだけにココまで来るのはちょっと… なのですが、ようやく、そのエビフライをいただくチャンスが到来であります


DSC_3641-1.JPG
本所吾妻橋の駅からすぐ近く
浅草通り沿いに建つマンションの1Fにあるとんかつ屋さんであります
お店の歴史はそれなりにあるのですが、東京の下町であるこの地では、まだまだ若造なのかも知れませんね


DSC_3642-1.JPG
古さは感じますがキチンと手入れされている店内は味がある良い感じ 落ち着いて食事を楽しめる雰囲気であります
働いているおばちゃま達は、ちゃきちゃきの江戸っ子って感じで、とってもテキパキとしていて… コレも良い感じであります


DSC_3645-1.JPG
エビフライを目的にやって来たお店ではありますが、今の季節、カキフライも捨てがたいトコロ
ちょっと悩んでいたら、エビフライとカキフライがセットになったワタシのために用意されたかのようなメニューがあるではないですか

空かさずそれを注文  待つこと数分で提供されます
大振りな牡蠣が3つと、エビフライが1本  ワタシとしては、もう1本海老が乗っていると最高ではあるですが…

で、エビフライ
多くのお店では海老を伸ばして使うことが多いのですが、コチラのモノは殻を剥いただけの原型であります
ですから、その身のプリプリ感は他店の比になりませんし、何より海老本来の甘味が失われていないのであります

とんかつが美味しいお店は数あれど、これほどに美味しいエビフライを提供するお店に行き当たったことはありません
もちろん、こちらのとんかつも美味しいのですが、ワタシ的にはエビフライ狙いのお店でありますね



仕事視線でモノを申しますと、
これほどに立派な商品を持ちながら、それを前面に打ち出してないことはもったいない
そう思ってしまうんですよね
数あるメニューの中の一品では、どんなに素晴らしいものでも、なかなか看板商品にはなれませんから…
エビフライが美味しいとんかつ屋として、メニュートップにエビフライを配置しても恥ずかしくない商品でありますから…


DSC_3652-1.JPG
お店を出て、空を見上げますと、なんとそこにはスカイタワーが…
駅を出てお店に向かっている時には気付きませんでしたが、ココはスカイタワーのお膝元でありましたね
灯台下暗し 正にそんな感じでありました



【かつき亭】
東京都墨田区吾妻橋3-6-15
03-3625-9211

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





かつき亭 吾妻橋店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

都営地下鉄新橋駅:「吉宗」   究極・至極 お出汁たっぷりの茶碗蒸しを“よっそう”でいただく

DSC_3636-a.JPG

打合わせを兼ねたランチを銀座でいただく
遅れては申し訳ないと気合が入りすぎたのか、待ち合わせ時間の20分前に到着
しかし、ココは銀座
いろんな方が行き交いますので、人間観察をしていると20分なんて時間はあっという間に過ぎちゃいますね


DSC_3639-1.JPG
メンバーが揃い、銀座八丁目へ
日本最古のと言うか、日本初の喫茶店「バウリスタ」の地下にある「吉宗」
1Fか日本発の喫茶店ならば、こちらは茶碗蒸の元祖でありまして… どちらも歴史あるお店なのであります


DSC_3638-1.JPG
螺旋階段をトントントンと下りると、そこは銀座と思えない別空間が迎えてくれます
ちょっと大衆的な香りがするお店にホッとした気持ちになれるところがステキに思えますね
そんなお店と同様、おばちゃんたちの自然な笑顔の接客 コレにも心和ませれます


DSC_3633-1.JPG
先ずはこちらの名物であります“夫婦蒸し”をいただきます
ちょっと小ぶりな丼ではありますが、同じサイズの丼で茶碗蒸しと蒸ずしがやってきます
「同じ器なのに、どっちがどっちか良くわかりますね」なんて尋ねてみますと、「茶碗蒸しのほうの蓋がほんの少しだけ浮き上がって揺れてるんですよ」と笑顔で答えていただけまして…

さてさて、こちらの茶碗蒸しには、鶏肉や麩、それに長崎の巻かまぼこなどの具材がゴロゴロと入っていますね
そして何より、たっぷりのお出汁を含んでいますのでプルンプルン
その滑らかな舌触りが格別であるとともに、食べると言うより飲むと言っても良いくらいに柔らかいのであります


DSC_3635-1.JPG
そして、その茶碗蒸しをより美味しく召し上がっていただくためにと開発されたのが、この“蒸ずし”なのだとか
たっぷりの錦糸玉子とデンブ それに煮穴子の3色が美しいですね

こちらの本店は長崎にありまして、長崎と言えばオランダ貿易で栄えた街でありますから、古くからサトウが潤沢に手に入っていたとのことで甘い料理が多いんですよね
そんな影響か、甘めに味付けられた錦糸玉子や、これまた甘いデンブ これらにお口の中の水分を取られてしまったときにいただく、お出汁たっぷりの茶碗蒸し
なるほど、ベストマッチな組み合わせでありますね 正に夫婦のようであります


DSC_3631-1.JPG
きっとそれだけで物足りないであろうと注文したのが皿うどん
太目のちゃんぽん麺に具沢山のあんがたっぷりと掛かっていますね  そうなんです このお店、茶碗蒸しが看板料理のお店ではありますが、長崎料理のお店としての一面もあるのです

ムチッとしたちゃんぽん麺にトロッとしたあんが絡んで、かなりの食べ応え
ちょっと味に変化を付けたい時には、からしを混ぜたり、ウスターソースをかけたり… コレが本場長崎流の食し方でありますね あっ、お酢を掛けるって人もいますね



水曜と金曜のランチタイムには、ちゃんぽんもいただくことが出来るのだとか…
ならば、それも目当てに再訪しなければ
そう誓ってお店を後にし、1Fのバウリスタでお茶といたします
銀座にオフィス
いつかはきっと…



【吉宗】
東京都中央区銀座8-9-16 長崎センタービルB1F
03-3572-7686

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





銀座 吉宗 銀座店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「醐杜羽」   絶品担々麺は、芝麻醤とラー油、それに山椒のバランスが最高

DSC_3621-a.JPG

午前中に銀行仕事を済ませランチへ向かったのですが・・・
ちょうどお昼の時間と重なりまして、ご近所のビジネスパーソンがゾロゾロと街に出てくるタイミングであります

これは早くお店を決めて入らないと、昼休みが終わる時間までランチがお預け状態になってしまいますね


DSC_3614-1.JPG
そんなときに見つけた看板
焼肉屋さんのランチメニューなのですが、このてんこ盛りされた元気丼にはビックリであります
ボリュームと、その安さはわかるのですが、見た目がねぇ・・・
ちょっと体験してみようかって気にもなったのですが、勇気が出ずに却下させていただきました


DSC_3616-1.JPG
そして、お気に入り中華の醐杜羽さん
今日はこちらにお邪魔するつもりは無かったのですが、ランチメニューが新しくなっていたので・・・

先回までは、料理モノにごはんという定食スタイルメニューが中心で、それに麺と丼がセットになった“ハーフ&ハーフ”ってモノだったのですが・・・
その“ハーフ&ハーフ”の評判が良かったのでしょう  定食メニューが姿を消して、数種の麺料理をメインに、3つの丼を追加することもできるメニューに変わってました


DSC_3627-1.JPG
その中でも力を入れているであろうモノが“担々麺”
汁なし担々麺や、野菜入り担々麺、ワンタン入り担々麺とバリエーションも揃っていて楽しいですね
野菜不足を補うためのタンメンにも惹かれますが、やっぱりココは担々麺でしょう

担々麺を主力にした中華料理店のプロデュースを手がけていることもあり、あちらこちらの担々麺をいただいているのですが、ココの担々麺は5本の指に入るものでありますね
ゴマの風味と甘み、ラー油のコクと辛み、それに山椒の刺激が見事にバランスが取れてまして、実に良くできたものなのです


DSC_3628-1.JPG
そして、一緒に選んだのは“台湾風 牛バラ飯” 
お茶碗一杯ほどの少量でありますが、麺と一緒にいただくとちょうどお腹を満たすことが出来るモノ
トロッとした半熟の煮玉子がゴロンと1個乗せられた牛バラ飯でありまして、お肉も柔らかいし、八角の香りが美味しく煮込まれているんですよね
これがプラス200円でいただけるなんて・・・  これは頼まなきゃ損ってものでしょう


DSC_3618-1.JPG
新しい中国料理って意味の造語「ヌーベルシノワ」を冠にしたお店でありますから、その料理の内容はなかなかお洒落なモノでありまして・・・
店内も、木とステンをバランス良く使ったシャープなイメージですので、ご婦人方に大人気なんですよね



お店を後にしようとしたとき、支配人らしき方から「メニューが変わってから初めてですよね?」と声を掛けられビックリ
料理だけでなく、このような顧客を大切にするって言う姿勢ことが繁盛店を作っていくんですよね

何でも明日から、このメニューをさらにバージョンアップしたものに変わるのだとか
お客さまの要望に耳を傾け、飽きられることが無いように・・・
適度にメニューを変化させるってことも大切なことなのであります



【ヌーベルシノワ醐杜羽】
神奈川県横浜市中区弁天通3-36 関内プリンス会館2F
045-651-4222

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

京浜急行本線日ノ出町駅:「東京チカラめし」  牛丼業界の新風、そのしっかりした商品力にビックリ!

DSC_3612-a.JPG

スッキリと青空が広がる日曜日
お散歩がてらにランチへ出掛けてみるとぽかぽか陽気でありまして、冬物の上着を羽織ってますと暑いくらいですね


DSC_3606-1.JPG
日ノ出町の交差点 マクドナルドが撤退して以来しばらく空き家になっていたところに、「東京チカラめし」が昨日開店したのであります
居酒屋を中心に展開していた三光マーケティングフーズって会社が、最近展開を始めた“焼き牛丼”のお店でありますね

この会社、大箱の居酒屋を展開してたのですが、それが厳しきなってきたのでしょう
270円均一といったメニューに変更したりして頑張ってはいるのでしょうが、最近は低価格で食事性が高い業態にシフトしていまして・・・
デカ盛りナポリタンの「東京スパゲッチ」 定食メニューの「ごはんや 三光亭」 セルフスタイルの讃岐うどん「楽釜製麺所」などなど

時流を見据えて会社の方向性を変換する
言うことは簡単なことですが、これがなかなか難しいことなのですが・・・


DSC_3613-1.JPG
吉野家さんを代表とするほかの牛丼チェーン店さんと同じように、馬蹄形のカウンターが置かれた店舗 入り口の券売機で食券を買うシステムであります

メニューの柱は、メインとなる“焼き牛丼”を中心とした丼モノと、焼き牛定食とカレーでありますね
ですから焼き牛丼をいただくべきところでありましょうけど、丼をがっつくって気分ではなくて・・・
焼き牛とエビフライの定食をいただくことにいたします

これ、よく出来てますねぇ〜
たっぷりの野菜が敷かれていまして、そのキャベツの甘みがとっても美味しいのです
タレは、程よい甘みのスッキリとしたモノで、野菜やお肉の旨みを損なうことが無いよう工夫されてます
使われているお肉はカルビとして焼肉店で売られている部位でありましょう
薄くスライスされてますので、固さや筋を感じること無く美味しくいただけますね

エビフライは冷凍モノではありますが、揚げられた油が傷んでないのでしょう
油臭さを感じること無く、サクッとした食感を楽しむことが出来ました



他の業態の1号店が開店したのは、今年6月のこと
池袋西口を皮切りに、この日ノ出町店が18店舗目、さらに今月には下赤塚や本郷三丁目にも開店予定があるのですね

価格競争が厳しい牛丼業界にあえて進出する、その勝算は・・・
これだけ勢いよく出店するのですから、何かしっかりとしたものがあるのでしょうね




【東京チカラめし】
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-18-1 オーツービル1F
045-260-6231

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

JR根岸線関内駅:「高田屋」   昼は丼モノとそば、そして夜は鍋と居酒屋料理

DSC_3595-a.JPG

今日は昨日の冷たい雨も止み穏やかな陽気であります
4週続いた雨の週末も、今週末はそのサイクルが1日ずれたことで良い天気になりそうですね


DSC_3588-1.JPG
高田屋
10数年前のこと フランチャイズシステムにより全国展開を狙って、積極的に展開していたチェーン店であります
今ではその数も随分と少なくなってはいますが未だ健在 久しぶりにちょっと覗いてみることにいたします


DSC_3590-1.JPG
そばと言えば長野が有名でありますが、そば粉の生産量は北海道が日本一
その昔、松前藩が北前船での貿易をしていたことから“北前そば”の名が付いたのでありましょう

さて、お店は古民家風のイメージで造られていて、程よくテーブルを囲ったパテーションで個室感たぷりでありまして、落ち着いて食事が出来る雰囲気が演出されている良いお店ですね


DSC_3593-1.JPG
ちょうど今、「総決算ランチフェア」って企画の真っ最中でありまして、今日までがその第一弾
“鰻ひつまぶし丼とそばのセット”であります
この時期に鰻? そんな思いもありますが、鰻が一番美味しいのはこれからの時期でありまして、たっぷりと脂が乗ったものは格別な美味しさなのであります
と言っても、このお値段で提供されるものですから、いつ獲れたモノであるか、それが国産であるかどうかはわかりませんがね

さて、そのひつまぶし丼
ちょっと甘めではありますが美味しいタレ そしてネギの風味が良いアクセントになっていまして、ちょっとだけ臭みを感じる鰻でしたが、トータル的に美味しくいただくことが出来ました


そう言えばこのチェーン
多店舗展開に力を入れているときから、こだわっていたのがお蕎麦
あくまでもお蕎麦屋さんでありたいと言う想いからでしょうか、お蕎麦は各店舗で打っていたのですが・・・ 今はどうなのでしょうね
いただいたお蕎麦もコシがしっかりしているものでしたので、今でもこのこだわりが続いているものと信じたいのですが・・・


そしてもう一つ
展開している頃には、お蕎麦がメインであること以外に特徴を感じることが無いお店だったのですが・・・
今では、かなり練り込まれたステキなメニューになってますね

お昼は、丼モノとお蕎麦をセットにしたメニューが中心で、近隣のビジネスパーソンのお腹を満たすことに力を入れている

そして夜、お蕎麦屋さんで最も難しい夜の集客を、“そば屋の出汁”を武器に、いろんな鍋料理メニューを充実させていますね
「きのこ牛鍋」や「比内地鶏の水炊き」
これはちょっと食べてみたいものですね


今でも全国に70店舗ほどあるチェーン店ではありますが、きっとその1店舗1店舗に力が付いているのでしょう
そして、その力を美味しいものを提供するための手間に使って、お客さまに価値を提供しようってことでありましょうか
久しぶりに伺って、その変化に驚かされました

そしてもう一言
社員さんと思われる男性のサービスは笑顔がステキで心が豊かになるものであったのですが、バイト君のそれは、気がないもので・・・  唯一、残念なことでありました



【北前そば 高田屋】
神奈川県横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビルB1F
045-641-7751

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





北前そば 高田屋 関内南口店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

東京メトロ日比谷線日比谷駅:「恵比寿BIAN」   身体に優しくお肌に良いメニューが女性に大人気

DSC_3585-a.JPG

今日は雨 それもかなり冷たい雨でありまして、いきなり真冬になったような感じでしたね
そんな中、仲間との打ち合わせのため、日比谷へと出掛ける



DSC_3577-1.JPG
打ち合わせを終えてランチへと向かいます
午前中の冷たいしとしと雨が本降りへと変わり、遠くへ行くのはちょっと・・・
で、久しぶりに日比谷シャンテへ

この施設がオープンしたときにはかなり話題になったのでありますが、それも20年以上も前のこと
ずいぶん懐かしいことですね


DSC_3579-1.JPG
そんな施設の地下2階にある飲食フロア
今の時代にマッチしたお店が揃っていて、どこへ入ろうかとちょっと迷ってしまう
しかし今日の寒さから、チゲで身体を暖めようってことで美庵

韓国料理をメインとしたお店なのですが、デコレーションに“らしさ”は全く無くて、とってもシャープなデザイン それがココには合っているのでしょうね


DSC_3582-1.JPG
スン豆腐チゲ
グツグツと沸騰した状態で運ばれてきて、その熱々感から身体が暖まりそうな気がしますね

こちらのスン豆腐は、スープに潰したお豆がたっぷりと入っているのでしょう
ですから、サラッとしたものではなく食べるスープっていう感じですし、辛味の中に豆の甘みがあって・・・
それが舌に優しいだけでなく、身体にも優しい感じ

他にもコラーゲンたっぷりの“コラーゲン豆腐チゲ”なるメニューがあったりして、身体の中からキレイになりたいと思う女性をターゲットにした品揃えがなされていて、見事にそのターゲットのココを射抜いているようですね


DSC_3580-1.JPG
最近食べたくってしかたないのが“チャプチェ”
お昼のメニューにチャプチェ丼ってのを見つけ、チゲにしようか、ソレにしようかと散々迷った結果、わがままを言って、丼でないチャプチェを特別に作っていただきました

韓国風の太い春雨を、野菜やお肉と一緒に甘辛いタレで炒めたもの
この春雨がちょっと硬めに茹でてあって、その存在感がバッチリ
このタレは日本人なら誰もが好きにな味でありますね


そんなチャプチェ
ランチで提供しているお店は意外に少なく、これはやはり主食にはならないってことなのでしょうかね?
ワタシとしてはこれメインの定食なんてモノがあっても良いと思うのですが・・・



身体に優しい料理 お肌をキレイニする料理
美しくなりたいって女性の心をくすぐるような商品説明がしっかりとされていて、それを読んでいるだけでキレイになりそうな気がしてくるような・・・
実に良く出来たお店であります



【恵比寿BIAN】
東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテB2F
03-5512-3101

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





美庵 日比谷シャンテ店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

東急東横線新丸子駅:「キッチンTIKI」   美味しい料理を提供することに一生懸命なステキなお店

DSC_3574-a.JPG

肌寒さを感じる今日、新丸子に所用があって出掛ける
電車に乗って通り過ぎることしかなかったこの町 初めての町ってなんだか新しい出会いがありそうで・・・ 朝からちょっとわくわくであります

横浜から30分ほど
各停しか止まらない駅なんだけど、駅前には生活臭が溢れる商店街が走っていて、とっても下町的な雰囲気
なかなか良い町でありますね


DSC_3568-1.JPG
新丸子駅の東口からまっすぐに伸びる商店街 その一本目の交差点を右に入ったところにあるこのお店
1979年創業であるようですので、30年以上も頑張っているのですね

入り口を入ると右手に厨房を囲むカウンター席、その奥のほうにはテーブル席といった40席足らずのお店でありまして、そのカウンターの端っこの席をいただきます


DSC_3571-1.JPG
この席からは厨房が見渡せ、まるでキッチンスタジアムでもいるような雰囲気
シェフが手際良く調理をする姿を見ていると、料理ができるまでの時間も楽しく過ごすことができますし、何よりもお腹が空いてきます

ワタシが注文したチキンソテーの仕上げにフランベをして炎が上がったトコロ
プロの仕事って感じがして、とっても格好良かったですよ


DSC_3573-1.JPG
これが出来上がった今日の日替わりであるBランチであるチキンソテー、そして隣には白身魚のフライが添えられています

皮目が香ばしいほどのカリッと焼かれていて・・・ でも身はふんわりとジューシーに仕上がっています
焼かれたときに出た肉汁にバターを加えたソースが掛けられていて、旨みを捨てること無く楽しむことが出来るものですね
フライも油がスッキリと切れていて、とっても軽く上げられていましたよ


半身の鶏肉を切り分けながら一人前を仕上げていますし、フライのパン粉は注文が入ってから付けるというこだわり
だからこそ、こんな美味しい料理が出来るのでしょうね


味噌汁に具材が少なくって、味噌スープって感じ
これはちょっと残念でありましたが、ごはんはツヤツヤでお米の甘みが感じられる炊き立て
やっぱりこのお店、美味しさを大切にするステキなお店であります



新丸子っていう下町の雰囲気が残る町で30余年
お店を大きくするわけでもなく、多店化することも無い
ただただ美味しい料理をお客さまに提供することだけに一生懸命に頑張ってきたのであろうこのお店
ワタシの町にも欲しいお店でありますね




【SALAD&KITCHEN TIKI】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-830
044-433-8902

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





キッチンTiKi
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「不二家レストラン」   力強く再生に取り組むペコちゃんはすばらしい

DSC_3563-a.JPG

午後からの打ち合わせの前にランチ
日曜日の昼過ぎ こちらの前を通ったときに、席待ちをしているお客さまの列が出来ていて・・・
それがちょっと気になり、今日のランチはこちらでいただくことにいたします


DSC_3552-1.JPG
伊勢佐木モールにある不二家レストラン
知る人ぞ知る、元町で産声を上げた横浜発祥のファミリーレストランであります
元町 伊勢佐木町、銀座と店舗展開をしたのですが関東大震災で消失 再建されたのはココ伊勢佐木町のお店だけだったようですね
つまり、現存するお店の中で最も古いお店ってことでありますね

3〜4年ほど前でしょうか
「PEKO'S KITCHEN」と名前を変え、新しいコンセプトで生まれ変わっていたんだけど、それもいつの間にかもとのお店に戻っていて・・・
茶を基調とした落ち着いた店内で、ワタシとしてはちょっとお気に入りだったのですが・・・


DSC_3555-1.JPG
心機一転のイメージチェンジだったのでしょうが、やはり“ペコちゃん”のイメージは変えることが出来ず・・・ 大人向けのお店にはなれなかったと言うことなのでしょう
“ペコちゃん”を愛するお子さま連れのお客さまに支持されるお店に戻り、白を基調とした明るい店内に生まれ変わった姿には清潔感が溢れてますね


DSC_3557-1.JPG
ちょうど創業101周年記念と言うことで、その記念メニューがとってもお値打ちにいただけるってコト
ならば、それをいただくことにいたしましょうってことで「ハンバーグステーキビーフシチューソース」

これ、なかなか良く出来たハンバーグでありまして、チェーン店にハンバーグにありがちなギッシリと固まったものではなくて、ふっくらと膨らんだとってもジューシーなもの
それにゴロゴロっとした肉の塊のビーフシチューが掛けれ、さらには目玉焼きが・・・
このビーフシチューも、お肉がやわらかく煮込まれていて奥歯を使うこと無くいただくことが出来るもの これも美味しいですねぇ

それに、添えられた目玉焼きを崩してトロッとした黄身が加わると、とってもマイルドな味わいに変わりまして・・・
これがチェーン店でいただくことが出来るものなのかと、驚きであります

ライスとドリンクバーがセットになって999円
これはお買い得ですよ



一時は、食品偽装などの問題があって、その存続すら疑われたチェーン店でありますが、こう言ったキチンと料理を提供することで巻き返しを図っているのでしょう

かつては休日となれば行列が当たり前だったファミリーレストラン
しかし、最近ではそのような光景を目にすることがなくなっていたのですが、こちらのように、安売りに走るのではなく、きちんとした料理を提供することで再生しようとする取り組み 素晴しいことだと思います
かつては多くのメリットを受けていた数百店もあるチェーン店、しかし今ではデメリットのほうが大きく、なかなか再生が難しいのでしょうかね





【不二家レストラン】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
045-251-2105

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

JR根岸線関内駅:「海鮮三崎港」   これからの季節 脂が乗った美味しいお魚がいただけますね

DSC_3542-a.JPG

今日はちょっと秋めいた涼しい日でありましたね
駆け抜けるように去っていく秋 こう言った心地よい日は少なく、あっと言う間に寒い冬になるのでしょうね
一日でも多く、今日のような秋日和が楽しめると良いのですけど・・・


DSC_3538-1.JPG
ここのところ、ランチに麺をいただくことが多かった
麺という食べ物、その種類は異なっても小麦粉が主要材料であることに変わりは無く、何故だかワタシの身体を成長させる成分を含んでいるようだ
で、ちょっと身体が重くなったような気がして、今日はお寿司

一人で気軽にお寿司がいただけるところと言えば、やはり回転寿司が最も適していているのでありましょう
「海鮮三崎港」
ご近所の回転寿司の中では最もクォリティーが高いお店だと勝手に思っている、こちらへ伺うことにいたします


DSC_3545-1.JPG
まず、長崎産の生サバあると言うので、それを注文
サバと言えば長崎 高級なサバとして大分の関サバが有名ではありますが、サバの漁獲量日本一は長崎なのですから

そしてこれから美味しくなる、冬の魚の代表格でもあるブリ
トロンと脂が乗っていて醤油を弾くほど そしてその旨みが冴える
やっぱり旨いですね〜

続いてこちらも冬の逸品である白子
トロッとミルキーで濃厚 ポン酢でいただきましょう
でもワタシは、天ぷらや焼きでいただくほうが好きかな


DSC_3548-1.JPG
穴子一本
柔らかく煮てある穴子 それが豪快にふたつのシャリを乗り越えて・・・ こんな盛り付けもあるんですね 始めてみましたよ
残念なのはタレ あまりに濃い味でありまして、煮穴子が持つ折角の美味しさを打ち消してましたね



旬の5貫盛ってモノがありまして・・・
焼きホタテやズワイガニなどが盛られてますが、あまり旬って言うイメージは無いですね



回転寿司ってトコロ
お手軽な雰囲気であることから、お値段もお手軽であると思いがちであるのでありますが・・・
こちらのようなグルメ系のお店でありますと、油断してお腹一杯に食べてしまうと3000円に届きそうなお会計になったりするんですよね
危ない危ない!


安心してお腹一杯になれて、2000円〜2500円くらいで納まる美味しい回転寿司
これは大きなマーケットだと思いますよ
一般的に回転寿司店の食数は7皿くらいといわれてますが、8〜9皿食べても2500円以内であること
これが大きなポイントでありましょう
きっと多くのお客さまは、予算の都合で7皿程度に止まっているのだと思いますから・・・

 

【海鮮三崎港】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-3-7
045-252-8245

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

東京メトロ丸ノ内線新宿駅:「秀山」    こだわりの担々麺は、香ばしい芝麻醤の香りと甘みが美味しいですね

DSC_3534-a.JPG

新宿でランチ
実は今、中華料理店のメニュー変更プロジェクトに取り組んでいて、そのメインとなる商品は“担々麺”なのであります
だから、いろんなお店の担々麺を視察いたしましょうってワケ


DSC_3537-1.JPG
JR新宿駅から西武新宿駅までを結ぶサブナードって地下街にある「秀山」ってお店
サンプルケースの中は、単品価格800円前後の商品がズラリと並べられていて、とっても利用しやすいモノであります
店内のメニューは、それらの単品商品がセットになった1000円を超えるモノが前面に出ていたりますが、コレも一つの戦略
商業施設内のレストランということで、いろいろと考えられていますね


DSC_3532-1.JPG
メインとなる商品は担々麺
店内のそのこだわりが書かれた垂れ幕が掛けられていて、メイン商品への誘導もしっかりとやってますね
ってことで、ワタシがいただいたのは“パイコー担々麺”であります


DSC_3530-1.JPG
先ずはこのパイコーの分厚さにビックリ
これはパイコーって言うより“とんかつ”ですね  カツは厚いほうが美味しいっていうワタシの持論通りのモノにニッコリであります

そして、スープ
たっぷりの芝麻醤が使われているのでしょう ドロッとしたスープからは、そのコクと甘みが感じられます
その芝麻醤、たぶん自家製なのでしょう 煎られた胡麻の香ばしさが活きているモノで、こだわりが感じられますね

かなり甘みが強くてドロッとしたモノですので、食べ進むにつれて少々飽きがきちゃいまして、ラー油を垂らして辛味を付けていただきました



そんなお店のこだわりがお客さまにちゃんと伝わっているようで、お昼どきのお客さまの大半がソレを食べているようです
このように、お店のこだわりがお客さまに伝わって初めて、繁盛店への道が開くってことなのです
何を看板料理にするのか、ソレをどうやってお客さまに伝えるのか
頑張って、繁盛店への扉を開けようではないですか




【フカヒレと担々麺 新宿秀山】
東京都新宿区歌舞伎町1-2-2 サブナード地下街一丁目
03-3354-6347

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





新宿 秀山
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

JR根岸線関内駅:「唐桃軒」    ココのチャーシューは絶品でありまして、量り売りやネットで買うことも出来ます

DSC_3503-a.JPG

7日サイクルで変わると言われる秋の空  見事に今日も雨でありまして、4週連続の週末の雨であります
決して強いモノではありませんがしとしとと・・・
今日は一日止みそうにありませんね


DSC_3497-1.JPG
そんな雨の中、遠出をする気にもなれずに、フジテレビの番組 東京Vシュランの横浜ラーメン頂上決戦で1位を取ったと言う、「唐桃軒」さんへ伺うことにいたします

DSC_3502-1.JPG
チャーシューが美味しいことで有名なお店でありますので、迷うこと無くチャーシュー麺をいただくことにいたしましょう

醤油、塩、味噌とスープを選ぶことが出来るのですが、最近ちょっとハマっているのが醤油系のスッキリ味でありますので、こちらも迷うこと無く醤油味で注文いたしますと、「スッキリとしたしょうゆ味」 そのイメージどおりのモノが登場ですね

レンゲでスープを一口いただきますと、それは、見た目だけでなく、醤油の香りが活きている風味良いモノでありますね
最近主流のコッテリ味とは全く路線が異なるものでありまして、若い人だけでなく年配の方にも支持される そんな優しいスープであります

柔らかく煮込まれたチャーシュー これも文句無く美味しくって、沢山乗っていたにも関わらず、もっと食べたくなります
このチャーシュー お店での計り売りやHPからの通販もできるのですが、なるほど、それほどしても手に入れたいって気持ちも納得ですね

なのですが・・・ 残念なのは麺 
そもそも、ラーメンというモノは志向性が高い食べ物でありますので、好みよってその意見が大きく左右するものなのではありまして・・・
何よりスープを連れてこないってコトが残念に思えますね


DSC_3505-1.JPG
麺だけではちょっと物足りないと餃子でも頼もうかと思ったのですが、こちらには麺以外のメニューはありません
それだけでなく長居や長話は禁止である意の張り紙があったりしますので、お客さまはちゃっと麺をいただいてサクッとお店を出ていきますので、その回転は速いんですよね
入店するときには、雨の中、店頭に出されたテーブルにまでお客さまで溢れていた店内も、ワタシが食事を終える頃にはガランとしてましたね
またこの後、沢山のお客さまが来られるのでしょうけど・・・



実はこちらには3年前にも伺っていて、そのときに覚えたチャーシューの美味しさが変わってなかったことがなんともうれしく思えまして・・・ 変わらないことの大切さを感じました



【唐桃軒】
神奈川県横浜市中区港町4-15
045-651-3194

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





唐桃軒
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

横浜高速鉄道馬車道駅:「味奈登庵」   横浜市民に愛される盛りが良いことで有名なお蕎麦屋さん

DSC_3489-a.JPG

ちょっとお買い物がしたいものがありまして・・・
ちょっと早いのですが、今買わないと意味が無いってことで自分へのクリスマスプレゼントといたしましょう
ってことでお出かけ


DSC_3477-1.JPG
お昼、何をいただこうかと散々悩む
中華ならご近所の山ほどあるのだけど、そんな気分ではない
かと言って、洋食って気分でもないし・・・
和食? お寿司? 悪くないんだけど、コレともちょっと違う

で、思い立ったのがお蕎麦
ツルツルっと手繰って食べ“ざるそば” 正に今日の気分はコレ!ってことで向かったのがココ
庶民的なお蕎麦がいただけるお店として横浜ではかなり有名なところであります


DSC_3481-1.JPG
入り口正面にあるレジで商品を注文し番号札をもらい席で待つ そして、商品が出来上がるとその番号で呼び出されるので、カウンターで商品を受け取ると言うセルフ方式
レジの前の壁面に大きなメニューボードみたいなものがあると事前に食べたいものを決めることも出来るのでしょうが・・・
それが無いため、レジでちょっとドキマギしちゃいました

客席にはメニューが置かれてますので、先ず先に席をいただき、そこでじっくりと選んだ後にレジへ向かうってことも出来るようですね


DSC_3484-1.JPG
こちらのお店、盛が良いことで有名なことも知ってはいたのですが、ツルツルっとたっぷりとお蕎麦をいただきたくって・・・
ざるそばの大盛とかき揚げをいただきます

この盛の良さ 如何でしょう
こちらには富士山盛なんていうモノがありまして、それはこんなもんじゃないですよ
以前、お隣に座った方がそれを食べていまして、そのイメージですが、これの倍くらいはあったと思いますよ


さてさて、お蕎麦
ただ量が多くて安いだけでは無く、のど越しが楽しめるモノですね
何よりうれしいのは、たっぷりと汁につけていただくことができること 
江戸前のような蕎麦の先端をちょこっと汁につけて手繰るってモノも美味しいのですが、やっぱりたっぷりとお汁につけていただきたいって方にはウッテツケですね
足りなくなると汁のお替りができるってサービスもあるんですよ


DSC_3490-1.JPG
セルフのお店と言いましてもこちらの天ぷらは注文が入ってから揚げるというモノ
ですから、かき揚げだってこんなにサクサクの薄衣なんです
玉ねぎやニンジン、それにサツマイモ?などが具材であり、サクッとした食感と具材の甘みが楽しめますね



伝統やシキタリ
それを守ることも大切なことではあるのですが、お客様の要望や嗜好に応えて変化させる事も時には必要なことでありましょう
お寿司屋さんで一人前と称される7貫1本であったり、2貫で提供されることが通念であったり・・・
それらも変化させて良いと思うのですけど・・・



【そば処 味奈登庵】
神奈川県横浜市中区本町6-54
045-201-7653

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

JR東海道線横浜駅:「ヴィレッジヴァンガード ダイナー」  個性的でボリュームたっぷり 美味しいバーガーがいただけます

DSC_3472-a.JPG

先日バーガーをいただいたばかりなのに、今日もまたバーガー
というのも、以前ルミネの中にお勧めのバーガーがあると話していた友人から、そこへ行きたいとのお誘いを受けたのであります

ルミネ
有楽町マリオンの跡地に開店したことのことで話題になっているのでありますが、確かに横浜駅周辺の商業施設の中で最も集客力が高い施設であると思います
女性のファッションに関しては良くわかりませんが、飲食施設はかなり魅力的でありまして・・・


DSC_3468-1.JPG
6Fにある人気のダイナー「ヴィレッジヴァンガード」 
午前中に打ち合わせが一件ありまして、こちらへお邪魔したのは12:45  やはり今日も席待ちのお客さまが並んでますね
お昼の時間ですと、飲み物がセットになったお得なメニューもありますし、通常のメニューを選んでも100円でドリンクがいただけるってことも、美味しさだけでない人気の秘密なのでしょうね


DSC_3469-1.JPG
壁面には木をたくさん使ってあって床は土間 ちょっとレトロな雰囲気が漂ってます
卓上に置かれた様々な小物にもレトロな感じがあって、古きアメリカが演出されています

メニューはもちろんバーガーがメイン 
しかし、ロコモコやタコスといったものも用意されていて、度々使っていても飽きることが無い工夫がされています


DSC_3471-1.JPG
日替わりのメニューもいくつか用意されていて、その中からオリジナルバーガーをいただきます
今日のそれは、ペッパーパーガーということでありまして、パティの上に乗せらたたっぷりの粗挽きのブラックペッパーがインパクトになっているモノであります
レタス、トマト、オニオンという至ってシンプルなモノでありますが、ペッパーの風味と刺激で大人のバーガーへと変わってます
ケチャップやマスタードは好みで加えることが出来るのですが、それらを全く使う必要は無いですね

バンズはしっかりと焼かれていて、余分な水分が飛ばされているためさくっとした歯ざわりでありながら、モチッとした食感も感じられます

パティはジューシーなモノでありまして、そのドリップで口が渇くこと無くいただくことが出来ますね 特に癖があるモノでありまし、いろんなものと組み合わせても邪魔になることが無いよう工夫されているのでありましょう



ココに来るたびに気になるのが接客でありまして・・・

きちんとしたマニュアルが整備され、それに基づいた教育がなされているのでありましょうが、あまりにもその内容が盛り沢山ってことが原因なのでしょうか?
早口で一方通行であったり、棒読みで気持ちが入ってなかったりでありまして、優しさであったりとか、コミュニケーションであったりとか、人としてって部分が大きく欠如しているように感じられるんですよね
コレがどうにも耳についてしまって不愉快さすら感じてしまいます

美味しいバーガーを提供してくれるお店でありますので、この部分を一日も早く改善していただけるよう願います



【Village Vanguard DINER】
神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜6F
045-444-1255

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅:「龍城飯店」  柔らかく煮込まれた牛バラが美味しい汁そば

L1000962-a.JPG

晴れに恵まれると言う文化の日
まぁ、晴れと言うにはちょっと・・・ ではありましたが、ココ数週間、週末が雨でありましたので、久しぶりに雨が降らない休日ですね
ってことで、中華街から元町へ、お散歩であります


L1000954-1.JPG
今日の中華街は、かなりの人出でありました
明日の金曜日を有給休暇に当てて、4連休だったりするのでしょうかね? 何はともあれ、お客さまが動き始めた気配を感じ、景気も回復のほうに向いてきたのでは? そんな期待を感じたひと時でありました


L1000964-1.JPG
「龍城飯店」
中華街の路地にあるお店でありまして、店頭にはその入り口を塞ぐくらいの量の販促物が並べられていまして・・・
それに見入っていると店内から小姐が出てきて「2階席が空いてるから、どうぞ」と笑顔で声を掛けてくれます
ならば、ちょっとお邪魔してみましょうか


L1000959-1.JPG
いただいたのは“牛バラ汁そば”
何と、春巻きに唐揚げ、それにハーフチャーハンまでがセットになっている、メタボ御用達のメニューであります

かなり混んでいたこともあるのでしょう、ちょっと提供まで待たされることになりましたが、美味しそうな汁そばが出て参りました

20mm角ほどのばら肉がゴロゴロと入っていまして、それがとっても柔らかい
そしてそれにはしっかりと八角の風味が染みていまして、その風味がとっても良い感じにまとまっています
お肉を煮込んだスープが混じったこともあるのでしょう、ほんのりと甘みを感じるスープがとっても優しい味で、最後の一滴まで飲み干したくなるものでありました

春巻きや唐揚げはそれなりのものでありましたが、チャーハンは塩味でまとめられたパラパラとしたモノ コレは一品として十分に成り立つほどの完成度でありましたよ


この商品を頼んだ後に気付いたのですが、こちらのフカヒレ料理はメニューを見る限りかなりのお値打ち商品であるようですね
大きなフカヒレが乗った、フカヒレ麺やフカヒレ飯 コレは一度試してみなければ・・・

他にもコース料理は、そのほとんどが半額で提供されているようですので、コレも仲間を誘って是非・・・



多くの観光客が訪れる中華街と言えども、その内情はかなり厳しいのでありましょう
どこのお店もあらゆる努力が感じれられ、ひと昔前の殿様商売の姿は見られません
お客さまに支持される正しい努力はどこにあるのか、ちょっと中華街のお店を勉強してみることにいたしましょう




【龍城飯店】
神奈川県横浜市中区山下町147
045-681-3228

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





龍城飯店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

東京メトロ千代田線赤坂駅:「天茂」    後継のお嬢さまが頑張る江戸前天丼の名声店

DSC_3461-a.JPG

仲間とのランチをしようと、赤坂見附で待ち合わせ
ただお昼ご飯をいただくだけではなく、お勉強になるお店へ行きましょうってコトで・・・

店内の雰囲気が全くわからない雑居ビルの2F
そんな場所にありながら、連日お客さまが溢れている天ぷら屋さんがあるというので伺うことにいたします
このビル、その佇まいからは想像も付きませんが、3Fには「鮨兆」ってお寿司屋さんが入っている、ちょっとしたグルメビルなんですね


DSC_3453-1.JPG
「天茂」
カウンターを中心とした天ぷら屋さんでありまして、開店時間から10分ほどで満席になってしまうと言う大人気店であります
開店時間の5分ほど前にお店に着きましたので、当然一番乗りかと思いきや既に先客が一組いらっしゃいました  
カウンターの一等席をいただき揚げ上がるまでの時間を待っていますと、次から次へとお客さまが来店され、10分もしないうちに満席に・・・
さすがでありますね


DSC_3455-1.JPG
きっと昔は、ご主人が天ぷらを揚げ、その奥さまが盛り付けをしながら営業をしてきたのでありましょう
しかし今では先代は引退され、お嬢さまが揚場を担当するようになった今でもお母さまがしっかりと仕上げを担当されてますね

後継が出来ずに廃業していくお店が多い中、跡を継いでくれる人がいるとは素敵なことですね
おかげで私たちも、美味しい天ぷらをいただき続けることが出来る幸せに与ることが出来るのですね


DSC_3465-1.JPG
お昼のメニューは“かき揚げ丼”と“天丼”の2種類だけ
しかしお客様のほとんどが、かき揚げ丼を頼まれるようですね  たっぷりの海老をふっくらとした衣で包むように揚げられたボリュームたっぷりであるところが支持されているのでしょうね

同行した仲間がかき揚げを注文しましたので、ワタシは天丼であります
こちらは、茄子とキス、それに身が厚い穴子
その穴子が絶品でありまして、ホクホクと揚がった穴子が丼タレと見事に馴染んで江戸前天ぷらの醍醐味が味わえますよ
天ぷらにタレをかけるのではなく、揚げあがったものをタレの中に漬けることで、この味わいが生まれるのですよね
江戸前最高!であります



お嬢さまは大変かと思いますが、ココが大好きなお客様のために、末永く頑張っていただきたいと思います
出来れば、おばあちゃんになるまで・・・
お願いします




【天茂】
東京都港区赤坂3-6-10 第3セイコービル2F
03-3584-3746

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





天茂
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

JR根岸線関内駅:「ジョーンズ カフェ」   10月7日開店 吉田町にアメリカンなカフェが生まれました

DSC_3443-a.JPG

11月になったというのに27℃もあった今日  冬の節電などと言われてもピンときませんね
そして、着るものの選択にも迷うところでありまして・・・ 
朝から所用でバタバタと出歩いてましたら、しっかりと汗をかいてしまいましたよ

さて、お昼
今日も身体に優しいものをいただこうと思っていたのですけど・・・


DSC_3438-1.JPG
吉田町に新しく開店したカフェ
真っ赤な入り口はとっても目立っているのだけど、店名や、何を売っているお店なのかは、軒先に出されたA看板に書かれている程度であります

なんでもこちらは、HPにアップされる物語に沿ってメニューなどが決まっていくと言う変わったコンセプトのお店であるようです


DSC_3442-1.JPG
店内にハーレーが置かれていたりで、アメリカンな雰囲気が演出されてます
そのハーレーはお店をデザインした方のモノらしいのですが、オーナー自身も、ハーレーで世田谷から通っているらしいですよ(他のお客様との会話ウォン盗み聞いちゃいました)

また壁面には、先ほどの物語に登場するキャラクターの紹介がされていたりと、ちょっと面白いお店ですね


DSC_3451-1.JPG
いただいたのは「マーシーズ バーガー」
ベースとなるバーガーは、バンズにレタスとパティだけが挟まれたシンプルなもの
それに自分の好みで、トマト、オニオン、ピクルスなとを追加していくシステムでありまして、それぞれ30円でありました
他にも、チーズ50円や玉子30円なんてものもありましたね

ワタシは、玉子以外のモノ全てを追加してグルメバーガーの出来上がり
自ら、ケチャップやマスタードで好みの味付けをして頬張ることができます



パティはしっかりと整形されたものではなく、適量をグリドルの上で押さえつけながら焼き上げたような歪な形でありまして、それはバンズからこぼれたりしてちょっと食べづらくはありますね
しかしそのパティお味はしっかりとしてまして肉の食感が残るモノ  近所にこう行ったお店が無かっただけに、うれしいお店が開店したものです


 

【Jones Cafe】
神奈川県横浜市中区吉田町4-6 第一共同ビル1F
045-252-1188

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。