2011年09月30日

JR根岸線桜木町駅:「川村屋」    駅の開業以来、みんなの胃袋を支えてくれた立ち食い蕎麦屋さん

DSC_3070-a.JPG

食欲をそそる良い香り
桜木町駅を利用する度、その香りの美味しさに惹かれていたのです
「1ヵ月1万円生活」のオードリー春日であれば、間違いなくココで換気扇飯をやっていることでしょう


DSC_3067-1.JPG
「川村屋」
いつも元気なおばちゃん店員たちと、常連さんらしきおじさんたちの元気で溢れるお店であります
なんとこのお店、桜木町駅の開業当時からこちらで商売をしているらしく、その歴史は111年なんだとか
正に駅とともに発展し、駅を利用するお客さまを見続けていることでありましょう


DSC_3069-1.JPG
ちょうど今日、お昼どきにこちらの駅を利用する用事がありまして・・・
ですから、ココでお蕎麦をいただく時間を考慮しての時間調整をいたしました

「かき揚げ」
手揚げのこだわる天ぷら とは言え、そこは立ち食い蕎麦屋
大したレベルは期待しちゃいけません

麺はもちろん茹で置きのモノ
回転が勝負の立ち食いでありますから、注文が入って麺を茹でていたりしたのではお客さまがいなくなってしまいますからね
ってことで、この麺にも大した期待をしちゃいけません

しかし、しかし・・・
ココのつゆがホントに素晴らしいのであります
甘く香醤油風味の出汁 この香りが駅周辺そこいら中に拡がって、お客さまを呼び込んでいるのでありますが、間違いなく立ち食い店NO1だと思いますね

そんなつゆの美味しさを目的に来るお客さまも多いのでありましょう
「つゆの増しはお断りしています」的なことがレジ近くに貼られています
コレだけのつゆを作るにはかなりの原価がかかっているのでしょうから、仕方ないことですね
頑張って回数通うことにいたしましょう ソレが結局、大好きなお店を長続きさせることになるのですから・・・
みんなで力を合わせて150周年や200年周年が迎えられるよう頑張りましょう



DSC_3072-1.JPG
さてその帰り、偶然に見つけた自転車部隊
パチンコ屋さんの開店告知なのでありますが、自転車をこのように改造してとは・・・
以前日ノ出町に「すた丼」がオープンした時には、同様に看板を施した軽自動車でしたね

なかなか面白いビジネスと言うか、販売促進の形が勉強できました
みんな色んな努力をしているんですね




【川村屋】
神奈川県横浜市中区桜木町1-1 桜木町駅構内
045-201-8500

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





川村屋
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

JR東海道線川崎駅:「がんこ」   大阪出身 関東でもハタチになったがんこ寿司

DSC_3061-a.JPG

夜に友人と会食
川崎で待ち合わせとなったのだけど、滅多に来ることがない川崎
どんな美味しいお店があるのかとの事前調査も無く来ちゃったものだから、銀柳街辺りをブラブラといたします


DSC_3063-1.JPG
19:00を回っているのに、多くのお店がガラガラ
チェーン店系のお店では、通りにスタッフを立たせて客引きに一生懸命 大変な時代でありますね

そんな中、ちょっと高級な構えをした一軒のお店というか一棟のビル
なんと、あの「がんこ」ではありませんか
このチェーンが大阪から都内に出来てたとき、お勉強のためにと何度も足を運んだものであります
あれから、20年ほどでありましょうか
久しぶりに「がんこ」を楽しむことにいたします


DSC_3052-1.JPG
先ずは、旬のお刺身から
旬と言いながら・・・ それほど旬を感じるものではありませんね
真ん中にドンと陣取る“鱧”が夏の名残ってことでありましょうか
昨日、あの豪華でお値打ちなお刺身をいただいたばかりでありますから、どうしても見劣りしちゃうんですけどね


DSC_3059-1.JPG
こちらはこれからの旬“松茸”
一貫から頼める松茸のにぎりってのがあったので、ちょっと旬を味わうことにいたしましょう

シャキッとしたこの食感
やっぱり良いですね〜 「香り松茸、味しめじ」なんて言いますけど、松茸のこの食感だって捨てがたいですよ
香り松茸であるはずなのに柑橘の香りが・・・ これ、必要なんですかね? 



DSC_3058-1.JPG
旬を味わった後で、かに雑炊で本格的に〆 であります
実は、かにサラダがガッカリだったので、そのリベンジってこともあって・・・

少し落ち着き始めたとは言え、まだまだ高額なレタス
ソレを使うわけにいかなかったのでしょうが、キャベツの千切りサラダはないでしょう
しかも、何の断りも無く・・・
本来のレタスで提供できないのなら、出さなきゃ良いのに・・・ なんて思っちゃいました

さて、そのリベンジメニューであるかに雑炊
しっかりとカニの風味がする出汁でありまして、大満足であります
程よくかに身も入っていましたし・・・



先の述べましたが、大半のお店がガラガラである中、こちらは満席であります
タイミング良く、先客が帰った後のテーブルを片付ける間だけ待つことで済みましたが・・・

決して安いとは言いがたいお店でありますけど、その内容はしっかりとしたモノでありますから、落ち着いた雰囲気で美味しい料理を食べたいって言うお客さまが来店されているのでしょうね

“安いことが大切”と言うような風潮ではありますが、ソレにも終わりが来ていると感じますね
やはり飲食店というもの、“ご馳走であることが大切”と変わっているように感じます




【がんこ】
神奈川県川崎市川崎区砂子2-6-7
044-230-1860

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





がんこ 川崎店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京メトロ千代田線赤坂駅:「ジムトンプソンズテーブル タイランド」   高級シルク店らしく大人な雰囲気がステキなタイ料理のお店

DSC_3050-a.JPG

赤坂サカス
開業して、まだ3年ですね なんとなく、街にも馴染んでいてもっと昔からあったような・・・ そんな気がします
そんなサカスよりも一足先に開業したのが「Bizタワー」
美味しいレストランがたくさん入った、美味しいビルなのであります


DSC_3041-1.JPG
久しぶりにタイ料理が食べたいということで・・・
繊維質たっぷりの野菜の料理、カプサイシンの効果が期待できるピリッと辛い料理
そんなヘルシー感溢れる料理が、バイキングでいただけるお店へ
こちらは、タイ本国で高級シルクを扱う「ジムトンプソンズ」が、日本で展開するタイ料理のお店であります


DSC_3045-1.JPG
お昼のメニューは、5種ほどの料理の中からメインとする料理を一つ選び、野菜の料理や春雨などの料理などの前菜系がバイキングでいただけるってモノであります

どの料理も本格的なものでありまして、酸味が楽しめたり、ピリ辛が楽しめたりと、大満足なのでありますが・・・
その品数はバイキングと呼ぶにはちょっと物足りないのであります
サラダが出来るように葉物の野菜と、そのトッピングになるようなミニトマトやコーンがあって、他には、ワタシがいただいた3種の前菜とスープ、そしてデザートにと、タピオカココナッツミルクがあるだけであります
これなら、わざわざバイキングにしなくても、“3種の前菜付き”ってことでも良いように思うのですが・・・


DSC_3048-1.JPG
メインに選んだのは、シーフードと玉子のカレー炒めであります
この料理は、本場タイでは渡り蟹で作られることが一般的でありまして、その発祥は、小泉元首相も訪ねたと「ソンブーン」だとも言われてますね
同店を訪ねてソレをいただいて以来、虜になってしまった料理でありまして、タイ料理のお店でこれを見つけると必ず頼んでしまうのであります

シャキッとした玉ねぎと、ふんわりとした玉子、それに数種のシーフードが、ピリッと辛いカレーの風味でまとめられて・・・
あー ソンブーンのプーパッポンカリーを彷彿させる完璧さであります

大好きな玉子にカレーの風味 これは虜になるのも当然と言ったモノですね


DSC_3047-1.JPG
たぶんタイの方と思われる人たちも、笑顔でこちらのバイキングを楽しんでおられますし、働いている方にもタイの方がいらっしゃいますし・・・
「笑顔の国」を実感できるステキなお店ですよ

高級感ある店内の調度品なんかもステキですし、ちょっと大人な時間を過ごすには良いお店でありますね



【JIM THOMPSON'S Table Thailand】
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー1F
03-5545-7760

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





JIM THOMPSON’S Table Thailand 赤坂 TBS Bizタワー
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「はなたれ」  大漁だった真いわしを驚きのボリュームとプライスで・・・

DSC_3025-a.JPG

台風前の気温から10℃近くも一気に下がったことで、風邪でも引いたのでしょうか?
昨日の夜からちょっと調子が悪くて、今日は1日中のんびりと休養することにいたします
やらなきゃならないことがいくつかありはしますが、それほど急を要するものでもないし・・・ と後回しであります
皆さんも体調の管理には気をつけてくださいね


DSC_3038-1.JPG
さて、夜になり仲間から誘い出されるままに、近所の居酒屋さんへ
お肉って気分ではないと言う彼のために選んだのが「はなたれ」、新鮮なお魚をお値打ちに提供することで有名なお店なのであります

7〜8年ほど前にココ長者町店を開店して以来、連日の賑わいでありまして、桜木町店や鶴屋町店、そして横浜東口店と出店を続け、昨年には品川にまで支店網を拡大したようですね


DSC_3023-1.JPG
今日のイチオシは“真いわし”であるとのこと
千葉の銚子港で大漁であったため、格安のお値段で仕入れることが出来たから・・・ と、ワタシ達にも格安で提供していただけるのだとか ありがたい話ではないですか

そんなイワシを色んな料理で楽しませてくれる“いわし3種盛りと天ぷらセット”をいただきます
この料理、一体何尾のイワシを使っているのでしょう???
イワシ3種盛りとは、お刺身、たたき、なめろう でありまして、そのボリュームは圧巻であります
見た感じ、10尾くらいは使っているようですね

ヒカリモノはちょっと生臭い気がして・・・
そんな方も多いかと思いますが、このイワシ、全くそんな臭いを感じることがありません
ただただ、脂の甘味が拡がる美味しいものでありました


DSC_3029-1.JPG
どんなに美味しいお魚でも、生でばかりじゃ味が単調になろうって言うモノ
ならば、煮つけを一品いただきましょう

注文が入ってから煮付けるのでしょうね
ちょっと時間が掛かりましたが、その美味しさに感動であります
濃すぎず、薄すぎず、程よい味付けの煮汁の美味しさが印象的でした


DSC_3030-1.JPG
その他あれこれ
〆にいただいた丼モノですが、このごはんがしっかりとしてまして・・・
魚の仕入や料理にばかり気が取られ、こう言ったごはんの炊き上がりに気が回っていないお店が多い中、こちらのモノはツヤツヤでほっこりとしていて・・・
お米の甘味を感じることができるモノでありました

そして、多分ではありますが・・・
こちらのお店では、注文した商品の組み合わせによって料理の内容を変えていただいてるようですね
というのも、コレだけ生のお魚を頼んだのに、〆のまかない丼に至るまでの料理に、ソレほどお魚のかぶりが無いってことなのです




本当にお客さまの気持ちになって考え行動する
若いチームでありますの、多少の不出来も感じることはありますが、そんなことを吹き飛ばしてしまうほどの気配り
だからこそ、こんな時代にでも、確実に出店・成長しているのでありましょう
なかなか、お気に入りの一軒であります




【魚と酒 はなたれ】
神奈川県横浜市中区長者町5-56 千歳観光第二ビル1F
045-243-4339

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




posted by koutagawa at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

JR山手線有楽町駅:「ラ・メール・プラール」   “伝説のオムレツ”その名に相応しく素晴らしいオムレツをいただくことが出来ました

DSC_3003-a.JPG

伝説のオムレツをいただけるお店が東京フォーラムにできたと言う
世界一の朝食と話題になった「bills」のスクランブルエッグに類するお店なのかと思っていたら・・・
そのオムレツってのが、フライパンを器用に使って巻き上げた、朝食でいただくソレはと随分と異なるものであるらしい
ならば・・・


DSC_2991-1.JPG
東京フォーラム
その会議場と言うか展示場と言うかに用事があることはほとんど無いのだけど・・・
並木に囲まれた雰囲気が素敵で、ちょくちょくと便利に使わせていただいている場所であり、移動車による軽食や珈琲の販売がされていたりして、それらをベンチに座っていただくOLさんたちも絵になっていたりするんですよね

そんな場所にひと際目立つ赤い壁が・・・ そして牢屋のように重たそうな木の扉が・・・
そこが、今回の目的である「ラ・メール・プラール」であります

この大きな扉を入ったところにカフェのスペース
コレがとっても開放的で素敵な空間であります ココでお茶をしながらの待ち合わせっていうのもお洒落でありますね


DSC_3013-1.JPG
奥に入ったレストランはこんな感じ
お客さまの大半は素敵な奥さま方でありますね
お昼の時間にゆっくりと食事を楽しめる方々というと、そういうお客さまになるのでしょうけど・・・

そんな奥さまも、今日はちょっとだけ普段と違うお洋服を着てみたり、いつもよりもちょっとだけ長く鏡の前でメイクをしてお越しになっているような・・・
そんな緊張感が素敵なお店であります

ランチメニューの柱は、オムレツかマルミットのふたつ
最近ルクルーゼってお鍋やさんで有名になったマルミット料理にも関心はあるモノの、やはり今日はオムレツでありましょう



DSC_2996-1.JPG
こちらはランチセットについているオードブル
ローストしたチキンをメインに、ドレッシングでマリネされた新鮮な葉野菜
それに、松の実とりんごが添えられています
まだりんごの季節には早いような気もいたしましたが、その相性は抜群でしたね


DSC_3005-1.JPG
コレが、伝説のオムレツ
あまりの大きさにいくつの玉子を使っているのかと尋ねてみると・・・
たった3個の卵でコレだけ大きなモノを作っているのですね 
オムレツのベースになるような生地を焼き、メレンゲのように泡立てられた玉子を乗せて折り返す
なるほど、意外に単純な料理なのでありますね
だからといって、誰にでも出来るってモノではないのでしょうけど・・・

驚くほどフワッとしていて、お口に入れると泡が消えるように蕩けてしまう
そんな口溶けが堪らなく美味しいオムレツであります

もちろんこのオムレツを美味しくいただくためのソースが、小さなストウブで提供される姿にも演出を感じることが出来ますね
ランチのセットに付くソースは、ほうれん草とじゃがいものクリームソース
このソースがまた格別に美味しくできてまして・・・

オムレツももちろん美味しくはありますが、その感動は美味しさ以上にプレゼンの手法の方、しかしこのソースの美味しさが加わってこそ、このオムレツの完成ってことなのでありますね


DSC_2998-1.JPG
ちょっと贅沢なコースでは、その美味しいソースが更にバージョンアップしまして・・・
いくつかの贅沢食材を選ぶことが出来るようになっています
画像は、お誘いいただいた仲間が頼んだフォアグラときのこのソテーであります



DSC_3011-1.JPG
オムレツって料理で、ココまで楽しませてくれるとは、正に伝説のオムレツと謂わしめるに相応しい料理でありますね
食後の珈琲を楽しみながら、その余韻に浸ります



東京フォーラム
有楽町の駅前でありますし、東京駅からでも歩ける距離
東京へ来られたお客さまをご招待するに相応しいお店がまた一軒増えました 本当にありがたいコトであります



【LA MERE POULARD】
東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム内
03-5252-7171

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

JR山手線有楽町駅:「牛や」    1000円でお釣りがいただける「すき焼き重」に舌鼓 

DSC_2982-a.JPG

有楽町でランチ
以前、同じビルにあるとんかつ屋さんへ伺ったとき、こちらのお店の店頭に並べられたお弁当が美味しそうで・・・
夜は、しゃぶしゃぶやすき焼き、ステーキと、お肉を中心とした会席を提供するお店なのですが、ランチはとってもお値打ちにステーキやすき焼き重を食べさせてくれるようであります


DSC_2985-1.JPG
「牛や」って店名の通り牛肉がメインのお店ではありますが、日本料理って冠を被っていますので、お刺身のランチメニューもありますね
しかし、ソコは初志貫徹ってことで、お肉メニューから「すき焼き重」を注文

12:00前であるにもかかわらず、店内には結構な先客がいらっしゃいまして、「すき焼き重」はワタシが注文したモノで売り切れに・・・
かなりの人気メニューであるようですね

夜のしゃぶしゃぶやすき焼きなどのメニューは4番〜5番の和牛が使われているようなので、このランチはその切り落としが使われていたりするのかと過剰な期待をしていたのですが、ソコはソレ
それほどの和牛ではないようですが、十分にお値段以上の価値は感じられるモノであります



何よりうれしいのは、有楽町の駅前と言う好立地であるにもかかわらず、ゆったりとしたテーブル席で食事が出来たこと
この界隈のお店では、お昼の時間は相席も当たり前ってコトがありまして、とにかくお腹を満たすだけってお店が多い中、こういったお店は希少ですね



【日本料理 牛や】
東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルB1F
03-3214-7939

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





牛や 丸の内
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

みなとみらい線馬車道駅:「ラバウザ」    9月22日開店 ファミレス系イタリアンが馬車道に登場

DSC_2975-a.JPG

横浜を拠点に居酒屋を展開していた「コロワイド」
いつの間にか、北関東のステーキチェーンや東海の回転寿司チェーンをM&Aして、上場企業にまで成長した、横浜を代表する外食企業
そこが展開しているイタリアン業態がコレ、「ラパウザ」
とっても気軽なお値段と雰囲気で人気のお店ですね


DSC_2972-1.JPG
そんな「ラバウザ」が9月22日、横濱馬車道に開店しました
伊勢佐木町界隈には、チェーン店系の“スパゲッティ食堂 ドナ”やCAFE系の“プロント” ファミレス系では“サイゼリア”とファストフード店の“ファーストキッチン”などがあるのですけど、関内には、そういったお店が無かったんですよね
きっと、ご近所のOLさんたちのランチで賑わうことでありましょう


DSC_2973-1.JPG
週末までも17:00までいただくことが出来るランチメニュー
スパゲッティやピッツァに、スープとドリンクバーがセットになるんですね

ちょっとうれしかったのは、ドリンクバーにあるグラスと言うかコップ?
コレが他のお店のモノよりも大きくって、何度もバーに足を運ばなくて良いのはありがたいですね

スープ コレはいただけませんね
お湯で解いただけのようなブイヨンスープが湯飲み茶碗のようなもので提供されて・・・
これを、わざわざスープ付きだなんて謳わないで欲しいって感じですね 

選んだスパゲッティは「しらすと小海老 いくらのせ」ってモノ
見栄えはとってもキレイで美味しそうなのですねぇ 
個人的に、スパゲッティーニと呼ばれる細い麺はあまり好きではなくて、これにはちょっと残念  
しかし和風のバター醤油の風味が美味しいなぁと満足して食べ進んでいただのですけど、醤油漬けイクラの塩味、釜揚げシラスの塩味が加わるに連れて・・・
のどが渇くほどの塩味に、ドリンクのお替りをしてましたね


ムチッとした太麺のパスタを、和風系のソースや魚卵で和えたスパゲッティを食べさせてくれるお店が出来てくれないかと思うこの頃
ラバウザはやっぱりチェーン店なりのモノでしたね


DSC_2979-1.JPG
帰りに見かけたミスタードーナツ
ちょうど今日まで100円のセールが行われていて長蛇の列が・・・
セールの魅力って凄いですね




【LaPausa】
神奈川県横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル1F
045-650-1788

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

東京メトロ千代田線赤坂駅:「松乃家」    牛丼の松屋が展開する和定食のお店でチキングリル

L1000744-a.JPG

土曜日 しかも三連休の中日と言う今日の赤坂
これってお店を見つけることが出来ずに、ランチを求めて彷徨います
打ち合わせの時間も迫り、あれこれと悩んでる場合ではないと焦り始めたときに偶然に見つけた、「和定食のお店」へ飛び込むことにいたします


L1000730-1.JPG
和定食と言えば・・・
頭に浮かぶのが天ぷらや刺身、それに焼魚や野菜の煮物だったりでありまして、炊きたてのごはんと一緒に、それがいただける定食ってスタイルは男のDNAを揺さぶるモノであります
果たしてどんな料理をいただくことが出来るのでしょう?
ワクワクしながら、お店の扉を開けます


L1000738-1.JPG
店内は、長いカウンター席と、4人掛けのテーブルが4つほど
結構ゆったりとした席でありまして、定食屋って雰囲気が感じられず、女性の方も入りやすいお店であるように思います


L1000743-1.JPG
メニューを開きますと、想像していたわ定食とは異なるラインナップでありまして・・・
とんかつメニューが中心であることに、ちょっとガッカリであります
そんな中に見つけたのがチキンのメニューでありまして、竜田揚げをメインに何かとのコンビネーションメニューを発見
ひょっとしたら・・・ 最近話題のあの商品「チキン南蛮」があるのでは・・・ と期待したのだけどそれは無し

で、結局ワタシが選んだのは、チキングリルと唐揚げ、更にソーセージとのミックスグリルであります

チキンはたっぷりの黒胡椒でグリルされたもの 特にソースは用意されていないのでありますが、ちょっと物足りない感じがしますね
そして唐揚げ、コレはにんにくの風味が強いものですから、ちょっと後の打ち合わせが心配に・・・

まぁ、特別の美味しいと評するものではないですね


実はココ
あの牛丼の松屋さんを運営する松屋フーズの新業態でありまして、既にチェーン化に取り組まれているお店のようですね 
同じチェーン店なら、「ほっともっと」ってお弁当屋さんがやってる「やよい軒」さんの方に軍配が上がるのでは? 
ワタシはそう思いますが・・・



【和定食の店 松乃家】
東京都港区赤坂6-4-22
03-5545-3220

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ






松乃家 赤坂店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「闘牛家」    和牛焼肉が3000円ほどでいただけるお値打ちな焼肉店

DSC_2968-a.JPG

先日の打ち合わせで、以前にお仕事をさせていただいた焼肉屋さんのことが話題になった
店舗を少し改装して、メニューも変えて、ご近所のファミリーが入りやすいお店に変えたことが功を奏して、週末には行列が出来るほどの大繁盛
その後、厚木の方に支店を出して頑張っていただのだけど・・・  


DSC_2950-1.JPG
それで、どうしても焼肉が食べたくなって“ひとり焼肉”
ご近所の「闘牛家」ってお店にやって来ます
実はココへ来るのは4年振りのこと 前にお邪魔したときにもひとり焼肉であったようですね


DSC_2953-1.JPG
ココはこの界隈で生まれて都内へと拡がっていった「闇市倶楽部」ってお店の系列店
だから、このキャベツのサービスは同じなんですね
細切りのキャベツが、お皿にひと盛  ちょうどとんかつ屋さんのそれと同じくらいの量でありますね
キャベツそのものは特別なモノではないのですけど、好きなだけ使うことが出来る酸味が効いたドレッシングがキャベツに良く合うモノで、美味しくいただくことが出来るんですよね


DSC_2961-1.JPG
300℃近くにまで焼かれた石鍋で提供されたのが「牛スジ煮込み」
トロトロに煮込まれたコラーゲンたっぷりのアキレス、赤身のお肉に絡んでいるスジも一緒に、辛いスープで煮込まれているのだけど、スジの旨みが溶け込んでいるので、辛いけど甘味を感じるモノ
熱々の豆腐も美味しいですね
グツグツと湯気にまみれてとっても美味しそうですし、コレは勉強になる料理でありましたね

そしてカルビとハラミ
こちらも4年前と変わることが無い美味しさで満足させてくれますね
タレにはブラックペッパーが入っていて、甘みと刺激が楽しめます

キャベツの千切りが提供されるのですから、別に頼まなくても良いのでしょうが、野菜はたっぷりといただきたいですからチョレギも頼んじゃいました
スッキリとした酸味が美味しいチョレギでありますから、ちょっと濃く感じた焼肉のタレとうまくバランスを取ってくれました



和牛を中心にした焼肉店でありながら、3000円ちょっとで楽しめるリーズナブルさが受けているのでありましょう
入ったときにはそれほど混んでいなかったのですが、その後ドンドンとお客さまがお越しになられて満席の状態に・・・
席が無いためお帰りになるお客さまが数組出るほどであります

業界的には売上の回復が遅れている焼肉業態でありますが、やり方によってはコレだけの繁盛店も出来るってことですよね
売上の低迷が続き閉店するお店が後を経たない焼肉店 「厳しい時代だからこそ、そこにチャンスがある」と考え頑張りましょう




【ホルモン道場 闘牛家】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-101
045-243-2989

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ホルモン道場 闘牛家
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

相鉄本線横浜駅:「横濱珈琲店」    昭和の香りとタバコの煙が漂う懐かしい喫茶店

DSC_2946-a.JPG

横浜での打ち合わせ
西口にエクセルホテル東急があった頃には、そこのコーヒーショップで打ち合わせるコトが常だったのだけど・・・
そこが無くなってホントに困ってるのであります 


DSC_2947-1.JPG
それで相鉄口で待合わせをして五番街へ
50年ほどの歴史を持つ商店街でありますが、滅多に行くことが無いトコロでもあります
しかし、そこには“味”のあるお店がたくさんありまして、はまってしまうと抜け出せなくなるような、そんな雰囲気がします
そんなお店のひとつがココであるかもしれませんね


DSC_2945-1.JPG
小さなテーブルがズラリと並べられた店内
そして比較的ゆったりとしているコーナーの席には予約席とのプレートが置かれている
駅前の喫茶店らしく、お客さまの回転が勝負ってことでありますね

デカイ男がふたり、その小さなテーブル席に座ろうとしていたら、カウンターの中にいたマスターが、笑顔でコーナー席へ座ることを勧めてくれる
そんなちょっとした心遣いが、バイト君中心のチェーン店とは違いますね


DSC_2944-1.JPG
いただいたのは「ブレンド」
420円という、決して高くも安くも無いお値段で提供される珈琲はドリップにて淹れたモノ
但し、一杯ずつってモノではなくて、数杯分をまとめて淹れておいたモノを、都度温め直して提供しているようです
昭和の時代の喫茶店の多くがそうであったように・・・

珈琲一杯で粘るには、申し訳ないほど長居をしてしまいまして・・・
そんなワタシたちに嫌な顔ひとつしないマスターって、やっぱり素敵です


ちょっとディープな五番街に昭和が香る喫茶店
このマッチングもピッタリで・・・
「横濱珈琲店」
しばし通ってみましょう




【横濱珈琲店】
神奈川県横浜市西区南幸1-5-24
045-312-6767

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





横濱珈琲店 五番街
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「Sun-mi 高松」    雑多な街伊勢佐木にありながら、キチンとした料理がいただけるお店であります

DSC_2919-a.JPG

台風の日
特に移動の予定が無かったので私的には何の問題も無いのだけど、夕方の帰宅ラッシュの時間帯と台風の時間帯が重なるとのこと
特に風が強い台風ってことで、交通機関にかなりの影響が出るのではないかと懸念されているようでもあります


DSC_2921-1.JPG
まだ大した雨風ではないのだけど、ランチを近所で済ませることにする
先日伺ったとき、すごく美味しそうだった「週替わり献立」が売り切れていて・・・ ならば限定とあるハンバーグをと思ったのだけど、ソレも残念ながら売り切れだとのこと
お昼終了間際に伺ったってコトが敗因なのでしょうが、かなり悔しい思いをいたしましたので、今日は、そのリベンジも兼ねての訪問であります


DSC_2920-1.JPG
今週の週替わり献立は「ばらちらし」
さんまにサーモン、ちょっと早いような気もするけどレンコンと秋の食材の宝石箱であります(笑)
味の決め手になっていた戻し椎茸 
乾燥させたものを水で戻した使うものですから、季節感など気にもしてませんでしたが良く考えれば椎茸も秋の食材でしたね

添えられているお吸い物のは、季節ってことではないのでしょうけど、豆腐、ネギ、大根、人参、えのきにシメジ・・・ とたくさんの食材が使われ、手が込んでいることが一目で分かります

季節感や、職人さんの手仕事が、日本料理の楽しみであったりするのですから、こう言ったちょっとしたこだわりって大切なことですよね



しゃぶしゃぶのメニューが多くって、日本料理的なモノが隅っこに追いやられているようではありますが、キチンとした料理が出せるのですからもったいない気がいたしますね
逆に考えると、そんな日本料理よりも地震があるのがしゃぶしゃぶだとすると・・・  かなりの期待感がありますね
ってことで、次回はしゃぶしゃぶをいただくために、こちらへ伺うことにいたしましょう


 


【Sun-mi 高松】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-96 横浜にっかつ会館B1F
045-261-0765

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「つけ麺大王」    飲食店激戦区で永く繁盛を続ける元祖つけ麺店

DSC_2917-a.JPG

今朝、いつもと違う涼しさで着て行く服に手間取り、ちょっと出遅れてしまう
そんなときには何故かいろんなトラブルがあるもので、予定していた電車が車両点検があったとのことで5分ほど送れて到着、更には、後発の電車で人身事故があったらしく、その間隔を保持するための時間調整
そんなこんなで、約束の時間ギリギリに到着となりました


DSC_2908-1.JPG
夜は、自宅近所のつけ麺屋さん
と言っても、最近流行のつけ麺屋さんではなくて、第一次つけ麺ブームを巻き起こしたつけ麺チェーン「つけ麺大王」さんであります
そのつけ麺のブームは、今から40年ほど前のこと  こちら伊勢佐木町のお店も、その歴史は古く、ワタシが知る限り20年以上でありますね


DSC_2910-1.JPG
ラーメンや中華と言う商売を長い間やっていると、店内には油が回ったりしてベタベタりしていたりするのですが、こちらではそんな不快感が全くありません
キレイに手入れされている店内だけでなく、こちらで提供される商品は、何を食べても基本に忠実な、キッチリと調理されたものばかりであります

今日いただいたのは「麻婆つけ麺」
キッチリとし冷水で〆られた麺と、熱々のスープでとともに提供されるつけ汁は豆腐の芯まで熱々なモノ
適度な辛みと肉味噌の甘みも良いバランスで、麺との相性も最高ですね


DSC_2916-1.JPG
こちらの餃子 お店で手握りされたもので、皮のモッチリと具の強い香りが特徴的
いつもカリッと焼かれて提供される、餃子の基準もしっかりしていますね


流行の魚貝出汁系&極太麺のつけ麺ではないのに・・・
メニューの数だって、それほど多いわけでもないのに・・・
周りのお店はドンドン入れ替わっているのに・・・
どうしてこちらのお店だけが繁盛を続けることが出来るのかと考えて見ますと、飲食店の基本と言われるQSCがしっかりしているってことに尽きるでしょう



【つけ麺大王】
神奈川県横浜市中区長者町7-113
045-252-7390

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





つけ麺大王 伊勢佐木町店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

JR相模線上溝駅:「焼肉 たまらん」    鼻紋証明が付いた黒毛和牛がリーズナブルな価格で・・・ こりゃ“たまらん”

DSC_2862-a.JPG

仕事仲間から、相模原にすごく繁盛している焼肉屋さんがあるからとお誘いを受ける
この時期に繁盛している焼肉屋さんなんて・・・  その話が本当ならば、ソレはかなりの実力店であるに違いないと、期待に胸膨らませやってきた


DSC_2853-1.JPG
かつてファミレスの激戦区と呼ばれた相模原
いまでも多くの飲食店が軒を連ねる国道16号線から、住宅地へ入ったトコロにあって、それほど目立つお店ではないのだけど・・・

「焼肉 たまらん」
旨くて“たまらん”のか、儲かって“たまらん”のか その真意は定かではないけど、一度聞いたら忘れない そんな店名にニッコリ
もう食べたくて“たまらん”のであります


DSC_2856-1.JPG
あの事件以来、焼肉店から姿を消していた「ユッケ」がこちらのお店では堂々と売られている
もちろん売ってはならないという決まりが出来たわけでもなく、多くのお店が「いま問題を起こせば、メディアに叩かれてとんでもないことになる」と販売を自粛していただけなのでありますから・・・
しかしその問題も、来月から新基準が施行されることによって解決の方向を見るようですね

新基準とは『真空パックで密封した肉の塊を熱湯につけ、表面から1cm以上の部分を60℃の状態にしたまま2分以上加熱することを義務化した。加熱後すぐに冷却し、加熱した部分を削ればユッケなど生食肉として提供することができる。』とのことであります
コレで、来月以降、焼肉店にユッケの姿が戻ってくるであろうと、楽しみにしています


DSC_2858-1.JPG
こちらでは黒毛和牛が使われているのに、そのお値段がとってもリーズナブルなのであります
たとえば、この「カルビ」 なっ、なんと580円であります
多くのチェーン店も580円ほどのお値段でカルビを出していたりはしますが、そのレベルの違いは歴然ですね

DSC_2863-1.JPG
そして、こちらは「特撰カルビ」
これほどに美しい網目で、サシが入ったカルビが1200円でいただけるというから驚きでありますね
とは言え、コレだけサシが入ったお肉は少量だから美味しくいただけるってモノ お値打ちだからって、コレをたくさんいただいた日には、明日は通風で歩けなくなっちゃうかも知れませんね


DSC_2867-1.JPG
サービス品と書かれた「薄切り肩カルビ」は399円
ちょっと硬さを感じる肩のお肉なんですが、適度に薄く切られているため、とっても美味しくいただけますね
硬いといっても筋が硬いのでなく、お肉に弾力を感じる程度のモノ ほどよく脂が咬んでいるので、その甘さも伴い、実に美味しく提供されてますね
 


こちらのお店では、ガッツリと食べたい方に向けて食べ放題のコースが用意されてますから、お値段を心配することなく和牛のお肉を堪能することも出来るのです
お肉のことを知り尽くしたメニュー作り、そして、お客さまの気持ちを理解したメニュー作り
ずばりコレが、繁盛の秘訣なのでありましょう




【焼肉 たまらん】
神奈川県相模原市中央区星ケ丘3-8-16 キャピタル鹿島B1F
042-707-0252

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

JR根岸線関内駅:「モスバーガー」     大好きなチキン南蛮をハンバーガーで・・・

L1000727-a.JPG

昨日の夕方のこと
点けっ放しになってたテレビから、宮崎名物の「チキン南蛮」を紹介する番組が流れてきた
チキン南蛮発祥のお店として紹介されたのが「おぐら」ってお店で、そこは延岡出張の度にお邪魔していたトコロなのであります
その懐かしさで、頭の中がチキン南蛮モードになっちゃいました


L1000724-1.JPG
そして今日、知人がモスバーガーで“チキン南蛮バーガー”を食べたって記事がブログにアップされていて、もうどうにも我慢がなりません ってことで、ワタシもご近所のモスバーガーへ駆け込みます

店頭から店内、右を向いても左を見ても、至るところにチキン南蛮のポスターが貼られていて、チキン南蛮一色
全力を挙げてこのイベントを成功させようとしている姿がステキに思えますね


L1000725-1.JPG
マクドナルドが、テキサスバーガーなどアメリカのご当地バーガーイベントをやっていたのがちょっと前のこと
それに対抗するように始めたのが、日本のご当地料理をバーガーにしたこのイベント
新潟のタレカツや愛知の八丁味噌チキンバーガーなどなど しばらくモスに足を運んで全てを食べてみましょうか・・・


さて、このチキン南蛮
本場宮崎でいただく一般的なチキン南蛮とは異なる食感や風味なのでありますが、コレはコレで、それなりに美味しいモノでありますね
しかし、やっぱり舌が覚えている、あの“おぐら”のチキン南蛮が食べたくなって来ちゃいました


おぐらのチキン南蛮
延岡に行かないといただけないモノって言うのも希少価値ってことで良いのでしょうが、やはり東京や横浜でいただくことが出来ないコトは勿体無いような・・・

ちょっと用事を作って、延岡へのチキン南蛮ツアーでも企んでみましょうかね




【モスバーガー】
神奈川県横浜市中区不老町1-2-1
045-664-3345

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

京急本線日ノ出町駅:「イタリーノ」   ガテン系B級グルメの聖地とも言える福富町の洋食屋

L1000715-a.JPG

今年の夏はいつまで続くのか?
もう9月も後半になろうとしているのに、30℃を超える夏日がずっと続いています
そんな暑さに負けないように、ガツンと来る洋食が食べたくなって・・・
久しぶりに福富町のあのお店へやって来ます


L1000710-1.JPG
「イタリーノ」
イタリア料理店らしい名前であって、スパゲッティなどもありはするけどココは洋食屋
かなり歴史があるお店で、働いている方にも高齢の波が・・・
特にフロアを担当しているお母さんは、足が弱っているようで辛そうな様子 テーブルや椅子で身体を支えてないと上手く歩けないようですね
そんなお母さんからサービスを受けることが心苦しいような気さえいたします


L1000713-1.JPG
太麺のスパゲッティやグラタンなどの懐かしいメニューが充実していていますし、それらのボリュームも十分でありますし、魅力的ではあるのですが、今日は“ハンバーグとチキンのミックスグリル”
たっぷりのサラダと、大盛ごはんとともにやってきます
と言っても、大盛を頼んだわけではなくて、コレがこちらのお店の普通サイズなのです

グリル料理は鉄板で提供されていつも熱々 
パン粉などのつなぎを使ったハンバーグはとってもふっくら、チキンも不思議なくらいに柔らかくって・・・
鉄板で煮詰まったデミグラスソースは、ごはんに良く合う味に仕上がって、本当にガツンと来るB級グルメと言うに相応しい味


気が合う仲間と、あるいは一人で
お腹が空いたときには、ココでカッツリとごはんをいただく洋食ってのも良いものですよ



【イタリーノ】
神奈川県横浜市中区福富町仲通3-4 403号
045-261-6721

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

JR東海道線横浜駅:「回し寿司 活」    美登利名物の大名さばや煮穴子が回転寿司でいただけます

L1000689-a.JPG

あの「梅岡寿司 美登利」さんが展開する回転寿司「回し寿司 活」が横浜にもオープン!!
ならば、行ってみない訳にはいかないでしょうと、仲間を誘って伺います
と言っても、既に2ヶ月以上が経っているのですけど…


L1000673-1.JPG
平日のスカイビル
混んでいるイメージは無いのですけど、そこは有名店の開店から日が経ってないってことで、お昼時を外した13:30に待ち合わせをいたします
念のためにと13:00過ぎに伺ってみますと、店頭には席待ちのお客さまが10組ほど
と言っても、そのほとんどがご婦人の2人組でありますので、待ち時間は長くは無さそうですね


L1000682-1.JPG
最初の一皿は分厚いホタテの貝柱
普段はあまり手を出すことがない一皿でありますが、この厚みと大きさに惚れて手に取っちゃいました  ホタテの甘みが炙ることで引き立てられて、その焼き目の香ばしさもアクセントになった絶品とも言える一品であります

金目鯛のお寿司には柚子胡椒が添えられていたり、炙りの三種盛ってモノがあってみたりと、ついつい手が出てしまいそうなお皿が次から次へと回ってきて・・・
食べ過ぎ警報が出そうですね


L1000700-1.JPG
卓上に置かれた注文表で頼んだのが“穴キュー巻き”や“ねぎとろバクダン巻き”
この迫力は凄いですね 実はこのバクダン巻き、二人でいただくからと特別に包丁を入れてもらったものなんですよ

ネタはもちろんのこと、シャリがほんのり甘くて、お口の中でパラッと解ける
コレは、回転寿司のお寿司ではなく、寿司屋のお寿司そのものですね
さすが美登利! 回転だからって手を抜いてはいませんね


L1000695-1.JPG
美登利と言えば、「サバの棒寿司」のお持ち帰りが名物であったりもしますが、それを店内でいただけるのがコレ
「大名さば」であります
身が厚い、立派なサバを軽い酢締めにしたあと白板昆布で巻いて・・・
サバの脂の旨み、昆布の旨み、そしてシャリの旨み
それらが見事に三位一体となった絶品 名物の名に恥じない一品でありますね



いつも横浜駅周辺での食事には困っていたのですが、これからはココを使うことが多くなりそうですね
お寿司大好きですし、回転ですからとっても気軽ですし、本格的な美味しいお寿司がいただけますし・・・
美登利さんらしい大振りなネタを、コチラのお店でも楽しむことが出来ます




【回し寿司 活】
神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル11F
045-548-9966

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「杜記」   いつも変わらぬ美味しさと手軽さで満足させてくれる中華料理店

L1000668-a.JPG

久しぶりの出張疲れか?
朝から体調が優れない・・・ 何だか体が重たくって、風邪の初期症状のような気もする
ならば、思い切ってガッチリと休養することに決め、今日一日をのんびりと過ごすことにした


L1000663-1.JPG
お昼は近所の中華屋さん
日常使いにかなり高いコストパフォーマンスを提供してくれるお店ってことでお気に入りなのであります
定食メニューを、開店から閉店までのどの時間でも、提供してくれるってこともありがたいコトでありまして、コレが無かったらラーメンをいただくかチャーハンをいただくかといった選択に狭められ、利用する機会が大幅に減ることになっているでしょうからね


L1000667-1.JPG
10種ほどある定食のメニューから「五目野菜と豚肉の細切りの炒め物」をチョイスいたします
五目野菜といながら、青梗菜と人参、それにもやしと木耳といったモノしか入っていませんが・・・
あっ、五目ですから五品入っていれば良いと思えば、あと一品でしたね

これが、トロミが付いたしょうゆ味のタレで絡められていて、とってもごはんに良く合います
あまりの美味しさに調子の乗って大口を開けていただいたら、その熱さで大変なことに・・・
ほどよい量を、慌てず焦らず、フーフーしながら、炊きたての美味しいごはんと一緒に味わいながらいただきましょう



店名の通り、火鍋が得意なお店でありましょうし、メニューにはいろんな専門的な料理が並んでいるのですが、ワタシは一切それらをいただいたことが無いのです
決して避けているわけではなくチャンスが無いだけなのでありますが・・・
いつかは、こちらの火鍋で宴会なんてコトを企画してみたいものです



【杜記 海鮮火鍋菜館】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

JR東海道新幹線豊橋駅:「天源」    いつの間にか「食べログ」のTOP5000に・・・ これからは予約必須かも

L1000660-a.JPG

朝晩は比較的涼しく過ごせるようになりましたが、まだまだ日中は暑い日が続きますね
昨日の名古屋は真夏のような陽射しでありましたが、今日の豊橋は如何なものでありましょう



L1000651-1.JPG
いつもは一人でお邪魔している天源さんですが、今日はクライアントさまをお連れしての会食であります
ゆったりと食事が出来る「げん屋」って素敵なお店が近所にありはするのですが、残念ながらこちらは夜だけの営業ってことでありまして・・・
毎度毎度の「天源」さんであります


L1000652-1.JPG
予約をしようかとも思ったのですが、開店直後に伺うことが出来るタイミングだし、会食と言っても二人でありますから何とかなるだろうと高を括っていたならば・・・
なんとなんと、カウンター席は先客のご婦人おふたりと、予約で一杯でありまして・・・
奥の小さなテーブル席をいただくことにいたします


L1000658-1.JPG
お昼のメニューは、手軽な海老天丼から、昼会席まで
5種ほどのメニューが用意されているのですが、ワタシのお気に入り&お勧めは「海老と帆立のかき揚げ定食」であります
プリップリの海老がサクッとした薄衣に包まれたかき揚げと、トロッと甘い帆立の貝柱のかき揚げ ソレに季節の美味しい野菜が数種提供されて1,365円
専門店の天ぷらが、このお値段でいただけるなんて・・・  知らないと損するお店ですね

L1000662-1.JPG
今日の野菜は、茄子に蓮根、舞茸にサツマイモ
このサツマイモの天ぷらがとっても美味しくて、時間があるときには単品でいただくこともあるほどお気に入りなのでありまして・・・
ソレが小ぶりではありましたが、定食の中に組み込まれているなんて、今日はとっても得をしたような気分でありました


このコースのもうひとつのお勧めポイントは、丼タレが共に提供されること
帆立のかき揚げや、海老のかき揚げをごはんに乗せて、それに丼タレをかけてミニかき揚げ丼の出来上がり
ごはんのお替りもできますから、2杯目はかき揚げ丼で・・・ なんて楽しみ方も出来るんですよ
今日のワタシは1杯目から、海老のかき揚げ丼でいただきました



駅前の細い路地にある地下の天ぷら屋さん
なかなか入りづらくはありますが、一度入ると病み付きになるほど値打ちなお店であります
先ずは勇気を出して階段を下りてみましょう(笑)



【天ぷら専門店 天源】
愛知県豊橋市広小路1-42
0532-54-9002

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

名鉄名古屋本線富士松駅:「ラーメン横綱」   京都の屋台ラーメンが豚骨醤油の美味しさで全国区に… 

L1000650-a.JPG

クライアントさまの朝ミーティングに参加する
活発に意見交換が出来るようにと、ファミレスで朝食をいただきながらの気楽なミーティングであります
その狙いが的中したようで、今か抱えている不安や、自分の考えていることなどなど… かなり本音の部分で話が出来た有意義なミーティングでありました
答えを決めてしまう会議ではなく、いろんな問題に対してみんなで考えることに重きを置かれたミーティング その趣旨はキチンと伝わったように思えます


L1000647-1.JPG
その後、観覧車や温泉施設があることで有名なサービスエリア「刈谷ハイウェイオアシス」へ向かいます
京都の屋台で生まれて、大阪、愛知と拡大中の「横綱」
そんな横綱が、サービスエリアのフードコートに出店しているというので、視察することにいたします


L1000648-1.JPG
最初はそれほどでもなかったのだけど、だんだんとお客さまが増えてきて、気が付くとこの状態
何と、コチラのお店には3台のレジが置かれ、混雑するお客さまに対応しているのであります
その3台のレジにも驚かされますが、それで捌かれたお客さまに対応する料理の提供スピードには驚かれます
大釜で茹であけられた麺を、リズミカルに湯切りして器に盛り付ける手際の良さで、会計後わずか1分位で、次から次へと…


L1000650-1.JPG
豚骨をベースにしたスープにしょうゆ味のタレ いわゆる「とんこつ醤油」ってモノでありますが、そのタレに使われる醤油は、たまり醤油のような甘みがあるもので、その甘みがラーメン全体をまろやかなモノに変えてしまうのですね
麺は加水か少ないストレート この麺がスープをしっかりと連れてきてくれて、麺とスープがお口の中でよいバランスであります
チャーシューは肩ロース それを薄くスライスしたもので、たっぷりと盛り付けていただけてますよ



しっかりと横綱の美味しさを堪能して、返却口へと食器を戻したら…
何とコチラのお店には洗浄機が2台も入ってるのですね〜 いったい幾らの売上を作ろうというのでしょうね(笑)

もともと屋台から出たラーメン屋さんってこともあるのでしょうか
店舗にはそれほどお金をかけている様子は無いのですが、厨房の機器をみると、どんな戦いにも勝てるであろう重装備
サービスエリアって言う特性を考えると、落ちついて食事をするって言う雰囲気よりも、如何に早く商品を提供するかってことが重要なのでありまして…
利に叶った店作りは大変勉強になりました



【ラーメン横綱】
愛知県刈谷市東境町吉野55 刈谷ハイウェイオアシス内セントラルプラザ1F
0566-62-7337

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ラーメン横綱 刈谷オアシス店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

JR根岸線関内駅:「天富園」    麻辣を楽しむ四川のお店が開店 ランチで麻婆豆腐をいただき汗がダラダラ 

L1000634-a.JPG

先月末だったか、今月の初めだったか  その記憶は定かではないけれど、たまたまこちらの前を通りかがった時のこと
新しいお店が出来たんだなぁってお店を覗いていたら、目が合った小姐が、あわてて店頭まで出てきて、「開店したばかりのお店なんです よかったらどうぞ」と声を掛けてくれたのであります
その笑顔と一生懸命さが健気で…


L1000629-1.JPG
その日はごはんをいただいた後だったため、今度来るねと言葉を残すに終わったのですが、今日はココを目的に伺うことにいたします

しかし、中国小姐の商魂とは素晴らしいものだと思います
日本人にココまでのことが出来るかと考えてみますと、疑問に思うところがたくさんありますからね


L1000631-1.JPG
ランチ時ってこともあって店内はほど満席だったのだけど、運良くちょうど一卓だけが残っていて、そこをいただくことに…
一気にお客さまが来られたのでしょう ちょっと料理の提供が遅れぎみでありましたが、なんとか15分ほどで提供されました



L1000632-1.JPG
いただいたのは麻婆豆腐
本格四川をウリにしているお店でありまして、麻婆豆腐を最も得意としているようであります

お昼のメニューには「四川麻婆豆腐」と「麻婆豆腐」ってメニューがあって、四川と名が付いたほうが辛いのかと思いきや、その辛さは変わらないらしく和牛を使ったものを四川麻婆豆腐と呼んでいるのだとのこと

ならば今日は、普通の麻婆豆腐といたしましょう
「辛いものは大丈夫ですか?」との小姐の言葉通りにかなりの辛さでありまして、ビリビリとくる山椒の辛みと、じわっと汗せんを開かせる唐辛子の辛みのバランスが美味しいモノでありました

お豆腐は木綿豆腐
好みの違いはありましょうが、ワタシとしては大豆の旨みを残した木綿のほうが好きなんですよね
なんとなく粗く濾された豆腐の中に、麻辣の旨みが染みているような気がして…



メニューを見てますと夜のメニューもリーズナブルな価格ですので、また今度、ゆっくり麻辣を楽しみに来ることにいたしましょう

辛さで汗せんが開いてしまったワタシは、その後もダラダラと汗を流しながらの移動となりました
悪い老廃物も流れ出るような… 
少しは健康になったかな???




【天富園】
神奈川県横浜市中区住吉3-36-6
045-651-3168

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

JR京浜東北線蒲田駅:「鈴文」     30mmはあろうかという分厚いロースをじっくりと低温で・・・

mail-a.jpg

昨日のこと
フォロアーさんの「東京近郊のみなさん、蒲田にある鈴文ってカツヤさん、めちゃくちゃ美味しいかもーヾ(@⌒ー⌒@)ノ 」ってツイートを読んで、頭の中がとんかつ色に染まってしまったのであります
そうなってしまうと、簡単にはソレを消すことが出来るわけも無く“とんかつ”を食べるしかないのであります


DSC_2846-1.JPG
折角ならば、その美味しいと言われる「鈴文」さんへ
川崎から大森にかけては、名店と言われるとんかつのお店が多い地域なのです
中でも大森にある“丸一”ってお店が最も有名で、そこから暖簾分けされたお店がズラリと名店として名を連ねているのです
こちらも、その例に漏れず「大森丸一姉妹店」と暖簾に記されてますね


DSC_2850-1.JPG
厨房を囲むカウンター席のみの小さなお店
だけど、大将ひとりが銅鍋で揚げるとんかつでありますから、このくらいがベストな大きさなのでありましょう

17:30に開店すると、どこからともなくお客さまが集まって来て、10席ほどしかない店内には、体格が良い男性客ばかりで半分ほどを埋めていました


DSC_2851-1.JPG
普通のとんかつ定食でも良かったのですが、わざわざ蒲田までやってきたのですから・・・
「特ロースかつ定食」をいただくことにいたしましょう

とんかつは厚いほうが美味しい
そんなワタシのこだわりを絵にしたような、30mmはあろうかという分厚いロース
ソレをじっくりっと15分ほど掛けて揚げた後、2分ほどの蒸らしでお肉に火を入れていきます
ですから、切り口はほんのりとしたピンク色で、肉汁が溢れんばかりに膨れ上がっていて・・・ あー、堪らなく美味しそうであります
最初はちょっと若いようにも思えますが、コレは食べ進む頃にちょうど良い火の通り具合になるように計算されたことなのでしょう
豚肉ならではのサクッとした食感や、モチッと歯にまとわるようなしっとり感が楽しめるとんかつであります



お肉に串を打って、粉や卵、それにパン粉をつける仕草は“丸一流”ですね
衛生面ってこともあるのでしょうが、脂身の融点を考え、体温が伝わらないようにと工夫している姿であろうとワタシは勝手に思っているのですが・・・ 真意のほどは分かりません

しかしどこのお店も、揚げ物屋とは思えないほどピカピカの店内で、いかにも職人さんって雰囲気の大将が、その経験と勘に頼って、銅鍋でかつを揚げている
チェーン店ではない、支店経営
暖簾分けってスタイルではあるけども、キチンとお店を任せるに値する人材が育った時に初めて支店として出店する
コレが、本来の飲食店の姿だと再認識するお店でありました



【鈴文】
東京都大田区西蒲田5-19-11
03-5703-3501

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





鈴文
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

JR根岸線関内駅:「海鮮三崎港」   旬の走り“さんま”はたっぷりの脂がのった絶品

L1000627-a.JPG

遅めにいただいたお昼が残っているのか、それほどお腹が空いているわけでもなくて
ならば回転寿司で、食べたいものだけをチョチョイと…
そのときのお腹の具合にあわせていただけるってトコロがうれしいですね



L1000617-1.JPG
ご近所にある、お気に入りの回転寿司
いつも混んでいるのが、ちょっと難点なのでありまして… 今日もほぼ満席
待ち客までは出ないのだけど、お帰りになるお客さまと入店されるお客さまとがうまく入れ替わっていて、常にカウンターはぎっしりと埋まってます
だから、回っているお寿司も回転が良くて、新鮮なモノがいっぱい


L1000619-1.JPG
旬の走りである秋刀魚
かなり大振りなネタで脂がたっぷりとのったモノ 
店頭の看板にお勧めと書かれているだけのことはあって、実に美味しいモノですね

それから、本マグロの赤身や海老にサーモンと次々に…
あれも、コレもが美味しそうに見えて、食べ過ぎないように自制するのが大変です


L1000625-1.JPG
〆にネギトロ鉄火
ホントはネギトロじゃない鉄火巻をいただきたかったのだけど、回ってなかったんですよね
ならば注文すれば良いのですけど、お隣に座った3人連れのお客様がドンドンと注文していて、職人さんが忙しそうでしたので…


長居することも無く、好きなモノを好きなだけいただいて、サッとお店を後にする
そんな寿司屋の“粋”
たとえ回転寿司であっても、この“粋”は大切にしたいですね



【海鮮三崎港】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-3-7
045-252-8245

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

東京メトロ南北線六本木一丁目駅:「ウルフギャング・パック カフェ」    仲間とワイワイ、一人でも使える大人のファミレス

DSC_2836-a.JPG

秋めいてきた感じもあるのだけど、日中の陽射しはまだまだ厳しい日が続きます
とは言え、今日で節電義務は緩和されるとのコト 明日からは涼しく過ごすことが出来るのでしょうかね?


DSC_2843-1.JPG
アカデミー賞授賞式後のパーティーの総責任者を歴任することで有名なシェフ“ウルフギャング・パック氏”
彼がプロデュースするお店の日本一号店がココ もう10年ほど前のことですね

急速に展開せずに、ゆっくりと人材を育て、じっくりと物件の見極めて…
都内と横浜を中心に10店ほどに成長しているようですね


DSC_2842-1.JPG
ピザやパスタがあるけどイタリアンではなく、お酒は売るけどバーでもない
グリルメニューやバーガーと言うアメリカ的な料理も充実していて… 創作的な料理と落ち着いた雰囲気でお客さまをお迎えする「WOLFGANG PUCK CAFE」
仲間でワイワイってのも楽しいでしょうし、一人でも違和感が無い 大人のファミレス?的で、使い勝手が良いお店であります


DSC_2834-1.JPG
ウルフギャング・パック氏と言えば“スモークサーモンピザ”
アカデミー賞のパーティーで出されることで有名になりましたね 横浜のお店でコレをいただいたときには、そのスモークサーモンの美味しさに感動したことを覚えています

そしてもう一つ気になったのが“ローストチキン”
こんがりと焼かれてふっくらしていて… メニューの画像に一目惚れしちゃったのです

とは言え、打ち合わせ前のランチでありますので、あんまりしっかり食べ過ぎても… ってことで今日はシーザーチキンサンドにいたしましょう

分厚いトーストにサンドイッチの定番であるベーコンとトマト
更に、シャキッとしたロメインレタスと、チーズの香りが美味しいシーザードレッシングが塗られたチキン
このチキンふっくらしていてジューシーで… ホント美味しいですね


こんな楽しくステキなレストラン
都内や横浜だけでなく、地方の主要都市にもどんどん出来て欲しいですね
大人のファミレス、これからの一つのヒットコンセプトでありましょう




【WOLFGANG PUCK CAFE】
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル1F
03-5575-2100

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ウルフギャング・パック・カフェ 赤坂アークヒルズ店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

JR相模線厚木駅:「マーノマッジョグリル」   海老名SAでハーフポンドステーキを喰らう昼

DSC_2817-a.JPG

最近どんどんとリニューアルが進められているサービスエリア
色んな諸事情で、通行料での収入に限界を感じているのか、このサービスエリアでの収入に力を入れているように感じます
お土産売場は百貨店にあるそれのように高級感を出していますし、フードコートだって地元の専門店がリーシングされ出店しておりますし、しっかりとした商品を提供するお店へと変わっているようであります


DSC_2805-1.JPG
実は海老名SAのリニューアルに伴い、そこへ出店をする飲食店さまとお仕事をさせていただいているのです
で、段階的にオープンしている施設のフードコートが8月に開業したと言うので、遅ればせながらの視察であります
まだまだ施設全体としては半分だけがオープンしている状態でありますので、多少の手狭感があるものの、コレまでのSAのような雑多感は無く、全くイメージが異なる施設に変貌していますね

施設の前に並んだコンテナボックスで売られていたスナックの数々
これも、SAの楽しみの一つであったのですが、今回のリニューアルでは全て撤去されるようですね
コレには、ちょっと寂しさを感じてしまいますが・・・


DSC_2820-1.JPG
フードコートには4軒のお店があるのですが、そのうち3軒は麺のお店 さらにお客さまが並んでいるのはラーメン店の2軒に集中しておりまして・・・
やはりこういった施設での利用動機としては、気軽にラーメンでもって人が多いのでしょうね ましてお昼でありますし


DSC_2825-1.JPG
そんな中に一軒だけグリル料理を売っているお店がありまして、ココの売りは「ハーフポンドステーキ」である様子
ラーメンって気分で無かったワタシは、ココなら行列もしてないしと、迷うことなく、その「ハーフポンドステーキ」の食券を購入いたします 


DSC_2813-1.JPG
食券と引き換えにベルを渡され、テーブルで待つこと数分
ブルブルブルっと振動とともに料理が出来たことを知らせるベルが鳴りまして、カウンターへと向かいます

ハーフポンド
つまり225gってことですから、特別大きなモノではないのですが、焼き上がりに時間が掛からないようにってことでしょうか ちょっとだけ薄めにスライスされていますから、判の大きさにビックリしちゃいました

ステーキに添えられた赤スパ
ケチャップで炒められたものが時間が経っていて・・・ なんて想像をしていたのですが、トマトソースで和えられていて、その酸味も美味しいモノであることにビックリ

それにごはん
こちらもツヤツヤのごはんが熱々なんです

間違いなくコレは、これまでのサービスエリアでの食事ではなく、ちゃんとしたレストランでいただく食事ってレベルですね

肝心なステーキは、ちょっとスジが咬んでいて顎の体操することになりましたが、肉の旨味を感じることができ、お値段と相談しますと十分に納得できるモノでありました


DSC_2830-1.JPG
1Fに物販コーナーは、コレまであったフードコートが2Fに上がったことで、かなり充実した品揃えと見せ場が出来てますので、これからの行楽シーズンにはかなりの賑わいを見せることでしょう

2Fの飲食フロア
現在はフードコートだけの営業でありますが、12月の上旬には、お仕事をさせていただいている中華料理のお店「上海DOLL」が開店いたします
自慢の担々麺をメインに、美味しい中華料理とデザートを用意して、お客さまに喜んでいただけるお店になるよう準備を進めています
年末年始の帰省などで海老名SAを利用されることがありましたら、ぜひこちらにもお立ち寄り下さい
ますようお願いいたします



【MANO MAGIO Grill】
神奈川県海老名市大谷南5-1-1 東名高速道路海老名SA上り線
046-259-7522

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

都営地下鉄銀座線青山一丁目駅:「CAFE246」   打ち合わせが楽しくなるカフェでいただくチキンバーガー

DSC_2798-a.JPG

今日は夕方から2本の打ち合わせ
まずは一発目の打ち合わせ場所は青山一丁目
待ち合わせ場所である「CAFE246」ってお店に伺います


DSC_2790-1.JPG
打ち合わせの前に片付けておきたい仕事があって、ランチのタイミングを逃してしまったのでありますが、コチラのお店のランチタイムは16:00まで
コレはありがたいと、アポイントまでの30分を遅めのランチをいただくことにいたします


DSC_2794-1.JPG DSC_2796-1.JPG
サラリーマンとも見えない、学生とも見えない
そんなお客さまが、あちらこちらで打ち合わせをしているような…
ご近所に事務所を構えるSOHOさん達なのでしょう 自由な格好で、だけど自分の夢の実現のために一生懸命に頑張っている そんな姿が似合うカフェであります


DSC_2799-1.JPG
いただいたのはチキンバーガーであります
カリッと照り焼きされたチキンに、サクッとふわっとしたバンズ
それに、とっても甘い完熟トマトにしゃきしゃきレタス
クルクル巻きフライドポテトが、このお店に良く似合ったアメリカンイメージですね


さぁ、打ち合わせ
頑張りましょう


【CAFE246】
東京都港区南青山1-2-6 lattice青山
03-5771-6886

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





CAFE246
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

JR根岸線関内駅:「吉田飯店」     安くて美味しい中華定食屋さん 

DSC_2784-a.JPG

近所の和食屋さんの店頭に出された週替わり御膳の写真
照り焼きされた鮭をメインに、きのこのソテーが添えられていて、ごはんにはイクラが乗せられていると言うモノ
9月に入って暦の上ではもう秋、こんな秋三昧が週替わりとして提供されるんですね

と、お店へ伺ってみたら・・・
残念ながら、今日は既に売り切れだとのコト う〜〜〜ん残念
限定数のハンバーグも売切れだそうだし、今日は諦めて、また後日伺うことにいたしましょう



DSC_2780-1.JPG
で、気分を変えて吉田飯店
こちらもタンメンが美味しいお店の一軒なのでありますが、今日はお値打ちな中華定食をいただくことにいたしましょう


DSC_2785-1.JPG
「鶏肉の四川風炒め」
サイコロ状に切り揃えられた鶏肉にピーマン、にんじん、玉ねぎ それらをコチュジャンのようなピリ辛ダレで炒めてあって、とってもごはんに良く合う一品
大盛ごはんもペロリといっちゃいますね

この辺りの中華料理屋さんのランチメニューでは、定番とも言えるこの料理
ワタシのお気に入りであったりもします


DSC_2786-1.JPG
一緒に餃子
なんとなく餃子が食べたい気分でもありまして、お腹一杯になることを承知の上で一皿

たっぷりのお湯で茹でられた後、カリッと焼き上げられた餃子
このモチッと感とカリッと感が、餃子の真髄なんですよね


久しぶりに伺った吉田飯店
小姐のステキな笑顔は健在でした






【吉田飯店】
神奈川県横浜市中区蓬莱町1-2-7
045-251-2598

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





吉田飯店 関内店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

京王井の頭線神泉駅:「ワイン食堂がっと」   円山町のホテル街に、美味しい料理とワインを楽しめるお店がオープン

DSC_2746-a.JPG

晴れているかと思ったら突然に雨が降り出して・・・
かと思いきや、晴れ上がったりして・・・
その繰り返しで何ともハッキリしない天気 湿度がかなり高くて、ジンワリと汗ばむ嫌な天気であります


DSC_2744-1.JPG
仕事仲間とのランチミーティングってことで渋谷の円山町
艶街の名残りか、この辺りにはホテルが立ち並んでいまして、良いお店があるからと女友達を誘ってこちらのお店に向かったならば、ビンタをもらう可能性もあろうかというトコロ
そんなロケーションにオープンしたばかりの“ワイン食堂”が本日の目的地であります


DSC_2748-1.JPG
ワインバーというよりも食事性が充実していて、美味しい料理をワインと一緒にいただきましょうってコンセプト
ですから、ツマミ的なメニューがずらりと並ぶのではなくて、ワインに合う料理がいくつか準備されているだけ
キチンと手作りされた自慢の料理ってことでありましょう


DSC_2754-1.JPG
20席ほどの小さなお店だからとお昼の開店時間を目掛けて伺い、本日の一番乗りであります

今日のお昼のメニューは、カレー、ハンバーグ、チキングリルの3種とのこと
どれも美味しそうなのですが、今日はチキンをいただくことに決定
宮崎からわざわざ取り寄せたのだと言うチキンは、かなりの大ぶり 骨付きのモモ肉でありましたが、しっかりと食べ応えあるボリュームでありました

皮目はカリッと香ばしく焼かれ、身はふっくらとジューシー
香草の風味を付けて焼かれたチキンは、ちょっと薄味でありますが、チキンそのものの美味しさを味わうことが出来ますね


DSC_2749-1.JPG
スープやサラダもしっかりとしたボリュームでありまして、気取ったレストランっていうより、“食堂”って言葉通り、しっかりとお腹を満たしてくれるお店であります


8月4日に開店したばかりだと言いますから、まだまだ不慣れを感じることはありますが、美味しい料理が期待できそうなお店でありますので、近い内にまたお邪魔することにいたしましょう
今度はどんなお料理で楽しませてくれるのでしょうか ちょっとワクワクであります




【ワイン食堂がっと】
東京都渋谷区円山町17-2
03-3464-5568

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

JR根岸線関内駅:「横浜一品香」    昭和30年創業 横浜タンメン発祥のお店 

DSC_2743-a.JPG

今は無き横浜松坂屋の裏辺りに「美味しんぼ横丁」と称される一角
その名の通り、飲食店やバーなどのお店が並んでいるのだけど、伊勢佐木モールの裏通りであり、夜の街福富町のハズレでもあるためか、人通りは少ないトコロであります


DSC_2740-1.JPG
そこには、結構古くから暖簾を構えるお店があって、オムライスで有名な「タマガワ」さんの隣には、横浜タンメン発祥と言われる「横浜一品香」があるのです
久しぶりに、その“タンメン”をいただきたくなってお邪魔しました

1Fのテーブル席は一杯でしたので、カウンター席をいただくことにしたのですが、油でベタベタでしたね
目の前で中華鍋を振られる臨場感も、コレじゃ台無しであります


DSC_2742-1.JPG
コレが「横浜タンメン」
簡単に横浜タンメンの特徴を述べさせていただくと
・スープは鶏がらもしくは豚骨ベースで塩味
・麺は平打ちの太麺
・野菜は軽く炒められた後、スープと一緒に煮られる
なのであります
スープと一緒に煮込まれることで、野菜の旨味がスープに溶け込むことが美味しさの秘訣なんですよね



桜木町の「三幸苑」がコレの専門店として有名ではありますが、こちらも発祥として恥じることない美味しいモノですね
同じ横浜タンメンと言えども、それぞれに個性があって、それぞれのお店にファンがいて・・・
あちこちの横浜タンメンを食べ歩くのも面白そう ちょっとそんなことを考えちゃいました




【横濱一品香】
神奈川県横浜市中区福富町仲通1-1
045-261-1636

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





横濱 一品香 福富町店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

京浜急行本線黄金町駅:「じゃのめや」    小口ステーキ狙いで開店時間に合わせて入店

DSC_2737-a.JPG

ノロノロ台風接近中ではあるけども、今日の横浜は晴れ
多少風が強くはあるけども、それも心地よい程度であります

どうやら四国から岡山、山陰を抜けで日本海に出るようですね
列島を縦断して大きな被害をもたらすのでは・・・ と心配していたのですが、それは回避されるようですし、関東以北には大きな影響も無さそうですね



DSC_2733-1.JPG
週末だけお昼の営業をしている「じゃのめや」さん
夜の営業ではそれなりの高級店でありまして、そうそうお邪魔することは出来ないお店なのですけど、このお昼の営業はとってもリーズナブルに提供されています

メニューは、14:00までのお勧めランチ(1品〜2品)と16:00までの定番である「牛丼」と「牛鍋弁当」
どちらもかなりお値打ちなのでありますが、14:00までとされているお勧めランチは1000円を割るお値段で提供されてますので、その時間を待たずに売切れてしまうこともしばしばなのであります


DSC_2735-1.JPG
コレがそのお勧めランチのひとつ「小口ステーキ」

夜の営業で使っている上質なお肉の端材を取り残しておいて、それをお値打ちに提供しているのでしょうから、毎週コレがあるわけではありません
生姜焼きであったり、温うどんであったりと、その端材の出かたによってメニューが決まるようですが、前日にはホームページにアップされますでの事前に確認されることをお勧めします

12:00開店
今日は「小口ステーキ」があるようですので、それ狙いで開店直後に伺います
12:10くらいには8割ほどの席が埋まってしまう状態でありまして、そのほとんどのお客さまが注文しているのが「小口ステーキ」でありました
なるほどこの状態ならば、あっという間に売切れてしまうのも納得でありますね

さて、その小口ステーキ
大きさはバラバラでありますが、強火で一気に焼き上げられていまして、表面はカリッと焦げ目が付いて、中は見事なまでにジューシーな状態
強火で表面を焼き固めることで、肉汁を包み込んでいるんですよね
それをメンテルとニンニク醤油でいただくのですが、このふたつの相性が抜群でありまして、お肉の甘みを引き出す塩味とバターのコクが絶妙であります

和牛の旨味を活かしつつ、ごはんに良く合う醤油味
日本人らしいお肉の食べ方ですね



月に1回、こちらのランチをいただくことを楽しみしているのですが、8月は残念ながら「小口ステーキ」がワタシの前のお客さまで売切れてしまって・・・
ですから、9月はもう一回、こちらのランチにお邪魔することにいたしましょう



【じゃのめや】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
045-251-0832

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

みなとみらい線日本大通り駅:「小島屋」    サイフォンで淹れるコーヒーと、こんがりトーストのBLT

DSC_2730-a.JPG

台風の影響?
今日は湿度が高くって、気温以上に暑さを感じる日でしたね
ゆっくりとした台風でありますから、今後どうなるかは分かりませんが、今週末は雨なのかも知れませんね


DSC_2723-1.JPG
さてさて今日のランチは、ベイスターズ通りにある喫茶店「小島屋」さん
シアトル系のコーヒーショップが乱立する中、如何にも喫茶店と言う昔ながらの風情がうれしくて、ちょくちょくと通っているお店であります
今日はこちらのBLTサンドが恋しくなって伺って参りました


DSC_2727-1.JPG
カウンターにはサイフォンが並んでいて、キチンと一杯淹てのコーヒーを提供してくれる貴重なお店でもあります

いつもはテーブル席でのんびりとさせていただくのですが、今日は想いの他忙しい様子でありまして、テーブルの席は空いてなかったんですよね
で、カウンター席をいただくことになったのですが、それもまた良し
サイフォンで淹れるコーヒーを眺める風景も、なかなか良いモノであります


DSC_2728-1.JPG
コレが「BLTサンド」
たっぷりのキャベツサラダとじゃがいもがゴロンと添えられたボリュームたっぷりのサンドであります

ベーコンこそ少なめですが、たっぷりのしゃきしゃきレタスと厚切りトマト
程好い辛子バターが良きアクセントとなりまして、とっても美味しいサンドなのであります
こんがりとトーストされたパンに、しゃきしゃきのレタス 美味しい組み合わせですね


サンドとのセットでいただいたコーヒーでも、きっちりと一杯淹て
香りと苦味や渋み サイフォンならではの味わいに舌鼓であります



この商品のお値打ち感に惚れ込み、いつもこのセットばかりいただいてしますのですが、たまにはグラタンなどのメニューもありますよ
ホクホクじゃがいものグラタンやピザ風味のグラタン 何れも美味しそうですので、いつかはきっと・・・



【珈琲専科小島屋】
神奈川県横浜市中区相生町1-26
045-681-4109

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

JR根岸線関内駅:「かをり」   横浜を代表する名店の味が市役所の食堂で

DSC_2719-a.JPG

9月の始まり
浮かれた8月終え、気持ちを引き締めて残り4ヶ月を頑張らなければ・・・ なんてことを考える今日

懐かしい洋食が食べたい気分で「かをり」
本店ではレストラン営業を休止されてますが、意外なところに支店(?)があるんですよね



DSC_2722-1.JPG
横浜市庁舎の地下一階
そこに一般の人も利用することが出来る社員食堂(?)があるのですが、その食堂を運営しているのが「かをり」でありまして、懐かしい洋食メニューをいただくことが出来るのです

市庁舎や県庁ってトコロに用事があることが少なく、こちらへ足を向ける機会も無かったのですが、今日はわざわざココを目的にやってきました


DSC_2712-1.JPG
シェフ? 目が合ったというより睨まれてます?
こういった社員食堂でありながらも、ピシッとしたコックコートを着ている姿は格好良いですね
「かをり」で働いていることに対する誇りなんでしょうかね ステキなことであります


DSC_2713-1.JPG
ピカピカに磨きこまれた店頭のサンプルケースや店内、おもてなしって言うか、お客さまをお迎えする姿勢が感じられるサービススタッフ
どちらも、「かをり」らしさが漂うステキなお店です

社員食堂的なお店で毎日同じお客さまを相手にしていると、馴れというか惰性的になってしまいがちなのですがココは違いますね


DSC_2717-1.JPG
いただいたのは「オムライス」
とろとろ卵で覆われたチキンライスでありまして、お味そのものに“特別”を感じることは無いのですが、一つひとつがキチンとしているんですよね

熱々のチキンライスであったり、とろとろふわふわの卵であったり、それにかけられるトマトソースであったり…
添えられたサラダもシャキシャキで冷たく冷やされているし、スープには細かいダイスに切られた野菜がたくさん入っているし…

そして、Sカレーと書かれた張り紙を見つけて、それを追加注文
小さいカレーってことではなくてサービスカレーってことでありまして、いろんな料理と一緒にいただく、カレーソースだけのモノ
半分くらいはオムライスをそのままいただき、残りにカレーを付けながらカレーオムライスとふた味をいただくことが出来ました
ナポリタンにかけても面白そうですね
同じくハヤシもありますので、オムハヤシなんてモノも美味しそうですね



老舗洋食店の味がこんなところで生きていたなんて…
しかもワンコインで楽しめるなんてありがたいことです
お昼の1時間はめちゃ込みでありますので、14:00位を目途に伺うことがベストかもしれませんね
今は節電のため15:00までの営業であるようですが、通常は16;00までやってますので遅いランチには最適ですね




【かをり】
神奈川県横浜市中区港町1-1 横浜市庁舎B1F
045-664-0720

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。