2011年04月30日

東京メトロ日比谷線六本木駅:「巨牛荘」   多分プルコギを食べるならココが一番でありましょう

DSC_1428-a.JPG

今日一日、お肉を食べて元気になって、それでしっかり遊びましょうと渋谷で待ち合わせ
先ず一軒目のお肉は、前にお邪魔したことがあるウーピーゴールドバーガーを予定していたのでありますが、今日は何があったのか、13:00オープンとの張り紙が・・・
やむなく他を探すことになりTGI FRIDAYでチキンを食べてお茶を濁します


DSC_1402-1.JPG
その後3時間もの間、歌ってはしゃいで大騒ぎ 
そして渋谷の街をぶらぶらと散歩した後、メインイベントであります巨牛荘へ移動いたします
都内の移動は地下鉄がデフォルトだったのだけど、今日はとバスで移動しましょうって企画もありまして、生まれて初めてのソレに乗ります
地上を移動するってことは、街の変貌を目にすることも出来て、まるで遠足気分
良い年のオッサンが、車内でワイワイガヤガヤとはしゃいでしまいました


DSC_1406-1.JPG DSC_1425-1.JPG
コチラの名物料理であるプルコギ
少しでも単価が取れるように焼肉を売りたいって言うお店側の思考が見え隠れする中、最も安く、コチラの美味しいところをいただくことが出来るであろう“いちおしセット”を迷うことなくチョイス

タレに漬け込まれたバラスライスを、お店の方が焼いてくれます
最も美味しくいただけるように、丁寧に丁寧に、何度も席にやってきて、そのタイミングを見計らってくれるのであります
表面がカリッとなって、ちょっと焦げ目が付いたくらいが食べ頃
焼けたタレの香りとお肉の旨味が相まって、何とも言えぬ味わいであります


DSC_1417-1.JPG DSC_1419-1.JPG
セットはケジャンや納豆ユッケが付いていて、そのどちらもがコチラの看板料理でもあるのです
つまり、このセットさえいただけば、コチラの看板料理を食べ尽くすことが出来るってことなんですよね
ところがワタシ ケジャンというモノが苦手でありまして、ひと口も手を出さなかったのでありますが、同席した仲間が、こんなに美味しいものをなぜ食べない??? って顔をしながらペロリと平らげてくれました


DSC_1433-1.JPG
〆にいただくのはもちろん焼きうどん
プルコギを焼いた鉄鍋の淵に溜まった、旨味たっぷりの肉汁
ソレを、丁寧にうどんに絡ませながら焼き上げるのでありますが、もともとお肉を漬け込んであったタレの旨味までもを一緒に絡めますので、コクがある美味しさに仕上がっています
キムチも一緒に混ぜちゃいますので、ちょっと赤みを帯びた色になってますが、ナポリタンじゃないですよ


このプルコギ お店にいたオモニの味なのでしょうか?
多分東京一、いや日本一 ひょっとすると韓国に行ってもこれほどのモノは食べられないのでは? と思わせる絶品であります
お店の雰囲気もステキだし、六本木駅から近いロケーションでもありますので、また近く伺うことにいたしましょう


お昼にチキン、夜に牛
そう言えば豚を食べてないよね なんてことで、新宿に移動して豚珍館でとんかつをいただいたワタシ達
一体どんな胃袋をしているのでしょうね???




【 巨牛荘】
東京都港区六本木5-7-8
03-3423-1171

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





巨牛荘 六本木店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0




posted by koutagawa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

JR根岸線関内駅:「レジェンド」   人気店でいただくナスミートのスパゲッティでランチ

DSC_1375-a.JPG

GWに突入であります
が、自粛とかそんなことじゃなくても、大した予定が無いワタシ
のんびりとお休みすることにいたします

さて、その初日
しっかりと朝寝坊をしてみたのですが、いまひとつスッキリとしない頭の中
このままダラダラと過ごしてしまいたい気分ではありましたが、お腹が空いてきたので、ランチに出掛けます
天気も良いので、どこかオープンテラスがあるお店で・・・ なんて思ったりもしたのですが、朝寝坊のお掛けで、いわゆるお昼の時間を過ぎていますので、近場で簡単に済ませます


DSC_1371-1.JPG
「レジェント」
ここら辺りでは最も評判が良いビストロでありまして、特にお昼の時間には、いつも満席なのであります
金曜とは言え祭日の今日、まさかやっているとは思いませんでしたが、店頭に看板が出ているではありませんか
ならばこちらで、久しぶりにスパゲッティーをいただくことにいたしましょう


DSC_1376-1.JPG
お昼の閉店間際にもかかわらず、入店した段階ではほぼ満席
入り口に近い1席が空いていましたので、そちらをいただくことにいたします

カウンターだけのお店をマスターひとりで切り盛りしています
ですから、「いらっしゃいませ」のあとに、「ちょっとお時間を頂戴できますか?」なんてことも・・・
もちろん時間にだけは余裕がありますので、手が空くまで待たせていただくことにいたします

ちょうど先客の料理を盛り付けているタイミングだったようで、それを提供し終わると、すぐに注文を聞きに来てくれましたよ


DSC_1372-1.JPG
4種のスパゲッティから好みのものを選ぶことができるパスタランチ
前回は和風パスタをいただきましたので、今回は、定番中の定番メニューとも言えるナスミートをいただくことにいたしましょう

コチラで使われている麺は、1.2〜1.5mmほどのスパゲッティーニ
茹で時間が早いってことで、これを使うお店は多いですね
ワタシとしてはプリッと感が楽しめる、1.8mmほどのモノが好きなのではありますが、ソースが絡みやすいって点ではスパゲッティー二も美味しくいただくことが出来ますね
トマトソースをベースに、たっぷりのナスと挽肉が使われていまして、ちょっとレア感が残ったナスの食感と、トマトソースの酸味に溶け込んだ挽肉の甘みがとっても美味しいモノであります

そして何よりも、そのボリューム感には驚かされるのでありまして、φ30cmほどのお皿にたっぷりと盛り付けられています
スパゲッティだけでなく、添えられるサラダの量も凄いですよ


〆に出されたデザートのゼリー
黄桃のゼリー寄せようなものなのですが、それに加えられているオレンジの皮がアクセントになって、清涼感が溢れています
もう暑いと感じることが多い日中、こんなデザートを出されるとうれしい気持ちになりそうですね
やっぱりステキなお店であります



【CAFE LEGEND】
神奈川県横浜市中区常盤町4-52 松むらビル1F
045-641-7399

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

東京メトロ千代田線赤坂駅:「オステルリー スズキ」    オーナーシェフが作るフレンチでランチ

DSC_1362-a.JPG

打合わせで赤坂へ
赤坂って街には割烹料理のお店やお寿司屋さんがたくさんあって、ここ数回は和食系のランチをいただいていたのであります
で今日は、洋食系のお店にしようと探していたら、フランスの3つ星レストランで修行をしたというシェフのお店を発見
どうらや名前だけでなく、本当にそのシェフが腕を振るっているお店のようですので、それなら間違いないでしょうと伺って参りました


DSC_1354-1.JPG
赤坂駅の7番出口からすぐそば
地下へ下りる階段幅程度の細い間口でありますが、大きな旗が掲げられていますので、比較的見つけやすいと思います


DSC_1356-1.JPG
混んでいるであろうと時間をずらしての入店してみると、奥の個室に先客がひと組いただけで、ちょっと寂しい感じであります
そのお客さまも早々にお帰りになられ、食事中ずっとワタシひとりって状況となり、緊張の中での食事となりました


DSC_1359-1.JPG
お肉料理かお魚料理を選ぶことが出来る、クイックランチをいただくことにいたします
今日のお肉料理は、子羊のお肉をやわらかく煮込んだナヴァランってモノで、お魚のほうはサーモンと白身魚のムースのパイ包みであるとのこと
ならば、お肉料理をいただくことにいたしましょうと注文したのでありますが、提供されたのはお魚料理
結果美味しかったので、特に文句は無いのですが・・・

パイ生地にサーモンの切り身と白身魚のムースを挟み込み、それをオーブンで焼き上げたモノ
フレンチによくあるクリーム系のソースというよりは、ポテトでありましょうか、野菜の旨味が閉じ込められたコクがあるソースがサーモンに負けることなく美味しいですね


DSC_1363-1.JPG
お替りが許されるパン
それを、バターではなく、ポテトのピューレでいただくというスタイル
程よく塩味が効いていて、かつブラックペッパーの風味と辛味が良いアクセントになっていて、なかんなかの美味
それが気に入り、調子に乗ってお替りしたらお腹がパンパン
見た目以上に、しっかりとボリュームがありました


DSC_1365-1.JPG
ビュッフェ台に並べられたドルチェから3つを選ぶことが出来るのです
それ以外にもアイスクリームが用意されているようで、今日のアイスクリームは夏みかんのエキスを混ぜ込んだもの
今日のような暖い日にピッタリのものでありました

サービスを担当してくれた女の子にわがままを言ってドルチェを選んでいただいたのですが、「タルトの端っこはお好きですか? カリッとしていて美味しいですよ」と笑顔でフレンドリーに声をかけてくれました



実はこの女の子、働き始めて日が浅いのでしょう
注文をした後、そのオーダーをキッチンに通すとき「もっと大きな声で言いなさい」であるとか、食事中には「お客さまがいらっしゃるときは、お客さまに集中しなさい」と言ったような大きな声が厨房から聞こえてきます
もちろん言っていることは正しいことなのですが、そんな怒ったような声が聞こえてきては、楽しい食事は出来ないですよね

そんなこんなで、きっとこの女の子
怒られることが怖くて萎縮していたのでありましょう
注文を間違えたことや、料理の説明が聞き取りづらかったことも、それが原因だと推測いたします
だって、ドルチェのときや、見送りしていただいたときなど、自分の言葉で話すときにはとってもステキな笑顔ではっきりと話せるのですから・・・



【Hostellerie Suzuki】
東京都港区赤坂5-4-17 前田ビルB1F
03-3585-6080

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





オステルリー・スズキ
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「つかさ鮨」    手が届くプチ贅沢 こんなランチも良いのでは?

DSC_1350-a.JPG

今日もポカポカ陽気
風が恐ろしいほど強くって飛ばされちゃうんじゃないかと心配したけど、重心が低いワタシは大丈夫なようでした
地面を踏みしめるように踏ん張りながら、伊勢佐木町商店街を歩いて、ランチへ出掛けます


DSC_1345-1.JPG
今日の目的はコチラの“海鮮丼”
伊勢佐木町交番のところで、商店街から路地に入ったトコロ 
ちょっと目立たないのですが、一見の価値があるお店であります

先日、こちらで“おまかせ握り”をいただいたときのこと “海鮮丼”を作っている姿を見て一目ぼれ
ワクワク気分でお店を目指します


DSC_1349-1.JPG
これですよ コレ
18種ものネタを使っているという人気ナンバーワンの海鮮丼 その姿は圧巻であります

赤貝、甘エビ、むし海老、筋子、アジ、まぐろ赤身、うに、イカ… それに“旬”真っ盛りの白魚やホタルイカなんかも添えられていて豪華絢爛
盛り付けるっていうより、飾り付けるって表現が正しいかもしれませんね

どんぶり一面に、ネタが敷き詰められいるって言うか、重なり合ってたりもして、シャリにたどり着くのがひと苦労ですよ


汁もしっかりしていて、今日は“あおさ”の味噌汁
前回のお吸い物にも劣らない美味しさでありまして、その丁寧な仕事ぶりに感動するほど、ボリュームだけでない、質の高さにおいてもベストなコストパフォーマンスなのであります
「手が届く贅沢」
そんな言葉がピッタリの一軒でありますね 



【つかさ鮨】
神奈川県横浜市中区若葉町2-30-2
045-252-0321

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅:「竹子」   3種のスープを基本に色んなトッピングが楽しめる愉快なラーメン屋さん

DSC_1337-a.JPG

今日は上着も脱ぎ捨てシャツ1枚でお出かけしたのですが、それでも汗ばむほどのポカポカ陽気
何と宮崎県では29℃にまでなったとのこと
どうにかしてるぜ 地球

東京駅から丸の内線に乗り換えて、本郷三丁目
昔、この近くにクライアントさんのお店があって、良く通ったところ
久しぶりに来たのですが、ちょっと懐かしさを感じますね


DSC_1334-1.JPG
お昼をラーメンにします
と言っても普通のラーメンじゃつまらないってことでコチラ
ご近所には650円ほどでいただけるラーメン屋さんやつけ麺屋さんが並ぶ中、1000円近い単価であるにもかかわらず、多くのお客さまで賑わう繁盛店なのであります


DSC_1335-1.JPG
基本的なスープは3種類 坦々麺とスーラータンメン、それに醤油ラーメンであります
スーラータン… 漢字で書くと酸辣湯 つまり酸っぱくって辛いスープってことでありますね

そんな3種類をベースに、好みのトッピングや辛さをチョイス出来るってのがコチラのシステムでありまして、ワタシのお隣に座ったOLさんは、座るなり「パイコースーラータンを太麺で辛口で」と注文しておられました
自分のラーメンを確立されているのでしょうかね? 

トッピングはたくさんあるのですが、チャーシューやパイコーあたりが人気のようですよ


DSC_1338-1.JPG
ワタシは、パイコー坦々麺を中辛で

で、美味しいかというと…
決して美味しくないわけではありませんが、こちらより美味しい坦々麺のお店は幾らでもあるでしょうし、ワタシも知っています
そう、こちらは“我流”なのであります

加水が少ない細めのストレート麺がスープを上手く連れてきてくれるし、カリッと揚がったパイコーがスープを含んで良い味を出しているしで、日常的に何度通っても飽きがこない味って言うか、悪くないんですよね


DSC_1336-1.JPG
こちらの水餃子は100円でいただくことが出来るし、ご飯はサービスだし、カウンターに置かれたゆで卵は食べ放題だし…
1000円ほどでこれだけお腹いっぱいにしてくれるのならば、通っちゃいますよね
それにテキパキと働く小姐が感じ良いし


決して安さだけがお客さまを集めることではない
お店にキチンとした魅力や特徴があれば、お客さまは来店していただける
そんなことを教えてくれる、ステキなお店であります



【我流坦々麺 竹子】
東京都文京区本郷2-26-9 片岡ビル1F
03-5684-0256

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





我流担々麺 竹子
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「はなたれ」   新鮮な地魚を提供する繁盛店で、お刺身のランチをいただきました

DSC_1333-a.JPG

ご近所の居酒屋さんでランチをいただくことにいたします
コチラのお店、もう4年ほど前に伺って以来ご無沙汰をしてしまったトコロなのであります
行くチャンスを窺がいながらも、ひとりでは入りづらいし、いつもいっぱいのお客さまで賑わっているし… 
ランチ営業をやってくれたら良いのになぁ〜と、その日が来るのを願っていたのです


DSC_1331-1.JPG
とにかく新鮮な地物のお魚にこだわっているお店でありまして、毎日佐島の市場に買い付けに行っているとのこと
そんな美味しいお魚が評判で、いつに間にやら支店もたくさん出来ちゃって…
不況といわれるときでも、こちらだけは元気が良いようでありますね

そんなお店の前を先日通りがかったら、何とお昼の営業を始めているではないですか
ならば早速伺って見るしかないでしょう


DSC_1332-1.JPG
ランチのメニューは大きく煮魚と刺身のふた通り
それにお手軽な丼メニューが用意されています
そして、煮魚とお刺身の両方がいただける欲張りなメニューもありましたね

そんな欲張りメニューに惹かれはしましたが、今日はお刺身のランチをいただくことにいたします
鯵、ヒラメ、鰹、マグロの赤身、中トロの剥身などと6種が盛り付けられて、さらにシラスや温泉玉子、サラダなども添えられています

期待通りにお魚はピチピチだし、あら汁やごはんだって美味しいもので大満足いたしました



期待以上の価値観に、これは通ってしまいそうだと感動したのでありますが、なぜかお客さまの入りが悪いようで…
まだお昼を始めて2ヶ月との事ですから、ワタシのようにしないお客さまも多いのかもしれませんね
もう少しお客さまで賑わって活気が付いて欲しいところでもありますが、あまりに混み過ぎると利用しづらくなるし…
なんとも微妙な感覚ですね



【魚と酒 はなたれ】
神奈川県横浜市中区長者町5-56 千歳観光第2ビル1F
045-243-4339

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





魚と酒 はなたれ 長者町店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

市営地下鉄阪東橋駅:「ぽえむ」    一杯ずつ丁寧に入れるドリップコーヒーは本物です

DSC_1327-a.JPG

昨日の雨が嘘のように晴れ渡った散歩日和
日ノ出町から黄金町辺りまで大岡川沿いをテクテクと歩いてみるが、葉桜になってしまった桜には誰一人として関心を持つ人はいないようで閑散としてましたね


DSC_1322-1.JPG
伊勢佐木商店街へと戻り、午後のひと時を喫茶店でのんびりと過ごすことにいたしましょう
って、ことで「ぽえむ」さん
一杯ずつドリップで出してくれる本格的なコーヒーがウリなんですよね
苦味が少なく、香り高いコーヒーに、心が癒されますよ


DSC_1326-1.JPG
小腹が空いていたのでサンドイッチ
ハムサンドや玉子サンドなど、いくつかの種類があるのだけど、トーストしたタイプはコレだけ
その名も“オリジナル焼きサンド”であります

薄焼き玉子に、レタスとトマト
そして、メインとなるのがスパムでありましょうか、ちょっと塩味が効いたソーセージ系のモノが挟まれています
その塩味が、とっても良い感じで全体をまとめているって言うか、バランスが取れてて美味しいんですよ
コレはちょっとはまりそうな予感がしますね


DSC_1328-1.JPG
棚に飾られていた、小さなコーヒーカップ?
なかなかお洒落なモノでありまして、欲しくなっちゃいました
お店で売っててくれると買っちゃうのになぁ



実は「ぽえむ」ってお店、知る人ぞ知るフランチャイズ店なんですよね
フランチャイズって言っても、暖簾を使うことと、コーヒー豆の供給程度のようですけどね
この看板をどこかで見つけたら入ってみてくださいね
美味しいコーヒーがいただけると思いますから…




【COFFEE HOUSE POEM】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-130
045-242-8964

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

京急本線日ノ出町駅:「清香楼」     薄切り肉がカリッと揚がったパイコーが美味しい炒飯

DSC_1315-a.JPG

一日中雨が降った日
どこにも出かける気にならず部屋に閉じ篭っていたのだけど、空腹には耐え切れず、ご近所の中華屋さんへ出掛けます

普段はお客さまでいっぱいのお店も、この雨の所為か、今日はガラガラ
ワタシひとりでの貸し切り状態でありました


DSC_1306-1.JPG
店員さんは全て中国の方でありまして、店内には中国語が飛び交うようなお店なのでありますが、接客を担当する小姐がとっても素晴らしく、いつも感心しているのであります

店内を覗くお客さまを見つけたら、飛ぶように玄関へ行き扉を開けて出迎えます
そして、席が空いてないタイミングだったら、大体の待ち時間を使え、待っていただけるようにお願いまでする完璧ぶり
これほどのお店は、日本人が頑張ってるお店でも、そうそうありませんよ


DSC_1314-1.JPG
今日こちらへ伺った目的はコレ
薄くカットされた豚肉を使ったパイコーでありまして、カリカリ揚げられた食感と、ほんのりと香るカレーの風味
それが食べたかったのであります
そして、他のお店の1.5倍いくらいはあろうかという盛りのよさも魅力でありまして、お腹が空いているときにはありがたいモノなのであります

一緒にいただいたのが肉団子
こちらにかけられている甘酢のあん コレが良く出来ていまして、ご飯の上に乗っけていただいても十分に美味しいモノなのであります
きっと、コレを使ったどんぶりなんかがあったら、人気メニューになるコト間違いなし なんて思うのですけどね



【清香楼】
神奈川県横浜市中区福富町仲通4-5
045-261-2999

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

JR根岸線関内駅:「長八」     昭和な雰囲気漂う居酒屋で佐藤養助の稲庭うどんをいただく

DSC_1303-a.JPG

春らしい暖かさだけど、夕方から雨になるかもしれないとの予報
ポカポカした陽気が心地良いのだけど、天候が安定しないのもこの季節の特長だったりして…
女心と… あっ、それは秋の空だったか…

当ても無くランチへ出掛ける
ハンバーグみたいな洋食も良いかなぁ? 中華も捨てがたいなぁ
なんて考えながらテクテク


DSC_1299-1.JPG
伊勢佐木町の裏路地を歩いていたら、かの有名な「佐藤養助商店」さんのノボリを発見
こんなところに、そんなお店があったっけ??? と近づいてみますと、居酒屋さんのランチメニューで、その稲庭うどんが使われているようなんですね
ならば、ちょっと立寄ってみようと、暖簾を潜ります


DSC_1301-1.JPG
店内は昭和にタイムスリップしたような、昔ながらの雰囲気であります
今から30年ほど前、ワタシが学生だった頃には、まだまだ居酒屋のチェーン店といえば養老乃瀧くらいしかなくて、ほとんどのお店がこういった雰囲気でありました
それがいつの頃からか、家族でも入れるようなファミリー居酒屋見たいなチェーン店が幅を利かせるようになり、こういったお店は姿を消しちゃったんですよね


DSC_1302-1.JPG
親子丼とハーフの稲庭うどんのセットを頼んでみます
すると、お店の雰囲気と同様に昭和の香りがする親子丼が出て参りました
しっかりと煮込まれたブロイラーの鶏肉 ちょっと身が締まっていて歯応えを感じるモノであります
それが出汁をたっぷりと含んだ卵で綴じられていて、紅白のかまぼこが数切れ  このかまぼこが昭和を醸し出しているんですよね
とっても懐かしい親子丼 美味しくいただきました

そして、佐藤養助商店の稲庭うどん
温か冷を選ぶことが出来るのですが、稲庭うどんと言えば、冷たいほうが美味しいに違いないだろうと冷で注文
冷水でキチッと〆られていて、そのコシが強く、喉越しが良いモノ
つゆだって薄口醤油で味付けられていて、出汁の香りが残る上品な味でありまして、さすが佐藤養助商店の品だと納得いたします



伊勢佐木町で、しかもこんな裏通りで
佐藤養助商店さんの稲庭うどんがいただけるなんて…
ちょっと感動いたしました
コチラのお店、メニューを見ていると、ハムカツやら何やら とにかく昭和へタイムスリップしたかのようなモノがずらりと並んでいる
近く夜にもお邪魔してみることにいたしましょう



【長八】
神奈川県横浜市中区吉田町2-2
045-252-7216

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





長八
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

JR根岸線関内駅:「WADACHI(わだち)」    ダイニングバーでいただく和食ランチは期待以上の美味しさでありました

DSC_1297-a.JPG

午前中に、苦戦している居酒屋さんに向けて、和食店への業態変更を促す企画提案書を作っていた
で、頭の中が和食でいっぱいでありまして…
ランチは和食をいただくことにしようと出掛けます
お刺身や焼き魚を売るお店は多いのですが、煮炊きしたような料理となると、なかなか無いのが現実なんですよね



DSC_1291-1.JPG
数日前に通りがかりで見つけたお店
「和食でランチ」と書かれた黒板が店頭に置かれていて、日替わり弁当のほかに、お魚料理やお肉料理のランチも用意されているとのコト
しかし、夜のバーとしての営業がメインである様子なので、お料理は如何なモノかと、その日はパスしたのでありますが…

本日再び通りがかってみますと、今日のお魚料理が“金目鯛の煮付け”とありまして、それにワタシの心がキャッチされてしまったのであります


DSC_1294-1.JPG
お店の雰囲気はと申しますと、ちょっと間抜けな気がいたしますね
ワタシがいただいたベンチシートのテーブル席は普通の高さなのですが、ハイカウンターやハイテーブルも設置されていて、これが食事をする雰囲気としては馴染まないって感じですね
多分、夜の時間には照明が落とされ、良い雰囲気になるのでしょうが…
これが昼と夜との二毛作のお店の難しいトコロなんですよね


DSC_1295-1.JPG
待つこと十数分
ビジネスランチとしてはゆっくり目の提供時間で、お料理がやってまいりました

キレイに煮付けられた金目鯛と、しっかりと味が染みた大根
その見た目から、丁寧に調理されていることが窺がえますね

当然、お味も期待以上のものでありまして、それだけにお店の雰囲気が残念… なのであります
落ち着いた和の雰囲気で、これだけの料理がいただけるのであれば、リピートされるお客さまも多いのでありましょうが…
10食限定という日替わり弁当が閉店間際のタイミングでも残っていたようですから、まだまだ繁盛しているとは言い難いようですね




【Dining Bar WADACHI】
神奈川県横浜市中区吉田町4-6 吉田町第一共同ビル1F
045-263-3320

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





dining bar WADACHI
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

JR根岸線関内駅:「野毛おでん」     明治創業の老舗おでん屋さんでいただくランチ

DSC_1285-a.JPG

気温はちょっと低めで、3月半ばくらいだとお天気姉さんが仰っておられましたが、陽射しは春そのもの なんとなく気持ちが揺れるような陽気であります
こんな日はどこかに出掛けたいものなのですが、ちょっと業務が詰まっていて、それも適わずであります


DSC_1281-1.JPG
ランチに「野毛おでん」さん
もうずいぶん昔のことになりますが、初めてこちらでおでんをいただいたときにはビックリいたしました
西で生まれて育ったワタシにとって、おでん汁とは黄金色に輝く済んだものであり、そのタネも薄茶色ってのが常識だったのですが、コチラのおでんは真っ黒だったのであります
うどん出汁が真っ黒なことには慣れ始めていた頃だったのですが、まさかおでんが真っ黒とは… 想像もしてなかっただけに、その驚きは今でも忘れることが出来ません


DSC_1283-1.JPG
それ以来ご無沙汰していたのですが、つい最近、こちらがランチの営業をしていることを知って、お邪魔してみることにいたします

おばあちゃんの気さくで優しい笑顔に迎えられ、カメラアングル的にはありがたい、入り口近くの4名席がいただけました
意外にもご近所の会社からお越しになっているお客さまがいてビックリ しかも若いお客さまや女性のお客さままで
ちょっと偏見ではありますが、こういった老舗店のランチってコストパフォーマンスが低いってのが相場でありますから…


DSC_1284-1.JPG
お昼のメニューは、看板料理である“おでん定食”をはじめ、煮魚や焼き魚、お刺身や天ぷらなど、結構な品数が用意されています

幕の内のように、色んな料理が楽しめますよって、おばあちゃんのお勧めもあってお弁当をチョイス
昆布巻きあり、キンピラあり、玉子焼あり、もちろんおでんも入ってます
そのおでんの、真っ黒さは健在でありますし、お刺身のカンパチもプリプリですよ

隣のご婦人か頼まれていた、天ぷら定食もかなりのボリュームでありまして、先ほどのコスパの件は撤回であります
こちらのランチは、お値段以上の満足を約束してくれるものであるようですね
もちろんボリュームだけでなく、お味の面でも


お隣の登良屋さんでも、ランチをやっているようですので、濱新さんに加え、この辺りでのランチも選択が増えました
名店のお味を、お手軽なランチ価格で楽しめるなんて幸せなことであります




【野毛おでん】
神奈川県横浜市中区吉田町2-6
045-251-3234

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





野毛おでん
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

JR根岸線関内駅:「ピー」    お店は入りづらいけど、家庭料理的なランチビュッフェがお気に入り

DSC_1278-a.JPG

昨日が肉三昧だったので、今日は身体に優しいランチにしようとタイ料理
これが本当にヘルシーなのかどうかは定かではないのだけど、ワタシの中ではヘルシーなモノとして分類しております
その理由は単純で、胃もたれしないからってことなのでありますが…



DSC_1273-1.JPG
数あるタイ料理店の中から、今日選んだのは「ピー」ってお店
夜はお酒をともなうお店になるようですが、お昼はビュッフェスタイルであります
まだまだ馴染みが薄いタイ料理 商品の名前と料理が一致しなくって、注文するのに迷ったりするのですが、このスタイルだと、そんな心配は無用ですね

なのですが、コチラのお店
ちょっと一見では入りづらい雰囲気が漂っています
映画やドラマの中で、貧乏探偵の事務所として使われるような雑居ビルの3階
しかも、そこへ上る階段が狭くて暗いのであります


DSC_1277-1.JPG DSC_1278-1.JPG
まぁ、外観もさることながら、店内も雑然としたお店でありまして、現地のお店の雰囲気さながらって佇まいであります

そんなお店の一角に作られたビュッフェ台でありますから、それほどたくさんの料理が並んでいるわけではありません
なすのグリーンカレーと大根のレッドカレーをメインに、野菜料理が数種あるだけなのですが、補充されるときには別の料理が出されているようですので、じっくり構えて伺うと、色んな料理を楽しむことが出来そうですね

店主であろう怪しげなおじさん(失礼)に勧められるまま、そうめんにはグリーンカレー、そしてご飯にレッドカレーでいただきます
料理を担当しているのはタイ人の女性でありまして、その方の家庭料理なのでしょうかね
素朴な食材を上手く使い、美味しく料理されています


次回は違う料理がいただけそうですので、またタイ料理を食べたくなったら、気軽な気持ちで階段を上がることにいたしましょう
ご馳走さまでした



【タイフードレストラン ピー】
神奈川県横浜市中区吉田町3-9 吉田町第4共同ビル3F
045-251-2644

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ピー
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

京急日ノ出町駅:「萬福」    創業昭和43年 野毛の街に愛された大衆中華食堂でランチをいただきます

DSC_1267-a.JPG

久しぶりに野毛の街をお散歩してみることにする
日ノ出町駅から山手のほうに歩けば、野毛山動物園や野毛山公園があったりと自然と触れ合う散歩道だったりするのだけど、今日は宮川町から野毛町にかけてを歩きます

夜には多くのお店に看板が灯りにぎやかさを演出するのでありますが、日中に営業しているところは少なくって、人通りも疎らであります


DSC_1266-1.JPG
そんな街にある一軒の中華料理店
歴史が感じられる外観ではありますが、パリッとした暖簾や、キレイに手入れされた植木の数々
玄関前に植木を並べるのはどうかとも思いますが、ココまでキレイにされていると良しといたしましょう

脇の窓から店内を覗くと、ほぼ満席の状態
ご近所をもう一回りして、タイミングをずらして伺うことにいたしましょう


DSC_1270-1.JPG DSC_1268-1.JPG
お店の外観から、昭和一桁生まれくらいのご主人と、その奥さまが頑張っておられるお店だと勝手に想像していたのですが、暖簾を潜ってビックリ
なんと30代くらいの奥さまが迎えてくれるではないですか そのギャップにか、この奥さまが若く見えて、若く見えて…(笑)


野菜炒めをおかずに、炒飯をいただくことにいたします
鶏がら系の中華スープで炒められた野菜炒めは、スッキリしたお味で、野菜のシャキッとした食感が残るなかなかのモノ
そして炒飯も、この手のお店らしくラードの風味がする昔懐かしいタイプ
決してご飯がパラパラの… なんてモノを期待してはいけません


時折、厨房から覗く調理をしている方の姿も、想像よりはるかに若くビックリ
2代目に世代交代したってことなのでしょうかね
野毛の街に古くから根付く、庶民的な大衆中華食堂
これからも頑張って欲しいものです



【中華料理 萬福】
神奈川県横浜市中区宮川町2-20
045-241-7845

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





中華料理萬福
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

メトロ銀座線赤坂見附駅:「やさい村大地」  人通りが少ない日曜夜の赤坂で唯一賑わう野菜メインの韓国料理店 

DSC_1239-a.JPG

赤坂でワハハ本舗の全体公演を見て笑った、笑った
これほど、お腹のそこから笑ったのはどのくらい振りなんだろう? って思うほど

さすがに全体公演とあって、かなり真剣に取り組んでいたようで、その出来はすばらしいモノでありまして、笑いの中に感動すら感じることができました
またいつか、ちょっと心が疲れたときには見に行くことにいたしましょう


DSC_1261-1.JPG
そんな余韻を残しながら、夜ごはんを赤坂でいただくことにいたします

サムギョプサルを中心とした韓国料理のお店なのでありますが、野菜をたくさんいただくことが出来るお店として話題なのであります
ココは見ておかなければ… とブックマークしていたお店でありまして、折角の機会だからとお邪魔して参りました


DSC_1225-1.JPG
先ず準備されるのが、キムチやもやしナムルなど6種類の前菜と、緑1色の葉っぱの山
サンチュやエゴマの葉っぱなど、なんと16種類ほどのものが盛り合されているのです
更にこの野菜や前菜は、お替りもできるというので、野菜好きの方や、健康志向の方にはたまらないサービスでありますね


DSC_1232-1.JPG DSC_1243-1.JPG
お肉は、豚の三枚肉や、牛の肩ロースなどがドーンと提供され、お店の方が丁寧に焼いてくださいます
一枚肉をロースターに乗せ、タイミングを見計らいひっくり返す
そしてまた、頃合いを見て、それを一口大の大きさに切り分けてくれる、至れり尽くせりのサービスなのです

そうして焼きあがったお肉を、先ほどの葉っぱで巻いていただくのですが、この葉っぱのボリュームでありますから、一つのお肉に対して何枚もの葉っぱを重ねていただくことが出来、その組み合わせで、色んな葉っぱの香りを楽しむことが出来るのです
青汁の原料でもあるケールって葉っぱもあって、身体に良いこと間違い無しでありますね


DSC_1253-1.JPG
野菜だけでなくお肉も結構なボリュームがあって、程よくお腹が満たされたトところで〆の一品
ズンドブチゲや冷麺など4種類ほどのお料理から好きなものを一つ選ぶことが出来るとのことでありますので、ワタシはズンドブチゲをチョイス

アサリの出汁がとっても良く効いているし、辛味だけではなくて甘みコクがあるもので、添えられた雑穀米をスプーンに乗せ、それでスープをすくっていただくと絶品であります



コチラのお店は、サムギョプサルを提供してはいますが、その名の通り“やさい”がメインのお店でありますね
サラダバーをウリモノにしているお店も多いのですが、これほど、キチンとした野菜を提供しているところは他にないのでは?
驚きとともに、勉強になるお店でありました




【やさい村大地】
東京都港区赤坂3-16-4 DMKビル2F
03-3589-2389

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





やさい村 大地
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メトロ丸の内線新宿三丁目駅:「しゃぶしゃぶダイニングMK」     食べ放題を楽しむランチ

DSC_1212-a.JPG

赤坂でのイベントを前に新宿でランチ
ホントは赤坂で待合わせをしてランチをしようと思っていたのだけど、日曜日の赤坂は壊滅的な状態でありまして…
それで、新宿


DSC_1207-1.JPG
昨年、タイへ旅行に行ったとき市街地で数軒見かけたお店が新宿にあって、それで、ちょっと気になっていたお店であります
このお店、ほっともっとややよい軒などのフランチャイズ店を経営する福岡の会社が、日本での展開権を買ったようでありまして、九州には20店舗近くあるようですが、関東にはまだ2店舗だけ
これからどのように拡がっていくのか楽しみでもありまして、ちょっと視察であります


DSC_1211-1.JPG
ランチの食べ放題を頼んだら、最初に出していただけたのがコレ
野菜の盛り合わせと、お肉とつみれなどの盛り合わせが少々
4人で伺ったのに、これだけ?? ってモノでありまして、ちょっとビックリしたのですが、コレはサンプル的な要素があるようですね
食べ放題のお店でありますので、このサンプルをいただいた後、お気に入りのメニューをドンドン追加してくださいねってことなのでありましょう

最初に盛り合わせのモノをドーンと持って来られるより、好きなものを好きなだけいただけるってことで、親切なことのかもしれませんね


DSC_1213-1.JPG
卓上に3種類のタレが用意されていて、お好きなタレを好きなだけってことでありましょう
ゴマダレやポン酢ってのは一般的でありますが、このMKソースなるもの、これがコチラのオリジナルでありまして、ナンプラーやチリソースを使ったタイ風タレなのであります

これが曲者でありまして、とにかく良く出来ています
魔法の調味料とでも言いましょうか、これさえあればどんなものでも美味しくいただくことが出来ると言っても過言ではないであろうモノなのであります
化学調味料をたっぷりと使っているのでしょうが、ヤミツキになりそうな位、危険なタレであります


DSC_1221-1.JPG
〆はラーメンで
お肉や野菜の旨味をたっぷりと含んだスープでいただくラーメンは格別なモノ
加水が少ないタイプの麺が、これまた良く出来ていて、程よいコシと喉越しなのであります


ランチの食べ放題ということで、お肉は上等なモノではありませんが、それを美味しく化けさせてしまうタレや、〆にいただいたラーメンがキッチリしていることで、“安かろう不味かろう”的な印象はありませんでしたね
お店創りがチープではないせいか、お客さまも比較的大人の方が多いようであります

これはちょっと、都内にも拡がりを見せそうな気がいたします



【しゃぶしゃぶダイニングMK】
東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル3F
03-3356-7768

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「杜記」    赤くて辛くてモッチリで身体に刺激を

DSC_1195-a.JPG

ここ数日、5月のような陽気が続いていて、日中はちょっと汗ばむほど
そんな陽気の変化についていけないのか、身体がだるい
で、そんな身体に活を入れようと、刺激的に辛いものを食べることにした


DSC_1186-1.JPG
ご近所にある中華屋さんで、かなりハードユーズしているお店
他にも数軒、お気に入りの中華屋さんはあるのだけど、震災後、帰国されたのでしょうか? 休業しているお店もあったりする
しかし、こちらは元気に営業中
いつものおばちゃんが笑顔で迎えてくれます


DSC_1193-1.JPG
坦々麺
コチラの麺は刀削麺でありまして、とってもモッチリ
スープは芝麻醤の甘みと、麻辣の辛味
これが絶妙なバランスでお気に入りであります

トッピングされた挽肉には山椒が練り込まれていてしびれる辛さでありますから、スープに溶かしていただきましょう


DSC_1204-1.JPG
水餃子
辛いものが食べたい気分でありましたので、特別にお願いして、四川風の辛いソースをかけていただきました
こんなワガママにも笑顔で対応してくれるってステキなことですね
なんだか、“行きつけのお店”って感じでうれしくなります

ニラの香りが効いているインパクトある味付けで、厚めの皮に包まれた具材は肉汁たっぷりでジューシーなのです



お手軽な価格で気軽に通えるお店が、ご近所にあるって幸せなことです
定食スタイルで中華を味わうも良し、また麺でお腹を満たすも良し
これからもご贔屓にさせていただきます
ごちそうさまでした



【杜記】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「やよい軒」    ご飯が美味しい定食屋で夜ごはん

L1000383-a.JPG

出張から戻り、遅い夜ごはんを「やよい軒」でいただくことにする
看板照明を消し、サンプルケース以外の外灯も消されていて、とっても暗くって営業していないようにさえ思えるのだけど、店内にはたくさんのお客さまが…
多くの飲食店がお客さまが来店されないことに頭を抱えている中、こちらは変わらず元気が良いようですね


L1000382-1.JPG
チキン南蛮
本場のチキン南蛮を愛するワタシとしては、これは違うでしょうとの想いもあるのですが…
“チキンカツの甘酢がけ タルタルソース添え”と割り切れば、それなりの味
お値段からして、十分な美味しさでありましょう

こちらで感心するのは、ご飯の美味しさ
これまでも、あちらこちらの支店を利用したことがあるのですが、ご飯で外れたことが無いのであります
しっとりしていてツヤツヤ
決して炊きたてとばかりは言い切れませんが、いつも美味しい状態のご飯が提供されるのです
きっと、お客さまの入店状況を見て、コマ目に少量ずつ炊いているのでありましょうが、その徹底振りには脱帽いたします

美味しい定食屋とは、その料理の美味しさも去ることながら、美味しいご飯を提供してこそ繁盛店になる
こちらのお店を見ていて、そう実感いたします

基本に忠実に徹底してやりきること
簡単なことではありませんが、繁盛店になる近道なのでありましょう



【やよい軒】
神奈川県横浜市中区長者町5-48-1 三丸長者町ビルディング1F
045-260-6327

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

JR横浜線新横浜駅:「えん」     出張前にいただいたお刺身ランチはガッカリでありました

L1000364-a.JPG

新横浜駅から新幹線での出張であります
で、出発前にランチをいただきましょうとキュービックプラザへ
こちらが開業して早3年、時間潰しにビッグカメラを覗いたり、スタバでお茶をすることはあっても、飲食施設を使うことは今日で2回目でしょうか
滅多に使うことが無い施設なんですよね


L1000361-1.JPG
10Fまでエレベータで直行し、「えん」ってお店を選ぶ
ココなら、手頃なお値段で和食のランチがいただけるだろうってワケ
10数年前、こちらのお店が渋谷に出来たとき、ソレがあまりにもセンセーショナルでよく通っていたのですが、久しくご無沙汰しておりました


L1000362-1.JPG
店内は、オシャレ過ぎない、でいて殺風景でもない
若い人から年配の人まで、違和感無く使えるお店に仕上がっていて良い感じ
ココなら、落ち着いて食事が出来そうですね


L1000364-1.JPG
お手軽なランチが、お魚の料理とお肉の料理から選べるのだけど、今日はお魚が“サバのからあげ”お肉が“肉豆腐の丼”だとのこと
で、いまひとつピンとこないなぁ ってことで、ちょっと値が張るのだけど、お刺身のランチをいただくことにいたします

おばんざいが3種付いているってことで期待をしたのですが、ひとつは鶏肉と大根の炊き合わせだったのですが、あとの二つは、冷奴とボイルしただけのブロッコリー
お刺身だって、モノは悪くないのですけど、これだけ?? って感じで、かなりガッカリです

昔、渋谷のお店に通っていた頃は、職人さんがきちんと手間を欠けて作った料理だなぁ と感心したものでありますが・・・



お店の数が増えると、パートアルバイトで調理できるようなシステムになってしまい、更に原価管理に重点が置かれるようになるからでしょうか?
多くのチェーン店がそうであるように、決してまずくも無いけど、美味しいとは思えない
ましては、料理に感動することなんで無くなってしまう
あ〜 ココもそんなチェーン店の仲間入りしちゃったのでしょうかね



【手作り料理とお酒 えん】
神奈川県横浜市港北区新横浜2-100-45 キュービックプラザ新横浜10F
045-470-7196

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





手作り料理とお酒 えん 新横浜店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

みなとみらい線馬車道駅:「ぼんふぁむ」    気取らない雰囲気でフランス家庭料理がいただけるお店

DSC_1183-a.JPG

今日はポカポカ陽気
上着なんて着なくても、長袖シャツ一枚でも大丈夫なくらいでしたね
特に予定が無い1日でありましたので、散いく桜を眺めた後にランチへ向かいます


DSC_1176-1.JPG
路地にあるフレンチのお店なのでありますが、そんな気取った雰囲気がしなくて、フランス家庭料理のお店って感じであります
ご主人が作った料理を、奥さまがお客様へ届ける
そんな夫婦間の分業がキチンとしていて、その息が合っているところを眺めているだけでも、ホッと気持ちが和むような気がして、好きであります


DSC_1178-1.JPG
先ずはスープから
コンソメのスープは具沢山
しいたけ、にんじん、じゃがいも、それにお豆さん、そして決め手はピリッと辛味が効いたチョリソーでありますね
一杯一杯を丁寧に手鍋で温めてくれますから、しっかりと熱々
スプーンをお口に運んだだけで、ブイヨンの美味しい香りが鼻を駆け抜けていきます


DSC_1180-1.JPG
そして今日のメインは“豚バラ肉のロースト”
昨日のうちに、香草にニンニクと塩コショー、そしてオリーブオイルでマリネしておいたであろうバラ肉を、塊のまま丸めてオーブンでじっくりと焼き上げる
さらにソレをしばらく休ませて、肉汁を閉じこめる
そんな手間がかかる料理を、ランチに出してくれるのだからありがたいコトであります

一人前にサイズに切り分けたお肉を、注文が入ってからソースと絡めるように温めてくれます
これでもかってほどにグリンピースやレンズ豆が乗せられていて、美味しいだけでなく身体に優しい料理に仕上げてくれてますね
こう言ったことが、こちらのお店に女性客が多いってことに繋がっているのでしょうね
比較的コチラの奥さまと同年代であろうと思われるお客さまが多いのは、奥さまの人柄によるところも多いのでありましょうが…

添えられたポテトサラダも自家製でありまして、ホクホクのじゃがいもがとっても美味しかったですよ
混み合う時間をちょっと避けて、のんびりとお料理を味わうなんて言うのが、通の使い道かもしれませんね

最後に私的なことですが、パンがとっても美味しくって、お替りしたいほどでした




【french restaurant ぼんふぁむ】
神奈川県横浜市中区相生町4-70-2 ライズビル1F
045-212-4164

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

JR総武線両国駅:「ステーキくに」    程よい脂の旨味が楽しめるリブロースをガツンと300g

DSC_1169-a.JPG

会食で両国へ出掛けます
今日のお相手は、2年ほど前までお仕事をさせていただいていた会社の取締役の方 
先日、ふっと思い出して電話を掛けてみたら、久しぶりに会いましょうってことになったのであります
しかし、とってもお忙しい方でありまして、今日も会議が予定より長引き、1時間ほど待たされちゃいました


DSC_1160-1.JPG
両国国技館のお向かいにある、炭焼きステーキのお店
都内を中心に9店舗ほどあるお店ですが、コチラの両国店は“和邦”と言う別名を持つ、ステーキくにの本店的存在のお店であるようです

客席までワゴンで運ばれた肉塊を好みのグラム数に切り分けてくれるってのがコチラのサービススタイルでありまして、経験に裏付けられた、その見事な技が見所でもあるお店であります


DSC_1166-1.JPG DSC_1165-1.JPG
先ずはお勧めメニューから、“アサリのワイン蒸し”と“新玉ねぎとアスパラのサラダ”をいただくことにいたします
コチラの名物料理の一つに“アサリのびっくり焼き”ってモノがありまして、このワイン蒸しとはそのことかと思ったのですが違ったようですね ちょっと残念

新玉のサラダは、水にさらしただけのシンプルなモノなのですが、シャキッとしていて瑞々しくて、そしてとっても甘く美味しいものでありました
提供されたときにはこんなにたくさん… ってビックリしたのですが、ペロッと食べちゃいましたね


DSC_1170-1.JPG
ちょっとココのところお肉らしいお肉をご無沙汰をしておりましたので、ガツンと300gをいただくことにいたしましょう
サーロインやヒレも用意されていますが、ワタシが一番美味しいと思っているのはリブロースなのでありまして、それをガッツリといただきましょう

提供されたサラッとしたガーリック系のソースを少しだけかけて、後はメンテルバターのシンプルなお味で、お肉の旨味を楽しませていただきます
焼加減はミディアムレア 炭火で焼き上げますので、表面はカリッと香ばしく焼き上げられて、中はジューシー

サクッと噛み切れるような、サシがたっぷり入った米沢牛のサーロインも良いのでしょうが、ステーキでいただくのなら、ワタシはこちらの方が好きですね
お肉に噛み付いているってことが、味覚中枢を刺激してくれるし、程よい脂身の甘みが美味しさを堪能させてくれますからね


熟練したコックさんが、炭火を上手く操り、焼き上げてくれたステーキはやっぱり格別ですね
横浜にもお店を出してくれるとうれしいのですが…




【炭焼ステーキくに】
東京都墨田区横網1-2-16
03-3623-9215

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





ステーキくに 両国店
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

東京メトロ千代田線赤坂駅:「赤坂 鮨兆」   海鮮の宝石箱“おまぜ”をいただく 

L1000358-a.JPG

打合わせで赤坂
赤坂って街 もちろんチェーン店もありますが、きちっとした個店が多い街でもありまして、打合わせ前にいただくランチが、何より楽しみだったりします
電車の中で、今日は何処に使用かな? なんて考えているだけでワクワクしちゃいます もしかしたら、ニンマリとした笑顔になっているかもしれませんね


L1000350-1.JPG
今日は鮨兆さん
雑居ビルの3Fにあるお店でありまして、クチコミやネコミ、もしくはどなたかに連れて来ていただかないと、飛び込む勇気は出ない雰囲気であります

エレベーターを降りると、そこはもうお店
引き返すことは逆に勇気がいることかもしれません
恐る恐る暖簾を潜ると、「いらしゃい 今日はどうしますか?」と声を掛けてくる大将
それだけ、常連さんで成り立っているお店ってことでありましょう


L1000352-1.JPG
10人ほど座れるカウンターと、4人掛けのテーブルがふたつ
決して大きなお店ではありませんが、自然光が入る明るい店内に、なぜだかホッとした気分になります

女性一人のお客さまや、女性の二人連れなど、寿司屋としては珍しく女性のお客さまが多いように思えます
きっと、この明るい雰囲気が良いのでしょうね


L1000355-1.JPG L1000356-1.JPG
お昼のメニューは、“おまぜ”と呼ばれるちらし寿司のみでありまして、先ほどのどうしましょうって言葉は、どのくらいの盛りにしましょうかってこと
普通で良いかなっと思っていたら、ワタシのががたいをみてか、サービスを担当している女性の方が、「少し多目くらいが良いんじゃない」と声を掛けてくださいます
じゃあ、少し多めで・・・

見た目にも美しく盛られたちらし寿司
彦磨呂流に言うところの、海鮮の宝石箱や〜って言葉通りであります


L1000357-1.JPG
コチラのシャリには、海苔が混ぜ込まれており、更には、蒲焼のタレのようなもので味付けもされています
これが、お店が言うところの「鮨我独創」でありましょう

従って醤油などを使う必要もなく、好みに応じて、適度にわさびを付けながらいただくことが出来ます
海鮮の宝石箱には、赤身とイクラを中心に、中トロ、エビ、玉子焼き、キュウリなど、たくさんのネタが入っています
また、たくあん、ガリ、小梅も添えられております


しかも、先ず白味噌の汁が出てきて、食中には赤出汁の汁が提供されます
ほんのり甘い白味噌が食事の準備をしてくれ、その後、料理を邪魔しない赤出汁がいただけるという、なんともステキなサービスなのでしょう
これらの汁はお替りもできるとのことですから、また驚きであります


デザートには黒蜜たっぷりのくずきりが提供され、その甘みに大満足していたところで、会計の際には“どら焼”までいただいちゃって・・・
何処までお腹いっぱいにしてくれる? ってうれしくなりました


高級店でありながら、気さくなサービス
そして、お客さまの要望に応える姿勢
たくさんの常連さんを持つ理由が窺がえますね



【赤坂 鮨兆】
東京都港区赤坂3-6-10 第3セイコービル3F
03-3585-7917

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





赤坂 鮨兆
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

みなとみらい線元町中華街駅:「ダリアン」   羽つき餃子が看板メニューのお洒落なお店

DSC_1140-a.JPG

友人がどうしても行きたいお店があると言うので中華街へ
ご近所に住むワタシが、わざわざ混んでいるであろう日曜日に来る必要はないのだけど、誘ってくれた友人は、そういう訳にもいかず・・・


DSC_1156-1.JPG
最近、中華街では新旧の交代が激しく、昔ながらの華僑の方がやってるお店が減る傾向にあるようで、ちょっと寂しい限り
最近では、その一等地に「すしざんまい」さんや「スターバックス」さんなんかが出店したりしていて、これで良いのか? なんて思ったりもするのだけど・・・


DSC_1131-1.JPG
本日伺ったのは、1年半ほど前に開店した「大連餃子基地 DALIAN」ってお店
名前も店構えも全く中華街らしくないお店でありまして、この手のデザイン重視のお店は、美味しくも無いだろうし、永くも続かないだろうと、スルーしていたのですが、こちらの名物である“羽つき餃子”が食べたいとのリクエストで、今回が初挑戦となったのであります

お店は満席であるようで10分ほど待ったでしょうか
1Fと2Fに席があるため、意外と待つことなく席に着くことができました


DSC_1146-1.JPG
外観もそうですが、内装も小洒落た感じで、中華料理店というよりカフェって感じさえしますね
中華街らしくないと前述しましたが、逆に思えば、誰にでも入りやすいお店ってことなのでしょう
餃子がメインでありますから、お値段にもリーズナブルですし・・・


DSC_1134-1.JPG
海鮮水餃子
ちょっと厚めに生地で包まれたモッチリ餃子
期待ほど、ジューシー感も無く、味の特徴も無くってモノでありましたが、まぁ悪くは無いですね


DSC_1139-1.JPG
大連焼餃子
こちらの餃子メニューでは最もオーソドックスなモノ
と言うほど種類はありませんが、こちらが基本スタイルってことでありましょう
餃子自体は、水餃子と同じくモッチリした厚皮タイプ 羽はパリッとしますが、餃子はそれほどでもありませんね
焼餃子も水餃子も、それほど食感に変化が無く、ちょっと残念な気がしますね


DSC_1136-1.JPG
鶏の唐揚げ甘酢ソースがけ
カリッと揚げられた食感が美味しいですね
なかなか、ここまでカリッと揚げてくれるお店がないモノですから、ちょっと感激しちゃいましたよ
甘酢の酸味も程よく、添えられていた野菜も完食してしまいました


DSC_1143-1.JPG
で、〆にいただいたオイスターソース焼きそば
カリッと焼けた部分の食感と、モチッとした食感 そのふた通りが楽しめる焼そばでありまして、オイスターソースの風味がバッチリ効いた出来栄えでありました


美味しい料理を求めるなら、こちらよりも良いお店はたくさんあります
しかし、そこそこの規模を持って、リースナブルな価格で、入りやすい雰囲気と清潔さを感じる店内でと、絞り込んでいきますとコチラのお店は比較的上位になるのかもしれませんね



【大連餃子基地 DALIAN】
神奈川県横浜市中区山下町148
045-633-9199

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





大連餃子基地DALIAN 中華街店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:4.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅:「アビエン」   昭和の喫茶店では定番メニューだったピザトーストをいただく

DSC_1130-a.JPG

昨年の暮れあたりに開店したお店へ伺って参りました
まだまだ寒い頃、よこはまばし商店街へ向かおうと、伊勢佐木商店街を曲がったところで花輪が並んでいたことを思い出したのであります



DSC_1124-1.JPG
カフェバーと書かれていたようなので、ちょっと敬遠していたのですが、今日、覗いてみますと日替わりランチなんて書かれた看板が出ているではないですか
ならば、お邪魔してみましょうってワケ


DSC_1126-1.JPG
店内はアジアン調とでも言うのでしょうか
なかなか落ち着いた感じでありまして、ゆっくりと寛ぐことができそうな椅子やテーブルが並んでいます
お店のお姉さんがキレイなことも大きなプラス要素ですね(笑)


DSC_1129-1.JPG
ピザトースト
昭和の喫茶店では定番であったメニューも、今ではすっかり目にすることが無くなっていたのですが、まさかこんなスタイリッシュなお店でいただけるとは・・・

フライパンで、ジャッジャッと炒めたピーマンやマッシュルームにソーセージ
それを厚切りのトーストに乗せ、更にチーズを被せてオーブンで焼き上げたモノ
サクッと焼けたトーストに、トロッととろけたチーズ たっぷりとタバスコをかけていただきましょう

うれしいことに、キャベツの千切りと言う簡単なサラダではありますが、キュウリやトマト、それにポテトサラダが添えられてます

時間が空いた午後、こちらで小腹を満たしながら暇を潰すってのも良いかもしれませんね





【アビエン】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-130
045-341-4841

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「荒井屋」   浜の名店でいただく「すき焼き重」

DSC_1120-a.JPG

福岡での所用を済ませ、自宅に戻る
今回の福岡での食事は博多うどんの食べ歩きをメインとしたため、ちょっとガツンとしたものが食べたくなる
で、お肉料理をいただこうと荒井屋へ出掛けることにいたします


DSC_1122-1.JPG
牛鍋の老舗店であるのだけど、ひとり需要にも対応する御膳メニューが用意されているところがありがたいお店
風俗系のお店に囲まれているため、こちらに向かって歩いているところを知り合いに見られたら、ちょっと気まずい感じにもなりますが、そこは勇気を持って・・・


DSC_1121-1.JPG
「すき焼き重」
2段の重箱に、それぞれ、すき焼きとご飯が盛られ、それに卵と蜆の味噌汁、香物が添えられている、なかなか豪勢なモノ
お肉は100gに満たないものでありましょうが、サシが入った上等なモノでありますから、これでも十分に満足ができるボリュームであります

お肉の美味しさは老舗の暖簾に恥じないものであるコトは当然として、蜆からたっぷりの出汁が出た味噌汁の美味しさには感動であります
ひと口飲む度に、身体に良いなぁって実感できるモノ
これで福岡での疲れも吹っ飛ぶかなぁ



名店と言われるお店
そこに共通していることは、汁や香物がキチンとしていること
メインのお料理は、高い材料を使えばある程度美味しく提供できるのは当たり前のこと
しかし、それらをきちんと提供するためには技術と手間が必要になるのでしょうが、そこを妥協しない姿勢が名店たるものだと感じますね



【荒井屋】
神奈川県横浜市中区曙町2-17
045-251-5001

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 23:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

JR博多駅:「うどん平」    打ちたて、茹でたて、そして揚げたて  コレは並んでも食べたいでしょ

L1000349-a.JPG

今日も博多うどんを求めてランチに出掛けます
昨日は時間の都合もあってチェーン店でしたので、今日は博多で話題になっている超繁盛点でいただくことにいたしましょう


L1000340-1.JPG
博多駅とキャナルシティーの中間辺り
ソレも、ちょっと大通りから入ったところにあって、見つけにくいお店であります

お昼はご近所のお客さまで賑わっているだろうと、14:00くらいにお邪魔したのですが満席状態
その後も次々とお客さまが来店され14:30くらいになってもほぼ満席でしたね


L1000344-1.JPG
目の前に製麺機があって、そこで伸ばされ切られる麺を見ているだけで美味しそう
だんだんと薄くなっていく生地は2m近くにまで延ばされて、ソレを切り分けるから麺は平打ちのような形
ソレを、慎重かつ丁寧に茹で上げる姿は職人そのもの
麺の茹で加減を見る目も真剣ですね


L1000347-1.JPG
九州で人気のごぼう天うどん
関東では滅多に見かけることが無いモノですね

いりこの風味が聞いた出汁 それにプニュッとした麺 見事であります
その美味しさは想像通り、いや想像していた美味しさをはるかに超えるモノ
コレは人気になりますよ

そして、天ぷら
ワンコインほどでいただくことが出来るおみせなのに、ココで出される天ぷらは注文を受けてから揚げたモノ
だから、熱々だしさっくさく
言うまでも無く、絶品でしたよ


そして、こちらのお店には七味と並べられ置いてあるのが柚子胡椒
コレをつゆに溶かしていただきますと、柚子の風味が加わり、更に味わい深いもの
癖になりそうですよ

 


【うどん平】
福岡県福岡市博多区博多駅前3-17-10
092-431-9703

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





うどん平
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

市営地下鉄空港線天神駅:「ウエスト」    朝からうどんは博多の食文化? ニュルッとしたうどんで一日のスタートです

L1000334-a.JPG

ランチをいただく時間が取れないかも・・・ 
今日は、とにかくバタバタとしそうな一日になりそうな予感
備えあれば憂いなしではありませんが、ちょっと頑張って早起きをして、朝ごはんをしっかりといただくことに致します


L1000329-1.JPG
昨日の夜に見つけておいた、ホテルの近くのうどん屋さん
福岡を中心とするチェーン店で、関東にも数軒のお店を持っている「ウエスト」ってお店
なんと、うどん店ながら24時間営業しているって言うから驚きであります

7:00にチェックアウトして、お店に向かうと先客が・・・
回転が速いお店でありますので、満席なんてことにはなりませんが、入れ替わり立ち代りお客さまがやってきますね
中には女性一人なんて方もいて、またビックリ



L1000332-1.JPG
いただいたのは丸天うどん ソレにお肉をトッピング
本当はかしわうどんがいただきたかったのありますが、残念ながらこちらのお店は扱ってないないようですね

いりこをベースにして取った、ちょっと甘めのつゆ
それにお肉を煮た甘いタレが混じり、更に甘めのモノになっていて、あ〜 九州の味だと感動する
そして、冷凍ではあるのでしょうが、ニュルッとした柔らかい麺
なのに、しっかりとアシがある博多のうどん
コレですよコレ
このおうどんが食べたかったのですよ


L1000331-1.JPG
一緒に、おでんとかしわのおにぎり
博多のうどん屋さんにおでんがあるのは、結構当たり前のコト
そして、餃子のおでんも普通のコト 天ぷらに巻かれたスタイルが定番ですね
今では、関東のコンビにおでんにも餃子があるのですが、その発祥は博多って説も・・・


ところで、こちらのお店の会員カード
3150円を支払って会員になると、一年間、毎回の会計が10%引きになる特典が付いているのだけど・・・
良く考えてみたら30000円使ってはじめて元が取れるってことでありますから、一回の利用金額が60円だと仮定しても、年間に50回は利用しなければならないことになるのです
ってことは週一のペースってことで利用するってことですから、ココの会員さんってすごいうどん好きなんでしょうね


L1000338-1.JPG L1000339-1.JPG
移動途中の川っぺり見つけた桜の木
ほぼ満開でありまして、近所の公園では、ご近所の家族が集まり遠足のようなお花見をしている光景もありました
桜を見るとホッとした気持ちになるのは日本人である証

震災後、ちょっと暗い雰囲気が澱んでいる日本
お花見で元気をもらい、力を合わせて復興に向かおうじゃないですか
がんばれ日本!



【ウエスト】
福岡県福岡市中央区天神3-1-12 西井ビル1F
092-738-0687

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





WEST 天神北店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0


posted by koutagawa at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

市営地下鉄空港線天神駅:「益正」     博多でいただく焚き餃子はやっぱり美味しい

L1000327-a.JPG

福岡にやって来ました
実は先々週に来たばっかりなのですが、止むを得ない私的な用事が出来まして・・・ それで再び

空港から天神まで地下鉄で移動しまして、チェックインを済ませた後、ホテル周辺の市場調査に出掛けます
って、夜ごはんのお店を探してただけなんですけどね


L1000315-1.JPG
さすが福岡天神の繁華街
えっち系のお店やキャバクラのようなお店がたくさん並んでますね
そんな誘惑に目もくれず、ひたすら夜ごはんをいただくべきお店を求めて歩き回ります

「益正」
ココは福岡でも結構有名なお店でありまして、かつて博多駅近くのお店を利用したときに、メニューの豊富さと、その価格の安さにビックリしたお店であります


L1000321-1.JPG
先ずはお勧めメニューから、刺身の3種盛り
サーモンにタコ、それに生サバであります
関東では特別なものである生サバ しかしこちらではソレが当然のことなんですね
海に恵まれた福岡ならではの、お楽しみであります


L1000325-1.JPG
そして“焚き餃子”
その昔、福岡の郊外にある「池田商店」ってお店が名物としていた“炊き餃子”が有名だったのですが、今では、あちらこちらでいただけるように拡がったのですね

鶏がらスープで、一口大の餃子をグツグツと煮込んだもの
だからトロッとしていて、ワンタンのような餃子の食感
関東でもコレを扱うお店が無いわけではないのですが、やっぱりスープの味が違うんですよね

水炊きの文化が生んだ鶏がらスープで作るお手軽メニュー
博多に来たなら、是非一度は食べたいメニューの一つなんですよね



L1000322-1.JPG
〆にいただいた“明太まぜそば”
明太って言葉に釣られて頼んだものなんですが・・・
コレは関東のラーメン屋さんでもいただける油そばに、明太がトッピングされただけのモノでしたね
ちょっと残念
やっぱり博多の屋台が生んだ“焼きラーメン”をいただくべきでしたね


博多の街でも、全国チェーンのお店は節電しているようで、看板に照明を灯さないところがありますね
貯めることができない電気、しかも西日本と東日本でへヘルツが異なるため送電も出来ないのでありますから・・・
なんとなく便乗節電をして、ちょっとでも利益を増やそうとしているの? なんて思うのは歪んでますかね
まぁ、その節電で増えた利益を被災者のために役立ててくれると信じることにいたしましょう

そして、ホテルに戻る前に立ち寄ったコンビニエンス
こちらでは、関東に送るミネラル水をケース単位で販売してましたね
それほど関東ではお水が不足しているのでしょうか?
横浜に住んでるワタシには、そんな実感は無いんですけどね




【益正】
福岡県福岡市中央区天神3-2-22
092-716-2255

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





益正 北天神店
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有楽町線銀座一丁目駅:「オザミ・デ・ヴァン」   あのフレンチの名店が平日ランチは美味であります

L1000300-a.JPG

久々の銀座ランチ
お仕事仲間が、忙しい時間を縫って、今日のこの時間を作ってくれたのであります

たぶん和食をいただくのだろうと想像していたのだけど、連れてこられたお店は何とフレンチ
12:00の開店だという事で、時間つぶしの珈琲をいただいたのでありますが、心ココにあらず
ワクワク ドキドキ でありますね


L1000312-1.JPG
大通りからは2軒ほど、路地に入ったところにあるのですが、12:00を少し回って戻ってみたら・・・
奥の席はまだ空いていましたが、手前のコーナーはお客さまで埋まってます

実はこのお店、平日のランチを始めたのは極最近のことであるとのことなのですが、もうすでに口コミで広がっているんですね
お昼とは言え、こちらのお料理が1050円でいただけると聞いたら来ちゃいますよね


L1000303-1.JPG
コレですよコレ!
1000円でいただけるランチの前菜には思えませんよね 比べちゃうのも何のですが、1380円とかするファミレスのサラダって何なんでしょうね

しっかりとコクがるポタージュ、それにチーズを溶かし込んだシュー、そしてスモークサーモン
どれをとっても美味しいって言葉が自然に出てましたね


L1000304-1.JPG
今日のメインはローストポーク
とっても柔らかくって、脂身がトロッとしていて・・・
ちょっとマスタードの風味が聞いたソースが良い味を出してますね

メインはお肉料理だけでなく、お魚料理も用意されているようでしたが、周りのお客さまもみんな、このローストポークを召し上がってらっしゃいましたね

何でも、お昼の時間だと、グラスワインが100円、1000円を出すと飲み放題なんてこともやっているようで、入り口近くの席では格好良い外国人がワインを傾けてました
そんな光景も、なかなか絵になるステキなお店ですね


L1000308-1.JPG
〆にはちゃんとデザートと飲み物が付いてますよ
今日のデザートはカステラのような???



【AUXAMIS des Vins】
東京都中央区銀座2-5-6 PVビル
03-3567-4120

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





オザミ・デ・ヴァン 本店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

銀座線赤坂見附駅:「鈴よし」    赤坂のランチは出汁巻玉子

L1000295-a.JPG

打合わせ前のランチ
赤坂という大人の街には、ステキなお店が多いですね
しかも夜だと20000円近くするような割烹のお店が、1000円ちょっとでランチを出してくださっているトコロも多いので、この街でランチをいただくことが、ちょっとした楽しみなんですよね



L1000287-1.JPG L1000289-1.JPG
今日伺ったこちらも、そんなお店のひとつであります
狭い階段を降りたところにお店があるし、暖簾の向こうには店内が見えない扉が閉ってる
まさに「一見さんはお断り」って言っているような・・・ 
そんなこんなで、とにかく敷居が高いお店でありました


L1000292-1.JPG
勇気を振り絞って暖簾を潜ると、7人ほどが座れる白木のカウンター
その背面に4人掛けのテーブルがふたつという、15人で満席になってしまうほど小さなお店です
1000円ちょっとのお値段で提供しているのに、きっちりと丁寧に料理してくださいますから、時間に余裕を持って伺うことをお勧めします


L1000294-1.JPG
お昼のメニューは、焼き魚と煮魚、それに出汁巻玉子の3種類
どれも捨てがたいのですが、初回の今日は、お品書きの一番に書いてある「出し巻き玉子膳」をいただくことにいたします

目の前で手際良く巻いてくれる出汁巻玉子
あれがワタシのだな なんてワクワクしながら料理している姿を見つめてしまいます

プルンプルンの出汁巻玉子
箸で押えて見ると、切り口からジュワッと出汁が溢れてくる なんと美味しそうな姿でありましょうか
醤油がかけられた大根おろしを、ひと口サイズに分けた玉子の上に乗せて・・・
あー 幸せであります

膳には、出汁巻玉子だけでなく2種の焼き魚と炊き合わせが添えられています
今日の焼き魚は、鰆の西京漬と鮭でしたね どちらもふた口、三口でいただけるほどの小さなものではありますが、どちらもきっちりとした美味しさですよ
さすが、高級割烹の料理でありますね


大満足でお会計を済ませたとき、「またお越しやす」と女将さんの声
あー 京都だぁ はんなりした気分になりました

さあ、これから打合わせ
今月と来月は、結構な頻度で赤坂へ来ることとなりそうですし、赤坂ランチを楽しませていただくことにいたします




【京料理 鈴よし】
東京都港区赤坂3-11-1 難波ビルB1F
03-3589-6222

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ





鈴よし
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:4.0


posted by koutagawa at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

京浜急行線黄金町駅:「じゃのめや」     やっぱり小口ステーキが一番ですね

DSC_1116-a.JPG

寒い!
今日は一転して冬に戻ったような寒さであります
大岡川では、桜祭りをやっているのですが、まだまだつぼみだし、こんなに寒いし・・・
大した人出ではありませんでしたね
やっぱりや週末までお預けですね


DSC_1112-1.JPG
お花見のあとは、月に一度の楽しみにしているこちらのお店
気が付けばもう4月ってことで3月を飛ばしちゃってましたね
新しいお店と出会うことも楽しさでありますが、やっぱりお気に入りのお店に足を運び、顔見知りの店員さんとの他愛もない話
これも、外食の楽しみなのです


DSC_1117-1.JPG
さてさて、ちょっと出遅れた入店でありましたので、もう売り切れちゃったかもしれないなぁ なんて思いながら恐る恐る聞いてみると、あと3つ残っているとのコト
よかったぁ〜 間に合いました
こちらのランチを色々といただきましたが、やっぱりこれに適うモノはありませんね
真っ先に売切れてしまうのも納得であります

小口ステーキ
お肉ももちろん美味しいのですが、それを付けていただく“ニンニク醤油”が抜群なのであります
ニンニクのコクがある風味、それに醤油の塩分がお肉の甘みを引き立ててくれるような、見事な相性なのです
そして何より、ご飯に良く合うところがうれしいですね




【じゃのめや】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
045-251-0832

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

みなとみらい線馬車道駅:「青空」     元気な笑顔が心地良い 小さなお店でいただいたタンメン

DSC_1105-a.JPG

透き通った青空がとっても気持ち良い日
どこかのお洒落なカフェで、サンドウィッチなんか食べたいなぁ なんて思いながら出かけたのだけど、そんなステキお店はご近所には無いんですよね
まして今日は土曜日だし、ランチをやってるお店はかなり限られちゃうし・・・


DSC_1096-1.JPG
当ても無くブラブラと歩いていたら・・・
こんな裏通りに、しかも非常用みたいな細い階段を上ったところに、一軒のお店を発見
看板には「タンメン・中華料理 青空」と書かれていて、階段の壁にはタンメンの写真がいっぱい

青空!?
なんだか聞いたことがあるような、いや何かの記事で見たような・・・
どうしようかと迷っていたら、鍋を振る音が聞こえてきて、これが何とも美味しそうに聞こえたものですから、思い切って細い階段を上りました


DSC_1103-1.JPG
お店は6人座れるカウンターと、2人掛けのテーブル席がふたつ
とっても小さなお店に、ご夫婦でありましょうか? 若い2人が元気な笑顔で頑張ってます

注文はもちろん“青空タンメン” 
見た目は普通のタンメンでありますが、そのお味は・・・
スッキリとしたスープに、野菜の旨味がしっかりと溶け込んだ素晴らしいモノ
コレと言って目立った特長は無いのですが、この美味しさは記憶に残るレベルであります
麺は平打ち麺
ツルツルって啜ると言うよりも、モッチリ感をしっかりと楽しみながらいただくタイプ
これまた、なかなかのモノであります


DSC_1107-1.JPG
一緒にいただいた餃子
これは、特出するほどではないものの、カリッとしながらもモッチリ
専用の機器を持っていないにもかかわらず、ココまでの焼き上がりを提供するなんて、ちょっとビックリでありました


調べてみますと、土曜日は不定休なんだとか
つまり、やってるかどうかわからないってことですよね
にもかかわらず、満席営業をされるこちらのお店、しっかりとお客様を掴んでいるようであります


夜には、エビチリやレバニラ炒めなどのオーソドックスな1品メニューもあって、ちょっとお酒を飲まれるお客様にも良い感じですね
小さなお店で、ご夫婦の人柄が表れる家庭的なお店
そんなお店に育っていただけるとうれしいですね




【タンメン・中華料理 青空】
神奈川県横浜市中区相生町5-96
045-664-5245

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

JR関内駅:「紅花」   いかにも家庭料理って感じのランチでお腹いっぱい

DSC_1094-a.JPG

今日も小春日和
思い切って薄着で出掛けてみたのですが、ちょっとまだ早かったようで、日向を選んで歩いくことになりました
とは言え、だんだんと桜も開き始め、来週末くらいが見頃になるかもしれませんね



DSC_1090-1.JPG
さて、今日のランチは「紅花」さんであります
尾上町のお店には行ったことがあるのですが、こちら相生町のお店は初めて

関内の真ん中ほど、しかも角地にお店があるのでとっても目立っています
これまで何度もココの前を通っているのですが、他に行きたいお店がたくさんあるモノですから、ツイツイ後回しって感じで・・・


DSC_1095-1.JPG
お昼のメニューから“牛バラとじゃがいもの煮込み”をオーダーしてみました
何となく家庭的なネーミングで美味しそうじゃありませんか?

ゴロゴロと大きめにカットされたじゃがいも
小さめのモノだったら2つ分くらいは入ってて、いかにも家庭料理って感じが好きですよ
八角の香りが効いていて、癖になりそうな味付けでありますし、それがとってもご飯のおかずとして最高なのです

ちょっと思ったのですが、お芋をおかずにお米をいただくってコト
これってどうなんですかね?
中国の方は、ラーメン餃子って文化が無いとも聞いたことがあるのですが、この組み合わせはあるのでしょうかね?
まぁ、雑食であるワタシにとってはどうでも良いことなのでありますが・・・



【中国小菜 紅花】
神奈川県横浜市中区相生町2-52
045-651-4109

今日もご訪問いただきありがとうございます
ブログランキングへの応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ


posted by koutagawa at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。